カン

カン(1858年―1927年)、本名祖诒広い建物、号長素また号明夷、より甡、西樵魯山人、観光存叟、日間化人、広東省南海県丹灶ソ村人は、人称の康南シナ海では、中国清末大切な時期政治家思想家教育家資産階級改良主義代表人物。カン封建官僚の家庭に生まれ、光緒の5年(1879年)から接触西洋文化。光緒の14年(1888年)、カン再び北京参加する日に沿って郷試初めて、この機会を光緒帝請求変法未デザインではなく。光緒の十七年(1891年)の後で広州設立木々が草堂講義、名将砕片。光緒の21年(1895年)と「下関条約』締結、連合1300人挙人万言の書つまり「バスを」。
カン
光緒二十四年(1898年)から始まって戊戌の変法失敗した後、変法逃げ日本自称保有、皇帝の帯が詔、組織保守的な会する開明専制、反対革命辛亥革命後、として保皇党の指導者、彼は反対共和制ずっと経営溥儀リセット。民国六年(1917年)、カンと张勋発動復古、擁立溥儀即位、まもなく当時北洋政府総理段祺瑞討伐の下で失败して。晩年に忠実に終始して康有為清朝され、溥儀馮玉祥追放紫禁城後に、彼は亲往天津、溥儀に住む静园お見舞いにまみえる。民国十六年(1927年)に病死靑島。カン清末社会の活躍として分子を提唱する維新運動を具現し、歴史の前進方向。しかし、その後、彼と袁世凱復古運動になる精神的指導者
光緒の5年(1879年)から、接触西洋文化。二十二歳朱次琦を離れて、一人で西樵山白雲洞読書、読んだことがなくて经世致用本のような顧炎武天下郡国利病書』、顾祖禹读史側輿纪要」など。同じ年にまた泳ぎ一回香港を大いにカン。後に続いて『続読む海国图志』、『瀛环志略』などの著書「地球図、購入、だんだん収洋学の書、洋学の基盤と話す」。これは中学校から一年康有為に転じ始め洋学の重要な。光緒の8年(1882年)、康有為は北京へ参加試みるは、時を経て上海、さらに触れました資本主義のことをたくさん集めた紹介資本主義各国の政治制度と自然科学の刊行物。勉強を通じて、康有為徐々に認識資本主義制度は、中国の封建制度先進。帝国主義侵略は、清朝の腐敗を胸に、若い康有為は燃え救国の火。西方にしたがって、康有為誌は西洋に学び、それによって中の祖国を滅亡に瀕する。それから取り入れた西洋から伝わってくる進化論と政治的観点、初歩的に形成した維新変法イデオロギー。

カン長興講義

光緒の9年(1883年)、「購入《万国のコミュニケ」、大攻洋学本、音や光、化、電気、重学や各国史志、諸人旅行記の渉する」。創《足が草を例》、入会する人もない足をもう、すべてを足を入れて足を与え、表彰。光緒の10年(1884年)、中仏戦争爆発、两广受けるフランス侵す。康有為「感国難、哀、民生」独居1階で、「悟日深で、顕微鏡の万数千倍者、視ダニなどの輪が見えて、蟻を象に、同じ大きさで悟斉の理」。うつむいて読んで仰いで思、「日々は救世を心で、刻々救世事」。光緒の14年(1888年)、カン再び北京参加顺日郷試、初めてをする光緒帝頼む変法未デザインではなく。その年九月、彼を光緒帝、痛い陈祖国の滅亡に瀕する批判時知らぬ山伏は夜も頭巾維新変法、要求を提出した「に法、下情に通じる、慎程度」の三条綱領的な主張。
光緒の十七年(1891年)、康有為従う陳千秋梁啓超のご、で広州長興に木々が草堂講義を始め。講義の内容は主に「中国は数千年学術源流、歴史、政治の沿革の損得を取万国公法比推定の」、「ダイハツ求仁の義にして、国内外で話したため、中国を救いの法」。そして変法運動の創造の理論。相前後して書いた『新伪经試験』と『孔子の制度を考える』2著作、この2本は穴を尊重する名の下に書いた。前の本を封建主義者は従来と神聖不可分のいくつかの経典の発表を偽造の文献。後1本を本来の偏る保守的な孔子格好をして向上精神を提唱して民主思想、平等観念の人。康有為のこれらの見方は、科学的ではないが、彼の改革の精神は知識界が強いの振動と反応し、封建固陋分子構成に大きな脅威から、この2本と見なされる异端邪说。翌年、康有為は講堂に移しながら街邝氏祠広州衛。
光緒の19年(1893年)、まだ講義于卫边街。同じ年の冬、遷草堂は府学堂仰いで高祠、この時すでに100人以上の学生がカン。光緒二十年(1894年)、カンから編『人類の公理》1本、この書経に何度も補修、その後の名前を「大同の本」を発表した。「大同書」を描いた人の世の様々な苦難を提出し大同社会は無私財、階級、誰もお見合い、平等の地上の楽園。これはもちろんばかげている。康有為書いた《大同の書」が、彼はも不可能を見付け到着大同道。ゆっくりとでは戊戌の変法理論の基礎を打ち立てました後に、康有為積極的に行われた変法実踐。同じ年、中日の日清戦争爆発して、中国はまた一回惨敗。

