朱徳

朱徳(1886年-1976)、字の玉を上る、本名朱代珍、曾用名朱建徳、偉大なマルクス主義者、プロレタリア階級革命家政治家軍事家中国共産党中国人民解放軍と中華人民共和国の主要な指導者の一つの創始者と。中華人民共和国の十大元帥の曲。
朱徳
十月革命五四運動の影響で、彼を受け入れマルクス主義。1922年はち月革命真理を求めるために行くドイツベルリンで知り合い、週恩来や他の共産主義者は、中国共産党に加入。かつてドイツ格丁根市のある大学に留学。1925年内に戻ってベルリン当選し、中国国民党の駐徳支部実行委員に従事し、積極的に二回で革命活動されてドイツ政府は逮捕し、国外追放。1925年ななしち月まで勉強ソビエト連邦軍事。1926年夏に帰国し、中共中央派遣軍で四川省革命仕事。1927年初めから江西南昌創設国民革命軍第三軍将校教育団、トレーニング革命軍事幹部。
1927年ななしち月初めて国共合作崩壊後、参加指導八南昌の蜂起、任蜂起軍第九軍司令官。蜂起軍の南下広東後、主力は潮州係地域国民党軍を破って、彼が率いる餘部転部湖南省南部、発動の農民蜂起するソビエト政権。1928年よんしよ月率部万余人に同じ井岡山、毛沢東の指導者の部隊と合流し、労農革命軍(やがて改称紅軍第四軍司令官を務め、)、毛沢東の代表。彼と毛沢東何度も戦勝国民党軍の指揮部队「進剿」、「会剿」をつくったのは、井岡山革命根拠地。
と中国共産党中央局员写真(区左)と中国共産党中央局员写真(区左)
1929年いち月と毛沢東率部に江西省の南部と福建省西部進出を構築し、中央革命根拠地基礎を打ち立てました。1930年はち月任中国労農赤軍の第1方面軍司令官に、中国労農赤軍総司令官。1931年じゅういち月中華ソビエト共和国臨時中央政府成立、任中央軍事委員会会長革命。彼は相前後して同毛沢東、週恩来一緒に乗り越えた国民党軍指揮紅軍に中央革命根拠地の四回の大規模軍事「包囲討伐する」。
1934年いち月6回5中全会中共中央政治局委員に選ばれた。1934年じゅう月参加長徴。1935年いち月貴州で開かれた中国共産党中央政治局会議(つまり拡大遵義会議)で、毛沢東の正しい主張し。長徴途中と赤い4の方面軍の指導者张国焘分裂共産党や赤軍の活動の闘争をし。
中国共産党の七大で講演中国共産党の七大で講演
1937年ななしち月抗日戦争勃発後、任国民革命軍第八路軍総指揮(やがて改称国民革命軍第十八集団軍総司令)、率いる八路軍に赴く華北前線、協同国民党軍の対日作戦を得て、平型関などバトルの勝利、そして指揮八路軍の各部の深く敵背展開ゲリラ戦争を確立すると拡大多く抗日根拠地。かつて第二次世界大戦前後兼任区東路軍総指揮者と第二次世界大戦区副司令長官、指揮所轄部分国民党軍と八路軍の共同作戦を守った国共両党間協力抗日の局面。1940年ご月戻る延安に対し「南泥灣政策」の展開大手プロダクション運動を破る、国民党陕甘寧辺境地区の経済封鎖。1945年4-6月に中国共産党の第7回全国代表大会で作『論解放区戦場』の軍事報告。中国共産党の七回1中全会に選ばれ、中央政治局委員、中央書記処書記。
北平郊検閲部隊空港北平郊検閲部隊空港
解放戦争で、任中国人民解放軍総司令官。1947年さん月同劉少奇中国共産党中央委員会などでつくる仕事、華北を中央委托の仕事。彼はみずから華北前線指導作戦を清风店、石家荘戦の勝利を攻略して、都市の先例堅固防備を固める。戦略決戦の段階で、彼は毛沢東と協力組織を指揮した辽沈、淮海、平津の三大戦争。1949年よんしよ月と毛沢東発表中国人民解放軍の南下した渡長江作戦命令、最後に倒した蒋介石は中国大陸の統制。
彼は長期の軍事生涯特に革命戦争の実踐の中で豊富な軍事経験は、徐々に形成のセットに人民の軍隊建設と作戦については、必要な兵隊を率いる練兵、兵を養う、用兵などの重大な軍事問題の理性的認識。中国紅軍の草創期、彼と共同にまとめた「敵に入って毛沢東を引退して、敵の駐私わずらわさ敵疲れし、敵退私に追い」の字になって十六訣、赤軍遊撃戦争の基本原則。の後には多くの軍事論文を書いた、論述運動戦、山地戦、難関戦、遭遇戦追撃戦、襲撃戦、堅塁攻略戦、殲滅戦など戦術思想、毛沢東へ軍事思想の形成と発展の傑出な貢献を作り出しました。
1949年いち
朱徳元帥朱徳元帥
0月いち日中華人民共和国成立時、任中央人民政府副主席は、中国人民の解放軍総司令、1954年きゅう、く月第1回全国人民代表大会で当選を中華人民共和国副主席は第二、三、四回全国人民代表大会で連続当選を全人代常務委員会委員長。1956年きゅう、く月八回1中全会に中共中央政治局常務委員に選ばれ、そして任中共中央副主席、中央軍事委員会の副主席。1955年きゅう、く月に授与される中華人民共和国元帥階級。彼は毛沢東を核心の中国共産党の第1世代の指導集団の重要なメンバー。策定に携わって党の路線、方針や政策。彼は極めて関心を積極的に主張する中国人民解放軍の現代化、正規化の建設を提出し、直ちに一連の正しい創設方針と原則、陸、海、空や装甲兵、砲兵など诸军兵科の建設と発展、軍事学校の仕事と現代軍事人材育成などの仕事を大量に心血を注いで。社会主義建設の法則を探求するためには、より多くのエネルギーを使用調査研究、開発工業、鉱業、農業、ビジネス、貿易、財政交通等の事業でも、多くの臨界の意見を提出したと重要な主張。彼は一貫して主張して多種の経済発展形と実行多角経営方式、主張勤倹建国、倹約家。経済建設の中に「左」の誤りを正す、意見を提出する。建国初期を兼ねて、中国共産党中央規律検査委員会の書記、与党の建設を強化し、党の組織を守る規律、克服党内の各種の不良傾向を維持し、党の優良な作風として、大量に効果的な仕事。彼は何回も出国を訪問し、会見を増進した外国指導者、中国人民と各国人民の友情。で「文化大革命」期間中、彼を受けたこと林彪江靑グループの侮辱とショックを受け、毛沢東の保護が。1976年ななしち月ろく日は北京で逝去。主要著作《収入朱徳選集』。

