偽満州国

偽満州国(1932年さん月いち日-1945年はち月じゅうはち日)は、日本の占領中国東北の3省の後に引き立てられの傀儡傀儡政権。で。
偽満州国
1931年「9 . 18」事変後、日本帝国主義が侵攻した全体中国東北地区させ、日本の植民地に成り下がる。1932年さん月きゅう、く日、日本軍のけしかけるの下で、ラストエンペラー溥儀天津から秘密、夜逃げから東北、長春で成立した傀儡政権-偽満州国(日本語:まんしゅうた」く)。
「偽満州国」初期「共和」体制、やがては立清廃帝溥儀を「元首」を「政権」、初期の称号、年号「大同」、溥儀後「皇帝」、年号「カント」。1945年はち月、日本本土アメリカ投下した2枚原子爆弾の攻撃、ソビエト連邦紅軍襲撃した偽満州国関東軍偽満州国軍1945年、日本の敗戦;同年のはち月じゅうななじゅうしち日深夜からじゅうはち日未明、溥儀は通化臨江県(現所属白山市)大栗溝鉱山株式会社技術養成所(日語:鉱山株式会社技術養成所で、今白山臨江大栗鎮満州傀儡政権皇帝溥儀宮博物館)で開催され「引退式」、「退位の詔」を読み上げ、満州傀儡政権であったが、後には溥儀を含めた満州傀儡政権戦犯ソ連軍を捕獲し、1950年に移譲されて新しく設立された中華人民共和国政府を改造。

偽満州国国号

1932年建国「満州国」、1934年改称「大満州帝国」。その日本帝国主義は第二次世界大戦中に支援の傀儡政権だから、当時の中華民国と今の中華人民共和国や国際社会は満州傀儡政権政権は認めないと呼ばれ、故「偽満州国」や「満州傀儡政権」。

偽満州国歴史

偽満州国中国の領土

東北は古来、中華民族の領土。明の時期がここに設置した奴儿やっても司領土主権、公示する。1689年中ロとのネルチンスク条約中の「アムール川支流格爾必齐河スタノヴォイ山脈に至るまで、太平洋の嶺南学中国・清朝に属して、岭北ロシア。西ではアルグン川を境に、南にある中国、ロシア」から北属国際法東北の角度を肯定した中国に属する。辛亥革命後、特に張学良発表東北易帜後、中華民国から次第に東北の代わりに清朝発祥の既存名称――満州。中国では一般用東北や東北三省山東省遼寧、吉林と呼ばれアムール川の3つの州。後に東北三省の西部に振り替える内蒙古自治区から、内モンゴル東部(五盟市)でも東北三省地域に属する。

偽満州国大陸政策

日本の中国侵略を早く、歴史上にかつて明は豊臣秀吉政権の万暦朝鮮戦争。1894-1895年日本取得日清戦争に勝利し、割が台灣を獲得し、清政府の巨額の「戦争の賠償金」は、軍事力が急増する。1910年に日本に併合、朝鮮半島、実行する極めて陰険な「新鮮な制華」政策を進め、朝鮮人政治移民中国東北の活動。
日本は朝鮮人居住地域に設置領事館を強調し、「朝鮮人は日本臣民、日本の管轄」。1920年代以来、朝鮮移民東北醸す様々な事件、移民と中国政府と民衆を抑圧して、中国政府は移民は日本の中国侵略の手先。その内、日本拓務相公式書類があった詳細概括:いち、朝鮮人移住先多く設置され日本総領事館や警察署を保護するための朝鮮人を口実に、常に様々な事件を、中国の主権侵害。に、朝鮮人と中国人が利害問題の時、きっと領事裁判問題、中国の法律の制約を受けない。さん、一部朝鮮人製造反日事件で、日本は中国を侵略するならば、このような事件を防止するためのいくつかの朝鮮駆逐移民は、また反対に日本の干渉、歩けない。繰り返しながら植民地浸透
じゅうく世紀30年代の経済危機後、日本の軍国主義の実力が増え、日本首相田中義一で奏折衷は中国を徴服する徴服しまず満蒙、世界徴服し、まず中国を徴服する。
九一八事変前に、日本が侵攻した旅順大連、植民地勢力下に駐留して「関東軍」。

