黄耆の栽培と栽培技術

黄耆と绵芪、綿黄耆、北芪、所属マメ科の多年草。红芪分紅と白红芪红芪(通称高蔓蔓红芪と低红芪)、赤红芪蔓蔓の高産量が低い、白红芪低生産量が高く、黄耆分を東北黄耆(型莢黄耆)、内モンゴルの黄耆(綿黄耆)、その根乾燥後供薬用、元気をつける固表、利尿、托毒排膿、生筋など治療効果;治が虚脱、動悸、自然発汗、体がびくびくむくみ、慢性腎炎、脱水、久の瀉、子宮下垂、傷口癒合長くない。

黄耆黄耆

1、生長習性:

黄(赤)スチルベン株高50-80センチ、主根が大きくて、円筒形の、やや木質化;真っ赤スチルベン根皮粗く、赤褐色、内部赤黄色、白红芪根皮は薄い白、内部に薄い黄色;黄耆根皮淡褐色で、内部黄色;莖直立、上部数分の枝、葉は奇数羽状複葉互生長楕円形、円形や、全緑、総状花序、腋生、花蝶形。

黄(赤)スチルベンは深く根植物栽培、宜肥沃、弱く、水はけが砂質土壌;喜冷爽干ばつ気候、性は強くて、寒さに耐えて、熱も冠水、気温が高すぎるよく抑制成長;種皮が硬く、吸水性が悪く、発芽種子発芽率が低く、不喜高温;忌連作するべきで、重盐アルカリ地帯で、冠水低地に栽培、粘土。

二、栽培技術:

いち、標高の高い山水川に、二阴地栽培。

切り口に、选択:べきでありませんとジャガイモ、菊、ビャクジュツ连作を避けるために、とマメ科作物輪作、忌連作なおす。

さん、施肥整地:選択高地地層の深い、弱く、水はけ、中性やアルカリ砂質壌土や綿土砂地塊、耕翻整地時のムーあたりの施十分腐熟小刻みな厩肥5000キロ以上、饼肥ごじゅうキロ(に標準で少なくないギャップや農薬と化肥地塊規模を選択すべきは汚染区域源の地域)は、土壌馬鍬細平らげる、多雨易涝地して高畦。

よんしよ、種子処理:種の皮がペクチン質層、種皮极硬、吸水力が弱い、発芽率が低い。放送前には必ず種子処理し、下記の方法によって具体的条件はオプションの一つ。

(いち)沸騰催芽:まず種子を入れてお湯の中に急速に攪拌いち分に水を加え、温度を下げよんじゅう度、さらにに時間を液体に浸して、そして零す、種子加麻袋などの物じゅうに時間とろ火で煮て、じっとしていて種子膨脹や皮が破裂した際の種をまく。

(に)硫酸処理:奥手硬实の種は、使用濃度を70-80硫酸に3 - 5分、迅速に流れる水で洗い流して取り出しを半時間後に種をまく。

(さん)細砂擦り傷:種に混ぜ細砂摩擦種皮させ、種皮に軽い磨耗を有利に吸水、発芽率は大幅に向上し、処理の種を30~50度ぬるま湯に4時間、待吸水膨張した後に種をまく。普通この方法を常用して栽培。

ご、栽培方法:生放送と育苗植え付け2種類。

(いち)放送方法:人工の処理を経て前年新しい生産の種、さん月末からよんしよ初めに土地を解凍後の種まきの、また年冬じゅういち月土地は凍って冬冬放送前に放送して、種を何もしない。ちょうど良いに押しピッチさんじゅうセンチ、株間じゅうにセンチ、種を蒔く土をかける厚にセンチ、少し弾圧、ムー用種量さんキロ。

(に植え付け):一般生産育苗中継が低くて、品質が悪く、保苗難度は大きくて、そのために生産を採用すべき育苗移植方法で栽培。春や夏、種子前置処理して、ムーあたりななしちキロの用種量、均匀振込む花畑で、土をかける厚さにセンチ、薄層の砂を敷き、日照りのときは繰り返し水散布、さんじゅう日間苗が出そろって、苗の間引き草を鋤くなければ二度、行、株間6~8 cm、注意防除病虫害、当時じゅう月に掘り出し埋土中旬保温貯蔵、または第二年春の芽を移植する前に苗大田に植え付け時に、にじゅうセンチ溝切り、押し株間じゅうセンチ斜平置きスチルベン苗を直立気配上部に、地上からの3~4センチ、表面を少し平らげる弾圧。

ろく、畑の管理:

(いち)間引き定植:放送前に苗を3~4センチ高い時、を間引きと苗を移植する補欠、苗高じゅうセンチ程度によって株間じゅうにセンチ定植。結合間引き定植を草を鋤く土かき、特に日照りのときは、適当に水をやって。

(2)に追い肥料:黄(赤)スチルベン比較喜肥料、施足基肥の基礎の上では毎年2~3回追肥を必要とし、初めて苗斉や若芽を出す後追い農家肥料施ムーあたり;第2回中耕草を鋤く後、ムー追厩肥;第三回冬枯れ多年生スチルベン苗農家肥料施優質後ムー2000キロ、饼肥150キロを混ぜ後は行間で溝切り施設入、施設は後土寄せ。

(さん)灌水排水:定植後に水をやらないと、地面を少しして、適切な蹲苗、利根条伸び。天気がとても乾燥した時、適切に水をやって。雨季は早めに注意排水を防ぐために、烂根。

病気や害虫防除(よんしよ):成長期に発見蛴螬などの地下害虫で90%固体ディプテレックス配割せん倍液点滴灌漑株にアブラムシ使用40%ジメトエートクリームせん倍液スプレー、靑果期を併せ持つ黄耆種噴き出して与え小蜂の予防作用;莢螟初孵化幼虫期で50%マラチオン1500-2000倍液うどんこ病可用ボーメの単位を0.1-0.3度の石硫合剤スプレー、またはムーで70-100g 3 zuoケトン配割500倍液スプレー。

ななしち殘し、选良種:収穫黄(赤)スチルベン時、选上部莖低い細く弱くて、地下部肥大で長、侧が少なく、当時咲かない本作種植えで殘して。蘆の頭の下に切り度本、植え足基肥の畦田施設では、ピッチよんじゅうセンチ、株間26センチ、深さにじゅうセンチ溝切り、種根垂直に入れ溝内、芽の頭を上に向けて、蘆頭上地上2 - 3センチメートル、締固め。7-9月结籽開花し、种籽が褐色に摘みさや、随随熟を。乾かしてから種を入れ、不純物を取り除く、布袋や麻袋を入れ、乾燥している所に貯蔵予備通風。

はち、収獲加工:管理措置が正しく、黄(赤)冬春に植え播種やスチルベンの年で、収穫も三年に収穫。一般いち月上旬、ときに、株莖葉枯れた時、地上部莖葉刈り、畦に開いて深い溝端60~70センチで、そして長鉄フォーク翻土は、根掻き出しを除いて、土、切るの芦頭、干し~7 - 8成干時、カット側根やひげ根、等級を分ける縛る小把干してから全干、その後、すぐ出荷。多年生生鮮食品輸出作脱皮加工処理。干し干で。

  • 珠子参人工栽培技術
  • 艾葉栽培規範
  • スイカズラ育苗栽培技術
  • コウズコン栽培技術
  • 金果榄の栽培技術
  • どう和らぐ漢方薬は苦くて渋い感
  • 黄耆の栽培と栽培技術
  • ゴマノハグサ栽培の技術
  • 黒豆の食用の民間の処方
  • びゃっきゅう栽培技術