朱徳大事の年表

朱徳1886年—1909年

1886年
じゅうに月いち日、四川省で生まれ儀隴県鞍場の高等小学校、順慶府(今の南充市)で学校の勉強。翌年高等学校入学四川省体育学校付置。
1908年
卒業後儀隴県高等小学校まで任スポーツ教習。
1909年
昆明、雲南陸軍讲武堂入学。改名朱徳。冬に加入し、同盟会。翌年の夏、学習成績優秀で、企業のために特別クラス。

朱徳1911年―1920年

1911年
はち月、特別クラスから早めに卒業される分、雲南新戦力左隊。見習い期間満瞭後、任司務長。じゅう月、雲南応答武昌辛亥革命に参加した「重九の蜂起」。後には雲南軍政府派遣の援川军入川南支援反清闘争。
1912年
任雲南陸軍講武学校(元讲武堂)軍事教官。
1914年
出向雲南辺境駐屯防衛。前後を務める大隊長、副団長、団長。期間中、と匪賊作戦では徐々に、ゲリラ戦経験を模索し総括。
1915年
じゅうに月率部へ昆明に参加し、翌年に反対袁世凱復古帝制の護国戦争。作戦では、柔軟な機動の戦術を採用し、寡を以って衆に当たる、勇猛でよく戦う、何度も建てて戦功。
1917年
ななしち月に参加し、反対段祺瑞破棄する『臨時アイジー』の法律を守る戦争、任滇军旅団長。
1920年
四川で駐屯防衛瀘州期間を受け、十月革命ロシアと中国の五四運動の啓発、徐々に認識「老の軍事闘争の方法を探して、通用しないなければならない」の新しい救国道。親友孙炳文協議し、海外視察。

