スイカズラ育苗栽培技術

スイカズラ別名の双花、スイカズラ花、二宝花など、所属スイカズラ科スイカズラ属多年生が落葉低木。それは常用漢方薬、未開放のつぼみと藤葉薬を持って、解熱解毒、散風を散らす機能、主治医の風の熱い風邪、喉の腫れなど症。

スイカズラスイカズラ

スイカズラは成長が速い、長寿命、根係が発達し、耐干ばつ、耐うすい、耐寒能力が強いなどの特徴があり、平野、山間部でも栽培、土壌の要求に対して。だから、スイカズラ栽培の分布の範囲より広い、全国各地で栽培、郡は、山東省、河南省、湖南省、山東省産の品質が良い。山岳やせている土地で発展スイカズラ生産だけでなく、獲得の大きな経済効果を果たすことができ、また制御の水土流失の役割。

スイカズラない加工を経て、直接乾燥品の輸出による外貨獲得の干物?乾物にする、我が国は毎年輸出スイカズラ外貨獲得数千万ドル。

今、スイカズラ育苗技術は次のようにまとめる:

一、スイカズラ播種育苗技術

スイカズラベリーはち~じゅう月成熟し、じゅういち月摘み。摘みとった後に種を置いて水に漂うをこすって、果物の皮、粃粒と不純物を取り出し、水底瀋む旺盛種子、干し貯蔵予備。種の保存方法は以下の2種:

いち.砂隠れ法。

選択土質粗しょう、地形が高燥地方、深く掘り、幅の各はちじゅうセンチ、長さと種量いかん溝。底層溝先に屋いちじゅうセンチの生砂、中間を挿しいちわら通気、もし種子の長い間、適切に多く何を挿し。そして種を押すと砂いち∶さんの割合の混合放置溝内、砂の湿度を丸めて水が出ない、手を放すワンタッチすなわち散を宜。山から地上にじゅうセンチぐらい時更に覆いち層細砂、後を少し土、最後に、畳封盖溝面板。種の量が少ない場合、種を混砂や竹かごに入れ木箱後再埋め溝内木箱に入らなければ、週りのいくつかの通気孔、利。貯蔵期間をきちんとチェック、防かびが生えて腐るの種。待種子白抜き時で種をまく。

に.干蔵法。

干して良いの種袋を組み立てて置いて低温、乾燥の通風室内、第二年の春に種まき前に種を置いてさんじゅう~ごじゅう℃ぬるま湯に24時間後に液体に浸して、すくい取って濡れた砂催芽、待がいち/さんの種で種をまく時白抜き。種をまく前整地施肥後に水をかけて畝。採用条播溝を切って種をまく、ピッチをじゅうごセンチのほうがいくて、ムーあたり用種量いち~1 . 5キロ、放送後さんセンチの土壌や覆1 . 5センチの細砂やおがくず、締固め、じゅう~じゅうご日で発芽。苗の畑の管理を強化し、苗が長いからじゅうごセンチ高時を摘心させ、芽生え側枝。当時の苗がよんじゅう~ろくじゅうセンチ高く、第二年春夏や雨季で起苗栽植。

二、スイカズラの挿し木育苗繁殖技術

実際の生産に多く採用適用。スイカズラ藤茎成長季節は春、夏、秋も挿し木)を繁殖し、最高は雨季。

いち.春挿木。

は冬季选いち~に太い枝切りし年生挿穂、要求穗長じゅうに~じゅうごセンチ、さんは以上の胎芽、切る挿穂後ごとにひゃく~200枝縛るいち束で濡れ砂窯蔵(方法と種子貯蔵法)から第二年さん月下旬整地挿木。整地して畝溝溝切り後、深いじゅうごセンチくらい、ピッチじゅうご~にじゅうセンチ、それを貯蔵挿穂取り出し排出は溝内埋土を踏む、潅水、にじゅう日ぐらいが萌え出芽。芽生えて適切に日除けになる前に、芽の後直ちに土かき除草、追肥を適当による干ばつ水。苗高じゅうご~にじゅう摘心センチメートルの時、当時の苗が高いがろくじゅう~はちじゅうセンチ。

夏から秋挿し木に。

第一作花摘み後(ろく月)やなどの裏作花(ななしち~はち月)が摘みとった後に、成長の枝を选択し、截成長じゅう~じゅうごセンチの挿穂、除去下部の枝、上部いち对叶だけ殘して。そしてごとにひゃく本挿穂縛るいち束入れ流水、きれいにじゅうに時間など、水を入れることができない時に水に浸す水替えに向けて、その間に~さん度。浸して取り出しを作った苗床内に挿穂日除けになるし、50%、じゅうご日ほどである。挿木育苗した年冬に気をつけて、第二年春と雨季で定植する。

三、スイカズラの圧条育苗技術

スイカズラ圧条育苗は春、夏、秋、3期を行う可能。方法は、わざと殘し剪定時基部いち年生枝、条じゅうセンチ深い穴を掘り、そして枝を曲げ圧入坑に埋土を踏むように長い、枝を連続的に埋もれる、枝の先が地上に出てすぐ。待抜け替わる根後を分割截は母体を植え付ける。

  • 珠子参人工栽培技術
  • 艾葉栽培規範
  • スイカズラ育苗栽培技術
  • コウズコン栽培技術
  • 金果榄の栽培技術
  • どう和らぐ漢方薬は苦くて渋い感
  • 黄耆の栽培と栽培技術
  • ゴマノハグサ栽培の技術
  • 黒豆の食用の民間の処方
  • びゃっきゅう栽培技術