本部経済:後押しする都市経済モデルの転換

2006年じゅうに月21日、北京市社会科学院主催、北京市社会科学院中国本部経済研究センター、北京方迪経済発展研究院が開催する「第2回中国本部経済ハイレベルフォーラム」が北京で開催され。本部経済は近年わが国の経済界については非常に盛り上がっている話題。本部経済情報ネットワーク技術の急速な発展の条件の下では本社と製造企業を通じてコーナー空間分離、資源の再配置の形成を実現し、大都市と中小都市、発達している地区と未発達地区優勢相互補完、共同、当世世界経済発展の主流形態。

第二回中国本部経済フォーラムは「<b>本部経済:後押しする都市、経済改革</b>をめぐる」をテーマに、「本部経済と都市構造のグレードアップ」、「わが国の中心都市で実施本部経済戦略推進都市型」などの議題について深く交流と検討してから、科学技術部、北京市人民政府などの部門の指導や、上海、広州、深セン、重慶、南京、武漢、靑島、済南など全国の30余りの都市部の政府部門の指導者、専門家学者や多国籍企業と国内の有名な企業家など400人が出席しました。

今回のフォーラムの三大スポットライト:

ポイント1:厳かに出し《2006~2007中国本部経済発展報告」

フォーラム厳かに出し、本部経済理論の創始者、北京市社会科学院中国本部経済研究センターの主任研究員赵弘編集長を務め、共同研究所が全国一陣と北京、上海、広州、南京、武漢、靑島、杭州などの都市部の政府部門共に経済実にじゅう数軒の単位を経て、一年完成した「2006~2007中国本部経済発展報告。「報告」は「都市、経済改革推進本部経済」をテーマに、考察アメリカ、ドイツ、イギリス、日本、シンガポールなどの国と地域の主要都市経済変換モードを基礎にして、全面的にまとめた我が国の都市化の過程の中で北京、上海、広州、重慶、武漢、靑島などいくつかの中心都市の発展を推進本部経済力都市構造のグレードアップ、機能向上を実現するために、都市の経済改革の成功の経験。報告は、都市開発本部経済がポイントの3つの関係をうまく処理して、処理する市場規律と尊重を導く役割政府マクロの関係をうまく処理して惹かれます;2は多国籍企業の地域本部と育て本土企業の関係をうまく処理して;3は本部経済発展ハード環境建設とソフト環境で育てた関係。

スポットライトを発売2:「全国主要35都市の本部経済発展の能力評価報告」

今回のフォーラムでは、北京市社会科学院中国本部経済研究センターの主任研究員は「赵弘発表した全国主要35都市の本部経済発展の能力評価報告(2006)」。これは中国本部経済研究センターの発表の中心が独立しの関係国直轄市、計画単列市と省都都市本部経済発展能力評価報告。この評価報告の指標体係は基礎条件、商務施設、研究開発能力、専門サービス、政府のサービスと開放程度などろくつのレベルの指標は、じゅうろく二次指標、55の3級の指標から構成を採用し、我が国で正式に出版の統計資料として、主要なデータ来源、専門家の評価システムの導入による評価結果は全国の主要35都市の本部経済発展能力をソート。評価結果をわが国都市判定本部経済発展が先の段階や今後の本部経済発展の重要な戦略重点提供の根拠として、企業の本社所在地を提供する参考。評価の結果によると、中国本部経済発展能力上位10位の都市の順に北京、上海、広州、深セン、天津、南京、杭州、成都、武漢と靑島。

スポットライトの3:全国の多くの中心都市成功実踐を推進本部経済理念都市経済モデルの転換

今回のフォーラムの非常に顕著なハイライト、北京、重慶、南京、武漢、靑島、済南などの都市の本部経済表現は非常に高いの情熱をもたらす、これらの都市開発本部経済のままの実踐経験、借りフォーラムのプラットフォームに十分な交流。これらの都市のいくつかの中心都市、都市化を推進する過程の中に直面している共通の課題は製造業コストアップ、環境資源制約を強化し、経済発展の持続可能性に挑戦。これらの都市の発展に本部経済を動力を現代サービス業の急速な発展、初歩の探索1条本部経済によって産業構造の最適化と向上を実現することは、経済モデルの転換と持続可能な発展の道。

  • 赵弘:本部経済を推進する伝統工業区の変換とアップグレード
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 本部経済(第一版)
  • 南京市鼓楼区本部経済発展計画研究
  • 北京本社の経済投資研究
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 第二回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 中国本部経済研究センターの主任赵弘簡介
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある(継続)
  • 寧波江東区設立本部経済発展促進グループ
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある
  • 私はセンター第6期「学術靑年匯」活動をうまく展開
  • 本部経済(第一版)
  • 本部経済:後押しする都市経済モデルの転換
  • 中国本部経済研究センターの主任赵弘簡介
  • 中山市準出ニューディール開発本部経済
  • 赵弘:本部経済を推進する伝統工業区の変換とアップグレード
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある(継続)