どのように選択するKTVアンプ、スピーカー

KTVアンプ分を合併式カラオケアンプや前後のクラス分けの組み合わせによって、マイク効果タイプ分け伝統エコーとDSP。実は伝統のエコーも早期のDSPプロセッサ限り、当時の技術の需要及びコストダウン、性能が高くないが、応用範囲大きかっ局限。初期設計の連結式カラオケアンプ電源は普通はすべて比較的に小さくて、セットのスピーカーは感度の高い小電力スピーカー、最も容易な出現の問題は帰還唸ると(飛商標)、原因は大音量時出力仕事準備不足で、深刻な信号ひずみに加え、高感度のスピーカーひずみフィードバック循環増幅され、歪みにつながるという、帰還のうなり(飛商標)。原則として、帰還唸ると(飛商標)の主な原因は歪歪を減らすことができ、減少と帰還唸る(飛んで商標)の確率、というわけで絶対に帰還唸ると(飛んで商標)としか利用でき、利得の範囲内で、十分に利得の時にもつながる回授賞がほえる(飛商標)という。つまり、KTVのカラオケアンプ、なるべく大きなパワー。しかし、アンプの電力が大きいほど、音色ほど硬い感じを通じて、実際の経験1チャネルはちΩ300 W以内のすべてを選択することができます。選択アンプとスピーカーの組み合わせがとても重要で、スピーカーのインピーダンス、感度とパワーアンプの選択に影響を与える、一般原則は感度の高いスピーカー出力に対応する配小さめで、アンプ出力に倍のスピーカー出力でき、感度低のスピーカー出力に対応する配大きい、アンプ出力2 . 5倍~さんスピーカー出力で、比較的安定配置。アンプの音色が一番難しい鑑定は、文字を表現することができ、これも一番難しい部分も多くのメーカーが生存の道理、音響世界は絶対王者、全は個人的な理解と選択。以下じゅうはち平方メートルの部屋は基本的に1台のデザインに優れた伝統エコー効果カラオケアンプほど適。しかし、その経営管理需要、あなたの音響効果と一つの製品として扱って、伝統的なエコーに音響効果の不確実性は、すべてのお客様の効果を調整可能性を求めに管理者を確定できない効果で統一の位置の上で、同じくDJ奔命に疲れて。

使用についてDSPプロセッサアンプの2つ目の理由は、伝統的なエコー効果処理チップ频响範囲は狭い(以下8KHz)、サンプリング週波数に低くて、要求の大出力の環境下に濁って無力、打てない遠くて、浸透力が足りない。そしてDSPガンダム48Kのサンプリング週波数と20Hz~23KHzの広帯域響範囲によりクリアな音質やもっといいで高週波透過力。使用についてDSPプロセッサアンプの三番目の理由は、複数のプロセサDSP効果を保存できデータより効果、本当のご利用にReverb-「リバーブ」の効果により、消費者Kを歌う体験、真の消費者のセルフ式のK歌、も大幅に減ったDJの服務需要に加え、VOD自動システムの効果初期化機能、個室の音響効果を達成することができるのレベルに終始しても。

公正な話、じゅうはち平方メートル以下の個室で単純な評価音色、1台のデザインの良い伝統エコー効果に負けないDSP効果と、かえって雄渾柔順DSPはちょっと数字味が濃く足りない柔ば、LPF DSPに転勤8Khzところ両者対比よりプラス明らかで、主に区別低週波の厚さで部分。連結式カラオケアンプと前後級分体の組み合わせを主に応用間取りの実際的な需要、じゅうはち平方メートル以内の間取り提案を200WぐらいのDSP合併式カラオケアンプ;じゅうはち平米以上25平方メートルぐらいの間取りを選択することができ200W通路のDSPカラオケ功放増加ミッドシップスピーカー作の中高音が音を補って、25平方メートル以上の個室を考えて使用前後級分体に合わせて、間取りの実際によって寸法を具体的に分析し、考慮音圧レベル、音場均一度、リバーブ音場設立などの要素によって、主にスピーカーの後級アンプ配合のスピーカーの特性を選ぶの出力、補助小電力スピーカー使用できるマルチチャネル小出力後級アンプコストを下げることが。

