毛沢東

毛沢東(1893年じゅうに月26日-1976年きゅう、く月きゅう、く日)、字潤の(原作詠芝、改め潤芝)、ペンネーム子。湖南湘潭人。中国人民のリーダー、マルクス主義者、偉大な無産階級革命家、戦略家と学者、中国の共産党は、人民解放軍と人民共和国の主要な指導者の創始者と、詩人、書家。1949年から1976年、毛沢東を中華人民共和国の最高指導者。彼はマルクス・レーニン主義の発展、軍事理論の貢献や共産党に貢献の理論と呼ばれる毛沢東思想。毛沢東の主な職務を担当したことがほとんどと呼ばれる主席から、人々は「毛主席と尊称され」。毛沢東とみなされている現代世界の歴史の中で最も重要な人物のひとつ、「時代》雑誌も彼を評価にじゅう世紀最も影響ひゃく人の一つ。
毛沢東
1930年ご月、書いて『学歴主義に反対する」、「調査していないで、発言権はありません」という有名な論断。はち月、紅軍第一方面軍が成立し、任総政治委員。1931年じゅういち月ななしち日、中華ソビエト共和国江西省の臨時政府瑞金創立して、選ばれた主席。1933年いち月、補選は中共中央政治局委員。1930年末から、同朱徳指導赤く方面軍に何度も「国民党軍の包囲攻撃する」。は王明代表の「左」路線指導集団に傾く中央革命根拠地以降、毛沢東に排斥される党や赤軍の指導につながるほか、赤くて方面軍第5回反「包囲討伐する」失敗。
これは『持久戦』論これは『持久戦』論
1934年じゅう月に参加して、赤くて方面軍長徴。長徴途中、1935年いち月中国共産党中央政治局会議(つまり拡大貴州で開催遵義会議)、確立した毛沢東を代表の新しい中央の指導。じゅう月、中共中央と赤く方面軍到着陝北終わって、長徴。じゅうに月、作『反対論日本帝国主義の策略』の報告を明らかにしました抗日民族統一戦線政策。1936年じゅう月、赤軍の三大主力友軍と合流する。1936年じゅうに月、同週恩来などを促す西安事変平和的解決は、これまでは内戦第二次国共合作、共同抗日の時局の転換のハブ。同月、書いて『中国革命戦争の戦略的問題』。1937年夏、書いて『実踐論』と『矛盾論』。抗日戦争開始直後には彼をはじめとする中国共産党中央統一戦線での堅持独立自主の原則努力し、大衆を動員し、発展のゲリラ戦争、創立して多くの塊の抗日根拠地。1938年じゅう月、中共の拡大六十六期六中全会に提出「マルクス主義の中国化」の指導原則。抗日戦争の時期に、彼が発表した『論持久戦』、『〈共産党人〉刊行のことば』、『新民主主義論』などの重要な著作。1942年2月に、全党の発展指導整風運動直し主観主義とセクト主義をさらに、全党を身につけたマルクスレーニン主義の普遍的な真理と中国革命の具体的な実踐を結びつけるの基本的な方向を奪い、抗日戦争や全国革命の勝利の思想の基礎を打ち立てました。1943年さん月、選ばれた中国共産党中央政治局会長。ご指導によって月に軍民発展生産運動、深刻な経済的困難を過ごしました。
と蒋介石の写真(右)と蒋介石の写真(右)
1945年よんしよ~ろく月召集中国共産党第七回全国代表大会論連合政府」の報告。大会が制定された「思い切って大衆を動員し、壮大な人民の力は、共産党の指導の下で、日本を侵略者は、全国人民の解放を築く新民主主義中国の戦略。毛沢東思想この大会で確定され中国共産党の指導思想。彼は七回1中全会から1976年きゅう、く月きゅう、く日逝去まで、中国共産党中央議長を務めている。
抗日戦争勝利後について蒋介石消滅を図る共産党との武装力の現実は、彼を「売言葉に買言葉」の闘争の方針。1945年はち月、重慶と蒋介石の交渉を表明し、中国共産党は国内の平和への願いを。
1946年夏の蒋介石発動全面内戦後、毛沢東と朱徳、週恩来中国人民解放軍を指導積極的な防御、優勢な兵力を集中して、それぞれの敵を殲滅する。1947年さん~1948年さん月、同週恩来、任弼时転戦陝北、指揮北西戦場と全国の解放戦争。1947年の夏、中国人民解放軍から戦略防衛戦略攻撃に、彼をはじめとする党中央の指導の下で、辽沈を経て、淮海、平津三大戦争と1949年よんしよ月の江戦役を渡る滅亡、国民党政府。1949年さん月、召集中国共産党の七回2中全会し、重要な報告を決定し、党の仕事の中心は農村から都市へ、規定の党全国勝利後の各種の基本政策を呼びかけ全党務は謙虚に、慎重に、いけない、うつな作風、ぜひ続けて刻苦奮闘する心がけ。ななしち月いち日、発表した『人民民主独裁論」を規定した人民共和国の政権の性質とその内の対外の基本政策。
司会の建国大典司会の建国大典
1949年じゅう月いち日、中華人民共和国が創立して、彼は当選し、中央人民政府の主席。1950年ろく月に召集し、中共七回三中全会提出を勝ち取るため、国家財政経済状況の好転して基本的な闘争の総任務。じゅう月れアメリカ軍に攻め入る朝鮮民主主義人民共和国、脅威に中国東北部の情勢は、彼をはじめとする中国共産党中央決定韓国戦争の戦争。1950~1952年、彼の指導の下で、土地改革を行った、反革命鎮圧や他の民主改革、発展、反対反対汚職官僚主義の浪費、反対「三反贈賄、反対運動」と反対脱税、反対国家の財産を横領する、反対反対手抜き、窃盗経済情報の「五反」運動。1953年ろく月に彼の提案は、中国共産党中央党過渡期の発表した総路線は、システムにし、社会主義の工業、生産資源私有制の社会主義改造。1954年きゅう、く月、第1回全国人民代表大会第1回会議で、彼は司会起草した『中華人民共和国憲法』は、この会議で当選を中華人民共和国初代会長は、1959年よんしよ月勤務。
1956年よんしよ月、作『十大関係論』のトークでは、このトークが中国に合う国情の社会主義建設の道をいくつかの初歩的な探求。そして、中国共産党中央政治局会議に提出する「百花斉放、百家争鳴」の方針。きゅう、く月、生産資源私有制の社会主義改造をほぼ完瞭し、中国共産党第8回全国代表大会を開催し、全国人民の主要な任務はすでに転換を社会生産力の発展に力を集中して。しかしこの方針後にはまじめな実行、そのせいで、以降の一連の指導の仕事上のミスと挫折。1957年2月に、彼は作『正しい処理について人民内部の矛盾の問題』のトークでは、社会主義社会を正確に区別と処理で敵味方の間と人民内部の矛盾の学説は2種類の性質が違う。
1957年ななしち月として、「にも集中は民主、規律は自由があって、また統一的意誌、また人がいて気持ちいい、活発、そういう政治局面」の要求。1958年ご月、発動「大躍進」と農村の人民公社化運動。1959年ななしち月、召集廬山会議。彼は本を直したいもう気付いてミスミスが会議に発動した後期に彭徳懐批判、後の挙党間違っており「反右傾」闘争。1960年冬から1965年初頭、彼をはじめとする中国共産党中央の指導の下で、国民経済の実行の調整、強固、充実、向上」の方針を、初歩「大躍進」と人民公社化運動の中の誤りを得、国民経済が急速に回復と発展。この間、提出した一連の措置を直した、初歩の農村部の仕事の中でほかの面での「左」の誤り。しかし、1962年のきゅう、く月に開催された中国共産党第8期第10回総会で、彼は社会主義社会では一定の範囲内に存在する階級闘争拡大化と絶対化し、発展した彼は1957年ななしち月反右派闘争以降に提出したプロレタリア階級と資産階級の矛盾は依然として中国社の主要な矛盾の観点。1963~1965年、発動農村と都市の社会主義教育運動として、運動の重点はいわゆる「党内全体の資本主義の道に走った実権派」。にじゅう世紀からごじゅう年代から、彼は指導者に指導者共同苏共奉行の大国主義や干渉、中国の企み制御の闘争をし。
1966年ご月、国内情勢を作り出した階級闘争の極端な、と彼は発動した「文化大革命」運動で、この運動が林彪、江靑二つの反革命集団操作で特別になって暴れ、を大きく超えた彼の見通しと彼の制御に続いて、甚だしきに至っては十年ぶりに、中国のたくさんの方面深刻な破壊と損失。「文化大革命」では、毛沢東も制止したいくつかの具体的な誤りを正すと。彼は指導者の破壊林彪反革命集団の闘争は、江靑、张春桥最高指導権を奪うなどの野望をとげる。
1976年きゅう、く月きゅう、く日、北京で逝去、享年83歳。

