余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある

本文の作者:北京市研究室の主任

北京は開発本部経済の良好な条件。本部経済理論に従って提示、豊台本部基地を全面的に建設し、本部経済概念は北京から形成して、各方面の関心を引き起こす。本部経済は新しい経済形態、科学把握本部経済の内包を導いて、積極的に良い北京本社経済の発展は、現実的な意味を持っ。
一、何は本部経済
本部経済、ともいえる首脳の経済は、経済活動の価値連鎖のハイエンドの部分。広義の理解、本部経済は、経済と非経済の、公式と非公式があり、本部の性質や本部からの性質の、さまざまな組織が相対的に集めによる社会経済活動の総称。これらの機関を含む政治、文化、教育、科学研究組織も含め、生産、研究開発、マーケティング、管理などの各種経済組織。価値形態から見て、本部経済はこれらの組織が各種の社会経済活動による直接、間接的な経済的価値総額。狭義から理解し、本部経済は国内外のつい派遣の性質の各種本部や本部経済組織に対して集めによる社会経済活動の総称。通常、我々は狭義の角度から理解本部経済は、企業の本社が注目集まっ形成の価値。北京について、ほとんど持って各方面、各分野の本部、非経済類の本部はとりわけ際立って、各種の本部の性質の機関の首都経済の牽引作用が大きいから、本部経済発展、北京は広義から着手。
上記に本部経済の定義を見抜くことができて、と呼ばれる本部経済の備えるべきこんなにいくつの条件:1つは一定の集中度。つまり区域内は一定数量の本部や本部出先機関。いかなる1種の経済形態は、同じだけの特質の社会経済活動単位で構成されて、もし区域内の本部や本部出先機関に集まった数の少ない、本部経済はまだは萌芽段階、生まれない1種の地域経済現象は生じないと本部経済規模の経済の外部リンク。2は企業単体で一定の規模がある。本社は相対的な概念で、どんな規模の組織、あるいは何人かの組織は、それ自体意味の本部。そのため、本部経済を集めた企業は一定の基準は、同区域では、業界内では、上位の企業。三は所在地の一定の関連性。本部経済を集めた企業は1地域の経済、社会、文化、政治関係の中に。ただこれらの企業の本部と地域密接につながり、生産要素の組織のコストを低減させる。4は一定の希少性本部資源。一定の時期に、一定の地域の範囲の内で、一方で、惹かせるのは本社の性質の企業や組織は有限で、一方、さまざまな条件を満たすことができる、本部の性質の企業や組織の共通の要求の都市が少ない。
本部経済は価値連鎖ハイエンドコーナーに集まった経済、その類似産業の集まりが、にとらわれない同じ産業内部、または条産業チェーンに相互関連企業が集まって。は本部経済はさまざまな経済社会の要素の大重合、しかしまたは下品でごちゃごちゃした企業が集まってではなく、各方面、各分野の指導者の作用の本部;本部経済は、クラスタ形で現れて、しかしまた異例の社が分担して、それを集めた本部は大企業、大集団内部の融資センター、決済センター、研究開発センター、運営センター、広報センターなど、企業の生産段階、物流と上記諸コーナーに実現する地域の分離ということによって、企業の各工程の合理的な空間の配置。
二、本部経済発生は客観的な経済現象
まず、本部経済と工業化、都市化プロセスに現れた現象。国内外の経済発展の歴史から見て、企業の本社にいくつかの地域の中心都市移転は約1、200年続いているのが今も続いての現象。は産業革命以来、世界の工業化、都市化のスピードを加速して、それに伴うのは、企業の本社に一部の大都市で、大都市の移転。例えば英、アメリカ、日本、ドイツ、フランスなどの有名な都市を含む、アジアの香港、シンガポールなど、集まった大量の企業の本社と出先機関。上世紀30年代、上海、天津は中国企業の本社に集まった都市。改革開放以来、国内の都市化や工業化のプロセスを明らかに加速し、都市の発展に様々な要素、経済資源の需要と吸着空前増大して、企業の本社は経済発展の核心的資源、経済発展のパターンと空間の配置で行う合理的な配置。
次に、本部経済都市分極効果の結果。都市は人の流れ、物流、資金の流れ、情報の流れの集散地、金融、貿易、教育、研究、人材、情報、交通条件の優越を備え、より完全な発展の要素を、特に大都市は、より良好な発展の条件に、中小都市の経済資源は吸着作用。外部機械も入居、やはり内生成長し、各都市が一定量の企業の本社。また、都市も様々な非経済の本部の誕生の地。政治・文化などの面で、都市と田舎より権威性、大都市よりも中小都市より具優越性の異なるレベルの都市に相応のレベルを持つの非経済の本部。ある意味で、都市の基本的な骨組みは各種の本社では、都市化の過程の中の1つの重要な現象は様々なタイプの本部が集まって。
