9?18事変

九一八事変(別名奉天事変、柳条湖事件)は日本、中国東北部に故意に製造を発動した場の中国侵略戦争は、日本帝国主義が中国を侵略したから。
9?18事変
1931年きゅう、く月じゅうはち日夜、日本関東軍手配の下で、鉄道「守備隊」を爆破する瀋陽柳条湖近くの日本に築かれた満鉄レール、栽赃は中国軍を着せる。日本軍はそれを口実にし、砲撃瀋陽北兵営に駐屯しては、「九一八事変」。翌日、日本軍の侵攻は続々と瀋陽、侵攻した東北3省。1932年2月に、東北全土陥落。その後、日本は中国東北を創立しました偽満州国傀儡政権となった東北人民にじゅうよん年ぶりの奴隷と植民地支配。
「九一八事変」は日本帝国主義長期以来推進対中侵略の拡張政策の必然的な結果であり、中国がそのを独占している植民地のための重要なステップをとる。それは同時にマーク世界反ファシズム戦争が始まって、明らかに第二次世界大戦東方戦場の幕。

9?18事変事件の背景

9?18事変時代背景

戦後、日本が中国に拡張された英米の列強の遏制し、中国の北伐戦争は、日本弱体化を促す華利益を受け、日本政府調整の対中政策、併合中国東北地方のペースを加速、にじゅう世紀さんじゅう年代初頭に、世界経済の危機が発生し、日に日本の経済は大きな痛手を被り、苦境に陥って極端な、そして政治の危機を招いて、内外ともに困難に陥る場合、日本ファシスト勢力決意をワシントンシステムのうちに日本に縛られ、英米の対応に追われた危機、蒋介石の大規模な「剿共」の際に奪取東北、難局を図る世界の覇権を争う。

9?18事変中国の背景

皇姑屯事件
張作霖張作霖
日本軍と東北軍閥張作霖かつて協力関係が、そのうち、日本からは張作霖視障害。1928年ろく月、日本関東軍発起皇姑屯事件は、張作霖の乗った列車爆破重傷、張作霖が亡くなった事件が発生、日本希望この東北が烏合の衆の局面、東北を占領する。
1928年じゅうに月29日午前、張学良などを日本帝国主義の妨害、連名通電全国「頼る先に大元帥遺誌を貫く統一、力谋、平和。は本日、発表を三民主義、従う国民政府、改易旗。」日、東北三省一律改懸南京国民政府の靑天白日旗は、東北易帜。そこで、北洋軍閥は中国の歴史を統治して終わりを告げる。国民党政府が形式上「統一」全国。
張学良さらに日本協力しない態度を取るして南満州鉄道の近くに建設の新しい鉄道施設を通じて、手頃な価格競争によると、南満州鉄道経営危機に陥って。危機感の関東軍感じて抗議したが、張学良妥協したくない。だから日本軍石原莞爾板垣徴四郎ら戦争を発動して決定を獲得主導権
中東路事件
張学良(図いち)張学良(図いち)

1929年ろく月じゅうご日からにじゅう日、遼、吉、黒、熱の4省及びハルビン特区軍政高官が揃って瀋陽に参加し、張作霖逝世週年記念会を検討中東路などの問題について。ななしち月ななしち日、張学良へ北平と蒋介石晤谈;じゅう日、南京政府外相王正廷も開催されてから北平;は同日、張学良軽率に派軍に占領して「中東路」をソビエト連邦の商船貿易会社、国の貿易会社など中国機関と同時に差し押さえ、捜査ソビエト連邦職員・逮捕200人余り、これを「中東路事件」
ななしち月じゅうさん日、ソビエト連邦覚書中国政府は強く抗議し、期間限定で和談の返事を提案します。ななしち月じゅうろく日、南京国民政府外交部の通りソビエト連邦外交部、側は満足できない場合は、ななしち月じゅうななじゅうしち日向南京国民政府の外交関係を断絶すると発表した。ななしち月じゅうく日、南京国民政府外交部は絶交問題中ソ発表対外宣言ななしち月にじゅう日、国民政府主席の蒋介石をソビエト連邦こと発表《し》と《全国将兵電気報告東北将兵》本;ななしち月23日、国民政府大使館閉鎖駐ソ。
そこで、中国と国交絶え果てる。ソビエト連邦中国の権益を代行してしばらく依頼ドイツ担当。
国共対峙する
1927年に国共関係の崩壊後、国民党は徐々に統一は南京国民政府の旗の下で、しかし内部派閥が林立し、争い、国民政府は南方の各省の統制力が弱い。自1927年秋から1930年の夏、中共は相前後して組織しました。南昌の蜂起秋の収穫蜂起広州の蜂起暴動、年の瀬、平江蜂起あかつき蜂起百度や暴動など蜂起し、作成井岡山、赣南闽西、湘鄂西、鄂豫皖ながら、湘鄂江西ながらなど10数元革命根拠地、発展の武装が十個軍、ななしち万人以上、何度も倒してを省や省連合国軍の進剿と会剿。
中原大戦後、蒋介石1930年じゅう月、1931年よんしよ月前後2回は共産党指導の中央区で二度の大規模な封じ込め(使用は無名の商標を部隊)は、失敗に終わってしまい。
1931年ななしち月、蒋介石が再び集中を含む部分チルドレンを含むさんじゅう万軍、中央区の発動に第三次包囲討伐する。進剿初期、国軍は順調に進展;はち月上旬、赤軍戦機、引き続き莲塘、良村と黄陂痛手上官云相第47師と郝梦龄第54師、一度取得主動的だが、すぐ紅軍の主力は1931年11月じゅうろく日に陥っはち国軍重囲;その後、国民党内部寧粤衝突、国軍部隊をやらされて封じ込め戦略収縮;紅軍のチャンス、1931年11月ななしちきゅう、く日~じゅうご日間、痛手蒋鼎文第きゅう、く師、韓デロイト第52師、白石、張家背中あたり。第三次封じ込め、国軍は基本的に制御することができる戦場局面は、損失は、十分な影響を。そして紅軍の国民党軍の「断ち切る気持ち」は、は極めて受動も相次い挫折。
国内混戦
1930年さん月を奪い合う中央統治権、汪精衛連合閻錫山馮玉祥
“918”事変後に上海の街の反日スローガン“918”事変後に上海の街の反日スローガン
李宗仁などの地方実力派にも挑戦する蒋介石南京中央政府及び国民党中央会議の内戦にご月蒋介石発表「平叛」、双方の激戦半年、死傷さんじゅう万人、史称「中原大戦」。
1931年ご月末、広州国民政府外務大臣陈友仁秘密の日本を訪問する、三回会見日本外相幣元喜重郎「お願い、東北の権益を遂げる日本兵器」が、未入手応答、陈友仁在日期間、まだ会見ソビエト連邦駐日大使も拒否され、支持を求める。
1931年きゅう、く月いち日広州国民政府を総動員して、理の蒋、天津で設立「北方の軍事政務委員会」を任命閻錫山、馮玉祥、韩复榘邹鲁らを委员、統一北方反蒋武装。
蒋介石が急速に调兵「検討逆」と自ら南京へ南昌督戦、そこで、国民政府の主要な軍事力に惹かれた南。
日本軍の挑発
1931年、中国人郝永德未承認を政府だまし取っ万宝山村近くじゅうに戸の農家の土地を違法に名を転貸188朝鮮人は耕作の稲。これらの朝鮮人発掘水路、遮断堰止め、地元農家の利益を侵害した、馬家哨口200余り農民上告。吉林省政府、「令朝僑出国」。しかし日本の駐長春領事田代重徳、派遣日本警察制止朝鮮人の撤退、かつよう1931年11月までに完成ななしちご築渠。ななしち月いち日中国の農民を壊しダムとシンとなり、日本の警察は護僑を名乗って銃を殺傷した中国の農民は十数人、片手に製造流血事件。後、日本の事実を歪曲真相、北朝鮮の各地で反中国の風潮を扇動する旅朝華僑数百人死傷、財産の損失に対して無数。同時に日本は機会に乗じて増派満州、武装侵略東北大造に世論。
柳条湖事件柳条湖事件
1931年ろく月、日本関東軍村震太郎大尉と曹井杉延太郎フンイエン嶺索伦一帯に軍事調査し、中国東北軍フンイエン屯垦公署の第三団副董昆吾抑留証拠を発見して、情況の下で、団長关玉衡秘密を執行の中村震太郎。日本とする東北軍兵士が財物目当てに人を殺す殺す中村で、中国关玉衡を脅迫し、日本の民衆に扇動で「中村事件」と「万宝山事件中国「損害」日韓移民讒する」。
日本で万宝山事件と中村事件がたびたび挑発、張学良は1931年11月ろく日電話きゅう、く東北軍参謀長荣臻や東北の3省の政務委員会は「日本側が私に対して外交を徐々に積極的で、すべてきわめて宜追求対応、しっかり慎、日本にとっても、その人がどのようにこと、当方は言うまでもない万側に我慢、反抗して、作ること端。希たちどころに公電が各所属し、確実に注意を。」これはいわゆる「魚電」。
長江と淮河流域水害
1931年ななしち月28日、長江中下流の豪雨被害を席巻、大水長江と淮河流域の流域にはち省市、漢口堤防の堤防が決壊する、直撃南京国民政府の経済と重心を徴収して、本はこちらを踏めばあちらが上るの南京国民政府の財政弱みの怨霊。大水による被災者が全国の四分の一の人口にじゅう億元に達し、損失。国民政府の緊急組織「救済水害委員会」代表として政府の救済を最高機関、各種の応急対策。
国民政府戦争頻繁に加え、各項目の建設事業の必要費の違いがあり、国庫空虚で、深刻な財政赤字は、しかし依然として全国予算7分の1に震災の国をもっと増え赤字。国民政府は、震災公債、米麦借金、増徴税収、割り当て寄付や社会など震災募金を調達金、1931年末から合計6000万救援金を集める。湖北省、安徽省、江蘇省が依然として爆発騒乱。
国民党政府の外交
万宝山事件発生後、蒋介石がすぐに割り当て宋子文と日本の駐中国公使重光葵密議。その後、彼はまたなどからは、日の仕事の経験の駐ジュネーヴ国際連盟代表蒋作宾在日公使に就任し、外交ルートを解消したいて東北の危機。
東北地方当局と国民政府によって蒋介石の対日消極的な態度を取る間違いない抵抗政策が、蒋本人事変当日の知らないので、張学良は失喪師一定の責任を負う土。と《顾维钧回想録』425(438ページ)ページに記載:「委員長元を発見したが、彼の立場は非常に困難で、早く瀋陽事件前の夏、彼は廬山拡大会議で討論を提出しないで、当時の若きリーダーでは東北のグループが提案した対日強硬な態度をとると、次の日本の直抵抗侵略政策などを要求、委員長は現実主義の政治家、彼と交渉しなければならない日。」
日本関東軍ない二万人、中国東北軍駐在東北の16万人、約10万人もの関内。東北軍部隊を受けて何度も張学良抵抗する訓令は日本軍の前に、突如、小さい部分自発勇敢に抵抗のほか、他は全て戦わずして退。1931年きゅう、く月じゅうく日午前はち時、日本軍のほとんどを受けていない抵抗を占領して瀋陽城、東北軍に錦州。その後、東北各地の中国軍を発表したり、または「独立」を続行張学良の無抵抗主義させ、日本軍を迅速に占領遼寧、吉林、アムール川さん省の大部分の地域。一部の東北軍に急増の抗日義勇軍が、東北の寒さや希少の集落、抵抗運動を取りにくい効果。

