対中政策綱領


対中政策綱領

対中政策綱領田中義一綱領」と「対中政策

1927年よんしよ月日本の田中義一組閣。田中義一は悪跡顕著の大陸拡張主義者で、彼は一貫して主張して「経営大陆」、「大陸拡張は日本民族の生存の第一条件」、「中国の資源を利用して日本の富強の唯一の方法」。田中内閣の発足を 後はさらに加速した対中侵略ペース。ろく月27日からななしち月ななしち日、日本の内閣は、東京開催「東方会議」は、会議の中心議題はいわゆる「満蒙政策」。田中さんはななしち月ななしち日の会議で、「訓示」の形を明確な侵略方針「対中政策綱領。『綱領」に確定された「満蒙」と「中国本土」の方針を離れて、公の「綱領」で、冒頭から公然は中国領土区分を「中国本土と満蒙」を分離する中国東北、が日本の植民地。彼は「満蒙については特に東北三省」は、「国防上及び国民の生存に重大な利害関係」の特殊な地域では、「特殊な考え」の「責任」。 日本の中国侵略の歴史の中で、東方の会議は一度決め“国策”の重要な会議。「対中政策綱領」を描き出し田中内閣を射止め「満蒙」と武力侵略の「積極的」政策の基本的なシルエットを示し、日本帝国主義が決定せしめ全体の東北、加速大陸政策を実現。「満蒙特殊論」になってから日本は中国とアジアを侵略の理論の根拠。東方の会議を予告している一連の重大な武力侵略行動を繰り広げる。 ななしち月25日、田中義一に日本の天皇に奏1部の上戸「帝国の積極的な根本満蒙政策」の秘密のファイルは、悪名高い『田中上奏文』。上奏文が極めて露骨に提出した日本の対外侵略の拡張の総戦略: 「惟シナ徴服して、必ず満蒙徴服し、世界を徴服し、まずシナ徴服。支那は完全に中国を徴服して、その他の小アジアやインド南洋など異服の民族、必ず私は下がって、私は恐れを知る日本の東アジア世界を東アジアは、大胆に私に侵犯、これは明治大帝の遗策、も私は存亡に必要なことも帝国。」このいわゆる 「満蒙者、依歴史非支那の領土もなければ、支那の特殊な区域」。上奏文は明確に侵略した「明治大帝の寓ステップ:第1期の徴服遗策、台灣、第二期朝鮮徴服、すでに実現して、ただ第3期であっ満蒙や、領土をシナ徴服、異服の南洋やアジアのすべてを、無私私を仰い鼻息の雲云大業。実現しない、この全て臣などの罪。」田中義一 と主張し中国東北やモンゴルを取って「鉄血主義」――武力徴服の手段。

対中政策綱領「対中政策綱領」と「918”事変

1931年きゅう、く月じゅうはち日夜、中国東北を占拠していた日本関東軍めぐらすの陰謀によって、鉄道「守備隊」瀋陽柳条湖近くの満鉄軌道、そして中国軍にそれをなすりつけ。これはいわゆる「柳条湖事件」。日本軍はそれを口実にし、いきなり瀋陽北兵営に駐屯している中国軍の攻撃。東北軍執行「不抵抗政策」、その夜に日本軍が北大営を攻略して、翌日、全体瀋陽城を占領する。日本軍に引き続き遼寧、吉林とアムール川の広大な地域侵攻して、短いよんしよヶ月内に、1280000平方キロ、日本国土の3 . 5倍に相当する中国東北すべて陥落して、3000万の郷亡国の民。これは驚き中外の“918”事変。 日本対中国東北垂涎久しい。“918”事変前、それは日露戦争を奪った旅順、大連や満州鉄道沿線派兵駐留し、それはそれを行うことができる陰謀事変の前提。 1927年の夏、日本内閣が東京で開かれ、「東方会議」を制定しましたが、「対中政策綱領」が、露骨に主張する中国東北「(日本)国防と国民の生存に大きな利害関係」。同じ年ななしち月、内閣首相田中義ずっと天皇奏は『帝国の積極的な根本満蒙政策』(つまり悪名高い「田中上奏文」)と公言し、「中国を徴服する徴服して、必ず満蒙;世界徴服して、必ず中国を徴服する。」それが確立した「満蒙」を侵略の基地の生意気戦略。 創作反映九一八事変歌曲《松花江に』の作曲家张寒晖(1902-1946) から1929年から、日本軍に陸軍参謀本部と関東軍中国東北三省は相前後して秘密組織は4回「参謀旅行」、偵察状況を定め、侵略に国の東北の作戦。1931年ろく月、日本陸軍参謀本部と陸軍省の定める「満蒙問題解決案大綱」、確定した武力侵攻中国東北の具体的な措置を;ななしち月、陸軍参謀本部攻城重砲秘密調達して送るから瀋陽東北軍を駐屯地北兵営に駐屯して;はち月、日本陸軍大臣南次郎日本全国師団長会議で喚く:満蒙問題は武力で解決する。その後さらにした今回の戦争発動のさまざまな準備。 “918”事変が日本と中国、さらにはアジア・太平洋を全面的に武装侵略の序幕。 “918”事変を巻き起こしました全国人民の抗日怒涛。各地の人民を次々と要請抗日、国民党政府の無抵抗主義に反対する。中国共産党の指導(者)と影響のもとで、東北人民は奮い立って抵抗、発展抗日遊撃戦争が前後して現れた東北義勇軍と各種の抗日武装。1936年2月に、東北の各抗日統一化部隊東北抗日聯軍。1937年「七七」事変後、抗日聯軍団結広範な大衆の更なる発展、 幅広い持久の抗日武装闘争は、効果的に配合した中国共産党の指導(者)の全国の抗日戦争。 “918”事変の発生は偶然ではない、それは日本の帝国主義のために中国、アジア制覇を併合や太平洋地域を取ることの一つの重要な侵略ステップ前々からたくらんでいた。早く1927年の夏、日本内閣は東京で開かれ、「東方会議」を制定しましたが、「対中政策綱領」が、露骨に主張する中国東北「(日本)国防と国民の生存に大きな利害関係」。同じ年ななしち月、内閣首相田中義ずっと天皇奏は『帝国の積極的な根本満蒙政策』(つまり悪名高い「田中上奏文」)と公言し、「中国を徴服する徴服して、必ず満蒙;世界徴服して、必ず中国を徴服する」。それが確立した「満蒙」を侵略の基地の生意気戦略。1931年、日本の軍部秘密に侵略を制定しました我が国の東北の方針、ステップと措置。完成した侵略戦争発動の綿密な準備をしてから、日本の帝国主義は横暴な発動「918”事変、明らかに中国、さらにはアジア・太平洋を全面的に武装侵略の序幕。