吴昌硕

吴昌硕(1844.8.1—1927.11.29)初名ジュン、別名の俊卿、字昌硕、また署倉石、蒼石、多くの別称、よくある者は倉碩、老苍、老缶、苦鉄、大聾人、石尊者など、缶。浙江省孝丰县鄣吴村(今湖州市安吉県)人。清末民国の時期の有名な国の画家、書家、彫刻家「後答え」代表、杭州西冷印社初代社長、と任伯年、蒲华、虚谷併せ「清末答え4みんな」。彼は集「詩、本、絵、印」を一身、融金石書画を一つ炉と呼ばれて「石鼓篆書初めての人」、「文人画最後のピーク」。絵画、書道、篆刻には旗性の人物、詩文、金石などの面で高い造詣。
吴昌硕
吴昌硕熱心提携後進、斉白石王一亭潘天寿陈半丁赵云壑王个簃沙孟海その指授などは。
吴昌硕作品集『吴昌硕画集』『吴昌硕作品集』『苦鉄のばらばらな金』『缶廬友による』『呉苍石印譜』『缶廬印存』など、詩集『缶廬集』。

吴昌硕人物の生涯

吴昌硕少ない学書画

二十四年(1844年)はち月いち日生まれ、浙江省孝丰县鄣吴村の読書人。幼い
吴昌硕画像吴昌硕画像
父に従って読書後に、就学、隣村塾。じゅう余歳時喜刻印鑑は、父親を指して、初めにこつ。
咸豊10年(1860)太平軍軍と戦、浙西、家族で乱ははげ山野穀中、弟妹前後で飢饉。後は家族とはぐれ、身代わりし日雇い、雑用に暮らす、前後して湖北省、安徽省などに亡命して数年。
同治4年(1865年)、中秀才。年、海上先輩の名家任薰週間閑協力、吴昌硕絵画のような。
同8年(1869年)に、日本への杭州、就学にを解釈する経精舎から、名儒俞樾習小学校及びレトリック。編成『樸巢印存』。

吴昌硕広い結び目の友達

同治十一年(1872年)、上海への認識、が南寧の高い
光緒六年(1880年)、寓吴云(平斎)の2礨軒、「篆書雲階印存」を教えてもらって、吴云の刪除、名称が『削り酒器廬印存』。識吴秋农、金心兰、顾茶村、胡三橋方子昕など。と杨岘(山)と友達。
光緒の8年(1882年)に次いで、蘇州。友人の推薦で生計を維持し俗吏。沈石友結び目を友達と市玉山。
光緒の9年(1883年)、上海識任伯年。任伯年を作『亭长小像』。
光緒の13年(1887年)から、上海、任伯年を作《シュロ蔭納涼図』。
光緒の十五年(1889年)、蘇州。来訪時伯年、作『酸寒尉像』は、題詩。施旭臣、谭复堂『缶廬詩』の序文を書く。
光緒16年(1890年)に次いで、上海。識吴大澄
光緒十八年(1892年)、任伯年また作『バナナの蔭納涼図』。
光緒の19年(1893年)、上海选壬辰年以前に詩を書いて三巻刊行、題名「缶廬詩』。
光緒二十(1894年)、北京で贈る詩や印譜翁同龢
吴昌硕と王一亭など西冷印社员の写真吴昌硕と王一亭など西冷印社员の写真
日中戦争が勃発し、参佐任安东県知事まで見ることが出来、一月すなわち辞め。

吴昌硕書画に取り組む

光緒26年(1900年)、日本の河井仙郎投げの門の下。
光緒二十八年(1903年)、自订揮毫料の標準。编选壬寅以前に詩を『缶廬詩』第4巻は、一緒に前刊三巻、「別存」1巻合を一冊。
光緒三十年(1904年)、移住桂と坊じゅうく号、名はその斎曰く「癖斯堂」。趙事赵云壑)投門下。
光緒三十五年(1909年)、上海に上海豫園書画善会。
民国元年(1912年)から杭州と西冷諸友宴集。始は字。
民国二年(1913年)、西冷印社成立、任社長。秋、梅蘭芳が。と王一亭結び目を親友。王一亭上海でのビジネス、金融界のプロモーション吴昌硕ラピスラズリの書画芸術させ、名声を馳せる。
民国の三年(1914年)、王一亭を吴昌硕は63園では一生第1回の個展を呉派の芸術から日本に理解と尊重界。上海書画協会が発足し、会長。
民国四年(1915年)、上海「問題の襟館書画会」を押しさんと名誉会長。
吴昌硕と王一亭吴昌硕と王一亭