9?18事変日本側

東北回線制御
1905年、日本は日露戦争に勝利し、日露講和条約は、中国旅順、大連などの租借権と「長春-旅順」の1段の鉄道や付属施設の財産権利が占めて自分に。その後、日本の創立「南満州鉄道株式会社」とは関東軍鉄道沿線の警備を担当する。
日本国内の状況
明治維新以来、日本奉行軍事優先の原則を育成しました、大量の職業軍人、1921年ワシントン会議後、日本からの大規模な軍縮、1921年から1930年日本の軍事費の削減は七亿三千万円まで五億円以下、額は40%削減する。大規模な軍縮を引き起こした軍人たちの強い不満、不満の軍人から秘密の集会は、天剣党、桜会一夕会など東条英機冈村宁次石原莞爾をはじめとする軍人秘密組織が成立。
1927年ろく月、日本首相田中義一召集「東方会議」、「満州を確立した中国本土から分裂して、自成型の1区、置日本の侵略勢力の下」方針、二年後、世界の資本主義経済危機に及んで日本、1931年、日本は極端な困難の境地。日本政府は急いで発動する場が中国の戦争、それによって移転国内の人民の視線は、緩和階級矛盾
田中上奏文
1927年6~7月、日本政府は、東京で開かれ、「東方会議」は、討論を確定した中国の具体案を侵略し、田中義一を起草した1部の秘密上奏文に天皇を「対中政策綱要』(つまり田中上奏文)。上奏文で「中国を徴服する徴服して、必ず満蒙;世界徴服して、必ず露見中国を徴服する」、日本帝国主義の侵略の野望。

9?18事変事件の経緯

9?18事変戦争が始まって

1931年きゅう、く月じゅうはち日夕方、日本関東軍虎守備隊第に大隊独立したい
1931年ななしち月外敵を退けるまず安内手令1931年ななしち月外敵を退けるまず安内手令
第さんさえ元駐屯地を離れたい兵舎虎、満鉄に沿って南へ行く。夜22時にじゅう分ごろ、日本関東軍鉄道守備隊柳条湖分遣隊隊長川本末守中尉をはじめの小隊を巡視鉄道を名乗って、奉天(現在の瀋陽)の北約7 . 5キロ離れ、東北軍駐屯地北兵営に駐屯して800メートルの柳条湖南満鉄道段上に点火小型爆発物、爆破した短い鉄道をさん具東北軍兵士の衣装を着て中国人の遺体を現場として、東北軍破壊鉄道の証拠として、中国軍を破壊しいると鉄道襲撃日守チーム、この事件は、「9?18事変」。当時中国東北地域とは、満州事変のため、日本側は今回の「満州事変」。
爆発と同時に、い鉄道爆破点でNATO4キロの文官屯の川島中隊長兵を率いる南下を襲い始める北兵営に駐屯して;爆発後に駐屯して中国側と瀋陽城の北兵営に駐屯して日本軍に分けて南北に中国軍駐屯地北兵営に駐屯して攻撃。

9?18事変総崩れとなる

1931年きゅう、く月じゅうはち日事変発生同夜、東北国境守備軍司令長官公署中将参謀長荣臻張学良の命により、命令東北軍「当たり抵抗、動く、銃を倉庫に入れ、挺死、みんな成仁、国のために犠牲」。翌1931年きゅう、く月じゅうく日張学良協和病院天津大公報記者の談話の時に再び「吾を兵士に早く私部、日本兵が挑発、抵抗しない。だから私は軍北兵営に駐屯して、早く令取り上げる兵器、貯蓄は倉庫」。執行命令に抵抗しないため、張学良され、北兵営に駐屯して8000名守军300程度しかの日本軍を潰そう。
日本軍独立守備隊の北の大きい大隊攻撃と同時に、関東軍第に師第さん旅の第29団に奉天城攻撃からきゅう、く月じゅうく目じゅう時、日本軍は相前後して攻略奉天、四平、営口、鳳凰城、安東などが満鉄道、安奉鉄道沿線じゅうはち町。長春地区の東北軍が自発的に反撃戦から翌日、長春陥落。1931年きゅう、く月21日、日本軍に占領吉林師主力第。1931年じゅう月いち日、東北軍アムール川洮南鎮守张海鹏寝返りを日本軍を派遣し、かつ奉命令さんの団攻めチチハル。1931年じゅう月26日、関東軍第に師第29団占領四洮鉄道沿線主要都市。1931年じゅういち月よんしよ日、関東軍分遣隊攻撃江橋北守军嫩嫩江。1931年じゅういち月じゅうく日、日本軍は陥落チチハル。

