反対論日本帝国主義の策略

「日本帝国主義に反対論の術』は、毛沢東は1935年じゅうに月27日陝北瓦窑ブルク党の活動家会議での報告。この度の政治局会議だと批判した党内中国民族ブルジョア不可能と中国の労働者と農民共同抗日の観点を提出したミスで、初の中国人民の抗日戦争は持久戦を決めた抗日民族統一戦線の策として、一度極関重要な会議。後に選ばれた毛沢東選集第1巻、人民出版社1991年ろく月第2巻。
反対論日本帝国主義の策略

反対論日本帝国主義の策略背景

これは毛沢東陝北で瓦窑ブルク党の活動家会議での報告。毛沢東のこの報告は一九三五年十二月中共中央政治局瓦窑堡会議後で行う。この度の政治局会議だと批判した党内中国民族ブルジョア不可能と中国の労働者と農民共同抗日の観点を誤り、決定した抗日民族統一戦線の策として、一度極関重要な会議。毛沢東による中央決議ここに十分説明しましたと民族ブルジョア抗日の条件の下で再構築を統一戦線の可能性と重要性を指摘して、重点的に共産党や赤軍この統一戦線では決定的に国をリードすると指摘した革命の長期的に批判し、党内過去長い期間存在の狭いセクト主義と、革命の急性病――これらは党と赤軍は第二次国共内戦時期ひどい挫折する基本的な要因。また、毛沢東党内一九二七年注意喚起陳独秀右翼日和見主義革命に導く失敗の歴史の教訓と指摘した蒋介石は必ず破壊革命勢力の動向を保証しました後に、中国共産党の新しい環境に冷静な頭脳を持って、蒋介石の無限欺瞞とたくさんの武装の攻撃で、革命力量への被害。一九三五年一月中国共産党中央政治局で貴州遵義で行われた拡大会合を作った毛沢東を代表の新しい中央の指導者、過去を変えることで「左」翼ご都合主義の指導。しかしその会議は紅軍の長徴の途中に召集のため、できるだけ、当時最も切実な軍事問題と中央の指導機関問題に決議。紅軍の長徴の到着陝北の後、中国共産党中央が獲得可能に係統的に説明する政略上の諸問題。こういう政略上の問題では、毛沢東のレポートとして最も完備している分析。

反対論日本帝国主義の策略全文

反対論日本帝国主義の策略今の政治情勢の特徴

同誌たち!昨今の政治情勢は大きな変化が起こった。その変化した情勢、私たちの党が定めた自分の任務。
現在の状況はどうですか?
現在の情勢の基本的な特徴は、日本帝国主義が中国をそれの植民地。
みんなは知っていて、そろそろ多一百年以来、中国はいくつかの帝国主義国家共同支配の半植民地の国。中国人民は帝国主義の闘争と帝国主義国家相互間の闘争を保存して、中国は1種の半独立の地位。第一次世界大戦がかつて一時期に日本帝国主義を独占する中国の機会。しかし日本の帝国主義に反対する中国人民の闘争、その他の帝国主義国家の干渉を経て、その時の売国な親玉袁世凱「いち〕サインをした対日降伏降伏の条約二条「に」なら、無効にする。一九二二年アメリカ召集の観光資源を締結したワシントン会議の公約「さん」は、中国を回復させるいくつかの帝国主義国家共同支配の局面。しかし長くない、この状況は変わった。一九三一年九月十八日の事変〔よんしよ〕が始まったが、中国を日本の植民地の段階。ただ日本侵略の範囲に限られるまだ東北四省〔ご〕、こうして人々日本帝国主義者と思わないきっとまた進んだ様子。今日は異なっていて、日本の帝国主義者は彼らを示す中国に本部が進みました、彼らは全中国に占領されます。今は、日本帝国主義が中国を全体からいくつかの帝国主義の国家はすべて分半植民地状態が変わる日本独占の植民地状態。最近の冀東事変ろく〕、〔外交交渉「ななしち〕を示したこの方向で、全国人民の生存を脅かす。このような状況は、中国にすべて階級とすべての政治勢力が提唱した「どうしよう」の問題。反抗しますか?やはり投降しますか?あるいは両者の間に立って迷う?
