何は陰陽(上)

陰陽

と併せて鬼気の陽に、物事は普遍的な存在の相互対立する二つの属性は、陰陽夜昼あって立つ世の中事の発生、発展、変化の法則と根源。

陰陽陰陽

陰陽の概念は、古代の中国人民の自然観。古人の観察自然界で様々な対立はつながりの自然現象、例えば天地日月、昼夜の寒暖、、、男女、下等で、哲学の思想の方式、帰納する陰陽の概念。早くから春秋時代の易传や老子の道徳経にも言及陰陽。陰陽理論が浸透している中国の伝統文化の面を含む、宗教、哲学、暦法、漢方、書道、建築地相占いなど。陰陽は対立関係や矛盾の統一一種類の区別や細分、両者は種属関係。陰陽五行国学の本、簡単に見えるが、者を守ることができない、知ってその道者は少ない。

 

 

基本概念

古代の哲学。古代の素樸な唯物主義思想家矛盾を運動に万事万物の要約二つの対立の範疇を双方の変化の原理を説明して物質の世界の運動、変化。



……。……。

 

陰陽、代表のすべての事物の最も基本的な対極

陰は寒、暗く、ポリ、実体化

陽を熱、光、化し、気化

陰に陽陽の中には曇り、エアと思い(のような形のガスわかった陰陽させ、各はその位)。

陰陽の位置は絶えず変化、循環の。私たちが見えたことを陰に陽のほか(これは重合生成陽で上の正物質)、逆は反物質(類似ブラックホール)は、すべてのものに合って陰陽の規則と構造のように、人は生まれ、そして死ぬ(重合)(消え)、それは陰陽の法則、人体内陰陽バランスや陰陽の位置が悪い人は病気にかかって。

これらは陰陽の本当の意味であり、この物語に描いた太極図の根本的な意味合い。国学(医、天文、地理、数术、哲学および各経典)全部それを基礎とし、深く影響した中国人の世界観や人生観。(五行と太極参写真は項)

 

陰陽の学説

戦国時代の陰陽学は諸子百家の重要な一本と陰陽は中国古代の哲学の分野。陰陽の最初の意味は素樸なは、日光の向背で、日本は陽を日を陰から派生して気候の寒暖、方位の上下・左右・内外、運動状態のせわしく動くと静かになど。中国古代の哲学者たちはさらに体得自然のすべての現象が存在しているのが対立、相互作用の関係で、陰陽の概念を説明するために自然界の2種類の対立と相互消長の物質の勢力と思い、陰陽の対立や消長物事の本身に固有の、ひいては陰陽の対立や消長宇宙の根本的な法則。

 

陰陽の学説は、自然界の何にも含まれている陰と陽が対立する二つの面で、対立の双方は互いに統一。陰陽の対立は統一の動きは、自然界のすべての物事が、発展、変化や消滅の根本原因。まさに「素问陰陽のように大论」とすべき陰陽者、天地の道でも、万物の綱紀、変化の両親、生杀の本始。だから、陰陽の矛盾の統一は、自然界で対立運動の規則をすべての事物運動変化の固有の法則、世界の自身は陰陽二気対立統一運動の結果。

 

陰陽五行学説は、中国古代の素樸な弁証法思想、世界は陰陽二気作用を繁殖し、発展と変化しと木・火、土、金、水五行はその根本的な変化の関係。五行の相互资生、相互制約は、絶えず変化する中の運動。この説がその後の古代哲学に大きな影響を与え、例えば古代の天文学、気象学、化学、算学、音楽や医学は、陰陽五行学説の協力のもとに発展してきた。

 

我が国の古代の医学の家、長期医療実踐の基礎の上に、陰陽五行学説を広く運に医学分野では説明を、人間の生命の起源、生理現象、病理の変化、指導している臨床診断や治療、漢方理論の重要な構成部分で、漢方医学の理論体係の形成と発展にあって、きわめて深刻な影響を与え。

 

陰と陽は、表示相互対立の物事を分析したり、ものの内部が存在しているのが対立する二つの面。一般的に、すべての激しい運動の外向的な、上昇、温かい、明るいのは陽;相対静止して、内は守って、下がった、寒い、暗いは陰。天気は天地にとって、軽い清は陽地気重浊を陰で水火にとって、水性は冷たくて陰潤部下、かんしゃく熱で炎上属陽。

