何は陰陽(下)

現代の定義

陰陽は同じ所属の概念対立統一の下の二つの概念陰と陽間の1種の相容れない関係。陰陽の内包をお互いに否定、ひとつの概念きっと対象の陰の属性は、別の概念は否定陰概念が肯定の属性として、陽対象者の属性;陰陽の外延は互いに排斥し合う、また相互補完、その合計はそれらの最も近くの所属の概念対立統一全体の外延、すなわち2種類の概念としてのや陰陽エピタクシー。

要するに、陰陽は自然にとっては相互に関連のある物事や現象対立双方の属性の要約。波色子とフェルミオンは物質の世界の2種類が存在し、根本的な粒子の中ですべての物質粒子はフェルミオン、構成物質の原材料例えばレプトン中の電子、構成陽子と中性子のクォーク、ニュトリ-ノ作用する力の粒子を伝える。光子、中間子、膠子、WZ波さいは波さい。波色子とフェルミオンちょうどと、古代中国の陰陽太極思想一緻、すなわち陰物質は波賽、物質が存在する基礎、陽の物質はフェルミオン、物質の存在の形式は、現実の世界での存在は陰の物質が存在する基礎のために表現形式陽物質。哲学者の時効を指摘:慣性波バランス(陰)と作用による変化(陽)は物質の最も基本的な属性の矛盾は、物質の世界の最も基本的な矛盾。

 

陰陽陰陽


漢方医の応用

我が国の古代の医学の家、長期医療実踐の基礎の上に、陰陽五行学説を広く運に医学分野では説明を、人間の生命の起源、生理現象、病理の変化、指導している臨床診断や治療、漢方理論の重要な構成部分で、漢方医学の理論体係の形成と発展にあって、きわめて深刻な影響を与え。

表裏、寒、虚実は疾病過程の中表現の組は対立で統一の表裏現象。これらの表裏現象で、陰陽をまとめて漢方医。各組から表裏両面対立の意味にとって、表証、熱の証、実証は帰属于阳証範疇;里证、寒証、虚弱症は陰証の範疇に属して。だから、陰陽八綱に大綱、すべて病証も帰るのを陰証または陽証の大原則の中。

1、陰証:顔色が暗い、精神うつ、身疲れ肢寒くて、息が続かない怠け者の言葉、口は喉が渇いて、尿清軟便、舌が薄く細い脈瀋無力。

二、陽証:顔を赤くする身熱、神いらだって鼻息が荒い、音が言、喉が渇いて飲寒くて、尿赤が干、苔黄、脈の数が力強い。

また、臨床の上でまた貧血状態と阳虚、亡阴と亡阳などの証明。これらの疾患の名称でもあるけど陰陽だが、実質的には虚弱症を主とするべきで、陰証属。

三、貧血状態:陰液が不足、貧血状態生潜熱による。主証は微熱颧赤、手足の心の熱い、寝汗、口の乾燥しているただ飲み込んで、尿が少なくて、黄、大便秘結、舌の苔紅なし、脈は細く浮き有力、重さは無脈をとる。

四、阳虚、陽の息不足、阳虚は生寒による。主証を肢寒いです、疲れて力がないで、自然発汗、小便の清長、大便は沼は薄く、苔の白、舌の質が薄くて、脈は細くて無力。

五、亡阴:汗が多くて、ベタベタ口喜飲み物、いらいらして、顔色火照り、めげる暑い、舌の赤でやって、脈虚数無力。多くみられる大出血や脱水の病人。

六、亡阳:冷や汗、悪寒、手足厥寒くて、息に弱く、喜温かい飲み物、舌に薄くて、脈マイクロ欲絶。ショックの患者に多くみられる。

 

陰陽の解釈

 

周敦颐の『太極図説』が1段のこんな記述:無極で太極。太極動で生陽、動極静静かで、生の陰、静極複動。じっとを参照して、互いにその根。寸陰分陽、両儀立だ。は故易太極は生、両儀(陰陽)二気交感、万物化生。万物は生で、変化が尽きないだ。これは古代易学者たちは陰陽の概念を最高の、最も完備に述べる。これは詳しく述べが抽象的すぎてもあまりにも要約するので、理解するのは難しいから、以下によって学科の角度を解析。

 