朱徳1921年―1930年

1921年
春には、入川滇军に昆明、駆逐雲南都督唐继尧。同僚たちの慰留を放棄して一時は雲南の請求を辞め、雲南陸軍憲兵司令官。
1922年
いち月、転任雲南省警務処処長兼省都警察庁。月唐继尧かき集めるさんで、古いユニットに雲南省昆明、れて逃走を転々と回川。ななしち月、北京へと孙炳文合流し、出国事宜。はち月、上海は相前後して会見の孫、陳独秀などに提出し、陳独秀中国共産党に加入の請求を拒否された後、孙炳文は上海へヨーロッパ考察。じゅう月、ドイツベルリン会見週恩来。じゅういち月を経て、张申府、週恩来は紹介して、中国共産党に加入。
1923年
ドイツで哥廷根留学時の朱徳ドイツで哥廷根留学時の朱徳
ドイツ抵抗哥廷根。1924年に大学に入って勉強して哥廷根中国留学生の指導。1925年
ドイツで期間を受け、マルクス主義がなく、「帰国後つまり終身を党サービス、軍事運動」。革命活動に参加するため、かつて2度ベルリン警察当局に逮捕された。ななしち月は、ドイツへ勉強ソビエト連邦軍事。
1926年
ご月、中国共産党の組織を手配し、帰国して北伐革命。ななしち月、日本へ四川万县動員川军ヤンセン部で北伐易帜策応。きゅう、く月、と陳毅一緒に指導万县各界の人々の展開英軍虐殺中国民衆の抵抗運動。同月、任国民革命軍第二十軍代表。じゅういち月、と楊暗い公刘伯承中共重慶地区委員会の共同軍事委員会企画して、四川省の瀘州、順慶で武装蜂起。
1927年
いち月、党の指示によって、日本への江西南昌、創設国民革命軍第三軍将校教育団、任同団の団長。よんしよ月、兼任南昌市公安局長。ろく月で、朱培德江西で「清共」は、南昌、武漢。ななしち月中旬、奉党中央指示、返南昌を武装蜂起の準備。はち月いち日、南昌蜂起に参加し、その後第九軍司令官を務め、率から义军先遣部隊南下広東。じゅう月、広東三河川堤防と敵激戦後率、一揆軍主力餘部転戦贛粤湘国境。中に、部隊の思想、組織、規律整頓を堅持し、ゲリラ戦。
1928年
いち月、指導者の発動湘南蜂起。よんしよ月率部万人余りと毛沢東は井岡山友軍と合流する。すぐさま構成労農革命軍第四軍(後によると赤四軍)、任司令官は、毛沢東代表。は防衛井岡山革命根拠地闘争の中で、毛沢東などとまとめ「敵に私は退いて、敵の駐私わずらわさ敵疲れし、敵退十六字は私に追い」を取得した5斗江、新旧七溪岭龙源口など、戦闘の勝利。
1929年
いち月、毛沢東率と赤四軍主力を赣南井岡山に、闽西進出。武装闘争発動土地革命、建設赤色政権紅軍の力を拡大、労農武装割拠の新局面を構築し、中央革命根拠地の基礎。
1930年
ろく月、福建長汀成立中国労農赤軍第一軍(後に改称赤く軍団)、任総指揮。からはゲリラ戦を主にスポーツ戦を主とする戦略転換。はち月、湖南瀏陽赤く軍団と赤い3軍団構成赤く方面軍の総司令官。後に任命され中国赤軍中共中央総司令官。