9?18事変錦州撤退

張学良事件勃発後離れ奉天、領で移転錦州。1931年じゅう月はち日、関東軍派遣じゅうに爆撃機が空襲錦州。これに対し、南次郎陸軍大臣も若槻礼次郎首相は「対空砲火を受け中国軍の攻撃を余儀なくされており、やっと自衛行動」は、その後関東軍公開声明発表し、「張学良錦州大量兵力集結、歯牙にも掛けないば、おそらく日本の権益を損害をもたらす。早く満蒙問題解決する必要がある、関東軍駆逐錦州政権。」その後、元の元の主張の国際協調主義の外交政策を受けた深刻な挫折をし、日本はますます強硬。
黒省陥落後、日本軍は南京政府も攻撃錦州、急令中国駐国連代表施肇基1931年11月25日、国連に提出しじゅういち錦州を漕ぎ中立区の提案。じゅうに月2日には、国民党政府は通知イギリス、フランス、アメリカ三国の公使言うそれ同意を自分の軍撤退錦州と山海関、しかし条件が一つ、つまり日本の提出させる法、英、米三国満足の保証、すなわち要求三国保証足立区の安全。政府が南京の表明、張学良もどかしく北平と直接日本公使館参事は問題について、具体的な交渉。しかしこの交渉だけでなく南京側の反発を受け、しかももない日本側から妥協の条件を獲得しなければならない、日本東北軍は全数撤退錦州。
錦州で立件される発覚後、各界の人士と学生が一斉に立ち上がって反対すると、国民政府外交部は1931年じゅうに月よんしよ日声明を至急電報施肇基で立件される、同時に表示:日本軍の攻撃錦州、中国側は実行自衛。国民党中央政治
31年きゅう、く月ろく日張学良緻し荣臻ない「魚電気抵抗」31年きゅう、く月ろく日張学良緻し荣臻ない「魚電気抵抗」
議ももうこれで決議を強調し、「日本軍の侵攻して、積極的に抵抗」。
できるかどうか問題に抵抗して、南京の政府との間が分かれて明らかに張学良。枚は明らかに傾いて平和解決、愛、「錦州中立化」案。1931年じゅういち月29日、張学良緻蒋介石公電によると、「惟と個人はこれでも立件)が賛成し、日本側との交渉の代表とともに、手配から秘密錦州一線から自動撤退。移動を引き起こした南京政府の重い不安。顾维钧1931年11月さんじゅうに日電文に極力制止道:“兄、張学良)準は錦州駐屯自動撤退ので、しばらく後から緩」、1931年じゅうに月ご日顾维钧と連名で「今電話宋子文張学良例えば日人の出兵錦州、兄は国家計画、兄の人計画は、当力が困難を防ぐことができて、期。」蒋介石も1931年11月はちじゅうに張学良日電話「錦州軍撤退時なかれ。」 しかし、張学良じゅうに月21日電話第二軍司令部は「最近日本攻撃錦州の時、私は軍部隊駐新たに防犯はずが、若現政府方針未定時、自然は錦州部隊を撤退を守り、そこから関内」、「部隊の駐屯地を迁安、永平、滦河、昌黎」。1931年じゅうに月25日、26日、張学良は電話で国民政府によると、「錦戦をつけて、きっとまた華北全局に影響を及ぼし、その時日本」「海軍の脅威を平津後方を、私は首尾難しい顧」どころか錦州不可守、華北地盤も守れない。だから、張学良勧告柚の木裸をよそに、軍隊を撤退から錦州。

9?18事変戦争を仕掛ける

一方、1931年じゅうに月じゅうご日、関東軍は錦州侵攻を開始。じゅうに月ななしち日、日本陸軍中央部は日本本土の増派混成第はち旅し、北朝鮮からの第にじゅう師団司令部、混成第38旅、重爆撃飛行中隊を増援関東軍。じゅうに月28日、第に師主力過ごし遼河攻め錦州;じゅうに月さんじゅう日、混成第39旅攻撃を虎山(今大虎山)。
日本軍に攻め錦州には、国民政府は何度も電命張学良抵抗、1931年じゅうに月25日、「積極的に企画して自衛せ、固疆馬屋」、「依命;張学良部隊から撤退後錦州、じゅうに月さんじゅう日国民政府は急電命その「とにかく、積極的に抵抗する」 が、もう川に水を運ぶ。1932年いち月さん日、第にじゅう師団司令部率混成第38旅占領錦州。そして駐錦州の東北軍第じゅうに、第にじゅう旅や騎馬第さん旅はとっくに奉命から河北省張学良撤退滦東地区と川。張学良の繰り返しで抵抗しないで日本軍に占領錦州戦うことなく敵に勝つ。
1932年いち月28日関東軍第さん旅団は長春にハルビン進軍し、同時に遼河の西部地域から調第に師増援。当時の満州をそらすため国際社会の注目は、日本の国際大都市上海事件を引き起こす、誘発しました。一·二八事変。1932年いち月31日、イラン鎮守を兼第24旅旅団長李杜吉林自衛軍を率ハルビン防衛戦。激戦が5日、自衛軍丢盔弃甲、総崩れとなる、撤退へ宾县。1932年2月にご日日本軍の占領ハルビン。

9?18事変戦争の結果

張学良を堅持してから何度も「不抵抗政策」で、半年の時間内に、全体の東北三省ひゃく万平方キロメートルの土地が日本軍に占領され、日本の東北地方の大規模な侵略強烈振動が中国の社会、大衆性の抗日救国運動とすぐに全国の多くの都市と町興る。

9?18事変兵力対比

九一八事変中日の軍事力を対比
兵力数
部隊
駐屯地
中国東北軍
“918”事変を前に、正規軍は16万人、非正規軍よんしよ万人、合計にじゅう万人。
遼寧駐屯軍
独立第ななしち旅王以哲
瀋陽
独立第じゅうに旅张廷枢
錦県
独立第にじゅう旅常に経武
騎兵第さんの旅张树森
省防一旅于芷山
省防二旅団张海鹏
駐洮南
公安隊黄显声
輜重教導隊牛元峰
東北空軍、海軍や憲兵司令部
吉林駐屯軍
独立第21旅赵芷香部
独立第22旅苏德臣部
独立第23旅李桂林
駐在長春
独立第24旅李杜部
独立第25旅张作舟
独立第26旅邢占清
独立第28旅丁超
ハルビン
騎兵第よんしよ旅常尧臣部
省防第いち旅孙鹤喜部
省防第に旅王绍南部
砲兵第じゅう団穆纯昌部
長春
国境軍公署の親衛队団冯占海
吉林省
ハルビン特区公安大隊王之佑部
吉林省
山林の警備隊赵维祥
アムール川駐屯軍
省防歩兵第いち旅张殿九
省防歩兵第に旅苏炳文
省防騎兵第いち旅王南屏
省防騎兵第に旅吴松林
克山、拜泉
独立騎兵第に旅程志远
独立砲兵第きゅう、く団朴炳珊部
国境軍公署の親衛队団徐宝珍
チチハル
フンイエン屯垦軍苑崇谷
索伦
保安大隊窦联芳部
チチハル
日本側
日本軍は東北の正規軍は1 . 5万人余り(第に師団を真っ先に部隊ごとに欠け、兵連隊の歩兵大隊いちごとに欠け、いちの歩兵大隊中隊、全師団約1 . 04万人、ろく独立大隊よんしよ守備大隊、すべて〓中隊、各中隊160人、合計約4000人余りである。また旅顺要塞部隊と重砲兵大隊等)、また在郷軍人や警察などの支援部隊約いち万人。約2万人总兵力。日本軍は瀋陽を中心に展開し、満鉄沿線ように、機動兵力。
第に師団司令部、師団長多門二郎中将
遼陽
歩兵旅団第さん、旅団長穀部写真少将
長春
歩兵第よんしよ連隊
長春
歩兵第29連隊
瀋陽
歩兵第じゅうご旅団、旅団長天野六郎少将
遼陽
歩兵第じゅうろく連隊
遼陽
歩兵第さんじゅう連隊
旅順
騎兵連隊第に
野砲兵第に連隊
第2の工兵隊
独立守備隊の司令官森さえ中将
公主岭
独立守備第いち大隊
独立守備に第2大隊
瀋陽
独立守備第さん大隊
独立守備第よんしよ大隊
独立守備第ご大隊
鉄嶺
独立守備第ろく大隊
重砲兵大隊
旅順
関東軍憲兵隊
旅順
旅顺要塞司令部
特務警察隊
大連
在郷軍人本部
瀋陽


