仮釈放

仮釈放は、懲役懲役無期懲役犯罪分子きっと、執行刑期その後、その遵守監ゲージ、教育を受けると改造、確かに悔い改める表現、また社会への危害が、条件付きはそれを早めに釈放制度。仮釈放された犯罪分子は、仮釈放テスト期間再犯新罪のない構成累犯。仮釈放わが国では刑法には重要な刑の執行制度を正しく適用仮釈放、それらを一定期間悔い改めない確かに服役表現、拘束を改造した犯人を続ける必要が社会に改造を行って、有効に励まし犯罪分子服従教育と改造させ、早く復帰社会、有利化消極要因を積極的要素。
仮釈放

仮釈放規定

規定規定

世界各国の仮釈放規定、大多数の国に対して適用仮釈放の対象を制限していないが、いくつかの国は仮釈放の適用対象に制限がある。例えば、イタリア刑法による汚職に犯罪、財産の罪、破壊罪などの犯罪分子は適用仮釈放;ソ连ロシヤ刑法ではそのは特に危険な累犯や有罪の法定深刻な犯罪の場合は適用仮釈放の規定に適用対象仮釈放して厳格な制限を大幅に縮小しました仮釈放の適用範囲。中国では、79刑法に適用仮釈放対象犯罪性質と犯罪人の種類の上の制限。その後、最高人民法院は1991年じゅう月じゅう日『辦理減刑、仮釈放事件について具体的に法律応用の若干の問題について、「規定」に深刻な反革命罪を犯し、犯罪集団の主な分子主犯累犯常習犯減刑彼らは、仮釈放、主によって表現の改造、同時にも考え原審の場合は、特に慎重を厳格に」。1997年に至るまで刑法この司法解釈の基礎の上で、第81条に項に定める「累犯や殺人、爆発、強盗強姦、誘拐などの暴力性犯罪は懲役じゅう年以上懲役無期懲役犯罪分子は、仮釈放」。これは新刑法に仮釈放対象の明確制限。