朱徳1931年~1940年

1931年
毛沢東率と赤く方面軍粉砕国民党軍による中央革命根拠地の三度の大規模な“包囲討伐する」。じゅういち月、中華ソビエト第一回全国代表大会で作『紅軍の問題を報告」に选ばれ中華ソビエト共和国中央執行委员、軍事人民委員を務める中央軍事委員会の主席、革命。
1933年
さん月、週恩来率と赤く方面軍粉砕国民党軍の四回目の「包囲討伐する」。きゅう、く月、国民党軍第5回発動大規模な“包囲討伐」、共産国際派遣の軍事顧問李德中央区に到着後、間違った戦略戦術を採用。
1934年
いち月、中共6回全体会議の出席し、当選を中央政治局委員。同月、中華ソビエトの第2回全国代表大会で作『紅軍の建設」の報告、続けて当選を中央執行委员中央軍事委員長、革命。じゅう月、赤軍迫られる戦略的移動。
1935年
いち月、出席は遵義に開かれた中国共産党中央政治局会議支持拡大、毛沢東の正しい主張。会議の決定は、朱徳、週恩来を軍事指揮者。ろく月、赤くて方面軍と赤い4の方面軍の四川茂る功友軍と合流する。はち月、赤くて、4方面軍の混合編成、分左、右2軍本部に北上し、朱徳率紅軍サイド軍行動。きゅう、く月、张国焘堅持して間違いを南下した方針、中央。朱徳と刘伯承一緒に张国焘分裂党分裂赤軍の誤った行為を妥協しない闘争。
1936年
ろく月を保ちながら、赤2、6の軍団と赤い4の方面軍の北上で川西甘孜地域会合、また一緒に北上。じゅう月率紅2、4方面軍の到着甘粛、友軍と合流すると赤く方面軍。
1937年
紅軍の時期の朱徳紅軍の時期の朱徳
ななしち月、全国の抗日戦争を始めて。はち月、就任国民革命軍第八路軍総指揮(やがて改第十八集団軍総司令)。きゅう、く月率部へ山西抗日前線と配置、彭徳懐平型関の戦いまた、後に合わせて喜ぶ口会戦八路軍を指揮、各師実行戦略展開、敵の後方に挺進する開発抗日根拠地では、発展遊撃戦争。
1938年
2月に、率八路軍本部に太行山区挺進する。月就任さん、第二次世界大戦区東路軍総指揮。よんしよ月、指揮八路軍と国民党軍部分粉砕日本軍に晋東南抗日根拠地の「九道を包囲攻撃する」。同じ年に発表した『論抗日遊撃戦争」に出席し、中共6十六期六中全会。
1939年
任さん月、第二次世界大戦区副司令官長官。指揮者の各抗日根拠地を反「掃討する闘争、粉砕日本軍」太行山根拠地第2回「九道を包囲攻撃する」。
1940年
さん月、指揮八路軍を撃退する国民党頑固派巻き起こす反共高潮。ご月、帰る延安。ななしち月、と彭徳懐左権連名配置「百団大戦」。冬は、辺境地区の深刻な経済の困難を解決军垦屯田政策。

朱徳1941年—1950年

1941年
春、自ら探査南泥灣を呼びかけ、辺境地区軍民大手プロダクション運動を展開。じゅうに月、太平洋戦争爆発、中国共産党中央委員会主任を兼任する海外の仕事。
1942年
ご出席の月、延安文芸座談会。年、参加延安整風運動
1943年
自ら
朱徳元帥朱徳元帥
司会、指導陕甘寧辺区駐屯軍の生産活動を提唱して運動展開、生産競争。
1944年
じゅう月、毛沢東と連名で発表「華北準備反攻仕事の指示』。
1945年
よんしよ月、中共の七に出席し、「論解放区戦場』の軍事報告。中国共産党の七回一中全会で当選を中央政治局委員、中央書記処書記。はち月、日本政府として要求降伏。延安本部で総司令名に解放区抗日部隊を連続リリース七道命令、準備を受け入れて。きゅう、く月、毛沢東へ重慶交渉の間、劉少奇「北へと発展し、南へ防衛」の戦略方針。
1946年
ろく月、蒋介石発動内戦。毛沢東の声明によると:我が軍は断固として自衛手段をとる。じゅうに月いち日、還暦祝い、中国共産党中央がそのため、毛沢東:"人民の光栄」。
1947年
さん月、国民党軍の侵攻延安。中国共産党中央の決定によると、劉少奇など中央工作委員会、華北へ仕事を行う。じゅう月と連名で発表される「彭徳懐中国人民解放軍の宣言』は、全国民に呼びかけ協同の解放軍は「蒋介石を倒し、全中国を解放」。じゅういち月、自らが企画・指導石家荘の戦いを大中都市にして堅塁攻略戦の例。
1948年
年の初め、召集華北各解放区軍事会議を大いに発展させ、軍需生産、戦略攻撃兵器保障を提供する。月へのご指導、華東の野戦軍。秋冬には、毛沢東の指揮辽沈協力、淮海、平津の三大戦争。
1949年
全国政治協商会議の第1回全体会議で閉会の言葉全国政治協商会議の第1回全体会議で閉会の言葉
さん月、出席中共に作り出して「韓国戦争、家と国の防衛」の意思決定。じゅう月からじゅうに月、日本へ山東省東北などに間もなく朝する作戦の誌願軍部隊に動員報告。

