荆浩

荆浩(約850 -?)、五代後梁画家。字浩然、号洪谷子。山西沁水(一説に河南省済源)人、避ける戦乱で、長年隠居太行山。無断で山水を描く、张璪、吸収して、北の山水雄峻ガス格、作画「筆インク、気絶して墨水の章」、フック垢の筆堅凝とても厳しい、表は1種の深い曲がりくねって、大山堂々の勢いで、北方の山水を派の祖。著『筆法記』は古代の山水画の理論の経典之作、提腹いせ、韻、景、思、筆、墨の絵の風物詩「土曜日」。現存する作品は「匡庐图』『雪景色山水図』など。
荆浩

荆浩人物簡介

荆浩(約850-?)中国後梁五代目が最も影響の山水画家、博通经史し、長文章。字浩然、沁水(現山西沁水)人。勝手に山水を描くと、常に筆トレース山Gusong。自称兼得吴道子筆と墨での長项容、創造する章の表現技法墨水。仏像も工、かつて汴京(現在の河南省開封)双林院作壁画。は中国の山水画の発展の過程の中で重要な影響力の画家の一つ。
彼は唐の末、約卒五代後唐(923-936)年間。士大夫の出身で、後梁時期で戦乱、かつて隠居は太行山洪谷、故に号から「洪谷子」。だけでなく荆浩を筆墨も北派の山水画は、後世尊北方の山水を派の祖を後世に殘し、有名な山水画の理論「筆法記」は、神とは镇山た翁は、お互いに問答を提案したガス、韻、思、景、筆、墨のいわゆる絵の風物詩「6」は、古代の山水画の理論の中の経典之作、早い時期より斉シェイクの「六法論」はある程度発展し、より高い価値の理論。
荆浩創山水筆墨をともに重視論、無断画「雲山」、とっくに提出山水画「細かい動きも兼ね備えなければならない」、「情景交融」、彼の作品は奉宋絵手本、ただ惜しいだけ殘されての作品は極めて少なく、しかもたった数絵もなんて見るの真偽の疑。
荆浩生涯及び早期絵画活動荆浩生まれ、河南済源。済源北倚太行、西望王屋二つの山、南には黄河と古都洛陽に隣接しており、昔から作風が盛。清河北西截太行でて、両岸の絶壁のよう谷幽水、削る長。故郷には今荆浩県東北十五裏の穀堆头村、現存する荆浩墓の遺跡。
荆浩字浩然、約4年生まれ唐大中10年(850-856)。若い頃「業儒学、博通经史、善属文」、学識が深くて。済源の風物の景観は多くの有名人の足跡、白居易が诗云:「済源山水、老尹知之久。……孔山刀剣が立ち、沁水龍蛇歩く;5段に懸泉、碧い転木材口。」唐の開元道教師匠司馬承槇は王屋作成阳台宫山。少年の荆浩よく来この宮、司馬承槇影響、老後の著『筆法記』では、その王維や张璪と並んで、赞曰:「白雲を気象幽妙とともに、その元、逸をよくの深さは計り知れない。」荆浩またかつて創作表現王屋山の主峰の『天台図』は、これらの彼と早期生活経験について。
唐乾符元年(874)前後に来て、荆浩田舎から開封、同郷裴休ます、かつて唐末小官。裴休任宰相五年、十年(人員唐大中)免官する、開封に高僧の丸い紹、二人同士が、丸い紹は命に住む開封夷門倉垣水南寺。後日显丸い紹名声は、拡張にまたがる夷門山の巨院は、唐僖宗自ら問題賜院額曰く「双林院」。荆浩は双林院という重要禪院描画壁画、明らかである彼は当時の計画の概要。「食べは京師双林院画宝陀落ち伽山観自在菩薩一壁」(『五代名画補遺』)が、失敗によって絵伝殘って、彼はその後、水墨山水画の創造精神、断定できるのは、それは一枚の人物と山水の結合の水墨画。
荆浩兼な人物も他の例証。現存する彼の《匡庐图』には、いくつかの細かい動きで優れた点景人物。「宣和画譜』でも、彼が記載曾画人物さまざまな「山陰宴蘭亭図』三枚、『楚襄王遇神女図』の4枚。清朝李佐贤『影』荆浩書画鑑記録した『钟离訪問道図」「山林水筆、人物着色、バイトを書く。」絵を記述し钟离挙手案内状、将兵佇む状、対岸に行や童子を実写虎指示状など、非常に生き生きと描かれて。
隠居河南林州洪谷山
荆浩五代後梁時期で、政局の変化は、引退の始まった“隠れ、太行山の洪谷」の生涯、号から洪谷子。
洪谷は開封の北二百裏ぐらいの林県。林県唐時名林慮県、太行山脈は県西180につらなる、総称して林虑山、北から南へと順次と黄华、天平、玉泉山、生息するなど、洪谷。山勢雄大壮麗な、深い奇珍奇な、歴代の多くは隠遁者。北宋山水みんな郭熙『林泉高緻」で、「太行の枕華夏、面目者林慮。」と林慮乃太行山脈の最も美しい場所。
こんな荆浩で優雅な環境の中で、躬耕自給、常に松山水画。彼は外界と付き合いがない、同鄴も青莲寺は多いし、少なくとも2度は同寺作画。
鄴も今河北省臨ショウ県北に位置する林県の東、三国の時に曹魏都。当時も青莲寺の僧侶(鄴住職和尚)大愚、かつて乞絵は、荆浩、寄诗はその意味は。诗曰:「六幅故牢に建つ、知君ぐらい筆行方。求めない千穀水、止2本の松。木の下で留磐石空、縦遠峰。近くに敷いて岩幽濡れて、ただ墨濃い煙。」彼荆浩分かるください絵は一枚のトルコ石図、立つ崖の上の双松を主体として、近所は水墨画に染まる雲煙峰々、遠くは起伏。
やがて荆浩やっぱり描いて贈る大愚を1首書いた返歌:「恣意縦横掃連峰次第になって。ペン先寒木やせて、墨野云軽淡。岩石の噴水が狭く、山根水平。僧房時を、兼と苦しみ空情。」明らかに自分にこの絵水墨淋漓の作品はかなり満足して、同時にも反映して彼は引退後の心境を「苦空情」。苦くて空を仏教語は、世俗間全てに苦いの空、これこそ彼は嫌い乱世の気持ち。
二人は互いに贈答歌から見て、彼らは異常な関係。大愚「六幅の故牢に建つ、知君ぐらい筆行方。」明らかに言ったのは別のこと。「六枚」の解釈は六枚の絵も釈を1枚の紙面に大きな絵。漢制によって、織物が二尺2寸を絵、六幅1丈三尺2寸の幅は1件幛かもしれない.絵。「だから牢建」は依然として頑丈に収蔵していて、保存。建てて、通「ボタン」を隠し、ロック。だからこそ大愚過去を得たこと荆浩之絵からこそ、「知君」がどう。しかもそれを6と推定される絵は数年前のことだった。