今、私達に見る中国各階級をどのようにこの問題を答えて。
中国の労働者と農民は要求の反抗の。そして一九六六年から一九二七年の革命は、一九二七年から現在の土地革命以来、一九三一年九一八事変反日波、する中国の労働者階級と農民階級は中国革命の最も断固としての力。
中国の小ブルジョア階級も抵抗。靑年の学生と都市の小ブルジョア階級今はもう、発動した広大な反日運動〔はち〕ですか?中国のこれらの小ブルジョア成分を参加したことがあるそして一九六六年から一九二七年の革命。と農民のように、彼らが同帝国主義水火の争い小生産の経済地位。帝国主義と中国反革命勢力が、かつては彼らには大きな損害を受けて、彼らの中の多くの人に失業、破産、半破産の境地。今彼らは今にも亡国の民になって、抵抗はない、出口。
問題が民族ブルジョア階級、買弁階級と地主階級の前に、国民党の前で並べて、はどうなのだろうか
大土豪、大劣紳、大軍閥、大官僚、大買弁たちの考えはとっくに決めた。彼らは、過去今はまだ「革命(何革命)いつも帝国主義が悪い。彼らは一つの売国奴陣営、彼らの前で何が不当亡国の民の問題、彼らはすでに撤去された民族の境界線、彼らの利益と帝国主義の利益とは分離することはできません、彼らの総頭目は蒋介石きゅう、く〕〔。この売国奴陣営は中国人民の不倶戴天の敵。もしこの一群の売国奴、日本帝国主義は不可能に気ままにここまで田畑。彼らは帝国主義の手先。
民族ブルジョア階級は複雑な問題。この階級に参加したことがあるそして一九六六年から一九二七年の革命、そしてまたこの革命の炎に度肝、駅の人民の敵は蒋介石グループその一方で行った。問題は今日の情況の下で、民族ブルジョア変化する可能性がありますか?我々はその可能性があった。それは民族ブルジョア階級と地主階級、買弁階級違うもの、彼らの間にはそれぞれの。民族ブルジョア階級は地主階級ほど多くの封建的階級、買弁ないほど多い買弁性。民族ブルジョア階級の内部にあると外国資本と本国土地の関係一部の人が多いのは、この部分人は民族ブルジョア右翼私は行かないと彼らの変更の可能性。問題はあれらの関係や関係の少ないあれらの部分。我々は植民地化脅威の新たな環境の下で、民族ブルジョア階級のこれらの部分の態度が変わる可能性。この変化の特徴は彼らの動揺。彼らは一方では帝国主義が好きではない、一方でまた恐らく革命の徹底性、彼らはこの両者の間に揺れている。それは、そして一九六六年から一九二七年の革命時期はなぜ革命に参加した、およびこの時期の末に、彼らはまたどうして駅と蒋介石の面で行った。今の時期は、同一九二七年に蒋介石革命を裏切るの時期に何か別れますか?その時の中国は半植民地、今向かっている植民地。九年以来、彼らは、自分を捨てた同盟者の労働者階級、地主買弁階級友達になって、メリットは?無益、得たのはただの民族の商工業の倒産や半破産の境遇。その場合、我々は民族ブルジョア階級の姿勢では、今日の時局の下、変更の可能性があるから。変化の程度はどうでしょうか?総の特徴は動揺。しかし闘争のいくつかの段階で、その中の一部(左翼)は参加の闘争の可能な。その別の一部は、動揺を中立の可能性。
蔡廷锴らの指導者の19八路軍〔じゅう〕は何を表すの階級の利益ですか?彼らは代表している民族ブルジョア階級、上層小ブルジョア階級田舎の富農と小地主。蔡廷锴たちは同紅軍を死仗のですか?しかしその後、同紅軍を締結した抗日反蒋同盟。彼らは江西、赤軍の攻撃に、上海、また抵抗日本帝国主義、福建、同赤軍が成立した妥協に開いて、蒋介石が。蔡廷锴たちも将来の事業は何も、当時の福建省人民政府はどのように守っているマンネリ行かない闘争を発動する民衆が、彼らに向かって本来赤軍の火力を行方日本帝国主義と蒋介石はないが、言うことは有益な革命の行を。これは国民党陣営の破裂。九一八事変後の環境が国民党陣営分裂と一部の人、どうして今日の環境はかえってない国民党の分裂に?わが党内を持つという論点の人が違うのは、彼らは、全体の地主資産階級の砦は統一の固定はいかなる場合もそのように変化させることができない。彼らは知らない今日の深刻な環境、そして歴史さえも忘れてた。
私は少し歴史を述べる。一九二六年と一九二七年、その革命軍武漢に前進して、甚だしきに至っては武漢、河南省の時に起きた唐生智「じゅういち〕、馮玉祥〔じゅうに〕革命に参加すること。馮玉祥が、一九三三年〕〔じゅうさん察哈爾は共産党と一度かつて協力を作った抗日連合軍
