関東軍

関東軍は日本陸軍の1つの重要な構成部分で、それまでの駐中国東北金县、大連地区の「関東州」から。西暦1919年に設立され、1945年に解散はち月。編は31個歩兵師団の歩兵旅団、じゅういち、戦車、いちは、コントロールの旅団とに航空軍、計約120万人。1945年はち月、ソビエト連邦紅軍東北に出兵し、関東軍射殺され八万三千人、五十九万四千人捕虜になった。戦後、殘りの関東軍将兵捕虜として送られシベリア強制労働に従事する。
関東軍

関東軍発展の過程

1905年の日露戦争後、日本は占領した中国の遼東半島満鉄。やがて、日本は遼東半島と改名関東州、旅顺設立関東都督府、下の民政部と陸軍部。1919年関東都督府陸軍省の基礎の上で、旅順口施設関東軍司令部。ロシアの日露戦争で敗戦後、『ポーツマス講和条約』は関東州(中国遼南旅大地区)のリース権と満鉄の日本に譲渡。日本の植民地の利益を維持し、派遣にの師よんしよ万人の兵団進駐関東州や満鉄の付属地を設立関東総督府。翌年、総督府都督府設置に変更、陸軍部は、いち管轄の陸軍師、ろく独立守備大隊、旅順重砲大隊と憲兵隊など。
にじゅう世紀前半の長期侵駐中国東北地方の日本陸軍大軍グループ。
1919年、都督府を撤廃し、改の関東庁、成立関東軍、初代司令官立花小さく郎、司令部に所属し、旅順、直接天皇。
1926年昭和に入った後に、日本の中国侵略を推進と準備の蘇作戦大陸政策。1928年、関東軍製造皇姑屯事件、死亡中国奉係軍閥の首領張作霖。1931年企画“918”事変中国東北全土、侵攻。翌年でっち上げる偽満州国傀儡政権司令部移転、長春、司令官兼任日本駐在大使「満」と関東庁長官を把握するのが、満州傀儡政権軍政大権。さらに中国東北建設を日本侵略の拡張の重要な戦略の基地。
1928年ろく月、関東軍製造「皇姑屯事件」。1931年きゅう、く月じゅうはち日、関東軍製造「柳条湖事件とし、これを口実に砲撃東北軍大きい大隊、発動した九一八事変にわたって、引き離した十四年の日中戦争の始まり。1932年さん月設立偽満州国
1939年ご月、満州軍とモンゴル軍は诺门罕が小規模国境紛争、後になって関東軍進化にソビエト連邦赤軍の正面対決。朱可夫六個旅団七万名ソビエト連邦指揮極東軍は、機械化部隊約四万名を2個師団関東軍。1万8千人の日本軍戦死やけが。日本全国の振動、平沼内閣を辞める。関東軍司令官植田谦吉や参謀長磯谷廉介首になる。
1942年、太平洋戦争開始後、関東軍主力に派遣されてから太平洋戦線。1943年戦争逆転後、多くの関東軍太平洋の島々に殲滅された。
1945年はち月、ソビエト連邦紅軍の東北に出兵し、関東軍射殺され八万三千人、五十九万四千人捕虜になった。戦後、殘りの関東軍将兵捕虜として送られシベリア強制労働に従事する。

関東軍名前の由来

日本関東軍は日本陸軍の1つの重要な構成部分で、それまでの駐中国東北金县、大連地区の
関東軍関東軍
関東州」から。
1898年、帝政ロシア政府は清政府の中国を強制旅順「借りる」と大連灣にロシア、つまりこの租借地漕ぎをロシアの州、すなわち「関東州」。
1904年に月、日露戦争爆発、続いていち年ごヶ月、最後はロシアの失敗に終わった。戦後、に双方が締結の「ポーツマス条約ご、ろく」第2項に規定:ロシアの「旅順、大連灣領土や領海近くレンタル権と関連リース権」や構成の“すべての特権」や、「効力租借地と地のすべての公共の家屋の財産」、「長春、旅順間の鉄道とすべての支線……無条件に委譲日本」。侵略者を射止めましたからロシア中国東北南部地域のすべての特権で獲得した日本アジア大陸植民地。1905年(明治37年じゅう月じゅうはち日)日本の侵略者を固めるために、その中国東北地域の満植民地支配遼陽成立した関東都督府は、陸軍大将大島義昌任総督、都督府内陆軍施設。
1907年から、日本は「関東州」がいちの駐留師団とろくの鉄道守備大隊の兵力。
1919年よんしよ月じゅうに日、日本関東都督府に変更関東庁は、元陸上軍部を基礎にして、別関東軍司令部を構成し、実行軍政分割支配:関東庁は司法・行政最も
関東軍関東軍
高い機関;関東軍司令部は最高の軍事機関。
まず関東軍司令部の瀋陽、後へ旅順、1931年きゅう、く月前後遷瀋陽、1932年偽満州国成立前後遷長春、1945年まではち月降伏の前夜。一度に通化臨江移転を固守し、大きな山で、最終的には日本の無条件降伏に終わった。
関東軍司令部の参謀部、副官部、兵器部、経理部、軍医部、獣医学部、法務部など、指揮駐留中国東北の師団、独立守備隊や旅順砲兵大隊、関東憲兵。関東軍司令長官は日本の内閣陸軍大臣と大本営参謀総長指導。
極東国際軍事裁判判決は関東軍下の定義は「関東軍による『ポーツマス条約》、保護が含まれている満鉄を含めて日本の利益のために「駐満」の日本の部隊。」