荆浩主な作品

明末まで、睢州の袁枢(袁可立さん)に収蔵糠味噌・関、董、巨作品の集大成者明王に敏『煙客跋文」で『問題自己描画関長官环中』に袁袁枢と絶賛:「環翁長官は、工盤礴、また富収蔵。丘を李营士大夫の宗メートル南宮乃精鑑の祖、故を糠味噌・関、董、巨本当にその家名迹帰。」
歴代の絵画と記録する歴史の本の中で、覚えが荆浩作品約共五十余枚のうち、山水画が圧倒的に多く、少量の人物画。例えば『宣和図譜」が記した山陰宴蘭亭図3枚、楚襄王遇神女図の四枚、前述の観自在菩薩、钟离訪問道図、9件の作品は人物を中心に。山水画据《图画见闻志》记述有四时山水、三峰、桃源、天台;《宣和画谱》记有夏山图四、蜀山图一、山水图一、瀑布图一、秋山楼观图二、秋山瑞霭图二、秋景渔父图三、白苹洲五亭图一;南宋《中兴馆阁储藏》记有江村早行图、江村忆故图;此外,在《襄阳志林》、《云烟过眼录》、《铁网珊瑚》、《珊瑚网》、《清河书画舫》、《图画精意识》、《平生壮观》、《式古堂书画汇考》、《石渠宝笈》、《庚子消夏记》等著录中,还记有渔乐图、秋山图、山庄图、峻峰图、秋山萧寺图、峭壁飞泉图、云壑图、疏林萧寺图、云生列岫图、溪山风雨图、楚山秋晚图、仙山图、长江万里图、庐山图、匡庐图等。が特殊なのは『珊瑚網」によると荆浩渡し泰図会ページで、可能性は絵が三匹羊の風俗画、寓意「三陽(羊)交泰」。
以上の作品匡庐图なんて見る以外、その他はすでに失われて。現在に至って荆浩伝を作った五絵――アメリカネルソン美術館蔵の雪景色山水、日本大阪市立美術館所蔵の江山瑞靄図、台灣に故宮博物館所蔵の漁楽図など、その真偽もそのうち紛争。

