音響電流がどうする?

オーディオアンプひずみの4大ポイント

歪は信号の入力と出力信号は幅比例関係、位相関係及び波形形状変化現象。オーディオアンプの歪歪歪を分けて2種類電気ハーモニー。電気の歪みは、回路によって、音はまだ音デバイスひずみスピーカー引き起こす。電気ひずみのタイプ:高調波歪み、相互変調歪、過渡ひずみ。声は主に交流インタフェース歪歪。押し性質分、非直線歪と直線ひずみ。

直線歪みは、信号週波数成分間の幅と位相の関係の変化が現れ、波形の幅だけや位相歪歪の特徴は、この新たな週波数成分。

非直線歪とは、信号波形ひずみがあったし、新たな週波数成分のひずみ。オーディオアンプによるひずみポイントは次の通り:

一、高調波歪み
その歪みは、回路の中の非線形要素によって、信号これらの部品の後、新たな週波数成分(高調波)、これらの新しい週波数成分は元の信号形成妨害、このひずみの特徴は、入力信号波形と出力信号波形形が一緻しない、すなわち波形が発生したひずみ。高調波歪みの仕方を主に:
いち、に適量の負帰還。
に、使用頻度の高い、雑音係数特徴とリニアリティの増幅デバイス小。
さん、電源の出力を高める準備、電源のフィルタリング性能改善。

二、相互変調歪
二つあるいは多種の異なる週波数の信号増幅器通してあるいはスピーカー後に発生する唸り構成新しい週波数成分、その歪みは通常、回路の能動部品(例えばトランジスタ、電子管)の発生の。ひずみの大きさと出力関係、新たなこれらの週波数成分と元の信号は相似性ので、少ない相互変調歪もされやすい人の耳に気付いて。

相互変調歪を減らす方法:
いち、電子週波数分割方式を採用して、制限の増幅回路やスピーカーの仕事の帯域幅が減って唸りの発生。
選択に、良いパイプや線形回路構成。

三、過渡ひずみ
過渡ひずみは現代の音響学の重要な指標に映るアンプ回路に過渡跳躍信号の能力を追跡すること、だからまたと過渡反応。そのひずみを音楽がレベルや透明度、2種類の表現形式:

オーディオアンプひずみの4大ポイント
歪は信号の入力と出力信号は幅比例関係、位相関係及び波形形状変化現象。オーディオアンプの歪歪歪を分けて2種類電気ハーモニー。電気の歪みは、回路によって、音はまだ音デバイス歪スピーカーによる。電気ひずみのタイプ:高調波歪み、相互変調歪、過渡ひずみ。声は主に交流インタフェース歪歪。押し性質分、非直線歪と直線ひずみ。

直線歪みは、信号週波数成分間の幅と位相の関係の変化が現れ、波形の幅だけや位相歪歪の特徴は、この新たな週波数成分。

非直線歪とは、信号波形ひずみがあったし、新たな週波数成分のひずみ。オーディオアンプによるひずみポイントは次の通り:

一、高調波歪み 
その歪みは、回路の中の非線形要素によって、信号これらの部品の後、新たな週波数成分(高調波)、これらの新しい週波数成分は元の信号形成妨害、このひずみの特徴は、入力信号波形と出力信号波形形が一緻しない、すなわち波形が発生したひずみ。高調波歪みの仕方を主に:
いち、に適量の負帰還。
に、使用頻度の高い、雑音係数特徴とリニアリティの増幅デバイス小。
さん、電源の出力を高める準備、電源のフィルタリング性能改善。

二、相互変調歪
二つあるいは多種の異なる週波数の信号増幅器通してあるいはスピーカー後に発生する唸り構成新しい週波数成分、その歪みは通常、回路の能動部品(例えばトランジスタ、電子管)の発生の。ひずみの大きさと出力関係、新たなこれらの週波数成分と元の信号は相似性ので、少ない相互変調歪もされやすい人の耳に気付いて。

相互変調歪を減らす方法:
いち、電子週波数分割方式を採用して、制限の増幅回路やスピーカーの仕事の帯域幅が減って唸りの発生。
選択に、良いパイプや線形回路構成。

三、過渡ひずみ 
過渡ひずみは現代の音響学の重要な指標に映るアンプ回路に過渡跳躍信号の能力を追跡すること、だからまたと過渡反応。そのひずみを音楽がレベルや透明度、2種類の表現形式:

A、過渡相互変調歪。 
入力パルス性過渡信号のために、電気回路の中での容量を得ないはずの出力端子に出力電圧を負帰還回路を得ることができないタイムリーな応答、アンプはこの瞬間が開環状態を出力瞬間過負荷によってクランプ、この剪断ひずみと呼ばれる過渡相互変調歪この歪石机表現で、比較的に厳しい。

過渡相互変調歪はアンプの動態の指標で、主にアンプ内部の深さに負帰還による。は、影響石机音質によって「トランジスタの音」や「金属音」の張本人。この歪な方法を主に:
いち、选択の機器や調整作業時、できるだけをアンプのオープンループ利得と開環频响。
に、強化する各増幅段自身の負帰還、取消大ループ負帰還。

B、変換速度を過小によるひずみ。 
以上述べたように、高いレベルの入力パルス発生させるアンプ削り波による過渡相互変調歪。そんなに低いレベルの入力パルスを引き起こす歪かどうか?これはアンプの応答時間、アンプの応答時間が長すぎてアンプを出力信号の変化についていけなく入力信号の急激な変化による過渡ひずみと呼ばれる、低歪変換速度。それを反映したアンプは信号の反応速度、このひずみ小さなアンプ、その再生音質解析力、レイヤー感や定位感もいい。

4、交流インタフェースひずみ
交流インタフェースひずみは、スピーカーの逆起電力(スピーカー発音振動時、切断磁力線による電位)までによるフィードバック回路。

改善方法:
いち削減、回路の出力インピーダンス。
選択に、適当なスピーカーをより合理的減衰係数。
さん、減少電源の内抵抗器。

  • 専門の音響設備のろく必ず部品
  • 音響電流がどうする?
  • どのように選択するKTVアンプ、スピーカー
  • 音響の侠客の心得の音響システムのデバッグステップ解読
  • どのようにオーディオ品質向上
  • どのように選んでスピーカー編集先生に三問題専門家の殺人
  • イコライザ種別及びその発展趨勢解析
  • 専門の音響の工事にありふれた8種類の難しい問題分析
  • 解析アンプとスピーカー配次の4つの要素
  • パワーアンプ回路について専門の部分とそのパラメータ