常緑樹

常緑樹では中国語の言葉、すなわち常緑植物。常緑植物は主に常緑樹もあり、常緑低木など。
常緑樹

常緑樹言葉釈義

大多数の松、柏科植物は常緑樹(は落葉樹のような落羽松
常緑樹とは、それは一年中常緑だが、それは代表落ちない葉、それと落葉樹の相違点が落葉樹秋冬季に多数や全数落ち葉、常緑樹は四季が落葉だが、同時にそれが再長新葉、一部の松、柏科の葉は古くて、枯れ黄后殘ることにして、落とさない(例えば杉)。
松柏が靑だけじゃない、広葉樹にも多くは常の(例えばココナッツ烏心石靑剛櫟第倫桃、さん、ガジュマル、白千层レンブ非常に多い)など

常緑樹特性

常緑樹とは一年四季も緑の多年生木本植物。常緑樹の葉は決して凋落して、ただ葉より寿命落葉樹葉の寿命が長く、冬の靑葉が生きよういち年~さん年、生き叶可さん年~ご年、イヌマキの葉に年~はち年生きて。常緑樹で毎年春にも新しい葉が生え、同時に一部の古い葉が落ちて、莖に一年四季も維持の緑の葉と呼ばれるので、常緑樹。また、常緑樹であると2種類:常緑針葉広葉広葉樹大半は熱帯分布亜熱帯地域は、一般の耐寒、例えばパーム、クスノキかんきつ類珊瑚樹など、常緑針葉樹の大半は裸子植物例えば、コノテガシワ、中山松、杉などの。中山杉耐アルカリ、耐水性が強い。栽培試験表現、中山杉、池杉ヌマスギより強い耐アルカリ土壌特性は、干潟造林の優良種。その耐水性メタセコイアより強く、長期の浸水の条件の下で生存と発展は、湿地造林の重要な種の一つになる。中山杉のクローン根係が発達し、幹の強さは、強力な抗風。例えば、1997年じゅういち号、台風が上陸する時、如东沿海受けじゅう級以上の強風に襲われ、大量の淺い根性のポプラ、メタセコイアなど倒伏が、干潟実験基地の中山杉無風倒し、風が折れ現象。生長速度が速く、木材生産高。栽培の対比によると、じゅういち年生中山杉モノクローナル材積量は池杉さんの倍、単位面積とかなり蓄積にポプラ。中山杉干聳え高くそびえて、樹冠は円錐形で、とても適当に孤植植、丛植、列。葉の色が緑、緑の時間より遅くメタセコイアいち~2ヶ月に秋冬、葉の色は比較的に理想的な変化は明らかに、背景の種と色の葉の種。また、中山杉湿地造林発生膝状気根、奇異な自然景観形成。