毛沢東歴史的な貢献

1、毛沢東中国に導く社会主義発展の道を、社会主義の基本制度を確立しました。
二、毛沢東の指導の中国人民を切り開いた社会主義の現代化建設を開始した社会主義の道に沿って道路、中華民族の偉大な復興を実現した新紀元。
三、人民が主人公となる新しい時代を切り開いたから、社会主義民主の辛さを実現曲折の探索。
四、新しい象徴を与えてくれた中国共産党政権地位を保つ、マルクス主義政党の先進性と政権地位について不断の探求。
定める新中国が国際的な大国地位を開いて、独立自主の平和外交努力をしました。

毛沢東人物評価

毛沢東は晩年に重大な過失を犯したものの、彼の一生を見ると、彼は中国の革命の論争の功績により彼の過失遠く、彼の功績は第1位のエラーは、2位には、中国の人々の尊敬を受けて。中国共産党が亡くなるご年以降は、彼のすべての革命活動と革命思想は中央委員会の決議の形式に全面的な評価。毛沢東思想としてマルクス主義中国の発展は中国共産党の指導思想。

毛沢東大事の年表

毛沢東1893-1910年

1893年
と湘潭学友会(2列写真左)と湘潭学友会(2列写真左)
じゅうに月26日生まれで、湖南省韶山の湘潭県衝農民家庭。
1902年-1909年
故郷で六に読書を塾韶山、伝統的な中国の啓蒙。
1910年
秋入学、湖南湘乡県立東山高等小学校読書。この期間を受けるカン梁啓超改良主義思想の影響。

毛沢東1911-1920年

1911年
春、長沙、入学湘乡駐省中学で。期間中、読んだ同盟会する『民立紙」は、その影響を受けて、文章を賛成孫文及び同盟会の綱領。
じゅう月、応答辛亥革命、文人が軍人になる、湖南新国軍が端武者。半年後名目に。
1913年
春、入湖南州立第四師範学校予科読書。
1914年
秋、編入湖南師範学校州立第一学部第八班。在学期間、受け杨昌济教師の影響などの進歩して、《新靑年』雑誌の熱心な読者、崇拝陳独秀論争
1918年
よんしよ月じゅうよん日、同萧子升何叔衡蔡和森などの発起設立新民学会
ろく月、湖南師範学校卒業州立第一。
はち月、組織湖南赴法初めて北京までアルバイト運動。北京を務めた、北京大学図書館司書、得李大钊ら助けを受け入れることを始めて、ロシア十月革命思想の影響。
1919年
よんしよ月ろく日、上海に帰ってから長沙。
ご月、応答五四運動発起設立湖南、学生连合会は、生徒指導湖南反帝愛国運動。
ななしち月じゅうよん日、編集長の湖南学生連合会『湘江評論"長沙に創刊。ななしち月からはち月、連続執筆を発表「民衆の大連立』長文。
じゅう月ご日、母ベンチュリ病死、闻迅長沙から戻って、韶山。はち日、母に書かれた『霊前祭母文』。
じゅうに月、指導駆逐湖南軍閥张敬尧運動、第二回北京まで。在京中、読んだ『共産党宣言」などのマルクス主義の書籍。
1920年
ご、ろく月間、上海で会見陳独秀、彼と討論読んだマルクス主義の書籍などの問題。
はち月初め、同易礼容などの長沙で発起設立文化出書社、マルクス主義と新しい文化伝播。
はち月からきゅう、く月設立され、参加してロシア研究会。
じゅういち月25日、手紙を出す罗章龙として、「新民学会が主義の結合がいい。主義例えば旗を立て、旗、みんなはやっとある程度期待、才知は向かいへ」。
じゅういち月、同何叔衡などの組織の長沙に共産主義グループ。
じゅうに月いち日、手紙に蔡和森、萧子升や他のは法のたびに。手紙の中で明らかに自分を受け入れてマルクス主義、ロシアの十月革命の道。長沙で開業社会主義靑年団。同楊開慧どのキー結婚する。

