王铎

王铎(1592—1652)、字覚斯、一字覚の、日十きこり、嵩きこり、また号痴庵、痴仙人じゃない、署煙潭漁叟、河南省孟津人。明末、清朝の初期の書画家。彼の書道と散りばめて董其の盛んなと並んで、「南董北王」と呼ばれる。明託宣二年(1622年)で進士に翰林院庶チーズ、疲れを抜く礼部尚書。崇祯16年(1643年)、王铎東閣大学士。崇祯十七年(清世祖順治元年、1644年)清朝の入国後に授与される礼部尚書、官弘文院学士、加太子が少ない保、于清順治九年(1652年)に病死し故郷。享年61歳、葬于河南巩义洛川、谥文安。
王铎
王铎の書道の作品は「準山园帖』と『琅華館帖」など、絵画作品は「雪景色竹石图」など。

王铎人物の生涯

王铎早岁辛い

明神宗万暦二十年(1592年)、
王铎像王铎像
王铎誕生は河南省孟津双槐裏邑。父王本仁、農耕読書を業、甚严し。
明万暦32年(1604年)、王铎始臨習王羲之『聖教序』。三年後、一文字一文字がよく似ている。
明万暦三十三年(1605)、王铎始読書、古文数篇だけ。
明万暦三十四年(千六百六年)、王铎おじ陳具茨は郷の組織運営から、王铎の学文。
明万暦35年(1607年)、王铎入学校読書、家庭の暮らし向きは益に行き詰まって、火の車が舞う。と孟津東にじゅう花園村にオバマ氏の女結婚。マルピーギ長王铎二歳の妻。
明万暦37年(1609年)、王铎就学、山西蒲州河東書院。
明万暦39年(1611年)、王铎家田は十三四ムー、貧困に一日二粥、伯父で陳具茨係に。長男の無党生。
明万暦四十年(1612)年八月、王铎膳を稟助産郷試へないで。
明歴歴と四十年(1613年)、嵩山のうちにある王铎本屋、当時やに通うこの、詩「嵩山』五言律詩2曲。
明万暦44年(1616年)、王铎肆業は西煙寺、大司寇乔鹤皋器重して、令を受け王铎弟子学は、赖之係に過ごし、が凶年。家の中で園田产2本、霊芝、名は「再芝堂」。
明万暦四十七年(1619)年の秋、王铎読書于邑西穀献山の陈荩吾山荘。書「呉养充立ち並ぶ』。
明万暦四十八年(光宗泰昌元年、1620年)、1%王铎病死。

王铎学優は仕

明熹宗託宣元年(1621年)、王铎中郷試。冬になって、王铎京師に来て、在は都報国寺に参加するつもりでみる。
託宣二年(1622)年三月、二位王铎捷南宮、殿試」と記載58名、おかげで同進士出身。と倪元璐、黄道周同改庶チーズ、オランダ、すなわち黄之王铎と付き合いが始まったのはこの年、時に「三木」と「三狂人」の謂。
明日啓三年(1623年)正月15日夜、同倪元璐、傅寄庵、许明庵遊灯市、詩紀の。次女相生。
明日啓4年(1624)年正月、王铎受け翰林院の検討。春には、王铎返。四月、舅陳具茨卒、時王铎畳もそばで。
明日啓五年(1625年)、王铎北京で、本『臨王羲之修負荷帖軸』『を景圭さん臨聖教序帳。十一月十二日、「蜀亭老先生」斎に《蘭亭序し、臨律詩帖。
明日啓六年(1626)年正月、秉魏忠贤意、「三朝典』なら修理。作「丙寅寧遠捷》七言律詩2曲。
明日啓七年(1627年)五月、王铎任福建試験官は、東直門出都を経て、山東衮州の汶上継運河沿いには杭州府に沿って、富春江暦岩州都の建徳、衢州府の2不安、後を陸路から玉山、广信、鉛山のほぼ福建境に入る。十一月二十三日早く、旅立ち帰京。本『南皮道上等七言律诗帖』『臨王羲之参朝帖軸。
明思宗崇祯元年(1628年)王铎初春、北京、充「陵配祀」職。四月、ノボル翰林院侍話す職。夏、返に整備「再芝園芸は新竹、同姓同名の」「準山园」。「文岳老親」の本《芝園詩軸」、「と眠り禪師草書啓』。
明崇祯二年(1629年)の重陽節、同郷の友人邙山知覧に登場し、游鄏山の陰鍾乳洞。ある詩「南山重陽同友苗家村夜遅い漫興。
明崇祯三年(1630)年三月十七日、作『太仆と嵩焦公祠碑』。五月、王铎休みが帰省中、作『遊柳寺赋』。同月、作「直隷鳳陽府府知事負荷富張公墓。六月二十日、作『王觉斯孔殷初集自序」。六月十五日、「山西右参政夏大道董公同穴墓碑銘』。九月十六日、王铎と张鼎延、邢舜玄二親類と登金門頂、雨を少なくし山中に詠んだが、即興詩(後の時に『琅華館帖」中)、帰る後、複作『金門山記』のようにそのことを。张鼎延加担刻《琅華館帖」を作跋。初冬、王铎方返孟津。十月十日、作『中岳神祝祠」「袁心地良い同穴墓碑銘』。ある大雪日、親友で山へと同鍾乳洞、作『鍾乳洞雪記」ようにそのことを、何朴茂文。
明崇祯4年(1631年)、「泰器大祠宗书诗軸。
明崇祯五年(1632年)の初め、王铎北京。三月、作『いいヤング墓碑銘』。絶対へ山西lu安府、事毕を経て、太行返に。川は孟津、庶民溺死無数で、王铎五言律组诗じゅうよん曲のようにそのことを。
明崇祯六年(1633年)春の暮、王铎家族と、奴隷など十数人に発向京を経由して、鄭州、三月二十一日、封丘あたりから渡河、垣に河北、三月二十八日から河北省開封府は、开州守王复招待宴会は王复朴园亭。四月、北京に到着し、居候は友人冯祯卿の緑雪園。書「公嫩本詩軸。九月、書『贈る袁枢詩帳。秋冬の時に、私任右春坊左谕德職。
明崇祯七年(1634年)、王铎北京。五月に贈られる今、本『基礎さんセクター8コマ』。作「甲戌も秋』五言古詩2曲。本『問題靑陽山荘五言律詩10曲帳。

