胎児

胎児を指す。妊娠はち週間後の胎の体。妊娠よんしよ~はち週間娩出の胎の体は胚。胚形成期の重要な臓器、胎児期に一層成熟して各器官。胎児に妊娠28週間前に娩出の現象と呼ばれる流産妊娠の28~37週間前に娩出;の現象と呼ばれる早産妊娠37週到、不満42足週間娩出の現象と呼ばれる臨月になる産。妊娠の全行程の計280日即ちよんじゅう週間。
胎児

基本情報

胎児胎の体の発育の特徴

1 . 4週末
つまり受精後に週間、受精卵に入って、子宮壁し発育。
2 . 8週末
胚が整って人形、頭を占めると胎の体の半分を聞き分けることができる目、耳、口、鼻、四肢は、具雛形。超音波検査可視早期心臓を形成し、搏動。
3.12週末
外性器は発育を識別するためには、多くの男女が生え、(指)甲、腸管でうごめいて、吸収の能力がブドウ糖。
4 . 16%週末
外から生殖器の胎児の性別を確定することができて、頭皮に生え髪、皮膚色赤、滑らかな透明、胎児が始まって呼吸運動。
5.20週末
全身毳毛、もしその母体胎児を排出し、動悸、呼吸、排尿と飲み込む機能、妊婦感覚胎動は、検査聞こえて胎心音。
6.24週末
各臓器はすでに発育、皮下脂肪から堆積物が、肌がしわ。
7.28週末
胎児は身長約35センチ、体重約せんグラム、皮下脂肪瀋積は多くなくて、皮膚のピンク、呼吸運動が、胎児肺未成熟で、出生後に泣いて、しかし生活力が弱い。
8.32週末
胎児は身長約よんじゅうセンチ、体重約1700グラム。皮膚深紅、顔面毳毛は脱、生活力を強化する可能性はまだ、出生後看護生存。
9.36週末
身長45センチ、体重約2500グラム、皮下脂肪が多いというのは、(指)甲は、(指)先、出生後が泣いてと吸引、生活力が良好で、この時に生まれて基本的に生きて。
10 . 40週末
成熟胎児は、身長約ごじゅうセンチ、体重約3000グラム以上の皮下の脂肪はふくよかで、皮膚のピンク、指(指)甲を超え、(指)端。生後泣き声が響いて、吸引力が強くて、生活力が強くて、よく生きて。
頭は胎の体の最大の部分であり、胎児の経膣一番難しい部分が、胎児の頭蓋骨が一定可塑性、つまり脳縫いエッジが軽度が重なって、頭を適応膣分娩、完成。
生まれてから、胎盤循環が停止、肺循環設立から自主呼吸、表現と大声で泣いて、新しい生命を開始。

胎児子宮内の胎児

いち見分け声。
生まれる前の最後でさんヶ月、胎児が大人も盗み聞きを見分ける、男性と女性の声に、そして「監視」母の気持ち。研究し発見して、胎児の聴覚で32週到35週時に敏感になって、この時、それを向くある音の源。胎児に対して最も魅力的なお母さんの声。
音楽を強く記憶に。
研究者は、母親たちは毎日足を高くして耳を傾けて同一首ゆるやかな楽曲母子にもできる。32週目には、胎児が覚えて毎日聴いたあの本の楽曲は、音楽のリズムに従ってスイング体。
さん.光の最初の反応
早く25週の時代、胎児の目から闇にやって合は、生まれてから練習を。1本の光を通り抜けることができる母の皮膚、甚だしきに至っては子宮壁。33週間ほど、赤ちゃんが活発な。
よんしよ様々な味味。
ろくヶ月の時に、胎児が見分け苦味・甘味や酸味。研究によると、未生まれの赤ちゃんの甘味が一種の生まれつきの偏愛。もしあなたは1杯の濃いコーヒー、胎児呼吸や心臓の鼓動がゆえに加速。赤ちゃんの発育に必要なすべての栄養はすべて直接転送のへその緒を通して、だから、子宮内が必要ない食事の技術。しかし胎児は使って多くの時間が吸い親指だけでなく、胎児の今後の第1食事を準備ができて、しかも彼を助けて発見の自分の体に面白いもので、たとえば肌の感覚と親指の大きさ。だから、胎児の子宮で吸う親指の行動も探索世界の始まり。
ご.あなたの情緒を感じ
あなたとけんかしたり、交通渋滯のためにがっかりする時、あなたの胎児も焦りと不安。彼はまた自分の動作(ときめきや多くの蹴り動)し外部の状況。君の感じる圧力にも影響が胎児の睡眠の法則性。