毛沢東1921-1930年

1921年
いち月いち日からさん日、同何叔衡彭璜周世钊熊瑾玎など十数人は長沙で潮宗ストリートカルチャー出書社新民学会会员新年大会開催。会議に提出しなければならない、「新民学会改造中国と世界」を共通の目的、賛成「ロシア」方法の改造中国。
ななしち月23日からはち初めとして、同何叔衡長沙共産主義グループの代表として出席して上海で開かれた中国共産党の第1回全国代表大会。
はち月、長沙に帰って、任中国労働組合の書記部主任湖南支部。と何叔衡創設湖南自修大学
じゅう月じゅう日、湖南支部の幹事の設立。
1922年
ご月、中共湘区執行委員会の設立は、幹事長。
きゅう、く月からじゅうに月、組織の指導粤漢鉄道労働者、安源路矿労働者、長沙泥木工人など一連のストライキの運動を推進する湖南労働運動が急速に向かう高潮。
1923年
よんしよ月から、長沙に上海に到着し、中共中央仕事。
ろく月、広州に出席する中国共産党第3回全国代表大会は、中央執行委員に選ばれ、中央局委員、中央局秘書を務める。
きゅう、く月じゅうろく日に中国共産党中央の決定を受ける国民党の本
毛沢東は上海で毛沢東は上海で
部総務部副部長林伯渠の依頼に戻って、長沙、湖南省の計画を実施する国民党組織。
1924年
いち月、広州で初めて出席し、中国国民党の全国代表大会で、中央執行委員候補に選ばれた。
2月には、上海、彼は国民党上海執行部委员、組織部秘書職。
じゅうに月、戻る湖南養生。
1925年
2月に、韶山療養に戻って、一面でありながら、展開農民運動。
きゅう、く月、広州に参加し、国民党の第2回全国代表大会の準備作業。
じゅう月、彼は国民党中央宣伝部部長代理。
じゅうに月いち日、発表した『中国社会の各階層の分析」という一文。
じゅうに月ご日、編集長の国民党中央宣伝部の刊行物《政治週報」を創刊。
1926年
いち月に出席し、中国国民党の第2回全国代表大会、続けて当選候補中央執行委員。
さん月じゅうはち日、広州で国民党政治講習会記念パリ公社55週年集会で講演し、上戸「記念パリ公社の重要な意義。
さん月、蒋介石広州で製造中山艦事件週恩来などと強く主張する反撃。
ご月からきゅう、く月主催、国民党の第6回の農民運動講習所、所長を務める。
じゅういち月、上海に任中共中央農民運動委員会の書記。やがて、武漢、創設国民党中央農民運動講習所。
じゅうに月、湖南省長沙で初めて出席
2期三中全会写真(2列右3)2期三中全会写真(2列右3)
回代表大会と初めての農民労働者代表大会。
1927年
いち月よんしよ日~2月にご日、湖南考察湘潭、湘乡、衡山、醴陵、長沙の5県の農民運動。
月に発表した『さん、湖南農民運動考察報告」;武漢で国民党の第2期第3回全体会議に出席する。
よんしよ月じゅうに日、蒋介石は上海で発動反革命クーデター。
よんしよ月27日からご月じゅう日、中国共産党第五回全国代表大会は、中央執行委員候補に選ばれた。会議の批判した陳独秀右翼誤り。
ななしち月じゅうご日、汪精衛武漢で発動反革命クーデター、宁汉合流失败し、大革命。
はち月いち日、南昌蜂起爆発。同宋慶齢国民党中央委員など22人連名で発表した『中央委員宣言」を非難し、蒋介石、汪兆銘国民革命を裏切る。
毛沢東は武漢で毛沢東は武漢で
はち月ななしち日に出席し、中共中央漢口で開催の緊急会議を武力で政権を打ち立てるの思想、選ばれた臨時中央政治局委員候補。後湖南指導湘赣境界秋の収穫蜂起
きゅう、く月きゅう、く日、湘赣境界の秋の収穫蜂起爆発。は江西省銅鼓蕭家祠第三団团部経由瀏陽張坊のとき、团防局の農村討伐隊に捕らえられ、途中機転を連行する。
きゅう、く月、収穫蜂起挫折後、率に蜂起部隊罗霄山脈中段に進出する。
月にじゅう、江西宁冈県茅坪から作成井岡山革命根拠地
じゅういち月され、中国共産党中央政治局ミス臨時非難は撤回され、政治局委員候補の職務。
1928年
よんしよ月率部江西宁冈県磨臼市と朱徳、陳毅率いる南昌の蜂起軍余部と湘南蜂起农军友軍と合流する。
ご月を務め、二本の部隊の合作労農革命軍(後中国紅軍第四軍に改称)代表、軍事委員会書記。
ななしち月、中国共産党第6回全国代表大会で選ばれた中央委員。
じゅう月、中国共産党湘赣境界第二回代表大会起草決議案を提出し「労農武装割拠」の思想。
じゅういち月25日、中国共産党中央前委代表赤四軍にレポートをまとめ、井岡山労農武装割拠の経験。
じゅうに月、司会井岡山《土地法」の制定。
1929年
いち月、同朱徳陳毅赤四軍主力率に赣南、闽西進軍し、1930年春まで赣南、闽西2つの革命根拠地を初歩的に形成。
よんしよ月、司会制定興国『農地法』。
ろく月、出席する竜岩開かれた中国共産党の赤四軍第7回代表大会、赤軍の任務について、政治活動と軍事の仕事などが問題の正しい意見を受け入れられない、原由中共中央指定を務め前委書記の職務を担当して他人を改選され。後に、赤い四軍の主要な指導ポストを離れて、闽西休養所で仕事を指導。
ななしち月、中国共産党指導闽西初めて代表大会開催。
きゅう、く月、中国共産党中央四軍に赤前委指示を出す手紙を肯定した毛沢東赤軍の行動について策略と建設1本の強さの人民革命軍の正しい主張。
じゅうに月、福建上杭県古田村を召集中共赤四軍第9回代表大会に報告し、政治を起草大会決議案(古田会議決議)。
1930年
いち月、書いて『燎原火をつけることができる』を述べる文について、農村部の都市を包囲、武装政権を奪う中国革命の道の理論。
ご月、江西寻乌作調査;同時にこれは『学歴主義に反対する文を提出しない」、「調査、発言権はありません」。
はち月、任赤く方面軍総政治委員と中国共産党委員会書記総前線。
きゅう、く月、中共6回三中全会で選ばれた政治局委員候補。
じゅうに月さんじゅう日から翌年にいち月さん日、同朱徳など赤く方面軍指揮粉砕国民党軍が初めて「包囲討伐する」。

