十三字勉強訣


「十三字勉強訣』解


一、逢手遇掤お断り盤、くっついて離れて難しいようがない。


解曰:人と手伝うと相手が把握掤意は、攻撃できない、その意を掤行にくっついてつけた方法、会いにくいので、欠陥を:を得ている難しい。「ている」の字は、向こうが隙間ない、私法意。


二、目を閉じて掤に採挒法、二を実急無援。


解曰:苦手掤法、ただ採挒の意味で相手に進むのを閉じます勇気がなくて、だから。しかしない手に押し実。実はに落ち、すなわち(執)は手法は、切れ変化の道で、だから遇でも急無援。


三、四正隅田定め方がすぐにまず、触手先勝。


解曰:人とつながって、須が定が位、器によってひずみ隅田位で、この取地勢の利を引き継ぐようには動いていないで、すでにが占めて定イニンアチブ。機先先に動のマシンは、故名:まず最初にも。


四、しごく込んで二法を機会に乗じて、肘でかかとの前で攻。


解:しごく込んで二法曰は自主運用は勢いを得て、必ず、すなわち機勢の発動後、ランダム勢いで。そして肘の法でなければならない前にはかかとを用意運。


かかとは俗に押し:ふ腰(足腰)でも、人に生理中軸線直立根係人の全身のバランス、意図攻ここ、直は動揺の根本は、先賢本望だろう。


また、「かかと前」と意足と前に河南俚語。しかしこの文は河北先師転々としてから、つまり川北语河南省と語義が一緻して、もとは限らない先師本意から会い、木人拳義解そのため言っても。


五、遇機に勢いを得て進退に歩いて、三年前に七星を見回す間。


解曰:遇機や勢いを得て後の進退などと歩いて、前に(三前:手、足、目)ごろ、すなわち身から離さず週も遠くない意。顧はや、期待は期待。量己力行、できないほどの超法度。故曰:見回すの間。


押し:遇機にできるとは限らない勢いを得て、個人の素質。その間もレベルの分。無機より無勢いを得るのか!だから「太極拳経者、無極を生み、話題の機」の言葉が真実ならず!機は必要がない話題で探してもの間をねらう。


六、全身の実力をフエ神気を意中の設定は、関。


解曰:ここは「実力」とリラックスの情況の下で、全身の血気も意に満ち、守が決めた感が。この一句を、個人の体。「聴を探るフエ」と聞いて聞く:相手の現状、探偵は手探り。もし私は全て臨場彼方動かなくて、私はタッチのを見て、彼は反応。もし強く反応し、必ず、精力的には、私はその勢い化に沿ってその来力;か彼方にかかって化は、個人の神の意にできるかどうか「敷」や、相手を勢いで相手を“蓋」ことができるかどうか。無形の神の意で、勢いを機能は入国のカンフー、故名:生意気関。

七、見えない攻め手実、いつカンフーは体の全?

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳入門の心得
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • 太極拳技撃論
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理