カン座談の変法

主词条:バスを強い学会
光緒の21年(1895年)三月二十三日、日本締結的『下関条約』は、分割危機が迫っても。康有為に都に入る受験の機会、連合各省受験挙人1300人余り、四月に8日(ご月に日)連名汝発動「バスを」。彼は「バスの中で、請求を拒否と、遷都練兵、変法に対し「詔ドラムで天下のガス」、「遷都定天下の本」、「天下を強い勢い」、「変法割天下の治」など改良派の救国綱領。と変法重点的には富国民と、養い教民三面。提出ウェルズファーゴの法6:1、チケット法戸部セイコー製でチケットの官、銀行は、拡張ビジネス;2、建築鉄道私、収利権;3、製造機器、舟を奨励し、新しい製造し、保護民営工業;4、矿务開設鉱山学してくださいベルギー教える人に調査、选才都督、乱用プライベート;5、鋳造鋳局の銀銀、各省、プラグ漏れ酒器;6、郵政は、施設の郵便局。養民の法が4:1、農業;2、勧め工、三、恵商;4、シャツ貧乏。教民の法則を分割学校、開設新聞社は、「愚民化導、支えてプラグ異端聖教」。これは康有為の第二次の文字、改良派も正式に政界に打って出るの第1幕。
「バスを断られる世代が、光緒帝見ていない。しばらくしてランキングは、カン
強い学会強い学会
の中で進士、授工部主事。康有為は同年五月初六日を「清帝の第しばしば」を提出した変法のステップ、指摘自彊雪辱の策が4:つまり富民、養民、宣教師、練兵、どう審端に取り組む上述の4対策については、「求に人材を抜くず」、「慎左右そして広いその选」、「下情に通じるで合その力」の三者のための「人材が、左右賢、下部の事情は」。今回の本は都察院代は、光緒帝が初めて読んだ彼を。そして、彼にも『第四書」、「再び吁请尊賢で尚功、保民で親の下、「情」を必ず通、才能が必要」として、正式に提出した。下院下部の事情を通」との主張が、また頑固派代が拒否。康有為は絶えずを光緒帝として擁し、努力をトップダウンの政治改革はまた、「日は会議の義号の同誌」、「思開気風、知識、非合大群できない」、「非会議チームワークはできない」。そこで先ず用事を『万国のコミュニケ』、于光绪二十一年(1895年)六月二十七日創刊、北京、「回貴人を士夫」の“だんだんお知らせ新法の益」、グロスターは会議のせい」し、10月初めに(じゅういち月)が成立した強い学会、別名の翻訳書局ともいう強い学書局。参加しても強い学会梁啓超陈炽沈曾植沈曾桐文廷式丁立钧杨锐など、翁同龢などのサポートになることも、強い改良派と帝党結合の政治団体。「万国公報」後には、「中外纪闻』は、十一月一日(じゅうに月じゅうろく日)が正式に出版され、双日刊、閣抄、ニュースや「訳印西国格致役に立つの書」は、印刷後加訳ごとに注記、論説が多くない。光緒の21年十二月初六日(1896年いち月にじゅう日)、後の党御史杨崇伊に疎し弾劾、「ちょっと饬厳禁」。強い学会と書局に変更され、もっぱら「訳し時各国書籍」は、議論時政には、人物の品定めをするように、「もっぱら中国自彊而立」の強い学会は違失元。康有為は北京をつくる強い学会後、于光绪21年八月二十九日(1895年じゅう月じゅうななじゅうしち日)、京から南京遊説张之洞して、南北の為替の上海設立強い学会、「以上の次の回をきょうみやこ、各直省」。十月、上海強い学会設立を立案定款、説明設立の目的は通消息、ポリ図書、講専門人材、支え、割「聖教」。十一月十八日(1896年いち月じゅうに日)、刊『强学报」は、孔子の紀年「サクラを変更し、古今制」を設け、宣伝が办报、提唱維新変法。北京の強い学会劾奏され、上海の強い学会もひどい差し押さえる。やがて、この基礎の上で創立『時務紙』は、梁啓超任主筆する康有為の変法主張、議論は鋭くて、文字は斬新で、当時の影響で幅広い。
光緒二十三年(1897年)、ドイツ占領する膠州灣再び、カンを請求変法。戊戌の変法前に書いた、康有為2部関係明治維新史の専門書。1部は「日本図書目録誌』が、同じ年の冬は上海の大同訳書局出版。別の1部は故宮博物館が発見した『日本が政試験』。日本の学者の研究によると、「大量に収集と読解日本書籍の過程の中で、彼は明治維新の史実を多くの変更や捏造、これを中国向け当時変法制度の需要。これらの変更の多くと作者が提案する具体的措置の変法密接な関係がある。」来年の一月、光緒帝が命じた康有為条陈変法意見、彼が「应诏統括を折る"は、進著『日本は明治になって政考』、『ロシア大ピーターが政記』二本。四月、彼と梁啓超組織国を守る会救国图强呼びかけ。

カン戊戌腕利き

主词条:戊戌の変法光緒帝戊戌クーデター
光緒二十四年(1898年)六月十六日、光緒帝は頤和園勤政殿召見康有為、任命総理の役所章京、準その専折り奏こと、準備変法件と、史戊戌の変法。戊戌の変法の初め、康有為の舞台裏の司会で、光緒帝が一連の改革を推進したが、その後、康有為絶え間に上奏文、政治、経済、軍事、文教側に多くの改革案を含め、立案憲法、開制度局、婦人纏足禁止、裁煩雑な官、置散卿、廃漕运、成厘金、CD緑営、放旗兵、廃
カンと光緒帝カンと光緒帝
八股文试帖楷法について士、改書院、廃淫祠など、希望中国が根本から変えないで封建制度資本主義の憲法を発展することができます;要求保護工商業、予定の中国資本主義適切な発展;要求重練習海陸軍、中国を救う帝国主義分割のピンチ;要求廃科挙学校で、でき、新たな人材の育成。その時、彼はまだと梁啓超、谭嗣同、杨深秀などを積極的に企画推進ニューディール。
百日維新」期間中、新旧闘争異常鋭くて、たとえば廃八股文まばらで、後はいろいろ党妨害と公言し、悪康有為は敵のよう、「向けに、心に混淆国は」、人も厳しい参康有為、その「集まって強盗は、招诱翼」、「回結諫官、把持国は」。カンと御史宋伯鲁杨深秀などが反撃し。しかし後は党を軍政実権、光緒帝は皇帝の命令権を起草する。七月中旬、後党懐タルブ杨崇伊相前後して天津に行った見荣禄、陰謀クーデター計画の滅亡、ニューディール。光緒帝は相前後してから二回「密诏」、心配で「今朕位数の保」と明教諭康有為「迅速に上海にするな迁延观望て」。八月五日日(きゅう、く月にじゅう日)、カン退京南下する。翌日、西太後もっと「訓政」、戊戌クーデター発生。
戊戌の変法期間、日本の元首相伊藤博文から中国を訪問する。当時イギリス宣教師李テモテリーダーが法派康有為に提案、要求を清側伊藤アドバイザーとして、甚だしきに至っては職権を払う。そこで、変法派役人は伊藤に華を重用した後、次々と要請伊藤は、保守派の警戒を引き起こす役人。保守派の役人杨崇伊甚だしきに至っては密奏西太後「東洋故に伊藤博文噂は、独裁柄。伊藤果では、祖先からの天下に明け渡しただけで。」という激しい言論を保ちながら、西太後、光緒二十四年(1898年)八月初四(きゅう、く月じゅうく日)に戻ってから頤和園紫禁城と理解に対して何の見方が光緒皇帝伊藤。でも、伊藤と李提摩がまた康有為に提案「米中英和併合」。そこで、康有為の指示の下、変法派の役人杨深秀八月十五日(きゅう、く月にじゅう日)を光緒皇帝:「臣尤伏私皇帝はもっと前に必ず大計、圧密イギリス、アメリカ、日本が三国勿れ「併合」の名の美。別の関係者が法派」宋伯鲁もきゅう、く月21日(八月初六)をしまう:「渠(李テモテ)のも、準連合日本、中国、アメリカやイギリスを併合、共に选通達時務、知り各国故実者百人、もっぱらかに四国兵政関税分類とすべての外交などのこと。」まるで欲は中国の軍事、財政・租税、外交の国は他人の手を握って、交。西太後に紫禁城の後、1きゅう、く月21日まで知ることにじゅう、事態の深刻な眠りを驚かして、決断がクーデターを、改めて訓政、終わった戊戌の変法。