もう一つの例を明らかには、かつてと19八路軍と江西紅軍第26八路軍の侵攻は、一九三一年十二月が行われました。宁都蜂起「じゅうよん〕になり、赤軍のですか?宁都一揆の指導者赵博生董振堂らと革命の同誌になった。
马占山東北三省での抗日行為じゅうご〕〔も、統治者陣営の中の一つの分裂。
すべてのこれらの例はすべて指名:日本で爆弾の威力圏をきょう全中国のとき、突然激しい闘争を変えて常態の陣を前に進めた時、敵の砦は破裂が発生した。
みなさん、今はもう一つ問題を回す。
もしある人を持って中国民族ブルジョア政治経済は軟弱性という点反対して私たちの論点は、中国の民族ブルジョア階級は新しい環境にあるか、ない態度を変える可能で、このような言い方は正しいですか?私も間違っていると。もし変わらない態度の原因は、民族ブルジョア階級の軟弱性、じゃあ、そして一九六六年から一九二七年どうして彼らの常態を変えただけでなく、動揺し、まさに革命に参加しましたか?まさか民族ブルジョア階級の弱さ性は後からの新しい癖ではなく、彼らは娘のお腹の中から連れ出し、持病のですか?まさか今日弱さ、あの時は弱いですか?半植民地の政治と経済の主要な特徴の一つは、民族ブルジョア階級の軟弱性。だからこそ、帝国主義は思い切っていじめ彼らで、これも好きでないと規定した彼らは帝国主義の特徴。自然は、私たちは否定しませんが、しかも完全に認め:そのため、帝国主義と地主買弁階級持ちやすいある臨時の賄賂をえさは彼らをまるめこんで、これも彼らに規定した革命の徹底性。でも言えないで、今日の情況の下で、彼らと地主階級と買弁階級には何の別れ。
だから私たちは重点的に指摘:国民党陣営では、民族危機最悪の瀬戸際の時には、破裂が発生した。この破裂、パフォーマンス、民族ブルジョア階級の揺らぎ、パフォーマンス、馮玉祥、蔡廷锴马占山一時の抗日人物など出しゃばる。この場合、基本的には反革命に役立たないで、革命のに役立つ。中国の政治経済の不均衡、そしてそこから生まれる革命発展の不均衡、増大したこの破裂の可能性。
同誌たち!この問題の正面は、もう終わった。私にとっては一説にはもうその反面、それは民族ブルジョア階級のいくつかの分子はいつも騙し民衆の名手という問題。どうして?彼らの中間は本当擁護人民革命事業の人々のほかに、たくさんの人は一時期には革命のまたは半革命の顔が現れ、だから彼らは同時に備える騙し民衆の資格で、民衆は容易ではない知って彼らの徹底性ずや猿が稗揉むのされてばかり。これが増えた共産党批判同盟者、暴露する偽の革命、リーダーシップの責任を。もし私たちの民族ブルジョア階級を否定して大揺れに動揺や革命に参加する可能性は、少なくとも私たちもキャンセルを軽減した党は、リーダーシップの任務を。だって、もし民族ブルジョア階級は同地主買弁爪に先まで似る、売国奴の凶悪な顔つき出現するため、リーダーシップの任務は大はキャンセル、少なくともも軽減した。
全体に分析中国地主資産階級で大揺れの中の姿に、また一つとして、それはつまり、たとえ地主買弁階級陣営では完全に統一された。これは半植民地の環境、つまり多くの帝国主義に中国の環境をもたらした。ときに向かって闘争は日本帝国主義の時、アメリカ甚だしきに至ってはイギリスの犬たちは可能にその主人の叱声の重さ、同じ日本帝国主義者とその手先も明争の暗闘。過去にこの犬がけんかすることが多いが、私たちはともかく。今だけとされた国民党政治屋の蒋介石営倉胡汉民「じゅうろく〕、やがて以前も署名は私たちが出した抗日救国の六大綱領のファイルじゅうななじゅうしち〕〔。胡汉民への两广軍閥〔じゅうはち」も、いわゆる「失地回復」と「抗日剿匪〔じゅうく〕をともに重視」(蒋介石は「まず剿匪、後抗日」のスローガンの下)を、同蒋介石対立。あなたは見て、ちょっとおかしいですか?不思議ではない、これは大きな犬犬犬がいっぱい犬の間の少し面白いとの争い、大小の差、またかゆくてまた痛みの矛盾。でもそれは争い、このギャップは、この矛盾は、革命の人民は役に立つ。我々は敵を堡塁中間のすべての争い、欠けている、矛盾、すべてを集めて、主に反対して当面の敵。
