2004年に天津市テストの国語の答案用紙の

2004年に天津市テストの国語の答案用紙の

第Ⅰ巻(选択題全23分)

一、(本の大きな問題で小题じゅう、1~7小题毎題に分、8 - 10小题毎題さん分、全23分)

小题ごとに出した四つの選択肢の中で、1つだけに___、どうぞその番号を塗ってマークシートに。

いち次の各グループの言葉に.加点字の発音はまったく正しいの一つは()

A .同調(h E)離間(じをn)適任はèng)

B .嗜好(を中退。(zhu奇形(qの)。

C .心地よい(qiè)挑発(x。n)内気(tiはn)

D .絃(しだけ汚しn)なān)(を脅迫し)

加点言葉.下句の意味を不当にの一項は

A .ここで本当に感心して昔の人が作った2つの字は、「波」妙手偶得じゃなければ、確かに鍛えて(練り上げを抽出)の言語の本質。(茅盾「ポプラ』)

B .秋の初めから学校に帰って、早く巳成績発表した、学生百人の中に、私の中間、落ちがない(科挙の時代に受験ではない)。(魯迅の「藤野先生』)

C .張田紳まず語って:「世さんによじ登って同じ故郷(故郷)、いつも失って親しい。「(吴敬梓「範進“挙人”になる』)

D .しかし、驚くのは、人々はこの魚なし無草の海水が自由遊弋(泳ぐ)。(『死海不死』)

さん.次の文の一つは語弊がない()

A .新世紀起動国課程改革実験区、天津ではいくつかの段階的な成果を得ました。

B .十分に自分の才能を発揮するために、思い切って帰国して、参加して中国の宇宙開発研究。

C .ブロードバンドネットワーク情報が閲覧できるだけでなく、電子メールの送受信を提供することができ、またオンラインビデオリクエストと遠隔教育などのスマート化、個性化。

D .今日の午後、私たちを聴いた李華先生はどのように発展の需要について時代に適応し、合格の中学生の特別報告や講座。

よんしよ.下のセンテンスの運用の修辞表現方法及びその作用分析正しくない一つは()

A .江流天地のほか、山色なしに。(運用双対と誇張修辞法を描いた一枚の江流し、山色濡れた美しい画面)

B .もし生命は木の尊厳は根;もし生命は火、尊厳は燃焼します;もし生命は鷹、尊厳が飛ぶ。(運用排比と比喩修辞方法、イメージを深く説明より生命尊厳)

C .目の前の山は、夏の翠スカートを替えた茶の緑色の晩秋服。(運用擬人と比喩修辞法書いた山色季節の変化)

D .ひたすらファン、ひたすら真似して、どこも革新意識かどこも開拓の精神?(運用設問修辞法、批判「追っかけ」が革新意識と開拓精神)

.下のセンテンスの中に足して言葉を加えなければならない二重引用符の一つは()

A .商店やホテルの扉青菜に塩に開いている、創造の神に直面して、この世界では、多くの飢餓と口のようで、入り口の乞食さえもない。

B .抱いて火事、焼いてひとしきり、彼の震えるように雨の中での葉。

C .この時にあなたが湧いての感想は、「雄壮」かもしれないかもしれない偉大ななど、形容詞。

D .雲と海の間、海燕のような黒い稲妻、高慢に飛ぶ。

ろく下記の本文の中で評価。使用成語の人物で、不適切なのは

A .《楊修の死ぬこと」杨修A、B、才放旷

B .『故郷』A、B、大智は愚の如し閏土

C .『葫芦僧判断葫芦案」にA、B、徇情枉法賈雨村

D .「範進“挙人”になる」A、胡屠殺業者B、たよる

ななしち.下句托物咏怀表明を守り、作者節操、死ぬまで不変の一つは()

A .私は東から来ている/から激しい波の沖/私は持って明るい世界に/は温かみ人類に(艾青『夜明けの通知》)

B .私たちのすべての下で、あなたは上空では翻って、/風はあなたの体、君と太陽に同行し、/飛ぼ出し物がよくほか、地上張力。(穆旦「旗」)

C .念天地の長い、独怆然涙の下で。(陈子昂『登幽州台歌』)

D .零れ割泥をひき作はまだ塵の香。(陸遊「卜作用素・梅》)

