学び易く手ほどき(下)

 学び易くの繁栄は、主に以下の諸方面:

一、《週易》の現代語訳今注、百花斉放。

 

ほぼ10年間、《週易》の現代語訳、今注、絶えず再生。李镜池《週易通义』(1981)、徐志锐《週易大伝新注』(1984)、高亨《週易古経今注』(1984年再版)は第一裏書き訳著作を学び易く、研究を提供する必要が読み物。1987年、同時に二つの新しい注本出版:宋祚胤《週易注釈と考辨』、沙少海《易卦浅释』。その後、「週易熱」の発展、続々と新しい注翻訳出版され、黄寿棋、张善文の《週易訳注』(1989)、金景芳の《週易全解」(1989)、周振甫の《週易訳注』(1991)、唐明邦監修『易経』(評注1996)。このコメント訳本、そのコメントの深さと精度も大進歩を反映して、《週易』の研究の新しいレベル。刘大钧、林忠軍の《週易古経白話解」(1989)、《週易伝文白話解」(1993)、徐于宏《週易全訳』(1991)、『易経』(邓球柏白話1993)、陈德达、杨树帆の《週易入門』(1999)を提供して、広大な学び易くファン入門読本。普及活動に重要な貢献に立って行う。

新進各種《週易》経伝注訳、ある長は文字校訂する、ある長訓詁解釈、ある長オリジナルを創立した理論、《週易》注釈の新システム、《週易》の思想文化の内包を作り出して、たくさんの学科、多角的な解釈。



……。……。


二、人文易空前繁栄。

『易経』の哲学思想は、「五・四」以来、重視を受け。冯友兰緻で初めて中国週易の学術シンポジウム「代祝辞」では、週易の哲学を富んだと弁証法的思考の「字宙アルジェブラ」。「週易熱”はまず目立つのは《週易》の哲学思想。张立文《週易思想の研究』(1980)、吕绍纲《週易の閲覧マイクロ』(1991)、张祥平《易と人間の思考」(1992)、罗炽監修「易伝統文化と民族思惟方式』(1994)、张吉良《週易哲学と古代社会思想』(1996)、唐明邦「当代学び易くと時代の精神』(1999)を剖析《週易》哲学、特に重視するその象の数の思考が特徴の民族の思惟方式。李廉《週易の思惟と論理』(1994)を検討し《週易》理論体係の論理的問題。人々はもはや満足に《週易》哲学作唯心や唯物の性質を判定し、深く検討する《週易」がヒントに民族の思考方法及びその特色を検討し、その自然哲学、歴史の哲学や論理的思考の固有の特徴。『易経』の美学の思想が重視され、刘纲纪《週易美学』(1992)、王振复《週易の美学の知恵』(1997)、刘纲纪、范明华『学び易くと美学』(1997)、《週易》の美学の思想の掘発、立って行う中の空白を埋めました。

「週易』は中国の伝統の文化の中の地位と役割、学者達をたくさんの学科、多角度、多サイドの見直しと分析。刘大钧《週易概論』(1986)、宋柞胤《週易のジレンマ」(1982王振复)、「呪術:週易の文化の知恵』(1990)、郭树森、张吉良監修『大道の源——週易と中国文化』(1993)、罗炽監修『中華易伝統文化の導論』(1995)、翟廷《週易華夏文明』(1995)、周山《週易文化論』(1994)、胡道静、戚文監修『週易の十日談」(1992)、様々な角度から述べる《週易》の文化の内包と中華伝統文化の発展の貢献。黄玉顺《易経の古い歌考释』(1995)、八卦を発掘した週易卦中で含まれた古代詩歌。程振清、何成正『太極思惟と現代管理」(1993)、周豹荣《週易と現代経済科学』(1989段)、長山編集長(週易と現代管理科学)(1991)、余敦康監修『学び易くと管理」(1997)、《週易》の経世思想、思想を管理して全面的に述べると、『週易》を社会主義経済建設の参考意義。