荆浩芸術の特色

一、「筆インク、気絶して墨水の章」の歴代の歴史画论著作も愛引用荆浩話:「吴道子山水を描くペンである無インク、项容インクで無筆。吾が採二子の所長、1家の体。」本人は「筆法記』の中で「随類赋彩、古くには水のようです;気絶して墨章、興私は唐代。」この二段と確かにまとめて荆浩芸術の特色。
六朝以来、山水画は靑緑着色、フックを彩線。唐から、中国の中唐が現れ始める水墨山水画は、創始者の仲間入りをしたが张璪、王維、王洽ら、然社会全体に形成されていない気風。五代目、水墨山水画は日増しに成熟して、経荆浩の一層の発展、上昇を理論的に「筆インク」として、水分の運用も更にこだわり。筆と水墨を結び付けて、自然が助けに表現千変万化の気象、絵画の審美観には一種の開発は、技法も明らかに解消にも役立ちあの単調な筆跡。例えば前取引答大愚诗の中の言う「墨淡野云軽い」は、水墨画の微妙な芸術の効果。
荆浩によって自分の解釈:「筆者は、法によりは、運転融通をきかす、質がない形、飛ぶような動。墨者、高低は気絶して薄くて、品物の淺い深い、文彩自然で、似非ペン。」彼の主な強調のは筆の変化運動感、墨の味わい天趣。吴道子線筆だけで無墨の変化は、项容墨の変化に無筆の美しさを、荆浩2つの長所と結び付けて、「人に達すると天成」の効果は、「だから可越衆目観覧者を見やすくする」(引用「宣和画譜』)。
荆浩筆の特徴について、従来は記載分析。ある「皹用小斧劈、木の石をスケッチしよう、筆篆書籀」(李佐贤語);ある「右丞(王維)の胡麻皹が変更を拡大し、小披麻」(布颜图語)、そして「その山と木は皆禿筆細書き、形の古篆書隷書、蒼古の甚だしき」(孙承泽語)。これらの説を表明荆浩方面に溶け込んで筆篆書書道の骨力に所属し、皴法にはまだ探索中、顔をしない。宋代の綿密な『云烟过眼録』に記述が彼を見た荆浩渔楽図2枚で、上問題の本《年取った漁師辞する》数曲に似て、唐代の柳公権の本風。先人の記載に参考になる。
二、「山の大水、千裏開図」
荆浩前の山水画は、めったに見かけ表現雄大さが味わえるの大山大水やパノラマレイアウト。太行山から勢いで、彼の審美の目に重要な変更を認識し、「山水の象のように、勢い相生」。彼のために見渡す広い空間の雄大な勢いで、ついに創立「開図千裏」の新しいパターン。
北宋沈括《図画歌」「絵に最も妙言山水、摩诘連峰の両面から。李成筆を造化学工業、荆浩開グラフ理論千裏。范宽石瀾煙林深、枯れ木関同極より難しい。江南董源僧巨然、淡墨軽い嵐は一体。……」
荆浩は見渡す広い空間の雄大な気象の変化を反映して、当時の人々は大自然に対して美意識の深化。彼は現実の中で観察した違う部位、形の山、水のそれぞれに命名して:峰、頂、峰、嶺、山、崖、岩、穀、穀、渓穀を指摘し、など、全体的に把握自然山水の法則:「その上司の山々は異、その下に岡嶺につながり、マスクを映して林泉、ぼんやりと遠近。」それは上から下、遠近、虚実、主客および各種物象の全方位の見直しに形成された「山水のように、勢い相生」の全体的な観念は作品の中ではよく危機峰そびえ立って、重岩叠嶂、林泉重なり合い、浩大な勢い。
収蔵し荆浩作品の当時宋国米芾、イバラの特徴を「絵をまとめ善为雲頂、四面峻厚」;「山頂といい作密林にし、水がひょっこり大石」。これに会いたいことができて趣が壮大なパターン。顾复清人『平生壮観』に記して荆作云壑図「峰嵐を重ね、勢いなら割れて山浑成、無断絶の形」。こちらは上手に処理全体と局部の関係、細部描写の真実を具体的に影響しなかった、渾然一体となっての山の地勢。彼はまた指摘して荆浩については「尋丈の筆」、「後の結果が出ない範囲だ」。しかし荆浩も小幅な作、アルバム云生列山図は評価される「寸前で千頃の勢いで、水墨濃淡生秀絶倫」。
荆浩好作秋冬の景色、歴代記録で『秋山楼观図』、『秋山瑞靄図』、『秋景年取った漁師図』、『秋山蕭寺图」、「楚山秋遅く図』など。元代黄公望称賛「楚山秋遅く図」「骨体敻絶、思緻高尚」と詩を1首作る:「天高くガス粛万峰青、満户庭じんぜん雲煙。径珍しい突然びっくり黄葉樹の下、荒まだ聞いて午鶏。山がが本当に訣に面談、野客無心任酔って目が覚めて。一番は窓秋色は良くて、当時洪谷旧有名。」詩に会いたいから画面秋晴れの形容、峰靑樹荒、雲煙満戸、山翁相语、野客漫飲、昼は鶏の声、すべてをめぐる「秋」の字を染めて。これは秋色広々とした、生活の匂いの境界に富む。したがって、荆浩の大山大水の境に豊富な詳細は、強烈な迫力も耐え人かみしめ。