朱徳1951年~1960年

1951年
きゅう、く月、中央軍事委員会開催に出席し、各軍区の各兵科軍事幹部合宿会議、「統一訓练計画を加速し、軍近代化正規化の建設」の話。
1952年
さん月ご日、週恩来提案を出して、で清明節全国党政军民動員も一日の木の種。はち月からきゅう、く月、東北3省視察。
1953年
2月には、一般の党中央、毛沢東、提案を組織と発展に初めて手工業生産組合五年間計画。じゅうに月、出席全国軍事システム党幹部会議を開会の辞
1954年
よんしよ月、南京軍事アカデミー監督第1期卒業生で国家試験。きゅう、く月第1回全国人民代表大会に出席し、最初の会議、当選して中華人民共和国副主席、国防委員会副主席。
1955年
まで中南華東、華北などを視察。はち月率中華人民共和国の代表団が北朝鮮。きゅう、く月を授与され、中華人民共和国元帥階級を受けるレベル81勲章、一級自由独立勲章、1級の解放の勲章。じゅうに月から翌年さん月、率は中共中央代表団の訪問し
朱徳標準写真朱徳標準写真
ルーマニア民主ドイツ、ハンガリーチェコスロバキアポーランドソビエト連邦モンゴルなどの国。
1956年
きゅう、く月、出席中共八大。八回1中全会で当選を中央政治局委員、常任委員会と中央副主席。
1957年
月出しさん、党中央、毛沢東、軍需工業生産を組み合わせて、民間提案。年以内には湖北省広西広東雲南四川、陝西、アムール川吉林省遼寧省などの省、自治区を視察。
1958年
いち月に発表した『倹約家」という一文と実行の社会主義労働に応じて分配の原則は「同じ釜の飯を食べる」。年以内に、華北、華東北西、新疆、中南などを視察。
1959年
さん月、中国の代表団ポーランド率は、中国政府の代表団ハンガリー率。出席よんしよ月、第二期の全国人民代表大会第一回会議が选ばれて、全人代常務委員長。ななしち月からはち月、会議に出席し廬山。後に北京で行われた中央軍事委員会に出席し林彪の攻撃を受けて拡大会議。年以内には広東省、湖南省、上海、山東省、遼寧、吉林、アムール川、江西省甘粛省などの省、市を視察。
1960年
上海、広東省、湖北省、陝西、貴州省、四川省、山東省、浙江省、安徽省、市を視察。一般党中央、毛沢東、農業生産を必ずより適切、強要しない一律。