王铎南京の任に

明崇祯八年(1635年)春のとき、王铎右庶子任に。作「太子が少ない保兵部尚書節広い地域袁公神道碑』『丁さんが2台の墓碑銘』『賀顧母が夫人70寿序。初秋王铎温体に合わないで仁、吴宗达輩、お前は転任掌ください南京翰林院こと、旅行を経て、河北涿县は先に帰って、九月孟津。時臨習「古法帖」の書、後為替成《瓊蕊廬帖。八月、書『臨徐山道の帖軸。晩秋、家族と泳ぐ「南山坑道」(つまり邙山)、5律詩『家中南磵』。十二月、率家族、奴隷などじゅう人、南京へ赴任し始舟に乗って東の下に沿って黄河河南東部の虞城登録は、虞城で夏邑、夏邑で水城は水城で宿州。途中で「環州老親」の本《永城道に広がる興詩軸。
明崇祯9年(1636)年正月、王铎や家族一行に南京到着。同月28日、张湛虚、屈静原集陈春台小桃源、モクレン九大樹に咲く。時と张湛虚、屈静源や遊歴牛首山、ツバメの磯などの名所。三月、南京と国子監祭酒张诒白来普德寺。五月、鹿王铎感血虚に見舞いに来て、张湛。八月、张湛虚用事で北へ帰る、王铎憂うつにたえない。本《蘭亭序臨巻。十月一日には、王铎と家の岩、母、2番目の妹、四弟镆や奴隷7、8人がoの行路遇農民义军、時価の夕方、かつ戦で歩いて、慌てて逃げてゆく夜。友人朱五溪、長男が無党は孟津南京が王铎、吴飞卿泳いで、父を作「呉伝』はまだ静かだ。文震孟卒、王铎作『吊文湛七言律詩1首の詩』。
明崇祯十年(1637年)、范文光を王铎作『覚斯さんの詩集序。二月一日、王铎問題孙谋書「華厳経。二月十六日、王铎家族と北渡長江が少ないこと、帰京任職セン。二月の行方は17日、江浦。本『臨怀素草書軸。今回の旅行には暦黄河岸の双沟を取って、道はしばらく返孟津。閏四月、于鄏山の陰臨古法帖軸。七月朔が8日、作『王氏の子弟勧告する。七月十五日、王铎同奴隷など十数で農民义军トラップを脱出し、歩いて、自然光武陵の北西牛庄歩いて、故人に舟を浮かべて水に出会う、始舟に乗って歩いて脱。秋には、卜居(山靑)嵘山房、作『(山靑)嵘山の部屋と諸親友登その峰などの詩文の原稿』。九月、親友と食べ集は柳寺。十月、発向京を経て、任县、柏郷、定兴など。同月、プリ選択王铎東閣侍クラス。
明崇祯十一年(1638年正月、王铎晋センこと職。二月は7日、太子が嫁に行くとき、王铎で東宮侍クラスの任に。二月十二日、帝御経筵終わって、王铎召通を「保挙考選かを人」。五月二十六日、王铎任礼部右士郎、教習館員。七月経講官任に筵。の中で、秋が作『王氏大伝』。九月二十四日、みやこ戒厳、王铎分守都大明門、幼女佐卒この。十月二十一日、作「銅雀瓦硯銘』。十二月、次女の卒には二度に疎し乞帰帰省する、という返孟津。
明崇祯12年(1639)年正月、居酒屋(山靑)嵘山の中。春のある日、葬次女相は孟津城東山北祖先代々の墓地の南西。八月十四日、「赵深甫」書『京北玄本当に廟詩軸』『を仲玉书詩軸。十月、復帰王铎北京、任翰林院学士職。本『臨王羲之小園子帖軸』『万騎争い歌楊柳春詩軸。
明崇祯13年(1640年)正月初十日、「孟坚」の本《洛州香山詩軸。元日に、本『吾かぐ朱君文語詩軸。三月三日に遣王铎祭があらしなどの壇、書『臨王羲之丘令帖軸。夏は、“応五老親類」書『香山寺詩軸。九月、王铎拝命南京礼部尚書。十月、家族で先行を取って、道はしばらく返孟津、王铎率下僕25に続いて、旅の卫辉枚呉店、家族一行义军囲にはまって農民、農民义军两千余、王铎は25に助け驰突へ、競落救出家族を重囲を突破する、詩文纪そのこと。父はこの頃王铎病死、始父の喪に服する。家族として于怀州東湖岸辺築草堂栖の、名:“暗渠日光閣」。時诗稿』『紀行。
