抗日戦争

抗日戦争(WarオブResistance Against Japan)の略称抗戦というのは、にじゅう世紀半ばの第二次世界大戦中、中国抵抗日本侵略の1度の民族性の全面戦争。国際的にと第2回日中戦争(Second Sino-Japanese War)、日本の中国侵略戦争(Japanese Warオブaggression against China)。抗戦時間から1931年きゅう、く月じゅうはち日九一八事変が始まるから1945年までの14年戦争。
抗日戦争
1931年、支那派遣軍発動九一八事変後、完全に侵攻し、中国の東北、偽満州国その後、続々と華北において、上海など世間騒がせ、戦争を引き起こす、国民政府妥協と衝突を避け拡大政策をとる。1937年ななしち月ななしち日、日本軍北京の近くで挑発盧溝橋事変日中戦争が勃発し、全面的に。1941年じゅうに月ななしち日日本発動太平洋戦争後、アメリカのルーズベルト政府が正式に対日宣戦。
中国の戦場は第二次世界大戦の主戦場の一つ。中国人民の抗日戦争は第二次世界大戦の重要な構成部分。1945年はち月じゅうご日、日本に同盟国無条件降伏。
中国人民抗日戦争は、中華民族の歴史上最も偉大な自衛のための戦争は中国人民に抵抗し、日本帝国主義侵略の正義の戦争は世界反ファシズム戦争の重要な構成部分であり、中国近代外敵が侵入することを取得する以来初めて完全勝利の民族解放戦争。

抗日戦争戦争の背景

抗日戦争日本の対外拡張

にじゅう世紀30、40年代の日本の中国への侵略戦争は、その対外拡張侵略戦争で最大規模。この戦争は日本の対外拡張政策、日中両国の国力の差の対比や国際社会に宥和政策政策など様々な要因の結果。
1868年に日本明治維新後の国力の迅速に強大で、日本資本主義の道を歩み始め、発展して軍国主義国。
1894年の日清戦争後、中国は日本と締結した『下関条約」が、日本の利用条約の中に中国からの賠償金を獲得2 . 3億両白銀の80%が発展する軍事、対外侵略の道を歩み始め、そして「大陸政策」を基本国策。
1900年から庚子事変問題として、日本八国連合軍主力の一つで、占領天津、北京を利用して、『辛醜条約」は北京、天津一帯駐屯大軍。
1904年から1905年、日本日露戦争の中で勝って、ロシアの建立を攻め落とす旅順口要塞し、対馬の海戦の中で痛手ロシアバルト海艦隊、ロシアから手を奪ったの中国東北の特権を強化し、さらに日本の野望。1910年日韓併合、さらには日本が中国を侵略して板の朝鮮とは。
1914年、第一次世界大戦爆発、日本ドイツ侵入に宣戦布告膠州灣のドイツ勢力を占め、さらに山東。1915年、と袁世凱締結『二条』に代わって、徹底的にドイツ山東の特権。
1927年、中国国民革命は迅速に発展して、日本の一面を企画「満蒙」として独立しながら、済南国民革命軍北伐出兵を阻止する。ろく月27日からななしち月ななしち日、東京で開催され、日本の内閣外務省、陸海軍省、参謀本部、関東軍及び関連中国問題専門家らが参加する「東方会議」を定め、『対中政策綱領先占」し、東北、内モンゴル、ひいては全中国の拡大政策横領。その後、日本首相田中義一また天皇に奏上した『田中上奏文』を明示して「惟シナ徴服して、必ず徴服満蒙;もし世界徴服して、必ずシナ徴服」の拡張総戦略想い。「対中政策綱領」や「田中上奏文」のマークが売り出される、日本の中国侵略戦争不可避。
1928年ろく月よんしよ日、奉係軍閥張作霖専用まで皇姑屯駅で
九一八事変九一八事変
東京奉、満2鉄道交差点のある日本人が事前に埋めて橋の下で爆薬を揚げるの破壊は、張作霖重傷と後に亡くなった。これは国内外の騒ぎ「皇姑屯事件」。
1931年きゅう、く月じゅうはち日、日本の発動九一八事変中国の東北、侵攻、それによって世界の東方に初めて戦争策源地形成。
1936年じゅういち月25日、日本とドイツベルリンで締結『反共産国際協定イタリア』、翌年にもこの協定を形成し、「ベルリン――――東京ローマ」枢軸国連合国世界、マークファッショ侵略連盟が正式に創立。

抗日戦争日本は経済危機

1929年じゅう月は、アメリカからの経済危機が世界を席巻資本主義。日本の危機の中で大きな痛手を被り、国民経済損失は、黄金の絶えず流出し、工業の萎縮、農業告急。世界経済危機から脱するためにだけ困って、国内の注意力移転、日本帝国に侵略の道、日本軍国主義実施者をその既定の侵略政策。

抗日戦争国際環境

九一八事変後、国際情勢が深い複雑な変化を、特に主要国で、日本は中国を侵略して取った宥和政策、客観的に世界のファシスト勢力を容認の発展と相互おき。
中国政府は望みは当時の世界最大の国際組織――国際連盟。しかし西洋政治家たちはこの主に集中するヨーロッパ戦場中国に手を差し伸べる、未。国連の宥和態度を日本は国際社会にもう心に恐れて、それは日本を出したエラー信号を味わった日本で安いのから侵略の道の上で歩くほど遠く。

抗日戦争両陣営

抗日戦争主な首脳

中国
毛沢東偉大なマルクス主義者、偉大なプロレタリア革命家、戦略家と学者。中国共産党中国人民解放軍中華人民共和国のメインの創始者。湖南湘潭人、字潤の。1935年じゅうに月、毛沢東は中央政治局会議で作『反対論日本帝国主義の策略」の報告、闡明した中国共産党の抗日民族統一戦線政策。1945年はち月はち日ソビエト連邦政府に対する日作戦後、彼の同朱徳などの指導八路軍新四軍実行して戦略的反攻まで、抗日戦争勝利した。年の抗日戦争を経て、共産党指導の軍隊、民兵、解放区(1944年抗日根拠地に改称解放区)も大いに発展。
蒋介石近代中国の有名な政治人物、軍事家、名で正字蒋介石、幼名瑞元、譜名週泰、学名誌清。原籍江蘇宜興、生は浙江奉化台北、逝世に士林官邸。歴代ポア士官学校校長、国民革命軍総司令官は、国民政府の主席、行政院長、国民政府の軍事委員会委員長、中華民国特級の上に、中国国民党の総裁、三民主義靑年団団長、第二次世界大戦の同盟国中国戦域最高司令官、中華民国大統領などの職。中国国民政府を率いる抗日戦争の勝利。
日本


昭和天皇本名裕仁称号迪宮。日本第124代天皇の兼陸海大元帥ファシズム者、1926年- 1989年在位は、日本で最も長寿や在位時期の最も長い日本の天皇は、政権に63年。裕仁の日本の侵略と発動太平洋戦争最高責任を、彼は日本の侵略で決定的な役割を発揮した戦略。1945年はち月リリース「終戦の詔書」、日本を代表する帝国の同盟国に無条件降伏。戦後、アメリカの干渉を免除して裁判を得て、帝統保留、戦後在位期間日本経済高速発展を促し、神武景気。
東条英機日本の軍国主義の代表人物で、40代目の日本首相(1941年-1944年)、第二次世界大戦A級戦犯中国、侵略と発動太平洋戦争犯人の一つの重要な。昭和天皇の最も忠実と最も頭が鈍いの手下。関東軍カミソリである将軍と呼ばれ、日本一の兵石原莞爾その能力は有限で、呼べを上等兵東条。1944年、指揮無能が解除されたすべての職務。1945年きゅう、く月じゅうに日、自殺未遂をし、投獄される。1948年じゅういち月じゅうに日極東国際軍事裁判戦争で有罪、他国を侵略、反人道的罪などで死刑が執行されじゅうに月23日。縛り首
東条英機日本の軍国主義の代表人物で、40代目の日本首相(1941年-1944年)、第二次世界大戦A級戦犯中国、侵略と発動太平洋戦争犯人の一つの重要な。昭和天皇の最も忠実と最も頭が鈍いの手下。関東軍カミソリである将軍と呼ばれ、日本一の兵石原莞爾その能力は有限で、呼べを上等兵東条。1944年、指揮無能が解除されたすべての職務。1945年きゅう、く月じゅうに日、自殺未遂をし、投獄される。1948年じゅういち月じゅうに日極東国際軍事裁判戦争で有罪、他国を侵略、反人道的罪などで死刑が執行されじゅうに月23日。縛り首

