梁巘

梁巘(yはn)(1710年——1788年後)、字闻山・文山、号松斎、また日切れ硯斎主人。亳県(今の安徽省亳州)人。清朝書家。
梁巘

梁巘人物の資料

梁巘(1710年——1788年後)、字闻山・文山、号松斎、また日切れ硯斎主人;祖居亳州十九裏町後住んで夏候亳州町(現夏候小巷街西跨院)、沒後に埋葬十九集南に杜庄村後半。{曽祖父粱继宗;祖父梁尔禄、字の恵み、国の学生、父は梁次の孟、字介賢、候補経験は、勅贈る文園一郎(文官の職の、正七品);兄粱峰、字屏山、日6松、性孝友、善文章、工書道。俊业梁巘長男、次男の偉業を早く卒;直し、嘉慶の六年(1801年)辛酉貢を抜いて、官浙江於潜県県。业师陈师古、字聖緒、乾隆九年(1744)年甲子園の科挙の人。門生が姚莲府、萧景云、王鲁庵、许春林など。}清乾隆二十七年(1762年)勅授文園郎壬午科挙の人は、咸安宫教習転補湖北巴东県県;寿州(今安徽州省寿县)循か書院院長(山長)。その書上の業績は遠くより政治、彼と乾隆年間5位(カット、王澍、刘墉梁同书)、王文治、重要な書家と並んで、清朝の著名な書道家の一つ。

梁巘書道の紹介

仕事を与える李北海書名を世に。初めは咸安宫教実習、~みやこ嗅い钦天监が何国宗はかつて事に係る刑部、ファッション本も彼のことをカットで係、その筆法でá家に聞く。国宗年は80後、病気ではない客、遣一孙传语。巘質を聞いて、国のめぐり:「君は得るの才。」にはに臨メートル、黄二帖。

梁巘史書の記録

後巘金壇は語段玉裁曰:「執筆の法は、運アーム、腕は運のせい。凡を筆、大指先と食指先に対し、筆正直2指先の間には、二指先で接して例えば環、2本以上、平、アングラス。平その肘、腕は添付数、肘円で2、正当と筆を胸に、令全身の力、行は腕で湊は二指先。両指先が丸くない例えば環をしたり、例えば環をするのも、不平不満はないから、腕の力が出せず、いわんや身?きつく身の力は全湊は指先で、何が、腕?古人のお知らせ、のことができない運腕もので、指を使う頂には固筆筆チューブと切れ、锲痛み可胜、そして字で力強い。親指と人差し指でそのでも、ものの単フックを親指と人差し指;その中指も、言った双勾;中指者なので、離乳食との力も、総だのが「ダイヤル鐙法。王献之七、八歳の時に勉強し右军本、横から抜くそのペンは、つまりいわゆる適用。舎適用、全て旁门外道。2王の後から、唐、宋、元、明諸みんな、口コミなどでは、董宗伯授賞王司农鴻緒で、司农授賞张文敏聞いて知っていて、吾の。本朝が一枚文敏耳、彼の未善。王虚舟筆祇を半分に、蒋湘帆のお知らせをして字が楽しみ。世間の人が無のぼせない言葉、のぼせを尽くして、そして無気もない。このペンは芯を捕まえ、偏りのない、中心透紙、紙にさわさわと声。直画太く濃い墨者2点があれば糸界、芯をの主。このペンは必堅紙を捕まえ、字が輭し、ティッシュの破れやすい。その横、直、ほうっとも、抑えかせる特殊、筆鋒を指す方向ではなく、芯はいつも各中、無偏も少ない。古人のいわゆる屋漏跡、折れ钅義株、錐絵の砂、印朱肉者はそれが悟入。」巘少ない著述、伝序論それだけ。当時とし梁同书によると、巘曰く「北梁」で、同じこの本いわく「南梁」。(from『清史稿』)