一、陰陽の数学の理解

私達はすべて二進法数、二進法の発見に直接つながった電子計算機とコンピュータの発明は、コンピュータを急速に普及し、各業種に入って、人類の生活と生産の重要なツール。二進法の実質は二つの数字「0」「いち」描いて事件。人間の生産や生活など多くの分野で、私たちはコンピューターによって仮想に描いて現実に存在する事件を通して与えられた条件やパラメータアナログ事件変化の法則。二進法のコンピューター万能のほとんどは、私たちの生活の現実世界は完璧なコピー、また私達の人類に与えられた条件の模擬現実世界のさまざまな実験を実現しにくい。でも、私達はどのようにコンピュータに変わり、どのように完璧に、どのように複雑な画面、その素ただ簡単な「0」「いち」「0」「いち」コンピュータの中で、さまざまな組み合わせと組み合わせて、アナログの復雑、森羅万象の仮想世界。

立って行う中で、私たちの先輩たちも聖賢ことは疑いようがない肯定陰陽を構成する世界の基礎で、彼らがどんどん使用陰陽の組み合わせと組み合わせて描いて世界の万物の変化の法則---八卦。ここに利用バイナリ陰陽概念を置き、で表す「0」表す「いち」数のバイナリワール自然界のは、自然界に存在した二つの対立の統一の2種類のエネルギー。では同じバイナリ、同じ陰陽以上、二進法の「0」「いち」コンピューターによって創造できる仮想の、複雑な世界は、自然界の中の陰陽どうして現実世界に万事万物を形成することができないのですか?もちろん、自然がで実在の陰陽二種類のエネルギーはコンピュータの世界に仮想のバイナリ。だから自然界の中で陰陽エネルギーはコンピュータの中の二進法のように、リアルに構成した複雑な万有世界。違いは自然界の陰陽存在対立統一の関係は、2つの陰陽エネルギーの存在にそれぞれの特性と規則、そして絶えずに相互作用と影響で、コンピュータの中の「0」「いち」私たち人間だけに与えられた条件を実行するには、体現できない現実世界陰陽統一エネルギー対立の特性は、現実の世界では完全にコピー全ての特徴と法則。

『易経』の中で、私たちが知っているすべてのすべては陰爻陽爻2種類の八卦で構成され、学び易くに陰陽爻自然界で継承陰陽の記号とともに、自然エネルギーをコピーした陰陽統一の法則を通じて対立し、陰陽、五行、干支など文字記号やの図形記号がアナログ陰陽エネルギーの相互の影響と役割。それができないように、コンピュータのようにイメージを切実に人々に1種の感性がそれを通じて、抽象的に陰陽の変化の法則と素樸な記号現実世界を教えて万有の存在と進化法則。

だから自然の世界」「基礎として確実に育成して復雑な現実世界、コンピュータの「0」「いち」イメージに模擬現実世界のすべての現象は、学び易く中の陰陽爻抽象的に掲示した自然界に存在の事件とその変化の法則。

孔子は陰に陽を一一の道 

 

陰陽グラデーション陰陽グラデーション


 

二、陰陽は天体の物理学の理解

孔子「系辞』で言う:陰に陽を一一の道。当方の現代語と科学研究の成果、言葉の理解は自然界に存在している陰陽統一は、対立の陰陽二種類のエネルギーは、構成万事万物の基礎が存在し、世界のすべては、基本的な陰陽エネルギー構成。この2種類のエネルギーと無極元の相互作用を生じた陰陽の2種類から粒子は、すべて、高階粒子構成物質粒子や物質の基礎。

私たちは用いて完全に描いて陰陽粒子とエネルギーの形成過程のモデルは:

  1。太極世界初期、無極円ゼロ距離に結合して構成した太極世界、

  に。「無極元の間の距離は大きく増え、ゼロ距離の時には、無極元の間が備わった陽エネルギーと呼び陽。という、陽と無極元構成の全体の私たちと呼ばれる陽粒子この粒子の形成の過程で放出陰とエネルギー

  さん。「無極元の間の距離は小さく、小さくはマイナスゼロ距離の時、無極元の間で持って陰とエネルギーは、エネルギーの陰を陰、陰エネルギーや無極元の組み合わせ粒子と呼ばれる陰と粒子陰で、粒子の形成の過程の中で釈放陽エネルギー、