兵力数
部隊
駐屯地
中国東北軍
“918”事変を前に、正規軍は16万人、非正規軍よんしよ万人、合計にじゅう万人。
遼寧駐屯軍
独立第ななしち旅王以哲
瀋陽
独立第じゅうに旅张廷枢
錦県
独立第にじゅう旅常に経武
郑家屯
騎兵第さんの旅张树森
通遼
省防一旅于芷山
山の町
省防二旅団张海鹏
駐洮南
公安隊黄显声
瀋陽
輜重教導隊牛元峰
ようがない
東北空軍、海軍や憲兵司令部
瀋陽
吉林駐屯軍
独立第21旅赵芷香部
宁安
独立第22旅苏德臣部
双城
独立第23旅李桂林
駐在長春
独立第24旅李杜部
イラン
独立第25旅张作舟
吉林省
独立第26旅邢占清
駐在ハルビン
独立第28旅丁超
ハルビン
騎兵第よんしよ旅常尧臣部
農安
省防第いち旅孙鹤喜部
方正
省防第に旅王绍南部
蛟河
砲兵第じゅう団穆纯昌部
長春
国境軍公署の親衛队団冯占海
吉林省
ハルビン特区公安大隊王之佑部
吉林省
山林の警備隊赵维祥
延寿
アムール川駐屯軍
省防歩兵第いち旅张殿九
扎兰屯
省防歩兵第に旅苏炳文
ハイラル
省防騎兵第いち旅王南屏
綏化
省防騎兵第に旅吴松林
克山、拜泉
独立騎兵第に旅程志远
満洲裏
独立砲兵第きゅう、く団朴炳珊部
泰安鎮
国境軍公署の親衛队団徐宝珍
チチハル
フンイエン屯垦軍苑崇谷
索伦
保安大隊窦联芳部
チチハル
日本側
日本軍は東北の正規軍は1 . 5万人余り(第に師団を真っ先に部隊ごとに欠け、兵連隊の歩兵大隊いちごとに欠け、いちの歩兵大隊中隊、全師団約1 . 04万人、ろく独立大隊よんしよ守備大隊、すべて〓中隊、各中隊160人、合計約4000人余りである。また旅顺要塞部隊と重砲兵大隊等)、また在郷軍人や警察などの支援部隊約いち万人。約2万人总兵力。日本軍は瀋陽を中心に展開し、満鉄沿線ように、機動兵力。
第に師団司令部、師団長多門二郎中将
遼陽
歩兵旅団第さん、旅団長穀部写真少将
長春
歩兵第よんしよ連隊
長春
歩兵第29連隊
瀋陽
歩兵第じゅうご旅団、旅団長天野六郎少将
遼陽
歩兵第じゅうろく連隊
遼陽
歩兵第さんじゅう連隊
旅順
騎兵連隊第に
公主岭
野砲兵第に連隊
広島なぎさ
第2の工兵隊
鉄嶺
独立守備隊の司令官森さえ中将
公主岭
独立守備第いち大隊
公主岭
独立守備に第2大隊
瀋陽
独立守備第さん大隊
大石桥
独立守備第よんしよ大隊
連山関
独立守備第ご大隊
鉄嶺
独立守備第ろく大隊
鞍山
重砲兵大隊
旅順
関東軍憲兵隊
旅順
旅顺要塞司令部
旅順
特務警察隊
大連
在郷軍人本部
瀋陽