 

いかなる物事は皆が陰陽の属性に分かれてが、相互に関連しなければならないのは、物事に対して、あるいは一つの物事の二つの面で、この区分こそ意義がある。もし分析の二つのものは互いに関連したり、統一体の二つの対立については、使用できない陰陽区分その相対の属性及び相互関係。

 

物事の陰陽の属性は絶対的なものではなく、相対的な。このような相対的表現で、一方では一定の条件の下に、陰と陽の間に発生することができます相互変換、すなわち陰さは陽陽も陰に転化する。一方、体現の物事の無限の分離可能性。

 

陰陽の学説の基本的な内容は陰陽対立、陰陽互根、陰陽消長と陰陽転化の4つの方面。

 

は中国医学の理論体係の中で、陰陽の学説の思想を表している。陰陽の学説で説明され、人体の組織構造、生理機能や病理変化し、病気の診断と治療に指導。

 

詳細説明

 

陰、古作加えて、または表示仮想本体の;陽、古作加えて、または表示仮想本体のこれから雲字の意回転団欒の霧の中意為発散ガス。古人は物質から見える世界の本質――「ガスと気体の運動この二つの角度の定義陰陽の。古人は呼ばない陽陰として陰陽この世界の起源と、古人の論理関係。その世界創生手順は:無極生太極太極生(両儀すなわち天地)両儀……

 

無極すなわち混沌混沌つまりやる気が漂った水蒸気。太極つまり円心、円心の出現と同時刻の円週運動の発生。円週運動の主体はだらしの水蒸気。散漫水蒸気のゆっくりと回転しながら起きて、次第に一本の雲霧形中空ガス柱、雲霧ガス柱はさらに加速回転、遠心力に上下に生まれ、遠心力で雲霧の中の上昇で軽く浮き上がっ物質形成浊重低下、物質形成組んでした世界。ここから創生過程のことから、世界の前身は混沌世界に生まれた雲霧水蒸気の回転すなわち混沌の秩序ある化運動一方、天地が陰陽の分(ない世界、世界に戻る前に等しいの状態――「混沌)。だから前。

 

陰、『説文解字》曰:暗くても、水の南、山の北も「説文係伝』曰:山北水南、日には及ばない。案:これはこのマクロ角度から天地陰陽論。天地は古人類ご存知の最大の陰陽実体。最大の陰陽サブスタンシャリズムの陰陽の性質、大陰陽オール小陰陽の意味も上手で。しかしはっきり言えないでどうして陰に陽前、固定と陰陽し、非陽陰。まさか先に後の日?この話が通じない。ただ、天地の起源の角度から、才能をはっきり言ってどうして陰に陽の前に。

 

陽、『説文解字》曰:上手にも。「説文解字義証』:上手にも、陰と言ても。案:高者、日も、明者、日も。これはこのマクロ角度天地陰陽論。

 

『道徳経》曰:道を生み、一生二、三世二生三、万物。万物を抱いて負の陰と陽、エアと思い。案:これは宇宙から起源角度と語った陰陽が、ではなく陰陽言葉自体を定義や解説。道とは、導も。導者にも。水蒸気が混沌から転向秩序無秩序運動運動、車両に等しい正道から目的地に向かって進みました。このは正道に運動の秩序を招いた太極の誕生。太極はそれから生まれ、混沌無秩序運動から秩序運動のあの時。太極一に誕生し、その後のは天地の出現。天地は。天気が下がって、地気が立ち上って、二気が合った結果、人間の誕生。人は万物の人民も含め、人は万物生霊の中で最も賢い者は、彼らの総代表。そして世界の万物は陰陽交互作用で世代交代を群と数量のバランス。負の陰と陽を抱いて示した基礎や前提の意味。

 

文献の中の陰陽、次の具体的な指示:

 

  いち丘北と南のこと。

『詩大雅公刘』:その陰陽観に、その流れを通す。叶适「酔って楽亭記』:多くの山、州西者独細くショー、十数歩内辄自をアーチ�、高聳孤独じゃない、でも固まるまで、同封の向背から陰陽、情で。

 