仮釈放適用条件

条件条件
適用仮釈放法定の条件に適合しなければならない。中国によって『刑法』第81条の規定により、下記の条件を遵守しなければならない適用仮釈放:
(1)は法定の対象
わけではない犯人でも適用仮釈放。わが国の刑法の規定は、懲役懲役無期懲役しかもは累犯やで故意の殺人強姦強盗、拉緻、放火、爆発、投入危険物質や組織暴力性犯罪は懲役じゅう年以上懲役無期懲役犯罪分子は仮釈放。
仮出所は犯罪分子が条件に早めに釈放同時に、国家排除しないその続行未履行部分の刑の可能性。この特徴が決まった仮釈放適用しない懲役刑の犯罪分子他。
(2)の法定の実質条件
犯罪分子をしっかり監視して教育を受け、改造、確かに改悛の情は、犯罪の危険は、適用仮釈放の実質の条件又は重要な条件。犯罪分子は同時に以下の4つの事由がある場合には、「確かに改悛の情を死刑に処せられる;遵守」:犯人改造行為規範や刑務所規律に積極的に参加して、政治、文化、技術に積極的に参加し、労働、公共の物を大切にする、労働の任務を完成。
「いない犯罪の危険」り、刑法第81条に規定する場合を除き、に応じて犯罪の具体的なストーリー、原審明記した場合には、刑執行に一貫して表現で、犯罪の年齢、体調や性格の特徴は、仮釈放後生活財源や監管条件などの要素を総合的に考慮し。
また、によると司法解釈、把握して適用仮釈放の実質条件は以下の問題、特に注意:
第一、を貫くため未成年の犯教育、感化、救いの方針は、未成年の犯した仮釈放が身につけて標準にならって成年犯法に適度な緩和。
第二に、犯行に深刻な危害国家安全の犯人と犯罪グループの主な分子、主犯、常習犯の仮釈放。
(3)は法定の刑の執行時間の条件
仮釈放のみ適用は一部の犯罪分子刑執行。「刑法』第81条:「懲役の判決を下された犯罪分子、執行原審刑期2分の1以上、無期懲役が確定した犯罪分子、実行する13年以上、本気で守り監ゲージ、教育を受けて改造し、確かに改悛の情は、犯罪の危険は、仮釈放。もし特殊な事情を経て、最高人民法院の承認を受けることができない、上記の執行刑期の制限。
「殺人、強姦常習犯や、強盗拉緻放火、爆発、投入危険物質や組織暴力性犯罪は懲役10年以上、無期懲役の犯罪分子は、仮釈放。
「犯罪者に決定仮釈放に考えるべきその仮釈放後に住むコミュニティの影響。」
せるために仮釈放制度の運用が必要な柔軟性、我が国《刑法』第81条同時に規定:もし特殊な事情を経て、最高人民裁判所許可して、上記の執行を受けることができない刑期制限。に関する司法解釈は、「特別な事情は下記に掲げる状況」を含む:
(いち)犯人は刑期が主要な発明やヘルニアの立功表現、
(に)犯人は基本的に喪失活動能力があって、そして改悛の情、仮釈放後はもう社会悪、
(さん)犯人が専門の技能、関係先を急ぎ必要とする、
(よんしよ)犯人が特殊な困難家庭なら、私の世話をする、請求仮釈放で司法実踐の中では、県級以上の公安機関あるいは人民政府の関係部門に提供する証明。しかし、犯罪集団の首謀者、特にひどいの常習犯と犯行犯罪者を除く、
(ご)ためにはさらに貫徹未成年者保護法執行未成年犯罪者教育を実施して、感化、救いの方針、犯罪に未成年、刑執行中に確かに改悛の情、また社会悪をしない、
(ろく)政治闘争のために必要として、いくつかは外国籍やは大陸籍の犯人を適用仮釈放、
(ななしち)その他の特殊な情況。
(4)の適用されません仮釈放の状況
は累犯や殺人、強姦、略奪、拉緻、放火、爆発、投入危険物質や組織暴力性犯罪は懲役10年以上、無期懲役の犯罪分子は、仮釈放。
(いち)に対しても犯人に懲役刑は何種と来ないに仮釈放累犯。
(に)が実施した殺人、爆発、強盗、強姦、誘拐などの暴力性犯罪、そして懲役じゅう年以上、無期懲役の犯罪人は、仮釈放。「暴力性犯罪」は上記のいくつかの犯罪を列挙するほか、他の人に対して身を有形力の犯罪など、傷害、武装反乱、武装暴動、ハイジャック航空機などの罪。
(さん)は、懲役じゅう年以上の懲役、無期懲役の暴力性犯罪人であっても、減刑後その執行じゅう年以下の懲役、仮釈放もない。
また、法律規定に適用仮釈放厳しい司法プログラム、非経法定の手続き大変仮釈放。刑法第82条の規定により、犯罪人仮釈放は、執行機関に中級以上の人民裁判所に提出し仮釈放建議書、人民法院が構成合議法廷審理が進められ、仮釈放条件を満たし、裁定を仮釈放。
刑法修正案八に仮釈放関連の修正」
七、刑法第85条を改正:「仮釈放の犯罪分子は、仮釈放試練の期限内には、法により実行コミュニティ矯正がない場合は、本法第86条所定の場合には、仮釈放試練期間満瞭と思うのは、もう原審刑執行を完瞭し、公開の宣告を。」
十八、刑法第86条第3項の改正では、「仮釈放された犯罪分子は、仮釈放試练期内に、違反の法律、行政法規又は国務院関係部門の監督管理について仮釈放に規定する行為は、まだ新しい犯罪を構成する場合には、法定の手続に撤回仮釈放、収監執行未実行済みの刑。」
(注)と修理に八矛盾の規定に修八の規定により執行する、刑法修正案八2011年ご月いち日から始まる。
刑法修正案
いち、懲役の判決を下された犯罪分子、執行原審刑期2分の1以上、無期懲役が確定した犯罪分子。に関する司法解釈、いわゆる特殊な場合は、ある国の政治、国防、外交など特殊な需要の状況。
に、累犯や殺人、強姦、略奪、拉緻、放火、爆発、投入危険物質や組織暴力性犯罪は懲役10年以上、無期懲役の犯罪分子は、仮釈放。
さん、犯罪者に決定仮釈放に考えるべきその仮釈放後に住むコミュニティの影響。(修正案第16条)