9?18事変社会的評価

9?18事変国民政府

外交努力
1931年きゅう、く月じゅうく日、中国駐国際連盟の全権代表施肇基国連事件に報告して、国連は公平で、
1931年きゅう、く月じゅうく日、中国外交部部長王正廷、日本公使重光葵厳重な抗議をする;きゅう、く月21日施肇基正式に国連を訴える、
1931年きゅう、く月23日、中国政府はこれについて照会アメリカ政府は、相手が「思いやりが深いこと」。
内部決定と対応
918事件当夜、蒋介石に行くところ江西南昌の船の上、1931年きゅう、く月じゅうく日は上海の新聞て知事が発生するが、不明の状況。じゅうく日夜ななしち時からきゅう、く時の間に蒋電話:“限まですぐに張学良。北京の張副司令勲鑑、良密で、(正)時に南昌、次の上海電知日兵攻瀋陽、東京ニュースによると、日我が軍解体鉄道の計画で、そのようにしてください言い訳、外には魔よけの宣伝、これに対して、近情待ち望みます時电告。中正を皓戌。」可視蒋当時は東北事変詳しく知っている、だから枚の「近情時电告いたします」。自然は九.一八ことの初めに、蒋介石は張学良で抵抗しない命令。
同日(1931年きゅう、く月じゅうく日)南京国民党中央委員会は蒋欠席した場合の会議を開き、主要な内容をご蒋すぐに帰京し、日本側に抗議する。
蒋介石きゅう、く1931年11月21日午後に戻る時南京、つまり国民党中央緊急会議を招集常務委員会は、検討の対日方略。」蒋氏の同意中央常務会議の処理は意見を主張を日本侵攻東北の事実は、先行して国際連盟不戦条約締結の諸国と訴える公理とともに、団結の国内、共国難、我慢してから相当程度、お前から最後に自衛の行動。会議は、「(1)外交面に加え、施設の特殊外交委員会は、日研の意思決定機関、(2)軍事面に派遣部隊の北上助防を検討粤と剿共計画、全部行止め緩;(3)政治の方面、ツイ派蔡元培、張継、陈铭枢三人へ広東に呼びかけて大同団結を抑え、外国の侮り、(4)民衆からは国民政府と中央部が発表してそれぞれ全国同胞本国人鎮静要求を我慢して、努力して団結し、自衛し、信頼国連公理に切れ。」
そして1931年きゅう、く月じゅうく日、日本の若槻礼次郎内閣に確定した「不拡大方針。同日、日本の駐国連代表芳沢中国より通報日本と中国が衝突し、そしてと日本政府はすでに措置を可能なすべてこれを避ける所事件のアップグレード。きゅう、く月22日幣元外相は、中国政府は「在日公使蒋作宾陸軍願いを併合の東北三省、余は視を呑一爆弾。」きゅう、く月24日に日本政府の対外発表した声明の中では、仕事の責任には中国側が、もとは「ほぼ撤回和結軍は鉄道付属地内」と主張する「帝国政府は満州はいかなる領土欲」。(当時の日本軍は、関東軍と日本政府、外務省との間で処理事件の方が確かに分かれ、参照ください上海出版社の翻訳の『日本外交史』)。
1931年きゅう、く月22日、国連電請中日両国の各約束を守られ、保僑、かつ、英仏德意西など国代表継続処理本件。
だから1931年きゅう、く月22日蒋介石は南京国民党党員大会で発表し、「国と国として、亡亡」の演説の「国民は今私に一緻しなければならないで、まず公理は強権、平和に暮らして含愤野蛮で、しばらく柳に撓う態度を取り、夜回り国際公理の判決……今はひとまず含忍、決して屈服。例えば~国際信義条約無効に絶望、平和、忍耐堪え難い、かつは忍の最後に至って、中央では最後の決意と最後の準備をして、その時は必ず全国人民、寧を玉砕、四万万人の力で、私の民族の生存と国家の人格の防衛。」
1931年きゅう、く月23日、国民政府報告書」「全国同胞は「政府は今回の事件について訴えを現在の国連行政会、夜回り公理の解決のため、厳しい命令は全国軍が日本軍の衝突を避け、国民にも必ず一緻して訓戒する、維持厳粛鎮静の態度……我が国の独立を維持し、政府はすでに最後の決心が、自衛の準備、国民の期待に背かず。」
九一八事変発生後、国民政府はしぶしぶ含愤、訴える諸国连、埋める分裂し、抵抗の方針。この方針がないだけでなく日本軍の侵攻に東北立の抵抗の内容に、そして令全国軍が日本軍衝突を避けて、しかし、それと張学良の「無抵抗主義」の区別がある。その鍵は「準備抵抗」。この時固めをじゅういち月に行われた国民党の第4回全国代表大会の方針とその後錦州抵抗の史実を実証し、また、仕事の初め、蒋介石の指示で日本軍が国民政府直轄部隊と守る地域は攻撃を行うべき自衛の方針や、全国の抗日戦争の準備を考え始める史実実証し。
事変勃発の初め、1931年きゅう、く月21日、陸海空軍総司令部参謀長兼南昌野戦司令部参謀長熊式辉南昌には蒋介石転報駐煙台海軍刘珍年さん:「聞いてよい辰電気日本は巧遅く攻め遼寧、皓遅くは省の首府全く占領され、警官隊は武装解除できる。また、日一隻の軍艦て煙港、海軍が今日続てログイン情報。除饬厳重に警戒して、結局はどうすべきか、態度を示す方針を乞う。きゅう、く月22日蒋介石返答:“煙台劉さん勲鑑:日本の侵略は、国連を提出する。その時、私は国は上下一緻、規律を厳守する確定措置を日人言い訳なかれ。だから先に勧告民人、秩序を守るため、公法勿れ作逸脱行為、夜回り国際と国内の団結公理。もし敵海軍に上陆は、当方に曲がる严阵固守するの、中央の命令を待つ。この時は我慢して、力強く、鎮静、ときの。中正養午。」
1931年きゅう、く月22日、熊式辉自エリカに上申する蒋介石を「淞沪を通商巨ベイ、日艦駐輸入できないところが多く、交渉万一速やかに解決し、日本側の拡大行動は、私にとって、要塞、兵器工場及び重要機関施行脅威に襲われた時、私は陸海空軍を追究してどう行動するか?」きゅう、く月23日、「正当防衛する蒋介石。例えば日本軍常軌を逸した行動、我が軍は武装自衛も」同日蒋介石の電報を打つ軍政長官何応欽、指示の対日方略:私をとるべき正当防衛。例えば日本軍の無軌道行動、私は武装自衛。軍政長官も何応欽は同日「戒め全国軍人書」を指摘:私の同胞一方に従うべき政府の指導をお待ちしており、国際公道の解決、一方、尤応は軍人の天職を調達し、自衛の実力がまとまる。
1931年きゅう、く月25日、山東省政府主席は蒋介石に電報を送る韩复榘「我が軍はwei県多加兵力を防ぐため、日本軍が出靑島あるいは煙台済南、侵入。私は決してwei県付近で軍との戦争。全部の計画容もう発表。」
1931年じゅう月さん日、蒋介石から考えて全国の準備計画、決定「北西を政府の第二の本拠地で洛陽西安副都」。
1931年じゅう月ろく日、蒋介石電気示上海市長张群「日本軍が中国で界挑発、我が軍は一の防御線規定、集中配備、待つその攻撃は、抵抗、希と天翼(熊式辉)兄.商決定。
特殊外交委員会の参加によると邵元冲「日本の軍艦記載について来長江の対応は、決定淞沪軍隊と警察長官を厳しく令防御、必要な時に自衛行動を取る。また、日本軍にも侵犯首都、決定を堅持する不屈、期抵抗。」
当時、張学良を「不抵抗」も受け国民政府内の一部の人の厳しい批判。邵元冲(当時の立法院副院長は「いわゆる抵抗しない者は、まず人に発砲する攻撃は、武装軍人エンカウント襲ってからに武装解除する時、猶手をつかねる交機械で言うのかは無抵抗主義者。民族主義、国民の精神の喪失が尽き、不安なども無人の境に怪異族長駆。」(『邵元冲日記』、第774-775ページ)戴传贤(字季陶)、朱培德は1931年きゅう、く月にじゅう日緻蒋介石の電報の中にも、「政府は常に我々の平和、国際上からやってカンフー、然現地が無一舎死の人、お外で啓世界は中国への信頼、内で後代の模範孫立。」(『戴传贤、朱培德蒋氏は九月よい発電」、台北:大統領府帷幕を隠し、『革命文献拓影」、瀋陽事変、第24~25ページ)
1931年きゅう、く月さんじゅう日、国連決議を通じて日本を承諾する。しかし1931年じゅう月はち日関東軍また爆撃。錦州。その後、日本政府と外務省束縛軍に屈しないどころか、侵略軍に追随し、蒋介石、南京政府を見極めて事実から命令、張学良抵抗。
じゅういち月、日本軍に攻めアムール川時間アムール川省省会長代理马占山電気抵抗率の公開部、蒋介石電話を励まし马占山「当方自衛手段を取って、その所属正当。幸頼執事と马占山)瀋着に指揮をとる、勇敢に戦う各将兵が開催败な敵の土地の保全、虞電池をかい何胜憤り」張学良も、電気を示す「死守するなかれ马占山」「退」。~じゅういち月中旬、日本軍の攻撃马占山報告江省、希望に国連報告を制止し、蒋介石电告馬:江省抗戦すでに急開催張副司令派チーム援助」と正式に任命马占山をアムール川省主席。
1931年じゅういち月じゅうよん日、国民党の第4回全国代表大会の第一回大会決議を通じて「厳令各省文武官吏ので、外国の侮り侵入は、正当防衛を厳守し、土地と城存亡は、職場放棄」。会でも作る蒋介石兵を率いる抗日の決定を北上する。
1931年じゅういち月23日、張学良蒋介石電話「警備軍準は平汉線北運、駐どこがいい?中(正)北に駐は石家荘、兄の駐北京は、内外の両立、未知の兄の意?」(蒋の電文も見抜くことができて蒋张の間の関係の名を上下に、実は何枚しかと相談して。あと北上蒋軍隊を派遣する準備が、中央軍に入ることに自分の場所、張は非応答。
黒省陥落後、1931年末、日本軍の進軍し続ける錦州。1931年じゅうに月はち日に対して、張学良諦め錦州、蒋介石電話張:「錦州軍撤退時なかれ。」 張学良無視する。その後1931年じゅうに月じゅうご日、蒋介石は粤側の押されて下野。1931年じゅうに月25日と1931年じゅうに月さんじゅう日、交代で就任の蒋孙科をはじめとする南京国民政府は2度電命張学良「日本攻め錦州は尽力の所および、積極的に抵抗」、「惟日本軍に攻め錦緊急、いずれにしても、必ず積極的抵抗」 張学良が、すべてを拒否し、張無断率の各部の1932年いち月2日に撤退錦州。日本軍はすぐさま占領錦州や綏中一帯で、実現した東北三省の完全占領。