明崇祯14年(1641年)の初め、老父病死、王铎退官喪に服する。書「柏香帖・思松涧书舍かの友诗4曲』。刻石蔵ハナム省泌陽県柏町。同日、そして跋『瓊蕊廬帖。三月、同好翁张玉調査で、李庚生月山寺作「月山寺録』。王铎母が病死する。秋の九月、書『奉景翁詩軸。十一月、書「贈る子房公草書巻』。十二月、黄道周戍楚辰州、王铎作「石斎責める楚南』五言律詩一首書『臨王涣之など閣帖巻』『琅華館帖帳」、「杨荆岫」本「望白雁潭詩作軸」「ブランコ詩軸。
明崇祯十五年(1642)年二月二十五日、「抑え庵」「壬午臨柳公権帖軸。春の暮れ、王铎尚胸州と张抱一など旅行、書『贈る枚抱一草書詩巻』『贈る枚抱一行書詩の巻。五月、朱五溪、子三無回が太行鸿飞山房の行、川を渡って、しばらく返孟津、親于鄏山陰の祖先代々の墓地に埋葬され。農業によると义军進孟津、痛みは両親の墓に。家族、親戚などを約100人、舟に乗って東、復歩いて新郷、滑县、封丘、夏镇など。封丘値は、南京大理寺評価こと张如兰の葬儀、王铎著作をすると钱谦益、张如兰長男宁生持之南下してくださいに会いに行き、父の銘は、钱谦益を作「南京大理寺南評価張くん墓碑銘』。十一月二十六日、王铎家族一行は江蘇桃源、妻に病死于舟マルピーギ。家族に留まる小舟の内、倍極めて困難、湖北黄岡「結」でも、川の葬儀を終わって、しばらく妻マルピーギ葬于この。作『徹庵本5律詩軸。
明崇祯16年(1643年)春、江蘇浒墅关と死んだ友人袁枢めぞん、袁枢作『层峦叢树图あとがき』に「明日別の水辺の別荘にまだ旅行中、心、王铎上戸石寓亲機に、癸未三月夜」語。王铎三妹卒この頃。南下嘉興、王江泾、会稽や楚の彰水、黄、洞庭湖一帯には、無争い卒。本『臨王献之、王羲之帖軸。秋、家族と北へ帰る途中、河南菊潭、知覧『峨眉山紀で作五言律詩じゅう曲。帰郷後、粗末な家を尽くしてからは、身を寄せるから河南辉县、スマトラ山南じゅう裏の孟庄山志園、蔵書数車は孟庄贮山志園主郭公隆の「玄知覧堂」。は孟庄山志園書『贈る鄭公度草書詩帳。4子が病死して無技はこの頃。十月ある夜、王铎は“琴言斎」の中で、本は『王維五言詩の巻。翌日は早く、と郭公隆、貴に吾、朱五溪へ泳ぐ「紫団峰」と西崖诸胜、また宿泊は友人宅で維章之紫団山。次男咎無し率は500内外の桃源奴隷など、遷母霊柩帰、移動葬于新郷城東二裏の水柳灣。本『長は贤契臨閣帖巻』。
明崇祯17年(1644年)正月に移家·城(浚県)、寄は死んだ友人劉通政の「摂生閣」。「順後(無阝)親戚丈」と書『隷書いて幾多詩の巻。二月、仕組みをかいに南下し、時彭禹峰、张云斋遠くから数百裏表が王铎と一緒に舟に乗ってから豊、いす、清江浦一帯。本『隷書五律詩帳。五月三日、福王朱由崧と監国は南京。また推词臣姜曰广、王铎東閣大学士、時王铎まだから南京に蘇杭あたり。六月十三日、王铎見朝。23日、予算について王铎弟镛、子無党世襲錦衣指揮させる。七月二十日、奪故大学士温体仁、薛国観、周延儒や総督尚書熊文灿官荫、王铎準の主旨を削っての。八月六日、戴功叙翼に加え、王铎太子が少ない保険、戸部尚書、文渊阁大舎人学士、蔭フォント。「現在3項を請う勅行を急ぎ必要としたことを求めて済時』『を犠牲諸臣疎し」などの中州。冬の夜の書「寄金陵天目僧詩軸。師走、本『懐州詩作軸」「無知で大禪宗本詩軸。
清順治二年(明崇祯十七年、1645年)正月初六日、元宵燈の下で、七おじの本《宿の江詩作軸。二月二十日、王铎六お知らせ下さい帰。同月26日、王铎晋少ない傅。3月初めに、北から皇太子、帝を百官チェック、马士英、方拱乾、王铎などの極言その偽。本『更生武年老いた父母翁书诗軸』『臨王献之帖軸。四月二十五日、清朝落とし揚州、福王逃げ蕪湖、殘して王铎守江寧(南京)、彼の同礼部尚書钱谦益など開城門降清に加え、王铎少ない保。閏六月、王铎同清ベイラー博洛から杭州。本『臨古法帖軸」「隠し義』『をあまり峰年老いた父母丈本詩軸。