これを階級関係の問題は:要するに、日本帝国主義が中国を打ち込んで本部に来てこの根本的な変化が変化した上、中国の各階級の間の相互関係を拡大した民族革命陣営の勢力が衰えた民族、反革命陣営の勢力。
今私たちにとって中国民族革命堡塁にの様子。
まずは赤軍の状況。同誌たち、あなた達を見て、そろそろ一年半以来、中国の三本の主力赤軍が陣地を移動した。去年八月から任弼时〔にじゅう〕同誌らが率いる第六軍団に賀龍同誌の場所を移して(21)から、次は十月からの私達の移転〔22〕。今年の三月に、川陕辺区の赤軍も移動開始(23)。この三支红军も放棄して、元の陣地に移して行って、ウーシマー県。この大移動で、旧エリアが遊撃区。移転中、赤軍自体が大きく低下。もし私たちが持っている全体の局面の中のこの方面では、敵は一時的な部分の勝利を得た、私たちは一時的な部分の失敗に遭遇しました。このような言い方は正しいですか?私は正しいだと思ったからだ。しかしある人は(例えば张国焘「24〕):中央紅軍(25)失敗した。この話でしょ?いや。この事実はない。マルクス主義者が問題を見るだけでなく、見られる部分、全体も見なければならない。一つの虾蟆井戸の中に座って、「日の井大。」それは違うので、日はひとつじゃない井大。それは「日の一部にある井戸大。」これに対し、事実が合う。私たちは、赤軍は一つ(根っこから陣地の方面)には失敗したが、別の方面(完成長徴計画の方面)には勝利した。敵は一つ(占領軍元私陣地方面)には勝利で、別の方面(実現「封じ込め」「追撃」計画の方面)には失敗した。というのが適切なので、我々が完成した長徴。
「長徴、どんな意味があるのか?私たちは、長徴は歴史の記録に初めて、長徴は宣言書、長徴は宣伝隊長徴は播種機。開闢以来、三皇五帝に今まで、歴史上かつての私達の長徴のですか?12ヶ月間天光陰、毎日数十機偵察爆撃、地下数十万の大軍を断ち切る気持ち、路上に出会うときれない苦しみ、私たちは動き出した1人1人の足が二本、長駆二万余で、縦横に11の省。すみません、歴史上かつての私達の長徴のですか?は、今までにないの。長徴は宣言書。それは全世界に告げ、赤軍は英雄豪傑、帝国主義者と彼らの走狗蒋介石などの世代はまったく無用。長徴が告げた帝国主義と蒋介石の気持ちの破産断ち切る。長徴はまた宣伝隊。それに11の省内に約两万万人民発表は赤軍の道が解放彼らの道。そのためには、広大な民衆がなぜこんなにもこんな世界を知って紅軍1篇の大道理ですか?長徴はまた播種機。それは散布した多くの種子の発芽、省内十個、長い葉、開花、結果、将来は収獲がある。要するに、長徴は、我々が勝利し、敵の失敗の結果で終わり。誰の長徴の勝利を?共産党。共産党なくこんな長徴は不可能を想定した。中国共産党の指導機関は、それの幹部で、それの党員は、いかなる艱難の。誰と指導革命戦争の能力、誰が陥るご都合主義の泥沼の中へ。長徴の一完結、新局面から。直罗镇戦、中央紅軍北西紅軍兄弟の結束を粉砕した売国奴に向かって、蒋介石陕甘辺区の「封じ込め」(26)に、党中央全国革命大本営を置いて北西の任務の定礎式が行われました。
主力紅軍のそうで、南方の各省のゲリラ戦争はどうですか?南方のゲリラ戦争は、いくつかの挫折を受けたが、それは消滅する。多くの部分は、回復している、成長と発展(27)。
国民党支配区労働者の闘争の中から工場内向て工場のほか、から経済の闘争政治闘争に向かって。労働者階級の反日売国奴の英雄的な闘争を、今は深く醸す、見たところは爆発の時は遠くない。
農民の闘争を中止したことはない。外祸で、内が難しく、さらに天災の圧迫の下で、農民を広く発動したゲリラ戦争、人民蜂起、凶年騒ぎなど形態の闘争。東北や冀東の抗日遊撃戦争(28)は答え、日本帝国主義の攻撃。
学生運動は大きな発展、将来きっとも大きな発展。しかし学生運動を持久性を売国奴の戒厳令、警察、探偵、学棍、法西斯蒂の破壊と虐殺政策は、労働者と、農民、兵士の闘争に合わせて、それが可能な。
民族ブルジョア階級、田舎は富農と小地主たちの動揺抗日闘争の可能性も参加して、前にも言った。
少数民族、特に内モンゴル民族で、日本の帝国主義の直接の脅威を前にしていて、闘争。その行方は、人民の闘争と赤軍と華北北西の活動が合流する。
