2007年大慶69中、36で初四の統一試験の国語の試験問題

2007年の大慶69の中で、36国語の試験の中で初四

知識の蓄積及び運用(にじゅう分)

いち。読む本段に漢字を書いて、ピンイン。(分)

間もなくお目にかかって生きている前に、彼らは自分の想像この文壇の権威のイメージhするn()が初低眉を大事にして、内心の期待に拡大する誠hung()誠恐ほど。

に。どうぞ心激情、簡潔力強い言葉で、「靑春万歳」の大型文芸パーティーの司会です串のセリフは、下の番組を引き出す& # 0;& # 0、大合唱《若い友達が来た。(分)

さん。例文をまねて、想像力を、下記の横線で文補充完備して、毎句追録を超えてはならないじゅう字。(分)

事業は言います:人生は建築の歴史のひとつのレンガ。(例文)

友情は言います:人生は_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

「人生は奮闘_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

よんしよ。要求によって完成下の問題。(計よんしよ分)

靑空の中学の学生の準備をしており、「魅力国語」をテーマにした総合実踐活動は、もしあなたはこの学校の学生です。①来てくださいあなたの準備はどれらの活動を企画、設計プロジェクトがありますか?二項を挙げてください。(分)

例:編テキストドラマ

プロジェクト:_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

プロジェクトの二:_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

もしあなたは学生を派遣して②誘い劇作家の学校に来てから編テキストドラマはこの活動の報告の劇作家、会って、あなたが彼に:_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _。(分)

ご。古詩書き取り(じゅう分)

万籁①このも寂、_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _背光なき焼く炎。

『し』で③で洋で2つの感情的な地名で書く文天祥当時の気持ちの文は_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

④『春望」という诗に書いて見て悲しい杜甫戦乱心詩は_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

⑤『白雪歌送武判官帰京」に書いて西域風変わりな自然景観の文は_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

二つを守る書いてくださいあなたが好きな描写が春の古詩_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ __ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

読解及び分析計よんじゅう分)

(1)文語文に読むじゅう分)

憂患に生き安楽に死す

舜は畎亩中、傅说は版築の間を挙げ、胶鬲魚塩の中で、管夷吾は士を挙げ、孙叔敖海を挙げ、百里奚市。

だから日はこの人で大任に下がっても、まずその誌、その筋骨が、その体の肌、困窮してその身、行その所をふいてから、动心忍性、曾益そのできない。

人の恒は過ぎて、そして直すことができます;心で困って、衡は慮、そして後;徴は色で、音で出して、しかる後諭し。入は無法家拂士、無敵の国外の患者は、国恒は亡。

そしてお知らせ憂患にしても、安楽に死す。

ろく。説明文加点字。(分)

衡:

徴:

ななしち。文章の翻訳(いち分)

入は無法家拂士、無敵の国外の患者は、国恒は亡。

はち。文の中でどれらのとおり表明を受けた具体的人難得?(分)

きゅう、く「だから日はこの人で大任に下がっても一句文の中で役に立って?(分)

じゅう。どうぞ漢文で言語を本文観点補充事実引数第一段落末尾に書いて、前の文構成排比文。(さん分)

(2)の下の1段の文字を読んで、次の質問に答えて(じゅう分)

一粒の種が木に成長、1粒の卵に千斤の魚。それらの体積増大した千万倍、たくさん必要の有機物質組成。すべての生物が生きている限り消費エネルギー。大人にしても、仕事もしないで、一日も消耗1400キロカロリーのエネルギー。これらの有機物質がどこから来たのか?エネルギーがどこから来たのか?