《週易》と立って行う研究の現代化建設の現実的な価値となり、新時期に立って行う研究の中心課題。安陽、廬山、西安などで何度も学術シンポジウムで、それを深く深く検討。刘大钧監修『大易集成』(1991)、『大易集』(1994)、『大やすいように』(集1998段)、長山監修『週易と近代化」第1弾(1992)、第2集(1993)、『現代学び易く優秀論文集』(1994)、朱伯監修『学び易く基礎教程』(1993)唐明邦監修『週易縦横録』(1986)、郑万耕、赵建功《週易と現代文化』(1999张吉良)、『週間易通演じる』(1999)、王炎升《週易経世学のジレンマ」(1999)も、論述した《週易》と歴代学び易く思想、新しい時期の人々の建物の進歩の世界観、価値観、人生観、明鏡は形を察する所以、往事は今を知る所以の啓発を高める作用があり、民族文化思想素質が軽視できないの価値。姜国柱《週易と兵法」(1997)を学び易く、近代的な新しい研究分野を開拓した。

長沙の馬王堆漢墓『帛書週易》出土を経て、心をこめて考証解釈も専門家学者、1984年に「文化財」で公表して六十四卦経文、同時に発表し张政『帛書六十四卦跋』と『易経』(于豪亮帛書1984国内外の注目を起こして、『帛書週易』の研究、ブームになって。邓球柏『帛書週易校釈』(1987)、张立文『帛書週易の注釈』(1992韩仲民)、「絹易略说』(1997)は、第1陣の学術研究の成果。久しぶりじゅう年後、帛書週易伝文の発表を始め、陈鼓应監修『道教文化研究』第3集(1993)、第6集(1995)、朱伯昆監修『国際立って行う研究』第1集(1995)、公開発表《帛書易传释文』で『二三子問』、『系辞》、《易の義》、《》、《カミーユと》、《昭力』6篇。それが、饶宗颐張岱年、严灵峰、朱伯、张政、李学勤、余敦康、张立文、陈鼓应、廖名春などが相次いで発表論文を起こし、『帛書週易》研究の新しいブーム。邢文『帛書週易の研究』(1997第1部)は学術専門書に「帛書週易》の内容、構造、本年代、卦序特徴、学術淵源問題なども述べた。『帛書週易》の出土、はにじゅう世紀に立って行う史上の画期的な事件は、国内外の学術の影響が大きくなって。

にじゅう世紀はちじゅう年代。1980年に「考古東側」に発表された『試験釈週初靑銅器銘文中の易卦』、1984年、武漢に開かれた中国週易の学術シンポジウム論文「易弁を提供して、ここ数年考古資料によって検討する(週易)問題の概要」、初「デジタル卦」の問題が、主張八卦記号は上古がかごに沿って記録の数字。徐锡台、韩仲民などの論文を発表したこの観点を述べたら。八卦の起源の問題を開拓した新たな研究方向。

三、科学易巽军突起

《週易》と現代自然科学の連絡、多くの現代の科学者について検討を図るから学び易く思考を現代科学の方法の微妙な啓示。董光壁《易図の数学の結構』(1987)、李菁監修『週易と現代と自然科学』(1990)、丘亮辉監修『週易と自然科学研究』(1993)、徐道1《週易科学観』(1992)、顾明《週易象数図説)(1994)、焦蔚芳《週易宇宙アルジェブラ』(1995)、董光壁『学び易くと科学』(1997)、韩增禄『学び易くと建築』(1997)、刘子华『ゴシップコスモロジと現代天文』(1989)、商桂《易索』(1998)、何世强『学び易くと数学」(1999罗翊重)、『易経』(数学のように1999)などの著書。分析した《週易」及びその象数モードと現代数学、物理、化学、生物分子、天文、地震などの関係を論じた《週易》の太極思惟で、陰陽の観念。対称法則、相補性原理など、現代科学思考方法のヒントに作用を示した《週易」「宇宙アルジェブラ」の科学的価値。一方、江国梁《週易の原理と古代科学技術』(1990)、邬恩溥《週易――中国の古代の世界図』(1988)、黄寿棋、张善文選書《週易研究論文集』第四集(1990)、刘振修《週易と中国の古代の数学」(1993)などの著書を論じた《週易」は中国の古代科学技術、天文、暦法、数学などでの積極的な影響を。