民国六年(1917年)、吴昌硕继配施氏夫人は上海で亡くなった。
民国の9年(1920年)、日本初出展長崎その書画に続いて、東京文求堂刊『吴昌硕図譜」、長崎双樹園刊行《吴昌硕手本。诸乐三列をドアの弟子。
民国十年(1921年)に、日本への杭西冷印社宴集。『漢三老碑日商感』に、西冷同仁奔走し呼びかける、作画バザー、結局募金八千代大洋を碑償還。日本の朝倉文夫銅像を範。
民国十二年(1923年)から、潘天寿諸闻韵紹介して頂点に達し、撰聯を贈る。ドアの弟子陈师曾亡くなった。
民国の14年(大正14年)から、沙孟海王贤列を引いてドアの弟子。は亡き師友週間閑遺作『花卉長巻』をし引首問題。

吴昌硕病死上海

民国十六年(1927年)十一月二十九日死去し、上海のマンション。
中華民国22年(1933年)十一月は浙江省、墓を移す余杭県塘栖近く超山報慈寺西側山麓宋梅亭サイド。

吴昌硕人物の成果

吴昌硕篆刻

少年時彼が父親の薫陶を受け、すなわち喜び作の本、刻ん。楷書始学颜鲁公継学钟元よく、隷書学漢石刻、篆書学石鼓文筆の法を受け、初邓石如赵之谦らの影響もあり、以後は臨書いて「石鼓』に解け合う融通をきかす。行書て黄庭坚王铎筆勢の欹側、黄道周の構成され、その中は北碑書風や籀篆書筆の影響で、大きな浮き瀋み力強い潤峻险。
吴昌硕篆刻から「浙派入手後」、専攻漢印である邓石如、吴让之赵之谦ら、影響がもし、または対角欹斜め、気象高く険しくて、構図ブロック面はボリューム感が強い。溶けて筆刀、篆刻雄で媚、拙で樸、醜で美、古今がまさに。鼎彝を取り、汲む秦漢は、「鋒鈍角」のカッターを钱松、呉退けるの切り取り、衝の2種類太刀捌き結合印鑑を彫る。
吴昌硕継承前人衝刀法と切っ剣術の優れた成果を基礎に、融諸家の長は、大量の篆刻創作の実踐の中で、絶えず探求、衝刀とカッター2種類の剣術を融合させ、自分のダイカット結合形成の刀法。この刀法の柔軟、または衝に切り、またはする帯衝を削り、甚だしきに至っては的中する……このような変化の剣術、衝の猛利刀を、挺劲、爽快とカッターの含蓄、質樸と相まって、本は意や刀の意を示し、彼の篆刻剣術雄質樸茂に寓秀逸の個性化の特徴が浮き彫りになった。
不完全剣術は吴昌硕篆刻創作中の1種の常用手法。私達は知っていて、秦漢古印が、長い年月を経る、水と土のエッチング、自然の風化、印刷面や文字にラインを失ったもとの凹凸やあらさが歯の抜けたよう。まさにこれらの不完全に私たちは古風で質樸で、含蓄があって、雄渾、蒼拙など、特殊な審美の効果は、自然の営みがそうさせる。吴昌硕上手は細工が巧みで、伝統の沖、切刀法の基礎の上に、輔の叩き、撃、鑿、磨砂でし、靴底、釘ファーストて豊かな篆刻芸術の表現手法を創造的には篆刻芸術に石ラピスラズリ刀効果の味、上昇して不完全美の審美の新しい境界。
主な篆刻作品:《寿山老坑巧色雕獅ボタン』『作は天下のこと』『読み尽くす千古書』『良い学を福」「黒靑田』『一月安東令』『湖州安吉県』『泰山殘石楼』『庭師は梅洞長穴に竹ひご』『暴書』『千尋竹斎』『千尋竹斎』『さん刻吴俊卿手紙印日利長寿』『安吉呉俊章』『雷·」「新鮮新鮮なクリームの中で菊」「帰仁に民。