もとは、すべての生物に食物が必要。食べ物は1種のできる構成の体と供給エネルギーの物質、<u>例えば炭水化物を含む(砂糖、でんぷん、セルロース)、タンパク質、脂肪など、それらは構成体で、また息に酸化されてエネルギーを放つ。</u>水やミネラル塩類、もは生体に必要な、しかもも参加して体のから構成して、しかしそれらは供給できないエネルギーと違って、普通の食品。

じゅういち。帰納段意(分)

じゅうに。分析选文説明順(分)

じゅうさん。第一段線句どんな作用がありますか?(いち分)

じゅうよん。作者はどうしてを「水やミネラル塩類」の二つの例とは?(分)

じゅうご。第二自然段に線を引くセンテンスを使った何の説明の方法ですか?その作用は何ですか?(さん分)

読む(3)の次の質問に答えて(計はち分)

人が畏敬

何も怖くない、恐れない日を恐れず、地も恐れない雷雷、決して良い事、その結果は必ず無法、人間の悪を無制限に膨張。そこで、物欲が強くて中心のガリガリの人の世界となる今人類の危機の総根源。

覚えている私の母の世代は、人は稲妻の雷の畏敬の念は普遍的な。その音に伴って、嵐と一緒に夜空を横切るフラッシュは、一種の無上の抑止力、それを教える反省:最近の一年足らずで私がするかどうか極悪非道なことです。

この時、母親がよく私を抱きしめるて合掌拱手、私に言って:神様、私はされているって言っ!

これは中国民間の道徳、良心懺悔の伝統的な方法を、もし中の迷信の成分は、何が悪い?

今日の人、もう畏敬雷鳴稲妻は、もはやひそかに懺悔して、改心した。電気学原理を説明した科学で稲妻雷鳴にも、同じ道徳と良心を置き去りにした素樸な地盤。拘束力がない、人が無法。私の指す法は2種類あって、外部の法律、中身の道徳。前者は後者よりもっと重要で、さらに拘束力。それはいつでも君の心の中に作用し、制約が君の行為。

中国の伝統的な結婚式味わい深い:新郎新婦が先に拝跪の天地を再拝両親、最後に相互拝。

数千年の中国の伝統文化の中で、畏敬の天と地は件の一大事だが、今日は消え、忘れ去れてしまった。これは社会の進歩とは言い難い。

ドイツ大の哲学者カントの一生ただ畏敬二つのもの:空の星や心の道徳の法則。彼の墓碑に刻まれているのが関連の格言大訓。

私を一度に市場の野菜を買いたが、業者は10数羽うずらの羽を抜か、結局これらの可哀相な短い尾小鳥が地上で痛みに震えながら、全身生々しい。この酸鼻の極の情景が私の心の中を巻き起こす畏敬命観念。

私達が1種の新しい地球倫理学& # 0;& # 0、生態環境倫理学もしあなたは工場長は、親孝行をして、またいい夫、いいお父さんだが、知らない畏敬、生態環境の保護とは言えませんが、あなたは気高い道徳の善人、工場長、あなたは数百人、千人、あなたは環境破壊、何百万、数千万人が凶悪で、しかも子孫を影響しました、人の生存基盤。

じゅうろく。本文の中心の論点は何ですか?(分)

じゅうななじゅうしち。本文を簡単に、「何も恐くない」何か深刻な後の結果ですか?(分)

じゅうはち。文脈によって「人が畏敬」の本質は何ですか?(分)

じゅうく。実生活に連絡する」って、「人が畏敬」の現実的な意義。(分)

4読書(以下、次の質問に答えてじゅうに分)

半瓶日光

これは春のうららかな朝、木の葉に露がまばたきをしているが、この新鮮な世界を眺めプローブ。

家の前の空き地に、娘に立って、1株の木のように。黒い目をして、彼女に手を伸ばして、時々空へ軽くつまむ。明るい日光めっき彼女に仰向けの頬があるように、2つの小さい博まで彼女の顔になった。

子供、あなたは何をしますか?私は過去に行く。彼女は私に1擺手:来ないで、私は日光のマイルをする。「」日光を?私は非常に好奇心、日光を捕まえに耐えられるか?「」できる!彼女は指向の遠くない地方で、そこに置いてある小さなガラスの瓶、日光の下で柔らかな光に輝いている。

私にとらわれた半瓶の光!話をするとき、娘の目がとても明るい。私は近くで見ると、朝の光を照らすちょうど半瓶、これは娘の半瓶の光を。

私は彼女の身の回りまで歩いて、聞く:あなたはどのようにあなたを捉えた光?