9?18事変中国共産党の態度

1931年きゅう、く月にじゅう日、中国共産党中央委員会の発表《中国共産党は日本帝国主義の暴行事件占領の東北三省宣言』、非難の日本の侵略を「武装擁護ソビエト連邦」のスローガン。
九一八後日本軍をゲリラ九一八後日本軍をゲリラ
中国共産党中央政治局に臨時宣言では、九一八事変の発生、根本的な原因は:「ソビエト連邦プロレタリア独裁がますます強固、社会主義建設空前の勝利を得て、五年計画はすぐに完瞭し、これは帝国主義はとても不利……今、日本帝国主義が支配して中国の東北三省が、帝国主義攻撃ソビエト連邦計画の一層の実現。……外国帝国主義を見て中国国民党は消滅しない軍閥革命を見て、彼は中国の手先軍閥国民党などもう手の曲に回るようの代わりに保護して拡張対中略奪の利益のため、が直接中国領土占領満州。満州事変が最も明らかな表現。」
一言、臨時中央政治局から見れば、日本の自衛東北は、最初の攻撃のためにソビエト連邦、第二は鎮圧のために中国の革命。同様に、彼らもまだ信じている「中国各派の国民党や各派の軍閥根本は帝国主義の手先、張学良と全体の国民党は中国の民衆の彼方日本強盗虐殺の時、高らかに無抵抗主義と平和外交鎮静の我慢、十分に表現した彼らは恥知らずの降伏、民族の利益の面目を売る。」彼らは公開呼びかけて革命の広大な民衆:「全中国労農兵労苦の民衆、断固として必ず一緻する労農革命の勝利では解放を求めるの利益の下に実行し、反帝国主義反国民党の闘争。は広範な大衆の革命鉄拳、才能を帝国主義の暴行は、駆逐帝国主義が中国を離れ!……自然とソビエト連邦帝国主義の矛盾は根本的な矛盾しているので、反ソビエト連邦の戦争は主な危険が、各国の帝国主義の自分が互いに衝突の戦争も日に日に緊迫。全中国労農兵大衆に反対しなければならない苦労で第二次世界大戦の滅亡、帝国主義の統治する中国民族解放の利益の下に断固反対闘争を実行し、一緻強暴占領日本東北三省、実行が帝国主義の圧迫中国の戦争を抱いて、護ソビエト中国反帝国主義反国民党の革命戦争、解放中国。」
1931年きゅう、く月さんじゅう日、中国共産党の再配布「日本帝国主義の東北三省第二次宣言」を強奪する「降伏、帝国主義の国民党を求めて、帝国主義に反対するも、国民党は首には、「殺す」として外部」、「民族統一戦線」は国民党では「全中国の革命の民衆の援護攻撃」から、中国共産党の「日本侵略の東北三省の仕事だけでなく、いささかも軽減中国共産党に国民党支配の攻撃は、それとは逆に、これらの事件からこそ、中国共産党はいっそう努力して打倒帝国主義のツールを中国国民党は中国の統治!」
だから九一八後蒋介石を中止の第3回「封じ込め」に、中国共産党中央が再開について高度楽観的革命の情勢が来た。彼らは再び「中国無数の勤労大衆の革命怒涛めざましく発展しており、革命発展の不均衡を「徐々に向かってバランス」、「中国の政治情勢を中心の中心は、反革命と革命の決死の闘争」、「この革命と反革命の必死の闘争の中であろうと、帝国主義国民党のいかなる卑劣な行為と悪段もいただいて、彼らはもう助からない運命の死運」。そのため、彼らが求めて紅軍に「できるだけをシステムの分散の区打ち解けて」と、「政治軍事順調の条件を得て、2つの中心のあるいは副次的な都市」。
こうした情勢に、中国共産党中央指導区中央局は1931年じゅういち月ななしち日中央区で開かれたソビエト瑞金全国代表大会は、「中華ソビエト共和国公式宣言」を発表しながら、発生中華ソビエト共和国臨時中央政府。
中国共産党中央を全面侵攻は、徐々に奪取国民党支配区、根本的に国民党政権の戦略を展開。それは1931年じゅうに月よんしよ日に、各省庁や各区支局紅軍の各軍政治委員専門が発表した訓令と客観情勢「極端なので、うまく」を省数省のまず勝利は「今日の行動の総方針」。その総任務の下、大江以南の中央区としなければならない湘赣区「完成一面」、「そしてと湘鄂江西、江西の東北の2区密接なつながりに包囲南浔線は江西省の情勢をまず勝利」。「一方、大江以北べきで鄂豫皖区を中心に、安徽北西と鄂东区と鄂豫皖中心区はすっかり打ち解けて、そしてとアボカド北湖北西と密接に包囲京汉道と全体の局面の脅威長江南部のセクション」。つまり、「最も断固としなければならないの怖くないのは私たちの敵は積極攻撃の戦略」、「いかなるあきらめる根拠地の企みを厳しく打撃を受けるべきだ」が、任意の保守と待っても、「ソビエト運動前進の罪人」。
攻撃精神の指導の下、各区紅軍のうちに国民党政府の対応に追われた九一八事変、国民党支配区発起して攻撃。中央区は1931年末、相前後して、寻乌攻略会昌、石城など、安遠県。湘鄂西区紅軍に渡って襄川を経て、钟祥、張截港などの戦いを開けた局面、湘北、クリアした同湖区の連絡を鹵獲するの大量の穀物などの物資を送り返す湖。鄂豫皖区赤軍は1931年じゅういち月発起黄安戦役殲滅国軍は1 . 5万人余り、1932年いち月発動者(城)貯水池(川)戦国軍5000人を殲滅する……中央赤軍1932年に月は発動の有名な「贛州戦」は、上海で一二八抗戦激戦正酣の時、国民党の軍事力を大いに牽制した。

9?18事変日本政府は

緊急を制止して失敗
1931年はち月中村事件命を披露した後に、日本政府外務省東北情勢を注視して。1931年きゅう、く月じゅうご日日本の駐奉天総領事林久治郎电告外相幣元喜重郎「関東軍集結軍は、受給弾薬器材、近くの軍事行動をとるの勢い。」幣元は陸相南次郎に抗議:「このやり方を根本から覆す国際協調を基本原則の若槻内閣の外交政策、決して容認。」元昔気質西園寺公望公爵も勧め南次郎に事を処理するのは慎重に、天皇も谕令南次郎整頓関東軍軍紀。南次郎すると派参謀本部部長建川美次郎作戦東北地方にかけて、東京の意思を伝える。しかし建川と参謀本部は多くの人が賛成関東軍発動の陰謀の派遣を建て、川へ東北のニュース、参謀本部情報課ロシア班班長橋本欣五郎密电告のお知らせ関東軍高級参謀、九一八事変の主な対策化者板垣徴四郎。1931年きゅう、く月じゅうはち日建川にたどり着く瀋陽、関東軍司令部で発生した夜、事変。
1931年きゅう、く月じゅうはち日晩じゅう時半、日本駐在総領事館領事奉天森島守人(時総領事は東北から赵欣伯所を通して中国軍が準備しないと抵抗、お前はじゅう時45分走っ関東軍特務機関へ見板垣を要求、襲撃。板垣取り合わない。森島言わし、花谷正少佐抜刀脅威に「もう干渉統帥権、歯牙にも掛けないできない!」森島戻って総領事館総領事林久治郎に報告。林久治郎に板垣電話も勧め停戦、板垣は聞かない。
内閣不拡大方針
1931年きゅう、く月じゅうく日、日本政府が緊急閣議。南次郎
九一八事変(図に)九一八事変(図に)
軍大臣を強調し関東軍の自衛行動でも幣元喜重郎外務大臣(男爵)に疑いは関東軍の陰謀、そしてしようとする外交手段今回の事件を解決する。1931年きゅう、く月24日、閣議決定した「ない事態がさらに拡大」の方針。しかし関東軍無視して政府の決定は自衛を名乗って、拡大して戦線。
若槻礼次郎内閣総辞
1931年じゅうに月じゅういち日、若槻礼次郎内閣総辞。翌日、犬養毅首相兼外相、荒木貞夫陸軍大臣
五一五事件
1932年さん月じゅうに日、犬養毅内閣の決定に「満蒙市中国本土から分離独立の支配地域で、今後、(日本)その確立助け国家体制。」事実上、日本政府は、今回の事件に受動的に独断専行の関東軍制約される。(同年日本爆発五一五事件暗殺される)、犬養毅。

9?18事変国際社会の

国際連盟派遣調査団事変始末。1932年じゅう月2日に調査団が発表リットン報告し、日本が発動した仕事は中国侵略行為。国連を拒否したため満州国は独立国、日本から撤退させる国連。調査団は事件後一年後やっと発表報告、なるほどは手遅れか――日本国连の非難、引き続き侵略行動。

9?18事変ソビエト連邦面

九一八事変初期から忌憚ソビエト連邦の実力と避けない2線作戦、日本に犯すソビエト連邦東北北部の勢力範囲。1931年きゅう、く月22日、日本の参謀総長電命関東軍司令本庄繁は出兵長春以北、攻撃ハルビン内閣の決定を得なければならない。同日日本内閣も決めて、ハルビンでも告急、出兵の方式を取ってはいけませ保護ハルビン地区日本人。1931年きゅう、く月24日、日本の参謀総長再び電命本庄繁:それでも緊急の変化もない場合、ハルビン方面に進む。
を打診ソビエト連邦反応は、日本の駐ソ大使広田1931年11月28日にじゅう、命令を受けてソビエト連邦副外交人民委員(相当外務次官)プラスラハンかどうか尋ねソビエト連邦アムール川马占山部に提供する教官、武器やつもりかしら出兵に東路。1931年じゅう月29日、政府が日本政府を否定しソビエト連邦出し、马占山や東北に他の軍の支援。
1931年じゅういち月じゅうく日、ソビエト連邦外交人民委員(相当外相)リウイより日本大使広田と会ったときは「それ(指ソビエト連邦政府)重視を守っと現存する日本は関係各国間の衝突奉行厳格な干渉しない政策。それが期待して日本政府の努力を保護現存の両国関係は、自分の行動や命令で考えるべきだソビエト連邦の利益を破壊しない。」また「ソビエト連邦対外政策ファイル集』第じゅうよん巻、モスクワ1968年ロシア語版、第672ページ)ソビエト連邦の干渉しない態度を表明し、日本の関係ソビエト連邦介入を断念するとの懸念から、客観的に励まされた日本軍のさらなる行動。
日本が侵攻してくるハルビン前、再び側と接触を重ねたソビエト連邦、再び「不干渉政策」を互いに不可侵条約締結蘇り、一層確保日本侵略を標的に自分を。これに対して、その後の日本の外務大臣は感激に言って:「満州事変ソビエト連邦政府は当初、標榜中立と干渉しない方針が合意し、日本軍に東路輸送、フルンブイル事件の時、救援日本在留民に大きく寄与した援助。さらに、ソビエト連邦政府にかんがみて事変の進展は、昭和六年末に向けてのご提案を互いに不可侵条約締結。」また「内田外務大臣は第64回帝国議会演説」(1933年いち月21日)、「日本外交文書」(昭和II)に—に、日本外務省は1997年版、第よんしよページ)ソビエト連邦態度を知った後、1932年いち月28日、日本の参謀本部の承認に進出し関東軍ハルビン。
しかし、ソビエト連邦互いに不可侵条約締結のこと、日本では冷たいと消極的な態度。1932年じゅういち月きゅう、く日、ソビエト連邦外交人民委員加ラハン待ち合わせ駐在の日本ソビエト連邦代理大使天羽英二を提出し、ソビエト連邦日本と締結相互不可侵条約、そして欲と偽満州国互いに不可侵条約締結し、すぐにこの問題について協議を提案。しかし日本から反共反ソの立場や、米欧の反感の考えたくない、再びを断る。