吴昌硕絵画

内容
絵画の題材は花を主として、偶数の作も山水。前期任颐指導を得て、後は参用赵之谦画法を広く集める徐渭、八大、石涛と揚州八怪諸家の長兼用篆書、所属、狂草筆意それでも、色が深い墨がいっぱいで、勇ましい古拙も創変容。その作品全体が重い、勢いで、「奔放で離れない法度精微で、世話気迫」、富んで金石ガス。筆で、施墨重んじ、敷彩、題項、捺印するなどの疏密程度、配合よろしきを得る。吴昌硕曰く:“私は平生の有能なのは本の法作画で作。」
彼は篆書書き梅蘭し、狂草ブドウ。花卉木石し、筆の勢いが強い非常である、雄、レイアウト、斬新な構図にも近い本印の構成が布の白、喜びを「の」の字と「女」の字の構造、または作対角斜勢。色を使うように赵之谦で、好き浓丽対比の色、特に西洋的紅色濃艶。
吴昌硕で「草篆書」状の物を求めないそれでも、写実を形成し、影響の近現代中国画壇の率直に言う度量、とても気持ちいいの「大写意"筆墨形式。
彼が好きで、梅、書いて大篆と草書をの筆法、墨梅紅梅を兼ねて、絵、紅梅水分や色の調和具合といい、赤紫縞、筆墨思う存分。また喜作ラン、喜はあるいは濃くや薄い墨で描いてと篆書筆法、力強い。絵を塗る竹淡墨軽く、葉は濃い墨時、変化に富んだ、または疏密縞に伴う松、梅、石など、「双清」や「三友」。それでもも彼はいつもの題材を伴う岩、またはイラストは高くて痩せている古瓶、菊情状をなす。菊の多い作黄色、あるいは作赤黒いキクと赤の菊。赤黒いキクは焦墨菊の葉を描いて、大金をまく、濃淡の縞。
晩年の多い画牡丹、鮮やかな紅着色、水分が多く含まれている、また茂った枝似合う、怒って盛ん。ハスの花、スイセン松柏それでもの題材にもよく。
野菜や果物、野菜、ひょうたんのような竹の子、かぼちゃ、桃、ビワ、ザクロなどもいちいちそれでも、極めて生活の息吹。推賞週間閑果実の野菜のスタイルは、作品を墨で色を、雄渾で、近世花鳥画深い影響を与える。
主な作品:「南天花卉』『図』『墨荷図』『五月ビワ図』『杏図』『花卉十二屏風』『梅」「花卉4画面」「牡丹」「蘭石图』『トルコ石図』『花』に絵の「藤図』『雑画集(のー、二)』『依样』『天香露図』『杞菊延年』『泥盆菊略図』『牡丹図』『雄丹水仙図』『大富貴」「仏像図』『富貴神仙図』『紅梅図』『薔薇に枚芦オレンジ図』『秋艷図』『三千年丈夫」「人物」「三千年丈夫の桃』『神仙福寿』『石梅』『セキチク図』『松梅図』『岁寒交図』『桃の実図」「果物」「燈の下に乗って本を読んだ」「絵」など姑蘇糸。
特徴
①金石息:吴昌硕絵画芸術の特色は初めて石息。いわゆる金石の雰囲気とは、钟鼎で鋳造した金文と刻んだ石碑の文字が持つ味。例えば誰かの絵が金石息、実はこの評論基準は吴昌硕からの絵画の風格の出現以降ならではの。例えば、人々と徐青藤、八大隠者の時、これまで聞いたことがない彼らの絵が金石息評価。
筆力雄勁②:吴昌硕絵画芸術の二番目に大きい特色は筆記雄渾。いわゆる筆力雄勁とは、その絵のタッチで誠実、迷い、むごいが丸い、雄の強い力を感。人々によく言わ吴昌硕絵画の息吹が厚く、とても重く、書画に輪に人の言い方は「筆の穂」は大きい。いわゆる「筆の穂」が大きく、わけではないが、彼は用の筆はとても大きくて、、彼の言葉遣いの息吹が非常に重厚、筆を続けて、浑金璞玉で力強く、紙背に、風格が豊富で、活き活きした気がみなぎる。
吴昌硕作品吴昌硕作品