《週易》と中国の伝統医学、養生学の関係が密接。何度も開催について週易と中医学シンポジウム。邹学嘉、邹成永《中国医学び易く』(1987)、杨力《週易と中医学』(1989)、李浚川、萧汉明監修『医交換会を通じて精义』(1991)、要請、袁峻《中国の八卦の医学」(1995)、黄自元『中国医学と週易の原理』(1989)、劉長林『学び易くと養生』(1997)などの著書が、医易会を通じて思想、学び易くと養生して徹底的に法則の論述。

科学易巽軍突起は、支持者を、参加者もいるが、批判的者も言い。董光壁『学び易く科学史纲』(1993)科学と易科学正しい介しやすいかも、と論じた立って行う中国科学の3回のピーク、分析した易科学の苦境を学び易く、再生など新しい発想の科学。

四、象数易回復、学び易く史開巻。



…………。。…………。。


はちじゅう年代以前のような数易はずっと冷遇局面。尚秉和以外に易象専門研究のほか、多くの学者の研究を表明しやすいようにない数。義理を入手困難、象の数は誰も見向きもしやすい。はちじゅう年代以降、徐々に改善状況、研究者のように週易の数を除いて、いくつか科学者のほか、すでに専門学者。お金世明『易象通」(1989)、林忠軍「象数学び易く発展史』(第一集1994)、第二集(1996)、刘大钧監修『象立って行う研究』第一集(数1996)など、対象数易の歴史と現状について検討し、科学と易やすいように数の関係について分析と展望。易図も次に特に重視。欧阳红《易図』(新弁1996)、李申『学び易くと易図』(1997易国作)に深く研究し、正しい論評易図で学び易く発展中での役割と価値。

人文易、科学、容易な数易大を隆盛の学術の雰囲気の中で、学び易く史から重視されて、喜ばしい成果を収める。朱伯『学び易く哲学史』1~4巻(19861989)、学び易く哲学の発展に全面システムの剖析を学び易く、史研究開発道に典範。廖名春など編著『週易研究史』(1991郑万耕)、『学び易く源流』(1997)も、学び易く発展の過程を論述して簡明。李学勤《週易経伝トレーサビリティ』(1991)、王興業『三墓易約2年にわたって』(1998)、学び易く前史のコメントを啓発を与え、深い。

学び易く史上の著名な人物の研究は、初期頃に行われており。萧汉明「荒船山で立って行う研究』1987)、梁绍辉『周敦颐評伝』(1994)、卢央『京不動評伝』(1998)、唐明邦『邵雍評伝』(1999)は、古代の有名な易学者に個別の研究の第1陣の成果は、今後の学び易く名家事例研究、開発した広い分野を蓄積して、初歩の経験。

五、《週易》辞書多様で盛観である。

中国史に立って行う、はちじゅう年代以前、1部の《週易》辞書。「週易熱」が高まり、《週易』ファンが増え、人々は普遍的に信頼性の高い要求編纂の《週易》辞書では、初心者や研究の必要。多種の《週易》辞書が生まれて。何冊の辞典はほぼ同時に登場。萧元監修『週易大辞典』、吕绍纲監修『週易の辞典』、张其成監修『学び易く大辞典』、张善文編『週易辞典」は、いずれも1992年出版。任华監修、卢叔度検定《週易大辞典』(1993)、朱伯監修『学び易く知識総覧』(1993)、张其成監修『易経応用大百科』(1994)を学び易く、ファンや研究者に提供した知識を学び易く、辞書や学び易く史の大空白。