偽満州国傀儡政権成立

偽満州国軍と偽皇帝溥儀(中)偽満州国軍と偽皇帝溥儀(中)
1924年じゅういち月ご日、馮玉祥派に鹿钟麟兵隊を率いる紫禁城追い詰め、溥儀離宮、歴史の上ではこれを「逼宫事件」。溥儀に移る北府载沣居処)、その後も日本公館に逃げ込んで。溥儀逼宫後され、日本の各大手新聞も出ており同情溥儀の文章で、後を偽「満州国」などを睁開。
東北易帜後、中国では日本の統一、滅亡の中国、世界制覇する迷夢受け振動、当時関東軍作戦参謀の石原莞爾1929年に提出した武装占領中国東北部を設立して傀儡政権構想。
1931年、日本参謀本部提出した「情勢判断」では、さらに細分化した武装占領中国東北後の日本の行動計画を第一に、步建立張学良の親日政権が、形式上はそれを置く中国中央政府の主権の下;第2步建立、日本のコントロール満蒙政権は、中国からの中央政府独立して;第三歩占領満蒙を日本の領土に組み入れる。しかし九一八事変勃発後の翌日、関東軍参謀板垣、石原などの準備を直接実施第3歩、当時の日本参謀本部派に関東軍上司の制止建川美次直接には同意しない実施第3歩案が、彼の行動には関東軍加えない約束。
1931年じゅう月ろく日、閣議決定日本「満蒙新政権を創立して、日本人は一切関知しない」。ここに日本政府や軍、中央と関東軍の分岐は新政権を樹立するかどうかかではなく、「なんとかを促進」新政権を樹立する。当時日本政府や軍、中央はまだありませんワシントンシステム計画にもかかわらず、彼らと同じ関東軍拡大したい日本は中国東北の権利が、彼らはまた欧米列強の協調と考えざるを得ない。若槻礼次郎首相が反対日本軍人が直接参与して新政権を樹立するためには、彼が心配これに日本を非難する欧米列強を殘して語り草。
1931年きゅう、く月じゅうはち日、中国東北地区日本の駐留--関東軍満鉄柳条湖事件を口実に爆発段製造され、中国軍の攻撃を襲った瀋陽の中国軍のキャンプ北兵営に駐屯して、発動した九一八事変東北軍主力1930年で入国参加中原大戦が、後方に空虚を張学良「不抵抗」を名目に東北の命令。その後の2ヶ月で、日本軍に占領されてしまった遼寧、吉林、アムール川三省し、各省が成立した地方性の親日政権―遼寧の臧式毅、吉林の熙洽、アムール川の马占山
1931年末で九一八事変が引責辞任した元日本陸軍大臣南次郎中国の東北地方へ、日本と関東軍司令本庄繁と関東軍特務機税関長土肥の原賢の2会談し、検討事変の進展。経過と吉林省代理長官熙洽の秘密会談を迎え、溥儀を確立したから東北に設立され、复国案。马占山かつて張学良の意思で日本軍に抵抗、やがて投降を装う、また蜂起スピン。
日本政府や軍、中央反対関東軍の計画が、関東軍もマイペースで、実現のための「解決満蒙問題の根本的な方策」の目標を確立し、関東軍一方に準備ができてのんこうチチハル北上、一方極企画面積溥儀逃亡する。陸軍大臣が「満蒙問題解決の根本的な方策」についての傀儡政権と「中国本土の離脱」と疑問に関東軍が強硬に表示:関東軍つか承服「満州政権離脱と中国本土」。自分の意見を解明したい、また報告関東軍『満蒙自由国の建立計画大綱」を提出し、同大綱:決して満足だけ親日政権を創立して、「満洲国にしなければならない」。もしだけならば親日政権として確立し、それにできない帝国行事の意図。もともと、「満蒙私としては領土の一つ部は、長い対策」、「歴史的な繋がりがにかんがみ、今焦って実行する可能性がされて国際間の物議をかもして、恐非方が賢明」。
1931年きゅう、く月にじゅう日建て、川を訪ね関東軍司令本庄繁时と提案するが発足した溥儀を首脳の、日本の政権は支持。きゅう、く月22日、関東軍参謀部提出の成立土肥元日本を「盟主」の満蒙五族共和国案の基礎の上に、形成された『満蒙問題解決案」、この案を規定:日本で支持の宣統帝を統轄する首脳の東北四省とモンゴルの新政権が、新政権の委託を受け、日本外交国防とし、管理の主要交通、通信設備;起用熙洽张海鹏汤玉麟于芷山张景惠させ、それぞれ担当吉林、洮南東の道、ハルビンなどに鎮守させる。この案によって、日本関東軍は板垣参謀を中心に、各地の特務機関と一部の利用大陸の浪人いわゆる、展開した謀略性の企画。を確保するための計画が順調に実施され、日本関東軍同日午後には日本軍司令官駐在通知天津、早く宣統帝を求めて「保護。
関東軍占領錦州以降、パッチワーク傀儡政権とのタイミングをさらに成熟し、日本政府や軍、中央のサポートを派遣することを決め、関東軍板垣回東京交渉。当時の板垣携往東京の方案、すでにかなり具体的、彼らを確立したいのが「満蒙中央政権」を実行する中央集権制そして脱中国本土、ひとつになっ名は体を表すの「独立」国、彼らを借りて現地売国奴、各級の官吏に当てる;彼らの準備のため、偽造「世論」世界世論を隠す、日本製政権の陰謀。彼らは政権を急いでなければならない国連調査団前に設立来満。彼らは明らかで、これらのことは「日本から直接行って、これは「何」9か国条約は、国連合約は許されないことだが、もし中国人自身の内部を分離し、これは上述の条約の精神はずれ」。
実は、板垣上京前、日本陸軍省参謀本部もすでに成立した「時局処理要綱」が、その基本的な精神と完全に一緻して関東軍。日本軍の中央と関東軍代表打ち合わせの後、直ちにそれを提案と外務省協議、そこで、日本政府と軍部は促進傀儡政権は発足を定め、『満蒙問題処理方針要綱。同「綱要」にかんがみて明確に提出し、「満蒙は中国本土からの独立を形成し、統制支配きっと地域の政権の現状、今後は誘導それを1つの国家の本質」。「現在満蒙の治安は主に帝国維持」「満蒙として帝国の対中対露国防の第一線で、決して許されない外部擾乱。上記目的を確保するための増加を実現し、適切に帝国駐满陆军の兵力、必要がある場合もある海軍の施設を増設」。「新国を相手に、回復や拡張私は満蒙権益」。「できるだけ速執行帝国満蒙の政策は、相応の統制機関の設置」。「努力実行上述施策には、なるべく避けと国際法ひいては国際条約抵触」、「尽くすべき措置を取る可能性は新しい国で自主的に要求の形式について」。
日本関東軍一方制定を傀儡政権の案を物色する各種極側の面積の傀儡の売国奴。日本関東軍売国奴の手を借りて傀儡政権は国際世論をだまして、逃げても国際義務を負う「は华制華軽減」、中国人民の反逆感情。もちろんまだ利用売国奴をカバーできる自分の人力、物資の不足、分化と旧関東政権崩壊の抵抗勢力。
九一八事変後関東軍利用売国奴を傀儡機構、最初は1931年きゅう、く月25日に発足した「遼寧省地方維持会」。同委員長袁金凯奉係文治派の代表が、初めて直奉戦争された後、直隷派政府奉天省長に任命され、張作霖嫌忌、事変発生時には引退状態。同会の副委員長阚朝璽もともと熱河東統兼第三師さん、後と郭松龄癒着れ、張作霖嫌忌で退官。関東軍パッチワークの各級の傀儡機構の共通の特徴、すなわち傀儡機構も等級の高低、忘れられない日本人の顧問を搭載し、「遼寧省地方の維持会」も、「採用」の満鉄地方部の衛生課長、満洲靑年連合理事長金井章度最高顧問に当てる。日本軍占領下の奉天、最高顧問犬が西向きや尾は東地維持会の主宰者。維持名義で維持地方秩序、実際に充てた日本パッチワーク傀儡政権のツール。
網羅失意役人、パッチワーク傀儡機構は関東軍傀儡政権を小さな一歩、抱き込み地方実力派軍閥が関東軍パッチワーク傀儡政権の鍵、そのため日本関東軍及び各種特務機関、硬軟取り混ぜ、脅威に迷うとし、強制的に于芷山、张海鹏、张景惠、熙洽、臧式毅、马占山などを頼って日本軍。
十月事件後改造の日本政府と軍部は、関東軍中国東北の行動や計画公開支持。これまでの「不拡大方針」としても純粋のスローガンは、もすでに歴史の過去。関東軍いっそう加速した製造傀儡政権の歩み。土肥元利用天津事変を企画した廃帝溥儀の"エスケープ」。日本参謀本部承認は、これまで担当関東軍政治の策略の司令部第三課に昇格して「統治部」と同部幕僚部が並立し、直属の関東軍司令官の指導。同部に位置する行政、財務、産業、交通、交渉など5つの授業、計70名部员。これらの部员の大多数の文民からは、そのほとんどが満鉄や関東庁。その後の様子からも分かるように見ていると、統制部だけではなく関東軍促進のための満州傀儡政権の機関として、しかも満州傀儡政権発足前政権の「影」。高め統制部の仕事に力を入れ、1932年いち月きゅう、く日、統制部また変更特務部。
1931年じゅういち月はち日元、土肥製造した「天津事件」は、溥儀から天津日租界の住所の秘密を、経大沽口、営口、旅順後に撫順。
1932年2月にご日、日本軍は攻略ハルビン、北満情勢が安定関東軍司令部の連続で開催「建国幕僚会議」が開催予定指示売国奴「建国会議」。
1932年2月にじゅうろく日、東北の各省のリーダー张景惠熙洽马占山、臧式毅、谢介石于冲漢赵欣伯袁金铠らは瀋陽大和ホテル開催「東北政務会議」は、会議は関東軍司令本庄繁司会を迎え、決定溥儀を偽「偽満州国」を分配した与党、みんなで政権での職務。 その板垣徴四郎任奉天特務機税関長、満州国軍政部最高顧問。2月にじゅうはち日、「東北行政委員会」の発表独立宣言を発表し、「本日から満蒙地区と中国中央政府関係によって離れて、満蒙住民の自由選択と呼びかけ、満蒙地区から実行完全独立し完全独立自主の政府。」2月23日に、板垣撫順で溥儀と会い、溥儀氏「与党満州国告知」。神州が重登帝位の溥儀にもかかわらず「政権」の手配を受け入れるしかないことには、失望が。29日、「全满建国促進運動大会」は決議して、代表を選ぶ「手厚く招く溥儀政権」に就任。2月には、日本軍にある熱河侵攻を開始 。国連決議満州傀儡政権を認めない 。
偽満州国皇居偽満州国皇居

1932年さん月いち日、日本で画策下満州傀儡政権「建国」させ、溥儀を偽満州国建ての与党「年号」を「大同」。
1934年に改「国号」を偽「満州帝国」に改称、与党「皇帝」に改める年号」を「カント」。
1932年さん月いち日、偽満州国発表し。中国きっぱり否認する満州傀儡政権「独立」を日本に強く抗議し。
1932年さん月はち日、溥儀は「新京」正式発表就任偽「満州国政権」を任命した、同時に各「府”、“院」、「省」の担当閣僚、偽「満州国」を発表し、正式に発足し。きゅう、く日、溥儀就任式が行われました。じゅう日、日本と締結した密約。
1932年じゅうさん月日、日本の駐満州傀儡政権特命全権大使武藤信義と偽満州国国務総理郑孝胥長春で調印《日満協定書。日本政府が発表したことを認め、「満州国」の声明は、「満州国認め」。
1932年じゅう月、国際連盟大会発表《リットン調査団報告書。
1933年2月24日に、国際連盟大会を報告書に、指名:東北主権は中華民国;日本の違反国際連盟の盟約を占めて中国領土を独立させる、「九一八事変」で日本軍の行動は自衛;「満州国」は、日本の参謀本部指導組織の、その存在は日本軍の存在は、「満州国」による民族自決運動。そのため、日本では同日、引退した国連。
1934年、「満州国」という名前の「満州帝国」。