カン海外逃亡する

光緒二十四年八月七日の日(1898年きゅう、く月21日)午前、西太後発表「临朝听政」、光緒帝が軟禁されて、戊戌六君子殺される。九月初十日(じゅう月24日)、カン経由呉淞香港到着日本彼は、途中で公開書簡を発表し、「日禍に中国、この奇変」と、西太後「偽临朝」によると、幽廃光緒帝は「大凶」を「密诏改窜露布」、「無徐敬业の力しか効果を申バッグ小役人の泣く」は、「奉勅に助けを求める」。そして、カンを「文」首数奉勅に助けを求め、西太後大罪十匹、継言光緒帝の「勤政愛民、大きく建言の道」などの「聖明王」。説明しなかった「承の知遇を得て、続く賛維新、何度も奉温室の言葉を受け、密の詔」、「奉勅準備を」。彼が香港で時には「へ出発しイギリス行く」と「先が英を署参事官や上海領事館、香港総督その電気英廷助けてください」。まだ謁見イギリス子爵柏リッツ輝、「その出力して助けてください」。彼の弟子の梁啓超逃亡途中を伊藤博文ので、彼と英、米諸公使談合すっぱ抜く西太後「欲殺しオリゴくんの陰謀を問い、その幽囚寡くんの何故」。日本を待ちました、康有為はどうぞ文部大臣犬養毅支持、また书同文会リーダー近衛篤麿の説明を受け、「帯の詔、万里来航は、泣く血を」。この時、ブルジョア革命孫文陈少白日本でも、「お互いは逃げる客、あるべき同病相憐れむの感」、準亲往見舞い、借り敦友情、かつて日本人に頼んで宫崎寅藏平山週間などにカン合図。康有為は自分を「密诏」、不便と革命党の往来を拒否し、協力。孫文は日本人の関係を通じて、組織して一回孫、陳、康、梁の会談は、協力の方法を検討し、カン派を代表しないので、梁啓超、相談相手になって。孫文複派へ陈少白訪問、梁启超伝導陈见康、陈少白繰り返し議論から3時間、どうぞ康有為「改める、共同実行革命の大事業」。康めぐり:「今に賢い、必ず復活の日。あまり深く恩、どうしても忘れられない、ただ、献身的に力を尽くし、力谋兵勤王、脱その禁錮瀛台の厄、その他の非余り所がのお知らせ」。
光緒二十五年(1899年)、日本は清に交渉し、康有為留日。二月二十三日(よんしよ月さん日)は、日本外務省には旅費、康有為は横浜乗渡和泉丸太平洋カナダバンクーバー、烏ビザカードを遅く士などの演説の「私皇帝は惟聖明王は、中国を救うことができたい」と、「一心に努力華僑、助けて主上」。スピン渡大西洋日本へアメリカを試み、運動アメリカ政府中国の内政に干渉し、扶助光緒帝重掌政権が、実現しなかった。また戻ってカナダ、六月13日(ななしち月にじゅう日)と、李福基などの創設保守的な会れ、中国維新の会。「例」、「専助けは助けを主上、変法中国黄色主」で、準備アメリカ州南洋、日本、香港、マカオ各ポートの会は、マカオ『知新報』と『横浜清议紙」を宣伝機関を助け、光緒帝の排除、西太後、荣禄、剛毅一味頑固勢力を目的に。同じ年、『保印刷も大清皇帝会社序例》と、は国を守る保非変法不可、変法「非に聖な皇上不可」が、凡是「忠君愛国助け種の心」のすべてで同誌。彼は「忠君」と「救国」につながり、光緒帝と変法につながり、「救出を助け圣主中国」は、海外でもいくつかのアピール力。
光緒26年(1900年)、清の命令は、厳命李鴻章康有為は梁啓超広東の書き方をサンプルを使用し、先祖の墓を尽くしてならす、凶邪を戒める。清は福建、浙江、広東命総督と巡撫懸賞じゅう万両、い、梁啓超康有為は、検査の死体も、一体に賞。葉って亦必官等、破格の賞について。もし購読者の髪の新聞、厳を退治し、各本著爆弾廃棄。この時、義和団彼の主張を展開、「助攻団を助けに匪他人」まず、「予約講和条約を保新疆ウイグル自治区、回率を検討北賊の強豪チーム」は、光緒帝リセットできる「辑睦外交」は、「中国が不安で、亿兆被保険」醸造、「賊軍を討つ勤王」。結果、実際の活動の唐才常漢口で晴らすこと殺され、演技自立軍悲劇。

カン反対共和

義和団の後、清朝を封建統治時代の主流になって。光緒二十七年(1901年)、章太炎東京国民の紙」に発表された『が仇満論」、「夫は、今の人は門歯満州そして思顺日は革命家、非敵視の謂」、清腐敗、「無ことを吾足りない大陸」、「隠れない愛于光绪皇帝」は、今日、「革命固より行」。「しかし、満州弗追って士の争いは、欲濯磨、民の命を捧げる敵愾心を期からほぼ独立不羈の域に欠かせない、このての数も。マイクロに浸しても衰えて、結局はヨーロッパ、アメリカの奴隷だと」。革命の情勢の発展、康有為の弟子梁啓超、欧榘甲も少し向け、康有為はとても焦りさえ函を切り、問い合わせ先。
光緒二十八年(1902年)、「答えを出してクラスメート諸子梁啓超などインド亡国論、各省自立書』と『答南北アメリカ州諸華僑中国論のみ可能立憲不可革命書』二文、前文は梁啓超などを振る情勢に」、「みだりに?十八省分割の」と反駁し、「今令が国の力で、日を荣禄お帰政を既倒ことは、政府の後、主上復古、すなわち定変法がニューディールで自強、はは日本と同じく軌で治効果が期待耳」。もし「移動で攻め満州、師法に反する人の印モンゴルそして自立耳は、その効果もとインド同なり」。康有為は「自立と革命を求めて、速消滅」立憲避けられる「革命の惨」は、各ポート再言革命は、保皇党人少し渉ためらうことに、再三「布告同誌」:「本は保守的な目的のために苟非主上が変わって、どうしても万変わらない。もし革命の実を併べた、反逆の趣旨と反対者も、本。謹んで布告同誌を眺めて、篤守忠義勿れ莠言聞いて、僕はみなさんと同じ保守的な人、僕を死守するこの義を眺めて、みなさんご覧くださるの。」これは死守義、保守的な変わらない。この時、康有為に書いた『孟子マイクロ』、『論語注》、《春秋添削する微言大义考》や《大同書。彼の政治思想に従って日に落ちぶれて、「大同」三世学説も変化してきて、孔子の時には、「身によればいい乱」、「乱」、できれば循「孔子の道」を推進するに至って、隋、唐は「太平の世」(進化「小康」)ました、隋唐後に、「今は千年」、中国は「まず大地で太平なり」が、秦、漢の崇「刑名術」、王莽刘歆「創造伪经」、晋の後の「偽古学大行」で、その結果「言論散絶」、「三世といって、読まず、世の中、太平の種類、永絶中国」で、二千年の中国だけによると、「篤守乱法で治天下」。このところ、中国の二千年の歴史が、「乱」には、「小康」と戊戌の変法前の「三世」とは違う。
光緒二十八年(1903年)、章太炎発表《はしけ康有為論革命書』、康有為らを奉為神聖不可分のはなを「光緒皇帝を載せ湉ピエロ」、重い打撃改良主義。そして、孫中山が発表した『告ぐ同郷の書」が、はっきりと「革命家、誌をいっぱい入れて興漢;保守的な者、満清誌を支える臣。道理に反して、弾を執りて鳥を招く」。呼びかけは一線を画する革命と保守的な限界。康有為は各地で漫遊、離れインド、居香港。光緒三十年(1904年)は、香港からペナン島は、ペナン島へヨーロッパ大西洋にアメリカ州、重渡。