……。。……。。


立って行う-西洋の研究

様々な兆しは、近代の前に「《易》学」と『易経』の思想を解釈すると応用を形成しているさまざまな学術と実用的な知識は、西方の世界へ伝わってきましたが、この伝播基本的文化史の範疇に影響。外来の文化の影響を受け、学術思想の発展はもちろんぬらり浄土に無理法華作用があるが、もとは考えられない厳しい学術交流。西洋人までじゅうろく世紀以降に『易経』展開に直接でシステムの研究では、最初のいくつかの研究者は中国のヨーロッパイエズス会宣教士。この研究は、『易経』を原典と中国当時のある権威性がありの末書の深く研究する、結果としていくつかのイエズス会士形成から直接漢文字で書いた「易》している。これは確かに中国と西洋の文化史の上で1種の驚異的な現象。一方、西洋人に理解させるためにより良い中国思想とその古い伝統の、いくつかのイエズス会士から翻訳《易経》、フランスイエズス会金ブリタニア閣のラテン語訳本『易経』はこれを知って最初の『易経』のスペイン語訳本、すでに佚失。その後イエズス会士に宋君荣、雷孝思、顾赛芬もすべて曾在《易経』の翻訳に従事し、ラテン語の訳本に最大の影響を雷孝思の。この経典を完全に西方の世界に紹介し、これから『易経』に伝わった西洋と西洋の『易経』の研究の近代。




金ブリタニア閣著作金ブリタニア閣著作


じゅうろくじゅうく世紀の間、華宣教のイエズス会士が殘した学び易く著述、その数は相当なもの。ラテン語の翻訳と研究は著作、じゅうななじゅうしち世紀のイエズス会士も殘したいくつかの直接中国語で書いた「易》して、これらの著作は基本的に完全に保存し、バチカン図書館とパリ図書館。彼らは多くの宗教、哲学と科学の著作の中で、時々「易》と学び易く関連問題に述べる。

宣教師白晋は1698年フランスから中国に戻って、その後の半生は全て中国の典籍に取り組んでの象徴として議論を深め。白晋はその一としてシリーズ著作、『古今敬天鉴』(DeCultuCelestiSinarumVeterumetModernorum)油断して、『易経』(IdeaGeneralisDoctrinaelibriYeKin)と一連の通信で彼のイメージを表現した主義の理論。この理論は二つの面にまとめ:

白晋は『易経』や中国古史「預言者予言」と表現したキリスト教の教義。彼は1700じゅういちはち日緻ライプニッツの手紙には得意げには「今年私はかつて応用の方法と同じ続けては中国の古典の研究を行い、幸いいくつかの新しい発見。……ほぼ完全なセット聖教体係、つまり中……。大きな謎、聖子が生まれ、救世主の身の上を受けと死と、彼は宣教の聖工(世間に)のように大きな役割を果たし、予言的表現、貴重な古代中国哲学の傑作でも、かすかに跡。あなたはそれを見てからにほかならない联篇累牍の虚無と象徴の言葉、あるいは真理新しい法則の不吉な予言した時、あなたの程度がない私で驚き。」

白晋を明らかにしようとする「数学の神秘」の方式を証明して『易経』をイスラエル祖先が殘した聖典。「『易経』の数字の神秘的な、ようとピタゴラス、プラトンやエジプトユダヤの哲学の中の神秘的な数学に呼応して、この秘密は、最初にその子孫の祖先は、後に消えたが、必然は造物主の神秘ヒントから。」これは結論を出す「八卦を見ると創世や三位一体の奥秘」。

傅圣泽白晋の協力者として、イメージを発揮する理論も。彼は1711年に北京に来て、協力して白晋編纂《易経稿』などして。傅圣泽未北京まで、加入しているイメージ学派。傅圣泽『易経』などを通じて中国を理解して古史典籍。彼は、中国では文字の中にも多く含まれる象徴的な意味を、その源をイスラエル十二傍流とその基本的なキリスト教義。彼は《週易』の「週」と解釈を宇宙、衍申を洪水後に保存诺厄方舟の中で最も早く世界記録や普遍の教訓の宝庫です;“儒学」をを説明するには「人」、「必要」の2字を合成する必要が本来の期待;は解釈《易》の必要卦、謂必要は空の雲に合って、これは《聖書》を神に乗って天から降る雲;孔丘の字は「丘」と説明されて「アダム厄娃の象徴」。厄爺、現代語訳イブ。

