ワイヤレスマイクテクニック

どのように防止するため、避け外部信号ワイヤレスマイクの妨害

ワイヤレスマイクの前で購入をまず地元テレビ局の発射週波数、購入する際はずれ。例えばは新築の場所、条件が良ければ土木建築上部に、週囲に高密度鉄条網またはブリキを隔絶外部で屏蔽、電波干渉。あるいは利用受信機のSQUEICHつまみを妨害の信号を抑制(それはマイクの受信距離に影響がある)。

どのように正しく使用アンテナ安定確保信号

使用時に多くセットの同一シリーズの無線マイクシステムの時、条件が良ければ最高使用アンテナ分配器、可能な限り小さく元受信機に各アンテナの相互干渉;や無線マイク受信適当なレベルの間隔を各受信機の間にも、良好な受信条件を避けるために、週波数の間の相互干渉を得て属性の無線信号。

どんな叫びの中の無線マイクを使用している

公演中は同時に使うだけ以上に同じモデルの手持ち無線マイク時を防ぐため、誤操作べきどの無線マイク底(ハンドマイクを握りに立ちはだかるにくいところ)違う色を使って標識をつけるとともに、ミキサーにマイクとその対応の通路には貼ってマイクと同じ色のマークや目印をつけておく。このように、たとえ取り違え無線マイク、操作人員はすぐ修正。また、利用できるカラーマイク防塵カバー標識を改善して、これは音質が、しかもマイクのマークは、一石二鳥。間違いを防止を挟み式無線マイクを、まず各マイクランチャーを番号や色の設定、出演前に行う定人、定機、交換に使用する場合、はは専任者を手配。

どのように防止するために出演中の可能性が高い無声現象

ライブで歌って俳優たちはいつも交代使用手持ち無線マイク、ある俳優が無意識に無線送信機の電源を閉鎖やマイク唖音スイッチ、マイクがかれて音の状態を、こんな俳優マイクを使用して無線時が無線と筒無声のばつが悪い場面を手に、作業者。普通の情況の下で、その無線マイク送信機の電源が閉鎖された時、無線マイクレシーバの送信機仕事ディスプレイ燈会が消え、もし操作員が交換時によく調べマイク無線受信機のパイロットランプは適時に発見した問題。しかし、もし無線マイクのスイッチがかれて音が開かれ、だけの操作人員は番組の変わり目にイヤホンを傍受。ワイヤレスマイクが無声を防ぐための現象は、通常はかれて音を粘着テープで固定しスイッチ。

ワイヤレスマイク送信機を選ぶべきどんな電池

ワイヤレスマイクシステムの正常使用を保証するために、十分なエネルギーを使わなければならない、電池をなるべくアルカリ電池を使用9v、同時に購入や使用前には電池の電気量を確認して。

どうやって電池エネルギーが十分か否かに送信機

多数V段無線マイク受信機を備えない送信機バッテリー殘量表示機能。を防ぐために電池不足によるオーディオ信号ひずみ現象で、操作員無線マイク正常使用中、使用ミキサーPFLプリ聞いて機能、ヘッドホンで傍受無線マイクの信号の場合、マイク通路の信号雑音が少し拡大時、すぐ、電池交換。

ライブではどんな電池交換

公演の中で電池交換が最良の方法は開けてミキサーチャネルの「かれ音」スイッチ、無線マイクがかれて音状態、例えばミキサーはこの機能は無線マイク受信機の出力レベル関死、そして電源を消して送信機、電池交換後に電源を送信機、それを受信機の出力レベルが復元;あるいは採用閉鎖ミキサー入力利得または使用ラインセレクタスイッチ/マイク入力信号にじっとしている後、電池交換ブートをミキサーまたは選択キー入力ゲインリセット。

  • 専門の音響設備のろく必ず部品
  • 音響電流がどうする?
  • どのように選択するKTVアンプ、スピーカー
  • 音響の侠客の心得の音響システムのデバッグステップ解読
  • どのようにオーディオ品質向上
  • どのように選んでスピーカー編集先生に三問題専門家の殺人
  • イコライザ種別及びその発展趨勢解析
  • 専門の音響の工事にありふれた8種類の難しい問題分析
  • デジタルオーディオミキサーにどれらの特有の機能と特徴
  • 解析アンプとスピーカー配次の4つの要素