関東軍数年来の作成

1941年末、関東軍配備に大量の戦闘力の強い甲種師団(番号より大きくありませんにじゅう):第いち師団、第はち師団、第きゅう、く師団、第じゅう師団、第じゅういち師団、第じゅうに師団、第じゅうよん師団、第23師団、第24師団、第25師団、第28師団、第29師団、第57師団。
1942年じゅう月、日本政府は関東軍司令部に昇格関東軍総司令部を増設両方面軍司令部と装甲軍、関東防衛軍司令部と第に航空軍司令部をピークに、関東軍の兵力。1942年末、関東軍の主力師団あまり変化を:第いち師団、第はち師団、第きゅう、く師団、第じゅう師団、第じゅういち師団、第じゅうに師団、第じゅうよん師団、第23師団、第24師団、第25師団、第28師団、第29師団、第57師団、第71師団。
1943年初めから、太平洋戦争に従って発展し、日本関東軍主力から太平洋戦場に派遣されて。1943年末、関東軍の主力師団:第いち師団、第はち師団、第きゅう、く師団、第じゅう師団、第じゅういち師団、第じゅうに師団、第じゅうよん師団、第23師団、第24師団、第25師団、第27師団、第28師団、第29師団、第57師団、第
71師団。
1945年いち月、日本軍に派遣関東軍大本営再びじゅうさん個師団へ太平洋戦場。米軍占領しよんしよ月沖縄から空襲日本本土、日本軍の兵力を集中して本土決戦、また関東軍から派遣ななしち個師団と準備の近いち/さん戦略物資回日本本土の準備(航空振るオイルに万キロリットル、普通振る髪油さん万キロリットル、弾薬じゅうさん個師団会戦シェア)も出向本土)。
1945年ご月、ドイツ降伏後、日本を守りソビエト連邦可能を攻め、再び拡充関東軍兵力は、東北の25万元日本軍人の再編成の招集、はち師団、ななしちの混成旅団、いちタンクとご兵団の砲兵連隊、臨時部署兵力の補充して。迅速補充を経て、関東軍兵力24個師団に達し、約ななじゅう万人。関東軍総人数の増加はただ1種の表面に膨らみ、武器装備不足は深刻で、甚だしきに至っては派遣傀儡軍の装備補充新編関東軍部隊、多くの新兵は老人と子供。
1945年はち月、ソ連軍の攻撃関東軍戦う時関東軍22個師団の配置:第39師団、第63師団、第79師団、107師団、108師団、112師団、117師団、第119師団、122師団、123師団、124師団、125師団、126師団、127師団、128師団、134師団、35師団、136師団、138師団、139師団、148師団、149師団。

関東軍総司令部

※括弧内通称
参謀部
第いち課
第に課
第さんの授業
第よんしよ課
経理部
軍医部
獣医学部
法務部
補給監部
情報部
特殊情報部
化学部(満州第516部隊
技術部
建設団
防疫給水部(満州第659部隊)
本部(満州第731部隊
牡丹江支部(満州第643部隊)
林口支部(満州第162部隊)
孫呉支部(満州第673部隊)
ハイラル支部(満州第543部隊)
大連支部(満州第319部隊)
軍馬防疫工場(満州第100部隊)
終戦時の所属部隊
第いち方面軍
第さん軍
ご軍第
第122師団
第134師団
第139師団
第さん方面軍
第さんじゅう軍
第44軍
第108師団
第136師団
独立しくなる第79旅団
独立しくなる第130旅団
独立しくなる第134旅団
独立戦車第いち旅団
第じゅうななじゅうしち方面軍
第よんしよ軍
第119師団
第123師団
第149師団
独立しくなる第はちじゅう旅団
独立しくなる第131旅団
独立しくなる第135旅団
独立しくなる第136旅団
大陸鉄道隊
鉄道第さん連隊
鉄道の第よんしよ連隊
第に航空軍
独立第じゅうご航空団
独立第101教育飛行団
第ご航空軍
第じゅうさん飛行師団
第いち飛行団
第に飛行団
第はち飛行団
独立第105教育飛行団
第ご航空通信団