胎児胎児栄養

胎児発育過程中脳細胞の形成の肝心な時期、不足の場合はタンパク質が脳の発育に影響をもたらし、後日補いにくい、永久的なダメージ。妊娠後、母体が一連の生理的変化し、さまざまな調子が悪くて、例えば妊娠嘔吐、偏食など、母体の栄養を与えるかもしれないと情緒の不利な影響をもたらす。そのため、妊婦は合理的な取り決め生活や飲食、選択の食べ物は多種多様で、栄養バランス、全面的、くれぐれも偏食、好き嫌いや断ち物。人体に必要な栄養素はたくさんの種類のは、栄養学的に要約する蛋白質、炭水化物、脂の質、ビタミン、ミネラル水と六種類、これらのすべての十分な供給しなければならない。飲食の多様化が必要、多く新鮮な野菜と果物を食べて、適切なのか何かを食べて太いフォーや雑穀など。

胎児胎児の感覚機能

いち.聴覚、視覚
妊娠第にヶ月の時に、胎児の目から発育し、第よんしよヶ月の時に、光照射でリズミカルに妊婦の腹部に気付いたのが、胎児目を開けると、光の方向を向いて、胎児の心拍数も次に発生法則がある変化。そして、胎児が生まれないじゅう分視覚の作用を発揮することができて、母親の顔を見ることができるだけではなく、また、認識模型と判断パターンの能力。ある人が見つけ、新生児の視力しか見さんじゅう~よんじゅうセンチ以内のものですが、それはちょうど彼の子宮内の位置の長さが等しくて、説明の新生児がまだ殘っている子宮内での生活に慣れる。
に他の感覚機能。
胎児には皮膚感覚(触覚)、嗅覚、味覚などと感覚機能。胎児の感触が早いし、甚だしきに至っては早く、感覚機能で最も発の聴覚。暗がりの宮内環境規制視力の発展するため、胎児の触覚と聴覚はいっそう先進。胎児の鼻を早く妊娠第にヶ月から発育し、第ななしちヶ月、鼻の穴が外界と互いにコミュニケーション。しかし、羊水で囲まれ、だから彼はすでに備わった嗅覚でもないのに、自分の才能を見せる、自然その嗅覚機能も大きな発展を得るはずがない。それでも、胎児の嗅覚が生まれで役に立ち、新生児を嗅ぎ出す母体で時の匂い、そしてこれから限り、彼に母が判別した。鼻と同様、胎児の発育は口も妊娠第2ヶ月に。で妊娠よんしよヶ月の時に、胎児の発育完全味蕾は舌に。にもかかわらず、羊水少し具塩味、胎児は興味津々に味わうことができる。

胎児胎児の健康

心の平穏を保ついち。
胎児の先物の心理の健康な母と妊娠前後強大な災害に見舞われ、ストレスや震災悪質な生活環境の要素が密接に関連する。そこで胎児の健康、妊婦は努力して鎮静、なるべく落ち着いて対処の自然災害。医師や家族にも対応妊婦強化心理ケア。
防止に。流産早産
大きな災害を受けるため刺激、招きやすい流産あるいは早産ので、もし妊婦が膣からの出血、腹痛、膣流水時、直ちに医療関係者と連絡を取り。
飲食衛生さん。
下痢です。胎児の発育に影響することを招くことができて、甚だしきに至っては流産早産。だから妊婦飲食衛生に注意を防ぐ下痢です。できない、生水を飲むのは、食前が後と流れる水石鹸で手を洗う、腐敗した食品を食べない、食べないの禽畜死ではなく、汚水うがいや食器洗い野菜や果物は煮沸消毒や消毒剤。出たら下痢です。、直ちに補充塩水と治療。
よんしよ.警戒重病
もし出双下肢水腫、めまい、頭痛、見えないもの、慌てて、息が続かないで、膣からの出血、突然感じ胎動が増え、突然の減少や胎動が消え、直ちに医者に連絡。
ご.栄養を強化
全体では妊娠中の栄養状態に直接影響胎児の正常な発育。地震災害に耐えた強いストレスの妊婦、もっと注意しなければならない栄養バランスに摂取。
ろく.休みに注意して
妊婦には安静環境を提供し、十分な睡眠時間の確保を維持するべきで、睡眠時に左臥位。その眠れない者に対して、医者の指導の下で経口鎮静剤。
ななしち.おめでただ時は冷静を保つ
お産の前の妊婦は落ち着いて、直ちに病院まで医者との連絡や分娩。待っている分娩期間、避けるべき慌張を避けるために、力を入れて呼吸、できるだけ減らして行き来して、最も快適な姿勢をとるあおむけるや横向き、なるべくリラックス。