  よんしよ。を問わず陰と絃それとも陽絃で、それらはすべても動態的な;陽粒子それとも陰と粒子その構造は、立体的な。

また、陰陽で立って行うにはそれぞれで「--」「—」この2種類の印による、理解を容易にするために私たちはそれらを転化を常用の物理学の記号で「E」陽が表すで「P」表示には陽無極元やエネルギーグループーー陽粒子で「E」陰で表すことができ、「P」表示には陰無極元やエネルギーグループーー陰と粒子。こんな太極生両儀の模型が完成しました、図太極と両儀図のように。この図は抽象的に記述した太極世界――宇宙の基本的性質について、太極世界の基本的な特徴を参照してください《論宇宙と宇宙」は、ここを繰り返さない。しかもこの太極図は両儀抽象的に模擬太極世界分化の始まり――陰陽エネルギーと粒子の形成。 

三、陰陽の医学に理解して

『荘子天下』で言う。陰陽道やすい。陰陽五行では学び易くの基礎であり、中医学の基礎。漢方医は人体全体性を強調して、そして全体分を対立統一の両属性――陰陽。漢方医の理論は:病気は、人体の人体陰陽の不均衡、治療の基本は患者を助ける調節陰陽にする陰陽バランスの過程で、もし一人陰陽バランス、自然と身体が健康。

漢方に表裏、寒、虚実は疾病過程の中表現の組は対立で統一の表裏現象――陰陽。各組から表裏両面対立の意味にとって、表証、熱の証、実証は帰属于阳証範疇;里证、寒証、虚弱症は陰証の範疇に属して。だから、陰陽八綱に大綱、すべて病証も帰るのを陰証または陽証の大原則の中。

1、陰証:顔色が暗い、精神うつ、身疲れ肢寒くて、息が続かない怠け者の言葉、口は喉が渇いて、尿清軟便、舌が薄く細い脈瀋無力。

二、陽証:顔を赤くする身熱、神いらだって鼻息が荒い、音が言、喉が渇いて飲寒くて、尿赤が干、苔黄、脈の数が力強い。

また、臨床の上でまた貧血状態と阳虚、亡阴と亡阳などの証明。

三、貧血状態:陰液が不足、貧血状態生潜熱による。主証は微熱颧赤、手足の心の熱い、寝汗、口の乾燥しているただ飲み込んで、尿が少なくて、黄、大便秘結、舌の苔紅なし、脈は細く浮き有力、重さは無脈をとる。

四、阳虚、陽の息不足、阳虚は生寒による。主証を肢寒いです、疲れて力がないで、自然発汗、小便の清長、大便は沼は薄く、苔の白、舌の質が薄くて、脈は細くて無力。

五、亡阴:汗が多くて、ベタベタ口喜飲み物、いらいらして、顔色火照り、めげる暑い、舌の赤でやって、脈虚数無力。多くみられる大出血や脱水の病人。

六、亡阳:冷や汗、悪寒、手足厥寒くて、息に弱く、喜温かい飲み物、舌に薄くて、脈マイクロ欲絶。ショックの患者に多くみられる。

そして五行相生相克漢方医学陰陽バランスの手段になる。例えば:肺は金は毛皮もは金に属して、肝臓の木は、肝主筋や肝納得がいくが目的に属する属するも木;腎臓は水二陰に属する属するも水;心の火はもは火に属して、脾臓の土は、も土に属する。漢方に木の火の火未熟土、土生金生水、金、水生木;木克土土グラム、水、水克火、火は金のグラム、金克木の方式で調節人体陰陽バランスを達成するために、人体の全体の健康。

私たち現代人には全く理解できない陰陽五行の本質とが、確かにその陰陽五行調和の理論が人類に与えた健康減の病気。家を捨てて漢方医学を主張し、私たちの前を『易経』と古い中国の文化と同じように。私そんなバカな思想は現実になるので、漢方理論はすべての医学の中で最高の論理の研究内容は人体の本源に浸透し、西洋医学は解剖学の角度だけから、私たちの眼で見たものと現象をまとめた法則と理論。この理論は漢方医のことはできないとの比較。我々の一部の医学専門家が落ち着かない、自分が理解できないこのような高級な知識と理論はごみ、は捨てた。私個人としてもし私たち現代立って行う研究者に真務を学び易く探索(ではなく立って行うの大木で、名を騙る立って行うマスターに占い金をせしめて)、中国医学を含む(鍼灸や筋络学)はきっと世界をリードする医学の流れ。

 