カン強く主張する立憲

光緒三十一年(1905年)春、康有為はカナダ南旅行アメリカ。同年秋、康有為へヨーロッパに戻って、やがてアメリカ、撰『物質救国論』と思って、中国の病弱は知らない物質の学。同じ年、中国同盟会成立。革命を防ぐために、清于光绪32年(1906年七月十三日公布予備立憲。はヨーロッパローミング康有為山の神に賸見する如し九月、4日、『布告を出し百七十余ベイ会衆丁未元旦を大祭りが新年チベット、保守的な変更が国民憲政会文」、準備は丁未正月元旦行大祭りを宣言し、「旧保守的な報告を成し遂げる」が、新しく国民憲政会。「日本の誠は、昔のまま戴君」、「开天の幕政党お先に」、希望を温める立憲の夢。光緒三十三年(1907年)二月十日、保皇党人はニューヨーク大会が開かれ、康有為はヨーロッパ駆けつけ、正式に命名帝国憲政会と、対外的には中華帝国憲政会。は定款第2条に申明:「本が名を憲政を立憲君主制を目的にして、フランス革命の乱にかんがみ、や米民主の害は、民主立憲万で行けないのは中国、故に我あり会は守る戊戌前説をくん民共治、満ない分を本義、凡そ本を目的に会衆は、誤革命のために異端に惑、教会内へ乱を啓分割。」第三条申明:「本を尊帝室をねらい。」 帝国憲政会成立後に帰国し、カンを政治活動に従事するあげく、う梁啓超らと清朝皇室の貴族、国内立憲分子に連絡し、また借り名が書いた華僑商売人請願書そして、請求国会国憲法制定。光緒三十四年(1908年)八月初一日、清は本年発表から第九年に開催国会また、来月発布《憲法大綱。この「憲法大綱」の主な目的は封建専制保存制度。革命派を断固として反対の立場で、保守派は賛成。「憲法発布大綱」の二つの月、光緒帝「龙驭上宾。カンと帝国憲政会「本は保守的なことは、忠義顕著である」、「髪賊軍を討つべき義」が、荣禄若死に、西太後も卒、康有為の宣伝がもう三年立てば三つになるので、光緒帝の死とは袁世凱毒を盛ること、そしてサインを監国公、請求を殺して賊報光緒帝の仇。
宣統二年(1910年)、カン帝国憲政会の名義で草書請求国会、「待九年ならば、おそらく国非その国」、「明詔を立て、定宣統三年の国会」。この時、保守的な会国内の国会請願が頻繁に連絡、拟于年末改帝国憲政を帝国統一党に、清政府民政部登録申請は、「曰会で曰本党は、合全国人士とモンゴル藩王共の」、「故益光明広大なの」。宣統三年(1911年)、清厳制国会請願。四月、清組織皇族内閣、カンに劻;信用していない、いくつかの保守的な会員海外製造世論、点在揭贴、「今中国の退廃を滅亡に瀕する、非他人、全て劻; 1人の邪魔だけ;立憲する国会、非他人も、1人だけ劻;」。警告:「劻;なければすなわち開発国会は国を挙げての共通の敵、売国大泥棒」。五月、カン日本へ、初めで箱根、移住後須磨。八月、武昌武装蜂起爆発。康有為のニュースを聞いた後、忧心如焚も、「革命党は持って無成」といって、「北军政府で倒れ、立開国会で革命党を撫でたい」、「それで殊勲を立てる」。自己陶酔に「人のお知らせ革の、士大夫の思我が党帰服する」、「いつか国会が咲くと、我が党が大政党、革命党も自覚無人材、治療にもできない」。

カン保守的な穴を尊重する

辛亥革命後、康有為は民国二年(1913年)は母を亡くし帰。海外でじゅうご年、これまで帰国。アメリカには進歩の維新運動リーダー、帰国する時は保守的な人。袁世凱誘っ北京として、袁世凱政権の飾り。カン承知しない、これは袁世凱を覚えるために戊戌の変法旧恨袁世凱の反対に乗って追い詰め清朝の革命危機崩れる。葬母の完成後、彼はまた上海に移住し、『忍び》雑誌「孔子を主張する国教、配享天壇」、「今ならない穴を尊重するには
晩年にカン晩年にカン
何从わり、逸教の民居場所がないか?暴虐をほしいままにする、早く嗜欲、禽獣に近い非待佃煮は、絶滅種で何か?」戊戌の変法前の孔子、康有為の心の中では「維新」の孔子は、この時の孔子は、封建勢力の代表者。
民国の5年(1916)年三月、カン電請袁世凱退位。六月、袁世凱逝世、カンテレビ大学の大統領黎元洪早く正式に国会開催、また「孔子を求めて、編入憲法、復祀孔子の拝ひざ明文をもって、保守府県観点及び祭田、全て置奉祀官勿れて荒廃汗料理が彼职事休暇賃金なかれを横領」。
民国六年(1917年)、カンと忠誠の為の北洋軍閥张勋発動復古、擁立の溥儀即位、まもなく当時北洋政府総理段祺瑞討伐の下で失败して。康有為手配され、夜逃げ上海、その後また長期隠居茅山の。民国の8年(1919年)、五四運動爆発、康有為に発表した『助けてください国賊学生電』と、首「曹汝霖章宗祥等力行売国、自刈その人民をその国命久しい」。継「幸今学生発揚義憤、奉行日検討、この曹汝霖、陆宗輿の罪。国を挙げての逖嗅ぎ、みんな歓声。

カン老後の生活

民国十二年(1923年)、カンに引っ越す靑島汇泉灣サイドラインオタクに住み、問題そのオタクを「天の園遊会」。後に、いくつかの子供が、靑島は本を読むときもここに住む。初めは靑島の時、意図的に建設して、大学を準いい大学を澳商ベイ監督定款、接着剤高恩洪先行で断念。晩年、靑島の優美風光を書いた多くの詩があって、その刻石若干の詩になっている崂山スポットの構成部分。民国十三年(1924年)、馮玉祥部を都に入る、溥儀追い出し清宮。康有為電気北京当局は、「逼宫を兵」、「どうして立国?」翌年、上海に行くから天津「朝見」溥儀漫遊する返沪各地の後、日間書院。康有為の一生の事績については、多くの歴史家は多くの専門書を書いたが、彼は1916年秋から1927年春にこの時間の中で、一度超脱世外、遁のせい茅山の昔のことが、今はあまり知られて。
民国十六年二月26日(1927年さん月29日)、カンに一人の広東同郷の家に来る。家に帰って飲む一杯のレモン紅茶、腹痛などを絞って、2人の医師の診断を受けてください、日本人医師が切れを食中毒。にじゅう時間後、民国十六年二月二十八日(1927年さん月31日)朝ごときに逝く。康有為は逝去し、ちょうど北伐軍浙江に入る、张静江任浙江省の主席、かつては康有為係「保守的な余孽占める公共財産」閉鎖日園。