毛沢東1931-1940年

1931年
いち月ななしち日、中国共産党の拡大六第4回全体会議上海で行われ、選ばれた中国共産党中央政治局委員候補(会議に出席しなく)。王明共産国際代表支援に中央政治局。
よんしよ月からご月、同朱徳など赤く方面軍指揮粉砕国民党軍第二次「包囲討伐する」。
ななしち月からきゅう、く月、粉砕国民党軍第三回「包囲討伐する」。
じゅういち月いち日からご日、中央区党組織に開催された第1回代表大会(赣南会議)で受けられて、指摘されて「偏狭な経験論」、「富農ルート」と「極めて深刻の一貫している右翼日和見主義」。
じゅういち月、中華ソビエト第1回全国代表大会で報告します;中華ソビエト共和国中央執行委員会第1回会議で当選を主席と人民委員会会長。
1932年
いち月、江西へ瑞金郊外の東華山古寺休養。
紅軍さん月、攻め贛州败戦後に停止、休養し、陣頭指揮に赴く。
よんしよ月じゅうご日、発表した『対日戦争宣言』。
ご月きゅう、く日、同项英発表《中華ソビエト共和国臨時中央政府の反対国民党を淞沪協定通電』。
ろく月、同朱徳指揮赤くて、红五軍団は、闽西回师赣南。
じゅう月、江西宁都で開かれた中国共産党区中央局会議でされ、「左」傾くエラー指導の打撃。後に撤回され、赤くて方面軍総政治委員を務め、福建長汀養生。
1933年
いち月下旬、中国共産党中央政治局移転臨時中央革命根拠地。
2月上旬に中共中央、臨時「攻め」路線を全面的に実施し、積極的にクリア毛沢東路線は中央によって防御にの影響で、発展と反「罗明ルート」の闘争。
ご月さんじゅう日、同项英などを発表中華ソビエト共和国臨時中央政府「国民党平津宣言」を売る。
ろく月いち日、同项英などが公表し中華ソビエト共和国臨時中央政府の「查田運動の訓令』について。
はち月、瑞金で開かれた中央区南部十七県経済建設の大会で作『粉砕5回の“包囲討伐」とソビエト経済建設の任務」の報告。
じゅう月、書いて「どう分析農村階級」という一文、農村階級区分の基準成分。
じゅういち月、前後して興国県長岡郷と上杭県が溪乡調査、書き出して『長岡郷調査』と『が溪乡調査。
1934年
いち月は、共産党の6回の総会で選ばれた政治局委員。中華ソビエト第2回全国代表大会の上で行う活動報告。続けて当選を中華ソビエト共和国中央執行委員会会長。
ろく月じゅうく日、同项英など発表《中華ソビエト共和国中央政府は国民党華北宣言」を売る。
ななしち月じゅうご日、同项英など発表《中国労農赤軍北上抗日宣言。
じゅう月じゅうはち日夕方、率いる警備クラスは都を離れて、長徴の道を踏む。
じゅういち月末、湘江戦で大きな損失を受け赤軍。さんじゅう日、随軍事委員会第一野戦縦隊過ごし湘江。
じゅうに月じゅうに日、湖南省の通路で開かれた中国共産党中央担当者が緊急会議で、放棄に強く主張する紅軍予定湘西と赤の2、6の軍団の会合の計画に変わって、敵に弱体貴州に進み、採択された。
1935年
いち月じゅうご日からじゅうななじゅうしち日、出席する貴州遵義開かれた中国共産党中央政治局会議を拡大し、補足選出する中央政治局常務委員。会議が終わった明「左」翼冒険主義は、中共中央の統制、実際に確立した毛沢東を代表の新しい中央の指導。
さん月、同週恩来、王稼祥構成三人軍事指揮グループ。
さん月からご月、同週恩来など指揮赤く方面軍四渡赤水巧渡金沙江飛奪濾定橋取得、戦略的移動中は決定的勝利。
ろく月じゅうご日、同项英など発表《反対日本併合華北と蒋介石売国宣言。
ろく月率赤く方面軍と赤い4の方面軍の四川省西部会合。やがて、すなわち同张国焘逃げ主義、分裂主义闘う。
月じゅうく日じゅう、率いる中国労農赤軍陕甘分遣隊到着陝西延安呉起町。紅軍の勝利に完成長徴
じゅうに月、出席陝北瓦窑ブルク中国共産党中央政治局会議が開かれた。会議を確定しました。抗日民族統一戦線策略。
じゅうに月27日、党の活動家会議で作『反対論日本帝国主義の策略」報告、闡発抗日民族統一戦線戦略方針。1936年
いち月25日、同週恩来、彭徳懐など二位赤軍将連名で『紅軍同じ東北軍連合抗日緻したい東北軍将兵書」を提出する全体について、組織
東徴時期東徴時期
国防政府と抗日聯軍の具体的な方法は、提案の相互派遣代表の共同協議。
に月からご月、同彭徳懐率いる赤く方面軍主力渡黄河東徴。
月に提出さん、南京当局内戦を停止、一緻の抗日の五時意見。
ろく月いち日、同朱徳発表救国の主張についてを二十条。
ろく月じゅうに日、同朱徳宣言を発表し「两广事変と支持し、提出抗日救国の8項目の綱領。
ななしち月からじゅう月、何度も記者会見アメリカ陝北延安スノー彼に答えて、提出に関する中国革命と労農赤軍など多くの面での問題は、自分の経験を紹介した。
はち月じゅう日、中国共産党中央政治局会議に出席し、国共両党との関係についての統一戦線の問題を報告。
はち月25日、「中国共産党を起草し中国国民党の書」が、抗日呼びかけ一緻。
じゅうに月ななしち日、中国共産党中央軍事委員会会長革命期。
