大陸政策

日本の「大陸政策」の縁起、ではなく、日本から近代からの。早く豊臣秀吉(1536-1598)初歩の日本を統一した後、は1592、1597年に2度朝鮮侵略戦争発動。~徳川幕府末期は「海外雄飛論」。
大陸政策

大陸政策序言

大陸政策(Kontinental Politik)は歴史上に現れた二度。

大陸政策プロイセン

じゅうく世紀ろくじゅう~ななじゅう年代ドイツ帝国宰相ビスマルク(OttoVon Bismarck)の実施の外交政策。三度王朝戦争を通じて、完成したドイツの統一の大事業。この政策が確定ドイツ統一後の主な活動舞台は海外ヨーロッパ大陸ではなく、その重点は弱体化と孤立フランス阻止に他の大国同盟。法知識の普及戦争後期、ロシアと何度干渉としてイギリス協議行動を共にするドイツの最大の脅威に対して、構成。この背景には、引き抜き阻止に努めてロシアビスマルク、ロシアに近い法、孤立フランス;連合ハンガリー帝国ロシアで、抑制ヨーロッパの拡張、イギリスがロシアに対抗するなら、英。それによって極めて複雑な外交ネットワーク構成。1873年ビスマルク促成締結ロシア、奥、徳三皇同盟。1879年德奥軍事同盟を結んで、1882年イタリア加入後、俄法構成について三国同盟。その後ロシアとの関係が緊張し、はちじゅう年代後期数戦端を開く。1887年締結徳ロシア再保険条約ドイツ両面作戦を避ける。イギリスビスマルク考えについて、衝突を避け、1878年ベルリン会議上、ビスマルク実際の支持を得イギリス、ロシア黒海制海権。はちじゅう年代末ドイツ帝国主義の台頭につれ、徳ロシア矛盾、徳英矛盾を深め、大陸政策ビスマルク破産、会社をやめさせられて。1890年後、大陸の政策を譲るウィリアム二世世界の政策

大陸政策日本

大陸の政策も大陸経略政策は、日本は明治維新後、「悔しい所島国の境」に基づいて、戦争で手段と中国、朝鮮侵略併合などの週辺の大陸国家の対外拡張政策は、日本の近代の軍国主義の主な特徴と表現。早く1868年に日本の明治維新から、明治天皇と確定した武力で世界徴服の方針。1868年さん月、明治天皇睦仁「先祖の偉業を継承する、……発表は四方国威”の《宸筆手紙』は、日本軍国主義が日本と大陸政策の思想と理論基礎。
日本が大陸政策はじゅうく世紀はちじゅう年代に熟しし、1894~1895年の日清戦争で実行。だから中日の日清戦争本質的には孤立した事件ではなく、日本の近代に行く軍国主義道路の必然の産物。
いわゆる「大陸政策」とは、島国の日本にして中国や朝鮮などの大陸国家の武力の拡張、夢、アジア制覇を徴服して、全世界の侵略の総方針。一つとして、侵略政策の形成、必ずその歴史の必然性。日本の「大陸政策」に形成された歴史条件の由来は明治維新前後はすでに打ち立ての経済、政治、軍事、特に思想の基礎。
いわゆる「海外雄飛論」は当時の日本儒学者、国学者と洋学者は異なっている角度から集中論述の対外拡張主義思想、朝鮮や中国を標的。したがって、それはある思想家にあるのではなく、多くの主張の要約。その主な代表人物を本多利明、佐藤手紙淵吉田松陰など。彼らの主張は、当時日本が実際の幻想性が築いた「大陸政策」の思想の基礎。

大陸政策ドイツ

大陸政策」(ドイツ語:Kontinentalpolitik)はドイツ帝国初代宰相オットー·フォン·ビスマルク与党期間(1870年代~1880年代)の実施の対外政策。ビスマルクから現実の政治のを考えて、ドイツの利益と重心はヨーロッパ大陸では海外での植民地。「大陸政策」の戦略は、連合イギリス抱き込むハンガリー帝国孤立と弱体化し、フランス抑制ロシア。1890年に即位され、ビスマルク新しい徳皇ウィリアム二世辞任して「大陸政策」を譲るのウィリアム二世の「世界の政策」。