朱は検

明思宗朱は検(1611年2月にろく日~1644年よんしよ月25日)、漢族大明さん、第十七位の皇帝も、明朝全国統一政権の最後の皇帝。明光宗第五子、明熹宗異母母弟、淑女劉氏。
朱は検
託宣二年(1622年)の冊封を手紙の王、託宣七年(1627年)即位、改元崇祯(1628年~1644年)と呼ばれる、後世崇祯帝
崇祯帝即位後強力に除去去勢党て、よく政治、生活の節約、曾六下罪己詔若い有為の皇帝。殘念ながらその生まれつき疑い深いにできないのが明朝王朝。在位期間爆発農民蜂起し、新たに后金政権を狙うは内憂外患の境地。1644年、李自成軍を北京には煤山首つり自殺する死亡、享年34歳、在位じゅうななじゅうしち年。
崇祯帝の死後、自殺役人戸部尚書倪元璐、工部尚書范景文左にも、御史李邦华、左副都御史施邦曜、大理寺卿凌义渠が、常寺卿吴麟征、左中允劉合理化、刑部右士郎孟兆祥など、皇女の夫都尉コン永固一家心中、宦官の自殺者は百計、戦死で千人以上に。娘たちは自殺者は三百人。紳生助産など7百数家一家で自殺。四月の4日、昌平州小役人赵一桂らは崇祯帝皇後さまと入り昌平県田貴妃の墓穴の中で、清朝は「帝体改葬令臣民を喪三日、葬于陵思陵。」。
崇祯帝の死後廟号懐宗が、後には毅宗思宗清朝に諡号守る道敬俭宽文襄武体仁緻孝庄烈哀れむ皇帝南明弘光帝に諡号紹日具現道剛明恪俭揆文奋武敦仁茂る孝烈皇帝
注:戦乱と年代が古いため、崇祯帝の画像は伝わる写真は後人付会の概略。今蔵台北故宮博物館