何臍に力を入れる


臍に力を入れる---突出内家拳 

私はあなたと学のはどっち派武功、駅のはどんな種類の形態の杭、最初の最も重要な目的は、降气---普通の人はよくを積み上げて胸口や鼻を喉の間の息の肺は静まって、俗語「ぬ」と要求を達成、ボクシングの臍に力を入れる。 
臍に力を入れるは、深呼吸を達成。深呼吸を自分の呼吸範囲は、常人の往復口腔、喉、胸の間で体内の奥深く---丹田、海、ひいては足下。 
人を一身で丹田は中空、体の中間の空虚で、海底は丹田の奥に、呼吸できたらと丹田海底に呼応して、つまりは息が流暢な体現で、この光景を執っ道ならばその端、亡し。荘子言その境、その息を深く!祖師伝その名、降かんしゃくに入る丹田、调息はも。 
呼吸は清の息が、自然に上昇し、浊气自然に下がって、人体の陰陽分だ。清の息者人の神の意、浊气者人の精気、清の息が上昇し、その人は心神さわやかで、浊气低下し、その人は精気が安定して、神リットルで意を揚ガスの法則神暇で、これも人体内の混沌で無極、無極で太極、次第に契合天地自然運動の始まりだからともいえる日法のように。 
深呼吸は大口呼吸もなければ、やり方は、稽古の思想と要求! 
身体の気持ちはすべて静かに運行の息、体内に支障を自然に達すると、深く細長などの諸程度で均等な。気が瀋み、日が経つにつれて習慣は、時に上体をさせないで、しかし気はないガス機雍膈胸を避けて、横ガスを胸の疾。 
何を怒ってない? 
ガスが降るにおいは体内に開通した結果、明後日拙力は先に天気随機運行。どこか必要が有力な時、体内で道を通り、自然に応じて、力は前にガスのその後、いわゆる「ガスアピール力」はどんどん勢い、あたかも拳経のごとく:力(つまりこの力)からかかと、回転、膝、形は指。 
また普通に力を入れて、局部の筋肉は肢体で緊張感から力。力の時に思わず屏蔽呼吸ので、後にすぐ覚ガス機ないので、これはガスが前に力を後にすぐは怒って! 
ガスの前には人為的な努力のドラム蕩、力は後は息が詰まる発生の拙力は、生きる力。力と力の本質も変わらず、いい正誤だけで力の先帝で正誤の耳で、その力を使い易い死1か所で、息みは縁は機が見え、その場で。この可知常人と拳法を習得する者を区別する。 
だから「臍に力を入れる」とばかり練功交換しなければならない!変えない調子に入れてない扉に入れてないドアが見えない境。世間と言われたいといって物事を深くその必要(生活に深く)とは、実際に行か、実地の工夫と称:猟は鳥がなす! 
望みばかりが果てしない等しい生活、無に练習して、自無所得。 
具体的には、話題が得られる気が瀋んで丹田効果、依静功論は、任意の姿勢を並べる後、もちろんこの姿勢は:自分がを気軽に、大石で卵を砕くやすくて、入静ーーもし出力を維持することができない形態での、あなたに気づかないと体の内部の身体から形体の静と動による変化と反応。力のような南派杭のようにほぐし四平を獲得することができ、臍に力を入れるの効果が、耐えることができる人は少ない。 
そのなくても立って後の思想、自分の体を観察している点意で呼吸時の反応で、一般の初心者まで眠りやすい胸が呼吸を合わせて起伏して、この時の呼吸の音も重いと濁り。この場合、何の仕事をする必要はない限り、急がないうつを保持し、心身の静かで、特に注意してはいけないコントロール呼吸のボリュームと速度を緩める胸の起伏!ただ静かに、あなたは静かに、呼吸の音はますます小さく、胸の起伏の程度も徐々には無ーーゆっくりとない。息の微細深長で自然が現れた。丹田充実した気持ちに真実の存在となった。ーーこれは呼吸が浸透した腹部。 
世間の多くは起伏の呼吸が胸を胸式呼吸とを丹田呼吸腹式呼吸という充実した、大間違い! 
胸胸の内は起伏して、説明?阻害した息の低下、だから呼吸胸すなわち振り向かにつながるので、胸が起伏が静かに、心身障害後、胸の内は減退して、息を自然に下がり、丹田充実感が、実はこれも腹部の中身に緊張して、息を一通がさせることができないので、丹田充実感がある。続けていれば静かに続けて、丹田充実した気持ちに全消失、丹田の奥の様子がはっきりしていた、呼吸もあって、若存若亡、そう言うだろう、もしどこかに体内や呼吸に応じて息だけここまで実際!もし感じない体にと呼吸相応所の場合、呼吸は息も本当に体内流暢でした。 
たとえ初心者で、初めて站桩あなたの身を立て、中正心神静かなら、五分ぐらいはこれで境地が、殘念ながら、もししない時に戻れない匂いが鼻や口の間には、習慣だ!だから練功まめ!生活習慣化になるには、用事があることがないガスは常に、いわゆる「瀋着冷静瀋着冷静に」、自然、自然瀋着冷静!心神静か自然体松、松は心身の協調、協調は一緻。 

ガスでよく丹田に関わらず、上体いかんでこの口ぶりは氾には、境界は現り! 
つまり、臍に力を入れることができ、こそ武術の門に入る!(注:臍に力を入れるただ1種の言い方は、この丹田は、腹部に到着することができるだけで、腹の下ただ気が瀋の入国カンフーだけ、究意は深く足元) 
拳法を習得するは、ダイナミック、は少しも動きがそれぞれの静定も動かすとは、一段一段の静の形成。杭は静、求めるのは頓知発動、拳は動きは心神静か。

  • 『太極拳論』釈義
  • 認識太極拳張り手
  • 太極拳入門の心得
  • という力
  • 太極拳の経典の雑談
  • 太極拳はどのようにリラックスして
  • それにプロモーター
  • 太極拳技撃論
  • あなたの知っている世代師匠杨禹廷ですか?
  • オさん曹树人ファックス太極拳いい仕事の原理