王铎受賜清

清世祖順治三年(1646)年正月、王铎で命を元官礼部尚書管宏文院
珍しい王铎細字の楷書書『袁可立墓碑銘』珍しい王铎細字の楷書書『袁可立墓碑銘』
学士、充明史副総裁。于太峰斎の中で、本は『行書文語軸。二月、書『送鳳丸など5律詩の巻。三月五日の夜、書『杜甫鳳林戈未息詩の巻。同月、次男咎無しで進士。同月、ひ水龚奉常斎に見え、「母米芾禪師碑』真筆四月、16日のトーチ前跋。夏孟、戴岩荦作『臨閣帖巻』『自本石湖など5曲诗の巻。六月、賜朝衣。作「賀相国玄平宋公寿序。七月十二日、作『模倣柳公権字軸。八月、作『を終わって古い臨本軸。十二月、「葆光年老いた父母翁」書「高郵詩作軸。「心の香り」「道茂る」二釈さん作『臨王竹帖軸》、本『匡言葉丈本5律詩軸。
順治4年(1647)年二月二十四日、作『を鲁斋義兄臨閣帖巻』、三月、充殿试读巻官、夏、作「金魚池亭讌集序。端午節は、著書『杜甫遅くて左どどなど5律詩の巻。五月に8日、作『臨枚芝帖軸。六月、本「李贺诗画帖。「あまり峰を諫」作『暗い然序思集序。九月、長男が無党は昆山上京道王铣こと、王铎喜で作『尹教』篇。作『枚母丘夫人墓碑銘』。十月二十一日、作『臨謝荘帖軸。
清順治五年(1648)年三月、作「詩」を宿松本軸。閏四月十一日、王铎姬段氏卒。同月、王铎返に。葬式を段姬終わって、作『段姫墓の丸い石碑』。重陽節、登郷の柏岡山。作「戊子九日』。冬、王铎帰京。
清順治六年(1649)年正月、王铎授礼部左士郎、充太宗文皇帝実録副総裁。二月作『臨王羲之ボルトと、清となど3帖軸。作「孟太保宗伯丛蓧園集录』。端午の節句後《段西美本詩軸。夏、于琅华館は「張老社盟」作『臨閣帖と山水画の合巻』。十月、遇恩詔に加え、太子太保。十一月、作『臨王僧虔帖軸。作『咎無し制义序。
清順治七年(1650)年二月、作『書画は遣怀文語軸。三月二日午書『送郭一章詩の巻。王铎3番目が仕返しに鑨も居京、龙松館。三月のある日、王铎于龙松館は3番目が仕返しを作『3番目が仕返し準夢探し曲序。五月二十一日、作「庚寅临王献之帖軸。六月十日、作『王献之敬祖』『鄱阳帖軸。夏、作『臨王羲之敬豫帖軸。七月、書『贈る瀋石友草書巻』。冬の一日、著書『問題素漱三曲の一つ詩軸。
清順治八年(1651年)正月、王铎晋少ない保。二月、臨王羲之帖、草書軸。二月二日閏、書『贈る静観長老2曲軸。三月に疎し言、もこみちを、どうぞ幸学んで実際に役立てる祭ること。初夏、丁野鹤書『やすい語詩軸。四月、グロスター華山拝命祭。六月初三日後、祭華山。七月一日、旅の途中、作『臨謝安帖軸。九月は、峨眉山に戻る途中、作『臨褚遂良帖軸。九、十月の間では、農民义军、転つぶしは四川省北部、山西省の南西部にあたり、「旅」蜀草稿。初冬、側は漢府のフンイエン取水路を経て、湖、広い郧阳府到着化学。十二月の6日ですが、経裕州返河南孟津、時病気薬。は年仲子咎無し始時「準山园帖。

王铎危篤になる?

清順治9年(1652)年三月四日の授賞王铎礼部尚書、時病気で郷で、同月18日、亡くなった。亡くなるまで「仙私を迎える」。本件に朝廷、皇帝に太保、谥文安、勅封その孙凤を描舎人。

王铎主な成果

王铎総括

王铎の書道に追い「2王」では、特に王献之を中心に、さらに広い範囲魏晋唐宋諸名家、『閣帖」の研究を最も深くて、師は独自の特色を持つ古臨写。その書道の特色、世に言う「筆王铎」。彼の書道と散りばめて董其の盛んな並び、明代末期の「南董北王」と呼ばれ、彼は書道の筆、ゲージにモーメント、緩急は度があって、流れが自在に満ち、強さ千鈞の力。王铎得意行草、筆法大気、劲健洒脱、痛快淋漓。彼の墨跡伝世が多く、多くの法帖、書簡、碑文が刻石、最も有名なのは「準山园帖』と『琅華館帖。その書道は日本、韓国、シンガポールなどの国で人気。日本人は王铎の書道のきわめて鑑賞して、それから一派」は、「明清調」。彼の《準山园帖』から日本に伝わって、かつて大評判となり、列を王铎一流書家、「後王(王铎)勝先に王(王羲之)」。