抗日戦争主な将

中国の将
馮玉祥張学良李宗仁閻錫山白崇禧陈诚傅作义何応欽蒋光鼐蔡廷锴宋哲元孙连仲卫立煌张治中張自忠佟麟阁赵登禹戴安澜郝梦龄王铭章谢晋元薛岳杜聿明郑洞国马占山高志航范筑先张发奎余汉谋李品仙刘湘胡宗南顾祝同刘峙唐生智徐永昌杨虎城蒋鼎文程潜李烈钧鹿钟麟苏炳文邱清泉张灵甫黄色のおじさんの袋庞炳勋刘汝明湯恩伯に対し罗卓英刘戡週到な柔陈绍宽饶国华陈安宝唐淮源李家钰など
劉少奇週恩来朱徳任弼时鄧小平彭徳懐葉剣英楊尚昆李先念薄一波賀龍刘伯承林彪罗荣桓罗瑞卿左権粟裕叶挺吕正操陳毅张云逸王震黄克诚彭雪枫张爱萍楊靖宇赵尚志马本斋陈锡联陈赓王树声谭政许光达曾生など
日本の将
第二次世界大戦A級戦犯縛り首):松井石根板垣徴四郎梅津美治郎武藤章土肥の原賢の2広田木村兵太郎
戦犯冈村宁次アナン惟数杉山元山下奉文南云忠1石原莞爾阿部規秀寺内寿1など。

抗日戦争戦争を経て

抗日戦争局部の戦争

<b>局部戦争が台頭している段階</b>(1931年9月~1932年12月)
1931年九一八事変勃発後、中日民族の矛盾が上昇し、中国は局部戦争始まっ。
1932年いち月28日、日本海兵隊進攻上海閘北、一·二八事変爆発。上海の駐留国民革命軍第19八路軍粤軍)展開で反撃して、その後张治中率中央軍第五軍増援上海、双方こう着、すなわち初めて淞沪会戦(淞沪抗戦)。2月28日に、イギリス、フランス、アメリカ三国公使仲介に入った。ご月ご日、日中双方に署名する『淞沪休戦協定」は、中国国民革命軍規定は上海しか保留保安隊駐屯して、して、日本は上海で駐留の権利、ろく月、日本軍閥返却日すべて租界。
この時期、国民党政府奉行「外敵を退けるまず不安で」の方針を取って、日に「不抵抗」政策により、日本侵略軍は急速に中国の東北、同時に上海侵害をでっち上げる偽「満州国」。1932年さん月きゅう、く日、溥儀長春に到着、関東軍監督の下、就任偽満州国「政権」。
<b>局部抗戦発展段階</b>(1933年1月から1937年7月)
1933年いち月いち日、日本軍の攻撃を始める山海関矛先を指して、侵略を華北。
1933年ご月、もとの北西軍将校馮玉祥張家口で設立察哈爾民衆抗日連合軍。ご月
察哈爾民衆抗日連合軍察哈爾民衆抗日連合軍
31日、『中日署名塘沽協定』、国民革命軍名目に冀東日本への扉を開いた華北。じゅういち月、国民党の第十八路軍将校発動福建事変事変に失敗し、蒋介石十九八路軍の取消し番号
1935年、日本企画制華北事変とを、華北が第2の偽「満州国」、ろく月じゅういち日、梅津美治郎は華北問題提起の覚書;ななしち月ろく日、何応欽返信をすべて認め要請を形成し、実際に『何梅協定』。
1935年はち月いち日、中国共産党が発表した『報告書は抗日救国全体の同胞」(『八宣言』)、呼びかけ全国党派、各階層、各軍队団結一緻、内戦を停止、抗日。
1935年はち月ご日、日本の外相広田提出する対中三原則。きゅう、く月、日本が再び製造世論を求め、「華北5省(察哈爾、绥远、河北省、山西省、山東省)自治」。じゅういち月25日、日本の発動は宋哲元委員長の冀察政務委員会成立。
1935年じゅうに月きゅう、く日、北京の学生で抗日救国反対デモ、日本の帝国主義の侵略。一・29運動全国の抗日救国運動新しいブームを巻き起こし、運転は抗日民族統一戦線の確立。
1936年2月26日に、日本で発生した二・二六事件は、日本のファッショの軍事独裁政権の形成。
1936年ご月、宋慶齢沈钧儒邹韬奋陶行知章乃器愛国人士など民主発起設立全国各界救国連合会。その後、中共中央発布《停戦講和一緻抗日通電あきらめた」、「反蒋抗日”のスローガン。
1936年ろく月からきゅう、く月、中国国民政府と中国国民党内部の地方実力派の爆発两广事変ほとんど、事件発生1度の内戦が、最終的には双方の政治で妥協し平和終瞭。
きゅう、く月いち日、中国共産党中央党指示を出して明確に提出し、党の総方針「蒋抗日に追い込む」。
1936年じゅうに月じゅうに日、張学良杨虎城発動西安事変。枚、杨联合発表に電気が打ち出した改造南京政府、すべてを停止内戦、開放民衆愛国運動などの8項目の抗日主張。中国共産党派週恩来西安まで待って、参加して交渉し、強制的に蒋介石を剿共」、連合赤軍の抗日など6つの約束。蒋介石共産党中国の受け入れが協力抗日の主張について、抗日民族統一戦線初歩的に形成され、全国の抗日戦争の実現に基礎を打ち立てました。また、蒋介石から全面的に加速抗戦の政治、軍事、経済の準備を含め、上海から南京一帯を建立した3つの国防工事、輸入したドイツ中央軍の装備を大量に武装。
1937年2月にじゅうご日、国民党は五回三中全会開催に宋慶齢連名で「回復らを孫文手を连ロシア、联共、扶助農工三大政策案」;全会がほぼ確定内戦を停止、国共合作の原則を実行し、抗日民族統一戦線を初歩的に形成。
よんしよ月じゅうろく日、日本のほか、陸、海、蔵四相会議決定《中国の実施の術』と『指導華北方針。

