革新国際問題研究方法

王春燕
2012-4-27じゅうご:35:にじゅう来源:2012年よんしよ月27日『中国社会科学』紙
欧州の債務危機の拡大につれて進化、ヨーロッパ経済だけでなく、政府の役人とエコノミストの注目点、さらに庶民で話題になって。しかし、経済学者の目には、欧州の債務危機は当面はヨーロッパ経済の唯一のラベル。中国社会科学院に入っヨーロッパ研究所経済研究室、研究室の主任陈新記者耳を紹介しました。ヨーロッパ経済比較的完備しているし、理解した同研究室の発展現状。

 研究ツールキットで導入インタビューツール

伝統的に、国際問題研究の多くは本から本の理論から、理論、学習機の内容は比較的に進める。インタビューは社会学研究で常用道具、経済研究室の導入を国際問題研究、分析したり現実性、政策的な問題を豊かにした研究ツールキット。研究者のインタビューで有効な情報を掌握し、対話を通じて方式を深く理解する最先端ダイナミック、さらには研究の政策的課題が立体的に理解して。この方式を運用する「まず中国の市場経済地位」課題研究で。

この課題に対し、研究室にはそれぞれの商務部、外交部、国内関連研究機構とEU中国駐在使節団を派遣し、欧州連合貿易総司などが行われたインタビューに、さまざまな角度から、この問題について解析する。研究し発見して、中国の市場経済地位問題は中欧関係の中での地位と役割を、当時の中国の外交の入力コストは比例しないし、事実上の市場経済の地位問題は相手の発起反ダンピング調査時やっとを含むため、そのは中欧貿易での重点;当前中国に存在している中国市場経済の地位の誤解の等しい、中国の社会主義市場経済の認証、実は二者は別ものだ;中国がWTOに加入協定第じゅうご条の規定に従い、2016年末まで中国は自動入手市場経済の地位を利用し、EUのチップを制約して中国貿易の効用は逓減の、時間の推移は、この機能を取り消えつつ、そのならない中国に緊急に必要と認めた相手を求めて。

 国勢調査を深く理解する国際問題

ヨーロッパ経済研究室近年探索新しい方式を従事した中欧経済貿易関係の重点研究方向と国勢調査を組み合わせて、豊かにして従事する国際問題研究の学者たちは国情の理解、同時にまた深く調査中欧経済貿易関係に重大な問題を有効に政策研究サービス一举三得の効果を得た。経済研究室の発想を得たヨーロッパ率いる強力に支持して、申込のEUの投資景気調査研究プロジェクト研究院の国情私オフィス承認院重大な国情調査研究プロジェクト。調査によると、このプロジェクトは国際片申請の第一個の重大な国情院研究プロジェクトで、開拓国際片国情研究活動の視野。

先輩の継承衣鉢ヨーロッパ経済研究室を人に純熟政策研究、実地のインタビューやアンケート運にEUの投資景気調査。陈新紹介によると、課題チームのメンバーは訪れた関連中央政府機構は、まだ場所、歩いて企業、企業の声に耳を傾け、彼らの成功の経験を分かち合い、彼らが直面している問題。課題チームは北京、上海、南京、寧波、成都などを大量に研究活動は、組織のインタビュー、配布を掌握したアンケートで、それによって大量の手の材料。彼は、全国調査の内容によっては本文献整えた有効に補充して、大きく豊かに中欧経済貿易関係の理解。これまで、この類の調査は主にEU商会に行われており、研究の発言権は自然をその手を、中国人は明らかに対応し、且つ受動的地位研究結果判断できない。

結論から調査によると、経済構造の変換とアップグレードを必要としているのは、中国には投資招商选係への移行。この過渡に変化は投資環境の悪化。中国外資誘緻として対外改革開放国策の重要な内容の1つと変わらない。EU企業現在及び今後3年の業況、全体的に積極的で、中国市場での保有に十分な自信。EU企業は中国の利益のレベルは普通以下の親会社グローバル利益平均。調査対象の企業の中にいち/ごの企業収益のレベル以上、親会社利益水準。大多数の欧州企業は維持投資規模は、減ることはない投資や撤退。EU企業自身の利益から出発し、中国の投資環境をより高い要求。原材料、エネルギーと土地の供給や人材育成に大きく影響EUの中国での企業の生産経営。また、EU企業は企業の社会的責任について普及に貢献したが、同ヨーロッパ標準に比べて、まださはまだ上がる。

 後に欧州の債務危機の中のヨーロッパ経済

欧州の債務危機以来、同研究室はずっと追跡の進捗、近くにとって、支出を節約しようとヨーロッパ各国主を脱債務危機。研究室の研究で、欧州の債務危機の根本的な道は経済成長、節約することしかできないのでしばらく緩和危機の役割は、根本的な解決の道。経済の持続的成長には経済の競争力向上に頼って、経済の競争力向上を通じてコストダウン、産業構造の調整、国レベルの発展戦略を実施し、重点支援関連産業などの実現。

今年、ヨーロッパに革新プロジェクトはヨーロッパ転換と世界の構造は、その研究室の子を課題は世界経済の版図を構築するのヨーロッパ結合、欧州の債務危機を分析ヨーロッパ出会う困難や景気減速と経済競争力の低下の原因。その中、経済競争力は核心の問題し、正確な判断をよりよく理解ヨーロッパ経済の動向及び世界経済の動向。それには競争力を建て指標体係にヨーロッパ経済競争力の発展の評価は、真実を知るヨーロッパをその手で、中国ヨーロッパ経済研究の中で発言権を抜け出して、この研究の寄り合い事は多分に付け。

ちょっと研究ヨーロッパ経済面の結合

人材の建設に、陈新指摘し、研究室の要求を各研究者が自分の研究の分野で、この「面」にも「時」、「トラック国別や地域。からは、ヨーロッパ経済研究にとってだけでなく、研究全体としてのヨーロッパ経済、注意が必要ヨーロッパ地区の国別研究し、各主要国の経済の動向は、こんなに才能をヨーロッパに経済の立体理解。また、同研究室はまだ要求各研究員少なくとも知って2つの外国語、人材育成の面で制定された対策を奨励する研究者のいくつかの外国語を学ぶ。

将来についての研究は、その研究室の研究範囲を確定しましたが、屋台を敷いて大。紹介によると、近頃当研究室の研究に焦点を当てて以下の2つの方面にはヨーロッパ経済一体化の背景の下での経済ガバナンス、ユーロ及び国際通貨システムの中での役割;2はヨーロッパ対外経済関係、重点は中欧貿易関係を両立させ、そして適切に欧米経済貿易研究。

中国社会科学院革新プロジェクトの実施を研究室の発展に。陈新を指摘し、この機に、研究室を考えていく研究室の未来発展計画。その革新的な工程の奨励、激励制度、研究室を一層強化し梯団建設。ここ数年の仕事の中で、研究室をチームの作戦の方法、よい効果を収めたが、チームの意識を強め、科学研究の単独作戦が逆転する局面を促進した研究活動の推進。革新に従ってプロジェクトの推進、研究室の求心力とチームの意識に一層の強化、研究の仕事は歩に1つの新しい階段。
  • 寧波江東区設立本部経済発展促進グループ
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある
  • 私はセンター第6期「学術靑年匯」活動をうまく展開
  • 本部経済(第一版)
  • 本部経済:後押しする都市経済モデルの転換
  • 中国本部経済研究センターの主任赵弘簡介
  • 中山市準出ニューディール開発本部経済
  • 赵弘:本部経済を推進する伝統工業区の変換とアップグレード
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある(継続)