崇祯

崇祯(西暦1628年~1644年)は明思宗朱は検査する年号。崇祯は統一明の最後の年号。
崇祯
明败亡後、李氏朝鮮タクシーから族小中華思想は、国では使用して崇祯年号など、崇祯紀元後八十三年(1710年)、崇祯後癸醜に当たる(1733年)、崇祯後百三十八年(1765年)など、「崇祯紀元」。
明崇祯皇帝の内容について、詳しく見て条目崇祯帝。本動画紹介年号。

崇祯在位皇帝

明思宗朱は検(1611-1644)に生まれ、立春日、父朱常洛母の劉氏。崇祯朱常洛第五子。は中国の歴史で最も勤勉で、同時に最も悲劇的な皇帝。「この非力”のこの4つの字をまとめることができ崇祯一生。
朱は検察と兄朱は校在位期間は短い(明光宗朱常洛生七子、五子早世は、朱、検と明熹宗朱は校長の大)、じゅうろく歳の崇祯帝位を継ぐ。この時、明小氷河期天気が異常に寒い、災害が頻繁に。明は乱民外敵頻繁に侵入に揺れる。
託宣七年(1627)八月丁巳、崇祯つまり皇帝位。十一月甲子、配置魏忠贤鳳陽乙巳、十一月、魏忠贤縊死。十二月、魏良卿客氏侯国兴処刑される。崇祯元年(1628)正月丙戌、殺戮魏忠贤その党崔呈秀尸。六月、削り魏忠贤党冯铨魏广微籍。崇祯二年(1629)正月丁丑、定逆案、自崔呈秀以下の凡六など。この一連の動きに、疾風迅雷のクリア魏忠贤と客氏の勢力が、自分の地位を固めた政権、去勢党禍は徐々に明らかに。朝野上下精神でリフレッシュ;しかし初上陸の皇位継承の崇祯は、诛灭魏忠贤勢力の同時に、これも明末の膨大な文民勢力が膨らんで。
じゅうろく歳で即位した崇祯政権時代に、明朝は内乱、外患、地方勢力割拠膨大な文民グループが政権を担う、全体の明帝国は内外の情勢が非常に不安定。崇祯勤倹勤勉に働いて、払うすべての精力と明末の膨大な文民グループの抗争、じゅうななじゅうしち年心を弾ませ意図で復興明室、最終城破縊れる。
正しく認識崇祯彼は理解しなければいけない政権時代の直面した主敵:一つは明末東林党をはじめとする文民グループは、その2つの清朝の台頭を、③農民蜂起軍。

崇祯年号紀年

崇祯
元年
二年
三年
四年
五年
六年
七年
八年
九年
十年
崇祯
十年
12年
十三年
14年
十五年
16年
十七年

  

崇祯
元年
二年
三年
四年
五年
六年
七年
八年
九年
十年
西暦
1628年
1629年
1630年
1631年
1632年
1633年
1634年
1635年
1636年
1637年
干支
戊辰
己巳
庚午
辛未
壬申
癸酉
甲戌
乙亥
丙子
丁丑
崇祯
十年
12年
十三年
14年
十五年
16年
十七年
西暦
1638年
1639年
1640年
1641年
1642年
1643年
1644年
干支
戊寅
己卯
庚辰
辛巳
壬午
癸未
甲申