偽満州国満州傀儡政権傀儡の本質

日本関東軍ずっと中国を分裂するし、東北を親日本の傀儡政権。最初に、日本に希望を託し東北軍閥コントロール張作霖見つけにくいから、張馴服を暗殺(参照皇姑屯事件);後は声優を制御しようと関東の父張学良また、失敗に終わってしまい(参照東北易帜)。九一八事変後、日本は完全に中国東北を占領。1931年末で九一八事変が引責辞任した元日本陸軍大臣南次郎東北へと関東軍司令官本庄繁と関東軍特務機税関長土肥の原賢の2検討事変の進展。1932年いち月28日、日本に戻った南次郎に日本の天皇として『「満州」の近況報告」の提案を創立して、中国東北「新しい国」。報告書では、南次郎によると、そうな日本が今後の攻撃ソビエト連邦「北へ発展し、日本制御によりこの「新国家」の経済を獲得することができ、日本を永久の自給自足の資源、中国東北部に通じて日本人移民に少ないのは問題解決。
九一八事変発生後、ずっと盼望復古清朝の為貴族とチャンス到来。清朝の皇室、時は吉林省軍参謀長の熙洽吉林省長官うちに走って母を亡くしない城のマシン、吉林城門を開け、に日本の降伏。満州族人熙洽日本侵華以来初めての降伏日本の中国の官吏。熙洽密信清逊帝溥儀、どうぞ「皇帝」(溥儀)に祖先の発祥の地、復古清は犬猿の仲で、国民を救う」、「友邦」(日本)の支持のもとで、先に拠有東北、図関内。もう・吉林省代理長官の熙洽をはじめとする前に満州貴族が日本側に示して迎える溥儀から東北、設立君主制の国。日本関東軍側もすでに認定溥儀は適当な傀儡の人選。戦後、日本側の選択と城野宏溥儀の原因を:
まず、溥儀「同中国本部の国民党は何の連絡もない」、
次に、「東北やモンゴル地区の古い層には伝統的な憧れを抱いて清」、
第三、「一般的な農民……は愛新覚羅家の実行の王道は政治より歓迎」。
偽「満州国政権」に就任式偽「満州国政権」に就任式
1932年さん月いち日、満州傀儡政権発布《「建国宣言」』、偽「満州国」を設立すると発表した。「首都」は長春(改名為「新京」)、中華民国政府は日本に対し発動東北独立をして偽満州国厳重な抗議をする。ろく日、溥儀旅順から出発して、きゅう、く日発表した偽長春で就任「満州国政権」、「年号」を「大同」。任命同時に各「府”、“院」、「省」担当閣僚、偽満州国正式設立。
1932年きゅう、く月じゅうご日、関東軍司令官兼駐偽満州国特命全権大使武藤信義と偽満州国国務総理郑孝胥勤民殿で署名『日満議定書』。『日いっぱい議定書》は規定の日本公式承認偽「満州国”し、偽満州国駐屯軍を担う偽満州国の「国防」。添付規定は日本管理偽満州国の鉄道、港灣、航路、航空線など。また、約束は日本軍に必要な各種の物資、設備は偽満州国担当、日本権鉱山開発して、日本人は权充任偽満州国官吏と、日本の権に偽満州国移民(ホントは植民地開拓団)など。
1934年さん月いち日、溥儀は長春で南郊杏花村で“の即位式ではなく、「満州国」を「帝国」、「と」、「溥儀変更年号」を「カント」。

偽満州国満州傀儡政権であっ

1943年じゅうに月いち日に発表した「カイロ宣言』では、規定中米英「三国の趣旨は、剥奪日本は1914年に第一次世界大戦の開始から太平洋に獲得したのや占領のすべて島は日本が窃取;させ、中国の領土、例えば満州、台灣、澎湖諸島など、返還中華民国。日本も追い出されその暴力や貪欲にすべての土地利用」。ソビエト連邦として対日宣戦の条件を、1945年2月にはち日ヤルタ会談ルーズベルトスターリン会談では、確定したとして、大連国際化自由港ソビエト連邦に渡し、かつ使用ソビエト連邦中東鉄道。
1945年はち月はち日、日本ソビエト連邦照会、その翌日は日本に対して宣戦。その後ソビエト連邦紅軍に攻め入っ中国東北、高度の機械化の絶対的な優位を関東軍と偽満州国軍。じゅういち日、溥儀や満州傀儡政権群醜いから列車に乗っても。じゅうさん日朝に通化市臨江県大きな栗駅。じゅうご日、日本の天皇裕仁無条件降伏宣言。じゅうななじゅうしち日吉岡安直の手配の下で、溥儀を読み上げる「満州国皇帝」「退位の詔」を発表し満州国政府、偽偽満州国解散であっ。じゅうはち日、関東軍司令官山田さんは乙3命令は中国東北地方や朝鮮北緯38度線以北の日本軍(原属朝鮮軍、1945年改隷関東軍、38度線以南の朝鮮军改隷国内軍)武装を解除して、戦いをやめて。じゅうく日、溥儀から小さい飛行機に乗ってら通化瀋陽準備転飛んで日本、飛行機で奉天空港に着陸後、溥儀らされてソビエト連邦紅軍の捕虜、政権を徹底的に満州傀儡政権であっ。

偽満州国戦犯を満州傀儡政権

1945年はち月にじゅう日、ソ連軍の占領長春、瀋陽、ハルビン、佳木斯などの都市で、22日、ソ連軍の占領旅順、大連。31日、蒋介石重慶で設立すると発表した国民政府の軍事委員会委员長東北出徴時の軍営任命熊式辉を出徴時の軍営主任、レシーブ東北、同時に改元東北3省を東北9省二市。
1945年はち月じゅうご日日本の敗戦、満州傀儡政権戦犯グループのソビエト連邦紅軍の捕虜を護送するまでチタハバロフスク。満州傀儡政権国務総理张景惠の息子、中共地下党員张梦实らは紹介して、はち月はち日ソビエト連邦対日宣戦した後、日本関東軍ははち月じゅういち日夜そっと溥儀や満州傀儡政権移行大臣たちは吉林省通化市の大きい栗の溝は、负隅顽抗する。はち月じゅうご日日本の無条件降伏、日本関東軍溥儀を読み上げてもらうしかない「退位の詔」企画空輸溥儀など日本へ京都で待機再起。しかし、彼らが乗った小型機剛に瀋陽北陵空港、すなわちソ連軍の1本の空挺部隊に絆され、すぐさまチタに運ばれ。
日本人は手配溥儀京都行きながら、決まった満州傀儡政権総理大臣张景惠、総務庁長官武部六蔵長春に戻る処理の。张景惠長春で臨時を組織した「維持会」、きゅう、く初めの一日、ソ連軍に逮捕されたことで、この長春の満州傀儡政権大臣らは、チタに出荷しています。そもそも日本関東軍司令官山田さんは乙3、参謀長秦彦三郎などと溥儀一行は、そこで先行収監、ほどなく転質ハバロフスク。
1950年ろく月、ソビエト連邦大使罗申通知我が国政府関係部門、準備移譲日いっぱいで捕虜。ソ中、双方で約束アムール川省綏芬河駅を引継ぎ。ななしち月じゅうはち日、はち月いち日、2回の捕虜(満州傀儡政権戦犯)分に綏芬河駅。
1956年いち月、最高人民検察院党週恩来総理の指示によって、満州傀儡政権戦犯の処理は再研究し、中央の報告の中で、「中央に基づいて処理戦犯批示精神、これらの戦犯の処理、犯行を提案に応じ、老弱、病気がちで、や年齢歳以上でろくじゅうなどの場合、以下の処理し準それぞれ:第一に、準の起訴裁判の、計画が満州傀儡政権皇帝、総理大臣、知事は、市長や、将軍とは職が深刻な売国奴が度を、共42名として、事件処理は、最高人民検察院起訴、裁判日本の戦犯の特別軍事法廷で裁判。第二に、準予算については寛大に釈放の共有じゅうななじゅうしち名を含む、満州傀儡政権皇帝内廷侍従、医者、事務員と日本大使館の秘書、領事、翻訳、従業員、およびその他の事務と技術者など。」
1956年じゅういち月、最高人民検察院の党に中央の報告の中で、「に拘禁中のろくじゅう名満州傀儡政権の戦犯準待のタイミングに起訴準交裁判のじゅうななじゅうしち名;寛大な処置をする、起訴猶予の26人、準起訴釈放は、じゅうななじゅうしち名」の処理意見。