関東軍歴代司令官

※の階級は最初に赴任した時のレベルを準
※につれて「総軍」を設立、昭和じゅうななじゅうしち年じゅう
関東軍司令部関東軍司令部
月いち日(1942年じゅう月いち日)から、司令官、参謀長と副参謀長改称総司令官は、総参謀長と総副参謀長。
歴代司令官
立花さんの小さい中将(1919年- 1921年)
河合操中将(1921年- 1922年)
尾埜実手紙中将(1922年- 1923年)
白川义则中将(1923年- 1926年)
武藤信義大将(1926年- 1927年)
村岡長太郎中将(1927年- 1929年)-皇姑屯事件
畑英太郎中将(1929年- 1930年)
菱刈隆中将(1930年- 1931年)に
本庄繁中将(1931年- 1932年)九一八事変
武藤信義大将(1932年-1933年)日本の「満州国認め」
菱刈隆大将(1933年- 1934年)の「満州帝国」の成立
南次郎大将(1934年- 1936年)
植田谦吉大将(1936年- 1939年)盧溝橋事件
梅津美治郎大将(1939年- 1944年)関東軍昇格総軍
山田さんは乙3大将(1944年- 1945年)日本の降伏に当時の総司令官は、後にソビエト連邦赤軍押までハバロフスク裁判。

関東軍歴代参謀長

浜面助少将(陆士よんしよ期:1919年よんしよ月じゅうに日~1921年さん月じゅういち日)
福原佳克哉少将(陆士5期:1921年3月11日~1923年8月6日)
川田明治少将(陆士じゅう期:1923年はち月ろく日~1925年じゅうに月2日)に
関東軍指揮官関東軍指揮官
斎藤恒少将(陆士じゅう期:1925年じゅうに月に日~1928年はち月じゅう日)
三宅光治少将(陆士じゅうさん期1928年はち月じゅう日~1932年よんしよ月じゅういち日)
橋本虎之助少将(陆士じゅうよん期1932年よんしよ月じゅういち日~1932年はち月はち日)
小磯国昭中将(陆士じゅうに期1932年はち月はち日~1934年さん月ご日)
西尾寿造中将(陆士じゅうよん期1934年さん月ご日~1936年さん月23日)
板垣徴四郎少将(陆士じゅうろく期1936年さん月23日~1937年さん月いち日)
東条英機中将(陆士じゅうななじゅうしち期1937年さん月いち日~1938年ご月さんじゅう日)
磯谷廉介中将(陆士じゅうろく期1938年ろく月じゅうはち日~1939年きゅう、く月ななしち日)
飯村穣中将(陆士21期1939年9月7日~1940年10月22日)
木村兵太郎中将(陆士にじゅう期1940年じゅう月22日~1941年よんしよ月じゅう日)
吉本貞一中将(陆士にじゅう期1941年よんしよ月じゅう日~1942年はち月いち日)
笠原幸雄中将(陆士22期1942年8月1日~1945年4月7日)
秦彦三郎中将(陆士24号:1945年よんしよ月ななしち日~終戦)

関東軍歴代副参謀長

冈村宁次少将(陆士じゅうろく期:1932年はち月はち日~1934年じゅうに月じゅう日)
板垣徴四郎少将(陆士16号:1934年12月10日~1936年3月23日)
今村均少将(陆士じゅうく期:1936年さん月23日~1937年はち月2日)に
笠原幸雄少将(陆士22期:1937年8月2日~1937年9月27日)
石原莞爾少将(陆士21期:1937年きゅう、く月27日~1938年じゅうに月ご日)
矢野音三郎少将(陆士22期:1938年12月5日~1939年9月7日)
遠藤三郎少将(陆士26期:1939年きゅう、く月ななしち日~1940年さん月きゅう、く日)
秦彦三郎少将(陆士24号:1940年3月9日~1942年5月9日)
吉岡安直少将(陆士25号:1941年ご月じゅうさん日~1941年ななしち月ななしち日)
綾部橘樹少将(陆士27号:1941年7月7日~1942年7月1日)
秦彦三郎少将(陆士24号:1941年7月23日~1942年7月1日)
池田純久少将(陆士28号:1942年ななしち月いち日~1945年ななしち月28日;社内情報や政策)
田村義富少将(陆士31期:1943年はち月に日~1945年2月25日に、担当の作戦配備)
松村お知らせ勝少将(陆士33期:1945年3月1日~終戦;作戦担当)
4手井綱が中将(陆士27号:1945年7月29日~1945年8月18日;社内情報や政策)