仮釈放テスト期間

犯罪分子の仮釈放試練期間従前判決を下す罰と執行によって違う。刑法第83条の規定に従い、懲役の判決を下された犯罪分子、その仮釈放試练期を明記した実行しない原審済みの刑期を告げる時、すなわち仮釈放原審刑の殘りの時期。刑法に無期懲役仮釈放試練の期限は明確で具体的な規定。無期懲役が確定した犯罪分子、その仮釈放試練の期限はじゅう年。
刑法第83条に項の規定により、仮釈放試練期限、仮釈放の日から計算する。

仮釈放決定を取り消す

仮出獄のについて取り消すの改正で、刑法保留原刑法で再犯新罪取消し仮釈放規定に基づき、誘緻《監獄法』第33条について違法.行為による仮釈放取消しの規定とは初めて発見漏れ罪取消し仮釈放の条件としても、これは新刑法に仮釈放を完備の重要な体現。明らかに、改正後の刑法仮釈放撤回条件緩和の規定は、仮釈放取消しの条件は、仮釈放犯より高い要求を提出した。しかし、再犯新罪のない故意過失区分とすべきかどうか、一律を撤廃し、足を取りますか。罪の発見から漏れてなら犯したが自発的に供述仮釈放されますか?必要条件を仮釈放撤回に広がる一般違法や不正が適切かどうか?
取り消す取り消す
第一は、仮釈放の発動に基づいて処刑人のせい危険性除去の認定とすでに監督視察でもう危害社会の期待。テスト期間内でもしわざと再犯新罪を取り消すべき仮釈放はれっきとしたが、もし過ちを繰り返したにもかかわらず、原因にもなり大なり小なり社会の危害、その主観悪性と身の危険性とわざと再犯明らかに比べることができない、2種類の主客観的性質を根本的に異なる行為がまったく同じ法律の後の結果は違公平の原則?筆者は過失を提案し再犯の仮釈放取消しは立法規定の必然と裁判官によって取り消す改過ちの大きさとしての障害程度の自由裁量、すなわち仮釈放試练期内因過失再犯、「できる」と撤回で非「は」撤廃仮釈放。
第二は、仮釈放犯罪分子は確かに改悛の情をしないで、社会悪を根本条件から、犯罪分子ように隠して自分の説明が足りない、悔い改めない表現も確認をしないもう社会悪とは、仮釈放が無異議を取り消す。しかし、もし罪犯は仮釈放主動告白の引継ぎのので、区別しなければならない。その一として、もし告白の引継ぎの罪を相対的に軽くて、総合的に考慮するのは仮釈放条件、相当する延長仮釈放試练期、撤回仮釈放;第二に、もし告白の罪が重く、中国に対して罪に同意漏れ区分の学者すると当然と思って取り消す仮釈放、実行する罪并罚数②。筆者の意見はいい作とわざと再犯や過失再犯同じ罪質の区分は、当該の重い罪犯係仮釈放わざと、はは撤回仮釈放;もし過ちとは、仮釈放に任せるかどうかを裁判官裁量
第三、違法行為として仮釈放必然取消しの条件の一つは中国は仮釈放犯“つながる」と軽く「保護」を明らかに体現していて、筆者は取るに足りない。仮釈放試练期は、仮釈放犯社会への復帰の過渡期には、そのから監禁社会生活を実行まで生活。仮釈放犯その間、求職と付き合いが生活上の困難は完全に想像できるもので、ここから招く心の不安、不均衡、恨みは理解できるが、甚だしきに至っては現れる可能倒錯、再犯の虞が。もだからこそ、仮釈放犯で説明した社会復帰を生活の過渡期にその監督管束を保護して、指導の縁由と必要性。いったん本当に違法行為は、監督はより助けは一律理由も聞かず、違法行為の軽重によってない分を取り消す仮釈放させる刑務所に復帰執行の法則。重大な違反は、軽い取消し;違法で、取り消すことができるや対応措置を助けよう警告時、要求に保証または新たな特定の義務をできるだけを維持仮釈放効果。
上記に現在刑法教条のも、弾性の規定についての提案は次のようにまとめることは刑法の規定の仮釈放取消し事由分列出は撤回事由と取消不能の事由により、それに撤回方式を体現する段階性、つなぎ、兼ねて柔軟性と合理性を創立して、必ず取消し制と撤回制に結合の仮釈放取消し制。この立当たりされている中国の台灣とマカオ、スイス仮釈放条件、甚だしきに至ってはとても厳しいロシアなどのその他の国家と地区に採択③。中国の現在の刑法システムと立法司法現状の下では、以上の構想の実現があり、条件が社会の成熟と立法の進歩で、これは、少なくとものちの努力の方向。