梁巘文献

文献によると:梁四岁暗唱できる『毛诗』を読み、十二歳経、史、善文章、工の本、誌『高潔;亳州誌』によると:梁巘男子の20歳時にフィールドに兄の峰で金陵「钟山書院」、业师陈师古;在学中、座右の銘は「生が知っていて、死に聞く。死を聞いて、何分と草木!」。しかし、数奇な運命を、彼は何度も上京赶考も「落第する」。五十歳になったが、また北京へ試験進士、また第;という都を反映するもので売る字を生で、偶然健筆の結婚王永堭(乾隆皇帝の第11子)は、赞其:「執筆がいいが、入門」。永堭帰りは梁の状況告知父、乾隆皇帝が、その文園郎壬午科挙になり人で、同じ進士出身、咸安宮で実習、まもなく放任湖北巴东県県。巴东は不毛の山々小県財政難、梁任高知九年は、プラス2級、録4回が、业师陈师古ように:“性や、淡い、払わない」人が剛直である、と最終的に諂い、なかった。後は、母の古い回亳辞めなく、官吏になる道。彼の人は有名で、汝陰(今安徽阜陽)寧問礼「余男子の20歳の時、長兄励ますのはかつて私には言います:「私は人倫、独見長洲胡东表、宛平孙雨ひげ、亳州梁闻山、願って汝終身効果の'」。辞任の間もなく、山西平定州の张佩芳寿州任知州まで、彼は自ら亳州招聘する梁巘に就任寿州"循か書院」院長。梁の代から院長書いて『八ワックス廟碑文」の落款:「勅授文園郎壬午科挙人湖北宜昌府巴东県県たす二級記録四回亳州梁巘书丹乾隆40年次余十月乙亥朔十二日丙戌建て」を見ると、彼が乾隆三十六年(1771年)に高知職、四十年前後に乾隆帝循か書院。

梁巘作品を鑑賞する

梁巘行書蘇東坡の語梁巘行書蘇東坡の語
梁巘行書蘇東坡の語、縦202センチ、横88センチ、西冷印社蔵。
梁巘行書施敬一詩試験筆梁巘行書施敬一詩試験筆
試験筆山窓竹影涼、閑臨小母型ガチョウ章、ツバメを持って空き巢に、新しい散る紙を見て。
梁巘行書施敬一詩試験筆。

