张庚

张庚(1685—1760)本名を覆う、字溥三改名字庚、後、浦山、公の干、号瓜田逸史、また号弥伽居士、白苎村さん者、秀水(今浙江省嘉興)人。幼孤家贫、頼母は針仕事扶養。雍正13年(1735)は鸿博詔。長古文詞、精鑑別绘事は攻学山水、出入り董源巨然黄公望
张庚

张庚伝世の作品

について筆意清潔雅秀トレンチで、互いに、興味深く趣。『桐陰論画その「秀」評価潤余り、蒼ばか不足。」でも秀潤に会い劲健作。も善線描、精巧である人物で、花卉の師匠に書く陈淳。伝世の作品が乾隆五十年(1750)作『模倣江貫道·フーリン叠嶂図』を軸に、図録《中国の名画宝鑑」;19年作「竹林図』軸蔵日本大阪市立美術館;二十四年(1759)作『渓亭飛瀑図』軸現蔵広東省博物館。自著『強恕斎集』、『浦山論絵』、『国朝画徴録」など。

张庚人を跋

曾为明散りばめて董其の盛んな絵は『疎林远岫図「文』のあとがき瀋みさらう画学芸華亭になり、筆勤鋤、早岁証券化董と巨、文敏絵を味わって、董巨筑基、参は房山雲霧、実は暮年より精大馬鹿法、益入神、妙元化倶。あの時赵左共業が伝わるの跡、半に臨左もあり、颇好、惜しむガス格は肥沃な甘い、どう文敏出婦爽珊珊姿態、清光敷、吾が観は図は木石になる。己趂雲林まがる近く、芸苑逸品、オランダ、黄合人事、才知この体は、によると宗と祖、寧をしいる、蒋君爱画、骨髄に徹するクリーム髄、宝の异宝この躯。嗚呼!公书この稀観、莫叹蒋君がいい。乾隆五年秋の八月秀水张庚問題
」。

张庚人物評価

実習のは長くて、深く味わう益。浦山志は丹、師古人で師造化、遍歴する南北を訪ねる名迹暦の十数年、芸術のための大進。宿る睢州蒋医者泰家数年、明清鼎に変わって、睢州袁可立大司馬暮し向きが傾いて、コレクション流入蒋氏、张庚利益が多く、見末で有名な画家袁枢「遺墨や所蔵旧迹、全て精雅」。