じゅうに月中旬、張学良杨虎城西安で実行「兵谏抑留」、蒋介石。毛沢東と中共中央分析当時複雑な政治情勢、確定した平和的に解決する西安事変方針を固め、週恩来などへ参加交渉派西安事変を平和的に解決するため。
じゅうに月、これは『中国革命戦争の戦略的問題』。
1937年
いち月じゅうさん日、同中共中央と中央軍事委員会に進駐延安。
2月に出席しきゅう、く日、中国共産党中央政治局常務委員会会議を通じて、討論と「中国共産党中央に中国国民党三中全会発電」、5つの国策を提出して、四つの保証。このファイルを実際に国共合作交渉の綱領。
記者会見アメリカさん月、史沫特莱、彼女の答えは日中戦争と西安事変が提出したいくつかの問題。
よんしよ月からななしち月、抗日軍政大学の講義弁証法的唯物論のうち、2後にまとめ『実踐論』と『矛盾論』。
ご月、中国共産党の全国代表会議で作「中国共産党抗日時期のクエスト」の報告と『を勝ち取るために無数の大衆抗日民族統一戦線のための闘争』の結論。
ななしち月ななしち日、盧溝橋事変抗日戦争が勃発し、全国から。
ななしち月23日、発表した『反対日本攻撃の方針、方法と前途を断固として反対する」、抗戦、妥協譲歩の方針、政策。
はち月22日~25日で出席陝北洛川で開かれた中国共産党中央政治局拡大会合を強調し、統一戦線の自主独立の原則、闡明して自主山地ゲリラ戦戦略方針、任新構成の中国共産党中央軍事委員会の書記。
はち月25日、同朱徳、週恩来連名で発表について原作を国民革命軍紅軍第八路軍命令。その後、指導八路軍抗日前線へと赴く。
じゅういち月じゅうに日、延安党の活動家会議で作『上海から太原陥落する抗日戦争の情勢と任務」の報告、全面的に統一戦線と述べた国共関係の意見。
じゅうに月、中国共産党中央政治局会議に出席し、発言について、王明「すべてを統一戦線」の右傾投降主義主張、改めてと堅持洛川会議確定の方針政策。
1938年
中国人民抗日軍政大学の講演中国人民抗日軍政大学の講演
春のように、八路軍は華北から山地に平野地区展開遊撃戦争の決定。
ご月に発表した『抗日遊撃戦争の戦略的問題」という一文。
ご月26日からろく月さん日、延安抗日戦争研究会作『論持久戦」講演。全面的に分析中日戦争を取り巻く時代と中日双方の基本的な特徴、批駁速胜論や亡国論について、「中国の抗日戦争の持久戦の総方針。
きゅう、く月じゅうよん日から27日、中国共産党中央政治局会議に出席する。伝え王稼祥コミンテルン指示、中共中央の指導機関は毛沢東をはじめとする統一的指導の問題解決。毛沢東は長編発言し。
きゅう、く月29日からじゅういち月ろく日、出席中共拡大の六十六期六中全会、作『論新段階』の政治報告や会議の結論。会議の承認毛沢東をはじめとする中央政治局のコース。
1939年
2月2日に、延安党政军生産動員会議で演説を呼びかけ、自分で、困難を克服する。
2月にご日、中共中央党校作『投降主義に反対する』の話。
よんしよ月下旬、書いて『五四運動」という一文。
ご月よんしよ日、延安靑年五四運動20週年記念大会で作『靑年の方向運動』の講演。
ななしち月からはち月、何度も報告非難、国民党頑固派製造反共摩擦、呼びかけ団結抗戦を続け。
きゅう、く月じゅうろく日、同中央社、『掃討紙』、『新民紙三話』記者、改めて国民党頑固派製造反共摩擦を取って「人を犯さない私、私はもし人犯犯人;私は、私は必ず犯人」自衛の原則。
じゅう月よんしよ日、発表した『共産党人〉〈刊行のことば』で、説明は統一戦線、武装闘争、党の建設は中国革命勝ちを制するの3つの有効な方法。
じゅうに月いち日、中国共産党中央起草を大量に吸収知識人の決定について。
じゅうに月21日、八路軍政治部、衛生部编印の『ノーマン・ベチューンアルバム」と書いて「記念ベチューン」という一文。
同月、これは『人と協力中国革命と中国共産党』。
じゅうに月から翌年さん月、国民党のリーダーを退ける頑固派初めての反共高潮
1940年
いち月に発表した『新民主主義論』、システム論述の新民主主義革命の理論と綱領。
月ろくさんの日は、中共中央起草抗日根拠地問題について政権の指示を出して、「三制を実行する」。
さん月じゅういち日現在、作「抗日統一戦線での策略問題」の報告をまとめ、退治初めて反共高潮の経験として、「発展進歩勢力を中間に反対勢力、頑固な勢力」の戦略思想と理にかなって、有利は、祭の原則。
ご月よんしよ日、起草中共中央緻東南局と新四軍の指示を強調しなければならない、思い切って拡大軍、抵抗反共頑固派の攻撃を取る、指摘闘争の方針は、「全国的に対応可能の突然の事変」。
ろく月下旬、中国共産党中央政治局会議で報告を分析し、国際情勢や中国の抗日戦争の影響を指摘し、国民党は頑固派発動突然の事変を目指す時局好転し、また。
じゅういち月、起草朱徳、彭徳懐、叶挺、项英答電何応欽白崇禧『皓発電」の電報(『佳電気』)で、明確に反駁する『皓電気』は八路軍、新四軍の不当な非難。
じゅうに月、同前線から帰ってきて中央党校勉強の同誌の談話を強調し、幹部にマルクスレーニン主義の重要性。