カン政治手法

カン維新の実踐

組織と発展のために力維新派、光緒二十一年(1895)年九月、康有為は北京に組織した強い学会。強い学会設立した後、3日ごとに一回例会、相互検討「中国自強の学」批判頑固派降伏の売国。これが怒られました李鴻章ら、同年の十一月退京南下上海で強い組織学分会も閉鎖され、やがて。光緒の21年
『孔子』の制度を考える『孔子』の制度を考える
(1895年)三月二十三日、締結地を割く賠償金の『下関条約』。康有為聞い痛憤、4月初め、康有為约同十八省挙人千三百人、一日二夜の時間を起草した1万8千字の「上今皇帝に請求書」光緒帝拒むと、遷都、練兵、変法は、本未差し出し、しかしその行動は知識界は巨大な影響を生みました、史称「バスを」、それは維新思潮グラデーションを政治運動。七月、カウン施設北京強い学会、光緒帝と帝師翁同龢支持。九月、上海への強い、上海学会、翌年も広い府学校木々が草堂講義、彼は長年の『書く孔子の制度を考える』脱稿、この本を借り「素王の制度」を孔子説明「お古の制度」の改革論者だっ;また付会『春秋雄羊伝」「通三統、張三世」といって、歴史の発展がと乱世によると太平の世、太平の世の3つの段階で、絶えず改革進歩し、維新変法の理論的根拠を。
光緒二十三年(1897年)十一月、ドイツ出兵が膠州灣など、全国人民の激しい反対。光緒二十四年(1898年)三月、康有為は北京はまた組織国を守る会。国を守る会員数百人は急速に発展。これが起きた頑固派の恐怖と誹謗。人をののしるの国を守る会は「名を国を守る、いきおい乱国。」ある人はを弾劾、準備に康などを追究する。ただ、光緒帝は「国を守るとは、何が善」と。でもそれ以来、保国会の活動も少なくなった。カンと彼の同僚たちの組織を通じて学会、宣伝した愛国主義思想をさらに拡大大衆動員、変法維新の影響。

カン保守的な立憲

戊戌の変法失敗以後、カンを海外へ改良を組織し、忘れない、この改良派の政治団体。康有為会長、梁啓超、徐勤任副会長。助けを保光緒、反対慈禧と抵抗革命を目的にして、アメリカで、メキシコ、中米、南米、日本、東南アジアなどに組織の設立総会、共同じゅういち、支会103、施設の本部はマカオ。マカオで『お知らせ新報横浜』と『清议紙』をマウスピース、宣伝立憲君主。

カン創設紙

改良派は発行を通じて新聞をマスコミ。光緒二十四年(1898年)に強い学会設立時、康有為は北京に設立され、"万国のコミュニケ」(後に改名して「中外纪闻』)、当時多くの役人を参照して、一時的に朝廷が内外に影響が大きい。同じ年、康有為は上海で組織発売の「强学报』。改良派、新聞によって、動員力を拡大した自分の陣地。

カン思想の主張

カン経済思想

康有為主張変法中国に行く資本主義道。彼は租税政策の方面の改革は主に」蠲厘金の害を供養民心、減らして輸出税のビジネスを拡。痛烈に批判した厘金税は、それは不利な者も、利农、にも役立たない国を撤廃しなければならない。彼は「内地害商の政は、厘金ことにより、天下長い困苦の商人」。「厘金内の農民工の源で、外の損豪商の実。以上の募金計も、徒中饱代官役で、国にその大益を受けない」。彼の主張を徴収する印紙税などの財源を開拓する、同時に開催銀行郵政国有事業など、その代わりに厘金税。
康有為は商興才能国富、統治者でなければならない「保険者」、保険業者のカギは軽い税。「中国には抑えた末の者とは、惟重租税を辱めの。吾商と輸出の税、重さは外商人口の税、この各国との商の道に反して、ビジネスの不安が眠くないですか?」康有為の軽い税思想の後期発展を無税論、『大同の本彼の主張』で「公の中でもっといい人に徴収し、掃除万国古来重徴厚集めの苦しみ。」このような観点は実は現実を超えた空想。

カン憲政の思想

いち.依憲治国観念の導入
戊戌の変法以前まで、中国の封建制度殘る4000余年にわたる
康有為「万国公報」康有為「万国公報」
いわば、ないないないないと法「法によって国を治める」が、自君尊法、権は法律として1種の統制ツール、拘束臣民を拘束する礼、君主に法、家族を守る本位で封建的な身分制度。カンを含め初めて制限君主の権力意味の法律概念、つまり憲法。彼は国の政治を分けることができる、立憲君主専制と共和3種。専制政体の下、「君」と「大臣が数人共治その国」で、立憲政体は「君と無数の国民とは一体」。だから、「憲法」は「維新の道」。早期留学や海外への中国人も、かつては内政を改革、学習西方の政治体制で、しかしよくは簡単な制度を紹介する、意識がない、封建専制君主の憲法制限対抗の役割。自カン立憲君主を提唱して以来、清朝末期まで立憲、を経ても共和制帝制や民主、専制政体の繰り返し、歴代政府を全部立憲立国の始まりでも、すべては憲法記載一国の政治の基本原則は、このいい功績は初代提唱依憲治国者。
主張に.立憲君主
康有為に反対する君主専制政体主張し、立憲君主。彼は君主権威無限「大背の幾何学公理」、「立ち議院行政を主張し、民主も立てない。」また、「君臣一倫も、全人から立の法で、ある人は立の法は、そして君臣。今回の立法権が平等に、という意味で人の立の法者も、最も有益な人道的なり。」これによって、康有為は中国を明確に提出したとしてブルジョア民主立憲理論の基礎としての平等観。
康有為は立憲モードの選択は戊戌の変法前後変化。戊戌の変法以前、彼が提唱集権制の立憲君主に類似して、日本とドイツ。しかし戊戌の変法の後、彼は遊びを提唱し、君主に似ているイギリス。戊戌の変法時期は、「変法」は「ロシア大ピーターの心を心法、日本明治の政を政法」。前者はノックアウト強調しトップダウンの改革の方式で、後者は、日本の明治維新後に確立の立憲君主制。
さんが提唱して権力均衡」。
康有為はとてもとっくに理論的に肯定しました三権分立権力均衡」理論の合理性。戊戌の変法で前に著した「実か公法全書』(1888年前)の中から、カン幾何学原理出発して、「互いに逆制立法、凡そ地球古今の人、1人はお互いに逆制の内。」彼は:「一順一逆立法、凡そ地球古今の人は、彼が逆制人、人は逆制彼の者。はは勝手に権勢のために作って威福者で、その下に、そのために逆制の人と必ず苦」。彼は具体的に指摘した三権分立の主な内容:「欧米论政、三権鼎立の義。三権者は、政治討議の官、行政の官、司法の官も。夫の政体国、人の体もまだ。政治討議者譬若心思、行政者ひゆ手足、司法者たとえば耳目、各守その官になり、后体立。」また、彼は反対する機構の設置を重ね、と中国の弊「治にはあまりに大きくて、小さい官がまばらにも。」
よんしよ.民権思想と政治観
カンで前に、中国は「民本」思想が無い民権思想。康有為吸収西方自由主義の民権観を強調し、市民自治。『万身公法書籍目録要約や実か公法全書』では、康有為は比較的システムに提出した自分の民権観。彼は、人生は平等で、同時にまた相違性に満ち溢れ、これらの相違性の人は独立自主権を持つなら、「平等の意味で立の法」に対して、規範。彼は主張長幼の平等、友達(治平等こと門、論人公法)、さらにはくん民の間も平等。この本の君臣門実かで、彼は論述道:「民の立くん者と思って、己の守護者も。ふたまた二人が交わること、そしてもう1人を探しに保険も。だから凡民の臣、命の士以上、総称してくんない」。君主をを契約関係の中での目撃者ではなく、これまで、君主をすべての社会的関係の合法性の出所で、当時は大きな進歩的な思考。
ご.主張実行地方自治
市民自治を実行する理論を基礎にして、地方自治の主張。「中国地方の大病は官代民治、聞かない民自治」、「立法の意味だと国が、非と民、しかし乱れないで、非治四院。高官がない小官、国官を乡官、国政を無民政、代治を自治」。康有為の主張の地方自治みたい、「古者の封建も」、「しかし古者、乱世封建その1人は世や利己的争いの患からしても、この。今者升平封建そのみんなに聞いて、民自治、リスナー公议、誰もその公益自助努力によると、地の利昔、死刑をさした、人工大進」。彼も提案した具体的な参照係、つまり「郷邑の旧俗で採英徳法日の制」は、「万人以上に十裏者を1局、または名邑など具体的設計。