すべての指名、革命の陣は、局所的な変化が全国性としては、徐々に転換不均衡状態ある平衡状態。現在は大変動の前夜。党の任務は紅軍の活動と全国の労働者、農民、学生、小ブルジョア階級、民族ブルジョア階級のすべての活動と合流して、統一的な民族革命戦線。

反対論日本帝国主義の策略民族統一戦線

反革命と観察した革命の両方の情勢の後で、私達は簡単に説明党略任務。
党の基本戦略の任務は何ですか?ほかでもない、建立広範な民族革命統一戦線。
革命の情勢が変わったとき、革命の策略、革命の指導方法も変化しなければならない。日本帝国主義と売国奴売国奴の任務は、中国の植民地になって;私たちの任務は、が中国を独立して、自由と領土保全の国。
中国の独立を実現する自由は偉大な任務。これは同じ外国帝国主義と本国の反革命勢力と戦う。日本帝国主義は凶横直進の決意。国内土豪劣紳買弁階級反革命勢力は、現在はより大きい人民の革命勢力。日本帝国主義を打倒と中国の反革命勢力の事業は、1日、2日成功します、長い時間をかけて準備しなければならないが、少し少ない力が成功して、強力な力を蓄積しなければならない。中国と世界の反革命力が衰えた過去より、中国と世界の革命の力がさらに成長した過去。これは正しいとは、一方の推定。しかし同時に、我々は、現在中国や世界の反革命力よりしばらくは革命の力。これも正しいと、これはまた一方の推定。中国の政治経済発展の不均衡、革命発展の不均衡が生じた。革命の勝利はそれらから反革命勢力が比較的弱いところまず始めに、まず発展、まず勝利であり、それらの反革命勢力と強力な地方、革命は立ち上がって、あるいは発展が遅い。これは中国の革命過去長期間内では出会うこと。将来、考えることができる、いくつかの段階で、革命の総の情勢はさらに発展したものの、平衡状態も存在している。をアンバランスな状態がほぼ平衡状態、より長い時間かかる大きな力に頼って、さらに党略ルートの正しい。もし、ソビエト連邦共産党リーダーの革命戦争(29)は3年で完結したのなら、中国共産党の指導者の革命戦争、過去に花に長い時間をかけて、最後に徹底的に解決して内外反革命勢力、私は準備して花のあるべき時間、昔のようにひどい短気はだめだ。また提出良い革命策として、昔のように狭い枠の中で一枚の紙のなかはしない、大仕事。中国は言うことだけのろのろし、中国のことは勇ましい去干、亡国の危険が許さない我々は分の怠慢。今後革命発展のスピードも、きっと過去よりも速いので、中国や世界の局面は臨戦争や革命的な新時期。だからといって、中国革命戦争も持久戦、帝国主義の力と革命発展の不均衡、定められた耐久性。私たちは、時局の特徴は、新しい民族革命ブームの到来して、中国にある新しい全国革命前夜、これは現在の革命情勢の特徴。これは事実で、この方面の事実。今私たちと帝国主義は深刻な力、革命の力の不均衡状態は深刻な欠点は、敵を倒すの準備をしなければならない持久戦、これは現在の革命情勢のもう一つの特徴。これも事実、これはまた1面での事実。この2種類のが特徴で、この2種類の事実は、走ってきて私たちは一斉に教訓を、要求に適応する場合、変え策として、我々を変更異動チームが戦闘を行う方式。現在の時局を求めて、勇敢にセクト主義で、採用広範な統一戦線を防ぐために、冒険主義。ない決戦のタイミングは、決戦の力、不躾に決戦をしない。
ここにはセクト主義と冒険主義の関係もにとって冒険主義将来大の時局発展中の発生の危険性。これまでもう遅くない将来。ここは統一戦線戦略とセクト主義の戦術が反対の異なる2つの策略。
一つの募集の広大なのを敵に囲まれて消滅することの。
一つは単独独马に頼って、同じ厳しい戦いを強い敵。
一つ、もし足りないと日本帝国主義が中国を植民地の行動が変動中国革命と反革命戦線、足りないと組織の広範な民族革命統一戦線の可能性。もし足りないと日本の反革命勢力や中国の反革命勢力と中国の革命勢力のいくつの方面の強かったと弱点、足りないと組織の広範な民族革命統一戦線の必要性;は断固たるへのアプローチを破る閉店主義;ないこの武器を持って統一戦線組織と団欒の民衆とすべての可能な革命友軍へ日本帝国主義とその手先中国売国奴この真ん中の目標を攻撃しない進歩;自分の策略を武器に射撃の当面の真ん中の目標で、目標を分散して、甚だしきに至っては主な敵は当たり、主の敵も同盟軍身体には私たちの弾丸を食べました。これを選択しない敵と浪費弾薬。このように、敵を駆逐まで孤立して狭いの陣地。このように、敵を堡塁に脅迫するの人々、過去は敵今日不可能友軍の人々も、敵から堡塁中和敵戦線に来て。これは、実際に敵を助けた、革命の停滯、孤立し、縮小、下がって、甚だしきに至っては失敗の道を歩いて行く。