偽満州国特赦満州傀儡政権戦犯

1957年初頭に、第1陣の満州傀儡政権戦犯釈放される。いち月24日、最高人民検察院決定、溥儀の随侍李国雄などじゅうさん人の犯人は釈放;2月25日に「溥儀の所」黄子正釈放され、よんしよ月27日、溥儀の三妹婿郭布罗・潤麒夫婦は、5万家熙などよんしよ人釈放。その後2年余りの間に、待审42人戦犯裁判でもない満州傀儡政権は釈放。
1959年はち月、毛沢東の手紙劉少奇と思って、「今年の建国記念日じゅう週年の記念に、が赦免ロット(では“恩赦」ではなくて、昔はいわゆる「曲です。」、すなわち局部の赦免)確かに悪を改め善に従うの戦犯及び一般は服役刑事犯罪者。」
きゅう、く月じゅうななじゅうしち日、全国人民代表大会常務委員会の第きゅう、く回会議を「特赦確かに悪を改め善に従うの犯罪者の決定。同日、国家主席劉少奇発布《中華人民共和国主席ッター赦令』。全てに拘禁中の戦犯は、毎年特赦ロットの中央に予定していたが、1966年「文革」、特赦仕事は中止され、1975年までさん月が全て拘禁中の国内戦犯特赦済み。前後特赦ましたななしち陣。

偽満州国境域

偽満州国範囲

偽満州国“領土”の範囲には、現在中国の遼寧、吉林とアムール川三省全土を含まない占有されて「日本植民者の「関東州」(旅大)」、内モンゴル東部や河北省承徳市秦皇島市(川省)。1932年に『日満議定書』、関東州の主権、偽「満州国」、偽「満州国」を認め清旅順、大連あたりの関東州での日本の条約から、続けて日本関東州から直接管轄に属しないで、偽「満州国行政区画」。

偽満州国区画

偽満州国「国土」偽満州国「国土」
偽「満州国」は、1934年漕ぎをじゅうよんの省、市、いちに特別特別区:
安東省、「奉天省」、錦州省、吉林省、川省間島省黒河省三江省竜江省浜江省東フンイエン省西フンイエン省南フンイエン省北フンイエン省新京特別市ハルビン特別市北満特別区
1939年に変更じゅうくの省、いち特別市:
安東省、奉天省、錦州省、吉林省、川省、間島省、黒河省、三江省、アムール川省、浜江省、フンイエン東省、フンイエン省、南西フンイエン省、フンイエン北省、牡丹江省通化省同省ハルピン省四平省特に、新京市。

偽満州国政治

偽満州国体制

偽「満州国」名義での「国家元首」を溥儀。1932年さん月はち日、溥儀就任偽「与党満州国」「年号を大同」「。1934年さん月いち日、溥儀は「新京」南郊杏花村「の即位式」が行われ、改偽「満州国」を偽「大満州帝国」。溥儀は「皇帝」、「年号」を「カント」。
偽「満州国」の行政機関は偽「国務院」、その首長を「総理」。偽「国務院」「外交部に位置する」、「民政部」、「財政部」、「司法部」、「実業部」、「交通部」、「文教部」、「軍政部」。「財政部」に改名して後に「経済部」、「軍政部」に改名して後に「軍事部」、「実業部」後分割に「兴农部」と「勤労部」を設立しました、また「厚生省」などの部門。各「部長官は「部長」」が、実権を日本人によって担当の各「部」次官手。日本人が担当した「総務庁長官は、実際に国務院」「総理」。「総務長官」は驹井德三後継者を務め、星野直樹武部六蔵。各「部」の日本係次官は毎週火曜日は会合を開き、検討した「国家」の政策といろいろな具体的な事務と呼ばれ、「火曜会」。
偽「満州国」の立法機関「立裁判所」で、初代「立法院長」を赵欣伯。実際の立法権を手に関東軍。偽満州国ない成文憲法のではなく、各専門の法律の代わりに憲法。諮問機関「参議府」、その首長「議長」。初代「議長を務め、臧式毅。偽満州国の最高の司法機関は、「最高裁判所」。初代「最高裁判官」は林棨。「最高検察庁」を李盘。宮廷機関は「宮内庁長官は、偽熙洽。
「9?18」事変後、張学良「不抵抗」政策を堅持し、東北部の前军大「戦わずしてから撤退命令を受けて」山海関南、間に合わない撤退の前に再び東北軍二分:一部が民族の気骨者が等しく敵愾心を燃やしている、奮起抗日、有名な東北義勇軍の重要な構成部分で、一部は民族のくずを降伏、敵を味方と見なすので、日本侵略者の手先と用心棒。これらの民族の恥になるその率部隊満州傀儡政権軍の中堅後。また、彼らは悪人を呼び寄せる、収集していくつかの匪賊武装や社会、チンピラ充実まで満州傀儡政権軍のチームでは、日本軍の要人を組み合わせた満州傀儡政権軍政部最高顧問に操られ、関東軍の直接の制御下では、日本帝国主義の属国と共犯者。

偽満州国国務院

偽「満州国国務院」(日文:まんしゅうた」くんいくむじんとこ.)、偽満州国の行政機関も、偽「満州国」の政治の最高機関。偽「国務院」体制には偽「国家元首」溥儀の直属の組織だが、実は偽「国務院」は日本関東軍主導、多くの日本人は偽「国務院」を担当する各要職。

偽満州国政府機関

「国家元首」:」「皇帝(帝制出発前政権)を移す
「皇帝直隷機関」:宫内府-尚書府-参議府-侍従武官で-軍事論議と合意が欠かせ院-祭り府
「院」:国務院-裁判所-立法院-監査院
「軍」:禁衛隊-江防艦隊-飛行隊-フンイエン軍-間島特設隊
「警察」:海上警察隊-保安局
他の“機関”:総務庁
外郭団体:協和会
1932年
1932年偽満州国設立時、偽「国務院「偽「国務総理」をはじめ、以下の各部長官は組織と呼ばれる総長。偽満州国登場する時の偽「国務院」の第1期の内閣は次の通り:
「国務総理」:郑孝胥(福建ミン候人)
「民政部」「総長」:臧式毅(日本東京武学校奮い立つ卒業生)「次長」:健康を保つ(満州)
「文教部」「総長」:郑孝胥(福建ビン侯人)「次長」:许汝棻(満州)
「外務省」「総長」:谢介石(台灣人)「次長」:大橋忠1(日本人)
「軍政部」「総長」:马占山(漢族)「次長」:王休んで(漢族)
「司法部」「総長」:冯涵清(遼寧蓋平人)「次長」:古田正武(日本人)
「財政部」「総長」:熙洽(満州)「次長」:孙其昌(奉天遼陽人)
「実業部」「総長」:张燕卿张之洞の子)「次長」:高橋康顺(日本人)
「交通部」「総長」:丁鉴修(遼寧盖县人)「次長」:平井出貞3(日本人)
しかし「大同元年」の各部組織「長官”がダミーの臨時組織、実権は日本人を握る。やがて马占山など長官抗日の旗を東北抗日力になる。1934年、偽「満州国」を改めて偽「満州帝国」、大部分の役人、日本人と中国人が担当。
1934年(」カント「元年)
1934年に即位皇帝溥儀」「、各役職名を少し変更し。
国務総理」「→「国務総理大臣」
「総長」→「大臣」
1945年
1945年日本の無条件降伏、偽満州国滅亡。偽満州国(終戦)時の「国務院内閣」は次の通り:
「国務総理大臣」:张景惠(遼寧台安人)
「厚生省」大臣:金名世(満州)次長:関屋悌蔵(関屋悌一蔵、日本人)
「国民の勤勉部」大臣:于镜涛(吉林省長春市次長:半田敏治(日本人)
「文教部」「大臣」:卢元善(遼寧金州人)「次長」:前橋茂(日本人)
「外務省」「大臣」:また振铎鉄嶺「次長」:下村手紙貞(日本人)
「軍事部」「大臣」:邢士廉(満州)「次長」:本当に井鶴吉(日本人)
「司法部」「大臣」:阎传絨(満州)「次長」:辻朔郎(辻か是還郎、日本人)
「経済部」「大臣」:于静远(遼寧省遼陽人)「次長」:靑木実(靑木実、日本人)
「兴农部」「大臣」:黄富俊(遼寧省瀋陽人)「次長」:島崎庸1(日本人)
「交通部」「大臣」:谷次亭(満州)「次長」:田仓八朗(日本人)