読んで「孔乙己』断片、8 - 10題答え。

孔乙己は立ち飲みのガウンを着ていた唯一の人。彼は背が高くて、靑白い顔のしわの間にいつもいくらかの傷を挟んで、;1部ぼさぼさのごま塩のひげ。着るのはシャツが、汚れて破れて、十年もしないよう、洗わない。彼は人に対して話すのは、之乎者也ぱって人の半解。彼は穴から、他人が描红紙の「上大人孔乙己」という半解言葉の中で、彼のために取りのニックネーム、孔乙己と。孔乙己になると酒店、すべての人が彼を見ていて笑ったり、叫んで、「孔乙己、お前の顔にまた生傷!」と彼は答えず、ケースの中には、「温2杯酒、茴香豆皿。「便排出9文大金。彼らはまたわざと大声で騒ぐと、「あなたはきっとまたやった人のものを!」孔乙己目を開けて、「あなたはどのようにこのような人の潔白を汚す……「」を自分の目で見ますか?私はおとといあなたの家の本を盗んで弔し。「孔乙己が顔を真っ赤にして、額に靑筋绽出論争の殆、道」の本を盗んでじゃない……窃書!……読書人の事を盗んだと言えますか?「連発は難しい話、何君子固穷」、「何を」とか「者のあるべきかから衆どっと笑い出し店の内外はとても晴れやかな空気。

はち.文で「孔乙己は立ち飲みのガウンを着ていた唯一の人」の文を理解し、最も正しい一つは()

A .説明孔乙己はうらぶれは運命のようです、酒、不節制。

B .説明孔乙己は読書人と、身分、地位が高い。

C .説明孔乙己の地位の低い人は読書で気取って、おかしい迂愚。

D .説明孔乙己生活ののんびり酒好きだっ着ガウン、気質が非凡である。

きゅう、く孔乙己の人物像を描く。作者は、使っていない一つの描写方法は()

A .外見描写B .言語描写

C . D .心理を描くアクション描写

じゅう.孔乙己を酒に客がもたらした笑い理解一番正しい一つは()

A .孔乙己の性格は人付き合いが良くて、彼と冗談が好きな人に。

B .孔乙己は腐って、人々の生活の中で笑い。

C .孔乙己振る舞い、注目されていると、珍しい。

D .孔乙己ユーモアがあり、きっとみんなに歓楽を持ってくる。

第Ⅳ巻(計97分)

二、(本の大きな問題きゅう、く小题全、全23分)

11-14から問題にオプション3題、埋める原作穴の部分、またはその指示相応の文を書く。(全きゅう、く分、毎題さん分)

じゅういち。蒼蒼せよ、白露をクリーム。_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _、_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _、_ _ _ _ _ _ _ _ _ _、道抵抗且長。遡る旅行からの水の中央、宛。(『詩経・週南・せよ』)

じゅうに万裏の探し。当時封侯、馬梁州いぬ。关河梦断、どこ_ _ _ _ _ _ _ _ _ _。胡未消えて、_ _ _ _ _ _ _ _ _ _、_ _ _ _ _ _ _ _ _ _。一生誰料、心は天山の身を老滄州。(陸遊『心の中を打ち明ける』)

じゅうさん人生に直面する.よく様々な選択。「生」と「義」は両立した時、私たちは像孟子の言うように、「_ _ _ _ _ _ _ _ _ _、_ _ _ _ _ _ _ _ _ _。」

じゅうよん。「曹切る論戦』で曹刿の言う「忠の所属も」とは何か相応の文を書く。

答:

読む《に枢密韓太尉書』のカケラ、回答15-19問題。(じゅうよん分)

轍院生を文、思のから深い。ガスの形と文者、然文を学ぶことができないで、気を養うことができるによる。孟子曰く:“私は善飼って吾が浩然の気。「今観の文章、寛大宏博、充な天地の間と気の小さい大。孔殷週公行天下、知覧四海名山大川、燕、赵间豪俊交際、だからその文疎し蕩、すこぶる奇ガス。この二人の子どもを味わって執筆者だけのことで、勉強の文哉?そのガスにあふれ其貌充電しないなら、会いに行けて動くその文でも、気づかない。

じゅうご。作者はこの文字の冒頭に関係の論述を自分の見解を出しました:(さん分)

じゅうろく。次の文の中に解釈加点言葉の意味。(さん分)

①気を養うことができる()による

②充な天地の間()

その気の小さい③と大()

じゅうななじゅうしち.下と「轍院生を文、思のから深い」の文の中の「の」用法同じ一つは()

A .三裏の城、七裏の郭

B .公はドラムの

C .すべての人が持っている、賢者が喪耳なかれ

D .は朝廷の高さ

じゅうはち「この2 .子者じゃ食べ執筆学の文哉現代中国語訳?。(に分)

訳文:

じゅうく.自分の観点を証明するため、作者が挙げた孟子を高めると豊富な司馬遷がうまい事例説明の異なる2つの修養ルート、文の勢いもルックスも盛りの効果を達成することができます。文の段の中で表現孟子や司馬遷の文章は「名人」の境地に達した一言は。(さん分)

三、(本の大きな問題が共にご小题、共じゅうご分)