③着色の浓丽:吴昌硕絵画芸術の第3位の特色は着色の浓丽。過去の人々はいつも中国画をやってないあんなに色で、多すぎる色俗っぽいやすい。でも、张俊东は指摘して吴昌硕絵画、特に濃い墨で、着色も特に大胆、特にあでやかと浓丽。例えば、吴昌硕描いていた多くの牡丹の多くは大人気だが、とは思わない下品な、しかも非常に文人のそんな気骨。だから张俊东は、中国画の着色の鍵はいくらで、誰とどうやってでで。
吴昌硕作品吴昌硕作品

④変化に富む
吴昌硕絵画芸術の第4位の特色は筆と墨法は変化に富む。この中で体現しているいくつかの方面でまた。张俊东例を紹介し、例えば吴昌硕絵の菊の時、1本の菊の花をもプラス、サイドの、静的な、ダイナミックな、非常に豊かに描いて。

吴昌硕書道

吴昌硕の楷書、学び始め』は吴昌硕71歳の時を記念西冷印社成立書くの碑文、修辞と書道のセクシー、吴昌硕人书ともに老時期小篆芸術スタイルの傑作。

吴昌硕詩文

吴昌硕善作詩文、苦吟数十年も途切れ。その詩文、奇抜な、故事を引用するが多く、あまり通俗。しかし一部の絶句純用平面描写、活発に近い自然、口語は明るいが人並みすぐれているのが特徴で、スタイルに近いと民謡。ちょっと絶句は活発で自然に近い時、口語を含んで、皮肉、体現生活実感。にし题画詩を託して深い、すこぶる浪漫主義の息があります;評論先人の書画、尤多い優れて見識。若い頃に五言古詩、一部皮肉を含む、当時闇社会のいくつかの不平現象。彼の作品は多く散文を書いて、大部分が序文と跋文、考証と题画小品など、書いたのはすべてとても質素で雄壮である。题画小品に苦心作尤多。述べ表す生活感、むち打つ醜い現象ができる寡を以って衆に当たる;時ぼんやりと読んで著者と一灯に対して、弁舌さわやかに語る意味深長、非常に。

