どう和らぐ漢方薬は苦くて渋い感

小さな種に寻购芫花薬屋が、全体の売れ行きがない、商品の供給源取引量は大きくなくて、全体の相場はしばらく安定を主として、現在の市場価格じゅうご元ぐらい统货亳州。

漢方薬といえば、多くの反応も苦い漢方薬を飲む時、通常の人々のスープを下げるために苦味でちょっと砂糖、実はこれは薬効の影響。漢方医は違う性味の漢方薬は違った作用薬を飲む時、もし砂糖、薬液の本来の性質を変えた。だから、もしあまりに苦い煎、チェックしてみては以下の方法:

温度制御

薬液温度まで冷却にじゅう―36度の間、易急速な服で、感じはあまり苦。正常な人から口腔内の温度を36.2—37 . 2℃で、ときに煎温度と舌の温度に近い時、味覚神経の一番敏感で、この時最も苦い味が飲み煎剤。煎薬の温度が38℃以上、または以下の36℃の時、味覚神経が鋭敏で、苦味が薄れ。でも、薬湯、38℃がやけど口内粘膜のため、にじゅう―36度の間は最良の選択。

位置を把握する

舌に感じる苦味味蕾集中舌根ため、薬を飲むときはできるだけ避け舌根はあまり接触薬液;より苦い薬を服用して場合でも、薬を舌でで、そしてぬるめのお湯に送って着。

薬を飲む速度

薬を飲むのほど、苦味の影響が小さいほど。飲み煎時最高使用呑飲法を満1口の後に急速に飲み込む;も使うスプーンを直接薬液送ら舌根ホメオパシー飲み込んで。

水で口をすすぐ

薬を飲むとすぐ水で口をすすぎ、そして飲む適量のぬるめのお湯に利益があって、このように胃腸薬の吸収は、ある程度緩和薬液の苦味が、必要な時には一枚噛むガム除去、適時に口の中の匂い。

適当に足を付ける調味料

いくつかの利点のクラスの煎じ薬に大きいナツメや甘草を軽減湯液苦味を強めることができて、まだ利益作用。しかし、海藻、トウダイグサ芫花の処方に加え、不適に甘草。干す涼薬スープの中でプラス1スプーンハチミツも軽減苦味が、下痢や糖尿病(どう糖尿病治療)の患者に適していない。もし煎じ薬を飲む時に現れた吐き気、嘔吐現象が、飲み煎前を少量飲むしょうが汁や噛む服にーさん切れのショウガの切れ。また、薬を飲む前に飴を食べないと他の甘い食品も大事。

  • 珠子参人工栽培技術
  • スイカズラ育苗栽培技術
  • 艾葉栽培規範
  • コウズコン栽培技術
  • 金果榄の栽培技術
  • どう和らぐ漢方薬は苦くて渋い感
  • 黄耆の栽培と栽培技術
  • ゴマノハグサ栽培の技術
  • 黒豆の食用の民間の処方
  • びゃっきゅう栽培技術