関東軍他人事編成

高級参謀第いち課長
※昭和6年10月5日(1931年10月5日)から、任第一課
香椎秀一(陆士6期:大正8年4月12日~大正8年6月28日)
高橋藤治(陆士9期:大正8年6月28日~大正9年4月1日)
竹の森正(陆士11期:大正9年4月1日~大正11年8月15日)には
松井七夫(陆士11期:大正11年8月15日~大正12年11月10日)
黒田は月曜日(陆士14号:大正12年11月10日~大正15年3月2日)
河本大作(陆士じゅうご期:大正じゅうご年さん月に日~昭和よんしよ年ご月じゅうよん日)
板垣徴四郎(陆士16号:昭和4年5月14日~昭和6年10月5日)
石原莞爾(陆士21期:昭和6年10月5日~昭和7年8月8日)
斎藤弥平太(陆士19号:昭和7年8月8日~昭和8年8月1日)
塚田攻(陆士じゅうく期:昭和はち年はち月いち日~昭和年じゅうさん月じゅうご日)
下村定(陆士にじゅう期:昭和年じゅうさん月じゅうご日~昭和じゅう年じゅうに月2日)に
坂西良(陆士23号:昭和じゅう年じゅうに月に日~昭和じゅうに年さん月いち日)
綾部橘樹(陆士27号:昭和12年3月1日~昭和12年10月30日)
安倍グラム巳(陆士28号:昭和12年10月30日~昭和14年3月9日)
寺田雅雄(陆士29号:昭和14年3月9日~昭和14年9月7日)
は最終回(陆士31期:昭和14年9月7日~昭和15年10月10日)
田村義富(陆士31期は、昭和15年10月10日~昭和18年8月2日)
松村お知らせ勝(陆士33期:昭和18年8月2日~終戦)
作戦主任参謀
浦澄江中佐(陆士16号:大正12年4月~大正15年3月)
取締役山久義中佐(陆士19号:大正15年8月6日~昭和3年10月10日)
石原莞爾少佐(陆士21期:昭和3年10月10日~昭和7年8月8日)
遠藤三郎少佐(陆士26期:昭和7年8月8日~昭和9年8月1日)
河辺虎四医者佐(陆士24号:昭和9年8月1日~昭和10年8月1日)
邱野一郎少佐(陆士27号:昭和10年8月1日~昭和12年10月30日)
欠员(昭和12年10月30日~昭和13年3月1日)
岡部に重く中佐(陆士31期:昭和13年3月1日~昭和14年3月9日)
服部卓四医者佐(陆士34期:昭和14年3月9日~昭和14年9月7日)
中山源夫中佐(陆士32号:昭和14年9月7日~昭和15年8月1日)
武居清が医者佐(陆士35号:昭和15年8月1日~昭和18年8月2日)
草地貞吾中佐(陆士39号:昭和18年8月2日~終戦)
情報主任参謀第に課長
※昭和16年10月5日(1941年)から、任第2課長
桜監督(陆士25号:大正14年8月7日~昭和3年8月10日)
花谷正(陆士26期:昭和3年8月10日~昭和4年8月)
新井匡夫(陆士26期:昭和4年8月~昭和6年10月5日)
板垣徴四郎(陆士じゅうろく期:昭和ろく年じゅう月ご日~昭和ななしち年はち月はち日)
喜多誠一(陆士じゅうく期:昭和ななしち年はち月はち日~昭和きゅう、く年はち月いち日)
石本寅三(陆士23号:昭和9年8月1日~昭和10年8月1日)
河辺虎四郎(陆士24号:昭和10年8月1日~昭和11年6月19日)
武藤章(陆士25号:昭和11年6月19日~昭和12年3月1日)
冨田永恭度(陆士25号:昭和12年3月1日~昭和13年3月1日)
丘道武(陆士30期:昭和13年3月1日~昭和14年4月20日)
磯村武亮(30期:昭和14年4月20日~昭和15年11月9日)
西村敏雄(陆士32号:昭和16年2月4日~昭和17年8月20日)
武田功(陆士34期:昭和17年8月20日~昭和19年10月31日)
大越兼二(陆士36号:昭和19年10月31日~昭和20年4月10日)
淺田三郎(陆士36号:昭和20年4月10日~日本の降伏すると発表した)
後方主任参謀第さん課長
※昭和16年10月5日(1941年)から、任第3課
竹下義晴(陆士23号:昭和6年10月5日~昭和7年8月8日)
原田熊吉(陆士22期:昭和ななしち年はち月はち日~昭和じゅう年はち月いち日)
永津佐比重(陆士23号:昭和10年8月1日~昭和11年3月15日)には
竹下義晴(陆士23号:昭和11年3月15日~昭和12年10月13日
磯矢伍郎(陆士29号:昭和14年4月20日~昭和15年8月1日)
靑木一枝(陆士33期は、昭和15年8月1日~昭和16年9月11日)
村嘉二郎(陆士33期:昭和16年9月11日~昭和18年8月2日)
中島義雄(陆士36号:昭和18年8月2日~昭和19年2月7日)
谷岩蔵(陆士37号:昭和20年1月12日~日本の降伏宣言)
政策主任参謀第よんしよ課長
※昭和じゅうろく年じゅう月ご日から第よんしよ課長を務める