胎児胎児の体重

胎児は妊娠中、後期の体重は主に以下の3大パラメータ総合得。
いち頭頂径(BPD)、
腹回り(AC)に、
さんに大腿骨の長さ(FL)。
予測体重(EBW)=ダブル径の比重×ダブル径(BPD)+腹の比重×腹囲(AC)+大腿骨長の比重×大腿骨長(FL)±15%誤差値。
体重の落差の予測範囲。産前超音波を利用して予想胎児体重は、厳密には体重が落ちの予想から、きっと誤差がある。現在にとって、合理的な誤差を推定値±15%のため、測定胎児の体重は利用パラメータツイての数式をので、誤差の範囲と適用週数範囲。24週間前に体重を測った胎児、誤差は実は大きくて、だから胎児の体重の予測曲線は適用されない24週間前の胎児。母親は妊娠中、後期に再測定、この時こそ、胎児の発育の体重を評価指標だけでなく、意義があって、結果も比較的正確。

胎児胎児発育

医学上きゅう、く週間妊娠前の胎児と呼ばれる胚や胚芽、きゅう、く週間の始まりと呼ばれる胎児。第二段階は妊娠ななしち~きゅう、くヶ月、その間支持細胞と神経係細胞の増殖や、樹状突起支店の増加、使ってすでに作り上げた脳神経細胞を発展して、神経細胞と細胞の間のシナプス接合は、脳神経細胞の興奮衝動伝導。
第一、二週間で排卵月経週期が通常の第じゅうよん日2週間後、時間どおりに来る月経がなければ、あなたが妊娠した。
第三週:第さん週間、かもしれません。月経がなかなか未来、あるいは下半身が少量の血の流出のいまごろあなたが病院や自主し妊娠尿検査。
週目:今週、胚泡胚歯と、それは子宮の中でまるでりんご種のように。ES細胞の発育が速く、その三階と3胚葉。
第五週:子宮の中の胚迅速な生長、心臓から規則正しい鼓動やから供血。この時の胚長さ約6センチ。
第6週:その時の胚の長さは約0 . 5 cm、象おたまじゃくし形。
第七週:その時の胚の長さは約1 . 2センチメートル、形状象ソラマメ。妊娠反応を激化させて、この状況が続くろく週間またはもっと長い時間。
第八週:妊娠第はちウィークのとき、胚の急速な成長。この時の胚の長さは約にセンチ、ぶどうのような形。
第九週:第きゅう、くウィークから胚は胎児たといえる。
第十週間妊娠第じゅう週間の時に胎児長はよんしよセンチ、偏平な形似莢。この時の赤ちゃんの腕や足首の発育が完成し、はっきり。赤ちゃんの腕より長く、肘より曲げ。胎児のまぶたの接着一緒に。
第十一週間妊娠第じゅういち週間の時に胎児の身長に達することができてよんしよ~ろくセンチ、体重を達成じゅうよんグラム。今週あなたが発見で腹を1条の濃い色の縦の糸は妊娠紋
第十二週間妊娠初期:今週が終わり、さんヶ月あなたと赤ちゃんにも大きな変化が起きた。第じゅうに週間妊娠の時に胎児の6 . 5センチ身長に達することができて、今すでに成長赤ちゃん人間。第十三週間:じゅうさん週間の胎児の顔のように見える大人身長約75~きゅうじゅうミリ、体重は先週少し増えて。彼(彼女)の目は頭の額の部より顕著に現れた指紋、指。
第十四週:じゅうよん週間の胎児の顔のように見える大人身長約75~ひゃくミリ、体重は28グラム。妊婦の内分泌の胃の上部の括約筋たるみ、胃酸に侵入し、消化係統の乱れ。
第十五週:じゅうご週間の胎児は身長約じゅうにセンチ、体重を達成ごじゅうグラム。赤ちゃんは今週の発生の最大のことは彼の(彼女)からあなたの子宮にしゃっくり、これは胎児呼吸を始めの前兆。
第16週間:じゅうろく週間の胎児は身長約じゅうにセンチ、体重増加の150グラム、胎児の時に見える梨。赤ちゃんは今週の発生の最大のことは彼の(彼女)自分があなたの子宮の中で遊びました。