王铎書道

スタイル
王铎工正、行、草書、右腕は鍾繇、王献之顔真卿、米芾勇ましい、筆でレイアウト。みんなは北宋の風。当時の流行を得ることができ散りばめて董其の盛んな本の風、王铎と黄道周倪元璐傅山らを提唱して高古取り法、時風に分派をつくる。
書道に王铎は1位の各体もできる、風格多様な書道万能。人は壮大であるたくましかった大楷、高古風で質樸厚の小さな楷書、それとも彼のあの踊りと踯の行草書明も得ることができ、晩に言うべきでは一流の。確王铎作品の中では多くなく、源自中華で出度量。
王铎降清後八、九年間、本風より成熟非常である、その狂草技法は臻入神の境地。書道はその「変節漢」の心理的矛盾と物寂しい気持ちのまぎらすため、作品を失って崇祯朝の扛鼎の力と発奮の息、転理性と孤寒い。
特徴
「ロ州香山詩軸」が、結びの字に米芾の倚侧を発揮を極め、墨をとばす点描膨張法を変え字形、確かに「破鬼胆」の怪;を強力なでるセンターで、軽重対比強く、本当に神竜ブームの不測の力。
『明资政医者正治に卿兵部尚書節広い地域袁公偕配诰封夫人宋氏同穴墓碑銘』は王铎于明崇祯十年(1637年十二月二十七日)をその恩師袁可立书丹銘文近く、五千の字は、多く見てないの王铎長編細字の楷書。
「壬午臨柳公権帖軸」が、行草、王铎三行で布白法、書き出して五行書:まず一行の空白が絞り出さ密密の2行字を貼って、エンディングでゼロの方法は端隙間押出一行小文字。完全に伝統的な構成美を破ったバランスの原則。
『王維五言詩巻》、本于崇桢16年(1643年)、綾本、楷書、草書。巻の後半部分の行草だけではない王铎作品に会って、構成が変化に富み、行笔が縦が集めて、全体的な感が強く、接合体が欹よう、点描入り組み、ライン枯れ実相互べきで、だからその業績を高く評価されて。
『臨王竹帖軸』を四行書、テーマ三行書よう空の柳を左右に振っ曵が舞い、ないから垂直バランスと静かな、最後の行書は落款の字は左から右へ、さらに下に揺れながら、末瞭にはまだ空に貼ってゼロで「王铎」の二文字は貧しい項。邱振中かつて「軸線でいること」について分析王铎毎行書左右に揺れる度を感知この放漫な平面幾何学関係。この翰札書、藁草書ありふれた白の構成で、一気に大幅軸が作品の中で発生した前例のないスリル効果。これこそ王铎平面視覚的空間を構築にその「幽担保獰猛」の「悪魔の美学」の原則、視覚の上で強く感じる「山を切り開いて超海、大風が荒れ狂うさま、雷が鞭で騎賀竜」のイメージ。王铎書道作品平面空間構成の美学を作って、すでに暦四百年で無居住その右。
『贈る枚抱一行書詩巻』と『贈る张抱一草書詩の巻」は王铎五十腕州が本作品で、この二巻はそれぞれ王铎行草の逸品。王铎詩宗杜甫は、この二巻十数曲感事傷時の詩の中から「万感中原こと、魂に夜生」の悲鳴は、戦火に奔走塗炭の苦しみ心乱れることから「品格詩史」ため、前巻行書尤顕沉雄深い、後巻草書乃感懐纏綿。黄道周評価王铎書道は「五自化」という で、これは生活経験を強調すると人格に書道のスタイルの熟している審美卓説。かつてある詩、「蟠、みずち、同じ」という風になってその「神竜」に比べて王铎草書が作りのイメージを賛の曰:「有明書道ツイ第一、指折り数えて空坤維に匹敵する。」彼は甚だしきに至っては質問は「文安詩猛虎うなり、誰が執王字に雌雄?」
『奉ゴン氏孝升巻物』を飲酒佳作、行笔剛毅、元気に満ち、両方の晩年生活偶発愚痴退廃の描写も、悲劇の懐の表れと苦しみ、行書代表作の一つ。

王铎絵画

王铎山水を描く宗荆浩~に関五代、継承荆浩~に関の風格の作品において、王铎峻偉、垢を多くない、ぼかし作ガス、傅は淡い色で、こんこんと豊ゆん、面白みはない。。同時に彼も吸収董源王維画法、主に水墨ぼかしを主として、垢を多くなく、ちょっとした淡色山川は厚く、雄大で、鉄砲玉の帆を掛ける。彼の山水画の景色が実写石の造型方峻、フック皹縞。彼の山水画は、元の筆墨技法を描いた当時宋国の味。王铎の人物画はまれで、しかも画法が簡単で、写意。間作蘭、竹、梅、石、こぼし然物の外に興味を。
王铎の絵王铎の絵
王铎描けるだが、作品が伝わってない。彼の山水画倣荆浩・関~とは無大山大水の勢いで、『山水冊』の中の平岡高松、林峰溝、空が薄い霧雨、曲がった小道茅屋論点蒼秀清新の気、引人勝。王铎善書道の筆を描く花卉栄枯盛衰の姿に、上海博物館蔵『花卉巻から』で窺える。この巻作竹、蘭、菊、竹の葉、菊弁や蘭葉全てセンターの、手当たり次第に書いて、洒脱に含まれる拙味、と彼は縦で集めの書道の特徴に統一。ないことを求めず、こぼしに似ているように、ほかの意味だが、彼がにじみ出て文人画の情緒逸趣。清順治三年(1646)年作「渔舟蕭闲图』、『歴代名の賢い人の収入絵」;清順治七年(1650)年作「雪景色山水図』、『支那』収入日本名画宝鑑;清順治八年(1651年)免官する帰の中で、作『兰石图』巻、「山水巻』は、それぞれ収入『新版世界美術全集』『支那』名画宝鑑。王铎得意山水を描くと竹石梅蘭、山東省済南市博物館に収蔵竹石图』『雪景色は王铎を睢阳袁枢大事に作られた一枚の雪の竹の作品。