抗日戦争全面抗戦


<b>戦略防衛段階</b>(1937年7月から1938年10月)
1937年ななしち月ななしち日、日本の挑発盧溝橋事変全面的な侵略戦争発動、中国軍民奮起抵抗、抗日民族統一戦線を形成して正式に、中国では全民族抗戦のクライマックス。ななしち月じゅうろく日、じゅうななじゅうしち日、中華民国最高統帥蒋介石廬山相前後して発表した『蒋介石廬山抗戦声明』は、全民族の抗戦を呼びかけ、ななしち月31日、蒋介石に発表した『グロスター抗戦全体将兵書」を全面戦争が勃発。
1937年ななしち月28日、日本軍の猛攻北平南苑守军将、第29軍副司令官佟麟阁第132師さんと赵登禹先後殉国。翌日、北平失陥する。さんじゅう日、天津失陥する。
国民政府を定めた「空間の交換時間を、積小勝大勝」の大方針のために、蒋介石軍の侵入を北から南へと導いていく理由としては東西を有利に変え、長期戦で、上海のイニシアチブを取る反撃の行動。
1937年はち月じゅうさん日、上海南駅の日本軍がまずされた国
淞沪会戦淞沪会戦
軍の爆撃は、日本側から上海派遣軍(3ヶ月後ごじゅう万人まで増加)、上海への攻撃を開始、中華民国からは中央軍の精鋭部隊と多くの内地州を含む』を認め、中国共産党の合法的地位、第二次国共合作正式の形成。月じゅうに日じゅう、国共両党の合意は南方はち省じゅうよん地区の赤軍と紅軍のゲリラ化国民革命軍陸軍新編第四軍(以下、新四軍)、叶挺次期司令官、项英常任副司令官。
1937年じゅういち月にじゅう日、中国国民革命軍で25万人死傷後、撤退を余儀なくさせ、上海から陥落。同じ日、発表し中華民国政府はただちに首都とすべての政府機関、南京へ引っ越す副都重慶で、軍事作戦を中心にはまず移転武漢武漢までが戦後再移転副都重慶。
淞沪会戦败戦後、日本華中方面軍攻めが開始中華民国首府南京、南京防衛戦鳴らす。1937年じゅうに月じゅうさん日、日本軍は南京占領後、発生した国内外の南京大虐殺としても、中国の民衆の士気の手段として、約30万無辜の中国人が日本軍の横暴に殺害し(極東国際軍事裁判統計は26万)。命令を虐殺の司令官は松井石根殺戮の最も深刻な師団長は谷寿夫
1937年末、南京陥落後、中華民国国民政府などの抵抗。しかし山東省の主席韩复榘敵前逃亡するため、黄河の防御線に陥落し、山東省大部失陥する。後は蒋介石を銃殺。
1937年じゅうに月じゅうさん日、日本軍は南京占領後、発生した国内外の南京大虐殺としても、中国の民衆の士気の手段として、約30万無辜の中国人が日本軍の横暴に殺害し(極東国際軍事裁判統計は26万)。命令を虐殺の司令官は松井石根殺戮の最も深刻な師団長は谷寿夫
1938年2月に、日本軍を南下北支那方面軍と華中派遣軍会合。中国では国民革命軍徐州を中心に日本軍と激戦史称徐州会戦。さん月、第五
徐州会戦徐州会戦
戦域司令李宗仁令川军王铭章守備滕县部隊、で援軍、滕县陥落、王铭章不幸のせいで師長数弾、その場で犠牲、壮烈殉国。李宗仁チームは北西軍孙连仲第26八路軍は徐州以北の台の村の日本軍と争いを繰り返し、北西軍張自忠部の59軍と庞炳勋軍団掩護台の村の右翼臨沂戦場中央軍湯恩伯に対し軍団巻撃台の村の日本軍侧背、最終取得台の村の戦役毙伤日本軍の勝利は、一万人の戦果に中華民国抗戦以来最大の勝利、日本軍の精鋭師団第じゅうされて壊滅的打撃、精鋭師団第ご重傷を負わせられ。しかし増派南北2線日本軍が、今回の勝利はないねじれ徐州戦場の情勢。
1938年ご月じゅうく日、日本軍の占領徐州ろく月ろく日、河南省の省都占領開封。ろく月きゅう、く日、蒋介石命令ガーデン口揚げる黄河南岸ダム、史と黄河ガーデン口決壊。この動きはひとまず阻止した日本軍の南下は、しかしももたらした黄河下流の大規模水害に直接または間接的に数百万の民衆が死んで飢饉。
1938年はち月からじゅう月の武漢の会戦日中戦争の中で最大規模の会戦、参戦日本軍はさんじゅう万人、中国軍は110万人、戦争中の日本の損失はち万人、病気でリストラはち万人から、戦略攻撃の能力を失った。兵団司令薛岳指揮する万家岭圧勝させ、日本軍第106師団を壊滅的打撃を受け、戦死4000人。じゅう月21日、大亜灣上陸した日本軍の占領広州、第七戦域司令余汉谋部退から粤北地区。じゅう月25日、湖北省の要衝武漢三镇が相次いで陥落。中国国民政府の作戦を中心に移って重慶引き続き抵抗。ソ連空軍誌望隊武漢の空中戦に参加した防衛。がかりでよんしよヶ月の武漢会戦中、中国軍の死傷よんじゅう万人、中国軍民は巨大な犠牲を迎えた戦争の戦略対峙段階。
戦略対峙の段階(1938年じゅう月から1943年ななしち月)
1938年じゅう月下旬広州、武漢陥落後、全国の抗日戦争戦略対峙の段階に入る。日本にかんがみて長すぎて、戦線兵力不足、侵略政策を調整を迫られ、次第にその主な兵力に打撃の戦場での八路軍と新四軍で、国民党政府は政治诱降を主とする方針をとる、敵背戦場抗日戦争の主な戦場になって。
1938年じゅう月25日-じゅうに月はち日、日本軍の兵力集中に万余に晋察冀辺区冬を掃討する」。辺境地区軍民奮起反撃、108回共作戦、毙伤敵軍は4000人、殺害した日本軍中将旅団長「名将の花」阿部規秀取得、反「掃討」の勝利。
1938年じゅうに月29日、日本政府の诱降下国民政府が妻の親類
随棗会戦随棗会戦
日派の親玉汪精衛公開降伏、ベトナム発表「艷電気」応答近衛声明提出すると日本の「平和を取り戻す」。当時の中国の第二号として人物、汪精衛戦争が最も緊張の時のこの発言に、とみなされて公開の反逆投降して、中国の抗日戦争の士気は大打撃を受け。
1939年いち月いち日、中国国民党の臨時緊急会議で、永遠にすべてを除名汪精衛党籍を取り消す職務。ご月に上海で日本側との交渉が行わ秘密、年末秘密締結《日华新関係調整要綱。
1939年きゅう、く月、ナチス・ドイツ軍にポーランド不意打ちをするなど、フランス、イギリスに宣戦ドイツマーク宥和政策破綻、第二次世界大戦正式に爆発。ファシスト国家で攻撃は迅速で、中国が現れた広範な悲観的傾向。この場合、国共両党展開のさまざまな形式の宣伝、鼓舞抗戦士ガス。薛岳代理第きゅう、く戦域司令長官と、日本は1939年や1940年重慶週辺の発動を掃討する随棗会戦棗宜会戦希望をできるだけ、国民政府速降伏。この場に危険を及ぼす戦時副都重慶の戦の中で、国民革命軍第33集団軍司令官張自忠将軍殉国。
1940年の日本軍に実際の占領区1940年の日本軍に実際の占領区
1940年さん月さんじゅう日、国民党の副社長汪精衛の日本の保護して下りてくる南京で「まだ」名義の成立汪精衛偽国民政府
三度長沙の会戦日本軍に大きな打撃、特に薛岳指揮の第三次長沙会戦日本軍のご万人を殲滅する。この一度変わった当時の中国国内の抗戦士ガス。
敵背戦場からのほとんどは国民党の地方部隊を占める。また、民間と共産党などの抗日団体、敵の後方地域も各抗日武装勢力範囲。日本に大規模掃討と蒋介石の「曲線救国」戦略の影響で、国民革命軍敵背制御区が大幅に減少し、日本軍の兵力をこれらの地域を長期に足りない。そして八路軍、新四軍を活用して柔軟なゲリラ戦技が生き殘る、挿入敵背を突撃させ、敵の安寧に。共産党のゲリラ戦の重要な力となって。~1940年ななしち月、共産党はすでに発展よんじゅう万人から近いし、約いち億の人口の抗日根拠地と約200万の民兵組織。
1940年はち月いち日、日本政府は「基本国策要綱」を発表。外相松岡洋右いわゆる宣伝を「大東亜共栄圏」。
1940年はち月にじゅう日、八路軍発起百団大戦あと、日本軍の推進治安強化キャンペーン
百団大戦百団大戦
日本軍の兵力は47万に達する華北しました」を発表し、中国国民政府に正式にはドイツ、イタリア、日宣戦。やがては日本と中立のソビエト連邦以外、イギリスなどの同盟国も日本に宣戦。これからも中国独立の対日作戦、抗日戦争が正式に第二次世界大戦の一部。アメリカに第二次世界大戦後、を通じて雲南のビルマの道路と「ハンプコースミャンマー」から、インド中国に運ぶ物資が大量の作戦、支持中華民国抗戦を続け。
中国遠徴軍中国遠徴軍
1942年いち月いち日、中、江蘇、米、英など26国代表ワシントンで共同宣言「署名連合国宣言」、中国に進出した米英ソ共同リードのサインの列4大国であり、これは中国のその時は公認の世界反ファシズム四大国の一つ。いち月さん日、連合軍をより効果的に協調作戦が設立した中国戦域、蒋介石任中国戦域を含む(泰ほど)同盟軍の最高司令官。
1942年2月25日には、イギリス政府要求、中国などから精鋭部隊第ご軍、第ろく軍、第66軍の構成中国遠徴軍第一軍に入り始めミャンマーミャンマー軍、協同英、日作戦させ、日本軍手痛い打撃を受ける。中国軍は取得仁安羌族の圧勝日本軍に包囲され、救助の英軍7000人。
日本の戦略重点の移動や诱降方針の実施は、中国国民党の一方を堅持した抗戦を続け、その軍を何度が大きい規模の戦いをし、中国遠徴軍協同連合軍の作戦が、その抗戦は全般的に向かって消極的;一方面実行「溶け共」、「防共”、“限計」の方針を絶えず摩擦、国民党頑固派製造事件前後3回で反共高潮。で制造の閻錫山「晋西事変」をマークを起こし、初めて反共高潮を顾祝同制「皖南事変」をマークを起こし、第二次反共高潮です;胡宗南砲撃陕甘寧辺区を起こし、第三次反共高潮。
戦略的反攻段階(1943年ななしち月~1945年きゅう、く月)
中国の抗日戦争の戦略的反攻は、世界反ファシズム戦争なんて転換と軍主導権を失い戦略の情勢の下で。中国の対日戦略的反攻を含む局部反攻と全面的反攻の2つの段階。
1943年からななしち月から、共産党の指導(者)の敵背軍民は華北、華中、華南地区、対日傀儡軍普遍発起局部反攻。
1943年きゅう、く月はち日、イタリア降伏を投入したと発表し、同盟国側。それから、徳
カイロ会議カイロ会議
、イタリア、日ファシスト枢軸実際に解体して、さらに日本のファッショ赤子を裸にしたよう。
1943年じゅう月と1944年ご月、中国の駐印軍と遠徴軍はビルマの北、雲南の西はそれともも反攻作戦。
1943年じゅういち月、米英三国政府首脳にルーズベルトチャーチル蒋介石エジプト首都でカイロ会議を通じて、『カイロ宣言戦後の日本に返還要求」で、中国のすべての領土占領、、台灣及びその付属の島。から1943年じゅうに月、日本軍の兵力の深刻な不足の場合は、収縮戦線北支那方面軍停止を余儀なくされ、抗日根拠地の攻撃に。
1944年いち月いち日、中国共産党中央北方局から「1944年の方針」について。その後、八路軍、新四軍の対日傀儡軍が相次いで発起テト攻勢と秋攻勢。
1944年よんしよ月、日本じゅうに個師団を、41万人の巨大兵力、中国で
豫湘桂戦役豫湘桂戦役
発動した豫湘桂戦役つまり「一号作戦」を通じ、中国大陸交通線を通じて、中国大陆は日本と東南アジア、西南太平洋戦線に接続すると、を救い太平洋戦場の危険な情勢。豫湘桂戦はちヶ月にわたって、中日戦争史上最大規模の戦。日本軍は戦の勝利を収めたが、全体の面でも中国を出なかった持久戦逆に、影響した太平洋戦場の対米作戦を宣告した日本の「長期戦”の戦略の破産。
1944年ご月から卫立煌将軍指揮の中華民国遠徴軍强渡怒江雲南の西はそれとも反攻を攻略し、発起して、相前後して日本軍の堅固なディフェンス松山騰衝、龙陵、南西の失地回復。日本の中国での敗戦のフラグ。
1944年ろく月にじゅう日-さんじゅう日、アメリカ副大統領ウォレス率役人訪中し、蒋介石と会談。
1945年いち月27日、中印道路完全貫通され、両軍友軍と合流する、すすきの友。~さん月反攻勝利終瞭。中国の駐印軍と遠徴軍はビルマの北、雲南の西はそれとも反攻であれ、解放ミャンマーはち万平方キロメートル、雲南の西はそれとも失地回復8 . 3万平方キロメートル、共毙伤日本軍の4 . 8万人余りで、基本的に消滅した日本軍第じゅうはち、56師団。