四、陰陽で学び易く数秘術の理解

太極生両儀、すなわち陰陽、陰陽が四象、四象生八卦、八卦生64卦。ここの1歩のバイオは太極生両儀の一層の表現。太極の初めは混沌の時で、陰陽のない分、陰陽両儀の出現は、物事の変化の第一歩として、再びコンビで四象陰陽生は変化の第二歩、そして八卦、64卦ひいては尽きることがない。だから陰陽は学び易く予測の根本は、学習があるなんて。もし私たちを身につけなければならないと本当に学び易く予測まずは陰陽、陰陽の本質を把握して、さもなくば立って行うの真の意味を理解できない。陰陽統一体は矛盾の対立は、一般的には理解陰陽四大要素---陰陽対立、陰陽転化、陰陽消長陰陽互根。

陰陽対立。以上の章の中で、陰陽の対立を検討して統一の性質。陰陽統一は対立太極存在の必要条件であり、太極の発展の必然的な結果。上で学び易く、木火を陽は陽極、金水を陰で陰極。八字の予測では、本命局の成立は、どんなパターンをいつまでも存在している神、忌神。だから良い本命局必然は、干支の陰陽バランスの本命局、故命本言:寒は非常に、暖かい息があっても、暖かいから、寒が根は万物生成。もし寒も暖かい無気に、暖かいからは冷たい無根、必ず無生成の妙をも。はあまり寒者、反で暖を美。あまりにも暖かい者、反は無寒を目安にも。蓋寒極暖の機に、暖かい極寒の兆も、いわゆる陰極は陽生、陽極は陰生、これを自然の不変の法則。

陰陽転化消長。『易経』曰君子が居ても不安者、易の序。ここの易の序が多種の理解は、一64卦卦序;第2は五行の序;第三は四象の序。しかしどちら序、とどのつまりは陰陽の役割と転化の序。ここで私たちがまず四象と五行の角度を述べる。木の火の火未熟土、土生金、金生水は、五行循環永遠のサイクルでしかない。4時から見て、春夏秋冬も人の意誌を移転の自然ルール、春から夏は必ず、木が必ずに方向。土用は陽まで旺極必ずのち曇りは、秋から冬に必ずは、金能必ずに水エネルギー方向。これも明らかにする自然と社会の発展の規則。一人の運命なら、社会の発展に適応することができます自然法則が自然と社会のパワー、吉祥;逆にが不利。八字で予測術で、陰陽の消長と陰陽転化もは、本命局の陰陽二気(エネルギー)得意運の中の変化の状態。陰陽はさと同時に同じ表現を消長の性質。例えば:一日じゅうに時には、昼は昼、を陽の極、この時同時に陰生の時、時間が経つにつれて、陽はどんどん消え、陰はどんどん長くて、陽に変える陰にして、自分で消えて、子を陰の極、この時から陰に陽傾向、消傾向にあるが、長。また、八字元局は静のは、つかの間の作用をユニバーシアードやっと八字-ユニバーシアードの全体的なダイナミックパターン。ユニバーシアードはヒント日主な十年間の運命の、あるユニバーシアードは陰陽陰长阳消消長は、要はこのユニバーシアードを助長した神も忌神で、神と忌神の消長有利八字本命局の陰陽バランスは吉は、逆に兄。

陰陽互根陽は陰に止まらないで、陰に陽離れない;孤独独陽陰を生まない、長くない;無陽は陰で生は、無の陰陽で化ので、天地の陰陽を添えて。だから陰陽互根。は陰陽の調和の万物を生。金、木、水、火の長生時は一五行の起点に、寅、申、巳、亥の4長生の月で、1種の五行の値を示している下令実際五行のエアインテーク。春夏秋冬の四季を往復する、いつでも一人であること、寒極暖の機に、暖かい極寒の兆も、いわゆる陰極は陽生、陽極は陰生で、このは天地自然の理も。いかなる物事に発展変化でも、孤立した、矛盾がないないないない世界、矛盾、矛盾の解決はない発展変化で、この矛盾対立統一の理論は唯物弁証法の基本的な考え方の一つ。

 

五、陰陽の哲学の理解

陰陽は事物の発展過程の中にの対立統一概念。

陰陽まず表現を同じの。だっては曇りも陽は、太極拳から転じ---つまり太極生両儀ので、その同じ、来源于太極が、陰陽違いの性質と特徴は、その異なっているだけで、陰陽の相互依存しなければならない一方で、一方でもありませんが、陰は陽の存在を肯定して、陽は陰の存在を肯定。だから陰陽は同一の。