崇祯大事の年表

万暦38年(1610):崇祯生まれて、彼の誕生日は旧暦十二月二十四日に中国の伝統の陰暦の纪年法)ため、誤っても人を1611年、グレゴリオ暦計算によって、実は間違って、当時は太陽暦の纪年法では、その後、西洋。
万暦42年(1614):崇祯母の死去。
泰昌元年(1620):父は病気で。
託宣二年(1622):封じされ手紙の王
託宣七年(1627):兄託宣帝病死、即位を帝。
崇祯元年(1628):袁崇焕提出五年平遼。全国性凶荒、陝西、大規模な農民蜂起。
崇祯二年(1629):三月、打ち立てる魏党「逆案」で、入案者255人たちが、それぞれ処罰する。
五月、徐光啓司会「西法」改定暦から崇祯はち年『造成崇祯暦」137巻。
崇祯三年(1630)、ヨンピョン四城の陥落は、都の付近振動、詔天下勤王将が、当事者の保身、滯在しない前に、独秦良玉気前誓い衆率翼明渡さ済の賃金、コムギ食糧率師、袁崇焕昼夜兼程、救援にはせつけるみやこを奪還ヨンピョン四城。後崇祯袁崇焕そして処刑投獄。春、陝西三辺総督杨鹤農民軍を剿撫でで、一部の農民軍流れから山西。十二月、加派「遼の賃金万余两」153、合原加派「遼の賃金」680万余两計。
崇祯4年(1631):正月、被災者救済陝西、定の農民軍を中心とした政策実行をなでる。
崇祯六年(1633):農民軍が大量に過ごす黄河入る河南省地域。崇祯七年(1634):正月を陈奇瑜5省総督、司会封じ込め河南、陝西などで農民軍。
崇祯八年(1635):正月、農民軍グラム鳳陽、掘皇陵。明廷調集各省精兵ななしち万で中原を会剿。八月、卢象升総理、と洪承畴分責任、西北の南東剿除農民軍ど。十月、下罪己詔
崇祯九年(1636):秋、张献忠罗汝才部に四川、大量の州を攻略して、県。
崇祯十一年(1638):张献忠部の明軍投降勧告を受けて、李自成部の明軍に遭って封じ込め、損失は、余十八人だけ。農民軍勢力一時落ち込む。同じ年、清朝犯境。
崇祯14年(1641):正月、李自成部復振動で、卒洛陽、殺し福王朱常洵
崇祯十五年(1642):明けまして、�拝閣臣、図振興。二月、李自成大敗明軍、殺し陝西総督汪乔年。三月、四月、松山などが相次いで破城、洪承畴捕虜となり、降清。五月、李自成部のスリー開封。七月、皇貴妃氏が病死する。
崇祯17年三月十九日(1644年よんしよ月25日):自尽殉国。

崇祯明の皇帝年号

生きている時間 年号 在位期間
朱元璋 1328年- 1398年 洪武 1368年- 1398年
朱标(太子を早くに亡くし) 1355年- 1392年 - -
朱允炆 1377年- 1402年 永楽 1398年- 1402年
朱棣 1360年- 1424年 永楽 1402年- 1424年
朱高炽 1378年-うち年 洪熙 1424年-うち年
朱瞻基 1398年- 1435年 宣德 うち年- 1435年
朱祁镇 1427年- 1464年 正統 1435年- 1449年
朱祁钰 428年- 1457年 景泰 1449年- 1457年
(復活)
1427年- 1464年 私達は 1457年- 1464年
朱见深 1447年- 1487年 割化 1464年- 1487年
朱佑枠 7年- 1505年 弘治 1487年- 1505年
朱厚照 1491年- 1521年 正徳 1505年- 1521年
朱佑杬 1476年- 1519年 - -
朱厚熜 1507年- 1566年 嘉靖の 1521年- 1566年
朱载垕 1537年- 1572年 隆庆 1566年- 1572年
朱翊钧 1563年- 1620年 万暦 1572年- 1620年
朱常洛 1582年- 1620年 泰昌 1620年
朱は校 1605 - 1627年 託宣 1620年- 1627年
朱は検 1609年- 1644年 崇祯 1627年- 1644年
朱由崧 1607年- 1646年 1644年- 1645年
  
朱聿键 1602年- 1646年 隆武 1645年- 1646年
朱聿鐭 1605 - 1647年 紹武 1646年
朱由榔 1623年- 1662年 永暦 1646年- 1662年

朱祁镇
(復活)