音響システム工事の施工手順

音響工事取引関係国の基準

音響工事に関連技術が多く、しかも工事の品質を必要な測定手段を考えて、だから国家関係部門は相前後して制定された多くの国家級や閣僚級の標準は、これらの標準は広範な科学研究の作者、我が国に専門の音響技術及び建築施工技術の発展状況を参照し、海外の関係規定を制定しの、それらの制定と実施は実踐の中で絶えず発展し、完全に反映することができる我が国の専門の音響の業界の技術レベルとして、専門の音響の業界の工事の技術の店員はこれらの標準を深く理解し、いくつかの電子ボーカルの品質要求の高いプロジェクトは厳格に標準の実行中に工事施工高い価値のある参照:

GB3947――音響名詞用語、

GB4959――ホール扩声特性測定方法、

GYJ25――ホール音響特性の指標扩声システム、

SJ2112-82――ホール扩声システム機器連携の好適な電気配次の値、

GB / T14218-93——電子機器の性能と調光パラメータ試験方法、

GB / T15485―言語明瞭度指数の計算方法など。

字数の原因は、標準の具体的な内容をここでもう抜粋が、工事技術販売員をまじめにこれらの資料を集めて、供え設計、テストの際に参考に。

音響工事施工手順

<b>まず(1)をパイプラインとマウント件を埋め込む。</b>

管线和挂接件的预埋一般需要在工程项目确定后就应该马上开始,因为通常来讲,预埋的管线主要都在没有搭建的舞台里、或没有装饰的地面豚墙面里,如果不及时进行预埋,就很容易影响装饰工程的进度,同时必须引起重视的是预埋管线的出口一定要协同装饰部门处理,否则有可能由于处理不当而影响装饰的美观;挂接件的预埋位置和吊装强度一定要得到建筑技术人员确认,否则安全性无法得到保证,通常,需要埋设在水泥结构里的管线要选择质量好些的钢管,口径按照所穿的线缆多少来决定;穿过顶棚、装饰墙体的管线,一般选用铁制或防火PVC线槽,主要是穿线施工方便,容纳的线缆量较大,又能防火;对于埋设距离较长的管线,一定要在一定的距离开设检修口,最后必须注意的是,预埋管线的工作几乎是无法更改的,一旦决定了在什么地方,埋多少,怎么埋で、しかも埋め込む完成後、変更はありませんが、だから埋め込むの前には必ず真面目に分析デザイン、明確な設備の数、位置、供給状況及び制御方式を提案し、この基礎の上で正確なパイプラインの数量、口径とへ。注:このプロジェクト起動時には大切!真剣に標準によって実行しなければならない!工事の品質保証できる。というプロジェクト起動時に必要と甲及び内装施工者が協議して調停。

<b>その次に(2)いろいろなスタジオでは、機の溶接やインストール。</b>

この仕事はできるだけと装飾工程クロスを開くので、工事中どうしてもいくつか穴や既存の飾り物を破壊する、これらの飾る施工者と協力して、理論上は、溶接の過程の中、溶接資格を持つ労働者の操作としては安全の方のためには、主に溶接品質に直接関係の棚をつくれる架設強度、油断できないので、また、溶接施工は通常と装飾工程を同時に行う、現場は可燃物ですから、工事中で必ず防火に注意して、じっとしていて溶接にしっかり塗装完瞭後、始めなければこれらのスタジオを取り付けた、インストールする安全性と同じ重要なら、建築技術者が十分ないつから弔り上げ、最後には、すべてのインストールの件も信頼性の保護措置の実施を増設しなければならない、このようなインストールが安全の保証。

<b>(3)の下にはいろいろなケーブルの敷設。</b>

この仕事は比較的簡単ですが、まじめにしても、特に着管の項を許せないで、少しいい加減敷設ケーブルを掌握して、合理的な方法、たとえば着管にワイヤーと着るケーブルはしっかりくくら、突き頭は小さくて、抵抗を必要な時に少量の潤滑油を塗ります;次にケーブル破損または錯乱の面倒、なおはオンライン纜を真剣にはケーブル敷設に検査を行って、外皮破裂ようかどうか、しゃへい層破損や芯糸切れかどうかかどうかなど;最後に、必ず敷設のケーブルで作って明らかなマークに備えてインストール設備と後日点検時に使う。

注:この件は工事の過程の中では一番、この関係工事終瞭後の設備の運行や音響サウンド!

<b>(4)後ろ各種設備のインストールを行うべきだ</b>

設備の取り付け、ケーブル敷設工事を完成しなければならない装飾正しいし、音響設備から照明の値段が高い、それに多くの設備を避け埃の染まり、装飾の工事の乱れている現場は似合わない組立設備の設備のインストール、まず注意開梱時よく検査して、多くの外国の設備の包装も大変規範は、いくつかの重要なパーツや説明書が単独隔離包装箱の底に、やすい開梱時に箱を包装して捨てて、次に設備をインストールする前には製品説明書を読み、正しいインストール方法、ステップ。例えば、たくさんのコンピュータの燈の電球やコーティングガラス要求佩用綿手袋のインストール、許さない手で直接接触し、最後は設備の取り付けしっかり保護措置に、環境を整備する、特に照明設備、位置が高く、重量が大きい上にはよく運動は舞台あるいは踊り場の上に、しなければならない絶対安全を確保する。

