金果榄の栽培技術

金果榄(青牛胆)は常緑巻き藤本。塊根

金果榄卵圆形、楕円形、腎臓形や円形、定数連、表皮のカーキ。莖の円筒形、深い緑、粗い毛が紋。互生葉、葉柄長に~5センチ、略毛;葉卵状矢印、長ろく~きゅう、くセンチ、幅ご~ろくセンチ、先端鋭先、基部丸い耳状矢印、全縁、上の緑、無毛、下に薄緑、疎毛。白い花が近く、単性、雄雌は違う木である、腋生円錐花序、花序粗しょう略毛、総花梗長ろく~きゅう、くセンチ、苞片短く、線形;雄花具萼に輪、外輪さん片皮針形、内轮さん片倒卵形になっている、外側は毛ろく;花びら、細かい、萼互生、先端切形、マイクロピット、基部が狭く、雄しべろく葯近く、エレガントな、花糸分離、先端膨大;雌花萼片雄花と同じ、花びらが小さく、スプーンの形、退化雄しべろく、棒状さん、心皮。核果球形、赤い。花期さん~ご月。果期きゅう、く~じゅういち月。

金果榄金果榄

栽培方法:一般的に分根、挿し木に2つの方法。

いち.分根、春3--4月採を時は地下根莖切りまし10--20cm、土の中に植えにピッチ50 cm、株間25cm点播、注意水保湿、一月後に新芽が出、

。挿し木に、五月には地上部に切り段、個々の必要があります2三節、下から二節に差し込んで土の中に、上記の株間畦間挿し木に挿し込んで後注意保湿、日除けになる。

苗高い1尺の時直ちに掛け、除草機。六月中旬可施肥:腐熟肥料、複合肥料混合、八月から9月末肥大期は根莖、葉大灵噴き出して与え根。

  • 珠子参人工栽培技術
  • 艾葉栽培規範
  • スイカズラ育苗栽培技術
  • コウズコン栽培技術
  • 金果榄の栽培技術
  • どう和らぐ漢方薬は苦くて渋い感
  • 黄耆の栽培と栽培技術
  • ゴマノハグサ栽培の技術
  • 黒豆の食用の民間の処方
  • びゃっきゅう栽培技術