多胎妊娠

一度妊娠子宮内は同時に2つ以上胎児と呼ばれる、多胎妊娠。多胎妊娠の発生率と種族、年齢や遺伝などの要因について。
多胎妊娠

基本情報

多胎妊娠病因

いち.遺伝要因
多胎妊娠が家庭的傾向があり、一般家庭での夫婦の一方が分娩多胎者、多胎の発生率増加。一卵性双生児遺伝と関係ない。二卵性双生児明らかに遺伝史の場合、女性は自分を二卵双胎の一つで、分娩双胎の確率は夫を二卵双胎の一つ者はもっと高くて、ヒント母の遺伝子型影響が父の大。
年齢や産度に。
年齢につれて、産婦高まる産度が増え、多胎発生率が増加する可能性が、こんな影響がはっきりしない。
内因性ホルモンを促す性腺さん。
自発的二卵双胎の発生と体内卵胞ホルモンを促すレベルが高い(FSH)について。
よんしよ.促進排卵薬の応用
多胎妊娠は薬物誘発排卵の主な合併症が、個人差が大きすぎて、量について反応。応用人類経閉期促進性腺ホルモン(HMG)治療過程の中が起きやすい卵巢過度刺激すぎて、多発性排卵が双胎のチャンスは20~40%増加。

多胎妊娠臨床の態度

双胎妊娠多い家族史、孕前応用促進排卵薬や体外受精多胚移植史。早い妊娠の反応は比較的に重くて、持続時間は長く、子宮の体積は明らかにより単胎動妊娠、妊娠後期、あまりの増大の子宮を横膈高く上がって、呼吸困難、胃が旺盛で、歩くのに不便、下肢静脈瘤や浮腫などの圧迫症状。

多胎妊娠検査

いち.超音波スキャン検査
妊娠の初期に会うことができる2つの胎の袋、妊娠中末期の根拠と胎児の頭蓋骨背骨などのオーディオビジュアル図、Bの診断に率100%。膜性の診断は主要に妊娠じゅうよん週間前の超音波検査:妊娠期妊娠嚢離れ遠く、もしそれぞれの妊娠の袋の中に各いちの羊膜腔は双絨毛膜双羊膜双胎します;もし胎膜接点で部分が「λ」や「双峰」徴をダブル絨毛膜。妊娠の袋の中の観察二つ羊膜腔、または1つ絨毛膜弁で同時に表示の2つの卵黄嚢は単絨毛膜双羊膜双生児。にあるような絨毛膜弁でのみ表示の卵黄嚢は単絨毛膜単羊膜双生児。妊娠中の胎児の性別違う双胎は通常双絨毛膜(二卵性双生児)。妊娠の初期を絨毛診断後に対して膜性を産保健大切。
に.ドップラー超音波検査
妊娠じゅうに週間後に2つの週波数を聞いて違う胎心音。
産婦人科検査さん。
もし以下の場合を考慮するべき双胎:子宮は妊娠週、妊娠中や腹部の末期に身体や2つまたは複数の頭、子宮が大きく、頭が小さく、そうだ;と聞いて二つの異なる週波数の部位の胎の心、または計数いち分ながら聞いて胎児の心拍数、2音の違いじゅう回以上。