荆浩影響

荆浩中国の山水画の発展に重要な貢献を作り出した、唐代に現れた「水暈墨章」をさらに推し進め成熟画法。彼にまとめた唐代の山水画の筆墨の損得をは李思训大亏墨彩;吴道子筆のようなよりも、憎しみ無墨;项容墨で独得玄門、その骨は皆無で、张璪筆墨積マイクロ、本当に思卓然、高くない五色、彼の肯定を得る。荆浩山水画の師伝に取り法张璪だけでなく、同時にも吴道子と项容らの筆墨損得の間で、舎短い長を発展して、自述:「吴道子が筆で墨を项容インクで無筆、吾は採二子の所長、1家の体」(『筆法記』)。彼の山水画はもう届き始め筆墨两得染め、垢を兼ね備え、マークの中国の山水画の大きな突破。彼についてのパノラマ山水画が豊かに生き生きとして、その特徴は、絵の主要部位手配勢い雄渾の主峰で、他中景と近景部位は配置ジョー巢雑植、坡岸渓泉を飾り、村楼桥杓子を交えて、たまに人物活動で、一枚の画境界の雄闊、景物迫真や構図の完備している。荆浩のこの全景式山水画を打ち立てたあと、ジャニに同じ、李成、范宽らを完成の全景の山水画のパターンを推進した山水画未曾有の全盛期に向かう。彼はその表現特徴の「北方ヤマガタ雲頂、四面峻厚」の雄大なスタイル、北宋の前期の山水画の発展に大きく影響を生みました。歴代の評論家の彼の芸術的成果がきわめて尊重、元代汤垕『絵鑑』では「唐末の冠」。