一つは、これらの批判は間違って。革命の力は純粋にまた純粋、革命の道はまたまっすぐにまっすぐに。聖書にアップロードしたたのが正しい。民族ブルジョア階級は全部永世反革命ました。富農に対して、一歩も譲らないは。について御用組合それは、同じよう。もし同じ蔡廷锴握手の話で、あれは握手会に叱らなければならない瞬間には一言反革命。どの猫食べない油、どの軍閥は反革命?知識人は三日だけの革命的、彼らは危険の募集。だから、結論:セクト主義は唯一の宝物で、統一戦線はご都合主義の策略。
同誌たち、統一戦線の道理とセクト主義の道理はいったいどちらにしますか?マルクス・レーニン主義が賛成ですか?私は断固として答えます:賛成統一戦線、セクト主義に反対する。人の中には三歳の子供が、三歳の子供がたくさんの道理はないのだが、彼らを管天下国家の大事なので、彼らはまだ不明昼間で国の道理。マルクス・レーニン主義革命に反対するチームの中の小児病。堅持セクト主義の策略の人々の主張したのは、一セットの小児病。革命の道と世界のすべての物事の活動の道のように、いつも曲がりくねっているが、真っ直ぐでない。革命と反革命戦線変更となる可能性も、同じ世界のすべての物事の変更となる可能性のように。日本帝国主義が中国を決め、その植民地に、中国革命の現在の力も深刻な弱さ、この二つの基本的な事実は党の新しい戦略は広範な統一戦線の出発点。組織の民衆に、異動洋洋の革命軍は、今日の革命に反革命攻めの必要。これだけの力があってこそ、日本帝国主義と売国奴売国奴に打ちひしがれ、これは有目共见の真理。そのため、ただ統一戦線戦略がマルクス・レーニン主義策略。セクト主義の策略は孤立無援の策略。「为渊驱鱼セクト主義、为丛驱雀」、「八百万」と「堂々」も駆けつけ敵側だけに、敵の喝採を博する。セクト主義は実は日本帝国主義と売国奴売国奴の忠実な奴僕。セクト主義の「生」と「まっすぐ」は、マルクス・レーニン主義の頬を張るために、日本の帝国主義への褒賞のものは。私たちは決してセクト主義、私たちは日本制の帝国主義と売国奴売国奴の死命の民族革命統一戦線。

反対論日本帝国主義の策略人民共和国

さんじゅう〕〔
いうならば、我々は過去の政府は労働者や農民や都市の小ブルジョア連盟の政府、じゃあ、これから、改めるべき「労働者、農民や都市のプチブル階級以外に加え、他のすべての階級に参加したい民族革命分子。
現在、この政府の基本任務は反対して、日本帝国主義が中国を併呑。この政府の成分は幅広い範囲を拡大するだけでなく、それだけに興味がある民族革命で土地革命興味のない人は、参加することができて、あれらの欧米帝国主義の関係がある、欧米帝国主義に反対しないが、反対日本帝国主義とその手先の人々、その気になればも参加することができる。だから、この政府の綱領には適して反対は、日本帝国主義とその手先この基本任務を原則にして、これを適切に改正我々は過去の政策。
現在の革命の方面の特徴は鍛え抜いた共産党も鍛え抜いた赤軍。これは1件のとても重要なこと。もし現在まだ鍛え抜いた共産党や赤軍は、それは大きな困難が発生。どうして?中国の売国奴売国奴はとても多くて、そしてパワーがある、彼らは必ずさまざまな法子考え出してこの統一戦線を破壊し、彼ら威迫利诱、右の手で放して左の手で握るの手段を裂く兵力で来て、圧力、これらの比較的小さい各個撃破彼ら、離れ売国奴と私達が連携して日本の力。もし抗日政府軍の中で不足抗日共産党や赤軍この要素は、このような状況は避けがたい。一九二七年革命の失敗、主な原因は、共産党内の日和見主義路線、拡大に努力して自分のチーム(労農運動と共産党の軍隊)だけを頼り、その一時の同盟者国民党。その結果は帝国主義の手先土豪劣紳命令買弁階級手を伸ばし、数千、まず、蒋介石を行って、そしてまた汪精衛(31)させて、革命に失敗。