王铎詩文

王铎博学好古さん、工詩文、生産量も豊だけ、五言詩はますます万首、明谈迁『棘林雑俎・仁集』における4954曲。王铎诗文集『準山园初集』じゅうななじゅうしち冊、「準山园選集」82巻、文震孟、黄道周など序、また「準山园文選集」32巻れ、禁毁。王铎は文学では淮海書画優の入清は後で更にを謡う属文を楽。
王铎の詩学、宗唐祧杜、陶铸汉魏、明代の諸派、独推賞前後七子の中の李梦阳李攀龙。彼が最も尊崇の唐代の大詩人杜甫、甚だしきに至っては杜甫の再来を自任する。たぶんどこから杜甫の生活、悲しみや痛みの心境忧国忧民の思想、感情や、もの寂しい悲愴な史詩のスタイルを引き起こすことができ王铎極共鳴、杜甫の詩の言語と一番内容を王铎の思想の感情を代弁して。王铎は主張し「詩言志」の、彼に努めて詩歌の現実主義の発展の道。明崇祯五年、王铎作七言组诗八首の序に、農民义军山西省、河南戦争がもたらす後の結果、士大夫の立場に立って封建反発と敵視。しかし人民に対してあった塗炭の苦しみからは、大きな同情。王铎の詩杜子美倣学が、その思想内容、語学力と成就影響はともかく、見劣りがする。論点はいくつかの感懐、贈り、悼む友の詩を書いて実感が感動的で、言語の警策精妙、独自個人風採。

王铎個人の作品

立て軸
王铎香山寺作『五律詩軸」王铎香山寺作『五律詩軸」
《临阁帖》《临王献之愿馀帖》《临王羲之永嘉敬豫帖》《临王献之省前书帖》《临王筠帖行书轴》《行书忆过中条山语轴》《草书高适七绝万骑争歌杨柳春诗立轴》《香山寺作五律诗轴》《行书沙河镇作》《突兀岩峦气五律条幅》《行书飞人五言诗一首》《自作太平庵五律诗》《五律夜渡作行书诗轴》《行书燕矶书事轴》《宿江上作诗轴》《五律夜高邮作书诗轴》《临王昙首昨服散帖》《杜子美赠陈补阀诗》《行书杜甫戏呈杨四员外绾诗轴》《临王献之鹅还诸女帖》《临王献之省前书帖轴》《春过长春寺》《草书临帖》《临柳公权辱问帖轴》《临张芝帖》《行书赠单大年家丈立轴》《节临褚遂良家侄帖》《行书嘉兴作诗》《为宿松书诗》《碧水澄潭七律诗》《行书立轴》《至顿庄作》《行书济宁闻多英轴》《临王羲之帖》《临欧阳询行书胜事帖》《书画虽遣怀文語』『臨王献之敬祖、鄱阳』『草書臨王献之奉別帖』『祭臨遅れ帖』『行書昨日騒々しい煩わしシャフト』『評価メートルに一段』『行書五言詩軸』『行草辛卯仲春本軸』『詠陳路若山水』『行書五言律詩軸』『行本五言律詩詩軸』『臨王曇曲昨日服散帖』『行書文語』『行書俗雰囲気軸』『行書やすい語軸』『行書五言律詩軸』『草書臨古帖』『戊辰自もまた芝園作』『自たたるこの秦淮河月五言詩』『行草五言律詩軸』『行書五言律詩京に殘して蘇州友人ハルヒ』『草書臨古軸』『贈る文吉大词坛行書軸』『賛謝安書』『草書臨豹奴帖』『単椒秀沢軸』『行書五言詩軸」など。
セクター
『草書セクター』『草書臨書セクター』『臨淳化閣帖名無し法帖扇』『細字の楷書跋枚復山水を描くセクター』『七言律詩太行顶星船駅作セクター』『七言律詩歩杜甫秋兴の七韻作セクター』『登太行の一番高いところ駅作セクター』『歩杜甫秋兴の七韻作セクター』『七言律詩広陵懐古2曲作セクター』『七言律詩広陵懐古2曲作セクター』『一緒に登中岳日に閣友作セクター』『諧王竜友登太室絶頂セクター』『雨無事セクター』『臨古法帖セクター』『草書臨書セクター』『草本臨書セクター」など。
王铎『草書臨書セクター」金箋本王铎『草書臨書セクター」金箋本
手巻き
『臨閣帖』『草書五言律詩4曲』『贈る枚抱一草書詩巻』『贈る枚抱一行書詩巻』『草書を贈る鄭公度草書詩巻』『草書臨閣帖巻』『行楷王维诗』『隷書五律詩冊』『隷書いて幾多詩巻』『草書杜律巻局部』『自本石湖など5曲巻』『杜甫秋兴』『王屋図詩巻』『草書詩巻』『枯れ蘭復花图巻』『を葆光枚年老いた父母翁書』『草書唐人詩九曲』『蘜潭まげ峨眉山纪游诗』『問題野鹤陸舫斋』など。
枯れ兰复花賦
枯れ兰复花賦
絵画
『山水冊』『本絵巻」(1635年)の『家山卧游図軸』(1639年)『西山卧游図軸』(1646年)『書画折衷巻』(1649年)『枯れ蘭复花詩图卷』(1649年)『崇山蘭若图軸』『雪景色山水図』(1650年)、『漁舟萧闲图』『兰石图」など。