荆浩『筆法記』の謎

古代の有名な画家荆浩、晚唐5世代に隠居は太行洪谷、一心に山水画芸術創作不朽の伝世の名画「匡庐图』完成して、有名な山水画论『筆法記』と『山水を描く賦』(別名『山水訣』)、弟子の関仝的山水画成就、更に靑胜于蓝の名誉、史「茨関山水」マークの古代山水画の体の完全独立と芸術は熟して、荆浩尊称されてからは古代の山水画の師匠。しかし、荆浩隠居作画の太行洪谷、いったいどこに位置して、その中に籍はどこは北宋以来、あるが、今無人係通整理弁証法的、より古い絵の史の上で1つの千年の懸案。
実は、荆浩隠居作画の太行洪谷、山西沁水中条山主峰暦山東北麓の寺溝河穀、『沁水県誌』、『沢州府誌』、『山西通志』など、明確に記載;沁水暦山で、またを探し当てることができて荆浩『筆法記』に記されていくつかの地名です;沁水暦山で民間、また保存が荆浩学絵の伝説。の文献に地名を実行して、民間伝説の3つの方面の証拠は十分論決荆浩隠居作画の太行洪谷、山西沁水国内暦山の下。
『沁水県誌』、『沢州府誌』、『山西通志」の具体的に記載荆浩隠居作画の太行洪谷、山西沁水国内。荆浩『筆法記』は記:
太行山洪谷が、その間数ムーの畑で、吾常耕食の。ある日、登神鉦山四望、回跡に大巌扉、苔径露、怪石祥煙、疾进その先も、全てGusong。中独囲大者、皮老苍こけ、翔鱗に空、蟠みずちの勢いで、添付し云汉。林者、さわやか重栄ない者は、抱き節屈。あるいは回根出土、またはやめる截・ストリーム・。掛岸盘溪と、苔裂石。驚いて、その異、遍賞の。明日の筆書きの回復、凡そフォロワーに教え方は、その本は、本当に。来年の春、石鼓岩間、遇一翁。聞いて、具はそのによって答の。叟嘆息して異久の曰く、「お願い子勤の、忘れ筆墨で真景。」吾の所に位置して、つまり石鼓岩間、字、すなわち石鼓岩さんも。
荆浩記洪谷山水環境:太行の奥に位置する一の峡穀の中で、数ムーの畑で神鉦山、大巌扉、石鼓岩などの地名の景観。峡穀である山、両岸の崖の対立などの門戸、あちこち怪石、満山松柏など。
図を荆浩『筆法記』に記した大岩
根拠《沁水県誌』に記洪谷位置、『筆法記』に記洪谷山水の特徴や、現地の民間伝説、荆浩隠居作画の太行洪谷、山西沁水南西約60の中の中条山主峰暦山東北麓寺穀で溝。中条山属太行の山係。乾隆帝が『済源県誌』巻二「山川」記:「太行山県北25に。山千につらなるは、各地に立名、実は皆太行。」『禹貢』:太行、恒山に至っては、碣石。押し:(黄)河北の山が三条、西は中条山、王屋山、東は太行。中条山主峰暦山と舜王坪、すなわち舜耕暦山の地、満山松、多く所属原始林峰;は山が多い、孤立聳え;峡穀で会って飛瀑時、しかも多い巨石。暦山の景色は優美で、名所を沁水。
寺の溝の川の発祥は暦山東麓、南から北の流入南陽川では長さ約30数裏の大峡穀寺溝川は、峡穀で青莲寺の名前の由来である。峡穀の中で往々にして崖に対して、扉のように、随所にかかっ崖岸松柏。は南陽入穀、南の行の数には、一五六世帯の村、名石(寺)火荘、南西にある渓穀村、すなわち洪谷;洪谷が山で、速く流れる川川、通称洪谷;洪谷発祥で、普段は澄んでいて、毎遇雨季で、水が濁って、洪穀名声を。順洪谷登山、山半ジャングルで廃棄古寺、すなわち青莲寺、別名の靑禪寺;寺後稜線がプラットフォーム、名えホーム、俗名鶏冠裂ける。青莲寺背後丘、ゆるやかであるので、約二、三裏の場所を抜け、ぼうっと何基の山の峰、歌い、最高峰の名望谷峰。
は洪谷穀口の石(寺)火荘、荆浩隠居太行洪谷の庵を結ぶの地、村辺正確89ムーの耕地。石火庄は名実と荘、村辺舜廟1通嘉庆保有年『実や荘廟碑文。青莲寺の別名の靑禪寺、寺が廃棄され、今日の人は寺圏牛;寺東の塔も壊し、ケンタッキーも見。『沁水県誌』巻九光緒『祠祀』記:「青莲寺では、えのホーム。」月の名所を観。『沁水県誌』巻十一『艺文』を乗せて七を詠んだ青莲寺の詩。清朝邑人王度「中秋青莲寺えホーム」诗云:「双峰ぼうっと三千丈、孤独で月圆明万裏の日。人間は紅塵飛ばない、白雲の奥に眠る老僧。」元代文臣王恽曾沁水板橋村に住んで、板橋洪谷から遠くないため、王恽が青莲寺の旅行を作『遊青莲寺」の詩。青莲寺によるj、乾隆二通石碑を覚え、青莲寺を再建嘉靖の年間。現地の民間伝説:青莲寺約は唐代、荆浩父は寺産管理者;青莲寺は唐代に壊された戦禍。戦火が青莲寺なので、石火庄取意寺火の意。