閲読『ベートーヴェンの魂は人間」という一文、答え20-24問題。

ベートーベンは人間の魂

①は全体の人類の文化史には、これは厳粛で、厳粛、永久に値する後代記念の日。

1827年さん月26日夕方ろく点ごろ、嵐を交えて何回が音の低く瀋んだ雷、圧倒され、京を席巻した音楽ウィーン。この時、ベートーベンに向かっている生命スペクトル線の最後の休止符。目撃者によると、珍しい雷鳴雷光の後、ベートーベンふと目を開けたが、右手を上げた、握った拳を眺めて、表情は厳しいし、彼は1人の勇猛善戦の統帥、命令に向かって兵士敵陣地。

という③、一人の死法は、往々にして生きてきた彼を一生どのように最高の形では彼の一生を通じて道路のピークと総括。もし私たちとベートーベンの過程は1部の壮大な交響曲、じゃあ、彼は死の表現と気品は、最終楽章の最後の数十小節にわたって輝き和音の激越がとどろく。

④はベートーベンの多くの作品の中で、休止符はよく自分を超えて、新しいレベルに躍り出たばねの時、後ろを導くためにより壮麗なフレーズが台頭し、いつも珍しいの創造力と想像力に満ちた、いろいろな意味と内包を満たしました。固まった刹那、声ももう止まっていて、しかしそれは全体の楽曲の中で最も令万聴衆である、人が教えてやる、粛然と豊かな想像の絶妙なところ。それ以来、まる160年が過ぎた。そのメロディずっと世界上空を、人間の心の奥に響く。

⑤この世界では、ベートーベンは下種布団/松軟的被子、口も(bēi)ドイツ人の姓の一つ。この姓が作った音響世界、すなわち人が教えて上体を立っている生は、意味を受け入れるには人が教えて苦しい運命の厳しい挑戦:生傑物として、死も鬼賀。

守るベートーベン音響世界の最大の機能は臆病者を教えては生の勇気、強情な胆力と識見;精神の独立でひれ伏してさっと立ち上がって頭;欠け意誌と自信心の空虚力向上しあえる。

⑦ある人の聴衆は言った、彼はベートーベンの音楽を愛するので、彼は中で耳にして1種の人を考えて厳粛な問題の心理の雰囲気や環境。——透徹した1段の告白!もしかしたら、ディスコがあなたを譲ることができない、手の舞い足の踏む所を知らず、喜んで尻餅つくですが、それはただの情緒の短い排水。ベートーベンの作品では異なっていて、それはあなたの心を出して瀋積永遠の自信力、そしてリットルファーウェイ一種の風雨の信仰を変えない、誰にも侵攻行かない座精神的な富の山。

出版はベートーベンの一作品ごとに演奏されましたが、世界を言った、じゃ、今私達はさらにもう何なのだろうか。

⑨たいであれば、道は貧乏の靑空、白雲、星や月、吐き出しきれない人間の運命は、研討きれない言うことができると、永遠のベートーベン。別の絶対贅するだけで、彼のバイオリン協奏曲は静かなティンパニを始め、そして木管D長調に答えて、十分に聞いても恒恒新。これはおかしい、ベートーベンの音楽創作だからこそ、彼は全体の人類の運命の熱い注目と憂慮の結果。

⑩今日、私たちはよく演奏、鑑賞ベートーベンの楽曲も、ととらえるはベートーベンの魂の記念とする。そして民族記念と自分から1世紀余り、遠隔千山万水の別の1つの民族の文化、偉人こそ私の民族の魂の刷新や記念こそ、一種の自信の力強い表現。

ベートーベンが創造させ⑾音響世界の壮美、豊富な、うるおいや啓発私たちの内心世界、私達は思想の明かりと精神の上の熱量のだろう!

にじゅう.文の中に加点字に振り振りやクロスワード。(に分)

戛(しかしまで全てが口(bēi)

21.第⑤段末「生と死を鬼も傑物、雄」は宋代の詩人「夏の絶句」の詩句を、この詩の後ろには二つの。(さん分)

22.「孔子、シェークスピア、曹雪芹、老子」第⑨段の横線順次記入上、最も適切な順序。このように記入した理由は。(さん分)

23。第⑨段でベートーベンの音楽は人を聞いて新しい恒恒」、その原因は。(さん分)

24.作者の言う「ベートーベンの魂」とは何か、なぜ「ベートーベンの魂」は全人類?どうぞ正確簡明な言葉。(よんしよ分)

答:

四、(本の大きな問題で小题さん、共にきゅう、く分)

25.参照加点の文字は、下句に線を引くの部分を削除し、日本より整然とし、調和のとれた話。(さん分)

近观湖面に波が点滅して;<u>遠くへの靑山极目眺めて、連峰峻岭伸ばしたり、遠くて</u>。

26.次の材料によって、一口で簡明な話を説明し「先祖返り」。(を超えない35字)(さん分)