毛沢東1941-1950年

1941年
いち月上旬、皖南事変発生。
いち月にじゅう日、中国共産党中央軍事委起草再建新四軍軍部の命令し、新華社記者発表について皖南事変の談話、厳正に提出解決皖南事変の十二条方法。
ご月いち日、検閲書き換え経中国共産党中央政治局の許可の『陕甘寧辺区施政綱領』に発表して、規定の辺区政権建設を三制」の原則。
ご月はち日を「退治について第二次反共高潮のまとめ」の党内の指示を出して、「打ラリーは、ラに引っ張る」とする中間派の戦略思想。
ご月じゅうく日、延安幹部会で作『改造私たちの学習」の報告は、反対して主観主義で、説明はありのままの思想の原則。
はち月いち日、中国共産党中央の起草について調査研究の決定。
きゅう、く月じゅう~じゅう月22日、中国共産党中央政治局会議に出席し、反対主観主義とセクト主義の報告。
きゅう、く月26日、中国共産党中央に「上级組の決定」に設立され、毛沢東を組長の中央学習グループ。
秋冬、前後司会編集『六大以来』、『六大昔』と『路線」などの党の歴史文献集。
1942年
に月いち日、中共中央党校の入学式に作『党の作風を整える」の報告。
2月にはち日、中国共産党中央宣伝部の幹部会議で作「召集野党八股文』の話。
ご月、延安文芸工作者の座談会で演説して結論を下す。
きゅう、く月ななしち日、延安『解放日報』執筆社説、論述精兵简政は極めて重要な政策。
じゅうに月、中国共産党中央北西局高級幹部会議提出「経済問題と財政問題』長編レポートして、「経済を発展させ、保障給付」の財政経済の仕事の総方針。
1943年
さん月にじゅう日、中国共産党中央政治局会議に推定される中央政治局委員長と、中央書記処主席。
ご月26日、中国共産党中央書記処で開かれた幹部大会で作「共産国際解散問題についての報告。
ろく月いち日、中国共産党中央指導方法についての決定を起草する。
ななしち月いち日、手紙康生、「防奸」仕事は調査研究、是非をはっきり見分けて、教育の大衆、反対され、「供、手紙」。
ななしち月じゅうに日、延安『解放日報これは『質問」国民党」の社説は、国民党を暴露頑固派攻撃陕甘寧辺区の陰謀。
きゅう、く月上旬からじゅう月上旬、司会中共中央政治局この期間の会議に批判王明10年内戦時期の「左」翼冒険主義ミスと抗日戦争初期の右翼日和見主義の誤りで、会議で何度も発言し小節。
じゅうに月、中央党校大講堂に落成揮毫「ありのままの」。
1944年
よんしよ月じゅうに日とご月にじゅう日前後で、中共中央北西局高級幹部会議と中央党校の第1部について勉強や時局の講演。
ご月じゅうご日、西安で同国民党代表の林伯渠交渉を提出し、彼を交渉の具体的な内容としての意見書。意見書について全国政治と両党懸案問題を出して、二十条意見。
ご月21日、中国共産党の拡大の6回七中全会に推薦され中央委員会の委員と七中全会議長。
ろく月ご日、起草した「中国共産党中央について都市の仕事の指示』は、中共6回七中全会討論を通じて。
ろく月からはち月、何度もの記者会見の北西参観団メンバーや在日米軍観察延安グループのメンバーについて、「中国共産党の抗日政策と国共関係などの問題。
きゅう、く月はち日、張思徳の追悼会の上で発表した『人民に奉仕する』の話。
じゅう月31日、司会中共6回七中全会議長団会議、決定派王震、王首道率部に南下し、「衡山を中心に設立根拠地」。
じゅういち月、週恩来と同じアメリカ大統領ルーズベルトの私的代表ハーレーを何度も会談国共関係、そして達成五条協定原案。この協定原案蒋介石拒否される。
1945年
よんしよ月にじゅう日に出席し、中共6回七中全会の最終会合
毛沢東は延安毛沢東は延安
会議を通じて、基本的に何度も重要な改正し経毛沢東の「若干の歴史問題についての決議。
よんしよ月23日からろく月じゅういち日召集し、中国共産党の第7回全国代表大会開会のあいさつを述べる(「二つの中国の運命」)と閉会言葉(『愚公移山』)、大会に提出《論連合政府」の書面による政治報告。大会は毛沢東思想として確定全党のすべての仕事の指針。
ろく月じゅうく日、中国共産党の七回一中全会で当選を中央委員会の主席。
ななしち月、同国民参政员褚辅成黄炎培など人は国共関係の会談。を通じて「新路」について民主政党、団体の興亡、踊って「週期律」の問題。
はち月きゅう、く日、発表「日本最後の戦い」の声明。
はち月じゅうさん日、発表「抗日戦争勝利後の時局と私たちの方針」の講演を実行し、国民党の方針売り言葉に買い言葉;売言葉に買言葉、寸土たりとも譲らぬように国内の平和と民主主義。
はち月28日、重慶へと蒋介石平和交渉を行う。
きゅう、く月2日には、日本政府が正式に署名して降伏文書。中国の抗日戦争勝利終瞭。
じゅう月じゅう日、「国民政府と中国共産党の代表議事録』(以下『双十協定』)重慶で署名。じゅういち日に戻り、延安。
じゅう月じゅうななじゅうしち日、延安幹部会で重慶交渉についての報告では、中国革命の指摘し「前途は明るいが、道は曲がりくねっている」。
じゅうに月28日、『を起草強固な東北根拠地』の指示。
1946年
よんしよ月執筆について、「当面の国際情勢の数点推定』。
ろく月26日、国民党軍に攻めて中原解放区内戦が勃発し、全面的に。
ななしち月よんしよ日、南线野戦軍に「まず内線をいくつかの勝ち戦再転部外線」の戦略的意思決定。
ななしち月にじゅう日を「自衛戦争粉砕蒋介石の攻撃』の党内の指示。
はち月ろく日、記者会見アメリカストロング、「すべての反動派は張り子の虎」の名高い論断。
きゅう、く月じゅうろく日、中共中央軍事委起草『優勢な兵力を集中して、それぞれの敵を殲滅する」の指示。
月いちじゅうの日は、中共中央起草党内の指示に従い、三ヶ月戦争の経験を総括。
陝北の(中央)に転戦する陝北の(中央)に転戦する
じゅういち月じゅうはち日、中国共産党中央起草党内の指示で、初めて使う「人民解放戦争」の名称。
1947年
さん月じゅうはち日、率は中共中央機関や人民解放軍本部延安にわたって撤退開始一年の陝北転戦。
さん月からはち月、指導して青化北西野戦軍を石針、羊马河、蟠龙、沙店戦の勝利、粉砕した国民党陝北の解放区の重点攻撃。
ななしち月21日~23日、陝北の靖边県小川村中共中央会議を召集し、蒋介石の闘争を提出で5年間(1946年からななしち月から数えて)解決の構想。前後して、配置刘邓、陈粟、陈谢三道大軍黄河渡河転入戦略攻撃。
じゅう月、起草『中国人民解放軍の宣言」、「蒋介石を倒し、全中国を解放”のスローガン。
じゅういち月、1933年の『どんな起草区分階級」や「土地の闘争の中でいくつかの問題についての決定」を再発行に全党、指導解放区土地改革運動が正しく発展。
じゅうに月25日から28日、陝北の米脂県杨家溝を召集中共中央会議(つまり十二月会議)、会議に提出「現在の情勢と我々の任務」のレポートを提出した十大軍事原則と新民主主義の三大経済綱領。
1948年
いち月じゅうはち日、中国共産党中央党の政策についての起草「現在のいくつかの重要な問題」の案の決定。
さん月23日、終瞭陝北転戦黄河へ渡って、華北解放区。
柳亚子と一緒に(右)柳亚子と一緒に(右)
よんしよ月いち日、山西興県蔡家崖晋绥幹部会議で発表の重要な演説をし、党の新民主主義革命総路線と土地改革総路線。
よんしよ月さんじゅう日からご月ななしち日、河北阜平召集郡南庄中共中央書記処拡大会合を導いて、戦争を国民党支配区、生産を発展させ、強化する規律性など何の意見。
ご月いち日、手紙を出す李济深沈钧儒を提出し、民主連合政府、宜先行で新しい政治協商会議。
ご月27日、中国共産党中央委員会の所在地に到着河北平山県西柏坡村。
きゅう、く月はち日からじゅうさん日、西柏坡中共中央政治局会議を召集し、戦争について、建国、経済問題などの重要な報告。
きゅう、く月から翌年にいち月、組織の指揮辽沈、淮海、平津三大戦略決戦は、国民党軍主力聚歼で長江以北。
じゅうに月さんじゅう日、新華社は「書いて1949年新年のあいさつ革命を徹底的に行う』。
1949年
月に召集さん、中共七回2中全会を実現党の重点移転を奪取全国勝利や新中国の建設についての指導方針や基本政策。
さん月25日、率は中共中央機関や人民解放軍の進駐北京本部。
よんしよ月21日、南京政府の受け入れを拒否して「国内の平和協定」の場合、と朱徳連名発布《全国進出の命令。
よんしよ月23日、人民解放軍が南京占領、作詩『七言律詩・人民解放軍は南京を占領して』。
ろく月じゅうご日からじゅうく日、新しい政治協商会議に出席して第1回全体会議を開会式で演説する。
ろく月さんじゅう日、発表した『人民民主独裁論」という一文。
ななしち月よんしよ日、答電程潜を提出し、程の反蒋反桂や平和解決湖南問題の方針、与える賞賛するし、事宜に配置について。
きゅう、く月21日からさんじゅう日に出席し、中国人民政治協商会議第一回全体会議、開会のあいさつを述べる、当選中央人民政府の主席。会議を通じて、週恩来が司会を起草、経彼は何度も検閲改正の『共同綱領』。
月いち日じゅう、中華人民共和国が成立し、司会建国式典。
じゅうに月ご日発表については、「一九五零年軍参加生産建設の仕事の指示』。
じゅうに月じゅうろく日到着モスクワ初めて訪問ソビエト連邦。1950年2月にじゅうよん日、中ソ署名『中ソ友好同盟共助条約』。
じゅうに月から翌年の初め、平和解放チベット具体的な配置について。
1950年
ろく月ろく日からきゅう、く日、中国共産党の七期第3回全体会議を召集し、提出する『を国家財政経済状況の好転を基本闘争」のレポートを作「四面出击』の話をしないでください。
ろく月28日召集し、中央人民政府委員会の第8回会議を通じて、『中華人民共和国土地改革法』。
じゅう月上旬、中国共産党中央政治局会議を主宰して「韓国戦争、家と国の防衛」の意思決定。
じゅう月はち日発表の構成、中国人民誌願軍の命令で、命令誌願軍たちどころに北朝鮮に国内で出動し、援助北朝鮮人民を任命し、彭徳懐誌願軍司令官兼政治委員。そして自ら指導した第一次から第三次戦。
じゅう月以降、発動とリードした反革命鎮圧運動。