抗日戦争日本の敗戦

1945年2月に英、米、苏三国首脳ルーズベルト、丘吉
参加ヤルタ会談のチャーチルは、ルーズベルト、スターリン参加ヤルタ会談のチャーチルは、ルーズベルト、スターリン
爾、スターリンソビエト連邦でのクリミア半島締結『ヤルタ協定』で、規定ヨーロッパ戦争終瞭後3ヶ月以内に、ソビエト連邦対応日宣戦。中国に招待されていない。米英は犠牲によって中国の主権(例えば承認外モンゴル独立)と引き換えに、ソビエト連邦日出兵の条件も呼ばれる極東ミュンヘン陰謀
1945年さん月から日本軍は相前後して発動豫西鄂北会戦湘西会戦
1945年よんしよ月25日、国連総会開催。ご月はち日、ドイツファシズムが無条件降伏。そこで、ヨーロッパ戦争終わり、連合軍の作戦重心たちどころに東に移り、全力で対処日本ファッショ。
いち
抗日戦争の終わりに抗日戦争の終わりに
945年ななしち月26日、米、英、中三国共同発表した『ポツダム公告」、「日本の無条件降伏、さもなくば日本の「最後の打撃を」。この時点でアメリカの原子爆弾試験に成功して、アメリカ新大統領トルーマンソビエト連邦の参戦にあまり興味はないので、未招待ソビエト連邦協議または署名、不満をもたらしソビエト連邦。
1945年はち月ろく日、米軍きゅう、く日、それぞれ日本広島、長崎原爆投下。ソビエト連邦紅軍によって『ヤルタ密約」、はち月はち日日宣戦、発動八月の嵐行動中国の東北、出兵する。はち月きゅう、く日、中国共産党中央毛沢東主席に発表した『日本に対しての最後の戦い』声明は、中国人民抗日勢力に呼びかけすべて全国規模の大反撃、同盟国と一緒に日本に対して最後の決戦。はち月じゅう日、じゅういち日、中国共産党の延安本部に八路軍新四軍、華南ゲリラ連続リリースななしち道反攻ように命令し、日本の中国侵略中国武装武装解除降伏。
1945年はち月じゅうよん日、中国とソビエト連邦締結『中ソ友好同盟条約」;じゅうご日、日本の照会中、江蘇、米、英四国の受け入れを表明ポツダム公告》、《。じゅうご日正午、日本裕仁天皇放送を通じて発表される「終戦の詔書』、無条件降伏宣言。
1945年きゅう、く月2日には、日本の外相重光葵アメリカで軍艦ミズーリ号では
日本は中国に降伏式日本は中国に降伏式
式の降伏文書に署名。きゅう、く月きゅう、く日、南京陸軍本部で行われた中国戦域受け入れ式で、駐中国日本侵略軍総司令官冈村宁次日本を代表する大本営の降伏文書に署名し、そして彼の身の回りを帯刀を示すと支那派遣軍正式に中国武装解除降伏を示し、中国の抗日戦争及び世界反ファシズム戦争に勝利した。きゅう、く月さん日を中国人民抗日戦争勝利記念日。
1945年じゅう月25日、中国台灣省日本軍に降伏式戦域台北で行われ、中国が正式に回復され日本が植民地支配はごじゅう年ぶりの宝島台灣た、をそそぐ中華民族の会稽の恥じ。