吴昌硕刊行作品

『樸巢印存』、施旭臣(浴リットル)撰序を同治九年、歳は庚午(1870年、時
吴昌硕花卉冊吴昌硕花卉冊
吴昌硕27歳)、吴瑶华跋。扉絵オさんは「パク問題篆書巢印存」の4字で、別のタイトル「金钟玉磐山房印学」八字。譜にさん若い手漉きの五言8詩「试帖詩」6曲の墨跡。共捺印する103方ないながら、金を和綴二冊、未刊。
『蒼石斎篆書印』は、問題の日:「同13年(1874年、31歳)甲戌春仲問題于芜园逸光。」
「齐云館印譜」、「吴俊昌て自署石。1876年(32)。
「篆書雲轩印存』、1879年(36歳)。『鉄函山館印存》、1881年(38)。
『削り酒器廬印存』が2冊、四冊本や一冊本、ふだんついでに印鑑を彫る後印判拓のページがばらばらに印を見るので、今装丁の良い本で、印刷部数多寡があるが、内容も異なる。本は、光緒癸未1883年(40)。が徐康光緒の9年(1883)二月問題意識。
『元カバーする廬詩集』、1885年(42歳)。
『缶廬印存」、初集四冊本、扉や自記の木版画版、1889年(46)。プリント63側、添えながら項、杨岘問題意識とオさん自記。
『缶廬詩」3巻、また集题画詩、硯銘など署日「やめて存」、1893年(50歳)。
『缶廬印存」二集編成、四冊本、存印付き51側、印款、オさんは問題。1900年(57)。
「吴昌硕石鼓模写」、1902年(59歳)の本、日本へ平尾孤1960年発表の『本品』101号で。
「観自得斎徐氏所蔵印存」6巻、光緒壬寅(1902年)、徐士恺集吴昌硕刻印割、存印149側のうち、じゅうさん印係吴昌硕を徐氏所時、添付印款、徐士恺序。
「吴昌硕石鼓文墨跡」、1908年(65歳)の本、すなわち钱经铭蔵本、谭泽闽題冊曲。1979年上海書画出版。
『呉苍石印譜』の4冊1911年正書局から出版されて。
「吴昌硕石鼓文』で、钱经铭吴昌硕65歳(1908年)模本刻まれ入石、1910年に上海を求めて古斋印石刊本行世。
「吴昌硕さん花卉帳」、1914年(71歳)商務印書館出版発行。
『缶廬印存』三集四冊本、1914年(71)上海西冷印社刊行。葛昌楹(本が特徴)序、吴隐(石潜)碑文。存印58側、添え印款。4集四冊本は吴隐「近に訪問獲あるいは借りの友人」の作品、徐印47側、添え印款、吴隐序。
「吴昌硕臨石鼓文」、「甲寅だけ問題(1914年、71歳)六月臨また刻日閣北宋本石鼓全文。」上海大衆書局1914年普及本、鈍い根題簽。
『西冷印社記』で、1914年吴昌硕文章を書。
「苦鉄のばらばらな金』の4冊、1915年(72)上海西冷印社石版刊行。その中の一冊を「石鼓文模本」。
「吴昌硕臨石鼓墨跡」、1918年(75)模本、上海人民美術出版社1988年出。
『缶廬印存」8巻、張弁護群集拓さんの刻印。1919年(78)。
『缶廬印精拓』1冊本、この譜をオさんは自刻自家用印拓にその友達の潘飞声者、貯蓄印36側。1919年、自集刊、潘氏のつづり。
「吴昌硕、趙事集』、孙雪泥集は、1920年(79)。
花卉4画面花卉4画面

吴昌硕人物評価

中国網(『吴昌硕』):
吴昌硕ブロンズ像吴昌硕ブロンズ像
上海流の後期の名人級の人物として、吴昌硕は我が国の近現代書画芸術上の重要人物、彼だけあって、1世代の師匠。彼の芸術に影響した後の多くの画家、多くの近代的な絵画巨匠やその門を出たり、芸術の影響を受けて。例えば近代の「答え」、「北京諸家派」の陈师曾、斉白石など、また像黄宾虹、潘天寿、傅抱石、李可染などの影響を受け吴昌硕も全部。
中華人民共和国政府網:(吴昌硕)わが国の近現代書画芸術発展の過渡期の重要な人物で、詩、本、絵、印」が四絶の世代の師匠、清末民国の時期の有名な国の画家、書家、篆刻家は、中国書画界画期的な人物。
画家斉白石(『白石詩草』):①青藤、雪个、大濯ぐ子の絵、縦横に塗って、余心极服の恨みは生前、三百年、または墨をするのかを諸君紙。諸君は納、余は、外にすいて行かなくても、喜びも。」②青藤雪个遠凡胎、老缶衰え年で有能。私欲九原を走狗、三家の下来回転。
中国美術館の館長范迪安:吴昌硕中国画を切り開いた世紀新風。
書家于右任:元明清以来きょう民国、風流が切れて百名家。