劉は、字声闻。彼は1687年白晋と一緒に到着して華。相前後して北京で、南京、広州、陝西など宣教。劉は中国語に精通して、多くの中国の古典を読んで、『易経』についての研究。彼は善という康熙太子と相、皇太子を一度『書経』の章を読んで、劉はすなわち、其义を説明し、大石で卵を砕く。太子奇甚だしき、続けざまに「大分からない」として問題に称賛の言葉の絹本『書経』。劉はは一番早く『易経』のコメントのイエズス会士の一つは、『易経』についての注釈にとりつい宋君荣『書経』の後で訳本を集に『東方聖書』(livresSacresdeIorient)。対《易経》の理解の上、劉は多くの地方白晋の観点と違う。で「礼儀」問題で、彼と同会の他の御為に意見に反して、支持法王の主張、著書もこれでローマローマ教皇の認めを得。劉対応卦作とは異なり白晋の解釈とは、卦象符号伏羲創造、過去に多くの本が卦の記号と解釈し、時代と作者の違うから。

じゅうろく世紀後半までじゅうはち世紀末二百余年間、中国の宣教のイエズス会士が殘した「易》と学び易くて及び関連の著作で、その数は相当し、学び易くと関連の宗教、哲学や科学の問題の展開を述べる。史の観点から学び易く、明、清の際の中国でのイエズス会士の易は間違いなく中国本土学び易く、進化のかなり独特の構成部分であり、構成、この時期の多元化の学び易く無視できない重要な流派。

莱布尼兹研究

 

莱布尼兹莱布尼兹


イギリス哲学史学会秘書、莱布尼兹学会担当者麦唐纳・ロス教授の教科書「莱布尼兹」第二章「数学」の第二節『二元アルゴリズム》の中で十分に紹介と評価バイナリ自体の偉大な意義の後は、バイナリに莱布尼兹にとっては非常にあいまいな下書きから」更に重要な意義は「神に」、そして彼の発明電卓アルゴリズムとは何の関係もない。この「非常にあいまいな下書き」自体がロスあまり興味、そこで彼は多くの筆墨で引用莱布尼兹の「神に文献で。は次の通り:

一つだけものかもしれない自立できるように想定され、それは自分でもない――神、あるいは存在しない。これは、極上の類比を明らかに、……「彼は概略に論じた二進法を言い続ける:〕私ここに論述するつもりはないこのシステムの巨大な限りすべての数を指摘と無の方式を表現はどんなにすばらしいだけで十分。だが物事秘密の秩序をすべての物事はすべて発生于纯存在と無になる自明のことで、人々は希望で生涯を達成することができるという秩序が、観念の分析を行って、証明真理に必要な程度も十分。

続いては、莱布尼兹ロスこの思想に誇りを感じますので、刻んだつもりで記念モニュメントの章来記念それ。銘は「GW莱布尼兹発見した創造物の典型的な。」や「無から派生してためにすべての、十分。」

ローズは総括的な評価で「だけと莱布尼兹関係にとって、この発見は最も重大な意義は形而上学的な、あるいはもっと正確に言うと神としての、それは宇宙全体がどう説明した、とは、数で構成される。」

 

  • 陰陽魚太極図はどう含蓄?
  • あなたは知っている名前をマスター姜世勤ですか?
  • 風水の学説は中国建築文化のもとの生態の
  • あなたの知っている儒教経典の《週易」ですか?
  • 太極図の由来を知っていますか?
  • 週易の中国の歴史の役割
  • あなたは知っている東方眠り姫?
  • 何は陰陽(下)
  • 学び易く手ほどき(上)
  • つか「乾坤」
  • あなたとどんな干支は最優秀結婚?
  • 何は陰陽(下)
  • 何は太極
  • 何は五行(上)
  • 何は陰陽(上)
  • 何は風水(よんしよ---風水の具体的内容
  • 何は風水(いち---風水概論
  • 学び易く手ほどき(下)
  • 生命の中の苦しみ
  • 何は干支(上)