抗日戦争主な戦場

抗日戦争概括

抗日戦争の時期に中国はずっと存在している二つの戦場、すなわち共産党指導者の戦
国民政府戦域分布(1937年)国民政府戦域分布(1937年)
場と国民党の指導者の正面の戦場。二つの戦場は中国の抗日戦争の中で次第に形成して、戦略的相互協力。
国民党の指導者の正面の戦場はずっと中国の抗日戦争の重要な戦場、全民族の抗日戦争の中で重要な地位。全国的に抗戦開始後、共産党の指導(者)の八路軍、新四軍は直ちに投入抗日闘争。八路軍の剛に出発して前線には主に直接戦闘に合わせて国民党軍の作戦。1937年じゅういち月太原陥落する後、八路軍は敵の後方を戦略的展開、発動自主独立の敵背遊撃戦
1945年はち月、日本败戦。このとき中国の正面と戦場で、全部で日本軍に抵抗して国共抗日軍57師団、超東南アジアに加えて太平洋戦場の日本軍の総数。中国の戦場は第二次世界大戦中に抵抗する日本のファッショの主戦場。

抗日戦争正面の戦場

全国の抗日戦争が爆発した後に、中国の軍隊と日本侵略軍を何度も大規模な会戦まで武漢の会戦終わって、基本的に安定した戦局。対峙の段階に入った後に、また相前後して日本軍とを10回以上会戦し、遠徴軍入ミャンマーに派遣作戦、手痛い打撃日本速战亡華の迷夢。
抗日戦争中、中国国民政府軍の兵力の最高の時は500万人。の中で
敵背戦場敵背戦場
国民政府の指導の下での国民政府軍は日本軍と共有正面の戦場会戦22度、1117回大型戦闘、小さな戦いとゲリラ戦さん万回、殲滅日傀儡軍を含む228万人(1945年はち月じゅうご後日国民党軍の108万人受け入れて言われても、ついてくるの傀儡軍78万人)、そのうち殲滅日本軍42万人(うち射殺する日本軍は9 . 4万人、日本軍を損傷させ39万)(何応欽国民党六大の軍事報告の統計データ)、もう一つの説は55万人(日本軍を殲滅する中国革命軍事博物館採用の建国後の総合統計データ)、また日本陆海軍事典』『日本を引用する厚労省(相当日本衛生部)1956年さん月の調査データによると、1937年からななしち月ななしち日から1945年まではち月じゅうご日、日本軍は中国関内戦死40.46万人、東北戦死65万人、台灣で戦死3.74万人、1945年はち月じゅうご後日、八路軍、新四軍、ソ連軍の継続日作戦、日本軍は中国で関内戦死5.11万人、東北戦死2 . 022 .万人、これを計算して、共有約54万日本軍が死亡。
1937年はち月にじゅう日、蒋介石を命じ、実行全国総動員、政府に戦時体制を大本営代わりに軍事委員会。大本営最高首脳は陸海空軍大元帥は、蒋介石を務める。国民政府と4つの作戦大本営発表指導案の訓令。その第一号訓令で発表し、それが全国に分けて、5つの戦域をよんしよの予備軍と利を若干の集団軍指揮華北方面の抗戦と淞沪会戦など。はち月さんじゅう日蒋介石の決定は、軍事委員会は抗日戦争の最高統帥部。不別枠大本営、元大本営など各部は転属軍事委員会、大本営は1938年にいち月に正式に撤回。
1938年じゅういち月25~28日、国民政府南嶽軍事会議再調整戦略区画に分け、全国十大戦域。また、撤回した広州、西安、重慶の各野戦司令部を設け、桂林天水の2つの野戦司令部、陥落区の戦場政府委員会、直属の軍事委員会は、抗日戦争発動敵背。
1945年いち月、世界反ファシズム戦争の勝利は目前だ。中国戦場、整備のため豫湘桂戦役後の潰れ軍と、国民政府軍調整再編、全国戦域全国漕ぎを九大戦域。
戦域
所轄する地区
(1937年はち月)
司令長官
(1937年はち末)
所轄する地区
(1939年初頭)
司令長官
(1939年初頭)
所轄する地区
(1945年に月)
司令長官
(1945年に月)
第一戦域
河北省の北部、山東省北部
蒋介石
河南省、安徽省北部
 
山西、察哈爾绥远
山西省、陝西省北部
 
閻錫山
第三戦域
江蘇、浙江
(後の蒋介石兼)
浙江、福建省、江蘇省、安徽省の南部
 
第四戦域
広東、福建
広東・広西
--
--
山東南部、江蘇省北部
蒋介石
(後李宗仁任)
安徽省、湖北省北部や河南省南部
 
第六戦域
湖北省西部  馮玉祥   陈诚
湖北省西部
第七戦域
江蘇南部、浙北と皖南東部  刘湘    
広東
第八戦域
   
绥远、寧夏、甘粛、靑海
 
   
湖北省南部、湖南、江西
(後薛岳代)
 
第十戦域
   
陝西
安徽省
第十戦域
       
平津地区
第十二戦域
       

戦域
所轄する地区
(1937年はち月)
司令長官
(1937年はち末)
所轄する地区
(1939年初頭)
司令長官
(1939年初頭)
所轄する地区
(1945年に月)
司令長官
(1945年に月)
第一戦域
河北省の北部、山東省北部
河南省、安徽省北部
卫立煌
胡宗南
第二次世界大戦区
山西、察哈爾绥远
閻錫山
山西省、陝西省北部
閻錫山
閻錫山
第三戦域
江蘇、浙江
馮玉祥
(後の蒋介石兼)
浙江、福建省、江蘇省、安徽省の南部
顾祝同
顾祝同
第四戦域
広東、福建
何応欽
広東・広西
张发奎
--
--
第五戦域
山東南部、江蘇省北部
蒋介石
(後李宗仁任)
安徽省、湖北省北部や河南省南部
李宗仁
刘峙
第六戦域
湖北省西部
孙连仲
第七戦域
広東
余汉谋
第八戦域
绥远、寧夏、甘粛、靑海
朱绍良
朱绍良
第九戦域
湖北省南部、湖南、江西
陈诚
(後薛岳代)
薛岳
第十戦域
陝西
蒋鼎文
安徽省
李品仙
第十戦域
平津地区
孙连仲
第十二戦域
察哈爾
傅作义

抗日戦争敵背戦場

抗日戦争の間、中国共産党の指導の人民軍が深く、思い切って大衆を動員し、幅広く展開
敵背抗日根拠地敵背抗日根拠地
さまざまな形式の抗日遊撃戦争(例えば本場戦地雷戦スズメ戦破壊作戦包囲戦など)、大きさは19ブロックを確立した抗日根拠地では、取得した反「掃討」、反「農村討伐」、平型関の勝利雁门関待ち伏せ攻撃戦夜襲陽明堡空港百団大戦などの戦いの戦いの段階で勝利を形成した。人民戦争の大海原に、人間を創造した戦争史上の奇観。
と《中国人民解放軍の全史』によると:中国共産党の指導の武装(八路軍新四軍華南の人民の抗日遊撃隊主に日本軍の後方)及び日が区をゲリラ戦、計12 . 5万回日本軍作戦を殲滅52.7万人、殲滅傀儡軍118.7万人、戦利品各種694万本(非常に)、各種砲1800余門、軍の発展が130万人を作った約ひゃく万平方キロメートル、近いち億人口の抗日根拠地。
敵背抗日根拠地
  
