ゴマノハグサ栽培の技術

(1)选整地

ゲンジン不適连作、オプション前作作物をイネ科やマメ科、水はけが深い、土、多くの砂壌土栽培腐植質。地形は日当たり、風下、低斜面を宜。土質接着重、易水たまりに栽培するべきでありません。深いひっくり返って平地にクリア切り株落ち葉に石を拾い、土壌粗しょう。ムーあたりの施厩肥や堆肥1500-2500キロを基肥。細馬鍬平らげる後畝、畝幅1 . 3メートル、高さ20 - 25センチ、幅よんじゅうセンチ溝。山の斜面に横山作畝、防水土流失、同時に注意があけて週りの排水溝。

ゴマノハグサゴマノハグサ

(二)栽培方法

ゲンジン一般用不定芽を無性繁殖。も性や株分け繁殖を行う。

いち、子芽繁殖種選びや貯蔵:晩秋から初冬にかけてゲンジン収穫時、选ぶ無病害、太く、腋芽が少なく、3~4センチの長い白い不定芽、蘆頭に殘しをして繁殖材料。芽の頭は赤紫、靑、または開花芽(芽鱗芽と病気を押して割れ)、細い子芽は、留作でありません。収後の種の芽は室内の屋台を1 - 2日に入坑後発熱腐る。選択高燥、水はけ良好なところ土坑貯蔵穴を掘って、深い30センチ、長すぎるべきでなくて、広い大、種の芽を入れて穴の中で、厚さ約33センチ、炉割饅頭形、土をかぶせる7 - 10センチメートル、後で視気温が下がることを加えて、徐々に土やカバーわら、種芽寒さを防ぐ。だいたいピットを種芽ひゃくキログラムぐらい。穴の週囲に開けばいい排水溝。貯蔵期間で種芽を適時に発見し、検査、かびが生えて腐るの発芽、毛根を直ちに翻坑。春になる前に、随暖かくなって土をかぶせる必要を防ぐためには、種の芽が伸びて。室内にも使う窯貯蔵、貯蔵期間中、温度を保つでご℃以下となるなかれに注意し発熱焼き山種芽が伸びや枯れよう。種をまく時間と方法:普通はじゅうに月から翌年さん月は早く種がいい。浙江は普通はじゅうに月下旬からいち月中旬栽培。で用意した畝の顔に押し行株間35×35センチ穴を開ける穴を、それぞれ1 - 2種芽、芽の頭に、カバー焦しっくいを覆い土、厚さ約ごセンチぐらい。ムーあたり用種40-80キロ。種をまく後に水をを保つ湿潤土壌。

江蘇南通は収穫ゲンジン時に直接取り播種する芽、すぐさま種をまく。

に、種子繁殖新移植の地区を採用することができる。北方で阳畦育苗月早春さん、まずできた苗床にかけ透水し、水滲みの後、種を均一に種まきや条播、いくらかの細土篩、種を密栓畝面に覆われ、1階のわら、保温し、保湿を草の芽を出し撤去。疎抜き2~3回、例えば苗やせて、追うべから少量肥料施。ご月中旬、苗が高い5~7センチメートルの時、すぐ定植する、本ピッチや畑の管理と無性繁殖。南方で繁殖し、種を多く採用秋播き育苗、株の成長が速い、生産と品質も比較的に良い春蒔。

(3)の畑の管理

いち、追肥生長期に追肥さん度。齐苗後実施第いち度肥ムーあたりの施設入下肥500-1000キロ、苗の成長を促す。苗が高い35センチ前後、ゴマノハグサ生長が転入旺盛の時期に第2回に追肥を、すべての苗の人、し尿1000 - 1500キロ、厩肥1500キロを保ちながら、地上植物旺長。この気温はわりに高くて、行間は敷いて木の葉や若草を下げるために、地温保つ土壌湿度。月中旬ななしちゴマノハグサ開花初期、第さん回追肥を施リンポタッシュを主として、ムーあたり沟施過燐酸石灰ごじゅうキロ、灰300キロ、実施後は、土壌を促すゴマノハグサ塊根膨大。

に、苗出土中耕除草後直ちに中耕除草、第いち度よんしよ月中旬、苗が出そろっ後、第2回にはご月中旬;第さんはろく月中旬。中耕除草は深く、鋤松表土、損傷塊根を度。

さん、土寄せ土寄せ一般第さん度施肥後で行われ、畝溝の底で株に培土。根部を成長させ、白色種芽が増えて。

よんしよ、灌漑排水ゴマノハグサが耐乾燥は、一般の必要潅漑。長期の旱魃会うならば、太陽が出る前に未。雨季溝切り排水を防ぐために、水を引き起こす塊根腐る。

ご、蕾蕾上部摘心する株を形成から初花期は、直ちに花梗摘出減少養分の消費を促進する地下塊根膨大と品質、生産量を。

病虫害の予防と治療:

いち、病害ゲンジン斑枯病:は、菌類の一種である半知菌引き起こして、高温多湿発症しやすい、6~8月は比較的に重くて、ずっと続くことができる.じゅう月。発症深刻な時、全体の株の株が枯れて褐色。予防と治療の方法:ゲンジン収穫後、直ちにクリア圃場切り株病の葉、集中廃棄;選択イネ科作物轮作を避けるとビャクジュツ、サツマイモ、ピーナッツ、ジオウ、シャクヤクなど作物輪作;有機肥料経腐熟施用中耕除草後、まめに求め、植物生長健壮、病気への抵抗力を強めます;注意排水溝切り圃場湿度を下げることで、増加通風透光;発症初期は直ちに摘出病葉。7 - 10日ごとに噴き出して与えいち∶いち∶ひゃくボルドー液を保護して、3~4回連続噴。ご月中旬から噴き出して与え500-800倍代森アンモニウム液に10-14日いち度、連続4~5回。

ゲンジン斑点病:この病の危険葉、よんしよ月中旬から起きて、ろく月前に発症は比較的に重くて、ななしち月後に次第に軽減する。予防と治療の方法を斑枯病。

ゴマノハグサ白絹病:主に危害根や根莖、南方の発生が多い。はよんしよ月中旬から起きて、ろく月下旬からはち月上旬に高温多湿の季節を発症盛期まで、きゅう、く月。土壌排水不良と施用未腐熟の有機肥料を強め、皆発病。被害ゲンジン根腐れ病株、迅速に、枯れ萎れ。予防と治療の方法:とイネ科作物輪作、忌连作と易さジオウ、トリカブト、シャクヤク、太子参やピーナッツなど作物輪作;整地時で1 . 5キロのムーあたりの30%菲キノンや石灰ごじゅうキロ翻土で土壌消毒;種植えで50%チオファネートメチル(または50%退菌特)せん倍液浸種ご分後に干し栽培を強化し、畑の管理、排水溝切りと通見光は、多雨地域を採用すべき高畝栽培発見病株、直ちに取り除く除去、全焼し、病巢土壌除去し、病巢を石灰消毒や週りの粉。

に、虫害綿葉ダニ:危害葉、先に危害下部葉、その後に広がって、最後に葉恐怖ブラウン、枯れ落ちる。予防と治療の方法:早春と晩秋クリア雑草、消滅越冬綿葉ダニ、7~8月綿葉ダニ発生期、夕方や早朝の散布波美0.2-0.3度石硫合剤又は20%トリクロロ殺ダニスルホン500-800倍液(2種類の薬剤配合使用効果)、5 - 7日おきにいち度、2~3回连喷。

カタツムリ:割貝や幼貝は落葉落枝や薄い土割れ目の中で越冬する。月下旬から翌年さん危害ゲンジン苗4 - 5月に危害が最も重い、5 - 6月産卵孵化を幼貝危害ゴマノハグサ及び他の作物を続け、ななしち月以降に危害が減ってゴマノハグサ。予防と治療の方法:朝の日の出を前に人工;クリアゲンジン内に雑草や山草诱杀やを逆で、削減を;ご月間カタツムリ産卵盛期直ちに中耕除草する大量の卵;石灰水散布1%とムーあたりの茶油粕粉4 - 5キロをまく。

ネキリムシ:幼虫危害。幼虫多夜間活動は、常にゴマノハグサ苗に食べ切れない原因は、莖の苗。予防と治療の方法:朝人工捕捉ネキリムシ幼虫;毒餌诱杀、畑の発生期使用90%ディプテレックスせん倍液、または75%辛硫磷800-1000倍液根際に水で诱杀成虫甘酢液、効果がよい。

  • 珠子参人工栽培技術
  • スイカズラ育苗栽培技術
  • 艾葉栽培規範
  • コウズコン栽培技術
  • 金果榄の栽培技術
  • どう和らぐ漢方薬は苦くて渋い感
  • 黄耆の栽培と栽培技術
  • ゴマノハグサ栽培の技術
  • 黒豆の食用の民間の処方
  • びゃっきゅう栽培技術