仮釈放高裁規定

最高人民法院の犯人実行仮釈放、要求の各級人民裁判所を厳格に執行の基準を満たした犯人は、仮釈放条件を厳格に執行し、刑法の規定の標準のほか、次の場合も使える仮釈放:
一、犯罪に未成年犯罪者の減刑、仮釈放を掌握比較法に基づいて適度に成年犯罪者を緩和する。刑法の規定の一緻が仮釈放、
二、高齢者と障害を自傷行為)犯罪者の減刑、仮釈放は、主要重視の懺悔の実績。刑法の規定は適用され仮釈放以外の犯罪の外では、罪を悔いる表現、犯行能力喪失や生活を自分でできず、かつ仮釈放後確かにあての老殘犯法に沿って、仮釈放、
三、死刑執行猶予犯人を低減するため無期懲役後に合ったり、刑法に関する司法解釈の規定の、仮釈放、
四、獲り仮釈放の場合、特殊な場合を除き、普通は減刑、仮釈放試练期も短縮できない、
五、犯人減刑後ももらえる仮釈放の時間間隔で、普通は一年、一次減2年または有期懲役3年後にまた適用仮釈放の、その間隔は2年足らず、
六、懲役の判決を下さの犯人を減刑、仮釈放執行原審刑期2分の1以上の開始時間は、判決の日から計算し、判決前に先行勾留の拘留、一日に一日折り刑期。