カン教育思想

維新変法を教育して育成康有為の人材の主なルートにしようと草堂は「激励気骨する精神、广求知恵」を教育の目的。康有為光緒二十四年(1898年)の『ください六月廃八股文试帖楷法試験士に切り替える論策折れ』で力陈明清の時代科挙試験八股文试帖楷法被害は、請求光緒帝令「今郷がリトライ」に直していただき試験論策」。さらに提出廃科挙、興学校。「宏開校舎、教は科学、待つ学校だけ開いて、徐廃科挙。」彼の主張は「遠法ドイツ近く、採取日本は、定学制」。具体的な方法は郷立小学校、県立中学高等学校に立って、TPG社、みやこ立大学、そして分立の陸、海、医学、律、師範などの各専門学。
カン学校の教育制度の構想について反映1884年に書いた《大同書』に。具体的な状況は以下の通り:
人は当院妊娠している女性:当院に入って、受けて胎教。
育児院赤ちゃんの人まで当院ろくヶ月、離乳後育児院に入り、就学前教育を受けてからご~ろく歳;任務は「子育て体、笑いぐさ魂、児の知識」。
小学院:学習期間はろく~じゅう歳;任務は「食育徳を先に」、「飼って体を開くためには、智回」。
の中で学院:学習期間はじゅういち~じゅうご歳;「一生の学の根本すると、任務を飼って体を除いて」、智のほかは育成徳を重んじ。
大学院:学習期間はじゅうろく~にじゅう歳、クエスト「専を主専門教育を受け、智。
これはシステムの完備、前後に接続する学校の教育制度強調早期教育就学前教育男女平等を主張し、教育、主張実行徳、智、体、美の諸方面の教育の発展を反映して、改良主義者の良い願い、強烈なファンタジー色。

カン本学思想

康有為は書道芸術方面貢献、決して彼より政治の舞台でのと見劣りがする。彼は続いて阮元包世臣後は大書論家。彼は于光绪十五年(1889年)著『広い艺舟双楫」理論体係的にまとめ碑学の1部の著作に対し「尊碑」といって、強力に尊重汉魏六朝碑学、碑派の書道の隆盛非常に深い影響。康有為は帖学係を全面的に否定し、「まだ大ぶろしきを広げる碑」の意識は、世代を育成する新風、「卑唐」は唐数百年書家創作抹殺する、結局覚過激すぎる。康有為災害の理論は、自分自身の創作サービス氏。康有為は容認できない帖学の存在も、象を書い赵之谦帖
康有為書道康有為書道
碑の人に皮肉を脱走することができないで、彼は張裕ザオは称賛にいろいろと持ち上げ、惜しまない「国朝一」の高さ、彼の過激さなければならないことが、未来に見る、まさに彼の過激させる碑学発展新しい歴史の高さに達した。康有為の創作にとっては、『石門銘』と『かまど竜顔尤深い」勉強し、同時に参「经石峪』と雲山諸石刻。書きで平長弧を基調とし、転換は丸い転を主として、長い穂先ヤギの毛の筆発揮した特有の太い伸びる、全く重と厚い本作中で効果はとても良い体現で、違うとは異なる赵之谦トン側の挫折、リズムが流れ、もと違って何绍基の単一の丸い勁で珍しい枯れ筆、これは彼の新境地を開く所。についてのラインを言いふらす構造の動きには、否定無難の創作も、清朝の碑学の全体的な特徴表現。は創作形式上にとっては、最もすばらしい対聯、開店し、全く見え勢い穆大気の男前の美。
康有為は理論上は本で勉強を見ても過激だが、その碑学の解明する幽发微、探赜索隐は他人比附のない、だからその貢献に値するの後代の人に違いない。しかし彼の創作の実踐しなかった彼の思想のように光を放つようにー。「古今の中、惟南碑と魏と宗」として、その「気まぐれプリンセスリスト」:一曰迫力雄が強く、2曰気象ばかムウ三曰筆法跳越4曰、点描峻厚く、五曰意态奇逸、6曰精神が、7曰興味深い足、八曰骨法洞达、九十曰曰構造天城、血肉立派です。ある論者これを座標にならって康氏本人の創作と心、余りて力が少し劣る、まだ若い頃の帖学窠臼脱することができない。康有為書道若い学王羲之歐陽詢赵孟頫後から、学朱九江、宗法欧阳通虞世南柳公権顔真卿また、力学张芝索靖章草、皇のように、後は転校蘇軾、米芾、鍾繇などと、執筆では朱九江法、臨碑包世臣法で、南北朝を墨で~にひたる。これで分かるように、碑学の養分を吸収した部分だけー、他は全てが混在している諸家で。