知っている。風に歩いてきて、木の葉が声:日光に歩いてきて、水の中に明るく波紋。

私は遠くを眺めて、この先の小川が本当に出て明るい光。

日光を捕まえたとき、手が暖かく。娘と言いながら手を上の日光はそっと小瓶に入れて。

私に手を伸ばして、やっぱりちょっと暖かい手。まさか私を捉えた日差しも?私は童心ダイハツ、わくわくして叫ぶ:私も捉え日光とか!

慌てて私と娘を止め:小声で時!あなたのこの喧嘩し、威嚇の陽の光を。

私は室内で仕事に沒頭して、突然1束の日光はそっと私に近寄る。腰を見ると私は娘が小さい鏡を持って屋内太陽へ反射面。私を見てから本のヒープの中で見上げると、衝私擺手:お父さんは早く見て、日光は私達の家の中まで歩いて来た。

彼女の手が震えて、鏡に反射してきた日差しへやを泳いでました。何のやんちゃな光に飛び乗って私の機、またたく間に私の心に開いて来たので、私の心も暖かい感じもあり、体内の川が流れ、波打つの波。

太陽が落ちて、日光は暗い。あの瓶を守っていて、私を見て歩いてきて、彼女に言って弱々しい:日光は流れた。私が彼女を見て手の日光は淺い1階。

お父さん、日光が消えた。彼女は突然私に叫んだ言葉。光が消えた。私を言う:はあったが、太陽が落ちて、日光が暗くなった。「」ない!日光は消えた。娘はとても強情、日光は燈。

暗くなって、私は明るい部屋の燈に、ふと娘の言う日光は燈だとしたら、このへやの明かりも光を。パソコンの前に座って、私の書いたワーズワース《虹》の中の一句:子供は大人の父。

にじゅう。第一段落画横線文の作用は何ですか?(分)

21。第二自然段画横線の文は何を描いて、その作用は何ですか?(分)

22。娘を日光のインスピレーションを得た原因は何ですか?(原文で文回答)(いち分)

23。「私の心も暖かい感じもあり、体内の川が流れている」の言葉には、「私」の体内のあの川というのは何ですか?(分)

24。よく品文加点文章に話して、それらを表現した児童どんな情趣。(分)

25.「子供は大人の父」はどうですか?この言葉は文の中でどんな作用がありますか?読みました後に、あなたはどんな啓発?(さん分)

(作文)(計ろくじゅう分)

26。下から2つのオプションの作文のテーマで、1篇の作文を書いて。(55分)

いち題目:生活で_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _素晴らしい(友愛、善良で、希望…)

提示や要求:まず補講題目、大胆にあなたを選んで一番制御の文体、書いてあなたは最も熟知する内容を書いて、下らない600字の文章(若林書く詩歌、下回ってはならないにじゅう行)、あなたの本当の表現。

)が読む下材料、注文どおり作文。

うベリー男子が生まれる、祝い客で満員に、みんなでこの子たくましく、将来子承父志、世代の新しいう。ベリーは「彼が1名の選手が、不可能となるう。彼の生活はあまり豊かでは、私の子供の生活がとても苦くて、ある時は1種の富貧乏。」

「フォーチュン」を話題にして1篇の作文を書いて、テーマ自拟構想は、文体、スーパー、下らない600字を書く詩歌を下回ってはならない、もし、にじゅう行。

27.自分の書いたこの作文はあなたは満足しますか?自分の評価と理由を説明してください。(ひゃく字以内)(分)

「試験問題の解答に」

大慶69の中で、36中初四の統一試験の国語の試験問題の解答

一、いち。下あご、恐れる

に。例えば:

①舞い上がる靑春、陽気な気持ち、優美なメロディーは、私たちが集まって、靑春のラッパが鳴り響いて、靑春の足音邁速くて、永遠に私たちの靑春を伴う。(下の大合唱:聞いてください「若い友達から出会い』)。

②靑春は1束鮮やかに咲く花、靑春は団激情燃える火を意味して、靑春を捧げて、靑春の意味事業;靑春活力をいっぱい書いて、若い靑春歌。(下の大合唱:聞いてください「若い友達から出会い』)。

さん。友情は言います:人生は他の人を助けて登る階段。

奮闘説:人生はもうもうと東流の長江の水。

よんしよ。①プロジェクト:対聯知識講座、作文コンテスト、スピーチ大会やレポート、名著推薦会など。

②こんにちは!私は靑空の中学校を代表に、私たちの学校の教科書编演ドラマ活動を展開することを用意して、学友達いただきたいどのように教科書を編纂するドラマに特別報告して、良いですか?

ご。①余钟磬音が

②足「蒸暑野暮ったい

恐れという③瀬頭恐洋で単独で嘆く

④感時花に涙を流し、恨别鳥驚心

⑤北風巻に百草折って、胡天八月すなわち雪

守る略

二、

ろく。衡:通梗塞と、うまくいかない。

徴:徴検査。

ななしち。もし堅持しないで国内の世臣法度とできる補佐君主の議論は、海外で敵対国は、この国は滅びてしまうがち。

はち。动心忍性、曾益そのできない。

きゅう、く。上を受けて下を起こすの過渡作用は、上記の個別事例に一般的な現象に以下の論述を更に備え、論証普遍性、さらに力に証明の論点。

じゅう。例えば:孔明は山野を挙げ、司馬遷は牢獄など

じゅういち。質問に対して、「食」を全体の要約。

じゅうに。具体的には、個別に抽象的、一般の順序。

じゅうさん。上を受けて下を起こす。

じゅうよん。説明するよりは上の二つの特徴の物質が「食物」。

じゅうご。例を挙げて。具体的なイメージに説明何もの。

じゅうろく。人が畏敬。

じゅうななじゅうしち。これをに、人間の悪を無制限に膨らみ、結果は、物欲が強くて中心のガリガリの人の世界となる今人類の危機の総根源。

じゅうはち。実質は誰もすべては内在の道徳の自粛意識。

じゅうく。ヒント:べき人間を求めるために短期経済効果による環境が壊滅の例。

にじゅう。浮き出させた環境を作成するには、美しい詩のような境地;擬人手法の運用は、文章を生々しくイメージを布石として、以下の作。

21。外見の描写を通じて描いて;外見、イメージに書き上げ無邪気で、可愛い娘。

22「風に歩いてきて、木の葉が声;日光に歩いてきて、水の中に明るく波紋。」

23。はもう消え童心、失った子供。

24。この句を描く正直一遍律儀真法娘の姿に、表現した娘は無邪気で、善良な個性。

25.子供は生活に好奇心があって、生活に対して幻想的で、無邪気な純粋さ、これは大人の学習の地方に値する;画竜点睛、昇華した文章のテーマ。

例:子供の無邪気さは、無邪気に大人の心を洗って、大人を見て、感じは本当に、善、美。

三、略

 

 


  • 2004年中国語の模擬テスト
  • 2004年に北京市西城区の国語の答案用紙の抽出測定する
  • 2007年の海澱区9学年の第二学期国語の練習
  • 2007年の北京市の高級中等学校の学生を募集する統一国語の試験
  • 2004年に天津市テストの国語の答案用紙の
  • 2007年大慶69中、36で初四の統一試験の国語の試験問題
  • 改革開放した農村の女性の幸せのドア
  • 2007年に福建省福州市の中学卒業試験の国語の答案用紙の
  • 2004年に上海市のテストの国語の答案用紙の
  • 2004年に北京市海澱区卒業の国語の答案用紙の