朱徳1961年から1970年

1961年
朱徳暇な時に剪定フジバカマ朱徳暇な時に剪定フジバカマ
年以内に上海浙江省福建省、江西省、広東省、四川、陝西、河南省河北省などの省、市を視察。一般党中央、毛沢東、提案閉校農村における公共食堂、回復市貿易。
1962年
いち、に月、拡大中央工作会議の出席。年以内に浙江省、江西、福建省、上海、山東省、陝西省、四川省、雲南省、湖北省、天津江蘇省、広東省、市を視察。一般党中央として、自分の意見を制限した農家への影響で、大衆の生産意欲。
1963年
年以内には広東省、広西、湖南、湖北省、河南省、河北省、陝西省、四川省、河南省、江蘇省、安徽省、山東省、市、天津などを視察。毛沢東などを出し、十分注意しなければならない発展経済作物発展集団、副業と社员の賃仕事。特に山や丘陵地域のやら、多角経営の道の多くは、強力な回復と発展。
1964年
年以内に山東、江蘇、上海、浙江、福建省、江西省、広東省、広西、貴州省、湖南省、湖北省、河南省、河北省、遼寧、吉林、アムール川などの省、市、自治区を視察。じゅうに月、司会の第3期全人代第一回会議。続けて当選を全人代常務委員長。
1965年
年以内には広東省、四川、雲南省の視察。出席じゅうに月、上海で開かれた中央政治局常務委員の拡大会合。会議で発言として、言えない毛沢東思想マルクスレーニン主義のピークは、ピークないし発展。
1966年
いち月からさん月、山東、江蘇省、浙江省、江西省、広東省の視察。ご出席の月、中央政治局会議に拡大し、間違った批判を受ける。はち月は、共産党の八回十一中全会で再び誤った批判を受け。
1967年
いち月、中央政治局会議に出席する。発言の中で指摘して、今は文化大革命搞破壊生産の程度は、注意して。同月、江靑を受け一味指示の下の造反派の攻撃。
1968年
じゅう月、出席中共8回十二中全会は、上に受け林彪、江靑一味の攻撃や中傷。
1969年
よんしよ月、出席中共九大、九回1中全会で当選を中央政治局委員。じゅう月、「軍備を増強する」の背景には、広東へ疎開して従化。
1970年
ななしち月、広東から北京に戻り、準備で第四回全国人民代表大会。はち月、出席中共九回2中全会(廬山会議)。

朱徳1971年~1976年

1971年
朱徳晩年標準写真朱徳晩年標準写真
じゅう月出し、党中央、毛沢東、賛成林彪中央に反革命集団の措置。
1973年
はち月、中国十大出席。10回1中全会に選ばれ、中央政治局委員会。
1974年
はち月秦皇島海軍艦艇部隊視察。
1975年
いち月、司会第4期全人代第一回会議。続けて当選を全人代常務委員長。
1976年
ななしち月ろく日、北京で逝去。

朱徳家庭の事情

(いち)奥さん
萧菊芳(雲南人、1916年、病死)
陈玉珍(四川省の人、1922年、はぐれ)
贺治华(四川省の人、1926年、別れに
伍若兰(湖南人、1929年、犠牲)
康克清(江西人で、1992年、逝世)
(に)息子朱琦萧菊芳に生)として赵力平
朱援朝中国音楽家協会会員。
朱和平、全国政協委員、空軍少将階級、空軍副院長の指揮の学院。
朱全华、任朱徳公益資金管理委員会
朱徳全家福朱徳全家福
員会執行主任。
孫娘朱新华、任解放軍総病院干休所診療部主任。
朱国华(1983年、死刑)
右図の注釈:1974年ろく月22日。朱徳の唯一の息子朱琦亡くなっじゅうに日後の1家の写真。前列左から:康克清朱徳赵力平後ろを;赵力平子供のご。
左から:朱国华(四子)、朱和平(次男)、朱全华(三子)、朱援朝長男、朱新华(娘)
(さん)の娘、朱敏贺治华に生)と婿刘铮
外孫刘建、任中国人民解放軍の装備学院副院長。
外孫刘康に従事して、中独の間のビジネス交流。
孫刘敏、フランス語通訳。
外孫刘武、解放軍某研究所の大隊長。