吴昌硕後世に影響

吴昌硕、1人の中国の画壇ですこぶる影響力を持つマスター。伝統的な文化の融合、会
吴昌硕(油絵)吴昌硕(油絵)
通の背景に、吴昌硕も影響を受けて、彼の最大の特徴と長所は融通を越え。時代は彼にとっては一生の大きな推進力が、彼自身の努力も彼の成功の重要な原因。吴昌硕と伝統的な文人画家と違い、兼詩、本、絵、印四絶に、博采众长、く、四絶ない、特に彼は金石入印、入本、それでも、最も伝統の芸術の要素と審美の理想を形作りました新しい芸術風格と気風。絵画だけでなく吴昌硕実現させて体現野逸と高古の気、中国画の推進を新しい境界に、現代中国の絵画界非常に深遠な影響を生みました。
吴昌硕一番得意写意花卉、徐渭と八大隠者の影響が大きいが、彼は、書道、篆刻自得で、彼は書道を、篆刻の行笔、運刀や構成を溶け込んで、体势絵画を形成し、富んでいる金石味の独特な画風。吴昌硕作画で「草篆書書道」でそれでも;ライン効能異常深い。状の物からは絵形の角度から見そのラインの質感は、確実に豊富ではないが、ちょうど捨てた形の絆、吴昌硕絵画に入ったのが「意」の堂宇を形成される影響近現代中国画壇の率直に言う度量、とても気持ちいいの「大写意”の表現形式。
上海流の絵画の創設者として、彼の芸術は中国近代絵画の発展に大きくて深い影響。にじゅう世紀以来、多くの著名な画家のよう:斉白石王震趙事陈师陈半丁陈师曾朱屺瞻刘海粟、钱瘦铁、潘天寿、吴茀之、王个簃诸乐三などにも注目されて吴昌硕芸術の影響と見て、彼らは研究吴昌硕芸術代表的な実踐者、吴昌硕芸術の勉強、伝承と研究においても、解釈を踏襲と近く、中国現代花鳥画の発展の過程にはかなり重要な価値と役割。その中で、王个簃は吴昌硕門生の中のきわめてすぐれた人。彼は窮余生涯、全面継承吴昌硕芸術、詩、本、絵、印分野造詣が顕著である。
日本で吴昌硕と呼ばれる聖書聖王羲之印と、画圣吴道子、草圣张芝併称。

吴昌硕歴史の記録

「吴昌硕墓碑銘』(国学マスター陈三立作)
「吴昌硕年譜」

吴昌硕親族メンバー

吴昌硕(左)と次男吴涵写真吴昌硕(左)と次男吴涵写真
曾祖父:芳南、国子監生、
:淵、挙人、海塩教官重慶、
:辛甲、挙人、切り取っ県、
夫人:章恭人、死寇难。続めとっ施恭人、精勤慈に欠ける、佐江さん成其志。继配夫人施氏、
子女:教育、暗渠、邁、女一。若死に育てる。暗渠を父から出た後、覚えている印と绘事、邁や婦、女は工篆書隷書、互いに伝さん芸は自名、
:長、瑶华鄴。