その時の革命統一戦線は中心柱は、強い革命の武装チーム、四方八方から反して来て、共産党孤軍で奮戦するしかない無力抵抗、帝国主義と中国反革命各個撃破の策略の。その時は賀龍1本、叶挺軍が、政治には強い軍隊、党は苦手指導それ、結局失敗した。これは不足を招いて革命センター力革命の失敗の血の教訓。今日では、この件は変化してきて、強靱な共産党と強い赤軍もありましたが、それが赤軍の根拠地。共産党だけでなくなっている今や赤軍抗日民族統一戦線の発起人で、しかも将来の抗日政府と抗日軍に必ず強さになるの大黒柱で、日本の帝国主義者と蒋介石は抗日民族統一戦線を使った政策を荒らされて、最後の目的を達成することができない。疑義がない、威迫利诱、右の手で放して左の手で握るの手段として、日本の帝国主義者と蒋介石はきっといろいろ使っての、私達は十分気を付けて。
もちろん、抗日民族統一戦線の広範なチームは、我々は期待できない部分もそれぞれように共産党や赤軍程度の統合。彼らの活動の過程の中で、一部の悪質分子が敵の影響を受けた名目に統一戦線のことは起こる。しかしこれらの者を退けて恐れず。いくつかの悪人が敵の影響を撤退され、いくつかの人が私たちの影響に加え。ただ共産党や赤軍自体の存在、発展、それだけ、抗日民族統一戦線必然でも存在し、発展の。これは共産党と赤軍は民族統一戦線でのリーダーシップの役割。共産党の人は今はもう子供ではない、彼らが善処する、またが善処同盟者。日本帝国主義者と蒋介石の手段で右の手で放して左の手で握るば革命チーム、共産党もできる右の手で放して左の手で握る手段苦手反革命チーム。彼らが引いて私たちの隊列の中の悪い分子駆け出し、私たちももちろんを引っ張りました彼らの隊列の中の「悪い分子」(私たちはいい分子)が走ってきて。もし私たちが彼らからチームで多拉いくつか人出てきて、その敵のチームが減って、我々のチームが拡大した。とにかく今は、2つの基本的な勢力の闘争は、すべての中間勢力が付属し、その一方で、付属の面には、一定の道理。日本の帝国主義者と蒋介石滅亡の中国と中国の政策を売ることはないが、多くの力を駆使して私たちの面に走ったり、まっすぐに共産党や赤軍のチーム、あるいは同じ共産党や赤軍共同戦線を結ぶ。ただ私たちの策略はセクト主義が、その目的は達成できるの。
どうして労農共和国を変えて人民共和国ですか?
私たちの政府が代表労農の、しかも代表民族の。この意味は、労農民主共和国のスローガンにはもともとが含まれていたので、労働者と農民は国民族人口の80パーセントから90。わが党の第6回全国代表大会の規定の十大マニフェスト(32)だけでなく、労農の利益を代表して、同時に民族の利益を代表しました。しかし今の状況によって、私たちはこのスローガンを変えて、変えて人民共和国。これは日本の侵略の状況変動した中国の階級関係だけでなく、小ブルジョア階級、そして民族ブルジョア階級、参加抗日闘争の可能性。
それは問題はない、人民共和国を代表しないで敵対階級の利益。逆に、人民共和国と帝国主義の手先に大身買弁階級「正相反対の地位、それらの成分を置いていわゆる人民の列。これと蒋介石の「中華民国国民政府、ただの代表としての最大の長者は代表、庶民は庶民を置いて「国民」の列は、同じ。中国の80パーセントから90人口は労働者と農民から、人民共和国はまず代表の労働者と農民の利益。しかし人民共和国を帝国主義の圧迫させ、中国の自由独立を地主の圧迫を離れ、中国の半封建制度は、これらの事を得た利益は労農も、他の人民を得た利益。包括労農及びその他の人民のすべての利益は、中華民族の利益を構成しました。買弁階級と地主階級は中国に住む土地の上で、しかし彼らは民族の利益をよそに、彼らの利益は同多数の人の利益の衝突。私たちだけで彼らを離れこれらの少数の人、彼らとこれらの少数の人だけがぶつかって、だから私達は権利と私たち自身は全民族の代表。
