宜昌の歴史を理解しますか?

宜昌大昔属西陵部落と《宜昌府誌』によると:夏、商、水曜日代、夷陵を古荆州に、秦の始皇帝の26年(前221年)の改夷陵置巫県。「3代目の時古荆州の域、春秋戦国時代を楚の西塞要地、建て邑」。週赧王37年(楚頃襄王二十一年、つまり紀元前278年)秦は白起“攻め楚、抜い郢まで、焼き夷陵」、夷陵の名については歴史の始まり。秦の始皇帝の26年(前221年)の置郡県、宜昌市の大部分の地域属南郡。「漢承秦制」、前漢時代夷陵属荊州南郡、後漢の建築設置13年(208年)改夷陵を臨江郡。建築設置十五年(210年)に変更を宜都臨江郡郡、領宜都(今の宜昌)、秭归、枝江、夷道(今宜都)など4県。

画像いち画像いち


 

三国の時、吴皇武元年(222年)、改夷陵を西陵郡、また宜都郡。晋太康年間(280-289年)、改置を夷陵県。東晋分夷陵西境(長江南岸のダフ屋の岩から黒岩の間)一方置県に命名"宜昌」は、寓意を分置県境は国運を繁栄して、「宜昌」の名が始文明史。

南北に、斉とも晋と宋。梁改宜も郡を宜州、西魏変更拓州、北週に変更硖州。

隋大业三年(607年)に変更硖州を夷陵郡、所轄夷陵、夷道、長の楊、远安4県、夷陵県を郡治、隷属荊州都督府。唐初、改夷陵郡を硖州、領は上述の4県、所属山南ホスト。天宝の初めは改め夷陵郡。乾元元年(758年)復改硖州、所轄元4県は、所属山南ホスト。

五代の時、硖州と荊州、帰州は南平国。北宋の復硖州と、イバラの道は湖北に属して、管轄元夷陵の4県。元丰年間(1078~1085年)から「硖」を「峡」。

元から元十七年(1280年)リットル峡州を峡州の道、領元4県、所属河南行省荆湖北道。明始め改峡州の道を峡州都。洪武の9年(1376年)に作られて、改峡州を夷陵州、領宜都、长阳、远安三県、点夷陵、隷属湖广布政使司荆州お宅イバラ南道。清の順治四年(1647)、夷陵州隷属荊州府。順治五年、改「夷陵」を「法律陵」。 

中華民国初年廃府、州の制度を実行し、省、道、県の三級制。1912年改東湖県を宜昌県、兴山、秭归、巴东、长阳、五峰、鶴峰县属イバラ南道。当阳、远安属襄南道。1922年宜昌属荆宜道。1932年、1936年、宜昌、宜都、当阳、远安、兴山、秭归、长阳、五峰の8県先後所属第九、第六行政監督・査察区、弁務官事務所は宜昌県。枝江県前後に所属する湖北省第七、第四行政監督・査察区、第二次国共内戦時期の1928年~1932年、宜昌は湘鄂西区湘鄂ながら根拠地、帰(秭归)興(山)巴(東)根拠地、イバラ(門)時(陽)遠い(安)根拠地の重要な構成部分で、共産党指導の人民革命武装闘争でたくさんの地方は革命政権を樹立し。解放戦争の時期に、1948年はち月江漢区委員会の決定に正式に設立され、中国共産党第四弁務官事務所(れ襄西指定)、1949年いち月に変更当阳指定。1949年ご月にじゅう日当阳成立宜昌弁務官事務所で、同月当阳を宜昌市政府指導グループ。ろく月じゅういち日、当阳芦家灣が正式に発足中共宜昌市委員会、宜昌市人民政府。1949年ななしち月じゅうろく日、宜昌の市街区域の解放。中国共産党の宜昌指定機関や宜昌市政府機関から移転と当阳駐宜昌の城。1949年じゅういち月じゅうご日、今宜昌市全域に解放。

  • 荊門荊楚の文化と何か繋がりが?
  • 荊州の歴史の上にどれらの大事?
  • 襄樊の歴史はどれらがありますか?
  • 十堰市の沿革を知っていますか。
  • 十堰市の行政区域はどんなか?
  • 铜川歴史沿革
  • あなたは知っている荊門の歴史文化なのかな?
  • 安陆の歴史は何ですか?
  • あなたの知っている黄の歴史ですか?
  • あなたが飲んでいた峡州緑のお茶ですか?
  • 宜昌大根餃子特色は何ですか。
  • 宜昌の油を食べたことがありますか?
  • オンドルのジャガイモを食べたことがありますか?
  • 宜昌何か大事記?
  • あなたが長江三峡に遊びましたか?
  • 三峡ダム人の特色は何ですか。
  • あなたが长阳首山遊びましたか?
  • 白刹肥魚を食べたことがありますか?
  • 天ほえる漂流君と遊びましたか?