松井長く郎(陆士22期:昭和ろく年じゅう月ご日~昭和ななしち年2月にじゅうななじゅうしち日)
坂田義郎(陆士21期:昭和7年2月17日~昭和8年8月28日)
秋山義隆(陆士24号:昭和8年8月28日~昭和9年8月1日)
欠员(昭和9年8月1日~昭和12年3月1日)
片倉衷少佐(陆士31期:昭和12年3月1日~昭和14年8月1日)
黒川邦輔中佐(陆士32号:昭和14年8月1日~昭和17年2月14日)
小尾哲三大佐(陆士34期:昭和17年2月14日~昭和19年10月14日)
元善四医者佐(陆士40号:昭和19年10月14日~昭和20年8月7日)
宫本悦雄大佐(陆士38期:昭和20年8月7日~終戦)
経理部長
佐野は輔:主計総監(昭和5年12月22日~昭和8年8月1日)
鈴木熊太郎:など主計正(昭和8年8月1日~昭和11年12月1日)
矢部潤二:主計監(昭和11年12月1日~昭和14年8月1日)
古野いい武:主計少将(昭和14年8月1日~昭和20年7月5日)
栗橋保正:主計中将(昭和20年7月5日~)
軍医部長
伊藤賢三:軍医監(昭和6年8月1日~昭和9年3月5日)
梶井貞吉:軍医監(昭和9年3月5日~昭和10年8月1日)
石黒大介:軍医監(昭和10年8月1日~昭和11年8月1日)
飛び出す淳三:軍医総監(昭和11年8月1日~昭和13年3月1日)
斎藤干城:軍医少将(昭和13年3月1日~昭和14年12月1日)
梶塚隆二:軍医少佐(昭和14年12月1日~)
法務大臣
大山文雄(昭和4年6月21日~昭和7年12月19日)
竹沢卯1(昭和7年12月19日~?)
匂坂春平(昭和13年1月20日~昭和15年3月29日)
松本倭文雄法務少将(昭和15年3月29日~昭和20年4月20日)
小幡通徳:法務少将(昭和20年4月20日~終戦)
補給監
※昭和17年10月20日(1941年10月20日)には参謀長を兼務する補給監、
補給監部参謀長
高田清楚大佐(陆士29号:昭和17年10月20日~昭和18年8月2日)
田村義富少将(陆士31期:昭和18年8月2日~昭和19年2月25日)
佐藤杰少将(陆士29号:昭和じゅうく年2月25日に~終戦)
特殊情報部長
※昭和じゅうさん年はち月いち日に設立する「特殊情報部」で、当時所属して参謀部第に授業、通称「研究部」。※昭和じゅうろく年ご月じゅうご日化特殊情報部※昭和じゅうく年ろく月さんじゅう日化特殊情報隊
大久保俊次郎大佐(陆士24号:昭和13年8月1日~昭和17年8月1日)
深い堀游亀少将(陆士28号:昭和17年8月1日~昭和18年6月10日)
小松巳三雄大佐(陆士29号:昭和18年6月10日~終戦)
築城部長(工兵部長)
創立時※と呼ばれる関東軍参謀部第におきまして
※昭和16年5月31日の適応を築城部(工兵部)
※昭和にじゅう年ご月25日化建設団
前田正実大佐(陆士25号:昭和12年7月5日~昭和13年2月1日)
川田末三郎大佐(陆士28号:昭和13年2月1日~昭和17年8月10日)
久保吉兆三少将(陆士28号:昭和17年8月10日~昭和18年6月10日)
花井京愛之助大佐(陆士32号:昭和19年7月15日~終戦)
化学部長
※昭和じゅうよん年はち月いち日元技術部の独立
勝村福治郎大佐(陆士27号:昭和14年8月1日~昭和14年11月1日)
小柳津政雄大佐(陆士28号:昭和14年11月1日~昭和15年12月2日)
宫本清一大佐(陆士29期は、昭和15年12月2日~昭和18年1月18日)
山脇正男少将(陆士28号:昭和18年1月18日~昭和19年6月20日)
秋山金正少将(陆士30期:昭和19年6月20日~昭和20年7月28日)
丹羽利男大佐(陆士34期:昭和20年7月28日~終戦)
防疫給水部長
「731部隊」※参照関東軍防疫給水部」に関するプロジェクト「軍馬防疫工場」
高島一雄:など獣医正(昭和11年8月1日~昭和15年3月9日)
並河やっと3:獣医中佐(昭和15年3月9日~昭和17年7月1日)
若松が次郎:獣医大佐(昭和17年7月1日~終戦)
大陸鉄道司令官
※最初は関東軍野戦司令官の職に鉄道
※昭和じゅうく年じゅうに月じゅうろく日改称大陸鉄道司令官
舞伝男少将(陆士19号:昭和12年8月20日~昭和14年3月9日)
牧草地の辰巳中将(陆士にじゅう期:昭和じゅうよん年さん月きゅう、く日~昭和じゅうご年じゅう月いち日)
横山鎮雄中将(陆士24号:昭和じゅうご年じゅう月いち日~昭和じゅうななじゅうしち年ろく月26日)に
木村の広報中将(陆士23号:昭和17年8月31日~昭和18年12月27日)
鎌田铨一少将(陆士29号:昭和18年12月27日~昭和19年12月16日)
牧草地の辰巳中将(陆士20期:昭和19年12月16日~終戦)