第十七週:じゅうななじゅうしち週間の胎児は身長約じゅうさんセンチ、体重は150~200グラム、胎児の時に見える梨。赤ちゃんの時の骨格は軟骨を保護することができ、骨格の「レシチン」からゆっくりで覆われて骨髄に。
第十八週:じゅうはち週間の胎児は身長約じゅうよんセンチ、体重約200グラム、胎児のこの時小さい胸のドラムドラム、これは彼の(彼女)呼吸、しかしこの時の胎児を吐くは空気吸入羊水ではなく。
第19週:じゅうくウィークのとき、赤ちゃんの最大の変化は感覚器官に地域の迅速な発展。嗅覚、味覚、触覚、視覚、聴覚今から頭の中で専門領域に発育。
第二十週:にじゅう週間時の胎児の成長傾向が平穏、この時の妊娠中の母親を、より多くのエネルギーを栄養に増強。
第二十一週間:21週の胎児今体長じゅうはちセンチ、体重300~350グラム。この時の胎児の体重から大幅に増加。赤ちゃんの眉やまぶたがくっきりと、指と指が伸び始めても、(指)甲。
第二十二週間:22週の時の妊婦体がますます重くなって、約1週間に250グラムの急速な成長速度。
第二十三週間:23週間の胎児体長じゅうくセンチメートル、体重の400グラムぐらい。23週間時の妊婦体がますます重くなって、毎週増え約250グラムのスピードで急速な成長。
第二十四週:24週間の胎児の身長約25センチ、体重が500グラム。
第二十週:25週間の胎児今体長さんじゅうセンチ、体重約600グラム。
第26週:26週間の胎児に座って高さ約22センチ、体重約800グラム。赤ちゃんの皮下脂肪が現れて、しかしこの時の赤ちゃんはとてもやせて、全身を覆って細い毛。26週間の胎児呼吸を始めた。
第二十七週:27週間の胎児は身長約38センチ、体重は900グラムぐらい。この時、もう目を閉じて赤ちゃんと、同時に睡眠サイクル。赤ちゃんは時々自分の親指を口に咥。
第二十八週:28週間から始まり、あなたは妊娠の末期に入った。この時間を減らすために旅に出ます、多くの航空会社は受けない妊娠28週間の妊婦は飛行機。
第29週:29週の胎児に座って高さ約26~27センチ、体重は1300グラムぐらい。この時の赤ちゃんの場合は、男の子は彼の睾丸、もうおなかから下がります;もしあなたは女の子を見ることができて、赤ちゃんの小陰唇突起。
第三週:さんじゅう週間の胎児は身長約44センチ、体重は1500グラムぐらい。胎児の頭部を続けても非常に迅速に増大して、大脳の発育。脳や神経係が発達し、ある程度の成長を続け、皮下脂肪。
第31週:31週間の胎児の体と手足まで続けて育ち、割合。胎児の体重は2000グラムぐらい。赤ちゃんの皮下脂肪を豊かにし、しわを減らす。
第32週:32週の胎児は身長約45センチ、体重約2000グラム。もし赤ちゃんは男の子で、彼の睾丸は腹腔に陰嚢があるから、赤ちゃんが生後当日に入って陰嚢。
第三十三週間:33週間の胎児は身長約48センチ、体重約2200グラム。胎児呼吸システムと消化係の発育はもうすでに成熟。33週間の胎児は頭の位置に注意。
第三十四週:34週の胎児に座って高さ約さんじゅうセンチ、体重2300グラムぐらい。今から太って胎児丸い。胎児の皮下脂肪形成した後は、赤ちゃんが生まれて体温調節。また赤ちゃんを出産準備し、赤ちゃんの頭の下に向け、頭部骨盤。
第35週:すると胎児は体長ごじゅうセンチ、体重約2500グラム。今から太って胎児丸い。胎児の皮下脂肪形成した後は、赤ちゃんが生まれて体温調節。
第36週:36週の胎児は成長して、今週の赤ちゃんの身長51センチ、体重約2800グラムぐらい。から36週から、妊婦は毎週一回産前検査