カン歴史の評価

カン総評

康有為の一生は、当時と後世の賛否両論頌の者によると、彼は改革論者だっ、「広い建物長素究は誰ですか?南海さんカン。学問に雄羊枚三世を清帝凡七回。論的勧学長興記、木々が草堂立学ゲージ。人類の公理大同の本、不忍を仁孟子マイクロ。」カン清末社会の活躍として分子、提唱維新運動と指導戊戌の変法時に具現し、歴史の前進方向。けなすの者として保皇党、章炳麟はしけ康有為論革命書』で彼の保守思想から多くの批判。この中に更に重要な原因は彼と谭嗣同ないよう選択身を殺して以て仁を成すを逃亡。彼は民国初年を穴を尊重する復古思潮手伝ってと袁世凱悪人に同調するので、帝政復活運動の精神的指導者には、歴史の反対侧に立って、政治から巨人の脱皮を現実の小人。
さらにしようとすれば、康有為結合儒家思想の伝統と西洋の立憲主義の努力
カンカン
力は一幕「悲劇的な歴史」として、しかし1種の方法を参考にし、移植や海外の法学経験し、その国の国情の両立構想が、後の学者が受け継いで。自にじゅう世紀ごじゅう年代以来の長い時間の中で、学術界に彼の近代歴史発展の過程での果たす役割を評価が低い。これは2種類の言い方があるからずっと多くの研究者に受け入れ、一曰:康氏は帝国主義の幻想を持って、「入り帝国主義の罠」、その「実施侵略政策の道具」と主張、洋務派の「夷を以て夷を制す」と変わらない。曰:戊戌の変法失敗以後、康氏の政治思想から反対民権、ひれ伏す君主の後退の立場として、最終的に堕落する保皇党、社会への障害物。康有為保守主義思想の第二の立憲出所はその「同治コンプレックス」、これは中国の王党主義。その後、ときに、梁啓超しようと革命党のパートナー、カンを強く反対し、梁啓超裏切られる天恩。康有為の主張の変法は1種の支配階級の内部の紛争解決メカニズムは、一種の自己「革政」は上昇し、革命。
康有為の立憲思想かつて啓発と影響が後の憲法の理論、しかし、その中にはたくさんあるの保守主義の成分は、主には君主の権力の闘争と伝統的な、支配的な地位を占めるの礼国を治め、儒教思想の吸収法合流。はカンを代表とする改良派大人の階級のサポート力不足。康有為は西洋の立憲政治上の深刻な不足価値認識。ために時代の制限、康有為は洋学の認識は滯在する「器物」論の基礎の上で、彼はまだない資産階級の民主政治と封建の開明政治を厳格に区別。だから、康有為は憲法の理解は内在の矛盾。

カン有名人の評価

梁啓超「さんは最も富んでいる自信力の人、彼の主義を堅持して、誰もが揺れない。学術上のようにしても、こんな事したくないために、仕事に自分の主義が譲歩にもかかわらず、往々にして譲歩曲解事実彼の主義なので、批判さんの人は、彼は短絡、執拗に、専制。」
陈寅恪言及戊戌の変法の思想の源流は言った、彼の先人陈宝箴陈三立政治思想との源流と違うから康梁「南海康さん治今文雄羊の学、孔子の制度は言変法付会。そのと暦検査世事し借镜西の国が神州で旧法者、本は違う。だから先に祖先くん見義烏朱鼎甫さんが「新無邪気堂質問に答える』反駁南海雄羊春秋といって、深く思い込む。によるとは分かる社の主変法、その思想の源流の所在と。」
安维峻「惑世诬民、非聖できない」。
章太炎「国の亡を必ず;老而不死は」。
茅海建「康有為の言論が多いのは大げさ揚ところから、那須至る所に気をつけて」。

カン個人の作品

康有為の事業の業績は多岐に渡り、全ては驚異の功績は著述は
康有為書道绮云階康有為書道绮云階
700万字、濃い浪漫主義の特色、集割「南海さんの詩集』。代表は「詩みなさんも留别出ご曲」、その国の滅亡に瀕する運命は非常に懸念、意気豪邁。その政論文伝統を破る古文プログラム、汪洋恣肆、並ぶ散にこだわらない、梁啓超「新文体」と。主な著作《康子篇』、『新伪经考』、『孔子の制度を考える』、『日本が政考』、『大同の本』と『ヨーロッパ十国記」など。しかし長年来、めったに会え康有為著作の全貌。近代史上の風雲児、例えば曾国藩左宗棠李鴻章などで出版された全集で、しかもも出版された建議する.建白書、手紙、政論、未刊遺稿などを備え、後ろにきわめて死後の栄誉で、中国と西洋の学問に通ずる、世界を見るのはとても冷遇され康南海。

カンエピソード故事

カン骨董品の醜聞

『世界がいいかなー梁漱溟晩年口述』で、梁漱溟カン2件について披露した骨董品のスキャンダル:一つは、康有為は陝西西安臥龍寺見学する時は、寺の中でたくさんの巻に貴重な古版仏経入れに彼の骡车盗み出さしようとして発見され、後に回復し。また、康有為に銀行余凡澄「借り」を1枚の非常に高価な書画を我が物にしようとする。何度も検討余凡澄だめ、多くの人がより派まで康家強行索回。

カン牛教問答

光緒二十三年(1897)の初め、康有為第2回桂林講義。当時春先三月、カン桂林からは陆荣廷老上司、参謀、軍師唐景崧岑春煊来の紹介明秀園訪問期間陆荣廷、園内の「別天地」亭でプライベートパーティー。一度お酒の3回り、カン見上げあずまやラック掛の書「壺中天」の横額、冗談に聞くと、「洞天福地」は道教徒の人気の熟語をお教え、いったいチャネルは、仏教?」陆荣廷もブロックに横額を眺め、すこし併べて手に笑って、「私もチャネル、念仏は、地元の人の师公を信奉して、私も信じない!私牛教だけ信じて!」康有為奇妙に感じ、忙问:「世界がどこに何があるか牛教?!これはいったい何かの宗教ですか?」陆荣廷丁寧に答えます:“牛教はね、僕は陆荣廷で龙州時の創造。」もっと感康有為訝しげに広東語で「お牛教を作って、解をつけますか?」陆荣廷また大笑いして、何度も繰り返す一曲壮語の民謡の説明。康有為拝聴、わけがわからなくて、また広東語では、「私が!私が!」陆荣廷続いてもあまり標準の広東語で「何の難しいのお知らせ!」そしてすぐに柳州と引き続いて言います:「この曲の民謡は牛には4つの胃体壮力が強く、干には、生全噛み砕い、消化不良に慌ててね!」康有為ゲラゲラ笑って、言います:“これは民間歌謡ではなく、宗教だ!」
そして、陆荣廷顔色が少し深刻な、正直一遍律儀真法に「正直、私陆荣廷は無学だから、世界のことは知っているが、何かの宗教は宗教、私は知らないが、私だけを見て農民が飼っている役牛腕大、干し草、枯れ草、若草、老根飲み込んで一緒にお腹に、いっぱいはしゃがんで木陰でゆっくりとまた吐き出す、七八噛むかむ、飲み込む腹中にそれを消化しても、有力ですか?」彼は止まって、続けて「孫中山先生から私を探しにきて、私は実行三民主義、梁啓超先日も来て私を探して、私何やって造反主義、今あなたは私を探しにきて、何を教えてしだし改娘主義。」

カン遗诏嘘

康有為の体に大きな嘘、いわゆる「襟の実家に持ち帰って、それからまた、出して。皇帝の手紙は、証拠であり、偽装できない。「帯詔」ことが摘発。しかし康有為は海外に逃げて、「帯詔」など欺世盗名ことで、多くの財を集めて。