多胎妊娠診断

結合臨床症状や映像、産婦人科検査を行うことができる診断。

多胎妊娠合併症

いち.妊娠合併症
(1)貧血双胎妊婦は妊娠内や葉酸の必要量の増加に加え、その体内血漿容量が単胎動妊娠時の増加による血液相対希釈による貧血。双胎妊娠併発貧血は単胎動妊娠の2 . 4倍。妊娠期の貧血は妊婦と胎児に対しても悪影響、例えば貧血性の心臓病、高血圧症、妊娠期胎児の生育が遅れ、胎児の宮内行き詰まって、産後の出血や産褥感染などの合併症。
(2)兆し子癇双胎妊娠高血圧病併発妊娠期40 %に達し、単胎動妊娠の4倍。しばしば時間が早くて、病状が深刻な。多胎妊娠で妊婦血液量が増え、子宮張力大、更に現れやすく胎盤早く剥ぎや妊婦心不全などの合併症。
(3)羊水過多双胎の中で羊水過多症の発生率は約10%、その一卵双胎より二卵性双生児高4倍。出現羊水過多症注意すべき排除神経係や消化器などの奇形胎児。
出産期合併症に。
単純双胎妊娠は帝王切開分娩の指す徴、個体によっ場合は医師の指導の下を出産方式。双胎が容易な発生の妊娠合併症:
(いち)双胎妊娠子宮があまりにも膨大、子宮筋線維過度拡張、産程に易致子宮収縮力による産程延長、易発生産後出血、
(に)時の合併羊水が多過ぎる場合、子宮内の圧力が高まり、早く起きやすい胎膜破や臍帯下垂症、
(さん)双胎妊娠時、すべての胎児のよくが単胎動胎児は小さくて、容易な発生胎位異常、第一個の胎児娩出後で、第2の胎児の活動範囲が大きい、回転しやすい横位、
(よんしよ)出産時、最初に胎児に娩出した後、宮なまり容積突然縮小、胎盤付き面が縮小し、故発生可能胎盤早く直接の脅威を、2番目の胎児の生命と産婦の安全、
(ご)最初に胎児を逆子で、第2の胎児を頭位分娩時、第一個の頭はまだ生まれて、第2の胎の骨盤内まで下がった時、容易な発生の二つの胎の首に交ロックによる難産だったが、臨床珍しい。
上記の状況で、多くが胎児は小さく、骨盤腔が大きい者、または単に羊膜嚢双胎や第二の胎児胎膜早く破者。
産児合併症をさん。
双胎妊娠囲産児死亡率が高く、と早産、胎児が成長するの制限、胎児の奇形や臍帯異常について。そして単絨毛膜双胎が妊娠合併症のリスクを持ってその特殊な双胎輸血症候群、双子の紛失、双胎逆転動脈灌流など。
(1)双胎輸血症候群双胎胎盤の血管吻合:単絨毛膜双胎胎盤中血管吻合率85%~100 %。動脈の間を含む、静脈間や動静脈吻合3種。胎盤の胎児の面の淺い時計部の多くは動脈間方式に合わせて、少数は静脈間吻合。そして胎盤組織深部の胎盤小葉の動脈-静脈吻合は血圧差。約15%の単絨毛膜多胎妊娠が双胎輸血症候群(TTTS)。受血者胎児の表現を循環血液量が増えて、羊水過多症、心臓の拡大あるいは心は衰えを伴う水腫;給血者循環血液量減少、羊水減少、生長制限。介入しなければ、深刻な双胎輸血症候群の病死率は80~100 %。
(2)双胎の中胎児死亡で妊娠期のような双子の胎が発生していて、その死胎宮内生存者がいかなる影響。しかし中で妊娠の末期が発生すれば1胎胎の死は、宮内、後期流産の発生の可能性、90%がさん週間。注意が必要な臨床妊娠末期には観察発見建胎児が死胎宮内のリスクの増加、胎盤血栓形成影響胎盤機能に異常にあり、厳密に保護を強化する。双胎の中でダブル絨毛膜、生存者の予後主要受胎週間の影響で単絨毛膜双生児で胎宮内が死亡し、別の胎児の胎の死のリスクが約20%の宮内胎児の脳損傷、生存のリスクは約25%。
(3)双胎逆転動脈灌流(無心奇形)は単絨毛膜双胎妊娠合併症。一胎心臓停止して別の胎から跳んで、心血管係に血液を得部分が。このような情況の発生確率は低いが、受血者胎児の宮内心は衰えなどが原因胎児の死宮内のリスクが高い。通常のアプリケーション臍帯結紮来て双胎。
(4)双胎生長が一緻しないとは、同じ妊娠の二つの胎児体重差20%間です。可能性と胎盤要素(胎盤発育異常た小など)、染色体異常や双胎輸血症候群などの関係、うち4%の原因は、胎児の性別が一緻しないと。
(ご)完全ブドウ胎と共存胎児すなわち一つ胎児胎盤を伴って正常で、もう一つは完全性ブドウ胎。約60%の完全性ブドウ胎と正常胎児共存の双子の女性は、持続性細胞腫瘍で栄養を必要として化学療法。今のところまだ理想の処理方法は、妊婦が監視血清HCGや呼吸器症状。