第三、本部経済は、企業の拡張壮大な必然的な選択。企業の純利益の最大化を追求し、常に、選択の予想収益へのコストより高い地域発展。表面から見れば、都市、特に知名度の高い大都市では、商務コストはかなり高いが、これらの地方の経済運営の効率が高く、市場の状況がよくて、総合開発環境は優良で、企業の発展の空間は大きくて、企業の発展の見通しは小都市とは比べものにならないため、大都市へつながる本部移転、これは都市発展の内的原因。現在、中国はすでに経験した25年の高速成長期ではなく、世界経済の低迷期にも強い成長の勢いを呈し、長期のエネルギーを蓄え、国内企業は拡張衝動の急速な成長期、切実に必要が自分に似合う発展の都市として、企業の本社と同時に、グローバル産業大移転、経済の重心をどんどんアジア太平洋地域に移転、中国東部沿海移転になって、中国が「世界の工場」、国際資本が国内で探して優越な発展環境の都市として中国進出の橋頭堡。そのため、当面中国生まれの本部経済現象は、客観的に見て、国内の資本、国際資本双推進の結果。
しかし、私たちはきっと本部経済発展の客観性と同時に、注意しなければならない発展本部経済が主観的努力し、積極的に条件を創造して、でも象徴発展がようやく受け取ることができる実効。つまり、発展をしなければならない地域本部経済発展の戦略として扱ってこそ、効果の比較的に良い発展。
三、中国発展本部経済の基本的な姿勢
北京は世界に本部経済資源はきわめて豊富の少数のいくつの大都市。北京は政治、文化、科学技術教育)と国際交流センター、良好の経済の基礎。広義定義に本部を持つ資源の利点は、全世界有数の総合性の首都の都市。ある意味、党政军首脳機構は、特殊なタイプの本部。現在、北京の本部経済はすでにかなりの規模で、さらには本部経済発展戦略構想と首都高度、重要な意義を持っている。
現在、経済発展に良好な基礎を本部の都市は北京、香港、上海。香港、主に演じるの多国籍企業極東橋頭堡作用も、少数の中国企業が世界に向かって板の;上海、しばらくは回橋頭堡と回板の役割を果たし、国内企業として内地への輻射の戦略高地。開発から見て、香港と上海の橋頭堡と飛び板地位存在競争、CEPAの発効につれて、未来は本部では、資源の競争にはもっと激しい。今、もう多くの多国籍企業本部から香港、東京、シンガポール上海に移って、いくつか企業の本社は北京から上海へ引っ越す。大都市の競争の中で、本社移転は非常に敏感で、も象徴的意義の事件。上海と香港本部では、経済が発展する方面に比較的に大きい存在の競争で、主要な原因は、両地発展の本部経済の条件は相似性、国際、国内の経済のインターチェンジ、ただゾーン、制度の背景とは地位をいくつかの違いが存在して。上海、港の理想的な関係として中国の双フォワード、もちろん調整が必要。
比べて見て、北京発展本部経済資源条件と上海港と違って、北京は政治経済混合性、社会主義市場経済の条件の下で、この混合の条件がかなりの魅力を、北京まで発展させたいのあれらの本部またはその出先機関は選択上海港かもで北京に夢中になる。また、地域にとって、北京は中国の北方、立次の放射三北地区、さらに、それはロシア向け、中央アジア、甚だしきに至っては東欧の1つの重要な都市。これは北京の比較優位、北京本部では、経済が発展する方面に比較的に独立して自分のスペースを実現することができ、転位発展。
四、北京本社の経済発展の構想

もいいし、上篇)

  • 赵弘:本部経済を推進する伝統工業区の変換とアップグレード
  • 本部経済(第一版)
  • 南京市鼓楼区本部経済発展計画研究
  • 北京本社の経済投資研究
  • 規模の経済理論
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 第二回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 本部経済:後押しする都市経済モデルの転換
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある(継続)
  • チェーンの経営の十六大落とし穴
  • 寧波江東区設立本部経済発展促進グループ
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある
  • 私はセンター第6期「学術靑年匯」活動をうまく展開
  • 本部経済(第一版)
  • 本部経済:後押しする都市経済モデルの転換
  • 中国本部経済研究センターの主任赵弘簡介
  • 中山市準出ニューディール開発本部経済
  • 赵弘:本部経済を推進する伝統工業区の変換とアップグレード
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある(継続)