<b>(5)最後は電力線、制御回路と信号線の接続。</b>

这是一项需要细致认真和技术性的工作,所以应该由技术过硬责任心强的人员进行,在线路的连接时,首先要求方式必须确保在无电状态下进行,因为音响灯光设备的电源供应要求不尽相同,如果在安装时就提供电源,不仅安全性差,而且很容易损坏设备;其次,要求施工符合电器安装规范,因为电器安装规范是检验方式是否合理的标准,所以按照规范施工与否,达到期的工程质量是完全不同的,许多按照规范施工的正规的工程内行一看就知道活儿干得“漂亮”;再者,要求各种插接件,大型工程中需用要的各种二芯、三芯、莲花接头、卡侬插头、多芯插头的数量非党大,经常需要几个人同时制作很长时间才能完成,如果在焊接前不了解正确的连接方法和焊接方法,可想而知返起工来会有多么麻烦,所以一定要弄清楚,例如:欧洲的一些音响产品的卡侬脚和一般通用的编号不一样,千万不能焊错;一些灯光的控制线要求屏蔽较高,如果焊接不合理,就有可能使灯光产生误动作;最后要求线路中所有的火线,零线,地线及屏蔽线的连接必须准确无误,在电源供应方面,要注意的是:音响和灯光的某些设备使用的电源以常会引起误会,例如:有些设备使用110V的交流电,而随机的变压器是单独插接的,如果连接线路时将它遗忘,而直接将设备的电源插头插在于220V的电源上,后果就可想而知了;又比如:一些同边设备使用的是低压交流电,有的又使用低压直流电,它们的插头外形很相似,如果不注意的话,供上电后轻者导致声音反相低消,声压降低,音质变差的后果,同时也容易导致设备外壳带电,留下安全的隐患;从屏蔽来讲,系统网络抗干扰的能力,主要决定于系统屏蔽是否正确及屏蔽是否不工作,重者就会损坏设备,而供電気配線位相のミスは影響を及ぼすのスピーカーの位相のて、それによって正しいかどうかや屏蔽品質の高低、常にいくつかの工事中に発見されていない、あるいはシールド、あるいはしゃへい層形成閉ループ回路;あるいははシールド線接続エラーを形成していないように抵抗できない屏蔽網妨害、さらにいくつかの工事の施工者は信号にと電源のゼロ、地、シールド線と信号線のこのいくつの要領の混乱、むやみに接続できないばかりでなく、抗妨害、大量の妨害になるので、必ず先に地道にこれらの概念を理解。

(ろく)またはインストール、電力線、接続状況の検査。

音響システム全体から工事に接続点と配線盤点が多く、装着時の可能性もあるので個別の原因にエラーが発生し、だから、入念なチェックする必要がある、一般の検査で、設備の取り付け安全性、電力線が合理的かどうか、各を次の件の接続が正しいかどうかなど、またもうひとつの重要な検査項目は:よくチェックして、一つ一つの設備の設置設計要求を満たしているか状態、これは絶対に忘れないかぎり、きわめて容易に設備破損し、これらの状態を含む;功はブリッジの要請にブリッジスイッチは置位、各機器の電源スイッチが適当かどうか選択;照明設備は声控やはり制御;コンピュータの明かりのアドレスコードを設置正しいかどうか;映写機の設置などの入力方式。

<b>(7)待以上施工手順も確信を完成した後は、設備のデバッグ準備をした。</b>

設備のデバッグにため、各工程のと違って、難しい統一する方法が単独の分類を議論する。

専門の音響の工事会社紹介

北京卓邦電子技術有限会社は専門の音響、照明、ビデオ製品の生産、販売、提供して専門のAVソリューションシステム統合エンジニアリング会社。同時に提供する専門工事コンサルティング、システム統合設計、技術サポートと製品のアフターサービス。

主にスポーツ施設を受け、劇場劇場、多機能ホール、会議室、報告庁、ホテル、ナイトクラブ、個室KTV、映画館、背景音楽、テレビ、ビデオ出演芸能など音響照明システム工学。

音響設備:専門のスピーカーアンプ、スピーカー、専門・大線陣行列スピーカー、専門KTVスピーカー、専門マイク/ BBS会議室専用マイク、効果器、シグナルプロセッサなどさまざまな音ビデオシステム工程に必要なすべての付属設備(音響工学ケース)。専門の音響のブランドを含め貝タス瑞の音響システム、3 G Audioオーディオシステム、Vocalキング高級KTVの音響システム、BBS専門マイク、日本PRS専門の音響、2011年を代理したイタリア音響ブランド—蒙特宝。

  • 専門の音響設備のろく必ず部品
  • 音響電流がどうする?
  • どのように選択するKTVアンプ、スピーカー
  • 音響の侠客の心得の音響システムのデバッグステップ解読
  • どのようにオーディオ品質向上
  • どのように選んでスピーカー編集先生に三問題専門家の殺人
  • イコライザ種別及びその発展趨勢解析
  • 専門の音響の工事にありふれた8種類の難しい問題分析
  • 解析アンプとスピーカー配次の4つの要素
  • パワーアンプ回路について専門の部分とそのパラメータ