偽満州国「帝位を継承

「帝位」について継承、1937年の『極秘会見録』に記載されて、1部は溥儀と日本関東軍司令に署名し、衝撃の秘密の「覚書」。覚書を確認し、もし溥儀が男の子を経て、日本関東軍司令合意後、偽の「満州国皇位継承者を」は日本の天皇に選定、溥儀はして、「国」の内外に宣伝する。

偽満州国日本の侵略

東北を達成となる日本人の国土を侵略目標として、日本で開発の名の展開「国策移民活動計画」、にじゅう年以内に日本から東北に移民ひゃく万戸、500万人の日本人、また約200万朝鮮人として日本政治移民に移転されて東北地方。1936年よんしよ月、日本関東軍長春で会議を開催「移民」、「満州」「農業移民百万戸移住計画案。1944年きゅう、く月時点で、東北各地の日本移民(を含む開拓団民共いち、662、234人。1945年後、ほとんど日本移民送還される。葫芦島の邦人大送還。しかしまた日本人孤児の問題。
“918”事件後、日本に対してファシズム侵略は、中国各民族人民、各階層の不屈の闘争を行いました。日本のファッショの軍隊と警察は憲法を特等弾圧機構は、殘酷な手段弾圧抗日運動に中国人民は過ちを犯した血の負債。関東憲兵隊除配合関東軍大規模な軍事封じ込めを行うほか、普段指揮他の弾圧機構、実行白色テロの主導力。
支那派遣軍大虐殺暴行
731部隊516部隊平頂山虐殺事件土龍山暴動老黒の溝の惨事阜新万人坑北票万人坑樺川県西宝屯大惨事。

偽満州国軍事

主词条:偽満州国軍
満州傀儡政権の「軍事力」は、偽「満州国軍」、「後方警備」、「治安維持」の三つの部分から構成して、日本関東軍制御、始めは作戦力が弱く、主要軍事任務は関東軍実行し、その後関東軍主力に南下し、兵力不足に加え、東北抗日武装弾圧に削られ、偽「満州国軍事力」がもっと独立軍事任務を引き受け。このうちの多くは日本から朝鮮半島招集の朝鮮籍の日本兵
偽満州国「江上军」偽満州国「江上军」

東北全土に11の軍管理区に分け、区と司令長官。満州傀儡政権軍事権力を日本関東軍に制御し、軍の異動、演習、装備の交換、人事異動が関東軍司令部の承認を経て。偽満州国階級分け、学校は、尉三など9級。満州傀儡政権軍は士官学校卒業後初任少尉、いっぱいに年進中尉、中尉満に年進大尉、大尉満さん年進少佐。少佐満さん年進中佐、中佐満さん年進大佐。大佐よんしよ年進少将少将さん年進中将、中将よんしよ年進で。最高の階級を大将は、一生の職。上の上にまた設立将軍は、日本の元帥をまねて、栄誉階級。张景惠、张海鹏于芷山吉兴四人の獲得将軍階級。
1937年(「カント」の4年)、偽「満州国軍飛行隊」の成立。太平洋戦争後期、すなわち1944年よんしよ月以降、日本に属する「第二航指揮空軍」に参加し、太平洋戦争。装備機種「七式戦闘機」、「一式戦闘機」、「二式単戦機」など。空軍の輸送機を含む兵力最多を含む約110機。

偽満州国経済

偽満州国資源

中国東北地域の天然資源が非常に豊富な。1936年に「偽満州国国務院」の資源調査報告、石炭の埋蔵量約さんじゅうトン、鉄の埋蔵量は約よんじゅう億トン。その他の鉱物が黄金、マグネサイトボーキサイト油頁岩、ダイヤモンドなど。林業、漁業資源も豊富で。

偽満州国工業

中国東北地方の工業基礎で張作霖時期の建設でもう十分発達し、日本に侵略戦争が全力で軍事工業発展。鋼鉄の集中する鞍山本渓。化学工業は主に遼陽。石炭工業集中撫順、本渓、阜新。油頁岩と合成燃料工業集中撫順でと吉林。菱镁鉱山に集中して広島なぎさ大石桥。水力発電に集中して吉林と鴨緑江。機械、武器や飛行機工業の中心を奉天(今瀋陽)、繊維や食品などの軽工業が集中して、大連、丹東、ハルビン、チチハルなどの都市。
偽満州国既存の工業部門を支配する南満州鉄道株式会社(以下、満鉄)。偽満州国成立後、その他日本の財閥資金の流入に偽満州国。1937年後、偽満州国に工業部門経済統制政策推進を、「業1社」の原則に基づいて、各業界の独占的な会社設立。この原則によって、満鉄を自分の工業部門を経て、再び組み合わせを構成して、膨大なコンツェルンーー「満州の重工業開発株式会社(満業)」と、独占した偽満州国内のすべての鉄鋼、石炭、化学や電力産業。また、発足した「満州は電車(電話電報)会社」、「満州機械製造会社」、「満州鉱山会社」、「満州航空会社」、「満州人造石油会社」、「満州繊維会社」、「満州毛織会社」、「満州化学工業株式会社」、「満州林業会社」、「満州採金会社」、「満州畜産会社」、「満州水産会社」、「満州たばこ会社」、「満州農産公社」、「満州開拓公社」など40家特殊会社。これらの会社は日本の投資家や偽満州国共同出資、利益に双方の株式の比率に分けて、損失時満州国政府は日本の投資を10パーセントの利益を確保する。
東北に拡大をその侵略戦争と発動太平洋戦争基地は、日本の東北の経済と資源を実行した厳しい統制と狂気の略奪。制御略奪の焦点は、石炭、鉄、石油などの鉱物の資源と基礎工業。日本帝国主義の狂気を略奪と厳しい統制下で、東北の経済の迅速に植民地化、東北人民の生活も水火の苦しみに陥る。日本は東北実行の厳しい経済統制政策や、大規模な植民地主義経済略奪させ、東北の工鉱業奇形の発展、民族工鉱業疲弊し、農村部の経済が破綻し、東北の経済の迅速に植民地化。日本のために最大限に保証植民地主義の物資の略奪を最大限に圧縮しなければならない、東北人民の消費水準は、1935年以降、日本は相前後して重要な戦略物資と人民生活必需品、実行する全面の配給統制。この配置は統制政策の下で、東北人民の生活に陥った極端な貧困と痛みの中で。

偽満州国農業

1936年によって満州傀儡政権が国務院の資源調査報告書は、満州傀儡政権は耕地面積が4000万頃(よんじゅう億ムーの耕地、その頃は2500万。森林面積はいち億7000万頃。年産大豆250万トン、小麦200万トン、稲ななじゅう万トン、アワひゃく万トン、コウリャン800万トン、トウモロコシで500万トン、雑穀豆類(大豆を除く)ろくじゅう万トン、綿さんじゅう万トン、たばこじゅうろく万トン。家畜の飼育を含む馬400万匹、300万頭の牛、羊の3000万頭、豚4000万頭。
満州傀儡政権年食糧主産食で約2000万トンぐらいで、そのうち農民通年の必要の食用食糧約750万トン、种籽食糧400万トンで、同時に必要も負担日本、北朝鮮移民のえさ。また、関東軍の要求によって、偽満州国は毎年日本に提供するひゃく万トン以上の食糧、毎年はち月中旬から食糧を徴発する仕事、じゅういち末で終瞭、農民に大きな負担をもたらした。
日本開拓団植民地は農業税納める必要がない、また毎月受給レーション。

