第二回中国本部経済ハイレベルフォーラム

2006年じゅうに月21日、北京市社会科学院主催、北京市社会科学院中国本部経済研究センター、北京方迪経済発展研究院が開催する「第2回中国本部経済ハイレベルフォーラム」が北京で開催され。

今回のフォーラムは「本部経済:後押しする都市、経済改革をめぐる」をテーマに、「本部経済と都市構造のグレードアップ」、「わが国の中心都市で実施本部経済戦略推進都市型」などの議題について深く交流と検討してから、科学技術部、北京市人民政府などの部門の指導者や上海、広州、深セン、重慶、南京、武漢、靑島、済南など全国さんじゅう都市政府部門の指導者、専門家学者や多国籍企業と国内の有名な企業家など400人が出席しました。全体のフォーラムは、北京市社会科学院の副院長の周航司会。

第二回中国本部経済ハイレベルフォーラム全景第二回中国本部経済ハイレベルフォーラム全景

 

本部経済は近年わが国の経済界については非常に盛り上がっている話題。本部経済情報ネットワーク技術の急速な発展の条件の下では本社と製造企業を通じてコーナー空間分離、資源の再配置の形成を実現し、大都市と中小都市、発達している地区と未発達地区優勢相互補完、共同、当世世界経済発展の主流形態。

北京市社会科学院院長の代表刘牧雨主催者開会のあいさつを述べる。劉院長によると、今回のフォーラムは新しいの特色、それは「本部経済後押しする都市型」をテーマに展開深く研討、集中的に反映私を含む院中国本部経済研究センターを含む全国各地の専門家学者に本部経済理論探索の最新の研究成果を、および全国のいくつかの本部経済発展が独特の、効果の都市や町の実踐経験。

北京市副市長陆昊フォーラムの上で演説の中で指摘して、北京は確かに備えて本部経済発展のいくつかの重要な条件など、各類の総合的な人材の育成と集まった支持条件、市場情報資源を集中的に、サービス業などのサポート体制を良好。北京本部経済は近年、取得したいくつかの重要な発展、一定の程度の上ですでに推進本部経済構造のグレードアップ、北京経済モデルの転換の重要な動力。現在、北京には多国籍企業の地域本部の35社は、本部の性質の投資性公司146家、外資研究開発センターが239家。陆昊副市長として、今後も北京本部経済の一層の発展と北京の産業構造の調整と結び付けて、北京と六大重点産業機能区建設結合。

科技部党組織のメンバー、秘書長张景安フォーラムの上で演説し、企業の自主的創造革新能力を増強し、自主的創造革新と経済構造の調整、経済成長を切り替える方式の向上、国家競争力の中心部分は我が国のイノベーション型国家の建設の重要な内容。総体と本部経済のモードで企業の取得異なる地域優位資源空間の上の配置は、役立つ企業自主的創造革新能力の;発展本部経済、ハイテク区「二次創業"を提供する1種の新しいモードを助け、向上ハイテク区革新などのハイエンドのコーナー能力は、全体の競争力を高める園区。

北京市の委員会の宣伝部副部長宋贵伦フォーラムの話によると、長い間北京社会科学理論界を巡る北京市の経済社会発展の重大な現実問題に発展を深く研究し、一連の成果を得た。その本部経済理論は社会科学理論の革新の重要な成果の代表。本部経済を明らかにするのは我が国の中心都市の経済発展で直面している共通性の問題、実現経済モデルの転換の一般法則、希望は実用的な態度を真剣に検討本部経済の問題を推進、確実に首都経済発展に貢献する。


  • 赵弘:本部経済を推進する伝統工業区の変換とアップグレード
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 本部経済(第一版)
  • 南京市鼓楼区本部経済発展計画研究
  • 北京本社の経済投資研究
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 本部経済:後押しする都市経済モデルの転換
  • 中国本部経済研究センターの主任赵弘簡介
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある(継続)
  • 寧波江東区設立本部経済発展促進グループ
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある
  • 私はセンター第6期「学術靑年匯」活動をうまく展開
  • 本部経済(第一版)
  • 本部経済:後押しする都市経済モデルの転換
  • 中国本部経済研究センターの主任赵弘簡介
  • 中山市準出ニューディール開発本部経済
  • 赵弘:本部経済を推進する伝統工業区の変換とアップグレード
  • 第1回中国本部経済ハイレベルフォーラム
  • 余钟夫:本部経済は大いにやりがいがある(継続)