9?18事変アメリカ反応

九一八事変(図さん)九一八事変(図さん)
1932年いち月ななしち日、アメリカ国務長官ヘンリー・ルイス・史汀生日本へと中国発表照会を宣言し、日本の満州の侵略は、中国の領土の内政干渉に違反したヴェルサイユ講和条約ため、アメリカ政府はこれを認めない。と呼ばれる「史汀生主義」。中国と当時ヨーロッパ各国がこれに対して普遍的に賛同しているが、日本はこれを無視する通達。アメリカ「9?18」事変の反応の経験から見て消極的、と国連合して、また「認めない主義」の過程で、総傾向に向かって強硬な方向に発展する。しかし、アメリカ国内の孤立政策は強く実質的な行動は、アメリカ反応は日本の封じ込めは弱弱しい。

9?18事変中国の民間

九一八事変後、「申告』をはじめとする新聞を代表して中国国内で呼びかけ民間を巻き起こした日本品ボイコットを求め、抗日救国生存をはかるの声。
申告の関連報道
  
文章標題 発表日期 所在面
日本軍が大挙して侵略東省 1931.09.20 3 . 4版
昨日は学校が韩侨総会 1931.09.27 じゅうご版
抗日救国大会開催 1931.09.27 じゅうよん版
抗日救国大会開催 1931.09.27 じゅうさん版
東北の後の津のニュース 1931.09.27 じゅういち版
長春失陥する経緯 1931.09.27 じゅういち版
長春失陥する経緯 1931.09.27 じゅう版
大挙してやぶれ東北 1931.09.27 じゅう版
公電 1931.09.27 じゅう版
抗日救国運動 1931.09.27 はち版
おもてなしの首都ジャーナリズム 1931.09.27 はち版
抗日救国方策について 1931.09.27 はち版
受信東北大学 1931.09.27 はち版
国産品が提唱する今日大会 1931.09.28 じゅう版
各省災振昨訉 1931.09.28 じゅう版
抗日救国運動昨日聞く 1931.09.28 じゅう版
抗日救国運動昨日聞く 1931.09.28 きゅう、く版
版杭州 1931.09.28 はち版
瀋陽で紙を占める 1931.09.28 はち版
瀋陽惨变目撃談 1931.09.28 はち版
林宗素吿の女性の同胞の本 1931.09.28 ななしち版
同郷紹大会開催 1931.09.28 ななしち版
抗日救国運動 1931.09.28 ろく版
踏み付けられて帰国し 1931.09.28 ろく版
枚かどうか未定上京 1931.09.28 ろく版
師弟はパニック状態にまで平 1931.09.28 ろく版
長春などで日本軍が撤退 1931.09.28 よんしよ版
長春などで日本軍が撤退 1931.09.28 さん版

9?18事変歴史の影響

9?18事変第二次世界大戦の幕が開く

九一八事変はにじゅう世紀さんじゅう年代初期に起きたのは中国東北の衝撃は国内外の重大な歴史的事件。それだけでなく、日本の帝国主義は武力で中国を徴服することからもファッショの国は世界の第1を侵略を戦火、その爆発のマークがアジア戦争策源地の形成と第二次世界大戦の幕が開くと同時にそれを破ったのは、第一次世界大戦後の形成の比較的安定している世界の構造。

9?18事変社会の性質変化

毛沢東がはっきりと「以来、一九三一年九一八事変、日本帝国主義が中国を侵略してまた武装以降、中国の植民地になって、半植民地や半封建社会。」“918”事件後、中国東北部には日本の植民地、それに日本侵略を徐々に向华北地域を拡大し、中国社会の性質が変化し、中華民族を得た空前の覚醒と団結。

9?18事変民族の団結と抗日

九一八事変はタイムリーに全国人民打診半鐘は、「中華民族が最も危険な時!」ますます中国人との共通認識。民族危機感が徐々に深めの過程の中で、民族の責任感も急速に向上し、実踐、多くの愛国知識人の積極的な政見を発表すると主張、全国人民に「徹底的に呼びかけ明瞭国難の真相!」「人は自らの身を切られると見なすとは、決死の精神、団結して積極的な努力と苦闘して、広大な民衆と各界の人々の様々な形で積極的に抗日救国運動。
国共両党は当時の中国の二大政党、九一八事変後につれて、中華民族の空前に目覚め、民族団結が強まり、両党の民族の使命感に強めて、有力な促進した両党の再共演して、東北地方から北西地域、最後発展全中国、ついに開いた団結侮りに抵抗する、共同抵抗日本帝国主義の侵略の新局面を実現した民族の固い団結。

9?18事変歴史紛争

長期以来の過去も九一八事変に東北軍が抵抗しないためには、蒋介石の命令を下した張学良抵抗なく、張学良の部下を主とするいくつか人は回想録でも何度も出てくる。しかし、海峡両岸の各種資料の披露、特に当事者張学良晩年に自由に口を開けて、発見して、これらのいわゆる蒋介石に指示命令と抵抗なく張学良の多くは空口无凭かつ適わない史料の検証。1991年にその自由を取り戻す後、張学良のいろいろな場所で何度も認め「不抵抗」を決定は完全に自分と東北地方の高層の行為は、蒋介石とは関係ない。

9?18事変電気と洪钫フライス

蒋介石の命令について張学良無抵抗な言い方で、最も有名なのは洪钫の「ミーリング電気。洪钫は張学良九一八当時部下、陸海空軍野戦司令部副司令官事務局の機密室の主任。彼の年後の思い出、1931年はち月じゅうろく日蒋介石に張学良はかつて1通出した電文を命じ、対日に抵抗しないで、そして思い出電文内容は:「北京。張副司令ご高覧。極秘。いくら日本軍はその後どう東北に挑戦し、当方に抵抗しないなければならない、力避衝突、貴兄.兄さま万なかれ逞一時の怒りは、国家の民族をよそに置。中正。」これはいわゆる「ミル電気」。
張学良別の部下赵镇藩(時任東北軍第7旅参謀長、北兵営に駐屯しているを守る者)も思い出によると、彼は張学良を回転してくる蒋介石フライス電気」、「主な内容は:を政策に抵抗しないで、極力譲歩し、衝突を避け、くれぐれも「逞は一時の怒り、その国家の民族をよそに、希転饬順守執行」などの語」。
そして洪钫思い出、張学良は「ミル電気」转知東北各軍事担当官长一体遵奉する。長期以来多くの歴史学者が大陸に洪钫この思い出と赵镇藩べきとして九一八事変前蒋介石は命令張学良無抵抗な証拠。でも調べて九一八事変前後、張学良と東北高層他官长の間、張学良を代表の東北の高層と蒋介石と南京政府間の往来の原始電報ファイルにはない、一度「ミル電気」者。例えばという「ミル電気」の影響を受け「魚電」、1931年きゅう、く月ろく日張学良緻遼寧省政府主席臧式毅、東北国境軍司令長官公署参謀長荣臻電文の抵抗しないで、張学良は誕生未言ったいわゆる「ミル電気」。
1951年ななしち月、臧式毅撫順戦犯管理所で書いて思い出材料にも言及、張学良だけ「魚電」で言及していない九一八事変前蒋介石曾发「ミル電気」に張学良。これと洪钫思い出と張学良はフライス電気内容转知東北各軍事担当官长と合わない。事実は、「ミル電気」原本海峡の両岸のすべての公文書館でも調べられない。台灣の歴史家刘维開かつてを探し回っ台灣保存蒋介石ドキュメントの最も完全な「蒋中正大統領ファイル」(通称「大渓ファイル」)も見つからない「ミル電気」のファイル。
21世紀の最初の数年は、人によって窦应泰張学良三次口述歴史》1本、「ミル電気」原本を保存するアメリカコロンビア大学「毅オギ書斎」のショーケースに。大陸の歴史家楊天石自ら窦应泰電話で確認され、答えは「この本不足为据」。最も肝心なのは、晩年に張学良自由に、自分で何度も唐德刚らの存在を否定して電気フライス。