毛沢東1951-1960年

1951年
2月には中国共産党中央政治局拡大会議に提出「三年準備、10年計画経済建設」の思想。
ご月にじゅう日を「すべき映画武訓伝〉〈重視の議論文』『人民日報社説形で発表。
ご月24日、宴席を祝う「チベット平和解放に関する協定締結方法の。これで、中国大陸全土に解放。
きゅう、く月、司会制定について「中国共産党中央農業生産で助け合うの決議(草)』。
じゅう月じゅうに日、『毛沢東選集』第一巻が刊行される。第二巻と第三巻それぞれ1952年よんしよ月と1953年によんしよ月刊行。
じゅうに月、発動反汚職、反浪費反対、官僚主義の「三反」運動。
1952年
いち月、全国政協委員会の司会を通じての展開について、「思想改造の各界の人士勉強運動の決定。
いち月26日、中国共産党中央起草展開について「五反」運動の指示(「五反」という反対贈賄、反対脱税、反対国家の財産を横領する、反対手抜き、反対を横領する国家経済情報)。
よんしよ月ろく日、中国共産党中央起草『チベット仕事の方針についての指示』。
はち月きゅう、く日、発布《中華人民共和国民族区域自治実施要綱。
きゅう、く月、下の提出過渡期総路線。
1953年
いち月じゅうさん日、中華人民共和国憲法起草委員会の設立、任氏。
さん月26日、中国共産党中央起草反対について大漢民族主義思想の指示。
ろく月じゅうご日、中国共産党中央政治局会議で話す、党の過渡期に総路線に比較的に完備して述べる。
ななしち月27日、朝鮮の休戦協定板門店正式に署名。
きゅう、く月ななしち日、民主諸党派と商工界の代表トーク部分と指摘、資本主義は国を改造する資本主義商工業の通る。
じゅう月じゅうご日、じゅういち月よんしよ日、2回と中国共産党中央部の担当者は、農村部の仕事の話。として、各級の農村部の仕事を協力と合力の極めて重要なこと。
1954年
1954年と金日成建国記念式で(右)1954年と金日成建国記念式で(右)
いち月から杭州司会の起草中華人民共和国憲法。
さん月23日、司会憲法の起草委员会の第一次会議に提出、中華人民共和国憲法草案初稿。
きゅう、く月じゅうご日から28日、全国人民代表大会に出席し、第1回第1回全体会議、開会のあいさつを述べる《建設のために1つの偉大な社会主義国のために奮闘する』は、当選中華人民共和国主席。
きゅう、く月28日、中国共産党中央軍事委員会の構成、任氏。
月じゅうろく日じゅう、中共中央政治局及び関連同誌書いて『紅楼夢研究の問題についての手紙』。
じゅう月じゅうく日、同インド総理ネルー会話の中で提出、平和共存五原則すべての国との関係は広めに。
1955年
いち月じゅうご日、指示劉少奇、週恩来、鄧小平「対応胡风の資産階級唯心論反党、反人民の文芸思想、徹底的な批判。」
さん月、中国共産党の全国代表会議で開会のあいさつを述べるし結論を呼びかけ幹部社会工業化問題となり、この方面のベテラン。
ご月じゅうに日、最高国務会議に提出反革命を粛正する仕事の方針。
ろく月きゅう、く日を天安門人民英雄記念碑前書き:人民英雄は永遠に不滅である。
ななしち月31日、中国共産党中央召集の省委員会、市、自治区党委書記会議で作「農業について協力化問題」の報告。
きゅう、く月からじゅうに月、司会編集『中国農村の社会主義のクライマックス』という本を書いた2編の序言と104篇編者の言葉。
月よんしよじゅう日からじゅういち日召集し、中共七十六期六中全会のを通じて、「農業について協力化問題の決議。
じゅう月29日、招集する全国工商連合実行委員の座談私営工商業の社会主義改造問題。
じゅうに月じゅうろく日、知識人の問題について改正中央の指示の草案を大量に注意を知識人、高級インテリ入党吸収。
1956年
いち月にじゅう日、中国共産党中央で開かれた知識人の問題についての会議で演説を呼びかけて一生懸命勉強し、全党科学知識、同党外の知識人の団結一緻、迅速に世界の科学的先進レベルのために奮闘する。
いち月25日、司会最高国務会議を通じて「1956年から本格的に検討1967年全国農業発展要綱(草案)』(つまり四十条)。
月に月からさん、相前後して34の中央を部門に報告、経済建設についての係統の調査研究。
よんしよ月初め、審改『プロレタリア独裁についての歴史の経験』。
よんしよ月25日、中国共産党中央政治局会議で作「拡大十大関係論」の報告。
よんしよ月27日、署名の死後実行火葬。
よんしよ月28日、中国共産党中央政治局拡大会議に提出「百花斉放、百家争鳴」の方針。
はち月22日召集し、中共七回七中全会として、二つの仕事の重点を、社会主義改造、ひとつは経済の建設、二つの重点は建設の中で主要な。
中国共産党の第8回全国代表大会開会のあいさつを述べる中国共産党の第8回全国代表大会開会のあいさつを述べる
きゅう、く月じゅうご日から27日召集し、中国共産党第八回全国代表大会開会のあいさつを述べる。八大期間、再び経済建設の重要性を強調した。
きゅう、く月28日、中国共産党の八回で当選を中央委員会全会。
じゅういち月じゅうご日、中国共産党の八回2中全会話:私たちの経済建設に退進め、主に入るのか。
じゅうに月、審改『再论プロレタリア独裁の歴史の経験。
1957年
2月27日に、「正しい処理について人民内部の矛盾の問題』話2種類の矛盾を学説。
さん月じゅうに日、中国共産党の全国宣伝工作会議で演説を開始すると発表し、党内を粛清する。
よんしよ月さんじゅう日、招集する民主諸党派担当者を開き、彼らを助けてください共産党整風。
ご月じゅうご日、書いていることから「変化」という一文、その後反右派闘争が発動し、深刻な拡大化の誤り。
きゅう、く月にじゅう日からじゅう月きゅう、く日、中共8期第3回全体会議を召集し、会に八大決議について中国社会の主要な矛盾の論述異議に戻るべきだと思って、党の七回2中全会の表現。
じゅういち月率中国政府の代表団に参加しソビエト連邦、十月革命四十週年記念活動に出席し、共産党と労働党の代表者会議。期間として、じゅうご年内に中国主要工業製品の生産量をしのぐイギリス。
1958年
いち月、中国共産党中央会議を召集南寧、起草『仕事方法の六十条(草案)』。会議で「反急進批判」。
さん月、中共中央成都会議を召集し。会議は続けて「反急進」批判、制定の各経済指標が大幅に向上。
ご月ご日23日、中国共産党の八大2回会議を召集し。会議を変え八大1回会議の関係という結論、2つの階級、二つの道の闘争は依然として国内の主要な矛盾。会議で、「気合いを入れて、高い目標を目ざす、多快好省に社会主義建設」の総路線。
ななしち月31日からはち月さん日、同来訪の苏共中央第一書記フルシチョフ会談を拒否する側が提出した中国の主権侵害の構築について連合艦隊と長波局の提案。
はち月ろく日、視察河南新郷七裏大隊の人民公社。「人民公社のこの名前が良い」。
ななしち月からはち月、自ら配置砲撃金門
はち月じゅうななじゅうしち日からさんじゅう日、北戴河召集中共中央政治局拡大会議を通じて、「農村問題の決議」を人民公社。
じゅういち月に日からじゅう日、初めて鄭州会議を召集し、是正「大躍進」と人民公社化運動中の「左」翼エラー。会議では、県以上の4級の党委員会に手紙を書いて、勉強ソビエト連邦要求『社会主義経済問題』と『马恩セレス共産主義社会」論。
じゅういち月28日からじゅうに月じゅう日、武昌召集中共八十六期六中全会のを通じて、「人民公社の若干の問題について決議。
1959年
に月27日~さん月ご日召集第二次鄭州会議、さん月25日からよんしよ月ご日に上海で中国共産党中央政治局拡大会議や八回七中全会、引き続き「左」翼誤りを正す。
よんしよ月、毛沢東の意見によって、第二期全人代第一回会議で、彼はもう務める国家主席は、劉少奇後任の決議。
ろく月25日から28日、故郷に帰る韶山
ななしち月に日からはち月じゅうろく日、廬山召集中国共産党中央政治局会議や八回全体会議八中拡大。政治局会議元準をさらに拡大を「左」の間違いが、後期と引き続いて開かれた八回八中総会で誤って起こるあの彭徳懐などの批判。
はち月24日、提案分割を右派分子帽子を脱ぐと赦免いくつか確かに悪を改め善に従うの戦犯など。きゅう、く月じゅうななじゅうしち日、中国共産党中央が出した「確かについて外す悔い改めの右派分子の帽子の指示」;全人代常務委員会第9回会議で、「特赦確かに悪を改め善に従うの犯罪者の決定。
じゅうに月じゅう日から翌年2月にきゅう、く日、組織陈伯达胡绳邓力群田家英読書サークル参加し、杭州、上海と広州、勉強しソビエト連邦『政治経済学(教科書)」は、多くの談話を発表した。
1960年
さん月、広州では、『検定毛沢東選集』の第四巻。九月出版発行。
さん月さんじゅう日、中国共産党中央官僚の指示について起草「反対。
ろく月じゅうよん日からじゅうはち日、上海で召集中共中央政治局拡大会議、書いて「十年」という一文をまとめ、ありのままを原則とあらためて強調し、真面目に研究社会主義革命と建設の法則。
ななしち月ご日からはち月じゅう日、司会は北戴河で開かれた中国共産党中央会議の仕事、国際問題の研究や国内経済調整について。
じゅういち月じゅうご日、中国共産党中央起草「「五風」を徹底的に問題の指示』。(「五風」、即ち共産風、水増し風、命令風、幹部特殊風とやたら風)指揮。