  .特に北川星北と南南河星。

『史記天官書』:行南北川で、陰陽の言葉に、日照り水兵喪。張玉正義:南河サムスンサムスン、北川、もし月行北川は陰には、水、兵を;南河陽は、干ばつ、喪にも。

 

  さん.古代、宇宙間の貫通物質と人事の二大反対。指天地間化生万物の二気。

「易系辞に:陰陽不測の謂神。「新唐書官吏者伝に魚の朝です:陰陽不和、五穀踊が高い。「紅楼夢」第3回:天地間も賦陰陽二気が生。

 

  よんしよ.天地。

『礼記町はずれッター犠牲:楽は陽を張り、礼は陰の作者、陰陽として万物。孔颖达疎:と、まだ合、謂丁斑魚は石菖鉢を廻り鯨は大海を泳ぐも、もし礼楽天地、天地万物と合はその所も。孙希旦集注:楽は日ので、所属な陽;礼にから制、だから属や陰、陰陽と、万物は、音楽とは万事顺。玄宗「春の晩餐会二相学士を探る風字:陰陽調暦象、礼楽報玄穹。范成大『民病春疫哀れむの詩』:陰陽のどちらが強い相手じゃ、天地がその本当に?李渔「蜃中二階献寿:黒長い云起陰陽に歩いて、魃魍魎遁むしゃくしゃしている。

 

  .日月。

杜甫の詩「阁夜』:お歳暮陰陽開催短い景、天涯の霜晴れる寒宵。宋苏辙「冬至の日』の詩:陰陽昇降自と敦、歯の発誰教え老帰らない?

 

  ろく.昼夜。

『礼記祭義:日の出の東京、月生まれの西、陰陽の長さ、終始相を巡る。孔颖达疎:陰と陽謂昼も夜も。長くて短い夏则阳陰陽、冬は短い陰長は、陰陽の長さ。「国語周语に:陰陽分布を震鹿雷出。韋昭注:陰陽分布、日夜も同じく。鹿も、蛰虫。脱穀場「月令》曰:日夜分、雷乃発声。扬雄「太玄攡』:一日一夜で、陰陽の分索。夜道極陰と陽、昼極。

 

  ななしち.寒暑。

「そじ九辩』:四時差し出して卒岁兮、陰陽と夫婦一緒できない。王逸注:寒へ暑、追いかけても難しい。柳宗元「日:寒暑者で、世のものの陰陽。

 

  はち春と夏と秋冬。

『文選古詩<車で東門で>』:碌陰陽を移して、年命朝露のごとし。李善注:「神農本草》曰:春夏秋冬は陽を陰。

 

  きゅう、く雷と雨雪。

「谷梁伝隠公九年』:三月、癸酉、大雨で電気。地震、雷も、電気、霆も。庚辰、雨雪、誌疎し数も。8日の間に、また大が、陰陽を間違って行から、日のも。范宁注:刘向雲:雷未を出すことができて、電気未に会うことができて、雷もそうで、雪は不当複降。皆も節操を売る。雷、陽も;雪、曇っても。雷出非其時者は目を閉じて、陽は曇って、曇る息を縦逸をも。

 

  じゅう.君臣。

「そじ9章涉江』:陰陽移行時、不当だ。王逸注:陰、臣も。陽、君も。洪兴祖補注:陰陽移行、言くんも弱い臣が強い。

 

  じゅういち.夫婦。

『礼記町はずれッター犠牲:玄クラウン斉戒、鬼神も陰陽。孔颖达疎:「『鬼神も陰陽者で、陰陽の謂夫婦も。ている僧服で斉戒親を迎え、敬この夫婦の道こと鬼神よう、故云鬼神も陰陽

 

  じゅうに.男女。

高承「物事紀原天地生植陰陽』:「春秋内》曰:伏羲氏定天地陰陽、分。帰有光『貞女論』:陰陽配偶者、天地の大義も。明程羽文『鴛鴦牒:世間を知らない陰陽の機には、バインド司大統領、その長官号が立ちこめる大使、冥数が合者なら、鴛鴦文書では割。

 

  じゅうさん男女の生殖器。

『明律殴り合い:もし人が舌や毁败切れ人陰陽者を杖の百流三千裏は、犯人を半分払い財産切れ傷つけられる篤疾の人を養う。

 