カン中日の併合

戊戌の変法失敗した後、康有為提出滑稽の「中日併合」。康有為は「自作年譜」ではないと明言を避ける:「(当時)と日本を矢野文雄約両国併合大会議、稿極
詳しくは、どうぞ矢野くん行知本部承諾できる、そして大会は各省。」また、康有為はかつてその腹心杨深秀光緒の上に奏は、「私皇帝はもっと前に必ず提案大計、圧密イギリス、アメリカ、日本三国勿れ嫌併合の名のない美誠天下蒼生の福なり」。
比較的に明確によると「併合」の具体的内容者は、康党中堅宋伯鲁の上奏文。上奏文は「イギリス・パドレス李テモテ京都に会い、工部主事康有為、道その来意を告げ、準連合日本、中国、アメリカやイギリスを併合、共に选通達時務、知り各国故実者百人、もっぱらかに四国兵政関税分類とすべての外交など、別練兵若干大隊を係侮りに抵抗する。今準て主上速ジェーン通達外務、名声地球の重臣、例えば大学士李鴻章者に会いに行き、同・パドレス李テモテや日に伊藤博文、との商酌方法は、工部主事康有為は参事官、必ず失敗は成功の母、保乂私宗社。」
いわゆる「选通達時務、知り各国故実者百人、もっぱらかに四国兵政関税分類とすべての外交などこと」すなわち「併合」の国に参与し、その完全無効に現存する政府アーキテクチャなら、もう、康有為、李テモテ・伊藤博文ら选百名外国顧問を全面的に受け入れて、中国の政治、軍事、財政、外交などのすべての事務。

カン晩年の結婚

カン上海狎妓落ちぶれて、毎日、お金は無償還揚げ代。そのうちに、やっと家は知って、群まで康有為の住んでいる宿請求して、康有為は悪いと思い、広東省へ逃げる。船の日、各妓家も船に来い彼を探して、探して半日見つからない。出帆後、セーラー見船板内に人がいて、みんなは大いに驚かして、ふすればこそ、康有為さん。それから、ある人の詩を諷刺:「オフ債無台は舟も一因莫風流」。民国七年(1918年)春夏泳ぐ杭州。この「聖人」が「妓を挟んで湖」と興に乗って詩を作る1首の冒頭には「南化粧西施氾西湖、私も飄然範医者」。遊女をたとえる西施例え、自分範蠡お笑いぐさとなっているされて、一時。康有為氾湖遊び、突然会い位年頃の娘で洗濯をする、疑われる西施の再来。聞くと張経よう、わずかじゅうはち歳、まだ連れ添う。康は急いで縁談を頼む、張家見康は還暦を過ぎて、それとなく相を拒む。しかし康の断固として要求と仲人尽力促しの下、家が貧しいの張最終うなずいて。民国の8年(1919年)、康有為は上海の結婚式で、親友を尽くしても、ただ妻と妾子供はこの縁談は賛成しないが、集団で欠席結婚相抵抗。

カン蔵書を達成

光緒の十七年(1891年)の「広州と草堂」、宣伝西洋政治文化は、ポリ書で、多くは普通の書及び洋学書籍。梁啓超維新変法と提唱。戊戌の変わる、その家騒がれ、その蔵書移广雅書院。「广雅書院図書目録』に隠してその蔵書で記録する。変法失敗した後、日本へ。日本でも図書目録を集め、撰の『日本誌』じゅうご巻分じゅうご門、それぞれの各分子の目で、数項から数十項を待たない。海外から帰国後、政治的に保守的、反対の孫の民主主義革命。かつてと张勋と企画復古帝制。その業績は高い。初めは「雲が蔵書贮大道書屋」、「後に移すと草堂」、「万木楼」で。民国の後、上海では建「日間閣」図書館。「南海秘蔵宋元明目録』に載せ、計宋刊じゅうよん種、428冊;元刊きゅう、く種類;明刊232種、計ご万冊。また収め南海穴氏「三十三万巻楼と旧蔵及び新規購入新、洋学の書、数万冊以上。蔵書を印刷「下り日間閣」、「南シナ海康氏と草堂秘蔵」など。亡くなった後に、大部分がそれぞれに蔵書広西大学図書館、鎮江図書館、香港中文大学図書館など。

カン後世に記念

カン小蓬仙館

小蓬仙館は誰が建てたので、従来は諸説あり。一説には道教の羽
小蓬仙館小蓬仙館
士建設資金。一説には康有為の祖父が建て。また一説には務め両広総督父の叶铭琛奉命が建て。関係部門と人士のここ数年の考証、小さな蓬仙館べき康有為の祖父が建て、仙館を名乗ってお前は当時の一つの気風を上品に俗っぽく。同治六年(1867年)頃、幼い康有為はかつてここで本を読んで。小蓬仙館で現在広州市人民政府の列を広州市内部統制文物保護単位。

カン木々が草堂

中仏戦争後、康有為宣伝のためにその維新変法思想と育成変法人材は1891年(光緒17年)で「邱氏書院」として学校の話をつくった木々が草堂、戊戌の変法策源地。光緒十八年(1892年)、木々が草堂移転衛ながら街のクァン氏霊廟(今の広い衛路近く)。光緒の19年(1893年)、は学者の衆
木々が草堂セット木々が草堂セット
として、広い府学移転宫仰高祠(今の文明路广州市第一労働者文化宮内)。習慣に、人々はこの三アドレスがカンする学校を総称して「木々草堂」。
草堂創設の初め、康有為は主張「脱先人の窠臼、独得の新ww」。草堂の命名に含まれていると、栽培、国を国家の重任を担う人材の意味。木々が草堂の出現は、中国教育史の上で持って創造的な意義。康有為ここでは主に講義中国数千年来の学術の源流、歴史、政治の沿革損得、手を出している欧米国家の歴史、政治も、スポーツと音楽を重視する。これらのコースを設置や授業方法の新穎や、康有為のマクロ学、梁啓超聞いて試聴の心臓は、諦めた別に書院の学籍を投入、康氏の門。木々が草堂は丘氏霊廟も、清の嶺南学三大詩人の一つ丘逢甲一族の祖先、授業の地。康有為の時始業名将砕片借りここ。
光緒の十七年(1891)年三月、カン書いた『長興学記」と木々が草堂学ゲージは、『論語』「誌は道によると、于德、依于仁、泳ぎ芸」を目標とし、学生は多分徳、智、体の教育。木々が明確に提出し中体西用草堂をモットーに、しかも採用中西も教育内容。当時の書院教育の影響が大きく、その後梁啓超湖南スピーカー時務学堂時には、基本的に襲うた木々が草堂の建学の精神。

カン康有為島

光緒二十四年(1898年)、戊戌の変法失敗した後、カン
スウェーデンの「カン」島スウェーデンの「カン」島
違うから。光緒三十年(1904年)、康有為に北欧の国スウェーデンで、ここの風情を引きつけて、彼が紀行文に形容スウェーデンの美しい景色に「スウェーデン百千万亿島、高殿無数月明中、外が湖外島、山中を市の中山、オタク居之欲移す。」彼は買ってストックホルム東南部の沿海の砂丘バーデン(意為塩湖浴場)地区の島と島に中国式の庭園、名づけて「北海草堂」まで、光緒三十三年(1907年)から離れる。
百年を経って、「北海草堂」バルト海寒風の浸食で、とっくにうずもれるまれ、北欧の華人が記念康有為、習慣島を「康有為島」。

カン芸術のイメージ

ドラマ・映画 俳優
1993年
  
「戏说慈禧』
  
陈鸿烈
  
1998年
  
戊戌風雲別名『』帝の妃の愛情
  
修宗迪
  
2003年
  
向かう共和
  
孙宁
2011年
  
立党偉業 刘劲