確定した荆浩太行洪谷の具体的な位置を探して、荆浩『筆法記』に記神鉦山、大巌扉、石鼓岩などの地名。山西沁水国内太行洪谷の中には、本当に見つかる荆浩『筆法記』に記神鉦山、大巌扉、石鼓岩などの地名は、この写真がある証拠。
まず、神鉦山:神鉦山者、そのように言山ドラム状。石火庄南入穀の遠くないところに、突然孤立引き抜か1基の鼓状の山は、神鉦山、別名秀峰、通称小寨に絶頂1か所古寺院敷地遺跡で、山という神鉦上古寺院敷地遺跡は唐代が建てで、戦火で完成。
回探し大巌扉:大巌扉者、その崖言ようポータル。石火庄更に南約五裏暦山東峡尽くす所絶頂、横たわって一崖に数に、高さ約百メートル、切り立ってような城壁。崖の中盤、突然裂で、幅約30メートル、両辺崖崖の上で直立、、60、70メートルで、天然の石橋につながり、景観は非常に珍しい、眺めの宮殿は、大岩扉。また石火庄南西67に下川の村では、村の西にある山のような、壁が切り立っている。山の壁を眺めて、門のあやまり図案、名石門山、村人俗称石門門大岩扉もよう。
石鼓を大岩岩:石鼓岩者、言巨石ようドラム。石火庄更に南約五裏暦山東峡、峡穀であちこち奇石怪石、そのうちの巨石よう石鼓べきは、石鼓岩。人はこの伝説荆浩巨石前、遇その《筆法記』に記「吾の所に位置して、つまり石鼓岩間、字、すなわち石鼓岩さんも」の老人、山水画の秘伝を作成する『筆法記』を描く『匡庐图』の。巨石を刻んで柳体「語り」の二文字は、かすかに絵で、岩の石目ラインに酷似している、まるで『匡庐图」画面ライン、人が庐图』『匡付会。もし心者機会があって、山東省へ暦峡、観賞早い巨石の石紋ライン、あなたは驚愕のでは、という巨岩すなわち『筆法記』に記し石鼓岩岩の石、石鼓紋ラインは、『匡庐图」画面線。あなたはまた肯定の考えは、荆浩太行洪谷確かに山西沁水暦山境内。また、暦山東峡であちこち奇石怪石、ほとんど石石よう画、そして険しい崖石鼓岩の両側の石紋ラインのように、象《匡庐图」の画面線。
もし神鉦山頂立って眺めている、洪谷山水全体レイアウト、何と荆浩『匡庐图』中山水構図が基本に似ている。洪谷山水配置もは三層。根拠沁水地形図に表示:峡穀で石(寺)火荘標高1060メートルに位置洪谷東北約百メートル、村辺約89ムーの耕地、寺を流れる川に沿って石火庄溝、峡穀で。石(寺)火荘べき荆浩『匡庐图』近景に絵川と草廬。洪谷両側はそれぞれある山、森の中で青莲北側山頂寺海抜1110メートル、寺側洪谷山2山の間でで流れ。その山容と流れ、荆浩『匡庐图』が中景石段、ジャングル、低い峰、寺院二つの山に挟まれ飛瀑の構図は、基本的に似ている。青莲寺背後の山の斜面のゆるやかであるので、約二、三裏の場所を抜け、ぼうっと何基の山の峰、歌い、最高峰の名望谷峰、標高ガンダム159メートルは、荆浩『匡庐图』遠景に絵何基の山を歌い。
また連絡し洪谷近くに神鉦山、大巌扉、石鼓岩などの地名についての伝説があり、荆浩を悟ること、人々は:山西沁水洪谷山水レイアウトや、神韻立派と荆浩『筆法記』に掲げる太行洪谷山水環境基本と一緻し、かつ庐图』と『匡画面山水構図が驚異的に似ている。だからできると思う:山西沁水洪谷は、荆浩隠居作画の太行洪谷;洪谷穀口の石(寺)火荘、すなわち荆浩隠居太行洪谷の庵を結ぶところ。荆浩は山西洪谷山水を題材に背景に不朽の伝世の名画「匡庐图」;は中条山主峰暦山一帯の峰々崖岩、山間飛瀑、Gusong怪石の雄姿勢いで、『筆法記』の作成。古代美術史の上では、北宋以来困って古今学人の千年の懸案を解読して、やっと。