何が「先祖返り」?生物は長い歴史の中で、客観的な条件の影響を受けるので、身の器官が進化してあるいは退化の現象は、このような変化も次の世代遺伝していく。しかし、数回出産でもあり、一度は、本来は退化した臓器が突然再出現;ある種類の長期のように抑制された微弱な遺伝要因を強化して、突然また。その時、ある生物が一部異なる一般状態の現象、このものを「先祖返り現象」。

答:

27.あなたの理解によって、倣照加点の句は、下の段と補充整合。(さん分)

実は日暗くない暗雲に至る散、実はが、実は道遠くない、実はすべて願いどおり、艱難の日の中で私はあなたのために祈る日々を大事にしてください。

五、(全ごじゅう分)

28.作文(ごじゅう分)

すべての人の心には豊富な世界は、喜び、怒り、悲しみ、喜び……体調の変化、生活の辛酸苦楽、世界の復雑で、どれだけのことで、いくら考えで人の心の中に隠してから、解けないしこり浩茫までさえ广宇思慮。

どうぞ「考え事”を話題にして、自拟題目、記事を書く。

要求:(いち)詩以外、芝居のほか、文体を問わない。

(に)文章600以上字。

(さん)文に出ない真実の人名、校名、地名など。

「試験問題の解答に」

第I巻(全23分)

一、(23)

いち. C . B . Aさんにごよんしよ. D . C . D . Bななしちろく(第いちからななしち問題、毎題に分)

はちきゅう、く. D . C . B(じゅう第はちからじゅう問題、すべてさん分)問題

第II巻き(計97分)

二、(23)11-14問題に回答を最高の評価点3題。がきゅう、く分。

じゅういち.(さん分)、いわゆるその人水一方溯洄からの(毎句いち分、間違いがあって漏れのない言葉に分)

じゅうに.(さん分)の塵暗い旧私鬢先に秋涙空流(毎句いち分、間違いがあって漏れのない言葉に分)

じゅうさん.(さん分)二者櫓を押して櫂は持たれぬ舎生取義者も1つにに、いち分;二つ、さんに分ける。間違いがあって漏れのない分)につ

じゅうよん.(さん分)大ちゃんのことも獄、観察し、必ず情で。(毎句いち分、間違いがあって漏れのない言葉に分)

じゅうご.(さん分)文修養文者ガスの形、然文を学ぶことができないで、気を養うことができる(すべての空いち分)による

じゅうろく.(さん分)①獲得、②③得でかなり、配合

じゅうななじゅうしちC(さん分)。

じゅうはち.(に分)という二人の先輩、まさかかつて筆を執る学の文章がありますか?

じゅうく.(さん分)の中身を生活経験そのガスにあふれ其貌充しに行けて、動くもの見てその文を知らない、も

三、(じゅうご分)

にじゅう.(に分)じだけ碑(すべての空いち分)

21.(さん分)李清照今思項羽江東へ行きたくない(すべての空いち分)

22.(さん分)老子孔子曹雪芹シェークスピアに生活して先に中人物と時間後の外配列(人物が並び、いち分、理由に分)

23.(さん分)はベートーベンの音楽は、彼は全体の人類の運命の熱い注目と憂慮の結果。

24.(よんしよ分)第一問:ベートーベンの魂とその音楽の創造力と想像力には珍しく、人生には勇気と胆力と識見、精神や一生懸命に立つ。がに分。第二問:①それは人間の役割。例えば:彼のメロディーずっと世界上空を、人間の心の奥に響く。それは人間の意味②。例えば:すでに1基の全人類の精神的な富の山。がに分。

四、(きゅう、く分)が25 .(さん分)を眺め直し:靑山、連峰は起伏して、峻岭延々と続く(1小句いち分)

26.(さん分)の器官は本来は退化して再登場ある生体の現象は先祖返り現象。或:先祖返り現象は本来は退化の器官は再登場ある生体の現象。(油断はでき、字数を適宜減点)

27.(さん分)例:実は海広くない此岸さえ対岸、実は山の道によじ登ることがいけない担保要件を満たすだけで(。言葉には、いち分、二つに分)さん、

五、(ごじゅう分)は28.(ごじゅう分作文基準採点略。

 

 

  • 2004年中国語の模擬テスト
  • 2004年に北京市西城区の国語の答案用紙の抽出測定する
  • 2007年の海澱区9学年の第二学期国語の練習
  • 2007年の北京市の高級中等学校の学生を募集する統一国語の試験
  • 2004年に天津市テストの国語の答案用紙の
  • 2007年大慶69中、36で初四の統一試験の国語の試験問題
  • 改革開放した農村の女性の幸せのドア
  • 2007年に福建省福州市の中学卒業試験の国語の答案用紙の
  • 2004年に上海市のテストの国語の答案用紙の
  • 2004年に北京市海澱区卒業の国語の答案用紙の