士林

士林は中国語を指す言葉、文人士大夫層、知識界。
士林

士林中国語の言葉

指の文人士大夫層、知識界[ intellectual circles。漢陳さんは『袁绍檄豫州」「士林怒りは痛くて、民怨弥重くて、一夫奋臂、同時通訳を州。」ドン・罗隐『寄前戸部陸の漢方医の诗:「調教さんキジ朝するかんざし、シックな清名映士林。」明杨慎「升庵诗话』巻三:「近世のお知らせ学六朝初唐で餖飣生澁は工、次第に変えなくて、「鶯」「鶯曰ふ」、「猿のうなり」「猿の鳴き声」曰、士林伝笑。」欧阳予倩桃の扇」第1幕:「我輩聖人の徒を祈念して、なにか朋党。もし東林、複社両党の友達、大局に心を配ることができて、解除トラブルもいいが、士林の気風。」
2 .指士林館。北週庾信「哀江南賦」「天子の削除『詩』『書』、定《礼」「楽」を設け、重い雲の話では、運転士林の学。」『陈书・虞荔伝』:「梁の武帝於城西置士林館、荔乃制碑、奏に、帝勒の命館では荔を士林学士。」

  

士林文語文:中華士林精神を考える

作者:苍山牧雲
光り輝く中華の5千年歴史を持って、香り、赖士林の伝承、色気を感じる大雅、汉赋、漢詩、ビルの棟梁、炎黄の骨、民族の魂、華夏の塩。天下の文章も士林の手、もしくは:読み諸葛《出師表』泣かない者、言った不忠;品李密《情表」はないものの親不孝泣く者。斯士林に忠そのくん、その親の尺度も孝。観範文が『岳陽楼記』は賞者、言った不純;会い王子安『滕王閣序」は賛者こそが厚い。斯士林が心が、その下の見本がも。作賦は試験の斯れを序。
本文は華夏立国炎黄、禪譲公推などは、三代以下の聖賢、春秋週間まで失う徳、戦国に陥って義なき戦、令道崩は朝廷、江湖黒悪。孔丘週公遺誌を提唱して追跡し、仁義を化九州、然終未如意。及び六国帰秦、貴族の死によってずるい民立、暴政は極。民怨から、四海分、及び刘汉国あり忠孝治天下、士林が豊、封建の中堅、千年が倒れない。
三国紛争、晋室に。然臣をその君、奴隷主国家は貧しく、一統、人心が荒廃する。朝廷の上に早くの夕、江湖に危うき事累卵の如し。士大夫寧鍛冶田畑を耕すも朝党に使って、誓死不屈、対抗するように。常に心の狂気を、次/竹林者、縦かぐ広陵の絶滅したも、その誌も恥じず。仁人掛印ではなく、斗メートルひれ伏し、両晋の特殊色。
唐天下大いに治まる、世捨て人から草むらを抜いて、俊彦は坊間、幽花明珠は、中山の径はまだしてないから、入世と思うが、謀福祉。賢恵ことにで、文鼎诗盛、華やかに一時、取引隣国であり、目を同封の国の師。その後は五代の憂患、然士林は傲然としてたたずみ、隠逸陈抟輩事なら、俊士ように流れ見卫贤週波数。赵宋早々、偃武息戦、重芸修文し、承道統再建は春秋、士林の不朽、宋詞、発明現、古文八家がその6、オープンで争鸣の故!
及び金造侵入、士林遺徳倣東晋例ので、偏安杭州、北に中原。北伐の未遂は、上層部の故、後世に悲嘆。チークはどこでも、江南優しい人で、蒙むさぼる亡した。しかし弾丸の国、士林強勢を奏で、南国。だから先に文丞相高歌于燕市、ひたむきな真心鑑歴史;後に陆秀夫投げ江でマイナス帝、万人は魚竜追随不忍食わその肉、動感の日。然元を政至野に力を尽くして、傷士林の心では、以上の世代に亡くなり、宿命の当帰、言う必要はするな。
漢唐以降、未見朱明之主に反するよう気を、本当にホームレスをくん、朝野赤貧!孔孟や破壊を士林、無所きれないその極。や世祖奪い取る立、力士林衣鉢方孝孺折れ、人格歪み、喪心で病狂。人文対策史二十四日、滅人は十族、唯明一朝のので、千年士林の骨揚灰やすり。朱棣代以上の流れより、視宦官は肉親、駆奴隷治天下;宰相なども、百官ように鶏。殆清朝の入国は茶色い衣再び、然人となら全て降钱谦益状、恥荡然う延祚。
満蒙決まれ華夏、春風取引禍で言祟る、朝廷に大興文字の獄、海内君子の口を封。清人が節の人にふける高圧、しっかり覚えて金圣叹の血の訓保身を求め、完成思想士林に学術士林の華麗なる脱が、近代に文革永劫死者なら、全てその钱默存瀋従文。一言で言えばのため、士林者は権力者ではない、然生きる尊厳;ない財が絹、然殘し安心。近代表老、朱吴舒傅その道ひとりじゃない;現代饶宗颐、季任程张皆斯人も、余推賞する。