荆浩作品の特色

作品の特色
荆浩作品
荆浩字浩然、約4年生まれ唐大中10年(850-856)。若い頃「業儒学、博通经史、善属文」、学識が深くて。済源の風物の景観は多くの有名人の足跡、白居易が诗云:「済源山水、老尹知之久。……孔山刀剣が立ち、沁水龍蛇歩く;5段に崖、澄転木材口。」唐の開元道教師匠司馬承槇は王屋作成阳台宫山。少年の荆浩よく来この宮、司馬承槇影響、老後の著『筆法記』では、その王維や张璪と並んで、赞曰:「白雲を気象幽妙とともに、その元、逸をよくの深さは計り知れない。」荆浩またかつて創作表現王屋山の主峰の『天台図』は、これらの彼と早期生活経験について。
だけでなく荆浩を筆墨も北派の山水画は、後世尊北方の山水を派の祖を後世に殘し、有名な山水画の理論「筆法記」は、神とは镇山た翁は、お互いに問答を提案したガス、韻、思、景、筆、墨のいわゆる絵の風物詩「6」は、古代の山水画の理論の中の経典之作、早い時期より斉シェイクの「六法論」はある程度発展し、より高い価値の理論。荆浩創山水筆墨をともに重視論、無断画「雲山」、とっくに提出山水画「細かい動きも兼ね備えなければならない」、「情景交融」、彼の作品は奉宋絵手本、ただ惜しいだけ殘されての作品は極めて少なく、しかもたった数絵もなんて見るの真偽の疑。
荆浩生涯及び早期絵画活動に生まれ、荆浩河南済源。済源北倚太行、西望王屋二つの山、南には黄河と古都洛陽に隣接しており、昔から作風が盛。清河北西截太行でて、両岸の絶壁のよう谷幽水、削る長。故郷には今荆浩県東北十五裏の穀堆头村、現存する荆浩墓の遺跡。

荆浩官吏になる道

唐乾符元年(874)前後に来て、荆浩田舎から開封、同郷裴休ます、かつて唐末小官。裴休任宰相五年、十年(人員唐大中)免官する、開封に高僧の丸い紹、二人同士が、丸い紹は命に住む開封夷門倉垣水南寺。後日显丸い紹名声は、拡張にまたがる夷門山の巨院は、唐僖宗自ら問題賜院額曰く「双林院」。荆浩は双林院という重要禪院描画壁画、明らかである彼は当時の計画の概要。「食べは京師双林院画宝陀落ち伽山観自在菩薩一壁」(『五代名画補遺』)が、失敗によって絵伝殘って、彼はその後、水墨山水画の創造精神、断定できるのは、それは一枚の人物と山水の結合の水墨画。荆浩兼な人物も他の例証。現存する彼の《匡庐图』には、いくつかの細かい動きで優れた点景人物。「宣和図譜」で、彼も記載曾画人物がいてさまざまな「山陰宴蘭亭図』、『三枚楚襄王遇神女図』の4枚。清朝李佐贤『影』荆浩書画鑑記録した『钟离訪問道図」「山林水筆、人物着色、バイトを書く。」絵を記述し钟离挙手案内状、将兵佇む状、対岸に行や童子を実写虎指示状など、非常に生き生きと描かれて。