関東軍参戦歴史

中国侵略の急先鋒
1904年、日本は出兵侵入中国東北日露戦争を仕掛けた。一年多殺し合いを経て、日本が勝って。長
関東軍司令部関東軍司令部
期を狙う中国東北の土地の日本の侵略によって、言い訳満鉄の権益を保護し、専門のいわゆる「満鉄」の守備隊、また駐留満一個師団。二部は約2万人の兵力、帰属関東総督指揮。当時の日本はその制御の東北地域に設置された「関東州」だから、この部隊は別名「関東軍」。これによって、関東軍始めた盤踞東北によんじゅう年ぶりの罪悪行為。
1919年関東軍地位向上、日本を取り下げた関東都督府、設立した権限の小さい関東庁し、関東都督府陸軍省の基礎の上関東軍司令部を創立して、統帥駐留中国東北の日本軍の各部。これを受け関東軍直接日本の天皇指揮、独立性を大幅に強化。
1929年ななしち月、関東軍参謀石原莞爾が参加した板垣徴四郎組織の」「北満参謀旅行、全面的に説明した彼は企画の『関東軍占領満蒙計画」を得て、参加して。石原莞爾計画中に攻撃東北各都市などの奉天、遼河の西部、長春、ハルビン、チチハル、ハイラル、満洲裏などを詳細に計画を立てて、甚だしきに至っては入念渡河作戦まで、火砲战位、情報の偵察、心理戦、宣伝戦や有益の後方勤務補給計画。あと2年関東軍実戦訓練を重ね、石原莞爾自ら率いる指揮の両方のよんしよ回の大規模演習。1931年いち月から、毎週土曜日は関東軍参謀部作戦計画を検討して補充。言うことができて、関東軍間もなくを侵略し、十分に十分に準備。
1931年きゅう、く月じゅうはち日、日本の横暴にも発動「918”事変。寝刃を合わす機会が満鉄の関東軍から脱出する一日になって、占領瀋陽、長春、遼陽などの都市。一方、関東軍から急増兵力:1931年関東軍さんだけ個師団、1932年ろくに達し、1933—1936年をご個師団の兵力、1937年にななしち、1938年きゅう、く、1939年じゅういち、1940年じゅうにつ。1941年7~8月の間に合わせてナチス・ドイツファシズムにソビエト連邦の攻撃関東軍が組織をソビエト連邦を目指す特別大演習し、再び調集買いだめ大量部隊東北。日本の真珠灣攻撃の前に、関東軍の総兵力31個師団の数に達して、上昇85万人と、百万。
太平洋戦場の大砲の餌食
今にもドイツファシスト攻撃ソビエト連邦挫折して、日本はとても恐れて、軽率に攻撃ソビエト連邦勇気がない。今のうちに英仏などの国とアフリカヨーロッパに追われど、無力東顾之機、日本人は先に発動し太平洋戦争。関東軍すると命令を受けて南下する。
1941年じゅうに月ななしち日、日本の真珠灣を太平洋戦争。翌年ろく月、日本軍はミッドウェイ海戦で惨敗、中止された戦略攻撃、転じて守勢をとる。関東軍ももはや敢主動事件を引き起こす。1942年後半、日本「陸軍総合作戦』を専門に指示関東軍「蘇防止に戦争が起き、維持北方静謐状態」が、引き続き拡張関東軍力。
から1943年後半から、を輓回する太平洋戦場の衰勢大本営に続々と、日本から派遣関東軍兵力増援太平洋戦場を期待して、この「精锐之师」自分の失敗を救えるの運命。1945年いち月、大本営から派遣関東軍じゅうさん個師団と一本の特設の高い機械化の常備兵団に太平洋戦場。しかし、関東軍逆転できないばかりでなく太平洋戦争の負け、逆に無駄に対米作戦の大砲の餌食。よんしよ月初め、米軍攻略沖縄本島し、日本本土の空爆を開始、日本より集中兵力で本土決戦の準備のため、また関東軍から抜かななしち個師団を備蓄する関東軍いち/さんの戦略物資及び多数の者に戻る国内。
1945年ご月はち日、ドイツファシズムが無条件降伏後、ソビエト連邦の視線を向けて極東地域。中国共産党指導下の東北の各抗日武装も絶えず打撃と消滅日本軍力。関東軍再拡張力しかない、準備を。そのため、関東軍は東北の25万元日本軍人の再編成を募集し、はち個師団、ななしちの混成旅団、いちタンクとご兵団の砲兵連隊、臨時配備兵力の補充して。迅速補充関東軍兵力を経て、一挙に24個師団に達し、約ななじゅう万人。関東軍兵力の増加にただ1種の表面の膨張と戦うだけ、武器装備素養相当以前のはち時間半師団。特に日本の各戦場打ち続く惨敗し、落ち込み、関東軍昔の威風がもはや存在しない。
逃げ兵団になる
ヨーロッパ戦争終瞭後、ソ連軍から手を対処関東軍。1945年はち月はち日日本に宣戦ソビエト連邦。今、ソ連軍元帥華西レフ斯基指揮者の大軍は150万利用帳でソ連との国境を展開。きゅう、く日未明、
関東軍最後に蘇防御地帯と核心の陣地の態勢を図関東軍最後に蘇防御地帯と核心の陣地の態勢を図
ソ連軍の突然の3つの方向に同時に日本軍を開始した強い突撃行動。明け方、ソ連軍のほとんどすべての方向に国境を越え、强渡ましたアルグン川と、アムール川ウスリーそれぞれの後、贝加尔、アムール川沿岸と沿岸地域は中国に入って東北で、5000キロの正面の戦場で展開する強力な攻撃。きゅう、く日、毛沢東主席も発表された日本に対しての最後の戦い発表は、ソ連軍の攻撃に合わせて行動。
にもかかわらず関東軍早く対ソ連の作戦の準備、甚だしきに至っては一度もソ連軍との決戦の構えを引き出して、しかし、関東軍想定決戦の時は1946年、ソ連軍の実力を偵察までなかっただけでなく、ソビエト連邦さえ正式に対日宣戦のニュース、彼らも提前得なかった。ソ連軍の強さで攻勢の下で、関東軍丹念に配置の戦線はすぐに崩れ、総司令部に慌ててを放棄することを決めた「新京長春通化、固守し、偽の指令満州国皇帝溥儀随総司令部に移って通化をは通化一帯にソ連軍と決戦。この時の関東軍将兵はすでに闘誌が逃げまどう。もともと想定の大決戦が化1度の必死の追逃ゲーム。ソ連軍の各方面軍の作戦行動が順調に進展。特にクラフ欽科大将指揮の近衛戦車第六集団軍大興安嶺突撃行動に届いた奇効、一週間の時間は前突東北中部地区では、一つの奇跡を創造しました。これ一度のつまずきで立ち直しができない関東軍。
滅亡を免れない
1945年はち月じゅう日、日本の大本営命令、指示関東軍いざの情況の下で、放棄することができ退守満州、朝鮮。しかし長期日本軍「エース」を自任する関東軍自分を守るために「皇軍の花」の顔は负隅顽抗、投降したくない。しかし、この乞食の断食の姿ではない日本の士気を新たに。1945年はち月じゅうご日、日本天皇裕仁降伏を公表。驕慢な関東軍言い訳が届いていない日本軍が大本営の停戦命令を続け、抵抗。1945年はち月じゅうななじゅうしち日を除くハイラルと、虎頭东宁などの少数筑垒地域の殘りは日本軍が頑強に抵抗するほか、関東軍は完全に抵抗能力を失った。今にも負けているかも、関東軍最後の任総司令官山田さんは乙3ついにソ連軍大将に提出した停戦交渉の要請。