仮釈放立法

現代と発展の趨勢を創立して、一つは専門の統一の未成年犯罪立法システムと執行司法体係化、未成年犯罪の司法保護システム。そして処刑者を奨励する促進教育を受け、生まれ変わって改造と社会内に遇の保護観察、監督管束を架設橋を処刑者復帰社会基本的な機能を仮釈放制度に明記しただけではなく、非監禁化した現代刑罰発展の世界的な傾向にあり、しかもその執行に体現の民主、人道、幅と謝罪を未成年の犯した司法保護にも広大な適用余地。は成年犯と未成年の仮釈放条件を区別する、運用仮釈放の制度の機能強化未成年の犯した特殊保護多くの国の立法例にも鮮やかな体現。アメリカ仮釈放の法定の条件について、成年犯や未成年犯異なって:成人刑を宣告懲役181月以上の者、執行以上いち/さんが許仮釈放を無期懲役または25年以上の懲役刑執行者、以上じゅうご年ごろ仮釈放され、靑年刑人(判決には満じゅうはち歳未満の22歳)と少年もその刑判決刑期の長さ、いつも仮釈放。にしたがって、日本刑法や少年法の規定により、犯罪者の仮釈放要件を言い渡され懲役の成年犯で、着終わって刑期いち/さん以上、無期懲役が確定した成年犯で、着終わって刑期じゅう年以上、許仮釈放;は喪が明けるななしち年の判決の無期懲役が確定した少ない年犯、懲役じゅうからじゅうご年の判決を飲み終わってさん年刑期以上の少年、定期刑を宣告された少年は着終わって刑期下限のいち/さん者、許仮釈放。中国の台灣地区、成年犯の仮釈放条件は、無期懲役じゅう年以上、必ずいち/以上に者、許仮釈放;少年犯の仮釈放に少年事件処理法第81条:少年受け懲役の執行が後悔して確証者、無期懲役ななしち年以上以上、懲役刑執行刑期いち/さん者、許仮釈放。イタリア⑦で、その刑法第176、17条の規定により、同じ成年犯は仮釈放は執行刑期の制限、犯罪にじゅうはち歳未満の未成年者は適用され仮釈放、執行時間の制限を出版。以上の国と地域仮釈放についての具体的条件は違っても、体現した共同原則を未成年へ犯の仮釈放条件を緩和するより成年し、具体的な、単独に規定した未成年の犯した仮釈放条件。
中国では、79年刑法わずか仮釈放制度の一般規定で、未成年の犯した仮釈放に特別規定。91年じゅう月じゅう日最高人民法院《辦理減刑、仮釈放事件について具体的な応用の若干の問題に規定」で指摘を貫くため未成年の犯教育、感化、救いの方針は、未成年の犯した仮釈放が身につけて標準にならって成年犯法によって適当に緩める。しかしどのように緩和、広いどこまでを突破できるかどうかは79年刑法第73条の規定により、緩和というだけではなく、「できる」と「は」を見ると、この規定では、実質的には未成年の仮釈放提供をより科学の標準。93年よんしよ月じゅう日最高人民法院は『辦理仮釈放事件のいくつかの問題についての意見」(試行)では、未成年の犯す仮釈放またに対し、さらにの規定によると、「未成年犯罪への時、刑執行中に確かに改悛の情をしない、もう社会悪を備えて、しかも仮釈放後規制を受けることができない条件の場合、法定執行刑期の制限、刑法第73条の適用については特殊なストーリーの規定を仮釈放」。この意見は以前より多くの規定は新たな内容だが、総じても乏しい可操作性によって司法実踐の中で具体的な応用。97刑法改正の過程の中で、中国人民大学法学院刑法修正を提案する総則グループは刑法総則理論案を設け、その未成年犯罪人の特殊で規定された章、懲役の判決を下さない未成年犯、執行原審刑期いち/さん以上、無期懲役が確定した未成年犯で、実際に実行ななしち年以上の仮出所できる、特別にストーリーを受けることができない上記執行刑期の制限⑨。惜しいかな提案を最終的に未立法機関に取り入れられて、新改訂のようにわずかに79刑法は刑法の規定によりない未成年犯の仮釈放規定、そしてある意味では制限は、未成年の犯す仮釈放適用。から新刑法の規定に従って、未成年人、爆発、強盗殺人などの深刻な暴力性犯罪は仮釈放、未成年累犯も適用されません仮釈放。この点で、その後、97年じゅう月28日が採択した「最高人民法院の辦理減刑、仮釈放具体的応用の若干の問題に規定」にも変化がなかった。同「規定」の第じゅうさん条「犯罪に未成年犯罪者の減刑、仮釈放を掌握する標準に適切に適度な緩和法により成年犯罪者」。しかしこれはまだただ1種の抽象的、大雑把を原則とし、執行者の指示がないどのように緩和して、幅をどこまででも同様の条文について「刑法第81条に該当するいち項所定の、仮釈放」の規定では、もとても見えない未成年の有罪の何も具体的にと広い緩な差別と執行注目。そしてそれは「刑法第81条に該当するいちモデル」と強調しているのは、昭告未成年を完全に適用第81条に規定項の仮釈放禁止。
海外に比べて立法未成年の犯した仮釈放規定にもかかわらず、中国の法律をも体現していて区別して、しかしずっと1種の原則、一種の執行の指導の精神は、詳細に規定未成年犯の具体的な条件を執行者缺乏必然明確な、可能な実踐操作上の指導、影響未成年の犯した仮釈放に公正と迅速な処理。週知の成年犯に基づくとは明らかに違うの未成年犯罪の特質、未成年へ犯の仮釈放は立法を明確にと相対細分化の規定を体現し、確実において成年犯の「緩和」。海外に関する立法参照参考例として、これは以下の立法構想:(いち)未成年へ犯の仮釈放期限条件が規定:懲役以上いち/さん、一番短いろくヶ月を超えない;無期懲役ななしち年以上、許仮釈放(2)に刑法第81条に機種に適用しない未成年囚(さん)の導入法定仮釈放規定が未成年有罪の懲役受刑~さん/よんしよ、無期懲役じゅう年、必ずて仮釈放。