荆浩隠居

浩は5世代後梁時期で、政局の変化は、引退の始まった“隠れ、太行山の洪谷」の生涯、号から洪谷子。洪谷は開封の北二百裏ぐらいの林県。林県唐時名林慮県、太行山脈は県西180につらなる、総称して林虑山、北から南へと順次と黄华、天平、玉泉山、生息するなど、洪谷。山勢雄大壮麗な、深い奇珍奇な、歴代の多くは隠遁者。北宋山水みんな郭熙『林泉高緻」で、「太行の枕華夏、面目者林慮。」と林慮乃太行山脈の最も美しい場所。
こんな荆浩で優雅な環境の中で、躬耕自給、常に松山水画。彼は外界と付き合いがない、同寺も青莲鄴
梁溪春靄梁溪春靄
多くの連絡は、少なくとも2度は同寺作画。鄴も今河北省臨ショウ県北に位置する林県の東、三国の時に曹魏都。当時も青莲寺の僧侶(鄴住職和尚)大愚、かつて乞絵は、荆浩、寄诗はその意味は。诗曰:「六幅故牢に建つ、知君ぐらい筆行方。求めない千穀水、止2本の松。木の下で留磐石空、縦遠峰。近くに敷いて岩幽濡れて、ただ墨濃い煙。」彼荆浩分かるください絵は一枚のトルコ石図、立つ崖の上の双松を主体として、近所は水墨画に染まる雲煙峰々、遠くは起伏。
やがて荆浩やっぱり描いて贈る大愚を1首書いた返歌:「恣意縦横掃連峰次第になって。ペン先寒木やせて、墨野云軽淡。岩石の噴水が狭く、山根水平。僧房時を、兼と苦しみ空情。」明らかに自分にこの絵水墨淋漓の作品はかなり満足して、同時にも反映して彼は引退後の心境を「苦空情」。苦くて空を仏教語は、世俗間全てに苦いの空、これこそ彼は嫌い乱世の気持ち。
二人は互いに贈答歌から見て、彼らは異常な関係。大愚「六幅の故牢に建つ、知君ぐらい筆行方。」明らかに言ったのは別のこと。「六枚」の解釈は六枚の絵も釈を1枚の紙面に大きな絵。漢制によって、織物が二尺2寸を絵、六幅1丈三尺2寸の幅は1件幛かもしれない.絵。「だから牢建」は依然として頑丈に収蔵していて、保存。建てて、通「ボタン」を隠し、ロック。だからこそ大愚過去を得たこと荆浩之絵からこそ、「知君」がどう。しかもそれを6と推定される絵は数年前のことだった。

荆浩絵鑑賞

荆浩『匡庐图』

五代荆浩絹本水墨185.8センチ横縦106.8センチ台北故宮博物館蔵
『匡庐图』絵は廬山や付近あたりの景色は、厳密な構造、勢い、
匡庐图匡庐图
構図は「高遠」と「平远」二法が結合して、その深い、妙に尽き、飄々とそのとき。画法垢を併せ持つ染め、皴法用小披麻あかぎれが切れて、レベルが整然としている。全幅用水墨画、墨絵の長所を発揮して、ちょうど彼自身が「吴道子山水を描く、無墨筆;项容インクの無筆、吾が採二子の所長、1家の体。」絵は確かには非凡神韻と独特な風格。この図は右の上端が「荆浩真筆神品」6字、伝宋高宗筆跡。

荆浩『雪景色山水図』

五代荆浩絹本着色の縦138.3センチ横75.5センチアメリカカンザスネルソン美術館
荆浩に焦点を当てる真山本当に水の察、苦手図絵北方雄大な山川風貌、
雪景色山水図雪景色山水図
芸術に新たな創造と突破。彼は言った:"吴道子が無墨筆、墨筆项容がないとき、吾採二子の所長、1家の体。」また、荆浩は有効皴法、建物の方面の素質はとりわけ恵まれている画面境地。この図は立ち絵の構図が重い山々、その間旅の人物、ヤマガタ屈撓、着色の濃い、絵には「洪谷子」小文字項。噂絵係は古墳出土し、西洋美術家があると荆浩の作品もあり、人の判定は一枚の早期の山水画の模写。