『草書冊』『贈るアダム-シャール詩翰』『本唐人詩冊』『行草诗稿』『臨蘭亭序を律詩帖』『臨禇似せる蘭亭』『臨王凝之書』(ページ)『行書李贺诗帖』『報さ葵に書』『あとがき韩熙载夜宴図』など。

王铎歴史の記録

清列伝
明季南略
清史稿』巻79
変節漢伝』(清)

王铎エピソード故事

やっと圧江南
王铎じゅうはち歳“挙人”になる、にじゅう歳で進士、21歳翰林22歳、置いて江南主任試験官、江南の人選考を迎える時が見えて、みこしを前に旗を2軸。一旗に書いて:「十载寒窗読書苦」、別の旗に書いて「捧げない母は命難題を出す。」人々にみこしを見る大人で、試験官は若い書生ないよう、年々老いて年々賢しの博学な人。みんなくれぐれも私议と、彼は膏粱子弟、官家坊ちゃん、その爺老子高官が置いて選考、どこに真の才能と学問!ようと言えない難題は、実際に本人は深い学問は、おそらくせいぜい知って「曰く学で実習のだ。王铎かご内ではっきり聞こえ。やっぱり初日の問題は:「曰く学実習の時。」人々はすべて言います、案の定、すぐフイルム。第二回は依然として原題だが、内容は繰り返し要求。これが頭をかかえた衆を子、彼らが学んだ知識を全部使ってしまいました。、やっとフイルム。ところが第三度また同じ問題を挙げ、衆は悲鳴を上げ、往生。大部分の人は検索尽くし貧弱な文才も白紙答案を出してきた。合格発表の後で、衆を子弟子入りの際、王铎ハッハッと笑って、みんなの前で筆使いが要求に照らして、一気に書き上げ七篇詩藻問題雅丽、色んな并茂、議論が適切である、篇篇さまざまな奇文。一時がびっくり4基、威信を振。当時の別の中魁挂匾、文は「江南才子」、ただ家の首弔王铎額を「やっと圧江南」。
王铎競り合う
伝説王铎入閣拝相後、皇帝は1枚の絵馬:四海波静か書く。楷書巨額を掛ける後、一面の賛大声で、「あまり宦官突然発見」の字が少なくなった、天下の「大」の平。みんな頭をもたげて細い審は、やっぱり本当に。舌なめずり質問したが、見王铎やおら筆を握る退廃し、筆に額に投げ、高くも低くもない、曲げない斜めにぴったりでない、「大」という字がたくましかっ左下、洒脱な「が」の字の、展示環視のもとで。皇帝のサプライズものすごい、称え:「王爱卿本当に筆も。」これでは「筆王铎」天下に名を馳せる。

王铎親族メンバー

王家祖居山西太原、始祖王成、明洪武十年以来、山西洪同県転居河南巩县、移住後孟津。
曾祖父:王几乾、学校生、かつて孙铎疲れに少ない傅、大学士、戸部尚書。子供:化、価格、作、修理、喜ぶ、計。王の価格、字藩甫、万暦二年進士り、クアンビン経理守、転刑曹改南戸曹、回転を補って本当に困難かも守大名、卒官、自著『四書には録』。
祖父:王作、学校生、孙铎贈る少ない傅、大学士、戸部尚書。
:王本仁、字性の梅園、号。
:陳
岳父:马从龙、字雲合、河北香河県。
:オバマ氏、段氏
兄弟:镛、鑨、镆、镡
息子
無党、字の大群荆河、日、初仕明を掌金吾、晋銮仪衛指揮官、仕清、山西平陽兵備道。姜镶背く時、巡撫祝世昌奏その御賊功労、尋遷済ホスト、未任卒。子を王之凤。
咎無し、字籍茅、博識工詩文、書道埒父であり、順治三年進士、选庶チーズ、暦宏文院侍講学士、浙江司遷西寧道的、陝西省、安徽省藩を抜く江南、官からいつもあまり寺少卿、卒官邸、47年。子を王鹤。
無回、補う内閣のフォント舎人卒官に、「瑞芝園集」8巻。
無過失、字季平、五品中央役人、出继その叔王镛。