仮釈放プログラム

刑法第82条の規定に従って、仮釈放減刑プログラムを。また、刑法第81条第いち項に規定报请最高人民法院で特殊犯罪分子承認されない場合、執行刑期制限の仮釈放事件によって、次の各号に掲げる事由に処理する:(いち)中級人民裁判所法律に基づいて仮釈放裁定後は、すなわち报请高級人民法院突き合わせる。高級人民法院同意仮釈放报请最高人民法院は、承認、高級人民法院に同意しない仮釈放の場合、裁定取消し中級人民裁判所の仮釈放裁定。高級人民法院(2)に法律に基づいて仮釈放裁定は、报请最高人民法院に許可する。
プログラムプログラム

报请最高人民法院で特殊犯罪分子承認されない場合、執行刑期制限の仮釈放事件に届け出なければならない报请承認仮釈放事件の報告、犯人は特殊事情の報告、仮釈放裁定各じゅうご部および全案書類ばさみ。最高人民法院で特殊犯罪分子承認されない場合、執行刑期制限の仮釈放事件を承認し、承認裁定書;不承認を作り出し、取り消すべき元裁定は、仮釈放の裁定書。
刑法第63条の規定に报请最高人民法院、承認法定刑以下の刑を言い渡す事件の仮釈放、下記の状況に処理する:
いち。被告人が提訴しない、人民を提出しない抗诉、控訴審で、抗诉期間満瞭後3日以内报请一級上の人民裁判所の再審。一級上の人民裁判所に同意原審は、段階的に报请最高人民裁判所の承認、一級上の人民裁判所に同意しない原審は、裁判のやり直しを変える裁定が送られてきたりする、第一審のプログラムによって再審理。原裁判は、基層人民裁判所で、高級人民法院は指定中級人民裁判所第一審プログラムによって再審理
に.被告人は控訴してあるいは人民検察の事件を抗诉従うべき第2審のプログラムの審理。控訴や抗诉無理な場合には、抗诉裁定控訴を棄却するか、それを受け継いで、に沿って、本条の第いち項の規定のプログラムを段階的に报请最高人民裁判所の承認。控訴や抗诉理の場合には、法によりスクーター。スクーター後も法定刑に処す刑判決以下に従い、第いち項の規定のプログラムを段階的に报请最高人民裁判所の承認。
报请最高人民法院は法定刑以下の懲役刑を承認した事件は、届け出なければならない报请承認事件の判決を下す報告、判決の各15分、そして全事件訴訟と証拠書類ばさみ。最高人民法院の再審の法定刑を言い渡す刑以下の事件を承認し、承認裁定書;不承認は、原判決を取り消し、裁定、差し戻す原審人民裁判所裁判のやり直し又は指定他の下級人民裁判所裁判のやり直しを。

仮釈放意味

(1)面での意味から犯罪人
獄中で服役している場合も早めに出獄再に、自由獲得の強烈な願望。犯人を励ますためにまじめに勉強し、服従監督管理、遵守制度、真剣に改造、誠実に悔い改め、刑法の規定した仮釈放制度は、再び社会に犯人の橋。
(二)社会的意義
刑犯罪者の手段罰だけではなくて、更に重要なのは教育になって、改善犯人の手段。仮出所明記した目的の実現に利益があって、社会の安定を促進する監督管理コストを助長され、犯罪者の社会参加の改造。また、仮釈放体現した経済の原則を明記した。仮出所は減少から監督管理のコスト、狱政費用。
(3)は司法の意味:
仮釈放された執行機関の圧力と負担。正しく適用仮釈放は、条件を満たす必要がない場所で引き続き規制受刑者に仮釈放だけでなく、有利に仮釈放犯の改造にもなる狱政部門は他の犯罪者の改造。