労働者階級の利益と民族ブルジョア階級の利益の衝突があっても。民族革命についており、民族革命の前衛を政治的、経済上の権利を労働者階級が力を出して立ち向かう帝国主義とその手先売国奴、成功できないのは。しかし民族ブルジョア階級が参加すれば、帝国主義に反対する統一戦線、じゃあ、労働者階級と民族ブルジョア階級は共通の利害関係。人民共和国ブルジョア民主主義革命の時代には非帝国主義の廃止、非封建主義の私有財産の沒収、民族は資産階級の工商業、そしてこれらの商工業の発展を奨励。いかなる民族資本家さえすれば、彼はスポンサー帝国主義と中国売国奴、私たちは彼を守るため。民主革命の段階、労使間の闘争には限度がある。人民共和国の労働法の保護の労働者の利益は、反対はしない民族資本家は発達して、民族の商工業の発展に反対はしないので、このような発展に役立たないで帝国主義に利益があって、中国人民は。これで分かるように、人民共和国を代表する反帝国主義、反封建勢力の各階層の人民の利益。人民共和国の政府は労農を主体にして、同時に収容その他の反帝国主義、反封建勢力の階級。
これらの人が参加して人民共和国の政府は危ないじゃないか?危険なない。労働者と農民はこの共和国の基本的な大衆。都市に小ブルジョア階級、知識人や他の擁護反帝国主義、反封建綱領の分子は人民共和国政府の中に話す事の権利は、彼らには选挙権と被選挙権基本的には逆らえない、労農大衆の利益。私たちは綱領の重要な部分は労農大衆の利益を守るべき基本。労農大衆の代表的人民共和国政府に大多数を占める、共産党政府の指導者としても活動、彼らは危ない。中国革命の現在の段階は依然としてブルジョア民主主義の性質の革命は、プロレタリア階級の社会主義的な革命は、これは非常に明らかな。だけ反革命トロツキー分子(33)が完成したのが、いいかげんな中国ブルジョア民主革命、もう革命は社会主義の革命ました。そして一九六六年から一九二七年の革命はブルジョア民主主義革命性質の革命、今回完成していないのではなく、失敗した。一九二七年から今、私たちの土地革命指導も、ブルジョア民主主義革命の性質のため、革命の任務は反帝国主義、反封建ではなく、反資本主義。今後かなり長い期間中の革命がこんなにも。
革命の原動力は、基本的には依然として労働者や農民や都市のプチブル階級で、現在は増えることは1つの民族ブルジョア階級。
革命の変化、それは将来のこと。将来、民主主義の革命は必ず転換を社会主義の革命。いつか変わって、べきで変化を備えているかどうかの条件を基準に、時間がかなり長い。ない持っていた政治経済的にすべてあるべき条件の時、礼が、全国最大多数人民有利不利の時ではなく、簡単に転換すべきでない話。この点を疑って短い時間の内にのように転換し、過去に一部の同誌という民主革命で重要な州から勝利の日は、革命への転換を始め、時のはまちがっている。これは彼らが見えない中国はどんなにどんな政治経済状況の国家で、彼らは知らない中国の政治的経済的に完成民主革命ロシア、よりはるかに難しい、多くの時間と努力が必要。

反対論日本帝国主義の策略国際援助

最後に、中国の革命とが少し話せます。世界革命相互の関係。
帝国主義からこの怪物出世した後、世界のことは联成一气したい切り離すも不可能になった。われわれ中華民族に同じ自分の敵が最後まで血戦をする気概で自力更生の基礎の研磨復旧物の決意は、自立、世界の民族の森の能力。しかしこれは私たちの国際援助の必要がないことができます;いいえ、国際援助国現代にすべてすべて民族革命が必要なのは。古人は「春秋無正義の戦い。」今34〕〔帝国主義はもっと無正義の戦いは、被抑圧民族と抑圧階級が正義の戦い。全世界のあらゆる人民によって反対抑圧者の戦争は、正義の戦い。ロシアの二月革命十月革命は正義の戦い。第一次世界大戦後ヨーロッパ各国人民の革命は正義の戦い。中国の反アヘン戦争(35〕、〔太平天国戦争36〕、〔37〕義和団の戦争、辛亥革命戦争(38)、一九二六年から一九二七年北伐戦争、一九二七年から今の土地革命戦争、今日の抗日と討伐の売国奴の戦争は、正義の戦い。現在の全中国抗日高潮と全世界反ファシズムブームの中で、遍義戦は全中国、全世界。凡そ正義の戦いがお互いに援助の、凡そ非正義の戦いは正義の戦争の転換させるべきだ、これはレーニン主義ルート「39。私たちの抗日戦争が国際人民の援助は、まずソビエト連邦人民の援助、彼らもきっと私たちに援助のため、私たちと彼らは隣の火事に騒がぬ者無しの。過去の一時期に、中国革命の力と国際革命力は蒋介石に途切れた、ということで、私たちは孤立した。今このような状況は変わったが有利になる。こうした情勢は引き続き有利な方面に変えて。私たちは孤立した。これは中国の抗日戦争と中国革命の勝利の必要条件。