偽満州国交通運輸

満州傀儡政権内の鉄道線が密集している。最も主要な干線を満鉄(長春から大連)。1936年、偽満州国は1 . 6億の価格でソビエト連邦買収長春からハルビンや満洲裏綏芬河北の満鉄道。他にも重要な鉄道丹東奉天の安奉線、吉林から長春までの吉線、四平チチハル平斉線など。
1939年東北鉄道マイレージいちまんキロを超え、1945年11479キロに達し、中国は1949年には鉄道の総距離2000キロ、東北自動車道の総延長は1943年近くろく万キロを含む1949年、中国東北を含む総距離が8.09万キロの道路。1932年、東北航空線の総距離の1 . 5万キロメートル、1950年の中国民間航空線の総延長が1 . 14万キロ。1940年、時速130キロの弾丸高速列車は、大連機関車工場の開発に成功。1934年から1943年運営は満鉄の新京から大連区間のアジア番特急列車採用大連製のSL-7流線型機関車車両、全密閉式エアコン。
偽満州国港は大連港、営口港。内陸河川水運主に集中する松花江地域。偽「満州航空会社」を主な部門の空輸。

偽満州国通貨

偽満州国の中央銀行の「偽満州中央銀行」。偽満州国通貨を元。いち元==ひゃくじゅう角分。偽満州国通貨と円等値。通貨を、偽「満洲銀行券」、金銀兌換。朝鮮銀行券と円に偽満州国でも自由に流通。1933年偽「満州中央銀行」紙幣発行額がろく億元、1938年紙幣流通額はごじゅう億元。
偽満州国&amp ; quot ;通貨&amp ; quot ;(1元)偽満州国&quot ;通貨&quot(1元);

偽「満州国円」は偽「満州国」の通貨。発行単位は「満州中央銀行」。
偽「満州国円」発行の初めと中国の通貨と同じ、採用銀本位制。1935年じゅういち月から実施し、日本人と同じ変更金本位制、円等値。また「満鉄」が付属地や関東州も使う朝鮮銀行発行する朝鮮円
最初、紙幣やコインは日本銀行生産の造幣局が、その後は、偽「満州国首都」新京(現長春)の偽の「満州中央銀行」の生産した。にじゅう世紀からさんじゅう年代国際銀の価格の絶えず大幅波乱、偽「満州国円」は1935年に離れた銀本位で円相場、すぐに近づけたと円の為替平価。自1940年から、偽「満州国円」とアメリカ測定用、ドイツや日本などの国の輸出入の貿易状況。
その間に発行の紙幣の半分の額面金額は回収のコイン。全部で発行した5種類の額面の紙幣は、それぞれ、百円、10円、5円、サークル5角、正面は清代の支配者が特徴。第二次世界大戦の時期から日本統治地区のインフレ圧力、千円札1944年に発売された。
偽「満州国」繊維制のコイン
丸い細分化を十角、百点や千厘、コイン額面の発行は十分から5厘。
1944年と1945年、偽「満州国」を発売した、段ボールのような、「世界のコイン標準カタログ冊」を「赤茶や繊維」の材料で作ったコイン(いち、ご分)。
1948年、第二次世界大戦後、約120億偽「満州国中央銀行」のチケットされ東北銀行回収する。
偽満州国通貨(分)偽満州国通貨(分)

偽満州国郵政

偽満州国「郵政」偽満州国「郵政」

偽満州国郵政帰属満州傀儡政権「交通部中央郵便局」の管理。
偽満州国1932年ななしち月26日横取り東北の中華民国国民政府の中華郵政システム(中国北洋政府東北の郵便システムの継続)、同日から自主発行偽「満州国切手」。~1945年偽満州国滅亡、計発行37回159切手。によると国民政府達成の「郵便が通じる方法の瞭解事項」は、1935年じゅういち月日から、関内の中華郵政と偽満州国郵政互いにメール。
偽満州国切手は設計風格に混ぜた、日中両国の要因、政治意味が濃厚で、日本の中国侵略の歴史を目撃した。切手の絵とスローガンを反映して、日本は中国を侵略して東北の野望と満州傀儡政権傀儡政権の性質、宣伝を担う政治理念及び意識形態の役割。

偽満州国財政収入

1931年末まで、東北の3省財政庁が続々と出した偽税収公告、民国の時期の税金局スタッフ踏襲民国の基本的な税制と徴収方法は、同時にいくつかの税目調整が行われました。戦乱にしないため、税金同期半分、主に各級の維持会の支出。
1932年さん月きゅう、く日、就任満州国与党「偽溥儀」、「導政部(後には、経済部)」を設置し税務司中央の税収の事務をつかさどる、各地方に経済区域設置税務監督署の専門と管理機関によって、行政区域として徴収する税金局の専門機関の設立。政府の行政権を握る満州傀儡政権で実際には完全に日本関東軍第4課を加え、各級監督署の副署長税は、日本人が担当し、だから満州傀儡政権の税収は実は日本対中国の略奪性税収。
四回の税制を整理し、植民地税形成
日本による傀儡政府側に日本国内の税収のモードをいわゆる現代税制、同化と目的を達成し植民地化で、一方はまた、出産する食糧税、アヘン税などの遅れた税目を確保するために、最大の税収。そのため、1932年から1945年まで、満州傀儡政権政府共を4回税制を整理し、満州傀儡政権を植民地税体制確立し。
初めて税制整理から1932年きゅう、く月。「九一八事変」は以前、元東北三省内国税はにじゅう種類ほど簡単、税制。満政府成立初期に発表した「しばらく援用昔法令』は、使用民国の時期の税制が、1932年きゅう、く月じゅうさん日、満州傀儡政府当局は「昔税制混乱と」を定め、『国の土地税分けなければ土地税」納分け国帰属範囲。原則は凡そ昔は中央と省政府の税金と国税、その他市、県と土地税収入。これは、原属地方の田租、営業税、たばこ税など大口の税収は日偽中央政府に集中させ、がコントロールする法定税収入は税金の総額の90%以上で、地方政府は車税船の寄付などの雑小さな税目。
第2回税制整理は1934年。1934年さん月いち日、日本の扶植溥儀登場した後、満州傀儡政権窃据区域内の各税税目税率から統一徴収範囲を拡大し、規範、新しい税は相前後して公布、実施し、『木税法』、『営業税法』など多数の税収じゅう法令をいっぱいの税収体制から日本化税金統制初歩に築かれてきた。
第三次税制を整理してからは1936年。目的は完全に日本の税制の満州傀儡政権を統一の税制システム。1935年末、「満」双方日公布、実施し、小麦粉、セメントの3種類の綿糸統税法。1936年以降は公布、実施し「勤労所得税法』、『徴収法』、『印紙税』、『地税法』など二十余りの税収法令、創立しました一连の徴収と管理と計画が伝統的方法。1938年に発表した「満日国税徴収共助法』と『共助法施行規則」、「日いっぱい同化」と日本の満州傀儡政権の税収の制御をさらに強化。1941年公布、実施した「事業所得税法」や「法人所得税法。そこで、満州傀儡政権の基本は廃止民国税制、税収徴収体制と制度は、日本のモード、植民地的税収体制が基本的に形成され。
第4回税制整理は1945年。太平洋戦争で日本が着々と失敗時、軍事費に重大な困難。をいち日であって、いち月開始日発表した税政府各法令改正は、全面的に税率を引き上げることを特徴、いくつか消費税所得税鉱物税じゅうさん税目課税根拠などの変化と徴収の割合は、最高の70%を高める。一方、が発表した『地方税分と税法』と『地方税法」を、さらに確定した中央と地方の税権を分けて、中央のコントロールを拡大して満州傀儡政権とともに、拡大した地方の各級政府の略奪的だが、今回の整理、満州傀儡政権崩壊した完全に実施する。
この四度税制を整理し、政府は国を構築する日当地分税制に基づいて、収益税、消費税と流通税の三大税係の復税制を主体にして、経済部と各税務局の三位一体監督署、税金を主な監督管理方式の植民地税体制。1945年はち月日本の降伏を前に、国税計34の税金を設け、その収益税じゅう種、消費税じゅう種、流通税じゅうよん種。地方税の共有ごじゅう種で、うち省地方税のきゅう、く種、市、県旗租税35種、街の税金をはち村であり、その税制構造はほとんど日本と何度も同じで、ほとんど変化と日本国内を同時に行う。
四回戦時増税は、風が博奕博労掏摸強盗。