9?18事変何柱国と

東北軍将校何柱国かつての思い出、1931年きゅう、く月じゅうに日、蒋から漢口で、張北平から、二人は汽車は河北省石家荘面会、蒋張は「最近、信頼できる情報を獲得し、日本軍は東北すぐに着手して、私たちの力が足りなくて、戦うことができない。私は考えてください国際連盟正義を主宰し、平和的に解決する。私は今度君と会い、最も主要なのはあなたの厳命東北全軍、凡に日本軍攻撃、一律には抵抗……」。しかし今も証拠がない表示蒋はかつて枚石家荘で面会や言ったこの話。
今は、蒋介石と張学良のスケジュールは否定した蒋、張河北面会の。に基づき蒋中正大統領からのファイル:略伝」によると、1931年きゅう、く月じゅうに日蒋介石一日は南京で「午前、奥さんとなどから日保城浙江軍記念塔ピクニック;午後、吴忠信執粤側汪兆铭答電」。吴忠信の日記で、彼は当日も確認と蒋南京で面会(参照『呉忠信日記』、民国にじゅう年きゅう、く月じゅうに日、台北党歴史編纂所蔵のコピー)。蒋作宾の日記には、確認じゅうに日張学良北平新駐日公使を接待しました蒋作宾当時、依の交通事情も不可能にまた石家荘。だから何柱国の言い方は証拠にならないの。

9?18事変郭维城と

1934年が機密秘書を務める張学良の郭维城(彼1933年に中国共産党の秘密の党員)は、思い出は「918事件当夜、蒋介石は十数回に函張学良は電気抵抗」。しかしこの言い方によってもないため、当時の蒋介石は船で南京から南昌剿共指揮に行く途中、蒋介石の日記も、証明蒋当夜知らない九一八事変の勃発。

9?18事変徳さんは言う

1934年にやっと張学良手下。徳さんはかつての思い出と、西安事変を前に張学良は自分で言うことに対して、蒋介石は九一八事変発生後の2日内に過ぎない张发命じ抵抗の電文、内容は「瀋陽日本軍の行動として、地方力避衝突事件を起こさないように、事態の拡大。すべての対日交渉を聞いても中央処理。」しかし同じ徳田の思い出は、得られない最初の手の書類の証明、この電気はいかなる档案館も調べられない。そして、九一八事変発生後二日以内に、蒋介石が事件は不明ではないから、こんな電報。史料によれば事変同夜、蒋介石に行くところ江西南昌の船が、翌日は上海の新聞て知事が発生、夜ななしち時からきゅう、く時の間に蒋初めて電話張学良され、蒋当時は知らない事変詳細、だから枚の「近情時电告いたします」。徳田の思い出を明らかにすべきは当てにならない。

9?18事変張学良態度

何度も「張学良晩年について九一八事変」の時に抵抗しない責任問題。彼は繰り返し説明して、“九一八事変」を抵抗しない者は、彼は自分ではなく、国民の中央政府。彼は自由獲得の場合はこの問題の相談。
1990年、日本放送協会の張学良張学良インタビュー時、「九一八事変」に、「私は日本の軍事行動に挑発を利用して、だから私はない抵抗命令。私はこの事件を平和的に解決することができる。……私は「九一八事変」の判断は間違っていた。」「私はたくない事件を拡大し、政策に抵抗しない。」「当時はまさか日本人に大規模な攻撃に乗ることができないので、判断、日本軍の挑発で拡大事件。」「多くの学者は国民を下した中央政府抵抗なく指示、中央無責任、私は「九一八事変」に無抵抗の責任に中央政府。」
1991年張学良渡米ニューヨーク期間で、彼はまた主動要求とコロンビア大学若い留学生座談抗日戦争の歴史を誘発したことから、兄に張学良大口述歴史と協力して、彼の口述歴史記録の仕事。
1991年ご月28日、張学良ニューヨークマンハッタンに城を受けニューヨーク貝公館東北同郷会会長徐松林添い遂げる报人李勇などはち人のインタビューで、ある人は質問「大陸で撮影中の映画『西安事変」によると、蒋介石の下に親書の知らせが、きっとあなたに日本の侵略に抵抗しない政策をとる。果たしてこの道親書の知らせですか?」張学良即答:「私たちは自分で選んだ東北軍に抵抗しないの。私の判断では日本人は占領全中国、私は認めない彼らの侵略意図から、できるだけ日本人刺激を避けて、彼らに拡大しないど口実。「打たち、叱らない言い返す」は私の命令、蒋介石とは関係ない。」
有名な華人歴史学者唐德刚は張学良の招きを受けて、彼のために录载彼の口述歴史。唐记を載せた張学良答えを「九一八事変」に抵抗しない問題の1段の話。張学良と唐德刚談話の記録では、「不抵抗命令」は、以下のような記述が:"私は厳粛に声明は、抵抗しないことについて、「九一八事変」に抵抗しないだけでなく、本というのが、多くの人はすべては、中央の命令で、来て私のためにのみ。そうじゃない。その無抵抗の命令は私の下の。言えない抵抗は中央の命令で、絶対にの。」張学良は「あの無抵抗の命令は私の下の。私のいわゆる抵抗なく命令とは、あなたは彼と衝突、彼の挑発に、あなたは彼を離れて、彼を避け。」彼の説明を当時彼はどうして抵抗なく:過去の日本への挑発に、ずっと「大事小に化して小事無に化す。私は当時も小事無に化す。……東北の事、私も日本人の様子を見て分かる、……私はまさか日本大胆にそんなに来と武力侵攻で全体の東北――取引者注)、私はこの件について、事前に予期せず、情報も足りないと、あたしが封地大官、私がこの責任を負う。」張学良説明:「これは私にあなたの解釈。抵抗できない、これを诿中央すぎる。」
唐德刚教授は「笑って感慨を聞いた50年以上、というか、あなたには蒋公の命令か!」「……あなたにも蒋公電報を打つ、貴兄.兄さま万なかれ逞一時の怒り、置民族国家をよそに。あなたのかばんを持っていると、いつでも電報原稿を身に置く。」唐教授に聞いて張学良打診。張学良答えます:“出鱈目、うそつけないこと。私はこの人の話は、私が真面目な話。そんな、私は他人诿すぎない。事実、私は声明の。最も大事なのはこの点。このことは人のことは、私自身のことは、俺の責任。」

9?18事変後世に記念

9?18事変記念館

1991年きゅう、く月じゅうはち日、中国政府は瀋陽で開放した9?18歴史博物館。日本の前首相橋本龍太郎1997年の訪中時にお邪魔したこの場所に書い和を以て貴しとなす”になり、入って同館の第一個の在位日本首相。
は瀋陽の九一八歴史博物館のほか、遼寧遼陽市の白い塔公園内に、また1基の九一八事変企画に記念館と呼ばれる、当時Baita会館。事変前の日に、本庄繁と関東軍主任参謀石原莞爾と関東軍高級参謀坂垣徴四郎駅前のホテルで開かれた事変前Baita陰謀会議。

9?18事変防空警報

きゅう、く月じゅうはち日は多くの中国人は「国恥日」、中国民間の要求をきゅう、く月じゅうはち日注文を国恥日の訴えが時々出。瀋陽は1995年から始まり、毎年きゅう、く月じゅうはち日の夜に鳴り響く防空警報さん分、警示民衆国辱忘れず。現在、すでにハルビン、長春、昆明、合肥、杭州、ウルムチ、南昌、チチハル、金華、本渓、太原、西安など100ぐらいの都市を選んで毎年きゅう、く月じゅうはち日防空警報を鳴らす。