ひよこ黄皮の栽培の技術

導入の主な仕事は品種検査所引かどうかは良質ひよこ黄皮;種苗生長丈夫かどうか、無虫無病;嫁インタフェース癒合良いかどうか。

栽培の適切な時間は毎年さん~よんしよ月やきゅう、く~じゅう月、気温が低い過ぎや有効新苗木を植えるの生存と発展。黄皮栽培は3mx4mや4mx5m普通株畦間。もし栄養袋栽培を取り出した後、種苗直接栽培の場合は、裸の根栽培は、「泥後をつけなければならない」と、種の後淋足定根水成育率を高める。

成育後栽培管理

いち、苗期水管理

栽培成育後水管理を強化するべきで、普通は栽培後に覆われて雑草、天気によりはななしち~じゅう日ぐらいで水を浴びて一度を保つしっとり、土壌。施肥の原則で出来る薄水薄肥料、こずえ2肥」。合理的な水管理を通じて、できるだけ早く丈夫な苗を育て、最も短い時間の内で、その形成結果樹冠。

木に、大人の水管理

大事なのは水管理を強化した上で、更に土かき、草取り、水濡れ、樹盤カバーなど。黄皮根の淺い、日照りの気候条件ではじゅうご~にじゅう日すれば水濡れいち度を保証するため、その正常生長の発育の需要。

に結実する期間の後、を大切にすべきだ花肥促進、壮果肥料、採取後肥料を使い、普通体の大きさや結果可視木場合、毎回施設入ノルウェーいち~2.5kg複合肥料。また、毎年の冬にも、追施一度有機肥料じゅう~15kgを確保するために、翌年には栄養の必要。

さん、整形剪定

種の翌年の春に苗を定し黄皮で、普通は留幹さん~よんしよ条殘し、以後毎級副枝に~さん条、次第にそのを丸い形樹冠。整形剪定のために株を低下させる、その結果を丸い形樹冠。

よんしよ、病虫害の予防と治療

虫害の部分にされる可能性が、例えばアブラムシや毒蛾など、日常の生産過程の中には、早期発見ができ、直ちに喷药。

  • 珠子参人工栽培技術
  • スイカズラ育苗栽培技術
  • 艾葉栽培規範
  • コウズコン栽培技術
  • 金果榄の栽培技術
  • どう和らぐ漢方薬は苦くて渋い感
  • 黄耆の栽培と栽培技術
  • ゴマノハグサ栽培の技術
  • 黒豆の食用の民間の処方
  • びゃっきゅう栽培技術