吴昌硕人物のエピソード

愛梅也爱犬肉
労家は塘栖旺族、労少なく麟民国初期国務院佥事を務め、後は引退に戻って、塘栖。町にいくつかと聞いて旺族汪家、姚家、吴家、陸家などと吴昌硕さんが多い往来、しかも多くの書画芸術の大家、死後吴求字に絵を求め、どのお知らせ大師聞いて労の官界は肩書を口実に限って、かれはあちこち尋ねさんの脾臓性嗜好、頭が動く。
その年の冬の末、雪のあがって、吴昌硕さんはいつものように、超山雪上探梅。旅の超山足元が見えて、道端に新しい梅林乗った草は舎てて、非常に上品で、しかも、寒風の中には濃厚な香りが漂ってくるほか、別の1株の魅力的な香りが、思わず足を止めた。その時、私は草で踱出一人の老人、呉とうなずいて通姓の後、すぐさま彼を誘ってしばらく居る内に入る。彼に会って礼振る舞いさん、よくしゃべるから、入って雑談。しばらくすると、老人はちょうどジビエ備えて飲む上に1杯。結果を出されたがないから、好物の犬はさん。そこで、二人に飲みながら食べながらおしゃべり、とてもは投機マネー。
2年後の労少なく麟誕生祝いをする、お祝いの親友たちを発見して、ホールには多くの書画作品を吴昌硕。
悟り親心
吴昌硕初配夫人は章、新婚まもなく死亡は戦乱に飢え病、後は29歳の時续聘菱湖施氏の夫人。子ども6人を育てる。若い頃の生活吴昌硕艱難辛苦をなめ尽くした、じゅうななじゅうしち歳の時に父に従って戦乱で逃げ出し、さえあるほとんど餓死の苦しい経験。この段に生活を吴昌硕多くの肉親を失った、彼に更に家族のありがたさを吴昌硕親心だから、結婚後の家庭生活は暖かくむつまじい。「本当に無情に必ずしも豪傑、怜子いかに夫。」この画風を豪快に有名な芸術の巨匠猛烈に直面して、子女の際は、多くの愛情表現と温厚。
智諷刺哈同
民国初年、一日、上海の有名な不動産商哈同誕生日を過ごしていただきたい吴昌硕代絵一枚の三尺立枚の絵は、誕生日の雰囲気をきわだたせる。ところが、吴昌硕とっくに聞いて哈同は最初のアヘンで起業するのだが、彼はふだん最も憎悪が横行してくれ十里洋场の人。そこで吴昌硕決めない絵。
当時、哈同は英、仏2租界工部局の取締役は、彼のように知っ吴昌硕のような人は価値引き抜くと、一方で大金を誘って、一方は托当時上海画界声望略遜は吴昌硕の吴杏芬、沙輔卿ら呉にわびを入れる。今日は同道情実に、そこですって筆をとって、1枚のコノテガシワ図を描きました。描きまだ問題の時、哈同は自らを描きました。しかし彼が見た柏絵が自然界の柏のより大きい時、質問:「柏の葉がこんなに大きいと、ここにはどんな意味があるのか?」吴昌硕「正見てこれは一枚の怪柏だが、大夫婿逆さまにして。」哈同依言逆さに見た後に「1枚のブドウ。」この時吴昌硕を気前よく言います:“私はこの意味。」哈同ように聞きます:“どうして倒れ絵ですか?」その時、吴昌硕は思わず笑って、言います:“私はお仕事の論理の絵が好き、あなた達を逆さまに、黒と白を言え割が壊れて、もちろん私にあなたの絵も逆さまに掛けたしかない。」その話を聞いて、哈同大笑いして、忙しい上手だが、心は非常に怒った。
芝居の銅像
吴昌硕は杭州西冷印社初代社長。日本の彫刻家朝倉文夫好き吴昌硕ラピスラズリの書画、民国の9年(1920年)を慕って中国に来て、と吴昌硕忘年の交わりを結ぶ。帰国後、朝倉文夫運用洗練の手法を尊吴昌硕の半身铜质胸像を、自らをもって杭州像。吴昌硕観た後、舌を巻くし、銅像後題字「非昌黎詩、詠木居士、非ペ岑碑呼石像の子;鋳吾は金で、吾の非範蠡調整彼方の議論も医者で、一心にどうして。辛酉八月昌硕芝居題年78。」行間をあらわしてこちらの芸術の大家の広い心。

吴昌硕後世に記念

吴昌硕記念館
吴昌硕記念館、1995年きゅう、く月じゅうに日に作り上げ開館。
吴昌硕記念館吴昌硕記念館
は、上海の浦東川沙町の近く中国文化公園、敷地ろくムー、どおり上海山西北路めでたいにじゅうに号吴昌硕旧居仕様に建てられ、二階石库门建築、よける「芸術の生涯」、「作品展示」、「寝室」、「アトリエ」、「海上画派」ごの庁室。開館後、よく入れ替わる陳列吴昌硕書画作品と関連史料篆刻生涯活動や、吴昌硕の芸術創作用品、生活用具などは、研究者が提供した豊富な資料。まだ何度も開催中、日、韓書道篆刻交流活動。
浙江吴昌硕旧居
吴昌硕旧居、浙江省湖州市に位置安吉県鄣吴镇鄣吴村町へ。生家は座四合院の大きな屋敷、在来本館、東、西側庁、論点庁や「状元橋」、半池などの建物、総敷地面積は2500平方メートル。吴昌硕ここで過ごした二十二年。
吴昌硕墓
吴昌硕墓は、杭州市余杭区超山大明堂外西側200メートル坂道を、1989年に指定されている省級文物保護単位。墓にメートル、直径さんメートル高い。墓碑の時「安吉吴昌硕さんの墓」八字。高1 . 4メートル、幅は0 . 65メートル。係诸乐三補書。墓の右前側亭で立が立ち並ぶ1通、記述その一生の事績。墓台の下に左前にプラスチック吴昌硕全身立像一体。