  じゅうよん.音階。

「周礼春官マスター』:掌六六同律、合陰陽の声、陽の声:黄钟、大蔟、姑洗濯、蕤賓、夷は、無射。曇り声:大呂、は鍾、南呂、函鐘、呂さん、挟み鐘。押し陽を律、陰を呂。漢贾谊「新書六術』:声の道は6をはじめ、陰陽の節を度……は、声の器十二時計、鐘が一月、その6鐘陰音、六钟阳声。

 

  じゅうご.パリティ。

班固『白虎通嫁娶』:七歳の陽も、八歳の陰でも、七八十五で、陰陽の数用意。

 

  じゅうろく.話題。

『大戴礼記文王官人』:試験がその陰陽、その誠。盧弁注:陰と陽主静、自発的、試験がその陰陽者も、その話題を観察。

 

  じゅうななじゅうしち.開閉。

『後漢書班固伝』:张千門而立万戸、顺陰陽を閉ざす。李贤注:『前本》曰、建章宮度を千门万户。合謂の陰、ものの陽。「易》曰:戸を閉ざすものの坤、魔よけとしての戸。

 

  じゅうはち.依违向背。

『東週のものを含んで列国誌』第72回:陰陽晋楚の間は、心は定まらないで、非一日なり。『明史忠義伝五鲁世仁』:洛陽はめぐり合わせ、汝宁は万登瀋んで、南陽は刘洪起兄弟は、各抱きしめ並数万で、諸小寨すべて帰ってた。や付属賊を受けたり、命に向かって、陰陽の買い控え。

 

  じゅうく。人間と冥土。

唐晅妻張氏の『答夫の詩』の一つ:陰陽徒は隔てて離合心のジレンマ。题解:晋昌唐晅張氏と結婚な女よく令徳。開元十八年、晅入洛、妻になくなる衛南庄。後数歳、帰、追感跡、諷詠悲吟、突然会い張氏……張氏は詩を贈る氏も、帯題詩は答え裂。

 

  にじゅう.死生、生杀。

「そじ的女神大司命』:清の息に乗るのに御陰陽。王逸注:陰と陽主杀、主な生。言葉に司命常日清明の気、御持万民死生の命も。

 

  21.古代、日、月などの天体の運行に関する規則の学問。

『後漢書張衡伝』:善機巧、尤緻思于天文、陰陽、暦筭。韓愈『襄陽盧丞墓碑銘』:陰陽星历、近世儒莫学。

 

  22.という研究日、月などの天体運転法則学問の人。

韓愈『顺宗実録》:景午、だろう翰林、陰陽、星卜、医相、覆碁諸待詔32人。

 

23.、占星術、占い、相オタク、相は墓のもっぱら医学。

赵树理『結婚』小二黑:二諸葛もとは刘修德当時、商売し、抬脚动手もたいして一論陰陽八卦、見黄道マフィア。

 

24.得意占星術と、占い、相オタク、相はもっぱら医学の墓。

『西遊記』第23回:ただ慌ただしく間だった、どうぞて陰陽、教会の散布帳。「木外史』の第四回:翌日、陰陽徐さんに入れてください七書を書く。康濯『春种出来秋三面宝镜』:「王老殿早く年間になった」と見地相風水の陰陽さん、人々も彼と管陰陽

 

25男女が交わり合う。

「太平台覧』巻犬南朝を引く宋刘义庆『幽明録』:やぐら郡胡馥之結婚婦李氏は、十数年に子なしで、婦卒。泣いて恸、雲:意外にも無遺体とを、このクール何深!婦突然から座って曰:君痛悼感、すなわち朽ちる、君も閉じるはずの後に会えば、平生に陰陽、ときに、君のために生男。语毕まだ臥。

  • 何は陰陽五行原理ですか?
  • 陰陽
  • 陰陽の学説は何ですか?
  • 何は太極
  • 何は五行(上)
  • 何は五行(下)
  • 何は陰陽(下)
  • 何は干支(上)
  • 陰陽者、天地の道でも
  • あなたとどんな干支は最優秀結婚?
  • 何は陰陽(下)
  • 何は太極
  • 何は五行(上)
  • 何は陰陽(上)
  • 何は風水(よんしよ---風水の具体的内容
  • 何は風水(いち---風水概論
  • 生命の中の苦しみ
  • 学び易く手ほどき(下)
  • 何は干支(上)