毛沢東1961-1970年

1961年
いち月じゅうよん日からじゅうはち日召集し、中共8回九中全会呼びかけ大興調査研究の風。今度の会議は正式に承認された国民経済の八字調整方針。後の組織と指導の3つの調査チームを深く浙江省、湖南省、広東省、農村調査研究。
ご月21日からろく月じゅうに日召集し、中共中央会議の仕事、討論改正「農村の人民公社仕事条例(草案)』(つまり農業六十条)。その中の規定では、キャンセル供給制;できない食堂は完全にし、社員を討議、決定する。
はち月23日からきゅう、く月じゅうろく日、廬山中共中央工作会議を召集し、討論工業、食糧、財政と貿易、教育などの問題。会議を着実に実行を強調する経済の八字調整方針。
きゅう、く月29日、「三級のすべて、チームに基づいて」は、農村の人民公社の基本的な計算単位下を生産隊。
1962年
いち月じゅういち日~2月にななしち日、中国共産党の中央を召集拡大会議の仕事と「七千人大会」)について民主集中制問題の重要な演説。
ななしち月からきゅう、く月北戴河北京開催し、中共中央会議の仕事と8期第10回全体会議、批判のいわゆる「暗風」、「独力でやる風」、「翻案風」について、階級、情勢、矛盾と党内団結問題をさらに発展について階級闘争は社会主義社会の主要な矛盾のまちがった論点。
1963年
2月にじゅういち日から28日開かれ、中国共産党中央仕事会議で確定する農村普遍的で「四清」運動と都市発展「五反」運動。
さん月ご日、『人民日報碑文「に」を発表した雷鋒同誌の勉強」。
ご月、杭州で司会を「中国共産党中央現在農村部の仕事の若干の問題についての決定(草案)』(以下、「前十条」)として、指導の農村部では「四清」の綱領性ファイル。
じゅうに月じゅうろく日を聞きながら、聶栄臻科学技術十年計画について報告、指摘:やらない科学技術、生産力を高めることはできない。
じゅうに月であり、文芸活動の第一個の指示について。
1964年
2月にじゅうさん日召集、教育活動座談会を教育体制改革の構想。
ご月、第三の聴取について五年間計画の報告をする時、提出の拳(2農業国防)の尻(基礎工業)の思想を分けて、全国を一、二、三線の戦略の配置。
ろく月じゅうご日とじゅうろく日、北京、済南部隊を見て軍事訓練報告演技。
ろく月じゅうろく日、北京で開かれた小型会議で、プロレタリア革命事業の後継者育成についてのトーク。
ろく月、再び文芸仕事の指示をさらに拡大し、文芸界のイデオロギーが他の領域に誤っており、行き過ぎた政治批判。
じゅう月じゅうろく日、中国初の原子爆弾爆発成功。
じゅうに月じゅうご日から28日、中央会議を召集し仕事、討論を「農村社会主義教育運動の中で現在提出のいくつか問題』(以下「二十三条」は、一部を「四清」運動に「左」のやり方が、誤って「運動の重い時はあれらのて党内全体資本主義の道の実権派」。
1965年
ご月22日~29日、重さに井岡山
ななしち月27日に会見し、海外からの帰国の元国民党政府代大統領李宗仁夫人と。
じゅういち月初め、承認発表《新編歴史ドラマ「海瑞免官する評価」』1文の解明「文化大革命”の始まり。
1966年
月じゅうに日さんに手紙を、劉少奇、「人民戦争と飢饉に備える」。
月末にはミスさん、非難彭真司会制定の文化革命について5人のチーム「当面の学術討論報告の要点。
ご月ななしち日まで「五・七指示」として、人民解放軍は「大学校」を中心に、各専門だが、「兼修別」、「教育革命」など。
ご月じゅうろく日、中国共産党中央政治局拡大会議毛沢東司会が制定した「中国共産党中央委員会のお知らせ」は当時、党と国家の政治情勢について重大な過ちの推定。
はち月いち日からじゅうに日召集し、中共8回十一中全会を通じて、「プロレタリア文化大革命の決定。会議中に出された毛沢東ご日に書いた『炮打司令部――私の1枚の壁新聞』、不指名に叱られました。劉少奇鄧小平。ご月の中央政治局拡大会議と今度の会議の開催は「文化大革命全面的に発動」のマーク。
はち月じゅうはち日からじゅういち月26日、北京で相前後して8回全国各地からの学院と大学の学生に接見と紅衛兵
1967年
いち月、上海「一月革命」を支持する。その後権力を奪うの風が全国に及ぶ。
いち月23日、「中国人民解放軍の指示を断固支持し革命左派大衆の決定。
2月にじゅういち日とじゅうろく日、谭震林陳毅葉剣英李富春李先念徐向前聶栄臻などの不満林彪江靑一味の車は海へ船は山へ、「文化大革命」の誤った方法を提案した強い批判は、「大騒ぎ懐仁堂」。毛沢東は聞いた中央文革グループの報告後、表示はとても満足していない。
ろく月じゅうななじゅうしち日、中国初の水爆爆発成功。
ななしち月からきゅう、く月、華北、華東地域視察中南と呼びかけ、「革命実現の大連立」、「正確に扱う幹部」。
はち月末、許可に中央文革チームのメンバーグローバル关锋隔離審査を実施し。1968年いち月に戚本禹隔離審査を実施し。
1968年
いち月じゅうろく日、江靑らが送られてきたという「伍豪などで離脱共産党の通知」などの材料の重要な指示を作り出します:「これは明らかには、国民党は既に污蔑」、彼ら讒する週恩来なかったのをとげる。
じゅう月じゅうさん日~31日召集し、中共8回十二中全会は非常に正常でない場合には、その罪を着せる劉少奇彼の誤りを除名党籍決定。
じゅうに月22日、「知識靑年に農村へ行き、貧農の再教育を受け、とても必要がある」との指示で、『人民日報」を発表し、知識靑年下放ブームここから始まる。
1969年
よんしよ月いち日~24日、召集中国共産党第九回全国代表大会の承認は「文化大革命」のエラーの理論と実踐を林彪は「後継者」という書き込み党規
よんしよ月28日、中国共産党第九期一中全会で再選を中央委員会の主席。
1970年
よんしよ月24日、中国初の人工衛星の打ち上げに成功した。
ご月にじゅう日、発表した『全世界人民の団結して、アメリカ侵略者とそのすべてを手先!』の声明。
はち月23日からきゅう、く月ろく日、廬山召集中共9回2中全会、書いて「私の意見」を暴露林彪粉砕、陈伯达権力を奪取するの陰謀を。
じゅうに月じゅうはち日、会見アメリカ友人スノー歓迎の意を表し、アメリカ大統領ニクソン中国訪問。

毛沢東1971-1976年

1971年
はち月からきゅう、く月、南方で巡視期間中、地元党政军担当者と話を何度も、林彪の陰謀。途中で何度機敏に変更行動計画は、きゅう、く月じゅうに日北京に戻り、粉砕林彪グループの反革命クーデターの陰謀。
きゅう、く月じゅうさん日、同週恩来など思い切って処理林彪脱事件。週恩来指示を仰ぐ迎撃林彪専用機でかどうか時、毛沢東は「彼から行きましょう」。
じゅう月25日、第26回国連総会の圧倒的多数で可決され、回復中華人民共和国国連のすべての合法的権利を蒋介石グループの代表に追い出す。
じゅういち月じゅうよん日、会見に参加して成都地域懇談会の同誌は、いわゆる「二月逆流」の名誉を回復する。
1972年
月いちじゅう日、参加する陳毅追悼会。
2月21日に会見し、中国を訪問中のアメリカ大統領ニクソン; 28日、双方が上海で発表共同コミュニケ、米中両国関係の正常化を実現すること。
きゅう、く月27日、会見日本内閣総理大臣田中角栄; 29日、中日両国政府は共同声明を発表し、中日国交正常化、正式外交関係を樹立する。
1973年
さん月提案回復、鄧小平の国務院副総理職。
はち月24日から28日召集し、中国共産党第十回全国代表大会をいくつかのプロレタリア革命家に入り直して中央委員会が、同時に江靑グループの勢力も強化。
はち月さんじゅう日、中国共産党の十一中全会に当選中央委員会の主席。
じゅうに月提出を務め、鄧小平中国共産党中央政治局委員、人民解放軍総参謀長。提出するには賀龍罗瑞卿杨成武余立金傅崇碧名誉を回復する。
1974年
いち月じゅうはち日、『承認転送林彪儒学の思想』と材料。「批林批孔」運動の始まり。
2月22日に、会見ザンビア大統領卡翁达を提出し、会話の中で「三つの世界区分の思想。
ななしち月じゅうななじゅうしち日、中国共産党中央政治局会議で批判王洪文张春桥江靑姚文元分派活動、初めての提出「四人組」の問題。
きゅう、く月29日、毛沢東の承認を経て、中国共産党中央賀龍名誉を回復する。
月よんしよ日じゅう、提案は鄧小平副総理職を国務院第一。
じゅういち月じゅうに日、江靑手紙の指示を批判し、彼女の「組閣はっきりと「で」野心は組閣(あなたが黒幕)」。
1975年
いち月じゅうさん日からじゅうななじゅうしち日第4回全国人民代表大会第1回会議が北京で開かれ、会議を再確認本世紀の内の四つの現代化を选朱徳委員長の全人代常務委員会の構成員に任命週恩来を総理、鄧小平などを副首相の国務院の構成員。後に、週恩来病気、国務院の実際の仕事は鄧小平司会。
2月には、毛沢東支持のもとで、鄧小平から指導に鉄道、教育などの方面の調整整頓仕事。
ご月さん日召集、北京の中国共産党中央政治局委員トーク、強調してやるマルクス・レーニン主義、団結、堂々としろ、再び「四人組批判」。
ななしち月じゅうよん日、文芸問題との談話を発表し、党の文芸の政策調整すべき。
じゅういち月下旬、検閲承認《挨拶の演説骨子」は、間違って発動「陣トウ、反撃右傾翻案風」運動。
1976年
いち月はち日、週恩来北京で逝去。
いち月21日、28日前後の提案華国鋒任国務院代総理と司会中央日常の仕事。
月下旬からよんしよ月さんご日、北京市に百万大衆連日自発天安門広場に到着緻し、花輪を供える、詩を悼み、週恩来、糾弾「四人組」。毛沢東のエラーの承認を否定「天安門事件」の報告。
よんしよ月ななしち日、毛沢東の提案によって、中共中央政治局を通じて「中国共産党中央について華国鋒同誌任中共中央第一副主席、国務院総理の決議」や「撤回について鄧小平党内外すべて職務の決議。
きゅう、く月きゅう、く日、北京で逝去。

毛沢東主な作品

毛沢東選集」:毛沢東の主要著作集。
毛沢東の文集」:中国共産党中央文献研究室編、人民出版社は1993年から順次出版、編入した「毛沢東選集」以外の毛沢東重要な草稿。
毛沢東の詩」:毛沢東創作の旧体詩作品。
(概括のコンテンツは)