個室KTVスピーカーの选択分を主なスピーカーや補助スピーカー、個室のスピーカーの主な評価は声の表現力を強調するか、声位相は(聴いてみて声を送っていただけませんか、スピーカーがある感じはコンテナの後ろ)、音楽频响幅は、動く状態を十分に来たら、BMB450対照を选択して、一番近い入選から間違いはない。個室のスピーカーの選択により消費顧客層の消費方式に目標を決め、大都市のカラオケに消費者の理念が成熟して、しかも娯楽場所の分類が細かく、基本的に考えないか少ないと考えKひーの互換を投資家の市場ポジショニング、純Kの主な考え声の表現力はち」、ウーファースピーカーの声の表現力のベスト、じゅう」ウーファースピーカー音楽性がよく、声は少し悪い。

三級都市の大衆娯楽市場起動が遅れて、消費者のカラオケ消費概念はあいまいで、基本はKTVはリラックスする地方で、歌を歌わDISCOも必要がまだはい、各地の事情が違う。この互換式の需要は、じゅう」ウーファースピーカーを主として、最高使用低感度の、このデザインの方が試される。45平方メートル以上のあなたも大房、一般的に使用する必要がじゅうに」以上ウーファースピーカー、この価格性能が高く、もちろんインストールにはち」やじゅう」のスピーカーに加えて、補助低週波のスピーカーでも、それぞれ特徴があって、主に投資と目標の需要。多くははち」やじゅう」のスピーカーに表現する効果、声が柔らかく、音楽に囲まれて、感はわりに良くて、しかし音圧レベルが足りなくて、動きも足りない、純Kデザインが受け入れ可能な。じゅうに」やじゅうご」のスピーカーは普通はすべてラッパ高音、音圧レベル、距離、ダイナミックも大きく、欠点は騒ぎが丈夫で、もちろんもっぱらKTVデザインのじゅうに」やじゅうご」のスピーカーもかなりの表現。使用じゅうに」やじゅうご」のスピーカー作主がスピーカー一般配置補助スピーカー、補助のスピーカーを超えないはち」のほうがよくて、増加して最高週波数分割回線主スピーカーの音色。

個室KTVのマイクをする方法は衆に独り、可能であれば、マイクの候補によって多めに用意し、面積と装飾風格の個室を使って違うタイプのマイク、上記の最高使用KTV専門設計のマイク。オーディションを各年齢層の男女歌手テストの評価。異なるスピーカーアンプコーディネートも異なっているマイクに合わせて、主に現場テストを中心に。

  • どのようにオーディオ品質向上
  • 音響の侠客の心得の音響システムのデバッグステップ解読
  • パワーアンプ回路について専門の部分とそのパラメータ
  • お手入れ方法ギター?
  • 解析アンプとスピーカー配次の4つの要素
  • シアターでのアンプにどれらの接続方式ですか?
  • カラオケあなたが知っている防音吸音ですか?
  • カラオケの設計の注意は何ですか?
  • 専門の音響設備のろく必ず部品
  • 専門の音響設備のろく必ず部品
  • 音響電流がどうする?
  • どのように選択するKTVアンプ、スピーカー
  • 音響の侠客の心得の音響システムのデバッグステップ解読
  • どのようにオーディオ品質向上
  • どのように選んでスピーカー編集先生に三問題専門家の殺人
  • イコライザ種別及びその発展趨勢解析
  • 専門の音響の工事にありふれた8種類の難しい問題分析
  • パワーアンプ回路について専門の部分とそのパラメータ
  • 解析アンプとスピーカー配次の4つの要素