相、佐江

王铎人物評価

明末、清朝の初期の蔵書家、学者姜绍书(『サイレント詩史』):行草本宗山陰親子(王羲之、王献之)、確出钟元常は模範鐘王にも、胸から出。
清朝倪灿云:王觉斯オフィスの授業で、一日一日は臨書、清索、これの縞に終身にくい。
近代書家沙孟海一生:(王铎)を食べている2王法帖、天分は高いし、効能は深くて、結果がその正伝、矯正赵孟頫散りばめて董其の盛んなの末流の失は、明シリーズは、いわば本学界の「中興の主」。
清戴明皋(『王铎草書詩巻あとがき』:元章(米芾狂草尤説、眠り斯は全話勢、魏晋の風軌掃除なり、然风樯阵马、非常に速い人で、迫力の大、非趙、董輩とも。
清の画家张庚(『絵徴録』):余は睢州蒋医者泰家見所蔵覚斯を袁石愚書い大楷巻、法、隷書、筆筆めでたい兼篆書。明季之ツイ赵文敏本者。文敏之風神あか抜けて、一時固無所および者。もしこの巻の危険があって瀋んで、錐沙朱肉の妙を文敏尚劣ると。
清朝吴修(『昭代尺犢プロフィール』):銅鐸本宗魏晋、名は重いと現代、董文敏として。
清朝の書家梁巘(『講談帖」):①本執筆法、学メートル南宮の年寄りじみて劲健、全は力が勝。②明季书学競は穏やか、王(銅鐸)、張(瑞図)二軒の力を矯正する長年の習慣、独標準ガス骨は、未入神のではなく、不朽。
清朝の書家郭尚先(『芳堅館跋文」):観《準山园帖」は、お知らせ孟津相国古法タマゴ、遊びの功.も多く、その詣力と同じ祝希哲。
清朝の画家、評論家秦祖永(『梧陰論絵」):王觉斯銅鐸、迫力沉雄峻偉、深遠な境地。別の1種の勇姿筆墨外超絶の一切、始力は韻者。
清朝の書家吴德旋(「初月楼論エッセイ」):张果亭、がっかりし王觉斯人柄、字が北宋のみんなの風。その人だけでで廃棄の。
清朝包世臣(『安呉論書』):彊燥無韻。
晩清、民国書家吴昌硕健:文安筆蟠みずち璃、有明書道ツイ第一。②清朝初期の書家で、董、趙の垣根をの人も傅山。傅山の草書も美しい、美しいことが感が、筆と味を失い、簡単に。そして王铎の書道は一種の荒廃と大人の禪の教えにも少なからず、彼が流れ出した矛盾や感傷を作品に達した一種の最高の境界で、この境地、後世者が改めて綿密には、击节冷め。
近代の学者カン:筆でドラムにより勢峻密で、元、明の後に本当に力。
马宗つと(『刹那岳階筆談」):明人草書、全部を縦勢者、眠り斯は縦で集めて、したがって極勢勢いなら近く、非力は、この未易語。
近代の書画家吴昌硕(『缶廬集巻四』):①帰る前に突然峨険要の地、文安健筆蟠同じみずち。②有明書道ツイ第一、指折り数えて空坤維に匹敵する。
近代書家沙孟海(『近百年の本は学』):一生食べている2王法帖、天分は高いし、効能は深くて、結果がその正伝、矯正赵孟頫、散りばめて董其の盛んなの末流の失は、明シリーズは、いわば本学界の中興の主。
書家林散之:覚斯(王铎)から大王書道、~にひたる李北海、唐から怀素後に1人だけが、然右军の書道、独辟ポータル、縦横に金銭を浪費して、不主故常。
教育家、書画家启功:覚斯筆力が扛鼎、五百年もこのくん。
汴梁夕刊』(赵蔚增『王銅鐸書道芸術の特色』):①王铎一生重く古典と古風蕩蕩。彼は特に強調し「宗晋」、「本未宗晋、結局入野道」。彼はずっと1種の学習方法、つまり「一日一日臨本は索ください」、それに芸術創作と古典が絶え間なく交流を保つ。彼は古典の法度恋しいと美しさが、臨書と創作時はまたいつも取意くらいたちは見て彼の書道の時、しみじみと感じるような視覚の衝撃と変化のトレモロ。書道の諸体では、王铎行草伝世の作品は非常に多い大きな影響力も。彼の行草深く『集王聖教序」と米芾伝承の精神、形式は独特で、意味があった味わいがあり、「より2王”の名誉、中国書道史にかなりの地位を占めて。

王铎後世に記念

墓地
王铎墓は、河南偃师市山化郷石家荘村南、
王铎の墓の前で石马王铎の墓の前で石马
北に鳳凰山の大宋会圣宮碑付き合う、南は芝田近くの宋陵七八陵帝相伴、眺めは素晴らしい。殘念ながら、、修建隴海鉄道王铎墓冢され、それが廃。王铎墓地では、今もなんて見るのいくつかの遺物。北臨鉄道部に、巨大な石马。石马高さ約2メートルの3、線はなめらかで、剣術たくましかっ、勢いがある。墓地の南端、赑屃とても巨大で、墓石に移す王铎は村では、石碑乃順治の「諭吉祭碑」、碑にフォントはわりに大きくて、は依然としてはっきりして、本颜体でおおらかであり、韻。
王铎旧居
王铎旧居、お名前は中州ハナム省洛陽市孟津県会盟町旧市街の村、
王铎旧居王铎旧居
明清の大書家王铎屋敷、別名の準山园。王铎明日啓に年に進士、官至明礼部尚書加えて、清太子太保職として、建官邸。歴史の変遷を、同じような戦争、その旧居、戦火を広めるために王铎書道芸術陳列その書道の筆跡、石碑、拓本や展示明清建築芸術、1998年じゅういち月に着工し、王铎原状復旧の旧居にわたって一年完峻。修復後の王铎旧居、主の旧居やオタクは庭園で、敷地面積は180余ムー、建築面積の5000平方メートル。国家AAA級観光スポットは、ハナム省重点文物保護単位。旧居内は2004年に成立した洛陽王铎書画院この画院は人口100人近い書画の芸術団体。