1945年はち月じゅうく日昼、ソ連軍のアル捷ビルマ科大佐率ご将校に、ろく兵士の構成の軍の使節団を派遣して、きゅう、く機が戦闘機を引き連れ空港に到着長春日本軍と交渉。圧力、山田乙にソ連軍の代表を象徴指揮権の軍刀を宣言し、自分と部下にソ連軍の捕虜。今回の戦の中で、関東軍損失を約67.7万人、そのうち8 . 3万人が射殺され、59.4万人でソ連軍に降伏し、わずか3 . 2万人死傷。
それだけでなく、それらの日本で関東軍もうかる高級戦犯が多くて正義の裁判。関東軍憲兵司令官を務め、参謀長の東条英機を務め、関東軍副参謀長、参謀長板垣徴四郎関東軍参謀長を務め、木村兵太郎サービスは、かつて関東軍司令部、後任ななしち方面軍司令官の第土肥の原賢の2サービスは、かつて関東軍司令部、後任の第じゅうよん方面軍参謀長の武藤章で、皆に送り込まれた絞首台。その他のいくつかの悪名高い、年貢の納め時の関東軍将あるいは懲罰を受けて、あるいは千古汚名を背負って生きる。
ハバロフスク裁判
1949年じゅうに月25~さんじゅう日、ソビエト連邦濱海軍区軍事法廷でハバロフスクハバロフスク)の開発とさせる
関東軍司令部跡地博物館関東軍司令部跡地博物館
細菌兵器で日本の戦犯前関東軍総司令山田乙三、医療部長隆二、獣医処長高橋隆篤などじゅうに人で行った公判。
1931年日本侵攻中国東北で成立した後、関東軍コードネーム“東郷部隊」の細菌実験室。1935年から1936年間の拡張を「関東軍防御給水部」と「関東軍獣疫予防部」の二つの細菌兵器の開発機構。1941年改名第七三一部隊と第一○○部隊。以後、中国の華中と華南のまたをコードネーム「波」の字は、「栄」の字が二本の細菌部隊。裁判で被告容疑者の準備のために実施して細菌戦彼らの育成、大量のペストやコレラなどの急性伝染病菌、細菌兵器を開発する。開発の過程の中で、殘忍非道で中国人、ソビエト連邦人捕虜と実験を行って、殺害されたのは3000人。そして、1939年ハルハ川地域に苏蒙軍の作戦期間、1940年、1941年に中国の寧波、常徳などを使用した細菌兵器。上記の重大な違反した1925年『罪ジュネーヴ議定書使用禁止細菌兵器についての国際条約。被告の犯罪事実によって、法廷で懲役山田乙三懲役5年、殘りのじゅういち名戦犯それぞれ懲役の判決を下さに~25年。

