珠子参人工栽培技術

珠子参来源于うこぎ科植物珠子参の乾燥根莖。郡雲南、貴重な漢方薬は比較的常用の一つで、省ペー族、ナシ族、リス族、チベットなどの民族慣用。当属の植物の生長喜陰性、成長網高木や低木林の下、光合成が低く、付加価値と根莖。珠子参喜肥走光、濡れ忌直射、寒さで恐高温、適当に偏ら偏酸性(pH=5 . 5~6 . 5)、土質粗しょう、水はけが、やや勾配、富む腐植質の黒壌や砂壌に生育。恐らく水や粘土、忌连作、人の必要な荫棚土栽培。

珠子参珠子参

珠子(1)参種子繁殖育苗

いち、选整地

珠子参播種育苗に作物禾本科、前作で植物最高、または选生荒地や停止種よんしよ年以上に、東向きや南向きに南向きの坂ばいでじゅうご ℃以内、砂質壌土がいい。育苗に选後、深い翻、翌年春更に耕し、細整掻き均すムーあたりで、70%マンコゼブ粉剤0.5kg土壌消毒処理を行って、そして作成1 . 2 m幅の高畦、溝溝幅さんじゅうcmで、深いじゅうごcm。植え付けに定植するの選択、整地と育苗は同じでも、土壌肥沃度の要求により良い育苗。

に乗っ荫棚、施設

押しろくcm×はちcm×200 cm仕様カスタム鉄筋コンクリート杭をランキングさん m、杭距離2 mの深さ40--50cm、畑に植え杭、ランキングは杭で植え畝の中一畝ごとに列、顺畝植え杭、上部針金で「#」の字によって固定、内空150 -- 160 cm。育苗に覆われて日よけ布、要求隠れ度65%程度、植え替えに隠していく度要求55%前後、日よけ布用扎糸と「 #”字形鉄条網固定。掛け荫棚施設全体が、地形区分に乗ってるか施設、そして作業道。

さん、種まき育苗

珠子参種子繁殖。漢方薬の材料が必要から種をまいて収穫ろく年時間のうち、育苗に年を植え付け定植する時間、栽培よんしよ年時間。

(いち)種選びと種子処理

珠子は、多年生草本植物の参加、株年限が短く、種子熟しないで、故を選ぶべき5--6 年生植物採種。竹節参主花苔多く生侧花序、はすべて侧花序摘出しか殘ってメイン花苔、きゅう、く月、下旬、选晴れ摘みベリー、成熟していくつかの摘みロット、摘みとってくるベリー早めに果肉を水洗いし、150 でppmギベレリン浸種24時間後はしっとり川サンド(砂種:川の砂=いち:よんしよ)貯蔵待播。

(2)に種をまく

珠子はじゅうに月に参播種、中旬のほうがいくて、早すぎる被りやすいげっ歯類、遅すぎる成長不良。一般的に種まき、種まきを均等に保つ粒さんからcm -ご cm、蓋火土灰3 cm厚さ、最後の蓋草保温、芽を出し撤去。ムーあたりの種子は5 kg、育苗いちムー、植え付け大田じゅうムー。

よんしよ、苗場の管理

苗出土した後、直ちにふた草撤去し、除草間引き、苗高さん-ごcm、時のとおり株間ろくcm定植し、追肥1 - 2 度、ムーあたりの施kdpや複合肥料20 kg。から灌漑排水、干ばつに水排水を避けるために、雨涝時、病虫害。苗の病害は主に立枯病、発見時直ちに防止、さもなくば死亡して、予防と治療の方法は:前あるいは雨上がりで70%マンコゼブ800 倍液スプレーに上部莖葉、深刻な時除去病株は、いち:いち:120倍ボルドー液根を2~3回で、連続制御。

(二)珠子参植え付け栽培管理

いち、珠子参苗植え替え

起苗(いち)できゅう、く月下旬から月にじゅう、中旬から掘り二年生苗定植する。時には傷つけないように注意起苗越冬芽を地上部分莖、涼しい室内保存して風通しの種。

(に)定植する時間起苗後、秋はすぐに定植するので、珠子参越冬期間を形成しなければならないような水、遅れ定植するや貯蔵後春季定植する、第二年になると生長が弱く、生存率は低く、しかも貯蔵期間、呼吸の作用が強い、ロット爛苗現象。

基肥栽培(さん)を使う時、ムーあたりの施腐熟厩肥1500-2000 kg、饼肥ごじゅうkg、過燐酸石灰やkdpごじゅうkg。三種類のあぶく腐熟後使う肥料。

(よんしよ)種苗消毒処理

を減らす病原を高め、定植する成育率、栽培の前処理を行わなければならない種苗薬剤が参苗ビーズで50%チオファネートメチル1200 倍液に浸していち時間、そしてすくって乾かして、表面の水分の後で栽培。

栽培(ご)規格

押し行株間15 cm×15 cm規格に穴を開ける栽培、即ち一畝栽培横列ご 株、縦に並ぶをご列に植えて深い穴4--6cmごとに1株、栽培、ムーあたりの定植する1.5-2.0万本程度、ムー用種苗200 - 300 kg。

に、畑の管理

(いち)除草施肥

通年除草4~5回、常に清潔に参園以外には、早く、やり遂げる。雨の後、2~3 度結合除草土かき。1~2回して施肥。追肥を希釈の人畜糞の水、燐肥料や複合肥料や土肥やしなど。追糞の水の人に開花期を始め、250-350 kg /ムー、花の盛り結合土かき、施用過燐酸石灰35 kg /ムー、果実成熟と根莖の成長を促進するため、防寒対策を結び付けて越冬施用厩肥、土肥やし300 kg /ムー。

(2)に疏花種取りをする

珠子参よんしよ年生植物が多数抽苔に咲くが、めったに丈夫で、故は出土展葉で未抽苔時摘出全体花序、養分消費を減らす。ご年生以上株主花苔多く生侧花序、侧花序果実は難しい、成熟した、保証するために主花序種の有効性は、直ちに摘出余分な侧花序。

(さん)防寒越冬

珠子参喜肥走に濡れた特性にその地下に根莖横へに成長し、毎年増殖一節やビーズで生まれ、無性芽根莖珠子端や両端から露出しやすい表土。観察によれば凡経冬凌凍根莖や越冬芽裸に表面が緑の植物が、かえって展葉が遅れて、しかもやせて弱々しいほとんど早老。保証するため地下根莖や無性芽の正常に成長、発達して、毎年越冬前、結合追施設のふた肥料、蓋をして1層の厚さ5 cmの防寒土、そしてその年春の芽が出る前にじゅう日撤去。

(よんしよ)荫棚管理

珠子参栽培は標高2600m以上の高山では、冬の雪が激しく、棚のそこここに、より深刻な破壊、少ない損失、越冬前べき日よけ布が巻き起こり、来年に戻して発芽を覆い隠す。

珠子人参価格に属して、小三類の品種は、市場の商品の供給源が少なく、野生の資源採掘量の不足、近年相場が徐々に上昇傾向を持って、既存品商言い値で業者を探しています320-350元、零細。

  • 珠子参人工栽培技術
  • 艾葉栽培規範
  • スイカズラ育苗栽培技術
  • コウズコン栽培技術
  • 金果榄の栽培技術
  • どう和らぐ漢方薬は苦くて渋い感
  • 黄耆の栽培と栽培技術
  • ゴマノハグサ栽培の技術
  • 黒豆の食用の民間の処方
  • びゃっきゅう栽培技術