抗日根拠地の名称 所轄する地区 成立(形成)時間 主要な指導者 貢献/地位
陜西甘寧抗日根拠地 陝西省北部、甘粛省東部、寧夏南東部 1937年ご月 林伯渠  中国共産党中央の所在地、全国抗日根拠地の総後方
晋察冀抗日根拠地 北岳、冀に、冀熱遼3区に位置する108県 1937年じゅう月 聶栄臻 と日本による傀儡軍作戦3 . 2万回、毙伤日傀儡軍35万人
晋绥抗日根拠地 山西の北西部と绥远南東部 1938年じゅう月 賀龍关向应 と日本による傀儡軍作戦いち万回、毙伤日じゅう万余人傀儡軍
晋冀豫抗日根拠地 山西省、河北省、河南三省国境地域
1938年はち月
鄧小平刘伯承薄一波
中国共産党中央北方局と八路軍本部機関の所在地
響堂屋待ち伏せ攻撃戦
冀鲁豫抗日根拠地 河北省、山東省、河南省三省国境地域 1938年末 杨得志苏振华黄克诚  
山東抗日根拠地 渤海、鲁中、魯南、胶东、浜海5区など 1938年ご月 罗荣桓徐向前
と日本による傀儡軍作戦1 . 9万回、毙伤日傀儡軍ごじゅう万人
華中抗日根拠地 江蘇省のほとんどは、安徽省、湖北省、河南省、浙江省や湖南省の一部 1938年よんしよ月 粟裕陳毅张鼎丞谭震林罗炳辉 日偽作戦と1 . 75回以上、毙伤日傀儡軍24万人
華南抗日根拠地 東江、琼崖 1939年2月に 曾生冯白驹 と日本による傀儡軍作戦は数千回を堅持し、華南の抗日の唯一の力
東北抗日聯軍 東北地区
  
1936年2月に
  
楊靖宇 対日作戦回数が約じゅう万回、数十万日偽正規軍を牽制する
江蘇省北部の抗日根拠地 淮(陰と)海(州)、塩(城)岐阜(寧) 1940年じゅう月 劉少奇陳毅黄克诚 新四軍の再建軍部の所在地、塩城の戦い
ソ中抗日根拠地 江蘇省中部、揚州、泰州、南通などを含む 1941年さん月 粟裕、葉飛 黄桥戦役 
蘇浙江安徽抗日根拠地 广德、蘇州、鎮江、南京、蕪湖の5区国境地域 1938年じゅうに末 谭震林、粟裕、金明  拡大した新四軍江南の抗日の陣地を配合した国軍正面戦場の作戦
淮北抗日根拠地 河南省、安徽省、江蘇省、山東省四省国境地域 1941年はち月 彭雪枫邓子恢  八路軍と新四軍の連絡ハブ
淮南抗日根拠地 安徽省東部と江蘇省西部 1941年ご月 张云逸谭震林、罗炳辉 殲滅日、傀儡軍2 . 5万人余り
皖江抗日根拠地 淮河の南と北の長江長江と淮河流域地域 1942年よんしよ月 何伟曾希圣  無為に解放した、巢县、蕪湖など日傀儡軍拠点
浙东抗日根拠地 四明、会稽、三北(指の余姚、慈渓鎮海さん、県姚江以北)と浦東 1943年はち月 谭启龙何克希 大きさは643回戦闘に参加し、県に戻ら座は、大きさの拠点を攻略して110、ばかり、傷、捕虜日傀儡軍9000余人  
河南抗日根拠地 北に黄河、南に伏牛山、西から東に崤山、次の漢鉄道の広大な地区 1945年2月に 王树声戴季英 クリアした同鄂豫皖、冀鲁豫や華中淮北抗日根拠地の連絡
鄂豫皖湘赣抗日根拠地(湖北豫辺区) 安徽宿松東と西の湖北宜昌、北河南舞陽、南湖南洞庭湖の広大な地区 1939年じゅういち月 李先念、朱理治 創立しましたななしちの専区、39の県レベルの抗日民主政権。
幕山を中心に 1942年 王震王首道 強めて中原の地区の八路軍、新四軍の力を推進したが経地区の人民の抗日闘争
東江抗日根拠地 珠江江口、広(州)九(竜)鉄道の両側を含め、東莞、ホイヤンなど県 1938年じゅう月   曾生王作尧 中国共産党の指導する人民の抗日展開華南の重要な戦場。
琼崖抗日根拠地 瓊山、臨高、澄邁国境地域 1939年2月に 冯白驹 潭口の狙撃戦

1938年はち月
中国共産党中央北方局と八路軍本部機関の所在地
響堂屋待ち伏せ攻撃戦
と日本による傀儡軍作戦1 . 9万回、毙伤日傀儡軍ごじゅう万人

抗日戦争主な戦役

全体の抗日戦争の間に、中国軍は(を含む国共両党)共について、大規模と大きな規模の会戦22度重要な戦役、200回、大きさの戦いにじゅう万回近く、総計150万人(日本軍を殲滅する日本軍の負傷者を見落とした愈後復帰戦場の人数傀儡軍118万人)。終戦時、日本軍が受信降伏128万人余りで、受信降伏傀儡軍146万人。
時間帯 主な戦役
  
1931-1936年 九一八事変 アムール川戦役 江橋抗戦 ハルビン防衛戦
淞沪抗戦 川の戦い 万里の長城戦役 绥远抗戦
1937-1938年 盧溝橋事件 平津作戦 南口の戦い 淞沪会戦
(を含む江陰海戦
太原会
徐州が(を含む台の村の戦役
蘭封会戦 重慶大爆撃 武漢の会(を含む万家岭圧勝 広州の戦い
1939-1941年 南昌会戦 随棗会戦 初めて長沙会戦
五原戦役 棗宜会戦 百団大戦 豫南会戦
高会戦 中条山戦役 第2回長沙会戦 第三次長沙会戦
1942-1945年 仁安羌族の圧勝 浙赣戦役 湖北の西会戦 北ビルマの雲南の西はそれとも戦い
常徳会戦 豫湘桂会戦 豫中会戦 ミッチーナー戦役
长衡会戦 湘粤江西の戦い
湘西会戦
  

  

  

江陰防衛戦
(を含む江陰海戦
南京防衛戦
太原会
(を含む平型関の戦い喜ぶ口の戦い
徐州が(を含む台の村の戦役
桂南会戦(を含む昆仑关戦役
桂柳会戦
豫西鄂北会戦
表の内容源:

抗日戦争戦争損失

抗日戦争軍の死傷

日本側
誌願ソ連空軍烈士の墓誌願ソ連空軍烈士の墓
抗日戦争の時に、中国の日本軍が最多に約200万、協力して日本軍の中国「傀儡軍多いときにひゃく万を超える」(全体の抗戦期に「傀儡軍」の総人数は約210万)。日本軍が中国侵略戦争の中での死者数は約44万人(日本厚労省1964年後に調査統計)、印ビルマの戦場に中国遠徴軍と駐印軍と米英協同殲滅の約じゅうろく万日本軍とソ連軍東北撲滅の日本軍)。一説には日本軍;別の損失3708 48万人、負傷者も193万人に達し4820(中華民国国防部1946年の統計)。
国軍面
中華民国国防部1946年の統計によると、国民政府軍作戦死傷322万7926人、病気2479亡42万人、合計損失365万0465軍令部の統計は人;盧溝橋事件以来陸軍戦死9958 131万人、負傷1135 176万人、行方不明じゅうさん万0126人、空軍の戦死4321人、負傷347人;行政院が発表した「抗戦損失賠償問題については日本と報告」で発表される全国人口統計数字は死傷軍民軍人作戦の死傷3227926人(うち1328501人死亡、負傷1769299人、行方不明130126人)、軍人は病気で死亡422479人、この数字を含まない、台灣省東北地方や解放区軍民の犠牲者の数字。
中共側
「中共軍の発展史略抗日》の記載に:中共抗日部隊員4267損失計58万人、その傷29万0467人、亡きじゅうろく万人捕虜になった0603、よんしよ万5989人、行方不明はち万7208人。「抗日戦争はち年敵味方の兵力損失統計』を「中共軍の負傷29万人、戦死じゅうろく万人、捕虜となった4 . 6万人、行方不明者は8 . 7万人、合計58 . 3万人。」

抗日戦争庶民の死傷

抗日戦争中、中国平民は約900万死に戦火、また800万平民が死亡
日本製の惨事使用毒ガス分布日本製の惨事使用毒ガス分布
その他の要因、9500万人は難民になって。のためによると蒋梦麟の回想録によると1400万壮丁され後でラルフ飢餓疾患。また中国の抗日戦争損失と直接人口は累計の見積もりを2062万人、合は累計の戦争に直接に障害を持つ人口、軍民死傷最低限を3480万人、また、中国の抗日戦争とは、直接死傷人口合計は4100万で、行方不明に合戦時などの数字は、戦争に直接中国による死亡、障害及び行方不明などの人口計4500万人を超える損失;人口から損失の角度から見て、抗日戦争の時期に中国の人口総数は損失の5000万人以上。
1946年よんしよ月、《中国解放区抗戦はち年中人口統計表』発表損失初歩の統計数字は、「暫定集計:晋察冀、晋绥、晋冀鲁豫、冀熱遼、山東、苏皖、中原ななしちの解放区の抗日戦争の期間されて日本の中国侵略を殺しや被虐計待で傷病緻死者3176123人逮捕壮丁2760227人、負傷者無告の民や肢体2963582人。」
1947年2月に国民政府の行政院が発表した「抗戦損失賠償問題については日本と報告」で発表される全国人口統計数字は死傷軍民庶民の死傷9134569人(うち4397504人死亡、負傷4739065人)。全国軍民人口計は12784974人死傷。この数字は、台灣省、東北地方と解放区軍民の犠牲者の数字。
日本の公式の統計によると、支那派遣軍中国共に強いさらう靑壮年41758名、引っ立てる乗船前に死亡2823人、船で後や各企業単位で死亡6830人を占め、船の総数38935 17 . 5%の人。
によると、1989年に出版された『日本帝国主義が中国を侵略した資料整理はち:細菌戦と毒ガス作戦』所収資料の統計によると、日本軍はかつて私の国ではにじゅうの省で行われた細菌戦、27万人以上が死亡軍民細菌戦。
日本軍はかつて中国のじゅうよん省(市)77県(区)使用毒ガス2091回、そのうち華北ゲリラ部隊による使用423度、3 . 3万人死傷、中国正規軍使用1668度に、中国の将兵が6000人、負傷4 . 1万人余り。
抗戦勝利した後、抗日戦争賠償委員会に《中国の損害賠償を命じ日本の说贴』によると、陥落区26省1500余県、面積は600万平方キロメートル、人民戦争被害者を受けて少なくともに億人以上。自1937年ななしち月ななしち日から戦争が終わって、中国軍の死傷331万人以上、人民の死傷842万人余りで、他に逃れ、戦火流离颠沛、凍すい病気で死傷者より不可胜计。

抗日戦争財産の損失

中国は戦争中に耐えた損失として、直接財産損失313億ドル、間接財産の損失204億ドルで、その数は、東北、台灣、海外華僑が損傷失や41.6億ドルの軍事費の損失とせん万軍民死傷損害。また、盧溝橋事件以前に中国の損失は非計算。中国の抗日所もない損を含む。
中国歴史考証、長年研究を経て計算すると、抗日戦争中、中国損失消耗財産と戦争は5600億ドルで、一方は一説には6500億ドル(1945年に通貨換算)。

抗日戦争空軍損失

抗戦八年で、中国空軍機撃墜日共1543機を損傷させ、330機出動爆撃、駆逐、偵察機、輸送など計18500延べ、作戦は4027度。中国空軍の損失を含む様々な飛行機訓練損失)2468機、6164人殉国(うち飛行者661人)。
1941年はち月からなる中国空軍アメリカ誌望援華航空隊(フライング・タイガース)、アメリカン航空誌望のチームは中国、ミャンマー、インド支那作戦ななしち多い月、空中で損失じゅうに機と地面に押しつぶされてしまう61機の代償を得て、約150機撃墜敵機と破壊敵機の戦績297機。
抗戦の初期に、中国空軍力が弱く、劣勢は絶対;しかし抗日戦争の中の後期、アメリカ対中援助し、中国空軍が逆転。戦争が終わったとき、中国で米軍の総人数60369人のうち、空軍34726人、もう一つの説は、1945年はち月、米大使館じゅうよん航空隊が飛行機2500機、空軍の将兵達じゅうななじゅうしち万人。

抗日戦争海軍損失

抗日戦争が爆発した時に、中国海軍の各種艦艇74隻は、主にいくつかの光の巡洋艦、砲艦や魚雷艇、艦船総トン数不足ろく万トン、最大艦艇は3000トンで、大部分は百トン級ボート。日本海軍の艦船のトン数ガンダム116万トン、空母を持つと万トン級戦艦。中日の海軍力がない拒敌、海上で、ただ退守ハイフォン。
1937年はち月じゅうに日、江陰封鎖線を確立のために、中国海軍の江陰瀋めるましたよんじゅう余隻の軍艦と商ラウンドし、じゅう月25日、中国海軍の第1艦隊と第二艦隊江陰日本全数撃瀋空母。同年末、第三艦隊の「鎮海」、「永翔」などじゅうに隻の艦船でも別々に瀋んで、靑島とプラグ刘公岛上の水道。中国艦隊のほとんどは全滅。
日本の方面の資料を見ると、中華民国海軍抗戦期に配置の機雷、日本海軍重傷、日本軍の損失ろくじゅう余隻の大中小型の艦船。

抗日戦争戦争記念

抗日戦争記念祭

「93」抗戦勝利記念日<b>(毎年9月3日)</b>:1945年きゅう、く月2日に日本を受け入れる
正式に無条件降伏。1945年きゅう、く月さん日、中華民国政府を命じて国をあげて、休み日日いちさん、旗を揚げる。抗日戦争の勝利後に毎年のきゅう、く月さん日、確定され中国人民抗日戦争勝利記念日。その後台灣当局を統一するため各軍隊の種類の祝日は、1955年からは対日抗戦勝利日陸海空三軍の軍人節として。2014年2月27日に、全国人民代表大会の決定はきゅう、く月さん日確定は中国人民抗日戦争勝利記念日。