朱徳诗歌作品

太行春感(1939年春)
華北抗戦揮毫を堅持し華北抗戦揮毫を堅持し
ことづける蜀に年寄り(1939年)
出太行(1940年ご月)
と董必武同誌七言絶句5曲
友人(1941年)に贈られる
游南泥灣(1942年ななしち月じゅう日)
や郭沫若同誌『登尔雅台懐人」
と董必武同誌『三台のスケッチ』
一歩董必武同誌元韻2曲
感事八首で秋兴』『杜韻・冀に戦況
贺晋察冀軍区殲蒋第三軍
新農村
十月戦景
攻め落とす石門
戦局時局
寄南徴諸将
寄東北諸将(1947年じゅういち月)
賀董六男三歳の誕生日を歩原韻(1948年に月)
車のこと江怀朝豆満江戦(1952年きゅう、く月)
過五本の指(1957年いち月じゅうはち日)
六连岭(1957年いち月23日)
昆明の感懐(1957年2月23日に)
記念八(1957年ななしち月)
井岡山友軍と合流する(1957年ななしち月)
登石門山(1959年いち月23日)
従化温泉(1959年いち月27日)
と何香凝主任は「農村』原韻2曲(1959年2月2日に)
や郭沫若同誌『春節旅行広州北花市』(1959年に月)
旅行七星岩(1959年2月にじゅうななじゅうしち日)
と董必武同誌『初泳ぎ廬山』(1959年ななしち月ななしち日)
と毛沢東同誌『登廬山』原韻(1959年はち月じゅういち日)
花渓(1960年2月29日に)
1960年に東山さん月2日)に
登南峰(1960年ろく月22日)
泰山を(1960年ろく月28日)
お茶を西湖区(1961年いち月26日)に
登西湖北峰(1961年いち月27日)
旅行闽江(1961年2月2日に)
遊鼓山(1961年2月によんしよ日立ハルヒ)
と謝老『舟を浮かべる古田ダム』原韻(1961年2月にはち日)
経闽西感懐(1961年2月にきゅう、く日)
三明新市(1961年2月にじゅうに日)
南昌春節(1961年2月にじゅうご日)
旅行の越秀公園(1961年さん月さん日)
辛亥革命の雑詠(1961年じゅう月ななしち日)
祝う中国人民解放軍創設35週年

朱徳人物評価

新民主主義革命時期、朱徳同誌は相前後して中国を務める労農赤軍総司令、八路軍総司令官は、中国人民解放軍総司令官を務め、そして党内で重要指導ポスト。朱徳同誌千軍万馬それは、危険、功績顕著に、1つの重要な鍵を発揮した極めて重要な歴史的役割を覆す帝国主義封建主義官僚資本主義三つの大きな山を実現し、中華民族の独立と解放を構築し、人民が主人公となる新中国の大きな貢献をし。
朱徳山西武郷県朱徳山西武郷県
抗日戦争は全面的に勃発後、朱徳同誌をもって「日本糧を捨て舟を沈むと、復私山河、保私民族」と決心し、率いる抗日将兵挥师渡航黄河、華北抗日前線へと赴く。朱徳同誌は実行する党の抗日民族統一戦線政策、団結抗戦に力挽狂澜、敵の後方に挺進する、開発華北抗日根拠地に多大な貢献。1940年ご月、朱徳同誌から太行前線に協力延安、毛沢東同誌指導各敵背根拠地の抗日戦争。克服するために陕甘寧辺区の深刻な経済困難、朱徳同誌毛沢東同誌に「自分で、飽食暖衣」の呼びかけで、自ら指導及び推進大手プロダクション運動を育てた「南泥灣精神”になり、人民の軍隊の栄えある伝統。1945年よんしよ月、朱徳同誌は、党の七大に作『論解放区戦場』の軍事報告、理論と実踐の結合にシステムをまとめた党幹部は抗日戦争の基本的な経験。解放戦争の中で、朱徳同誌策定に携わった「北へ発展し、南への防御」など一連の重要な戦略的意思決定、協力毛沢東同誌指揮各解放区軍民、相前後して粉砕国民党反動派の全面侵攻や重点攻撃。朱徳同誌危険を恐れず、深く前線、有効に解決した各兵科協同作戦と後方の補給、軍需工業生産などの問題。朱徳同誌自ら解放戦争指導石家荘、組織奪取大中都市の貴重な経験を蓄積した堅塁攻略戦。戦略決戦と戦略追歼段階、朱徳同誌毛沢東同誌協力、本陣千裏は、指揮、人民解放軍の徹底を覆した国民党反動派中国では大陸の支配を導いて党の団結と全国各民族人民を確立した中華人民共和国。朱徳同誌を中国人民解放事業を立てた功績。
建国式典で読み上げる「中国人民解放軍本部命令」建国式典で読み上げる「中国人民解放軍本部命令」
新中国成立後、朱徳同誌高齢をよそに、党、国家、軍の重要な指導ポスト、」。これは党は朱徳同誌の最高の評価、これは人民に対して朱徳同誌の最高の評価。