私はセンター第6期「学術靑年匯」活動をうまく展開

2012年ろく月よんしよ日、私はセンターで2012年の第ご期「学術靑年匯」の活動。

今回の活動は、「自主的創造革新模範区中関村国家発展」をテーマに議論する。長期は中関村管理委員会の提供研究を支えているの産業経済研究部研究員は「中関村一番新しい発展状況及びと世界一流の科学技術園区の比較分析」課題、中関村体制、革新創業の活力、創業孵化モード、ハイエンド人材、企業の競争力、産業規模、産業の利益、産業構造や対外放射能力などの内容を紹介し、また詳しく紹介してアメリカシリコンバレーと台灣新竹などの世界の先進技術革新区域の現状を発展して、未来の発展の勢いや主要な特色と成功の経験、そして中関村の発展とシリコンバレー、新竹など科技園区を比較分析。アメリカシリコンバレーとして世界的に最も活力と創造力の区域、持続輩出世界経済や人間の生産と生活方式に重大な影響を及ぼす革新成果は、グローバル新興産業の発展をリードし続ける波、3 - 5年ごとに誕生は世界に影響を及ぼす家ハイテク産業の発展パターンのリーダー型企業。シリコンバレーと比べて、今の中関村革新能力、産業群、世界のリーダー企業など一定の格差が存在して。新竹サイエンスパークで研協同革新、人材が集まり、土地管理など中関村の発展にも一定の参考意義。

参加者は中関村革新発展をめぐる問題を出して、共同で検討し、交流学習活動、所期の成果。私はセンター副主任、研究ディレクターなどを提出して会議に参加し、シリーズの特定テ-マの報告、研究開発にデータ厳密性などの要求に応じて、活動が期待を寄せて。

「学術靑年匯」は私の中心の指導の配慮のもとで、結合私中心に経済研究コンサルティングを主とする仕事の特徴は、中心と支部組織の「学術靑年為替 革新ポリ靑年」をテーマとしての学術活動。学術交流プラットフォームを建て、建設経験を分かち合うネットワーク、提供風採展示機会に達し、「発見人材、人材を育成して、成就人材」の目的。

「学術靑年匯」イベント会場

  • 寧波江東区設立本部経済発展促進グループ
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある
  • 私はセンター第6期「学術靑年匯」活動をうまく展開
  • 本部経済(第一版)
  • 本部経済:後押しする都市経済モデルの転換
  • 中国本部経済研究センターの主任赵弘簡介
  • 中山市準出ニューディール開発本部経済
  • 赵弘:本部経済を推進する伝統工業区の変換とアップグレード
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある(継続)