梁巘歴史資料

(考証しますによると、約1710-1790年)。梁巘は清朝の半ばにも影響の有名な書家、書道博渉諸家で工李北海李邕)本で知られる大河の南北。杨守敬『学の本邇言』で曾评云:「梁山舟(同書)のリーダーの南東、梁闻山繁栄している北学、当時は南北2梁之目、誠は双璧。」①
と《亳州誌』によると、梁巘四歳が『毛詩』を読み、十二歳経、史、男子の20歳時にフィールドの兄梁峰在学于金陵(南京)「钟山書院业师陈师古。彼は何度も科挙の試験を受けるのは、「落第する」。50歳の時に更に京師赶考へは、第。ついに京を反映するもので売る字を生で、偶然健筆の割親王永王天皇(乾隆皇帝の第11子)は、赞其:「執筆がいいが、入門」。後に永王皇挙薦に乾隆。乾隆二十七年(1762年)は53歳の梁巘乾隆され、勅授を文園郎壬午科挙人、同じ進士出身で、ハロゲン咸安宮で実習、まもなく放任湖北巴东県県。巴东は不毛の山々小県、人口も少ないし、財力難。梁巘で巴东任高知九年が剛直である、なす縫いを迎え、出世できなかった。後、母親は年を取って、乾隆三十六年(1771年)が辞任は郷裏に帰って亳州乾隆39年(1774年)、张佩芳寿州任知州まで、自ら亳州招聘する梁巘に就任寿州"循か書院」山の長院長)、この時に、梁巘は65歳。
梁巘で寿州司会循か書院長は十数年、その論書『かぐノート山講談帖』、『承晋斎積かぐ録』などはいずれも寿州期間で講義してまとめ。で寿州の十数年の中で、彼は門生の弟子に講義经史のほか、彼らに伝授書道技法と学の本旨要。彼は《承晋斎積かぐ録・執筆論』の中で「吾課循か10年なり書院、憶初めから時は、執筆の法は人を教えて、全部を尽くす必要はないと古人の執筆などは、しかもしいるとと思って、今や執法で字が吾先輩進む者数人で、人からそのそしって息で手紙の才。」②も彼が講義期間をロット書道弟子を彼の一生の学の本事を教えてあげたら、寿州地域後習本の風に盛となる長江と淮河流域地域有名な「書道の郷」で重要な役割を果たすことに。
1774年(西暦紀元乾隆39年)、靑年書家邓石如(1743-1805年)まで家業を継ぐ寿州施設館教書。彼はこの度の旅行まで寿州一方では家族を養うためにお金を稼ぎ、一方は憧れ梁巘の書道や、希望寿州知り合い梁巘拝師、梁。当時は音に聞こえ梁巘大河の南北、邓石如まだ駆け出しの介貧乏紳士。どんな年齢から、資格、学問上の造詣の各方面にも、梁巘堪邓石如先生が、梁巘見た邓石如を循か書院諸生刻の印鑑と小篆書いたセクター後、十分鑒賞し邓石如センスで絶賛:「この子は未に古法耳、その筆勢。激しい、余り所ができません;充そのわざ、侮辱する数百年の巨公なんと。」梁巘伯楽の目で、認定邓石如将来大成、もし納邓石如を弟子に、かえって束縛トウ将来の発展のため、トウにさせない彼の弟子の礼をとるではなく、友人、親友の身分に邓石如の学の本を与えると印鑑を彫る啓発の指導と助けに、一方ではその教えを励まし、トウ深く精進して、それからまた自ら邓石如手紙を彼に紹介して梅文穆金陵の親友で、邓石如艺事での研究と向上に有利な条件を提供した。
梁巘育つ拓本代謝の際には一番早く取り法を提唱して週秦漢魏の書家その一つ、書道の実踐と本学思想清代の半ば碑学書風の台頭を果たした重要な影響を与える。本学で、彼はその後の包世臣カンそんな鳴り物入りで抑え帖崇碑が、碑と帖が公正な評価は、その論書メモ『古今法帖論』の中で、彼は週代の金文、汉魏の石碑も高い評価を与え、③開清代碑学研究の前ぶれであった。この館閣体流行の清朝の半ば、非常にありがたい。民国の時期の有名書家张树候さんが『淮南耆旧プロフィール』に梁巘の生涯と淮海書画ある次の評論:「自元明以来、書家あがめ閣スレ、講碑者が少ないわり、柏梁先生に拓本代謝の際、曾著1本、論汉魏六朝各碑版、そして少し論トレース優先の宜、顧はさや。