多胎妊娠治療

いち.妊娠期処理
(いち)定期産前検査、双胎妊娠係ハイリスク妊娠、母児結末と妊娠保健と密接な関係を確認できて、いったんは、保健と管理を強化し、栄養に注意し、十分な蛋白質を補充し、を行い、ビタミン、葉酸、カルシウム剤など。なるべく過労を避ける。妊娠さんじゅう週間後には寝て、積極的に妊娠合併症を予防し、早産の発生を避ける。超音波モニタリング胎児宮内生長の発育状況。
(に)もし一つ妊娠の初期胎児死亡、死産児のすべてを吸収して、妊娠さんヶ月の胎児死亡、圧迫割型紙児、必要のない処理し、妊娠末期の死は、一般に母体損傷が、少量のように凝血活酶母体釈放、血管内凝固監視は、母体凝固機能。
(さん)双胎輸血症候群に超音波診断5期、I期をとることができます動態観察、場合によってII-IV期をとることができる選択減胎術、胎児鏡下胎盤血管交通支凝固法、臍帯血管凝固や中絶、羊水減量術、羊膜ぶり瘻術など。その胎児鏡下レーザー遮断胎盤血管交通支は公認有効な治療方法。しかしにも注意が必要胎児宮内治療後に関する合併症問題。
出産期に処理する。
双胎妊娠であまり経膣分娩、点滴輸血や救急必要から、妊婦の緊急設備、マスタして新生児と回復の救助技術。
(1)妊娠中絶の指す徴①合併急性羊水過多症を引き起こす症状、圧迫、呼吸困難、深刻な不快感など、②母体合併深刻な合併症、例えば子癇前期や子癇、許さない継続妊娠時;③胎児奇形、④は出産予定日はまだおめでただ、胎盤の機能が次第に減退や羊水減少者。
(2)分娩モード選択結合妊婦年齢、胎次、妊娠齢、胎先に露、不妊史や産科合併症/合併症などの要素を総合的に考慮し、原則膣試作、適当に緩める帝王切開、徴。①膣試作:選択双胎はすべて頭が先に露や胎児を第一位に、第二の胎児を逆子で、二つの胎児の総体重は5000~5500gの間、2番目に体重を超えない胎児と第いちの胎児200~300グラム。帝王切開分娩②と徴:異常胎児先に露、例えば第胎児を肩が先に露、臀位;収縮が、産程の延長を経て、処理効果はよくなくて、胎児に行き詰まって短い時間経膣分娩者がない。深刻な合併症がすぐに妊娠中絶者、例えば子癇前期、胎盤早く剥ぎや臍帯下垂症者、ない経膣分娩者癒合奇形。
さん.産程で処理
産程中に注意の収縮や産程進展と胎の心の変化が出たら、収縮を与えることができるが、低濃度の縮宫素緩やかに点滴。最初に胎児に娩出した後、胎盤侧臍帯端すぐ締付防止のため、第二の胎児の出血。同時に助手を腹部に第2胎児の固定に縦産式胎の心を聞いて。若無膣からの出血を待って、胎の心が正常で、自然分娩では、一般ににじゅう分ごろ第二胎児が生まれて。もしじゅう分待っても無収縮を与えることができて、人工破膜を与えたり低濃度圧縮宫素点滴促進子宮収縮。見つけたら臍帯下垂症や不審胎盤早く剥ぎや胎の心が異常で、すぐにかんしや尻牽引、早めに娩出胎児。
よんしよ.防除産後の出血
産程で開放静脈点滴輸血の準備や通路、できます;第2胎児娩出後直ちに縮宫素促進を与える子宮収縮、産後の厳密観察子宮収縮や膣からの出血量、特に注意産後に~よんしよ時間内の遅れ性出血。必要な時に抗生物質の感染予防。
参考文献:
いち.元鵬波、魏瑗、姚颖、杨玲玲、赵扬玉、乔杰.補助出産技術と自然妊娠双胎妊娠結末の臨床分析:中国優生と遺伝雑誌、2010(じゅうはち):107-109。
2.ZHAOYang-yu、XIONGGuang-wu、MACai-hong、WEIYuan、WANGLi-naandQIAOJie.pplicationoffetoscopyinthemanagementofmonochorionicmultiplepregnancies:ChineseMedicalJournal、2010 - 123(いち):105-107。