次に、陰陽双方は互いに闘争の相互に否定的なので、陰は非陽陽は非陰。このコンセプトは生物の分を動物や植物のように、動物はきっと植物もなく動物、植物。

最後に、陰陽の同一性と闘争性は相互連結。同じは陰陽に対する双方の同1、それは対極の差と対立を前提として。闘争は太極統一体の内部の陰陽闘争で陰陽対極の相互闘争の中で存在している双方の相互依存、相互浸透も互いに変換。

陰陽哲学を研究するのは宇宙、宇宙、天地万物の根源と、変化の道、そして自然本源と変化の道まで演繹する生命体や人間の社会の変化の道。

第一に、陰陽の理論を述べ、天地の生成を用いて宇宙と変化。中国の古典哲学や関連の宗教をしっかりと無極:宇宙世界発生後、まず表現を混沌状態にして、そして浮上清陽日、濁陰瀋下をので、清陽日、濁陰に。現代な物理学研究の成果は時空の発生以降、素粒子さらに形成物質粒子原子や分子物質、そして発生、物質の間にどんどん作用や重合形成天体。この研究成果は、中国の古典哲学の延長と継続。も中国の古典哲学理論特に陰陽の理論の肯定。(参照本人拙作『関物質、天体や命』)

第二に、陰陽の理論を述べるため万物の運行の法則。俺は:万物を抱いて負の陰と陽、エアと思い。つまり、陰陽の影響と作用は万物の運行の根本的な法則を推進するものも、変化の力の源。なかった陰陽の作用と影響、あるいは世界完全復帰陰陽中和がゼロの時空の無極世界。人体に利用して、『黄帝内経》の中で:だから清陽に竅、濁陰で竅;清陽発腠理、濁陰歩いて五蔵;清陽実四肢、濁陰帰六府。

第三に用いて、陰陽の理論を述べる生命変化の法則。生命は自然の要素、自然の背が集から、命の変化の法則を必然に自然の変化の法則。古代中国で生、長い、収、チベットを説明して生命の変化の形式と過程を実現し、プロセスの原動力は陰陽。陰陽の間の影響や作用で生四象太陽太陰少陽が曇って、陽を生発、陰を消杀。だかららの四象生、長い、収、チベット

また、もし理解しなければならない四象相談五行のため、生命の過程の中にの生長収蔵は、五行相互間の生克制に実現するための。「五行通論』で説明造化の機を、無生も無制。無生は発育无由、無制は亢を生害。生グラムの循環、運行して止まらない。蓋五行、生が化、制のグラム。(张隐庵:『黄帝内経素问集注』巻八《六マイクロ-大论』)。五行は立って行うための別の1つの重要な構成部分なので、別の文に述べる。

  第四時で、陰陽の理論も用い人類社会の変化の根本的な法則を述べる。もし以上討論の問題も理解して、この話はできない問題になって。人間社会は自然と生命の構成部分で、だからそれの発展と変化に従って必ず同じ自然と生命の法則。だから、有名な学び易くてみんな邵庸を利用して四象述べた中華数千年の社会の変化の法則と過程。

上述したように、陰陽者、天地の道でも、万物の綱紀、変化の両親、生杀の本始に、神の府も。」「『黄帝内経陰陽べき大论』のように

 

六、まとめ

とにかく、陰陽まず自然界に存在の2種類の対立の統一のエネルギー、形成は対立統一の性質の2種類の粒子は、この対立統一の性質の2種類のエネルギーと粒子は、自然界の生万有人間を含め、長い、収、チベット変化の法則の必要十分条件。中華先で観圣们天文、の下で観察地理、自然への陰陽の観測、まとめまとめ、抽出、形成して学び易く、を通して学び易く陰陽の応用を発揮する医学、軍事学、哲学と予測学などの多い領域。私たちのために学生の孫を殘した後1筆の貴重な財産。

  • 陰陽の学説は何ですか?
  • 何は太極
  • 何は陰陽(上)
  • 何は五行(上)
  • 何は五行(下)
  • 何は干支(上)
  • 学び易く手ほどき(上)
  • 学び易く手ほどき(下)
  • 陰陽者、天地の道でも
  • あなたとどんな干支は最優秀結婚?
  • 何は陰陽(下)
  • 何は太極
  • 何は五行(上)
  • 何は陰陽(上)
  • 何は風水(よんしよ---風水の具体的内容
  • 何は風水(いち---風水概論
  • 生命の中の苦しみ
  • 学び易く手ほどき(下)
  • 何は干支(上)