<b>「七七」の抗日戦争記念日(毎年7月7日)</b>を記念して国辱盧溝橋事件の発生を設立。1937年ななしち月ななしち日に発生した、中国北京の盧溝橋の中日の軍事衝突、日本で全面的に中国の攻撃。盧溝橋事件は日本帝国主義をそれを実現するために中国の野望を併呑故意に作られた、それは全面的に中国を侵略したから。
“918”の記念日(毎年きゅう、く月じゅうはち日):国辱を刻む九一八事変で設立し。今回の事件が起きた後、東北の3省の全ては日本関東軍占領されたため、中国の民衆と見なす国恥、今日に至るまで、きゅう、く月じゅうはち日に中国でたくさんの非公式の場合には「国恥日」。
南京大虐殺の犠牲者公祭日(毎年じゅうに月じゅうさん日):死を悼むため南京大虐殺犠牲者と日本のすべての帝国主義侵略戦争の期間された日本の侵略によって殺戮の犠牲中国同胞を暴露して日本の侵略者の戦争の犯罪を覚えて、侵略戦争は中国人民にひいては世界の人民による深刻な災難、全国から人は2014年2月27日に設立。

抗日戦争記念建築

中国人民抗日戦争記念館全面的には中華民族の抗日戦争が爆発した盧溝橋事変発生地宛平城内。1985年、文化部、北京市政府プロジェクトは、北京市の建設、1987年ななしち月ななしち日して対外開放は、全国の唯一の座を全面的に反映中国人民抗日戦争の歴史の偉大な大規模総合性の特定テ-マの記念館。それは世界各国人民の理解の中国の抗日戦争の歴史の重要な窓口。1987年の開館以来、日本首相を含む計を接待しました村山富市を含む十数カ国の要が暗殺され、八十あまりの国家と地区の35万人以上の観客。

抗日戦争発表の名簿

は永遠に銘記して抗日烈士の不滅の功績を大いに発揚し、愛国主義の精神を実現し、中華民族の偉大な復興を凝聚の精神力を経て、党中央、国務院の承認、中華人民共和国民政部前後は2014年きゅう、く月いち日と2015年はち月24日に発表した抗日戦争タフ奮戦中、殉国の有名な抗日烈士と英雄群体リスト2回、合計900人。

抗日戦争記念イベント

2015年きゅう、く月さん日が、中国第二
法定の「当日は、天安門広場で盛大な組織中国側は、第二次世界大戦を招いて主に参戦国、アジア諸国やその他の
地域の国家の指導者、国連などの国際組織の責任者、中国の抗日戦争の勝利に貢献した国際友人やその遺族の出席。習近平氏が出席して重要演説しそして自ら抗戦老戦士、老同誌代表戦将校や遺族公布記念バッジ。
国家文化部は、2015年はち、きゅう、く月間で、全世界で150以上の国と地域及び国連本部で「平和のための記念―記念中国人民抗日戦争、世界反ファシズム戦争の勝利と連合国の成立ななじゅう年展。

抗日戦争戦争の評価

中国人民抗日戦争とは、近世以降の中華民族が初めて取得完全勝利の反侵略戦争民族解放戦争は、にじゅう世紀中国と世界の歴史の上の重大な事件であり、戦争史上の奇観。
第一に、抗日戦争の勝利を徹底的に日本を打ち負かした侵略者、守った中国の
中国の抗日戦争は世界反ファシズム戦争の貢献中国の抗日戦争は世界反ファシズム戦争の貢献
国家主権と領土保全。それをそそぐましたアヘン戦争以来、中国人民受け帝国主義の奴隷と圧迫の恥、大きな推進中国革命の歴史の過程で、中国新民主主義革命最後の勝利で頑丈な基礎を打ち立てました。
第二に、抗日戦争の勝利を促進し、中華民族の覚醒と団結を、愛国主義を核心の偉大な民族の精神。愛国主義に抗戦の最もフォルテや主旋律:国家と民族の利益は至上で、必死に不当亡国の民が等しく敵愾心を燃やしている、浮かばれ、勤勉で勇敢、暴行を恐れず、最後まで血戦をする、自ら彊めて息まず、開拓・革新。
第三に、中国の抗日戦争は世界反ファシズム戦争の重要な構成部分は世界反ファシズム戦争の東方主戦場。世界反ファシズム戦争中、中国の抗日戦争開始時間が一番早くて、最も長く続いて、対日本軍が最も多く、代償を発揮した最大、かけがえのない巨大な作用。中国の抗日戦争の勝利を半植民地半封建の弱国を倒す帝国主義強国の奇跡、それを鼓舞し植民地半植民地国人民民族独立と解放闘争。中国の参与発起設立国連となる国連安全保障理事会の常任理事国が著しく向上し、中国の国際的地位と国際的影響、強力に世界の平和を維持した。
アメリカ大統領ルーズベルト国会で緻の教書で、「私たちも忘れない中国人民は7年以上の長い時間の中でどのように耐えた日本人の野蛮な攻撃とアジア大陸広い地域で大量の敵軍を牽制する。」

抗日戦争戦争の紛争

抗日戦争名称の争い

華人面
習慣においては、中国人の言う「抗日戦争」のように指摘する「中国の抗日戦争」。各地の華人が習慣にも、それぞれの所在国または地域では同時期に反抗日本侵略の戦争を「抗日戦争」、そしてそれと中国の抗日戦争とは一体、またはそれらの総称として。「中国の抗日戦争」とも呼ばれて中国大陸地域「8年の抗日戦争」(1937年からななしち月ななしち日「盧溝橋事件後、中国の最高指導者、蒋介石はななしち月31日に発表した『報告書」を全面抗戦全体の将兵が始まる)が、世界の他の地域と呼ばれる「一般14年戦争」(1931年11月じゅうはちきゅう、く日「九一八事変」から計算)。
日本側
この戦争は日本で呼ばれた「日中戦争」は、主に1931年九一八事変~1945年日本败戦期間と中国の間の戦争。日本も習慣を「真珠灣攻撃」以前の中国の抗日戦争とは、いわゆる「支那事変」や「日華事変」、原因は当時の日本帝国はと中華民国相互宣戦布告から、「技術」は戦争。「パールハーバー爆発事件」以降の中国の抗日戦争は、日本とは「大東亜戦争」を含む(第二次世界大戦中の太平洋戦場、中国戦場と印ビルマの戦場)の一部。戦後日本の一部の政治家も曖昧呼称「過去の大戦」、「先の大戦」など。今日日本の抗日戦争はまだ比較的統一の適切な呼称、この問題はもう起きた中日学界の注目。
学術界
中国の学界について抗日戦争の具体的な開始と終瞭時間ある紛争が、「抗日戦争」の名称についても、中国大陸の学界には港台学会において、甚だしきに至っては多くの海外の華人学者は基本的に賛同の名称。国際社会から中立性を考慮し、一般には「第2回日中戦争」を区別するために、呼ばれた「第1回日中戦争」日清戦争

抗日戦争時間の争い

抗日戦争終瞭は1945年にはち月じゅうご日だが、その開始時間の存在紛争。比較的に普遍的な観点は、全面的な抗日戦争から1937年ななしち月ななしち日盧溝橋事変1945年、はち月じゅうご日日本の無条件降伏時結束にわたって97月は8日、合計8年、8年の抗日戦争の名称はそれ。別の1種の観点はこの戦争にさかのぼる1931年きゅう、く月じゅうはち日九一八事変これは政府主導の局部からプライベート抗戦のため、十四年の抗日戦争の。しかし期間ろく年、中日双方はそれぞれの原因から、常に制御戦争規模拡大がない国戦。との見方もあるが、1941年じゅうに月きゅう、く日、真珠灣事件勃発後2日間、中華民国政府が正式公開発表と日本から中国によって宣戦し、当時の重工業水準と国際地位、早めに公開宣戦だけ、国際武器禁輸を補って、無法戦争損失。こうなれば、抗日戦争までよんしよ年にわたって。この時間の中で、戦争拡大全体に太平洋地域は、中国とアメリカ、イギリスなどの同盟国に共通の抗日し、中国の抗日戦争も第二次世界大戦太平洋戦争の1つの重要な構成部分。