どのようにようやく起きて半畳、寝て一畳?

<strong>古人は「満足」---満足できる常楽か?</strong>

「起きて半畳寝て一畳天下とっても二合半」ということは、私たちが正確に自分の位置、しかもこの位置に能力を最大限に自分の楽しみ。だから、「起きて半畳、寝て一畳”は1種の消極的ではなく、現実の一種で正しく客観的に反映し、人生に対して前向きの対応。
満足は1種の処世態度、常楽は一種の弱々しい超然とした気持ち。

画像いち(写真から金石印坊)


  • どのようにようやくだめ----完璧補刀?
  • どのようにの組み合わせが別れ小太い足
  • どのようにようやくロマンチックですか?(1)
  • どのようにようやくロマンチックですか?(二)
  • どのようにようやくロマンチックですか?(3)
  • どうやって話すものが論理?
  • どのように盗んでスキーの泥棒?
  • 秦望山はどのように来たの?
  • どのようにようやくグッスリ眠る?
  • 烈士はどうの死という方こそ烈士?
  • 給力?
  • 中国の古代の最初の女帝御璽は?
  • 漢役印
  • 何は福?
  • 歳月が痕ですか?
  • 古玺中国でどの時期に広く使われて。
  • 負け
  • どのようにようやく起きて半畳、寝て一畳?
  • 皇後の印章いつからですか。
  • 縁があれば?