解析アンプとスピーカー配次の4つの要素

 

出力マッチング
Hi - Fiの要求を達成するために、定格出力に応じ聞いて確定する最高音圧。私達はすべてこのような感じがあります:ボリューム時間、声無力、薄い、動態が出ず、無光沢、低週波が著しく欠け、豊満度悪くて、声が出ないように隠れ。音量は適当な時、声に自然に、明確、滑らかな、柔らか豊満、力強く、動態の出て。ボリュームが大きい場合には、声が柔らかく、硬いない、扎耳の感覚に傷害。それで重く压级声と声が大きく関係規定の品質、聞い音区の音圧レベル最高をはちじゅう~85dB(A計権)から聞い音区からスピーカーの距離とスピーカーの特性感度計算のスピーカーの定格電力とアンプの定格出力。

出力備蓄量はマッチング
スピーカーさせる為にその耐えられる番組中のバースト信号を出して強いパルスの衝撃でない程度に破損またはひずみ。ここに一つの経験値を参考にできる:が選んスピーカー公称定格出力べき経理論所得を計算し電力の三倍。

アンプ:電子管アンプやトランジスタアンプに比べて、必要なパワーマージンとは違う。それは:電子管アンプの荷より緩やかな曲線。出荷のピークにした音楽信号、電子管アンプは明らかではないと発生クランプ現象をピークに、ただの先端が丸くなって。このいわゆるのフレキシブル峰を切って。そしてトランジスタアンプは荷時後、ノンリニヤリティひずみが急速に増え、信号発生深刻クランプであり、これはピークを丸くしなくそれをを切り崩す。ある人は抵抗、コンデンサ、インダクタでからなる複合性インピーダンスアナログスピーカー、何種類の高品質のトランジスタアンプなどを実際に出力能力のテスト。結果、負荷が移相の情況の下で、その中に1台公称100 Wのアンプ、ひずみ1%時に実際に出力はわずか5 W!これに対してトランジスタアンプの備蓄量を選択:

Hiアンプ:じゅう倍

民間の高級アンプ:6 - 7倍

民間の中級のアンプ:3~4倍

電子管アンプは大いに小さく上記比。

は、システムの平均音圧レベルと最大音圧レベルを殘すべき何殘量。応視放送番組の内容、仕事の環境によっては。この冗長量の最低10 dB、現代の流行音楽、蹦迪などの音楽は、必要に殘っにじゅう~25dB冗長量で、このようにすると音響システムの安全、安定の仕事。

インピーダンス整合
それは、アンプの定格出力インピーダンスは、スピーカーの定格インピーダンスと一緻している。この時、アンプは最優秀デザイン負荷線状態を与えることができるので、無ひずみ最大出力、もしスピーカーの定格インピーダンスよりアンプの定格出力インピーダンス、アンプの実際の出力は小さく定格出力。もしスピーカーの定格インピーダンスがアンプの定格出力インピーダンス、音響システムの仕事だが、アンプが過負荷の危険を求め、アンプ整った過電流保護措置に解決する電子管アンプにとってインピーダンス整合要求はさらに厳しい。

減衰係数のマッチング
減衰係数kd為:kd=アンプ定格出力インピーダンス(=スピーカー定格抵抗)/アンプ出力抵抗。

アンプ出力抵抗になってから実際のスピーカーの電気減衰デバイス、kd値が決定したスピーカーが受けた抵抗ブリタニア量。kdの値が大きいほど、電気減衰が重いほど、もちろんアンプのkd値が大きいほうがいいのではなく、kd値したスピーカー電気減衰過度の大会を確立させて、甚だしきに至ってはパルス最先端時間成長指標を過渡応答。だから选アンプに一方的に追求するべきでない大きなkd値。家庭用としてHiアンプ減衰係数の経験値を参考にするため、最低の要求:トランジスタアンプkd値より大きいなりイコールよんじゅう、電子管アンプkd値より大きいろくなりイコール。

保証再生の定常特性と過渡性が良好の基本条件、注意すべきことは、スピーカーの等価力学品質要素(Qm)とアンプ減衰係数(kd)を配合し、この協力は必要のスピーカーの給電線作の音響システム全体の一部を考える。応を十分に小さいスピーカーの給電線等価抵抗、小さなスピーカーの定格インピーダンスと比べると無視する。実はスピーカー係の電力損失は小さく0.5dB(約12%)で到着この配合。

 

  • どのようにオーディオ品質向上
  • 音響の侠客の心得の音響システムのデバッグステップ解読
  • パワーアンプ回路について専門の部分とそのパラメータ
  • お手入れ方法ギター?
  • シアターでのアンプにどれらの接続方式ですか?
  • どのように選択するKTVアンプ、スピーカー
  • 専門の音響設備のろく必ず部品
  • 専門の音響設備のろく必ず部品
  • 音響電流がどうする?
  • どのように選択するKTVアンプ、スピーカー
  • 音響の侠客の心得の音響システムのデバッグステップ解読
  • どのようにオーディオ品質向上
  • どのように選んでスピーカー編集先生に三問題専門家の殺人
  • イコライザ種別及びその発展趨勢解析
  • 専門の音響の工事にありふれた8種類の難しい問題分析
  • パワーアンプ回路について専門の部分とそのパラメータ
  • 解析アンプとスピーカー配次の4つの要素