偽満州国人口

1940年「偽満州国国務院」が編んだ『「カント」ななしち年度臨時国勢調査報告」は「偽満州国人口統計」を行いました。1940年まで、「偽満州国」の総人口は:40858473人、そのうち漢族の人口は:36870978人(漢族が偽満州国の中国人口の90.偽満州国を占めて、全人口85.3%)で、殘りの人口は満(満、漢八旗末裔)、モンゴルなどの民族。日本の植民地別人口:2271495人、うち日本人:819614人、朝鮮人(朝鮮から日本に併合されるため、人口も含めて日本植民者内部)1450384人、台灣の漢人(台灣日本割が、人口という日本の人口に1497人。また、第三国(3732人)や無国籍な人口(69180人)。

偽満州国民族

「偽満州国」地域の住民は主に漢族、満州族、モンゴルなど。日本の政治の制御下で移民は主に日本人、朝鮮人。住民に民族の区分が存在するレベルの違い、規定の現地の非日本臣民は日本人、朝鮮人は食用米禁止と白粉、気、“経済犯」処理。「偽満州国」の日本植民者は約200万には入れない「偽満州国籍」はまだ日本国民。多くの山東の貧しい農民や河北で「偽満州国」を労働者の多くは、未加入「偽満州国」籍。

偽満州国文化

偽満州国教育

九一八事変後、日本帝国主義が占領した中国東北3省、十数年に及ぶの植民地支配の下で、日本軍は中国人民を殘虐な政治統制と狂気の経済の略奪の同時に、文化的にも強力に中国人民に対して実行奴隷化教育と騙す宣伝。日本は偽満州国整って植民地奴隷化教育体制、を強力に推進する奴隷化教育は、東北地方の人民大衆の思想植え付け奴隷化。植民地支配を強化するために、奴隷化中国人民、日本帝国主義が歴史歪曲改竄、「満州」は日本と関係が深い独立国家で、至る所には東北の占有する腹黒い。偽満州国時期の歴史教科書は日本側が編著は日本帝国主義が中国に対して人民を奴隷化教育の重要なキャリヤー。奴隷化と中国を馬鹿にして学生のために、満州傀儡政権歴史教科書に満ちた白を黒、戦争責任転嫁、美化植民地支配の描写。
日本は中国の東北のじゅうよん年植民地支配で、奴隷化教育を貫き通し、東北の靑少年は厳しくの精神を破壊、東北靑少年の文化素質。もっと日本の植民地支配の横暴に見える。極めて深刻な被害が発生しました:日本の侵略によって極力東北に靑少年奴隷化教育思想植え付け、教師になるしかない日本の意図も授業。東北の教育は非常に抑えて、窒息。東北陥落の14年の中で、靑少年の学生は毎日暗唱「建国精神」「還御する訓民詔」など。授業の内容も「修身」、「国民道徳」、「日本語」、「実業」、学校には少しの自由な空気。東北の靑少年に陥った迷い、無知、求めない、混沌の窮地に陥る。日本帝国主義に植え付けて東北靑少年日中親善」、「日いっぱい不可分」、「民族協和」、「建国の精神」など殘虐思想。東北の靑少年の育成を日本語で話せて中国語で、労働のために文化水準の低下、日本人を駆使しての顺民。中国人にはめて重い精神手かせ足かせ、中国人を日本侵略者の蹄鉄をその侵略サービスのツール。とにかく、日本は中国東北の実施を奴隷化教育に東北人民空前の災難をもたらした。東北教育空前破壊され、靑少年の心を受けて大きく破壊。

偽満州国礼楽教化

満州国完備の普及教育体制を確立し、各学校で「民族協和」、「日いっぱい親善」、「一德一心」をスローガンに、大量の日本神の道教琉球神道宗教儀式に小中学校教育:毎日朝に求めよ「新京」「満州皇帝偽装遥拝」、日本東京方向に「日本の天皇陛下遥拝」、規定の学校の各期の春丁式と秋丁式を行い祀穴大人数の流れ、復雑な宗教儀式。学生は日本語を暗記しながら「詔」「満州傀儡政権皇帝国民訓。 体育の授業教材を使って全部コピー最初日本を「満州スポーツ教授の参考書」。1944年、文教部を統一した教材「学校体育科教授要目』。運動競技の模様は非常に多くて、毎週満州国建国記念日前後で行われた「建国記念の運動会」が行われ、すべての主要な事件で、「お祝い運動会」など。

偽満州国言語

「偽満州国」の「公用語」として、満洲語(中国語)、日本語。当時の日本を強化して東北人民を植民地支配と中華民族の目的を達成すると、漢語を满语
中国語で漢の文化の普遍的に加え、日本の植民地浸透して言語の独占ので、中国語は「偽満州国」の主な共通語。「偽満州国」に向けて民衆の出版物、告示、契約テキスト、ラジオ、映画の主要な中国語を使う。「偽満州国」の公式文書、詔、国歌が漢、日語バージョン、ラジオもバイリンガルラジオ、満州の教育、科学研究の多くは日本語読み物。「偽満州国」が登場した際に、すべての重要な布告は中国語だけを使って、しかしもっとから日本語の地位が高いほど、使用面ほど広いし、偽の未来に確定され満州国国語。
モンゴル語の使用範囲はモンゴル西部地域分布の東北、のために長期的な漢族と共同生活も通用する中国語、モンゴル族、モンゴル族の一部地域だけで告示、契約で使用漢、蒙バイリンガルテキスト。朝鮮語の使用は中国朝鮮人政治移民の内部には、範囲が小さい。

偽満州国士官や教師の育成

偽満州国専門育成政府中枢高層官僚の大同学院と偽「満州建国大学」延長学制2倍をろく年、日本人学生募集を主として、も少数ではあるが中国人。人文科学のほか、教育を重視するほか、学生の品格と体の育成訓練を重視し、田舎の学校に農業の知識を学生と科学耕作の訓練、女子学生も家政レッスン。この意図を軽く人文、重技能、供の満州傀儡政権を駆使して「国民」。偽満州国の各クラスの教師の育成が厳しく、教師の審査と昇進は厳格な制度。

偽満州国映画

1937年はち月、「株式会社満州映画協会」「成立」新京、略称「满映」。偽映る存在の8年間で、共に撮影ストーリー108部、教育片、ドキュメンタリー189部。有名な俳優が李香蘭山口淑子)、刘恩甲浦克张奕于洋凌元監督内田吐く夢朱文顺、カメラマン王启民や、その後の影方化など。有名な映画『影』、『碧血艷オウバイ』、『ハネムーン急行』、『支那の夜」など。

偽満州国文学や出版業

著名な作家の梁丁(山丁、1914年~1995年)、古の丁、梅娘と後に、中国本土やその他の地方移住の萧红、萧军など(萧红、萧军が認められない満州国政権)、およびいくつかの提唱満州本土文学、満州で認めて生まれし満州の複数の日係満州作家。有名な作品の山がある丁の「緑の穀」など。満州国文学は政治を牽制するが、多元性。出版物の多くは、日本語、ロシア語応用漢文も、一部の英文の出版物。

