外務省

日本政府の対外関係の事務担当の最高機関。また、北朝鮮担当対外事務の機関ともいう外務省。
外務省

外務省日本外務省

外務省基本の紹介

日本外務省は日本政府の対外関係の事務担当の最高機関も、自1885年(明治十八年)に変更内閣制以来、変動しない唯一の部会。日本政府は、平和と安全を主軸に対外関係を推進する、自分の積極的な参加国際事務、国際情勢変動その外交政策を調整し、国家と人民の利益を増進し、日本は積極的に国際主躍進大国地位、例えば国連安全理事会常任理事国でこの目標は、その外交システム内も派閥、言語に分けることができます主のお知らせ美しい知る華、のお知らせロシア三派を分けることができます;学校出身東大派(東京大学ブラッド)、如水会(一橋大学ブラッド)、外大派(東京外国語大学ブラッド)と大凰会(創価大学卒業)などの主要な派閥。

外務省沿革

1993年(平成ご年)を新設合併外交政策局の国際情報局。
川口順子任外相時代、2004年(平成じゅうろく年)はち月いち日将軍務移民部昇格領事務局は、廃止国際情報局を条約局に転換国際法局。
2006年(平成じゅうはち年)はち月いち日は各単位を作成する現行組織構成を日に日に強化すべきでインド東南アジア諸国との関係なので、アジア大洋州局は南部のアジア部は、経済協力部と国際協力の部下の援助を開発室の合弁国際協力局で、国際協力部下の対外財政関係部門も合併外交政策局、国際協力部で廃止。

外務省職責

外務省は日本国の対外関係担当の行政機関を含む、対外政策、駐在使節、通商航海条約の締結事項として、そして出先単位と国内政府コミュニケーションの橋を担当し、情報収集分析、旅人の世話をするほかの保護及びと文化宣伝伝などの事務。

外務省アドレス

外務省のオフィスビル位で東京都千代田区霞が関二丁目2番1号は、北棟、中央楼、南棟や新生階列口字から構成して、南棟は昔の科学技術庁公正取引委員会の事務所では、中央政府の再生計画の再編成政府システムで転出する。
飯倉別館(飯倉公館)
1971年に完成してから、外国元首や外相会談や特別会議はここで開かれ、その館建設以前は迎賓館で開かれ、同館の一部を外交史料館に使って、収蔵幕末開国時期の外交の歴史档案。
飯倉別館近く外務事務次官官邸は、東京都港区麻布台一丁目五番3号。

外務省組織

主管
外務大臣:岸田
日本外務省の新中国課長日本外務省の新中国課長
文雄
外務副大臣:城内の実、中山泰ショー
大臣政務官(さん名):薗浦健太郎、中根幸、宇都宮隆史
外務事務次官:担当部内の各部門を設置して事務、2名外務審議官。
単位
大臣官房、監察査察官、儀式長、外務報道官は、広報文化交流部、総合外交政策局、軍縮不拡散及び科学部、アジア大洋州局、南部のアジア部、北米局、中南米局、ヨーロッパ局、中東アフリカ局、アフリカ審議官、経済局、国際協力局、地球規模課題審議官、国際法局、領事局、国際情報統括官、審議会など、独立行政法人評価委员会、外務人事審議会、海外交流審議会、外務省研修所

外務省北朝鮮外務省

北朝鮮外務省は北朝鮮政府が対外関係の事務担当の機関、北朝鮮内閣機関の一つ。現職の北朝鮮の外相を李洙墉