胎児胎児の形成過程

いち胚种段階。
いったん一つ精子や卵子の成功を組み合わせた、接合体から分裂再分裂。最初の細胞ができて1つの小さいボール胚种さんと、以後の日、このボールで約ろくじゅうの細胞。この胚种液体に満ちて、すぐに数回に分けて変化し、その後さんの異なる層:上層あるいは外胚葉に発展し、後に表皮、爪、髪、歯、官能や神経係になる;内胚葉、消化係統、肝臓、膵臓、唾液腺と呼吸システム;中胚葉になり、やがて真皮、筋肉や腱、循環システムと排出システム。
受胎してから約一週間、胚种付きで子宮壁に移すと呼ばれる植物。胚种は徐々に自分を埋めて子宮の壁の上の、この過程は約一週間。すべての移植の胚种今とは胚。
胚段階に。
胚の発展段階を展示した足の爪先から頭のぎりぎりまで、由近及远の発展モデル。このように、頭、血管や心臓などの発育が早く、腕や足、手や足の発育。胚形成期で、心臓は、胚形成にも小さなの消化係統と神経係。
これらの変化が発生した場合には、胎盤は母体と胎児間形成。胎盤を通じて、母に胚にエールと栄養物質、胚もそれを血管中の老廃物を返して母を送る。胎盤の中でから、二つの循環システムの千個の小さい血管に限り、短い時間、血液が分散して若干の分枝小血管。幸い、母体の中の多くの有害化学物質や薬物浸透しにくく胎児の体内。
胚へその緒を通してと胎盤につながり、臍帯は三本の大血管から構成して、1本の栄養を、別の2本の運送廃物に母体。臍帯、地方に入ってその腹部小凹胚形成。臍帯に無神経がないので、情報を伝える、切るのそれも痛。
第はち週末、羊膜嚢発育した。カプセルはざらざらに塩液体の袋をめぐって、それは完全にそれを守る胚。胚安らかに漂う中までは生まれ。
胎児の段階でさん。
はち週間後、胚胎の発展の最初の骨の細胞の分化さを象徴しているが、構造の終瞭。このシスポイントを獲得し、胚新しい名前は胎児からいくつかの特徴、それによって、例えば指、爪、まぶた、眉などの発達過程。目はこの段階完成それらの主な発育。胎児の発育のまぶたを閉じて新しい約第じゅう週目まで、自分がほぼ完成の発育を、この約が第26週間。目だけでなく、この段階では、ほとんどの生物の特徴ももっと大人。
第さんの末、胎児は同時に移動その首は、足と足。もし彼の手に触れて、彼はこぶしを形成グリップ反射;もし彼の足の裏に触れて、彼の足の指は開けて、賓形成巴斯基反射;もし彼の唇に触れて、彼は吸引反射。また、胎児の心拍が子宮壁越しに聞こえる。筋肉の方が完全に発育に現れ第にヶ月の最初の反射を更に強化。
第よんしよやごヶ月、母が感じられる胎児の振動、または彼女は子宮の中での移動。多くの母親がよく感じられる胎児キック、伸腕など。
は体重の増加を貫く妊娠が、大量獲得は生まれた時には。第にじゅう週目には、胎児の長さはそれが生まれた時の半分だが、体重はわずか10%。
第ななしちヶ月の時に、胎児が泣き叫んで、呼吸、嚥下、消化、排泄、移動なども、彼自身の親指を吸う。第はちヶ月の時に、胎児から長脂肪、それに役立つの体温調節が生まれてから。

胎児要因

いち。まずは栄養因子
妊娠栄養不良母体と胎児に影響をもたらすシリーズ、胎児の発達が遅れてて、甚だしきに至って奇形。だからじゅうに~じゅうはち週間妊娠や妊娠最後さんヶ月から出生後半年でこの二つの特定の時期は、妊婦や赤ちゃんタンパク質の摂取量を増加させ、より多くの脳細胞分裂増殖を促進することができて、知力発育。
妊娠の前後にビタミンを補充するべき妊婦を胚神経の正常な閉鎖。ビタミンBじゅうにや葉酸は細胞分裂不可欠な物質で、この種の栄養補給不足を招くことができて、胎児の各組織の発達が遅れて。栄養の要因による生まれ欠陥、影響範囲が広く、胎児に足りない栄養があり、それぞれが神経係、内臓や骨、四肢、顔などに異常や成長発育障害など。
第二は職業の要素に。
係、妊婦に接触している仕事環境及び労働過程の中で諸要因に対して、胎児の発育の害。例えば、胎児の神経係に鉛より敏感で、鉛が胎児の脳によると中枢神経係統の欠陥、妊婦が中毒のチャンスも大きい。
第三は情緒の要因さん。
妊娠の情緒の安定、心地よい胎児発育良好な作用は健康から。精神も大脳皮質刺激を内臓の関係とバランスが乱れ、内分泌、その結果による副腎皮質ホルモンが増え、妊婦子宮活動性の低下は、血の量が減り、胎児にエール不足、易させる早期胎盤剥離。しかもアドレナリン胎児の作用時間より長く母体自体、妊婦のストレスの後、母体のストレス状態つまりから緩和が、胎児への影響が続いている。だから、妊娠?焦る気持ちを防ぐ。