偽満州国国家の象徴

「国旗」
満州国国旗五色の旗を基礎にして、かつてした3回の変更は、東北の各省の使用を公布施行する。
偽満州国ポスター偽満州国ポスター

初期偽満州国「国旗」は赤と靑の白と黒の黄五色の構成。旗の顔は杏色は、満州傀儡政権地区の「民族と統一」、赤色の代表は「大和の民族の情熱」、靑は「漢族の靑春」代表、白い「モンゴル族の純真」、黒の代表は「朝鮮族の決意」。国旗を象徴する「五族協和」で、4つの民族は日本の支配下に協力を偽満州国。
1934年さん月いち日、日本軍の画策下、溥儀「新京」南郊杏花村で“の即位式ではなく、偽「満州国」を、偽「満州帝国」(日本語:まんしてゅうた是嗎」)、溥儀「と」、「カント」元年改元。
満州帝国の国旗と偽満州国の国旗をベースに似ていて、ただ国旗は杏色に変える「皇室のシンボルと黄色。
「国歌」
1933年「国歌」
大同の2年(1933年)さん月いち日同年2月24日に署名した偽「国務院第4号」と命令して。
偽満州国ポスター偽満州国ポスター

1942年「国歌」
偽満州国建国10週年を記念して、「カント」9年(1942年)によるときゅう、く月ご日偽「国務院」令201号発表新「国歌」。命名偽「満州国建国歌」。
1942年「君が代」の「公式」の説明
によると「満州帝国国を付け加える偽公報」について「君が代」と発表した新しい内容の後ろの公式の説明、神と天照大神
満州傀儡政権国務院1940年公布「国本打ち立て詔」後、偽満州国改奉日本神道神光指す;現人神つまり、日本の天皇この句は、解、満州傀儡政権の皇帝は「いただく神光国を統治する」。第四句「天业」は、満州傀儡政権から建国10週年の詔に「宜益砥その心、巻その誌、献身の大きい東アジアの聖戦を親邦の天业翼……」というのは、「大東亜戦争”;全解析を偽満州国国民仰賛「大東亜戦争」として、同じ月日という功。

偽満州国民間組織

1932年に成立した偽満州国協和会偽を協力NGO、東北陥落区社会生活の中に重大な影響を。1934年、
世界紅卍字が満州傀儡政権総会世界紅卍字が満州傀儡政権総会
世界赤十字会満州傀儡政権総会成立し、宗教色を帯びた慈善組織。1938年、偽「満州国赤十字社(赤十字社)」を確立し、「先進医療訓練」を提供する。

偽満州国外交

偽満州国関内外の関係

中華民国政府力は撤退を余儀なくされる東北地区が、認めない偽満州国合法性を維持し、東北三省人民と関内正常な生活との連絡だけが、1935年後と東北日が区を郵便が通じる、開通し、通航及び貿易リンク。

偽満州国国際的に認められて

偽「満州国」を国際社会で普遍的に認めない。1943年によっては偽満州国政府出版の「満州建国十年史」 当時、世界約60カ国や政権」を認め、偽」「満州国」全23を含む:
枢軸国日本(1932年ろく月じゅうよん日)、ナチス・ドイツ(1938年2月21日に)、ビシーフランスイタリアルーマニアブルガリアハンガリースロバキアクロアチア独立国
枢軸国『反共産国際協定』メンバー国:スペイン(ファシズムフランシスコ・フランコ政権)、フィンランド、デンマーク、、タイ、ミャンマー、フィリピン、偽「モンゴル自治邦」(内モンゴル)、中華民国汪精衛南京傀儡政府汪精衛偽国民政府)と偽「自由インド仮政府」。
同盟国他の国と:バチカン(1934年に月から)、ソビエト連邦、エルサルバドル(ファシズムのマクシミアーノ·埃尔南德斯・马丁内斯将軍統制)、モンゴル人民共和国ドミニカ共和国(ファシズムのラファエル・トルヒーヨ将軍統制)、ポーランド(1942年後のキャンセル承認)。
英語によればウィキ百科の資料や偽満州国「国交正常化」をじゅうななじゅうしち国。ソビエト連邦、ビシーフランス、モンゴル人民共和国、ミャンマー「モンゴル自治邦」や「自由インド」と偽満州国国交。
日本語ウィキは21国に、ソビエト連邦、ビシーフランス、モンゴル人民共和国に組み入れられていないで。
日本の駐偽満州国「大使」は、関東軍司令官兼任。
日本の中国侵略戦争を挑発するまでは全面的に、正式に認めて偽満州国のは日本のほか、チリだけ、エルサルバドルローマローマ教皇などごく少数の国家で、これを説明日本支援傀儡政権道にそむけば助けが少い。しかし注意するようにソビエト連邦ように、自分のために国の私利を通じて、黙示の方法を認め、偽満州国「外交」を殘した余地空間。

偽満州国日満関係

国本は日本の満州傀儡政権。1932年ろく月じゅうよん日、日本衆議院決議を認め、偽満州国、きゅう、く月ろく日、日本の内閣の決議を認め、偽満州国、日本じゅうご日、正式に認めて「偽満州国」を締結し、双方の『日いっぱい議定書。じゅういち月24日、日本が正式に任命関東軍司令官武藤信義偽満州国大使駐。
1935年2月にじゅうに日、偽「満州国」と日本の関税協定を締結して。
1935年よんしよ月ろく日、偽「満州国皇帝溥儀は東京」を初めて訪問し、日本の天皇は裕仁まで東京駅迎え。
1935年ご月2日には、偽「皇帝溥儀満州国」公布『還御する訓民詔書』と言うと日本の天皇「精神のような一体」、偽「満州国」と日本の「一德一心形成」、「不可分」の関係。
1937年じゅういち月ご日で、日本と偽「満州国」締約、日本の撤廃に偽「満州国」地域の治外法権。すべて過去に日清政府は日本の管轄条約満鉄付属地管轄権には、偽「満州国政府渡し」。
1940年ろく月26日、偽「皇帝溥儀満州国」第二次訪問東京の主な目的は、今回の訪問に日本を迎える天照大神偽「供え満州国」まで。
1940年ななしち月じゅうご日、偽「満州国皇帝」「国本詔書』を打ち立て溥儀公布し、偽「満州国」地域の設立と日本のように、すべてが始まったのは「天照」を「天照大神」として、偽「満州国」の「建国元神」を祭る。
1942年さん月いち日、偽「満州国皇帝溥儀公布」「建国十週年の詔書』。以来、偽「満州国」は日本の呼称は、前の「友邦」、「締盟国」改作「親邦」、つまり、日本を「親の国」。
1943年よんしよ月いち日、日本の首相東条英機訪問偽「満州国」。

偽満州国他

1932年きゅう、く月23日、ソビエト連邦同意偽「満州国」にモスクワノヴォシビルスクなどの都市の派遣領事役人。
1934年ご月24日、エルサルバドル偽「満州国認め」。
1936年じゅういち月28日、イタリアムッソリーニ政府と日本協定の締結を認め、偽「満州国」。
1938年2月ににじゅう日、ナチス・ドイツ偽「満州国認め」。ご月じゅうに日、ナチス・ドイツと偽「満州国」ベルリン友好条約締結。
1939年、偽「満州国」「地域が加盟反共産国際協定』。
1940年はち月、デンマーク傀儡政府の承認を偽「満州国」。
1941年よんしよ月じゅうさん日、モスクワで「日本ソビエト連邦と締結日苏中立条約』。ソビエト連邦と尊重偽「満州国」の「領土保全と神聖不可分性」。
1942年2月24日にポーランド廃止を発表し、偽「満州国認め」。

偽満州国関連作品

ラストエンペラー』(1987年イタリア、中国映画)
黄金の大強盗事件』(2012年の中国映画)
雪狼』(2007年中国ドラマ)
夜のハルビン』(2007年中国ドラマ)
生まれ変わる』(2011年中国ドラマ)
』(2012年の中国ドラマ)
』(2012年の中国ドラマ)

偽満州国歴史文献

「偽満州国官報全編」は全163冊、満州傀儡政権政府収入すべて3948期公告。日本敗戦前、東北の日偽機関隠滅はほとんどすべてのファイル文書と秘密の資料。この場合、偽政府公報のすべてになる満州国歴史研究の偽の極めて重要な最初の手の資料は日本の侵略の歴史の有力傍証。データ範囲を含む全方位に覆われ、法律、法令や訓令など。