模写に至っては、未閑謙遜も。惟規模李北海しかし、ない級、風神趣。例えばアオギリ竹清と、心地良くて、に本は行草を勝って、大楷度の狙いに亘って。……緻仕後、主席は最長寿書院吾の話は、故石刻墨跡、今吾寿が多い。」④ここ、张树候「食べて1本」というのは、梁巘で寿州講義中に書いた『承晋斎積かぐ録』。この本は民国三年は安徽省官紙印刷局で出版され、そして写本の巷に流布。1984年上海書画出版社が整理出版『中国語叢書』の時に、この本を点校再版、全書共分『古今法帖論』、『名人書論』、『自书论あとがき』、『執筆論』、『学书论』、『硯論』、『印鑑論』「杂论」などの八つの面。システム、全面的に記述した彼は本で勉強の各方面での他人と認識し、その多く見解先人がないから、非常に有益と精审論述。例えば「学书论』で、「学などを経て本を追求して、先に宜博渉、そして返約」、「晋人尚韵中華尚法当時宋国尚意尚、元、明状態。」「学古人の本、那須その神骨、迫力、ガス格、命脈とそうでもない深い求徒。」これらの観点から⑤当時の本や風に一定の影響を与えた。
梁巘一生、本碑が多い。彼は寿州循か時間が最も長い書院の講義、伸ばして石碑墨跡せいぜい。梁巘『自书论跋》の中でかつて彼を記述亳州寿州、泗州、江寧、揚州、宣州安慶桐城、蘇州、徐州などを書く碑版53種。彼の故郷で亳州はち種だけで寿州本の碑版はじゅうななじゅうしち種類の多さに次いで、各所碑版数の冠。彼は《自书论跋》の中でかつて「吾が諸碑本を寿州『报恩寺』を最も、『孫氏乐負け記」次の。「楽負け記』古厚丈夫で、冠諸碑の上に。」この説明は守る寿州地域に殘された石碑の書道は数が多い、そして多くの逸品。私たちから集めた状況から見ると、梁山献に本石碑によると書道がとどめるが62元、具体的分布の情況は次の通り:
亳州七枚:汤陵碑、ハロゲン咸平寺碑、書院の碑、江公救援碑も、眠く李公徳政碑、刘公墓誌铭碑、贝叶经记碑。
寿州15元:循か書院碑、八ワックス廟の碑、先农壇碑、真武廟碑、白い竜潭竜王廟の碑、刘黄二公祠碑、奎星階碑、城土皇廟碑、孙氏乐負け记碑、报恩寺碑、赵松雪七字跋、阴骘文碑、裕備倉记碑、太上誘導篇碑。
鳳陽5元:外堀碑、阴骘文碑、鼓楼の碑がなければ、階记碑、厳しい公血石。
泗州4枚:泗州治碑、ガラス泉碑、釈迦寺碑、義な祠碑。
江寧三元:表忠祠碑、八祠の約碑、方氏節孝碑。
揚州の3つの:康山碑、史阁部の碑で、張観察唱和詩碑。
安慶九塊:巡撫題名碑、干天の慈雨碑、爽襟階碑、閣抚台祖星海公墓誌铭碑、閣抚台父墓誌铭碑、閣抚台伝碑、大観亭记碑、玉渓詩時、関帝廟碑。
当涂二元:卞孺人墓碑、修築し当涂県学校碑。
山東峄県二元:漢丞相乐安侯记碑、十里泉唱和詩碑。
蘇州のひとつ:蘇州府題名碑。
婺州元一枚:王氏碑。
桐城ひとつ:寄付科挙盤弗碑。
徐州の一枚:杨公诰封碑。
宁国ひとつ:修築北棟记碑。
歙县ひとつ:鲍君家伝碑。
武進ひとつ:钱孺人伝碑。
阜陽の一枚:候補丹徒県訓導王公墓誌銘。
山西省大同二元:欽定功労者列伝碑、重慶总兵任勇烈公伝碑。
上記の石碑の多くは寿州本講義期間に、地域別で見ると、でも寿州を中心に、四方に放射。その本は碑数分布の広い、本刻の精、清朝に半ばときって、中から見抜くことができて梁巘書道清朝の半ば享有の評判。ペ景福『承晋斎積かぐ録』ペ刊本序に「自董香光後、はは諸城刘镛)の聖揮毫落ち、追試真綿で、尚偶姿媚人に媚び、惟さん(梁巘)と张文敏(カット書家朴学だけあって、読む)は録に益手紙なり。」梁巘を取り巻く時代こそ、「朴学」思潮栄えた時代。裴序を梁巘書道を「書家朴学”で、非常にかもしれない。また、も私たちを見ていると、梁巘の書道の実踐と清の半ばに石碑書道の重視を朴学の隆盛はつながった。