三民主義靑年団

三民主義靑年団三民主義靑年団
蒋介石全国の靑年を組織して、人々の信仰を三民主義それには、老衰して腐敗の国民党を「復興力」、1938年よんしよ月に国民党の全国代表大会を設立三青团臨時。蒋介石派遣「復興社」と「CC係」の中堅分子武漢などを大量に吸収三青团、公職者、警官隊は、政スタッフに入団した上、「復興社」の完全さ三青团充作中堅。同じ年ななしち月きゅう、く日で、三青团武昌正式に設立。蒋介石任団長。由陈诚陈立夫康泽などの31人編成中央幹事会で、陈诚、张治中前後の幹事長。
三民主義靑年団
三青团の性質と作用、違う時期の変化。設立当初、ちょうど抗日戦争が激化するに際して、抗日救国運動全国各地で盛んに。多くの知識靑年抗日愛国の情熱を鼓舞の下で、参加した三青团。三青团を籠絡靑年、抗日救国の名の下に、いくつかの活動を展開し、各地の靑年館、招待所を創立して、配置亡命靑年と学生;開催キャンプ、運動会と娯楽レクリエーション活動、戦地サービスチームは、宣伝隊を慰問先将兵、傷病兵軍人家族と開設靑年サービス社でいくつか生活福祉事業など、マルチな活動を通じて制御靑年運動。抗日戦争で対峙の段階に入る後、国民党が奉行限共、防共、反共の政策は、多くの組織三青团特務分子制御下、国民党の反共のツール。彼らは拡大して組織力、学校、機関、団体、あちこちに現れた「集団入団」、「挙手入団」などレイファー現象。国民党の厳密に制御の下で、三青团靑年へ封建思想と反共思想植え付け、宣揚「主義、政党、1つの指導者」と蒋介石の愚忠で、「精神訓練」、「生活訓练」など。一部の地方の三青团、復興社を堕落分子、スパイになった組織、特務組織、深刻癒着し、設立靑年労働大隊収容、迫害愛国進歩靑年。三青团内にある人は、明らかに吏治要求改造政府が、蒋介石の弾圧を受け。1947年きゅう、く月国民党六第4回全体会議及び中央との合同会議の決定を実行する「と合併統一」は、三青团算入中国国民党