関東軍主な行動

柳条湖爆発9 . 18
占領瀋陽(奉天)9.19
占領宽城子9.20
吉林9.21挺兵
嫩江戦役11 . 4、ご、ろく
大興戦11.18
チチハルの戦い11.19
占領饒陽河11.27
占領です1 . 1
占領錦州1 . 3
入城は綏中1 . 5
入城はハルビン2 . 5

関東軍中国侵略獣行

4歳の小さい女と母親を毒殺軍用毒ガス
東北の反抗の鎮圧のために、関東軍東北各地に人道の矯正院さえすれば、罪も疑われて閉じこめられ矯正院。生活のための条件が悪い、労働強度、大量の中国人は庭で矯正。
早くにじゅう世紀にじゅう年代、日本国内のファッショの分子は細菌兵器を想定で中国を徴服する。関東軍はこの構想を現実の積極的な実施者。1935年、日本天皇の密命、細菌から戦争の積極的に吹聴者石井四郎司会成立にニックネーム「関東軍防疫給水部」の秘密部隊、すなわち悪名高い「第731部隊」。
石井四郎原は日本の京都帝国大学の学生で、後投效日本陸軍。やがてへ派遣されドイツファシスト研究細菌兵器、帰国後は細菌戦の積極的な宣伝者。彼にしてみれば、中国人の多くに広い、手間がかかるだけで軍よりも、微生物で製造細菌兵器は、節約、殺傷力は大きくて、戦争の信頼できる武器。彼のこれらの支持を得関東軍暴論。
731部隊の成立後、東北の開発と利用細菌兵器を使って、人体実験、大量虐殺中国人民、その手段の殘忍で、行為の野蛮人を激怒させる。
関東軍捕虜の引継ぎによると、実験のため、1種の新しい毒ガスの効果、関東軍は中国の母子関係は1の間で透明なガラスの部屋の中に。小さい女の子は4歳ぐらい、ガスが染みた瞬間、小さい女の子から急に母親の腕の中で頭を上げ、1対の丸い大きな目、週囲に眺めるように聞く、ここはどうしたの?母の絶叫が、子供の口を手で押さえるように、尽力しようとする子どもをからガスを殺害する。しかし、激しい毒ガスすぐ母娘は毒殺。母は死ぬ前の痙攣の中には、必死に子供を抱いて放さない。
目撃者の証言
毒ガス試験は、731部隊は「真空環境実験を実施しました」。これは真空に人体の抵抗を測るための限度の試験。元731部1名の隊員は摘発:「一度は、私は1つの実験室の中で見て、閉めて一つの中国靑年。彼は裸で駅の中に、排気器動き出した後、室内はしだいに真空、酸欠を彼に耐え、彼は両手で胸をつかんで、血を流した傷に沿って。彼はもがいている……じゅうろくミリビデオカメラ自動撮影した全ての情景。」「野外生身細菌実験」は731部隊の別の重要な罪悪実験。1943年夏のある日、ある秘密の実験場、731部隊の被害者に中国人を押戦車や装甲車の内、火炎放射器噴射を観察できる人を焼かないほど。1943年末、安達射的場、じゅうで並んで縛ってごとごメートルの柱に。そして距離ごじゅうメートル以外の場所の助けを借り、電流起爆1粒の開花弾を実験された人は爆傷と同時に、炭そ菌の感染。数日、これらの人は全部感染死んだ。
一世代上の東北の人覚えてる、1945年の春、関東軍569部隊の名義で、強制的に大衆さんじゅう万匹捕まえハムスター。多くの学校の学生は授業を停止せざるを得ない、涙に野外で捉えハムスター。正当な無邪気な子供たちが田野に笑いをハムスターの時、彼らを知って、これらのハムスターは日本軍を育てる殺害する彼らのペストワクチンの!